アメリカに住む数学をこよなく愛する17歳のmath kid∫の日々の出来事を綴っています。∫の夢は将来大学の数学教授になること。13歳から本格的に地元の州立大学で数学のコースを受講し始めました。 


by あーちゃんママ

プロフィールを見る
画像一覧

2017年 10月 09日 ( 1 )

MITの出張入学説明会へ行ってきました。

こちらの「ついてないなぁ… (/_;)」に詳しいことは書いてますが、去年、∫にMITから学校案内/
入学説明会の案内状が送られてきて、場所は少し離れたカリフォルニアの高校だったけれど、とりあ
えず出席するように予約を入れていたところ、その前日に車が故障してしまい、訪問をキャンセルし
なければならなくなったという出来事から、早くも1年以上が経つんですねぇ。

(月日が経つのが本当にあっという間で、なんだか目がクラクラします…)

出席できないとわかった時点(説明会の前日)で、∫がMITのアドミッションオフィスへその事情を
説明するメールを送ったら、その後すぐにアドミッションオフィサーの一人から、

「知らせてくれてありがとう。今回は残念ですが、諦めずに次の機会にぜひ、参加してください。」

と言った内容の、丁寧で感じの良い返事が送られてきたので、とりあえずホッとしてました。


で、今年も少し前に同じくカリフォルニアの同じ場所(Davisー私たちが住んでいるところから一
番近い)で行われる入学説明会の案内と招待状が送られてきてたので、今年こそは何もハプニング
がなく参加できますように!と祈りながら、出席の予約をしてました。

昨日の土曜日がその日だったので、私たちは昨日、ほぼ一日中かけて、カリフォルニアのサクラメ
ントから少し離れたDavisにある高校で行われた、MIT出張入学説明会に参加してきました。

昨日の朝焼け。

a0332222_07063871.jpg


説明会は午後2時からだったので、少し早めに現地に到着した私たちは、説明会会場のすぐ近くの
日本食レストランでランチをすることにしました。

ちょっと暗いですが、レストランの中。まだお昼ちょっと過ぎだったので、店内は空いてました。

a0332222_07065278.jpg


ここ最近、現在、ノースキャロライナから訪問中の甥っ子をあちこち連れて回っていて、毎日、
長距離運転をしているので、この日も片道2時間半のドライブの後、ちょっと疲れ気味なパパ。

(私は運転嫌いだから、よっぽどのことがない限り運転するのを避けている!笑)

a0332222_07070609.jpg


∫はあまりお腹が空いてなかったので、前菜の「ハマチのカマ」だけ注文。
とても美味しかったそうです。

a0332222_07072567.jpg


リノの日本食レストランではなぜか、滅多にメニューで見ることがないので、パパと私は久しぶり
にすき焼きを注文したのですが、私にはタレがやたら甘すぎて、すっかり失望…

(しいたけじゃなくて普通のマッシュルームを使ってたみたいなので、しいたけの風味もなくて
これまた残念なお味でした…)

a0332222_07073714.jpg


そしていよいよ入学説明会へ。

a0332222_07074685.jpg


a0332222_07075716.jpg


プレゼンで説明されていた情報は、私はほぼすでにネットやらで得て知っていたので、プレゼン中
は退屈で、お腹が膨れているのも手伝ってか、終始、凄まじい眠気に襲われてしまい、一番前の列
だったにもかかわらず、こくこくと眠りこけそうになりましたよ〜。(汗)

(高校時代のお昼すぐ後の授業で、強烈な睡魔と戦い苦しんでいた頃のことを思い出しましたよ。笑)

プレゼンターの方、本当に申し訳ないです。

でも、その後の質疑応対のセッションでは、参加者たちがあれこれと興味深い質問などを投げかけ
ていて、その時にやっと目が覚めました。(苦笑)


参加者のほとんどが、生徒とその父兄だったのですが、(中にはちらほら学校の先生やガイダンス
カウンセラーもいたみたいですが。)子供達はどこ?って感じるくらい、質問者の多くが親御さん
達で、なんだかすごい”一流大学を目指すペアレント・パワー”が漲っているのが感じられましたよ!

土地柄(カリフォルニア)もあるのかもしれないけれど、やっぱり親たちのパワーがすごいわ!

