アメリカに住む数学をこよなく愛する17歳のmath kid∫の日々の出来事を綴っています。∫の夢は将来大学の数学教授になること。13歳から本格的に地元の州立大学で数学のコースを受講し始めました。 


by あーちゃんママ

プロフィールを見る
画像一覧

2017年 04月 16日 ( 1 )

3月のSATの結果

大学受験の願書提出の為に去年の12月に受験した最初のACTがそれなりにまぁまぁ満足できる
結果だったので、私としてはSATはもう受けなくても良いのでは?と思ったのですが、(∫自身
は)12月の結果に満足できず、又、スーパースコアリングの為に数回は受験した方がいいという
ガイダンス・カウンセラーの勧めもあって先月受験したSATの結果が、数日前にカレッジボード
のアカウントに掲示されていました。

∫は、「12月の時よりスコアが下がっていたらどうしよう〜〜〜!」

っと、少しナーバスになっていたのですが、私が、

「今回のスコアが前回より下がっていても別にそれほど気にすることはないって!大抵の大学が、
テストに関しては”SATかACTのどちらか”と選択できるのだから、もし今回ダメだったらSATは
無視して、ACTのみ提出すればいいんだから。」

と言うと、少しばかり安心した様子でスコアをチェックしてました。(本当に心配性。)


結果はと言いますと、目標とするスコアである1550には達成することができなかったものの、
前回(12月)に比べると、若干数値がアップしていて、今回は1530というスコアでした。

こちら前回(12月)の結果。

a0332222_09213411.jpg

そしてこちらが今回(3月)の結果。

a0332222_08342131.jpg


1510から1530で20点のみアップなのですが、前回は全国で97パーセンタイル(上位3%)だ
ったReading & Writingのセクション(710)が、今回は99パーセンタイル(上位1%)になっ
ていたので、これで合計、リーディング&ライティング、そして数学の全てにおいて99th(上位
1%)の数値を得ることができたので良かったです。


ちなみに1530という数値はカレッジボードのサイトではパーセンタイルが99+となっていて、
こちらの情報で更に細かく見ると、完全に正確ではないものの、大体99.5パーセンタイルくらい
とあったので、(1533→99.5141%)SATに関してもまぁ、それなりに満足できる結果を得る
ことができたのではないかと思います。


∫としては、当初の目標であった1550を得る為、「あと、もう一回くらい受けようか…」などと
迷っていたみたいですが、既にACTで35というスコアを得ているのだし、少し前の二回目のスコ
アをスーバースコアリングすれば総合で36とパーフェクトスコアになるのだから、SATで更に上
のスコアを目指す必要はないでしょう!っと言ったら納得して、

「大学受験用のテストにはうんざりしてるし、そうだね。もう、これでいいか!」

と、あっさりと諦めたようでした。


ということで、少し前のACTについての記事でも言いましたが、大学受験用の試験(SAT& ACT)
はこの3月のSATを持って終わりです!

もう、SATもACTも受けなくていいことに、∫は大喜びであります。

(まだ中学生の頃はこれらのテストを受けたくて仕方がなかったみたいですが、これまで幾度か
受けてきて、大体の自分の実力なども認識し、チャレンジもなくなったので、本番では興味が薄
れてしまってのめり込めなくなったみたいです。これって、”テスト燃え尽き症候群?”笑)


また、これは大学受験に関してリサーチしていて気がついたことなのですが、大抵の大学が”SAT
かACTのどちらか”となってますが、中には”これまで受験したすべてのスコアを提出”することを
要求している大学もあるようなんですよ。

(今頃気がつくなんて、遅すぎますよねぇ。自らのリサーチ不足を反省。爆笑)


例えば、スタンフォード大学など、

”Applicants must self-report and submit all SAT scores and all ACT scores.
Applicants may not use the College Board's Score Choice feature or "hide"
any scores with either testing agency."

ということで、スタンフォードに願書を提出する際、これまで受験したSAT、ACT全てのスコア
を報告しないといけないようです。


その他、∫の志望校の一つであるCarnegie Mellon Universityや、UC (University of
California)システムもそうみたいです。


この、”All scores"システムについて考慮すべき点や、このシステムを採用している大学のリスト
が載っている⬇︎のページが参考になると思うので、お子さんがアメリカで大学受験を考えている
親ごさんや学生さんご本人、是非、チェックしてみてください。





経済的なこともあるし、やはりやたらに何度も受験して、低いスコアを取ってしまうと受験の審
査に不利になってしまうのもなんなので、これらの情報を考慮して、うちはもう完全にこれで終
わりにしました。(笑)


最終的にはACTを2回、SATを2回と合計4つのテストを受験したこととなり、”全てのスコア”
を送るとしてもマネージしやすいと思います。


結果的にもそれほど極端に低いスコアはないので、とりあえず何も”隠さず”全てを暴露したとし
ても、テストの分野ではそれほど心配はしなくていいのではないかと思います。

ACT 35
ACT 34
Composite Superscore 36

SAT 1510
SAT 1530

合計4の試験のいずれも99パーセンタイル(上位1%)


いつもブログを訪問していただきありがとうございます。
お帰りの際に応援のポチを押していただけると、∫の大学受験の励みになります。(笑)
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2017-04-16 09:58 | Academic/EC Records

カテゴリ

Introduction
∫の世界
Math (数学)
Gifted/2e
Japanese
High School
School Clubs
Tutoring/Mentoring
Academic/EC Records
University (UNR)
Community College
大学受験
Life Skills
Driving Practices
発達障害
教育・学習
脳科学・心理学
育児
Memories
Resources
Family
Family Outings
Outdoor Activities
日々の出来事
シニア大学生の準備
その他の学習
英語学習(目指せC2!)
私の事
∫パパ
風景・空模様
Wildlife
Favorites
Miscellaneous
テレビドラマ・映画
なんとなく思った事
意見の衝突など

最新の記事

レジリエントな子どもを育てる方法
at 2017-11-18 16:19
これが州立大学の実態か?
at 2017-11-17 10:50
Happy 17th Bir..
at 2017-11-16 11:00
ちょっと焦り気味
at 2017-11-15 18:19
ギフテッドの育て方に関する8..
at 2017-11-14 14:34

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

記事ランキング

メモ帳

   にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

夕焼け・朝焼け、雲などの空模様の写真満載の私のもう一つのブログです。
Mystica Caelum

アメリカのギフテッド教育、主にレンズーリ教授の提唱する全校拡充モデル(SEM)について紹介されているブログです。
EmbracingGiftedMinds

親バカコーナー 😊
2015 ARML
a0332222_07545094.jpg
a0332222_06213436.jpg
AIME '15
a0332222_06281821.jpg
AMC12 '15
a0332222_06570886.jpg
AMC12 '15
a0332222_06531787.jpg
MATHCOUNTS
National '14
a0332222_06311300.jpg
a0332222_06312311.jpg
MATHCOUNTS
State '14 個人戦
a0332222_06313237.jpg
AMC10
a0332222_06315148.jpg
AMC8
a0332222_06314196.jpg
CTY SAT MATH
a0332222_06215768.jpg
Flag Counter

ブログジャンル

子育て
教育・学校

画像一覧