アメリカに住む数学をこよなく愛する16歳のmath kid∫の日々の出来事を綴っています。∫の夢は将来大学の数学教授になること。13歳から本格的に地元の州立大学で数学のコースを受講し始めました。 


by あーちゃんママ

プロフィールを見る
画像一覧

N高等学校についての記事

ネットの高校、N高等学校についての記事を読み、(∫がもし日本に住んでいたら多分、この学校
へ行っていたんじゃないかなぁ)などと思ってしまいました。



私はこの学校について詳しくないので、カリキュラムや学習内容に関しては何とも言えないので
すが、記事内の、特にこの学校に通う生徒たちの話を読んでいると、∫も彼らとほぼ、同じよう
な理由で「オンラインスクール」と言うオプションを選んでるし、現在、∫が属するネットの学
校は、まさにこのN高のアメリカ版やん〜!って思ってしまいましたよ〜!

(ただ、ありがたいことに、∫のオンランスクールは公立なので、基本的な学費は無料ですが。)


∫は高校になってから少しの間、公立のチャータースクールへ通っていたのですが、新学年度(9
年生)が始まってから1ヶ月もしないうちに学校に対して不満をこぼすようになり、その後、日
増しに精神的に惨めな状態になっていってたので、(不登校寸前)学区のオンラインスクールと
いうオプションに(藁をもすがる思いで)飛びついたのでした。


∫がこの教育/学習形式を選んだ理由というのが、


① 自分が望む/適切なレベルや内容の学習を設定することができる。

  (オンラインと言うことで、時間に融通がきく為、一般の高校では提供されていないコース
   を大学で履修することが可能となる。)

② 感覚過敏からくる身体的・精神的ストレスを軽減することができる。

  (一般の高校のロッカーが並んだ通路や、カフェテリア、クラス内での騒音やざわざわ感、
   高校ならではのソーシャル・ドラマなどを避けることができ、余計なことに神経を使わな
   くていいので、自分にとって大切なことに集中できる。)

③ マンモス高校などでは頻繁に存在する、いじめや嫌がらせなども避けることができる。

④ 時間の融通がきくオンラインスクールは、自分の体調に合わせて学習することができる。

  (朝が超苦手な∫なので、この部分だけでもかなりのアドバンテージとなってます。本来、∫
   が通うことになっている地区指定の高校の始業時間は朝の6時45分と、かなり早く、とて
   もじゃないけど∫は続かんだろうな〜と思いますよ。苦笑)


と言った要素で、オンラインスクールは∫にとっては、”生き難さ”(感覚過敏、精神的なOE)の
部分を管理しやすいレベルにコントロールし、”知的探求・学習欲”を発達したり、満たしたりす
る上でとても効果的だったので、この選択は∫にとって結果的に正解だったなと思うのであります。

(このオンラインスクールの、”生徒の社会性を育成する様々なプログラムや取り組み、システム
などももちろん、∫にとって有益であり、そちらの方でも目覚ましい発達を遂げました!)


だから似たようなオンライン学校が日本にもあるというのは、∫のような子供にとっては、選択
肢が一つ増え、とても素晴らしいことだと思います。


この記事内に書かれていた、

「かつて高度成長の時代は、画一的に人材を作り出して、大きな工場に行って、みんなで同じ作
業をして…。もちろん、これが日本経済を発展させた背景の一つではありますが、今は時代が変
わってきた。そうすると、「ひとり」の力が大事になってくる。ひとりひとりが充実することが
社会を強くすることになると思います。」

と言う、N高の校長先生の言葉に共感させられました。(特に太字の部分。)

本当にそうだと思います。


が、この記事のFBのページでは、

”「自由の森学園」とかと同じくで、結局は「健全な社会に通用しない不良グループの溜まり場」
になるだけだろう。”

などと言った、独断と偏見の塊みたいな、非常に残念なコメントも見られ、


大のいい歳こいた大人が、(子供達や家庭の事情も)わからないくせに、こんなとんでもない偏
見に満ちた差別的なことをよく言えるもんだわ! こんな事を言うあんた自身が、”健全な社会”
に通用しない、精神的に未熟な人間なんじゃないの?などと思ってしまいましたよ。😤

又、

”ただの社会不適合者であり集団生活に溶け込めないのでなく、社会を言い訳にして逃避してい
るだけである。”

とか、こういうことを平気でぬかすものに限って、自分の子供や自分がこういう状況に立った
場合、一番に周りや社会を非難してばかりいそうだわ。😤


(アメリカで同じような学校に行っている自分の子を、”健全な社会に通用しない不良グループ
の一人とか、社会を言い訳にして逃避しているだけ”などと非難されたような感じがして、ちょ
っと個人的にとってしまい、ムカついてますよ!私!苦笑)


あと違うサイトですが、こんな書き込みなど本当に失礼ですよ。

”あの高校(N高)に行っている生徒って不登校やらロクな連中じゃないよね
そんな子供を育てた親って親失格じゃないかな?”

(親失格って…117.png


こんな風に、子供の性質や家庭の事情をよく知ることもなく、ただ自論や一般論を持ち出して、
とんでもない発言する人たちがいることが残念で仕方がありません。


発達障害にせよ、ギフテッドにせよ、特殊なニーズを持つ子供達に対して、まだまだ社会にお
いて、”個人の脳にはそれぞれ様々な特性があって、個人によって異なる”(神経的な多様性が
ある)という認識が足りないんだなぁと思い知らされるようであります。


(皆の脳が同じように機能している、同じように感じていると思い込んでいるから、”こんな
誰もが出来るごく普通のこともできないなんて、単なる言い訳して(困難から)逃避している
だけだ!”などと思ってしまうんじゃないですか?)