うちは∫も私たち(私とパパ)も何も質問しないまま、ただじっと座って他の人の質問&プレゼン
ターさんの応対を聞いてましたが。


あと、この説明会にはこの地域を担当するEC(インタビュアー)も5人ほど来ていて、(彼らは
皆MIT卒業生)最後の方では参加者とインタビュアーとが気軽に話ができる時間も設けられていた
のですが、私たちはネバダ州で担当者が違うため、あえて彼らと会って挨拶や話をする必要性も感
じられなかったので、それはスキップしてそのまま立ち去ることにしました。


a0332222_07080729.jpg


実際、∫のEC(インタビュアー)はすでに決まっていて、この方、実は以前、∫と一緒の北ネバダ
数学クラブのメンバーだったD君のお父さんで(D君は∫より1学年上で、今年からMITへ行って
いる)彼は私達と一緒にラスベガスで行われたARML(数学のコンテスト)にも同伴していて、
私たち親同士も馴染みがあるんです!


D君のお父さんは、北ネバダ数学クラブの活動を通して、∫のことを見る機会もあったことから、
短期間で知らない人に自らをアピールするのが苦手な∫にとっては、全く知らない人を相手にす
るよりも、D君のお父さんが担当で、この偶然のアレンジメントは、本当にラッキーだとしか言
えません!


ただ、インタビュー以外の願書の内容に関しては、∫はD君のような超人的な輝かしい功績はない
ので、かなり厳しいとは思いますが。汗)


(D君はデイビソン・アカデミーの生徒で、USAMOやサイエンスオリンピックなど、全国大会
レベルでの功績をあげているし、あの、RSI-Research Science Instituteに選抜されたり
と、∫とはレベルが違い過ぎですし。103.png やっぱりこういう子がMITに合格するんだろうなぁ。)


まぁ、でも∫も自分自身、ダメ元ってのは十分、認識しているみたいですし、実のところ、∫はそう
いう非現実的な夢を追うよりも、現実的なウィスコンシン大学マディソン校への関心がどんどん
高まっているみたいなので、(ここには∫が大尊敬する数学教授、Dr. Jordan Ellenbergがいる)
MITがダメでもそれほど心を病むこともないみたいだし、高校時代を”受験のため”じゃなく、”自
分のやりたいこと”を優先し、充実した時間を過ごしてきたので、たとえ志望校に合格しなかって
も”ビターな気持ちは何もない”っと言ってて、そのヘルシーな姿勢に私も安心しています。


周りに翻弄されるのではなく、自らの信念や願望に基づき、自分自身でゴールやプランを立て、
それらを忠実に実行していく∫の姿に、精神的な強さや、自分自身を尊重する姿勢、人生を心か
ら楽しんでいる様子が感じられ、(そうよ!それでいいのよ〜!)と、∫の考え方や生き方に大い
に共感するのであります。


とりあえず、受験生として、やっておくべきことはやったので、結果がどうであれ悔いなしです。

(それにしても、久々に大学受験に関しての過去記事を読み返してみたのだけど、本当に年々、
更に過酷になっていってる感じが…148.png


いつもブログを訪問頂きありがとうございます。

ランキングに参加しています。
お帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2017-10-09 09:42 | 大学受験

カテゴリ

Introduction
∫の世界
Math (数学)
Gifted/2e
Japanese
High School
School Clubs
Tutoring/Mentoring
Academic/EC Records
University (UNR)
Community College
大学受験
Life Skills
Driving Practices
発達障害
教育・学習
脳科学・心理学
育児
Memories
Resources
Family
Family Outings
Outdoor Activities
日々の出来事
シニア大学生の準備
その他の学習
英語学習(目指せC2!)
私の事
∫パパ
風景・空模様
Wildlife
Favorites
Miscellaneous
テレビドラマ・映画
なんとなく思った事
意見の衝突など

最新の記事

レジリエントな子どもを育てる方法
at 2017-11-18 16:19
これが州立大学の実態か?
at 2017-11-17 10:50
Happy 17th Bir..
at 2017-11-16 11:00
ちょっと焦り気味
at 2017-11-15 18:19
ギフテッドの育て方に関する8..
at 2017-11-14 14:34

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

記事ランキング

メモ帳

   にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

夕焼け・朝焼け、雲などの空模様の写真満載の私のもう一つのブログです。
Mystica Caelum

アメリカのギフテッド教育、主にレンズーリ教授の提唱する全校拡充モデル(SEM)について紹介されているブログです。
EmbracingGiftedMinds

親バカコーナー 😊
2015 ARML
a0332222_07545094.jpg
a0332222_06213436.jpg
AIME '15
a0332222_06281821.jpg
AMC12 '15
a0332222_06570886.jpg
AMC12 '15
a0332222_06531787.jpg
MATHCOUNTS
National '14
a0332222_06311300.jpg
a0332222_06312311.jpg
MATHCOUNTS
State '14 個人戦
a0332222_06313237.jpg
AMC10
a0332222_06315148.jpg
AMC8
a0332222_06314196.jpg
CTY SAT MATH
a0332222_06215768.jpg
Flag Counter

ブログジャンル

子育て
教育・学校

画像一覧