アメリカに住む数学をこよなく愛する17歳のmath kid∫の日々の出来事を綴っています。∫の夢は将来数学の教授になること。13歳から本格的に地元の州立大学で数学のコースを受講し始めました。 


by あーちゃんママ

プロフィールを見る
画像一覧

2018年 01月 14日 ( 1 )

時には”No”と言う勇気

昨日は今週の月曜日から開始した、∫の所属する数学クラブ主催の「冬期数学キャンプ」の最終日
で、夕方、全てを終えて帰ってきた∫は少々疲れて気味ではあったものの、それでも大いなる達成
感、充実感を感じていて、とても満足した様子でした。

ただ、同時に少し、何やらすっきりしないような、気にかかった表情をしていたので、どうした
のかと思って事情を聞いてみると、何でもキャンプに参加していたある生徒が、∫の事をかなり気
に入ったらしく、これからも∫に個人指導をして欲しいと頼んできたらしいのです。


その子は6年生のミドルスクーラーで、詳しいことは親が後ほど連絡をするのでメールアドレスを
教えてくれと言われ、とりあえず彼に自分のEメールアドレスを渡したそう。


個人指導(チュータリング)をすることが好きな∫だから、又してもその機会に恵まれ喜んでいる
のではないか?と思ったのですが、∫の話によると、この生徒はキャンプ期間中、”チームワーク
に欠ける行動”や、”自分勝手な行動”をよくとったりしていて、コーチや∫の注意や指導にもあまり
反応せず、個人的に”指導がし難いタイプの生徒”だったそうで、正直言って、彼を指導することに
対して、指導スキルの面でも自分の精神的な面でも”迷い”があり、複雑な心境だと言うことでした。


(∫の話では、この生徒のルールからはみ出した自分勝手な行動などに対して、コーチ(数学クラ
ブ創立者)もあまり強く注意や矯正してなかったようで、(というか、かなり無視してた部分が
あったみたい。)やはり”お金をもらっている”(有料キャンプ)となると、参加者は”カスタマー”
となってしまうので、あまり強い態度で対応できないのかも?と思ってしまいましたが。)


∫によると、この生徒と接したり、指導をするのはかなり”精神的なエネルギーを吸い尽くされる”
そうで、キャンプ中は短期間だったので何とか対処できたけど、これから先、ずっと定期的に彼
を指導していけるかどうかは、(精神的な部分で)自信がない、などと悩んでました。

その様子を見て私が、「あまりノリ気でないなら断ったら?」と言うと、

「断る理由を正直に彼の親に言えないよ〜。」と言うので、

「別にその点(彼を指導するのは精神的に疲れる)に触れなくても、あれこれとやらなければな
らない事があって忙しいので出来ないって言えば?」と再度提案したのですが、それに対して、


「彼の親ごさんは、僕がシニアで今の時期は大学受験の願書も提出してしまったので、そんなに
忙しくないって事も察しているだろうから、変な言い訳みたいに捉えられてしまうかも…(~_~;)」

などと心配してるんですよ。

そんな∫の姿を見て、ちょっとイラっとしてしまった私は、


「人がどう捉えるか(思うか)などとあれこれ心配して、自分にとってあまりプラスにならない、
いや、それどころかマイナスになりかねない事も我慢してやるのは自分にとって良くないのでは?
大学受験の願書提出は終わったといえど、実際、まだまだ現在も、そしてこれからも受験関連の
活動や基本的な学業(学校&大学)、運転の練習、免許の取得、そしてその他の課外活動に忙し
くなるわけだし、又、今でもすでにA君(別の生徒)の個人指導もしているのだし。人が何と憶測
しようが、実際のところ、∫は毎日多忙なのは事実なのだから、そんなことは心配せず、「今忙し
いのでこれ以上、活動を増やすのは無理だ。」と言って断ればいいと思うよ。相手のことを考える
と、頼まれたらなかなか断り難いとは思うけど、色々と考えて自分にとって不利だと思えば、時に
ははっきりと”No”と言う勇気も必要だと思うよ。」