尚、N高が合うか合わないかは、その生徒それぞれの特性や事情、状況によっても違ってくる
とは思うのですが、何事も選択肢が存在し、自らの意思で決めることができるというのはいい
ことだと思います。

(自分の子に合わなければ無理に行かせなくていいわけで、その選択を選ぶ子達を、”どういっ
た人間か”と決めつけて判断するような発言は避けるべきだと思いますね。)


いつもブログを訪問頂きありがとうございます。

ランキングに参加しています。
お帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
# by mathdragon | 2017-07-25 10:49 | 教育・学習

全てが一時停止の状態 ε-(‐ω‐;)

今年の夏休みは、∫の方はそれなりに充実した時間を過ごしているみたいですが、私の方と言えば、
休みに入ってからというもの、何だか気が緩んでだらけてしまって、色々と計画していた事が全く
できてなく、自らの意思の弱さや根性のなさに、本当に情けなくなってしまいますよ〜!(ノД`)


今年に入って受験するつもりだったCLEP(大学単位認定試験)も実はまだ一つも受けてないです
し、(本来ならば、7月の終わりまでに少なくとも3教科(9単位)は受験してパスしている予定
だった。汗)ここ数ヶ月間ほどは、その試験勉強も全くしていないので、多分、今まで学んだ事
もほとんど忘れていると思うので、(歳をとって記憶を保持するのも困難になった。)又、一から
やり直ししないといけないだろうなぁ…


自己啓発の為にと、CourseraedXでサインアップしていた幾つかの心理学や社会学のコース
も、途中でやらなくなってしまってたので、いつの間にかコースの申し込みも解消されてたし。
(爆笑←笑ってる場合ではない!)


又、やっと覚悟を決めて(笑)決心したアメリカ国籍取得の件も、夏休みに入ったら少しは時間
に余裕ができるだろうから、と、アプリケーションの作業を始める予定だったのだけど、何だか
面倒くさくて(色々と書類を集めたり書き込まなければならない)未だに何も手をつけていない
状態ですし。


夏休みの前半は色んな活動があったし、7月に入ってからは、パパの体調とかの件もあり、ちょっ
とバタバタしてたしな〜、っと、言い訳したりするものの、実際、それほど時間がなかったわけで
はなく、まさに”ただの言い訳”で、ぶっちゃけた話、単に私がレイジーなだけなんです。(苦笑)


いやぁ〜、暑くて身体がだるいし、更年期障害でめまいや胃がむかつく日も結構あるし、頭がぼぉ
〜っとして集中力がゼロで何も考えられない時とかもあるし、なんか本当に最近、何もやる気が
しない日が多くって。

だから今は全て(の計画)が一時停止の状態って感じです。


まぁ、でもこういうあまり乗り気のない時は、何をやっても生産性も低いだろうし、(そして学習
の効率も悪いだろうし。)とりあえず今はあまり無理せず、心と身体のエネルギーを充電しながら、
ぼちぼち始めることにします。


8月の初めから∫の学校も始まり、8月1日にはコモンアプリケーションもオープンするみたいです
し、いよいよこれから∫も本格的に大学受験の願書を作成し始めなけらばならないので、私もマジ
で気を引き締めなくては!


大学受験といえば、最近は∫も私も色々とリサーチしたりして、”現在の一流大学受験事情の現実”
に目を向け、∫の希望校に対する見直しをし始めています。

(やっぱりアイピー校やMIT, Stanfordとか言ったレベルの大学は∫には現実的ではない。)

最近ではもっと地に着いた、∫にとってリアリスティックなターゲットの幅を広げていってるよう
であります。

一流大学の幾つかにはダメ元で受けてみるかもしれないけど、でも願書提出にかける時間とエネ
ルギーって結構、かかるので、できるならば現実的な的を絞り、この時期、なるべくストレスフル
な状態を避けられるようにできればいいなと思ってます。

(本当かどうか知らないけど、でも)特にこんな記事とか読んだら、じゃ、UNR(ネバダ州立大)
でもいいんじゃ?って思うんですがね。(笑)



考えてみたらこの秋から冬にかけて、∫の大学受験で私も忙しくなるだろうから、もしかしたら
これから先も「一時停止」のままかも!(汗)

とりあえず今は自分のことは置いといて、∫が高校卒業するまではきちんと子育てに専念した方
がいいかもですねぇ…

(シニア大学生はそれまでお預けかな。)

ところで、先週からGame of Thronesの新シーズンが始まったので、また、楽しみが増えたわ
〜!

今晩(日曜日)も自分の部屋に”Do not disturb!"のサインを貼って、GOTの世界にはまり込ん
で楽しむことにします。

このテーマ曲聞くと、さぶイボがたつわ〜!


いつもブログを訪問いただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
1日一回お帰りの際に応援のポチを押していただけると
更新の励みになります。
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
# by mathdragon | 2017-07-24 10:49 | 私の事

∫が作った数学の問題

なんだかんだ言って早いもので、∫の学区の夏休みもあと2週間ほどとなり、その後はいよいよ
高校最後の学年(12年生・シニア)が開始します。

今年の夏休みは前半は、数学コンテストや大学のキャンパス・ツアー、数学キャンプのボラン
ティア活動など、多忙な日々を送りましたが、後半は時間的に余裕のある、かなりまったりと
リラックスした日々を過ごしているようです。

とは言え、毎日、オンラインで受講している日本語のコースの学習や、8月末に受験する予定の
SAT II Physics (Subject test)の勉強は欠かさずにやっているみたいですし、それ以外は例
の中学生の家庭教師をしたり、(&その教材やテストなどを作成したり)自分自身の数学の学習
や研究などに時間を費やしています。

そしてそれら以外の時間は、コンピューター・ゲームをやったり、Youtubeで本当にしょーも
ないビデオとか観て、chill outしてます。(笑)


また、最近は学校がある時と比べてかなり自由な時間がある為、普段はやりたくてもなかなかで
きない、クリエイティヴな活動にも勤しんでいるようで、夏休み中はその中でも∫の楽しみの一つ
である、”オリジナルの数学の問題作成”活動に精を入れてるみたいです。


つい最近など、ミドルの生徒(6〜8年生)を対象にした、AMC8に似たレベルのコンテスト問題
を作成したらしく、それを他の数学仲間たちにトライしてもらう為、AoPSのコミュニティで公開
したそうなんですよ!


