アメリカに住む数学をこよなく愛する16歳のmath kid∫の日々の出来事を綴っています。∫の夢は将来大学の数学教授になること。13歳から本格的に地元の州立大学で数学のコースを受講し始めました。 


by あーちゃんママ

プロフィールを見る
画像一覧

誤解されやすいギフテッド

数あるギフテッドについてのトピックや課題の中でも、私が個人的に特別な思い
入れがあり、教育や医学関連に携わる者達は言うまでもなく、親や一般の人達の
間にも広く普及して欲しいと願うのが、「ギフテッドについての誤解や誤診」に
関する知識や情報であります。


以前のブログでも何度かこのトピックについての記事を書きましたが、最近にな
ってこのブログを訪問してくださっている方や、ギフテッドについてあまり認識
がなく、自分の子供の事で悩んでいる親御さん達に少しでもこれらの情報が目に
止まればいいと思う気持ちと、後、すでに認識のある者にとってはこれらはいい
”定期的なリマインダー”ともなると思うので、この話題についてはこれからも度々
記事にとりあげていきたいと思っています。


ということで、先日ネットで見つけたこちらの記事がこれ又、とても参考になる
と思ったのでリンクをしておきます。




ギフテッドについて誤った見識や、誤解されやすい”特徴”、そしてそれらから生
じやすい「誤診」や「未診断」「未識別」による影響やリスクなどがうまくまと
められていて、お子さんが発達障害、又はグレーゾーンの疑いがあげられながら
も決定的な診断は下りず、(又は診断はでたものの)気持ち的にどうもしっくり
といかず、何か別の答えを探し求めている親御さん達にとって、大変貴重な情報
ではないかと思います。


これも英語の記事なのですが、今回、英語が苦手な方の為に翻訳サイトを利用
してみたので、(Googleのよりは断然マシ!)そちらの日本語訳のページも
リンクしておきます。



以下、重要だと思ったポイントをいくつか抜粋して日本語に訳しました。

(自動翻訳の文章だけではわかりにくい部分もあるので、ここでは補佐的な
訳を付け足しています。拙訳ですが、大体の意味は分かっていただけるので
はないかと思います。)


”一般の固定観念に反し、ギフテッドである事は学業成績と同義ではありま
せん。成熟したクラスのリーダー格タイプが期待される一方、ギフテッドの
原型が全てのギフテッドの子達にぴったり当てはまるというわけではありま
せん。 中にはクラスのひょうきん者、席の後ろの方にひっそりと孤独に座
っている不器用な子、問題児などもいます。 これらの多くギフテッドの子
達が最終的にたどり着くところが、彼らの才能が支援されないままでいる
特別支援学級なのです。”



”一般的な信念として、ギフテッドでありながら、且つ、学業に苦労している
などありえないと言った根強い考えがあります。そして、多くの親が、我が子
の能力に大きな差(凸凹)があったり、他の困難や障害によって凸の部分が打
ち消される場合など、子供がギフテッドである可能性を疑ったり無視したりし
ます。それでも、彼らの代償的スキル((凸の部分が凹の部分を補うスキル)
が崩れる限界にぶつかるまでは、一部の未診断の学習障害があるギフテッド
の子は、低学年の間は学業に優れている場合もあるかもしれません。”



”ハイリーギフテッドの子達の診断は得に困難です。彼らの脳の神経伝達回路
は異なっていて、標準とは違った発達上の軌道があるようです。多くのギフ
テッドの子が、大きなプラス(創造的なアーティスト、科学者、発明者、人道
主義者となりやすい)となるけれど、同時に大きなマイナス(圧倒的な感情や
不安感にさらされたり、許し難い行動をとったりする)ともなり得る、高度
で鮮明な強烈さ(インテンシティ)と感度でこの世を経験しているのです。”



”小児診断が不注意に適用される時、ギフテッドの子達はしばしばADHD、
自閉的、抑鬱的、双極性障害の誤ったラベルをつけられてしまいます。”



”一部のギフテッドの子達が実際はそうでない精神衛生障害のラベルを誤って
貼られて投薬されている間、一方では別の子達は実際、学習障害や精神障害
があるにもかかわらず、それらが認識されていないまま(未診断)という
場合もあるのです。”



