アメリカに住む数学をこよなく愛する16歳のmath kid∫の日々の出来事を綴っています。∫の夢は将来大学の数学教授になること。13歳から本格的に地元の州立大学で数学のコースを受講し始めました。 


by あーちゃんママ

プロフィールを見る
画像一覧

ギフテッドの子が親に知ってもらいたいこと

ギフテッドの子育てをしている親としては、専門家達のアドバイスもそれなりに参考になる
のですが、やはりこう言った”当の本人達”の声を聞くと、今まで考えもしなかった事や、思い
違いをしていた事なども気がつかされ、ギフテッドの子を育てる上でとても役に立つ情報では
ないかと思います。

専門家と言えど、中にはその分野を少し突っついて齧ったくらいで、あたかもエキスパート
 であるかのように振舞ってる”自称”専門家もいますので、やはりどの”専門家”の情報を信頼
 するかは、最終的には私たち自身の適切な判断によるものだと思います。

(だからしつこいようですが、親の方もcritical thinking(批判的思考)がまさに criticalに
 なってくると思いますね。)

本題にもどりましてと。

以下のリンク先には、あるギフテッドのクラスで先生が子供達に、”親に知ってもらいたい事
5つ”を尋ね、それらのリスポンスを頻繁に出てきた順にまとめたリストが載ってます。

もちろん、ギフテッドの子と言えど、個人それぞれなのでこれらの全てが自分の子に当てはま
るというわけではないのですが、一般的に見て、参考になる部分も結構あるのではないかと思
います。




詳細はリンク先を読んでいただくとして、リストアップされていた事柄がこちらであります。

1. When I get home from school, I need a break from "school thinking"
 before I tackle whatever is next.

2. I want to do my own work.

3. Respect me.

4. I am learning to manage my feelings.

5. I need to move.

6. I am aware of my overexcitabilities and you need to know them, too.

7. I need a bedtime routine that suits me.

8. I can't always tell you what I'm thinking.


今こうして振り返ってみると、私もまだ∫が普通の学校に通っていた時など、∫が帰宅した瞬間
から、(厳密に言えば、∫が迎えに行った車に乗り込んだ瞬間!笑)

「今日は学校ではどうだった?」

「先生に叱られなかった?」

「お友達と遊んだ?」

「宿題をきちんと提出した?/持って帰ってきた?」

「ちゃんとお弁当食べた?」


など、まるでドリフの「いい湯だな」のエンディングみたいに、息つく暇もないほど質問攻め
に合わせたりして、∫が機嫌悪そうにしていたのも全くうなずけるわ〜と思いました。(苦笑)

まぁ、でも未だに寝る前などには、

「歯磨いた?」

「flossした?」

などと、カトちゃん化してますが。(笑)


そしてリストの2番目にあった、

”Let me do my own projects and don’t impose your ideas forcefully.”

と言うのなど、これは∫が(親切心でやっているのだけど、押し付けがましい)パパに対して
よく不満に感じていたことなので、やっぱ、多くの子がそう思うんだわねぇと納得したり。

”When I overreact to something, leave me alone for a while and I will be fine.”

”Don’t talk to me when I am stressed.”


この4番目についても、∫も全く同じことを私たちに言ってました。(今でもそう。)


私も∫と同じタイプなんで、感情的になっている時はクールダウンの時間が必要なので∫の気持
がよくわかるのですが、(だからそっとしておき、∫が話したいと思った時は手を差し伸べる)
瞬時に爆発しても10秒後くらいにはすでに元の状態に戻っているパパにはこれが理解できない
らしく、∫がupsetしているのにしつこく部屋にまで追いかけてきて延々とお説教しようとする
ので、(もうハラスメントのレベル!怒)∫はクールダウンする暇もないどころか、ますます怒
りや悲しみが炎上してしまい、事態が悪化するばかりなんですよ。


親も自分の考えや見方を一点張りで通すのではなく、子供のテンパーメントや感覚なども考慮
しながら、子供とのコミュニケーションを試みたり問題を対処することが大切ではないかと思
います。



いつもブログを訪問いただきありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してます。
お帰りの際に下のバナーを押していただけると更新の励みになります。
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2016-09-18 08:07 | Gifted/2e

カテゴリ

Introduction
∫の世界
Math (数学)
Gifted/2e
Japanese
High School
School Clubs
Academic/EC Records
University (UNR)
Community College
大学受験
Life Skills
Driving Practices
発達障害
教育・学習
脳科学・心理学
育児
Memories
Resources
Family
Family Outings
Outdoor Activities
日々の出来事
シニア大学生の準備
その他の学習
英語学習(目指せC2!)
私の事
∫パパ
風景・空模様
Wildlife
Favorites
Miscellaneous
テレビドラマ・映画
なんとなく思った事

最新の記事

溺れた男性を笑いながら撮影し..
at 2017-07-22 09:32
∫が働いている間に…
at 2017-07-21 10:35
Atypical:自閉症スペ..
at 2017-07-20 12:34
ギフテッドの親の隠れた感情
at 2017-07-19 11:36
嘔吐反射
at 2017-07-17 12:07

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

記事ランキング

メモ帳

   にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
a0332222_05204995.jpg
2015 ARML
a0332222_07545094.jpg
a0332222_06213436.jpg
AIME '15
a0332222_06281821.jpg
AMC12 '15
a0332222_06570886.jpg
AMC12 '15
a0332222_06531787.jpg
MATHCOUNTS
National '14
a0332222_06311300.jpg
a0332222_06312311.jpg
MATHCOUNTS
State '14 個人戦
a0332222_06313237.jpg
AMC10
a0332222_06315148.jpg
AMC8
a0332222_06314196.jpg
CTY SAT MATH
a0332222_06215768.jpg
Flag Counter

ブログジャンル

子育て
教育・学校

画像一覧