ちなみに、Facebookとか、その他のソーシャル・ネットワーク関連の活動には一切、関与して
いない∫ですが、唯一、Art of Problem Solvingのアカウントだけは持っていて、サイトのコミ
ュニティの場で同じような数学仲間たちとの交流は楽しんでいるみたいです。


私はあまりよく知らないのですが、どうやらAoPSのサイトでは、メンバー達が自分で作成した
コンテスト問題や模試などをシェアしたり、ミニコンテストを開いたりできるみたいで、∫もこの
ちょっとした”AMC 8もどきのミニ・コンテスト”を開いたみたいでした。


この模試をトライした参加者達の(∫の問題に対する)評判は良かったみたいで、∫へのコメント
として、

”I can assure you that the problems are really high quality!"

とか、

”Really good test!"

などと言った意見が見られ、多くの仲間達が満足していたみたいで、∫もそれらのフィードバック
を得てとても嬉しそうでした。

ただ、中には

”AMC8のレベルとしては難しすぎる。AMC10くらいじゃないか?”

とか、

”いや、AMC10とするには簡単すぎる。8が妥当か、もしくはそれでも簡単かも?”

とか、個人によってレベルに対する意見がかなり主観的で、受け取り方や感じ方も色々だなぁと
思いましたよ。

(個人の数学レベルやスキルによって、問題に対する反応も違ってくるでしょうし。)

でも∫にすると、これらのレベル(最初から最後に向けて、難度がだんだん高くなる)は中学生
対象としては、ごく一般的ではないか?と思ったみたいですが。

尚、コンテストの方は終わったみたいなので、興味のある方の為に、∫が作成したAMC8(中学
生)レベルの模試問題をアップしておきますね。


英語がわかる数学好きのミドル(小学6年〜中学2年)のお子さんに、是非、チャレンジさせて
みてください!

尚、答えはMore(FBシェアの掲示の上の部分)をクリックした部分に載せてます。

a0332222_13201591.jpg

a0332222_13202625.jpg
a0332222_13203549.jpg

a0332222_13204718.jpg
いつもブログを訪問していただきありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加しています。
応援のポチを押していただけると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ


More
[PR]
# by mathdragon | 2017-07-23 14:20 | ∫の世界

溺れた男性を笑いながら撮影した少年達の事件について思う事

今日、ネットをチェックすると、あちこちでこのニュースが話題になってました。

”(CNN)米フロリダ州の池で溺れた男性を、10代の少年5人が目撃して笑いながらビデオで
撮影し、助けも呼ばないまま放置していた問題で、警察は21日までに事件としての立件を断念
した。男性は撮影が行われた数日後に遺体で発見された。”

(リンク先より)

最近の世の中は一体、どうなってるんでしょうかね。120.png

自分達の目の前で人が苦しそうにもがいて溺れていて、事態は明らかに重大で緊急だというのが
わかっているだろうに、それを面白おかしく笑いながら、(そして時には罵りながら)何の助けも
呼ばず、2分間もビデオを撮り続けるなど、(そして後にはそのビデオをソーシャルメディアで公
開するなど)普通の感覚ではとても考えられない行為ですよ!

最終的には溺れていた男性が水面下へ沈んでしまった後でも、警察に通報することもなく、その
まま放置していたらしい。


私はある記事にアップされていた、この様子を捉えたビデオも見ましたが、見ていて被害者のも
がき苦しむ様子に、胸がえぐられるような痛みと悲しみを感じるとともに、その背景で彼のそん
な姿を見ながら、罵ったり、笑ったりしている少年たち(14歳〜16歳の5人)の音声を聞き、と
てつもない怒りと嫌悪感、恐怖感を感じられずにはいられませんでした。

このビデオを見た遺族の方は、(この時点で助けが呼ばれていたなら…)などと、無念な思いと
怒りの気持ちでいっぱいだったのではないでしょうか。


この5人の少年たちの中には、誰一人とて、事の重大さを察して911に通報して助けを呼ぶとい
うアイデアが浮かばなかったのか?それともわかっていたけど別に気にせず、(人の命が失われ
る事よりも)ビデオを撮る事の方が大切だったのか?という思いが浮かんで仕方がありません。


もしかしたら、この5人の中には(助けを求めるべきだ!)と思った子もいたかもしれません。

でも、このビデオの様子からは、(雰囲気や言葉的に、この少年達は仲間の前で”悪ぶってる”と
いう印象を受けた。)そんな事を言ったら仲間たちから、”ダサい”とか”いい子ちゃんぶってる”
などとからかわれるかもしれない事を恐れ、その”当たり前の良識”を抑え、仲間達に同調した子
もいたのかもしれないと思いましたが。