”通常のギフテッドは、診断可能な精神障害と簡単に混同されやすい恐れが
あります。ギフテッドの子はお喋りで活力に満ち、衝動的で不注意、または
ある一定の状況においては簡単に気が散りやすいかもしれません。(ADHD
の症状に似ている) ギフテッドの子達は社会面で困難を感じたり、些細な
事で癇癪を起こしたり、風変わりで、無我夢中になってしまうような興味
(不適当な自閉症の診断)を持っていることも決して珍しくありません。”



”正確に問題を対処すると同時に、きちんと病理学を識別する事がとても大切
です。時として、最善の治療は単に適切な教育的配置だったりします。(教育
の配置とは、ギフテッドのクラスだったり、特別なプログラムだったり、飛び
級による学年配置だったりと、その子に合った学習環境の設定の事で、うちの
∫の場合が全くこれでした!)よって、医学的診断があまりにも早急に出され
た場合、必須な会話は突然終わり、そしてポジティブな変化の機会が失われて
しまいます。”



”最後に、”標準”の概念は狭くて恣意的な一連の基準によって定義されては
いけません。誰もが皆、同じように情報と感覚の入力の処理をするという
わけではありませんし、誰もが同じ最終点へ同じ期待されるスケジュール
に沿って成長するわけではないのです。多様性(ばらつき)は自動的に障害
を示すわけではありません。


*この↑部分に特に大きくうなずいてしまいます。

定型と言われる層であっても個人の中では精神的、身体的な発達にいくらか
個人差があるのは当たり前の事で、(思春期の身体の発達など見ても、その
子一人一人のペースがあって、バラツキがあるのは簡単に観察できますし。)
ギフテッドの子達というのはあらゆる領域(知的、感情的、社会的、身体的
など)の発達のバラツキが一般よりも大きい傾向にあり、(非同期発達)発
達のパターンや速度、能力のばらつき(凸凹)が標準から外れているからと
言って、それらをすぐに「病理的な原因」(なんらかの障害)に結びつけて
しまうのは非常に危険だと思いますね。


日本の場合だと特に、ギフテッドに精通した専門家が稀なこともあり、実は
ごく普通のギフテッドの子達が、「なんらかの障害」と誤診され、実際は不
必要な投薬を勧められたり、本来、必要であるギフテッドのサポートが得ら
れていないというケースもかなりあるのではないかと思うと胸が痛みます。



いつもブログを訪問頂きありがとうございます。

ランキングに参加しています。
お帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2015-04-16 12:31 | Gifted/2e

カテゴリ

Introduction
∫の世界
Math (数学)
Gifted/2e
Japanese
High School
School Clubs
Academic/EC Records
University (UNR)
Community College
大学受験
Life Skills
Driving Practices
発達障害
教育・学習
脳科学・心理学
育児
Memories
Resources
Family
Family Outings
Outdoor Activities
日々の出来事
シニア大学生の準備
その他の学習
英語学習(目指せC2!)
私の事
∫パパ
風景・空模様
Wildlife
Favorites
Miscellaneous
テレビドラマ・映画
なんとなく思った事

最新の記事

日本語でメッセージ
at 2017-06-29 13:59
孫なし婆さんになりたくないよ〜
at 2017-06-28 11:08
お利口さんですね〜!
at 2017-06-27 13:16
オリジナル数学コンテストが延期
at 2017-06-26 14:02
Summer Math Ca..
at 2017-06-24 07:43

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...

記事ランキング

メモ帳

   にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
a0332222_05204995.jpg
2015 ARML
a0332222_07545094.jpg
a0332222_06213436.jpg
AIME '15
a0332222_06281821.jpg
AMC12 '15
a0332222_06570886.jpg
AMC12 '15
a0332222_06531787.jpg
MATHCOUNTS
National '14
a0332222_06311300.jpg
a0332222_06312311.jpg
MATHCOUNTS
State '14 個人戦
a0332222_06313237.jpg
AMC10
a0332222_06315148.jpg
AMC8
a0332222_06314196.jpg
CTY SAT MATH
a0332222_06215768.jpg
Flag Counter

ブログジャンル

子育て
教育・学校

画像一覧