アメリカに住む数学をこよなく愛する17歳のmath kid∫の日々の出来事を綴っています。∫の夢は将来数学の教授になること。13歳から本格的に地元の州立大学で数学のコースを受講し始めました。 


by あーちゃんママ

プロフィールを見る
画像一覧

そろそろ夏休みの活動について考えなければ…

去年(9年生終了)の夏休みは、UNRで取る予定となっていた数学のサマーコースがドタ
キャンとなってしまい、(まさかそんな事になるなど思ってもみなかったので)その代わ
りの活動を計画していなかった為、これといって別に何も成し遂げることもない、とても
のんびりとした夏休みとなりました。


その失敗から学び、今年はそういった万が一の場合に備えて、いくつかの補欠活動も計画
しておくべきだなと思い、現在、∫と一緒に色々と考えています。


オプションの一つとして、今年の夏休みは数学のサマーキャンプに参加しようか?と、例
Stanford Mathematics Camp (SUMaC)へのアプリケーションのプロセスも
始め、願書締め切りが3月11日と、あまり時間がないので急がないといけないのだけれど、
最近、∫は妙にサマーキャンプに関しての興味が薄れてきたみたいで、もう一つのり気では
なさそうな為、手続きを進行するのを躊躇っている状態であります。


もちろん、高度なレベルの数学を学んだり、同じ興味関心やレベルを共有する数学仲間達
との交流の機会には大いに惹かれるみたいですが、でもキャンプでカバーしている内容は
地元の大学やAoPSWOOTでも学べないわけではないし、リサーチ関連のスキルも地元
の数学のメンター達から学ぶ機会もあるみたいだし、仲間同士の交流なども、様々な数学
関連のイベントを通して経験する機会も多いし、数学キャンプ自体もミドルの時にすでに
経験しているし、(大学の寮生活やカフェテリアの食べ物に失望気味でした。笑)という
ことで、果たして4週間という期間と、決して安くない費用($6500)を費やすだけの価値
があるものか?と考えてしまいます。

(∫が”どうしても行きたい〜!”と燃えているのならまだしも…)


∫のキャンプ熱が薄れてしまった原因として、このキャンプ、又はその他のキャンプに参加
してしまうと、UNRで数学のサマーコースが取れなくなってしまう恐れがある、というの
があるのではないかと思います。(キャンプの期間とサマーコースの期間が重なる。)


一夏くらいはサマーコースをスキップしてもいいのではないか?と思うのですが、去年も結
局取れなかったし、実を言うと、∫がジュニアの秋学期に取る予定にしているAnalysis I
(解析学)のコースの履修条件がこの秋から変わり、まず(今までは取らなくてもよかった)
Introduction to Proofs: Logic, Sets and Functionsというコースを取る事が必
要となった為、夏にそちらのコースを取ってしまいたいというのがあるみたいです。


このIntroduction to Proofsのコース内容説明として、

”Logic; mathematical induction; elementary set theory; functions;
properties of integers and real numbers. Heavy stress on mathematical
proofs."


と、数学的証明に重点が置かれたコースのようなので、現在、「問題を解決する」から
「証明する」と、proof writingのスキルの向上を目指している∫にとっては為になる
コースではないかと思います。


又、今年の夏休みはUNR(ネバダ大学)以外にも地元のコミュニティ・カレッジでコース
を取りたいらしく、今のところMusic Appreciation(音楽鑑賞)のクラスを考えている
ようです。

(UC Berkeleyへの受験の為に必要なVisual and performing artsの単位を取る為。)


それと、前回なかなか好評だったせいか、冬休みに続いて夏休みも北ネバダ数学クラブ
主催のMathcounts Summer Campが予定されているとのことで、それが実行されれば
∫は再びインストラクター/キャンプカウンセラーとしてボランティアで参加するつもりだ
そうです。

(コーチの話だとスプリング・ブレイクにも半日キャンプをするかもという事らしい!)


そして今年の夏は出来ればその他のコミュニティ・サービス活動か、インターンシップ
(いずれも数学に関連したエリアではあるみたいですが。)も考えているみたいなので、
サマーコースにボランティア活動にと、結構、忙しくなるのではないかと思います。


というわけで、以下がとりあえず現在の時点での大まかな夏休みの予定です。

▪︎Introduction to Proofsのコース (UNR)
▪︎Music Appreciationのコース(コミュニティ・カレッジ)
▪︎Mathcounts Summer Campのボランティア活動
▪︎数学関連のコミュニティ・サービス活動/インターンシップ

(▪︎北ネバダ数学クラブ活動)


以前、紹介したブログのこういう記事や、こちらの記事にもありますように、よっぽど
セレクティブでもない限り、キャンプやサマープログラムに参加したからと言って大学
受験に有利になるということもないみたいですしね。(まぁ、SUMaCだと少しは違っ


もちろん、アプリケーションの肩書きの為などの計算的な考えは抜きにして、自分が心
の底からこう言った活動を経験してみたい、楽しみたいと思うのであれば、「経験」は
お金で買るものではない貴重なものなので、Go for it!っと応援しますよ。

物事の価値は人それぞれですのでね。


うちの場合は金銭的な事やらその他の面を考えたら、今年はサマーキャンプは見送ること
になりそうですが。

最終的には∫が自分で望む(そして私達もリーズナブルだと賛成する)選択を応援してあげ
たいと思います。


いつもブログを訪問していただきありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加しています。
応援のポチを押していただけると更新の励みになります。

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2016-02-17 10:37 | High School

カテゴリ

Introduction
∫の世界
Math (数学)
Gifted/2e
Japanese
High School
School Clubs
Tutoring/Mentoring
Academic/EC Records
University (UNR)
Community College
アメリカの大学受験
Life Skills
Driving Practices
発達障害
教育・学習
脳科学・心理学
育児
Memories
Resources
Family
Family Outings
Outdoor Activities
日々の出来事
シニア大学生の準備
その他の学習
英語学習(目指せC2!)
私の事
∫パパ
風景・空模様
Wildlife
Favorites
Miscellaneous
テレビドラマ・映画
なんとなく思った事
意見の衝突など
ちょっとした情報

最新の記事

National Merit..
at 2018-02-18 12:03
先を見通しての問題解決 ②
at 2018-02-17 13:13
Respite
at 2018-02-16 06:14
合格しても、”行きたい”大学..
at 2018-02-12 11:03
指摘の発言の確認について
at 2018-02-11 07:39

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

記事ランキング

メモ帳

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

夕焼け・朝焼け、雲などの空模様の写真満載の私のもう一つのブログです。
Mystica Caelum

アメリカのギフテッド教育、主にレンズーリ教授の提唱する全校拡充モデル(SEM)について紹介されているブログです。
EmbracingGiftedMinds

親バカコーナー 😊
2015 ARML
a0332222_07545094.jpg
a0332222_06213436.jpg
AIME '15
a0332222_06281821.jpg
AMC12 '15
a0332222_06570886.jpg
AMC12 '15
a0332222_06531787.jpg
MATHCOUNTS
National '14
a0332222_06311300.jpg
a0332222_06312311.jpg
MATHCOUNTS
State '14 個人戦
a0332222_06313237.jpg
AMC10
a0332222_06315148.jpg
AMC8
a0332222_06314196.jpg
CTY SAT MATH
a0332222_06215768.jpg
Flag Counter

ブログジャンル

子育て
教育・学校

画像一覧