これもある意味、「ピア・プレッシャー」ではないかと感じたり。

仲間達からのプレッシャーによって、自分はやりたくないこと、明らかに悪いとわかっている行
為や行動などを冒してしまうのと同時に、やはり同じように仲間達からのプレッシャーによって、
正しい事、やるべき行動をとらずに同調してしまう事もあるのではないかと思います。

悪い行為をおかすだけでなく、時には「正しい行為をとらない事(行為の欠如)」も、取り返し
のつかない惨事や悲劇を生み出す事になりかねないという事を理解するべきですよね。


そして、「良識のある行為」や「正しい事」をすることが励まされるどころか、逆にそういう行
為を行うのを困難にしたり、阻止したり、罰せられるような風潮がはびこる社会など、モラルの
衰退への道をまっしぐらに進むだけですよ。


まぁ、この場合、どれだけそのピア・プレッシャーの影響があったのかはわかりませんが。

もしかしたら単純に5人とも皆、他人の痛みや悲しみ、苦しみなどを感じる事が出来ない、良識
に欠けた子達だったのかもしれませんが。

いや、正直言って、このレベルは単に”良識に欠ける”と言ったレベルではなく、何らかの精神・
心理異常(サイコパシィ)が関わってるんじゃないかと思わずにはいられませんねぇ。

こういう少年達が大人になって、普通に一般社会で歩き回っているなど想像したら本当に恐ろ
しいです。


尚、この少年達の行為もそうですが、それに加えてこの件で煮え切らない思いになってしまう
のが、

”フロリダ州には、トラブルに巻き込まれた人の救助または救助要請を義務つける法律は存在し
ない。ココア警察の広報はCNNの取材に対し、「(そのような法律が)あれば立件している」
「このような事態に対して誰の責任も問えないことに、遺族も捜査員もやりきれない思いでいる」”

と、「法的にはこの5人の少年達は”何も罪を犯していない”ので、責任を問われることない」と
いう部分でしょうか。


確かに法的には彼らの行為(正確には”行為の欠如”)は違法ではないかもしれないけど、でも
人間として、一個人としての社会や他者に対する道徳的な責任感は?などと思ってしまいますよ。

人というものは、自分のとった行動に対して責任をとらなくていい(コンスクエンスを直面しな
くてもいい)場合、その行為や行動というのは変わることはないでしょうから。


法的には責任はとらなくてよくても、例えば、カウンセリングを受けさせたり、自分たちのとっ
た行動を省みて、もがき苦しみながら溺れ死んだ男性や、遺族の人たち側の気持ちを考えさせ、
彼らのパースペクティブでこのイベントを再生させて、事の重大さを感じさせたりなど、何らか
の形で彼らの行った行為に対してのソーシャル・オートプシー(社会的死後検証)セッションを
義務づけることとかできないのか?などと思ってしまいますが。


あと、もちろん、危険や緊急事態に陥っている人を自分で助ける義務を法的に課すのは私も反対
ですが、すべての人が他者に対して、”考慮”や”思いやりの気持ち”、常識、良識を持っているとは
限らないので、(中には自己中心的で無共感、無関心な人もいるでしょうから。)自分は援助活
動に参加しなくても、せめて援助を呼ぶ(911に通報する)などの、”最低限、人間として良識の
ある行為”をとることが義務付けられる法を定めるべきではないか?と思ったりします。

(それらを怠ることによって、他者に大きな被害や死をもたらすのが明らかな場合は特に!)


尚、ちょっと興味を抱き、ネットで調べてみたところ、こちらWikipediaのページによると、


"In the United States, as of 2009 ten states had laws on the books requiring
that people at least notify law enforcement of and /or seek aid for strangers
in peril under certain conditions: California, Florida, Hawaii, Massachusetts,
Minnesota, Ohio, Rhode Island, Vermont, Washington, and Wisconsin.(中略)
These laws are rarely applied, and are generally ignored by citizens and
lawmakers.


と、フロリダ州には"Duty to rescue"と言って、危険な状態に陥っている人に対して、援助を
求めるために”最低限、警察に通報することが義務つけられている”法が存在するみたいではあ
りますが、この法律はあまり応用されることなく、その存在はほとんど無視されてるみたいで
すねぇ。

いくら法とはいえ、ただ”存在する”のみで、それがきちんと執行されなかったら「絵に描いた餅」
みたいで、何の役にも立たなくて意味がないんじゃないですかね。

最近、こういった極悪非道で理不尽なニュースを頻繁に目にし(耳にし)精神的にモヤモヤして
しまいます。

(こういうニュースを聞いて、心が麻痺して何も感じなくなってしまうのが恐ろしいですが。)


いつもブログを訪問いただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
1日一回お帰りの際に応援のポチを押していただけると
更新の励みになります。
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
# by mathdragon | 2017-07-22 09:32 | なんとなく思った事

∫が働いている間に…

いやぁ〜、毎日暑いですねぇ。

今年はこの地域、例年にないくらいに高温度の日々が続いていて、ちょっと買い物に出かけるのも
暑くてかなりの体力を消耗してしまいますよ〜。

それに加えてただ今、この地域、そしてどうやらカリフォルニアのどこかで又、山火事が起こって
いるみたいで、煙や煤が風に吹かれてこの辺までやってくるので、外は煙や焼けた匂いがし、空気
もどんよりとしていて、エア・クオリティが最悪な状態!