とアドバイスをしましたよ〜。

それを聞き、∫も納得した様子で「そうだよね」と言って、その子の親が連絡してきたら丁重に
断る決心をしたようでした。


∫はまだ若いし、人生経験も浅いから、人から慕われたり、頼まれたりしたらなかなか”No”と言
い難いというのもわかるのですが、頼まれても自分の能力やスキルのキャパオーバーで、無理し
てしまうと自分が大変な思いをしたり、精神的に負担に感じて苦しむことになってしまったりす
る場合もあるので、そのような状態を避け、自らの身体・精神衛生を維持していく為には、自分
自身の特質やキャパをよく認識して、必要ならば”No”と言う事も、生きていく上で大切なスキル
(ライフスキル)の一つだと、さらに説明しました。


私もまだ若い頃はお人好しというか、頼まれたらなかなか断れないタイプだったので、自分に不
利なっても我慢して引き受けたりしていたのですが、中にはそのお人良さに漬け込んで、更にず
けずけと(本人ができる事でさえ、自分が楽をしたくて)私に頼んでくる人たちなどもいて、何
とも言えない、”利用されてる感”を感じたりしたものです。


今では歳をとってビターなおばさんになってますから、そういう自己中心的な人たちから自分が
どのように思われようが屁とも思いませんから、関係が”一方的”で、こちらが利用されているな
と感じると、”No”ということにも躊躇しなくなりましたが。


∫は性格的に色々と考えて思い悩むタイプなので、私が若い頃、経験したような、プレデターの
ような人たちに心を悩まされなければいいなと願ってやみません。

まぁ、でも、こういう人間関係的な学びも、自らが経験して行き、その都度、様々な気づきや
洞察を得て、人間として成長していくんでしょうけど。

こんな感じで、人との交流を通して、学ぶことはたくさんありますね。

数学キャンプ中、他の高校生ボランティア仲間と生徒の問題用紙をチェックしているところ。

a0332222_08350271.jpg

おまけ

やっぱり早起きをすると得ですねぇ〜。昨日もまた、きれいな朝焼けを見ることができました!

毎日同じくらいの時間帯なのに、その日の気温や雲の具合によって空の色が違っていたりして、
自然のアートはミステリアスで素晴らしいですね〜!

a0332222_08352783.jpg


a0332222_08353920.jpg


a0332222_08360179.jpg


a0332222_08361659.jpg


a0332222_08364060.jpg


この紫、ピンクっぽい朝焼けから約30分後には、又、違った色合いの空模様になってました。

a0332222_08365381.jpg

いつもブログを訪問いただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
1日一回お帰りの際に応援のポチを押していただけると
更新の励みになります。
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2018-01-14 10:34 | Life Skills

カテゴリ

Introduction
∫の世界
Math (数学)
Gifted/2e
Japanese
High School
School Clubs
Tutoring/Mentoring
Academic/EC Records
University (UNR)
Community College
アメリカの大学受験
Life Skills
Driving Practices
発達障害
教育・学習
脳科学・心理学
育児
Memories
Resources
Family
Family Outings
Outdoor Activities
日々の出来事
シニア大学生の準備
その他の学習
英語学習(目指せC2!)
私の事
∫パパ
風景・空模様
Wildlife
Favorites
Miscellaneous
テレビドラマ・映画
なんとなく思った事
意見の衝突など
ちょっとした情報

最新の記事

National Merit..
at 2018-02-18 12:03
先を見通しての問題解決 ②
at 2018-02-17 13:13
Respite
at 2018-02-16 06:14
合格しても、”行きたい”大学..
at 2018-02-12 11:03
指摘の発言の確認について
at 2018-02-11 07:39

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

記事ランキング

メモ帳

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

夕焼け・朝焼け、雲などの空模様の写真満載の私のもう一つのブログです。
Mystica Caelum

アメリカのギフテッド教育、主にレンズーリ教授の提唱する全校拡充モデル(SEM)について紹介されているブログです。
EmbracingGiftedMinds

親バカコーナー 😊
2015 ARML
a0332222_07545094.jpg
a0332222_06213436.jpg
AIME '15
a0332222_06281821.jpg
AMC12 '15
a0332222_06570886.jpg
AMC12 '15
a0332222_06531787.jpg
MATHCOUNTS
National '14
a0332222_06311300.jpg
a0332222_06312311.jpg
MATHCOUNTS
State '14 個人戦
a0332222_06313237.jpg
AMC10
a0332222_06315148.jpg
AMC8
a0332222_06314196.jpg
CTY SAT MATH
a0332222_06215768.jpg
Flag Counter

ブログジャンル

子育て
教育・学校

画像一覧