喘息や呼吸器官関係の持病を持っている人なんか、外に出たら危険ですよ。

こんな感じで空気がどんよりとしているし、全体的に煙臭い。

a0332222_09441262.jpg


a0332222_09444089.jpg


a0332222_09444987.jpg


本当ならこういう時は外に出て行きたくないのですが、ここ暫くの間Trader Joe'sの買い物へ
行ってないし、うちだけでなくてパパの方(パパとグランマ)も食料の買い出しをしなければ
ならないということで、本日、∫が家庭教師の仕事をしている間に、二人でトレジョのショッピ
ングへ行ってきました。

まず、∫を家庭教師のセッションが行われるUNR(ネバダ大学)で降ろし、それから二人でトレ
ジョへ向かいました。

パパと私がそれぞれの自分たちのhouseholdの食料品を積んだカートを押し、それぞれ別個に
お会計を済ませているのに、何だか妙な感じがしました。

お互い、買い物カートを押しながら、通路で商品を見比べたり、献立の話をしたりと、何やら
主婦友だちと一緒に買い物に来ているような錯覚を覚えましたよ〜。(笑)

パパがグランマの食事の世話をするようになる以前など、絶対、ありえなかった光景ですよ。


今はよく二人でネットで見つけたレシピの交換なんかしてます。(爆笑)

(主夫化したパパの方が妙なmachismoを失って、よっぽどいいわ。)


ショッピングの後、大のジャンク・フード好きなパパの強い要望により、最近、ついにこの地域
に進出してきた、Chick-fil-Aと言うチキン・サンドイッチの専門チェーン店をチェックしに
行きました。

(∫が一生懸命働いているのに、私達だけが食べに行って少しばかり罪悪感を感じましたが。)119.png


a0332222_10243503.jpg


オーダーするエリア。

a0332222_09451573.jpg


a0332222_09450541.jpg

奥の方に子供が遊べるプレイ・エリアもありました。


a0332222_09460166.jpg

パパのスパイシー・チキンサンドイッチ。


a0332222_09453136.jpg

私はそんなにお腹が空いてなかったので、チキン・ストリップを試してみることにしました。

a0332222_09454537.jpg


感想はと言いますと…


a0332222_10294880.jpg


期待度が高かっただけに、二人ともがっかり…

(そこら辺のファースト・フードのチキンサンドイッチと別に変わらないクオリティだと思
ったけど。)

このお店もクリスピー・クリームドーナッツみたいに、大騒ぎしたわりにはすぐにパッと消
えてなくなるんじゃないの?などと思ってしまいましたが。

まぁ、何事も試してみないことにはわかりませんしね。

とりあえずこれでわかったからいいです。


いつもブログを訪問頂きありがとうございます。

ランキングに参加しています。
お帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
# by mathdragon | 2017-07-21 10:35 | 日々の出来事

Atypical:自閉症スペクトラムのティーンをテーマにしたNetflixの新シリーズ

Netflixで自閉症スペクトラムの高校生(シニア)の少年と、その家族についてを描いたAtypical
というシリーズが始まるらしく、予告編の動画を見て是非、このドラマを見てみたくなりました。

こちらのサイトに書かれていたこのドラマの説明。

”The eight-episode comedic series follows Sam Gardner (Keir Gilchrist), a high
school senior on the autism spectrum, and his family as he navigates dating,
school, and being a teenager."

高校、それもシニア(12年生)だなんて、この秋からシニアになる∫と同じじゃない!

ビデオで見るこの主人公の少年を見ていたら、反応とか顔の表情、(のないところ?笑)マナリ
ズムなんか∫に何となく似ていたりして、つい笑ってしまいました。

でも∫は女の子やデートなどにはあまり関心を見せてないので、そのへんはちょっと違うけど。

(本人に聞いたら”男の子”にも関心がないそう。笑)


公開されたら∫と一緒に見たいです。




いつもブログを訪問頂きありがとうございます。

ランキングに参加しています。
お帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
# by mathdragon | 2017-07-20 12:34 | テレビドラマ・映画

ギフテッドの親の隠れた感情

これは必ずしもギフテッドの育児に限ったことではないと思うのですが、ギフテッドの子供を持つ
親が、つい自覚がないままに抱いてしまいがちな様々な思いや感情と、それらが育児や子供に与え
る影響について書かれたとても興味深い記事を見つけたので、今回も皆さんとシェアしたいと思い
ます。

(すいません。又しても英語ですが。)

”ギフテッドの子供を持つ親は、子供がギフテッドであると知った時点から、興奮や混乱、不安な
ど、幅広い範囲の複雑な感情を経験する。そして学校では子供の先生がギフテッドについて理解
してくれなかったり、学校が教育リソースを提供してくれなかったりと、フラストレーションや
絶望感を感じる親も少なくない。これらの反応は、ギフテッドの子を持つ親の間ではごく一般的
なものである。


が、時にはもっと複雑な感情がこっそりと忍び寄る時もある。ギフテッドの親は、自らの普段
は口には出てこない、暗く、表面下でしつこくつきまとって離れない無意識の願望や恐れなど、
最終的に子供の扱い方、接し方(育児)に影響を及ぼす感情を深く掘り探る必要がある。


よく無視されがちで、時には無意識なこれらの”暗い”感情と行為が育児を妨害する恐れがある。
羨望、恥、恨み、後悔、そして罪悪感などの感情は、ほとんどのギフテッドの親が誰でもが経験
するものであろう。競争努力、過関与、希望や夢の投影、(親が自分の希望や夢を子供に転嫁)
アンビバランス(両面感情、躊躇い、迷い)なども関わってくるかもしれない。これらの態度や
感情、行動は、自覚がないままに、決断に影響を与えることになるかもしれない。とは言うもの
の、最終的には、内省や他人の言葉、子供との対立などを通して、自覚し始めるものである。


人というものは、直面している課題が不快な場合は特に、セルフ・リフレクション(内省)を避
けようとするものである。しかし、さらに深く掘り探り、自らの感情と動機を本当に理解する事
によって、全体像を得る事ができ、自分と子供に問題をもたらす行動を未然に食い止めるができ
る。その為のまず、最初のステップは、正直な自己評価である。以下がそのセルフ・チェックリ
ストである。

*リストは比較的簡単な英語で書かれているので、リンク先のオリジナルの記事でチェックして
 ください。

(中略)

これらの感情を無視したり、軽視したり、最小限化したり、合理化したりして、逃げ出したい
と思うのはごく自然のことである。親たちの中に自分の感情に対してとてつもない恥を感じる
あまり、それらを対処することが不可能な場合さえある。中には防衛的になり、問題がある事
さえ否定してしまう者もいたりする。また、中には自分自身や、自らの親としての能力を疑う
者もいるかもしれない。 これらの思いや感情は”ごく一般的で、当然の事(理解できる事)”
と受け入れる事がとても重要である。 屈辱心、保身、不安感が全体像をぼやけさせてしまい、
これらの感情や行動に打ち勝ち、先に進む事を困難にしてしまう。

(What hidden emotions complicate parenting a gifted child?より)


以上、内容の重要なポイントをざっと訳したので、この記事のメインのメッセージが伝わったの
ではないかと思います。


いやぁ〜、この記事を読んで、私自身、ちょっとビクッとしてしまいましたよ〜。

高校生になった今はそうでもないですが、∫がまだ小学生〜中学生の頃は、私自身、ここに書か
れている様々なダークな感情や思いを経験しました。(苦笑)

例えばこの、

”I am embarrassed by my child's social behaviors (e.g., acting different from
other children his age, not fitting in, having unusual interest)."

というのなど…

特にソーシャルな場面において、他の子達のようにどうしてもっと積極的に仲間とお喋りした
り、交流しないのか?と、見ていて苛つくことも結構ありましたねぇ。


当時は∫もコミュニケーション・スキルや対人スキルに苦手意識を抱いていたので、本人も無意
識に避けていた感じがありましたが、クラブ活動や様々なイベントなどを通して、そう言った
分野も徐々に向上していき、今では心底、気のあった仲間たちとの交流を楽しめるようになっ
たみたいなので良かったですが。

(そしてコミュニケーションもぎこちなさがなくなって、スムーズになった。笑)


落ち着いて考えたら、本人は精神的、スキル的な準備が整っていないのに、妙に急かし立てて、
対人関係を無理強いしたところで逆効果になってしまうだろうし、それよりも∫の心の準備がで
き、”自分からやりたい”という気持ちが芽生えるまで、私は∫の発達のペースをリスペクトして、
のんびり構えて見守ってやることが大切だということに気づき、自分自身が焦るのをやめたら
気が楽になったし、∫に妙なプレッシャーをかけることもなくなりました。

(そして私と∫の関係も向上した。)

又、この、

”I sometimes think my child's behavior (e.g., underachievement, perfectionism,
social discomfort) was prompted by subtle messages I might have conveyed
without realizing it."

というのなど、パパが犯してしまいがちな罪ですね。(完璧主義の部分)


パパは自分自身が完璧主義者で、いつも理想やスタンダードを高く持ち、それを∫にも要求する
傾向にあるので、それらが∫に”歪んだ見方”を植え付け、更にかなりのプレッシャーやストレス
を与えることになったりして、これはダメだなと思いました。


幸い、私がそう言った見方や態度が∫に与えている悪影響をしつこくパパに言い聞かせたので、
昔と比べるとパパのそう言った部分もかなり緩和され、∫も物事を現実的に見ることができるよ
うになったので、精神的なストレスが減りました。


親の私たちも生身の人間ですから、色々とネガティヴな感情を抱いたり、適切ではない態度や
行動をとってしまうのもある程度、仕方がないこととは思いますが、大切なのは、時折、自分
自身の思考や感情を深く掘り探る”セルフ・リフレクション(内省)”を心がけ、育児に悪影響
を及ぼす行動を阻止したり、変えたりと、セルフ・チェックをすることが大切ではないかと思
います。


最後に。

今日の午後、ふと裏庭みたら、2匹のリスが遊んでました。

a0332222_11284010.jpg

ちょっと前に見つけたリス(死骸)に比べると、両方とも遥かに身体が小さかったので、死ん
だリスさんの子供たちかも?などと思ってしまいました。

死んでたリスはこれくらいでかくて丸々してた。

a0332222_07052784.jpg

二人とも親が亡くなっても、頑張って力強く生きるんだよ〜!

(って、勝手に私が思い込んでるだけで、実際は全く関係ない赤の他人だったりしてね。笑)


いつもブログを訪問いただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
1日一回お帰りの際に応援のポチを押していただけると
更新の励みになります。
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
# by mathdragon | 2017-07-19 11:36 | Gifted/2e

嘔吐反射

今日、キッチンでパパと話していると、何気に窓からバックヤードを覗いたパパが芝生の中に小動
物のようなものを見つけ、しばらく見ていても全く動かないので裏庭に出て近寄ってチェックした
ら、やっぱり思った通り、リスの死骸でした。

かわいそうに。

死んでからどのくらい経ったのか定かではありませんが、ゴミ袋を片手に死骸を処分しに行った
パパの話によると、ここ最近ずっと暑い日が続いているせいか、すでにお腹の辺りがかなり膨らん
でいて、(腐敗が進んでバクテリアによるガスで膨れていた。)死骸からは”死の匂い”が漂ってい
たそうです。


パパがリスの死骸をゴミ袋に入れているのを少し離れた家の中から窓越しに見ていたのですが、そ
の作業の間、パパは幾度となくおえっ〜、おえっ〜っとえづいていて、(声まで聞こえた!)死骸
を処分して部屋の中に入って来た時には目から涙をこぼしていたのに思わず笑ってしまいましたよ〜!

(とんでもない妻ですよね。爆笑)


実はパパ、臭覚過敏のせいか、嘔吐反射(gag reflex)がかなり酷く、ちょっと嫌な匂いを嗅い
だだけでもものすごい勢いで、おえっ〜、おえっ〜って反応してしまうんです。


嘔吐反射って、普通だと喉に指を突っ込んだりした時におえっ〜となるやつですが、パパの場合は
そういった直接の刺激がなくても、不快な匂いを嗅いだだけで(それもそんな強くない匂い)身体
を大きく震わせながら、おえっ〜っとえづくので、見ていてとても苦しそうなんですよ。

(そう言いながらもいつもそんなパパの姿を見て笑ってしまう。😂)


そういえば、∫が赤ちゃんの頃、たまに私が手がいっぱいで、パパに∫のオムツを替えてもらった時
なども、いつもおえっ〜、おえっ〜っと、目に涙を浮かべながら替えてましたねぇ。

なんか、そういうところってものすごく敏感なんです。


笑っちゃいけないんだけど、パパが目に涙を浮かべながらがえづいている姿を見ると、いつも笑っ
てしまう悪妻の私であります。😂


このリスとは同一動物ではないかもしれないけど、もしそうだとしたら、ご愁傷様です。

リスさん、どうぞ、安らかにお眠りください。

a0332222_07052784.jpg

いつもブログを訪問頂きありがとうございます。

ランキングに参加しています。
お帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
# by mathdragon | 2017-07-17 12:07 | ∫パパ

心のセルフケア

∫が大学に行ってしまうと寮生活になるので、一緒に住んでいる時のように毎日、心身ともの様子
を伺う事ができなくなる為、ストレスを溜め込みやすい性質である∫の健康、特に精神衛生がつい
気になってしまいます。

もし、アカデミック的にレベルが高い大学にでも入学する事が出来たなら、もしかしたら毎日の
過酷な学業についていくのがストレスとなり、∫の精神に(鬱や不安感などといった)ネガティヴ
な影響を与えるのではないか?そしてたとえ苦しんでいても、誰にも助けを求めることなく、自分
一人で悩み苦しみ、事態が悪化して取り返しのつかないことになるのではないか?などといった
思いが頭によぎったりして、私の方が不安症になりそうなくらい。(苦笑)

(後、学業の面だけでなく、ソーシャルな面で問題を抱えたりとか。)


最近では巷(ネット)でも、よく大学生の鬱や不安障害などといった、精神衛生についての記事
も見かけたりして、特に初めて親元を離れて暮らすフレッシュマン(大学一年生)にとっては、
人生の中でも大きなトランジッションの期間と言え、何かとストレスフルな時期となると思うの
で、心のセルフ・ケアを怠らないようにすることが大切ですよね。

こちらの記事がとても興味深かったです。

(∫にはハーバード大学とか関係ないでしょうが…苦笑)


私も今から∫に、

「日頃から健康、特にストレス管理を心がけ、なるべくストレスをためないこと!精神的に辛い
と思った時は、恥ずかしいやら面倒くさいやら思わず、自分一人だけで対処しようと無理せず、
大学のカウンセラーに相談したりと、躊躇わずにヘルプを求めること!」

と、言い聞かせてます。

∫には昔からよく、

「自らで状況を判断して、自分では解決不可能だったり、対処できない場合、できる人に援助を
求めるのも立派なライフスキルの一つよ!」

っと、言っているので、その言葉を覚えていて、何かあった時はきちんと実行してくれればと願
っております。

おまけ

今日、やっとパパの充電できなくなっていたiPadをApple storeに修理に出しに行きました!

店員さんに見てもらったら、保証期間以内なんで、修理に出さず新品と取り替えてくれるとの事
で、こちらも一銭も払わずに済んだので、ラッキーでした〜!

アップル・ストアーが入っているモールにはSephoraも入っていたんだったわ!


a0332222_15333269.jpg

今日は湿気が高くて雲が多かったので、夕暮れ時はなんだか面白い色の空になりました。

a0332222_15334609.jpg


a0332222_15335632.jpg

いつもブログを訪問頂きありがとうございます。

ランキングに参加しています。
お帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
# by mathdragon | 2017-07-16 16:24 | Life Skills

私のストレス解消法

まず、始めに。

ブロ友のRobo君ママさん、いつもブログで私の記事についての感想やフィード・バックをいた
だき、ありがとうございます!

あーちゃんママさん、大変参考になる記事をいつもありがとうございます。毎日楽しみに読ませて
 いただいています。

こんなふうに言っていただき、とても嬉しいです。


でも正直言って、ありがたいことに最近は∫も(発達障害やギフテッドのどちらに関しても)これ
といって特にブログで取り上げるほどの心配ごとや課題、問題点などもほぼ、見当たらなくなって
しまったので、あまり参考になるような情報も発信してなくて、何だか申し訳ないですが。(苦笑)

最近など、∫の日々の出来事の記録や家族のゴタゴタ、単なる私の愚痴といった、しょーもないネタ
ばかりの記事で、せっかく楽しみにしてくださっているのにあまり役に立つような情報がシェアで
きなくて、ごめんなさいね〜。(汗)


∫も高校卒業まで残りあと、1年未満となり、小さい頃を考えると、まさに予想もしなかったほどの
目覚ましい発達を遂げてくれ、後はなんとか無事に高校時代を終わらせ、大学へ進学するのを見送
ってあげるくらいとなり、子育ての方もほぼ、終盤を迎えたという感じなので、多分、これからも
このブログでは家族の日々の何気無いイベントを記録するくらいになるんじゃないかと思いますが、
それでもこのちょっと変わった家族の様子を綴ったブログに、たまに様子を見に立ち寄ってくれた
ら嬉しいです。

そしてこれといって何も出来事がない(ネタ切れ?笑)の時などは、ネットから私が個人的に興味
があり、皆さんの役にも立つのでは?と思った記事や情報などもどんどん紹介していきたいと思っ
ています。(笑)

Robo君ママさん、これからもどうぞよろしくお願いしますね。


さて、前置きが長くなりましたが、ここから本題です。

最近、色々とストレスフルな家庭の事情があったりして、私自身、心身ともに疲れ切っている状態
が続いていた為、ちょっとしたストレス解消法として、フレグランス・フリークである私は先日、
久々に新しいフレグランスを試してみることにしました。


前にもブログで言ったかもしれませんが、私は服やらアクセサリー、靴、バック、メークなどには
ほとんど興味がないのですが、なぜか「香り系」のものが大好きなんで、うちのバスルームのシン
クには、かなりの種類のフレグランスが並んでいるのであります。

(私の脳は視覚や聴覚よりも、臭覚による刺激に激しく反応するタイプなのかも?笑)


まだ∫が生まれる前など、高級デパートのフレグランス・カウンターで働いていたこともあり、社
員研修としてよくカルバン・クラインやシャネル、ジバンシーなどと言った有名ブランドの”勉強
会”などにも出席し、フレグレンスに関してみっちり特訓を受けてきたので、知識や情報はちょっ
としたプロ並みなんですよ。(笑)

(毎シーズン、各会社が新しい商品を発売する前に、それらについてのお披露目&勉強会が高級
ホテルで開かれて、”gratis"と言っていつもその新商品(香水やバスラインなど)がギフトとして
もらえたりしてたので、毎回、このイベントが楽しみでした!)


話が逸れそうなので元に戻しますが、というわけで、香りは私にとっていいストレス解消法なの
であります。(アロマ・セラピーですね。)


で、今回、私のお気に入りのブランドの一つであるAtelier Cologne(アトリエ・コロン)のま
だ試してないフレグランスにトライしようと思ったのだけど、わざわざ地元のSephoraを訪ねる
のも面倒だし、かと言って、オンラインで香りの描写(説明)だけを頼って実際にトライせずに
購入するのも勇気がいるなぁ〜と悩んでいたところ、アトリエ・コロンのHPで”32種類のサンプ
ルと$35のギフト券がセットになった、Discovery Setなるものを発見!


a0332222_17505532.jpg


a0332222_17511418.jpg


このセット、全部で32本のサンプルミニボトルと$35のギフト券がついて$35ということで、
正味、32のサンプルは無料ってことになるので、ものすごくお得じゃないですか〜!


何よりまず、これらのサンプルを実際に試してみてから、自分が気に入った香りを購入できる
(そしてギフト券を使用できる)というのが嬉しいですよね!

私はすでにこのブランドの香りを幾つか持っているのですが、この商品、香りそのものは多く
が爽やかで軽い”オーデコロン”みたいな感じなのに、持続性が高くてかなり香りが長持ちするん
ですよ!

なんでもこの香水のように持続性が高いフレグランス、「コロン・アブソリュ」って言うらしい。

日本でも手に入るみたいですね。

先日オーダーしたところなのでまだ届いてないのですが、届いたら一つづつじっくり時間をか
けて(トップ、ミドル、ベース)チェックし、気に入った香りをギフト券を利用して購入しよう
と思います。

あぁ、楽しみだなぁ〜!

こうして楽しみに待ってるだけで、少し気分がアップしてきましたよ!(笑)

私のお気に入りの一つである、L'OCCITANE Lavender Eau de Toilette


a0332222_18211660.jpg

いつもブログを訪問いただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
1日一回お帰りの際に応援のポチを押していただけると
更新の励みになります。
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
# by mathdragon | 2017-07-15 18:30 | 私の事

カテゴリ

Introduction
∫の世界
Math (数学)
Gifted/2e
Japanese
High School
School Clubs
Academic/EC Records
University (UNR)
Community College
大学受験
Life Skills
Driving Practices
発達障害
教育・学習
脳科学・心理学
育児
Memories
Resources
Family
Family Outings
Outdoor Activities
日々の出来事
シニア大学生の準備
その他の学習
英語学習(目指せC2!)
私の事
∫パパ
風景・空模様
Wildlife
Favorites
Miscellaneous
テレビドラマ・映画
なんとなく思った事

最新の記事

N高等学校についての記事
at 2017-07-25 10:49
全てが一時停止の状態 ε-(..
at 2017-07-24 10:49
∫が作った数学の問題
at 2017-07-23 14:20
溺れた男性を笑いながら撮影し..
at 2017-07-22 09:32
∫が働いている間に…
at 2017-07-21 10:35

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

記事ランキング

メモ帳

   にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
a0332222_05204995.jpg
2015 ARML
a0332222_07545094.jpg
a0332222_06213436.jpg
AIME '15
a0332222_06281821.jpg
AMC12 '15
a0332222_06570886.jpg
AMC12 '15
a0332222_06531787.jpg
MATHCOUNTS
National '14
a0332222_06311300.jpg
a0332222_06312311.jpg
MATHCOUNTS
State '14 個人戦
a0332222_06313237.jpg
AMC10
a0332222_06315148.jpg
AMC8
a0332222_06314196.jpg
CTY SAT MATH
a0332222_06215768.jpg
Flag Counter

ブログジャンル

子育て
教育・学校

画像一覧