アメリカに住む数学をこよなく愛する16歳のmath kid∫の日々の出来事を綴っています。∫の夢は将来大学の数学教授になること。13歳から本格的に地元の州立大学で数学のコースを受講し始めました。 


by あーちゃんママ

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:その他の学習( 14 )

スカウトマインドセットを目指したい

なんかねぇ…

世の中には自らの認知の歪みを認識できず、必要以上にやたらdefensiveになって他人を”差別的
だ”などと、言葉で攻撃する人もいるようですが、(そういう強い言葉は軽々しく他人に対して
発するものではないと思うのですが。)それらにこちらがいちいち反応するのもバカらしいので、
(時間とエネルギーの無駄!)そういうのはスルーして、私は自分と自分の子供にとって利益の
ある活動や思考に目を向けていきたいと思います。

タイムリーにも今朝、見つけたこちらの動画に共感したので、皆さんともシェアさせていただき
たいと思います。



動画は英語ですが、日本語のトランスクリプトが載っているページを見つけたので、そちらの方
もリンクしておきますね。



私もこの、

”どちらのアイデアを勝たせようというのではなく、例えそれが自分にとって都合が良くなかった
にしても、本当の姿、真実を可能な限り正確に素直に見ようとする”、スカウト・マインドセット
の姿勢を目指したいと思いました。


いつもブログを訪問いただきありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してます。
お帰りの際に下のバナーを押していただけると更新の励みになります。
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2016-12-20 10:24 | その他の学習

なるほどねぇ

現在、Courseraで受講している「Bilingual Brain」というコースの中で出てきた情報を
見て、なるほどねぇ〜と納得してしまいました。

(ところで、このコース、予想していた通り、めちゃめちゃ面白いです!バイリンガルに関
して私が常に疑問に思っていたことや、知りたかった事、その他、とても興味深い情報が盛
りだくさんで、毎日、どんどんコースワークが進んでいます。笑)



このチャートを見ると、英語がネイティヴの人にとって、日本語を習得するのはかなり難関
みたいですよ!

英語と似たような言語系(ファミリー)であるスペイン語など、やっぱり比較的にマスター
しやすいみたいですね。

英語とスペイン語は、文法や言語の形態なんかも似てる感じですもんね。

それに比べると、日本語は英語とは文法も発音などもかなり違う為、英語を母国語とする人
にとっては習得するのも結構、難しいんでしょう。

レクチャービデオの中で、教授は”逆の場合(日本語のネイティヴが英語を学ぶ)も同じこと
が言える”と言ってたんで、やっぱり日本語のネイティヴが英語をマスターするのもかなり難
しいことなんですよ!


イタリア人とかフランス人、スペイン人など、ヨーロッパ圏の人たちなど、私たち日本人と
比べて英語を流暢に話して、レベルが高いよなぁ〜、と思っていたけど、それは学習法とか
普段から英会話に慣れ親しんでいることもあるのでしょうが、でももともと母国語の言語自
体が英語と形態が似ていて、習得しやすいってところにもあるのではないかと思いました。


実は、私も現在、ぼちぼちながらスペイン語も学んでいるのですが、その際はやはり「日本語
脳」ではなく、「英語脳」で学んだ方が学びやすい感じがしますもん。

(うまく説明できないのですが、日本語でなくて英語で考えている状態。苦笑)

日本語脳で学ぼうとしたら効率悪いだろうなと思います。


そう考えると、現在、日本語を学習している∫は、難しい言語に挑戦しているんですね。

(が、とか、は、とか、にとか細かい間違いするのも理解できますよ。)


そして、日本人が英語をマスターするのだって難しく、長年アメリカに住んでいるからって、
そう簡単に”ネイティヴ並み”になれるかいな!って、パパに言ってやりたくなります。(苦笑)


いつもブログを訪問いただきありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してます。
お帰りの際に下のバナーを押していただけると更新の励みになります。
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2016-11-18 14:21 | 私の学習

バイリンガルの脳

CourseraThe Bilingual Brain”というコースを見つけ、とても興味深そうだったので、
又してもサインアップしてしまった。

他のコースもまだ完全に終わってないのもいくつかあるし、これ以上、新しいコースを追加して
も全て最後まで終了できるかわからないのに、つい面白そうなコースを見つけると、登録したく
なってしまいます。(苦笑)

(食べ放題のレストランで、食べきれないのにあれこれと美味しそうな料理を皿にてんこ盛りし
て、結局は全部食べられなくなってしまうような感じ。笑)


昨日、コースを開始したのですが、レッスン(ビデオレクチャーなど)の内容があまりにも興味
深くて、昨日1日で1週間分のコースワークを終了したくらい。


バイリンガリズムに関しては、自分自身の体験から、疑問に思ったり不思議に感じたりしてい
ることもかなりある為、このトピックにとても興味があります。

∫も現在、日本語を習得している最中なので、これらの知識や情報が少しは参考になるかな?


あっ、そうそう。

バイリンガルと言えば…

先日、ネットで偶然見つけたブログの、「ネイティヴ並みの英語力」という記事を読んで、
思わず、

(やっ、やっぱりそうよねぇ〜?そうよ! そうよ!)

っと、少しばかり励まされた思いがしましたよ。


ハーバード大学を卒業しようが、何年アメリカで暮らそうが、日本語環境で育った
人間が外国語として英語を身につけた場合、語学の大天才でもないかぎり、冠詞や
単数/複数は永遠に間違いつづけます。”

(ネイティヴ並みの英語力より抜粋)


長年、アメリカに住んでいる私も、未だに時折、冠詞や単数/複数など間違ったりすることが
あるのですが、人の間違いを指摘して訂正することにこのうえない快感を感じるパパは、いつ
も会話を中断して私の英語を直すんですよ。


まぁ、それはありがたいことなのだけど、(重要な内容を話している時は話が中断されると
何を言いたかったか忘れてしまい、めちゃめちゃイラつきますが。)パパはよくそんな私に
対して、


「それだけ長年、英語を話しているのにそんな基本的な間違いをするなど考えられない!
それだけ長い間アメリカに暮らしているんだったら、英語はとっくにマスターしているべきだ!
(ネイティヴ並みのレベルなはずだ!)」


などと言うんですが、それを聞くと25年以上もアメリカに住んでいて、ネイティヴ並みの英語
力をつけられない私は一体どんだけアホなんや?


っと、すごく自信喪失してしまってたんですが、でもやっぱりそんな簡単なものではないです
よね〜〜〜?

(私は英語(学校の教科としての英語でなく、言葉としての英語)は大人になって(20歳過ぎて)
学び始めたし。)


第一、パパなんか自分は英語しか話せないくせに、(大学時代に日本語とスペイン語を習った
みたいですが、今はどちらも文章どころか、ちらほらと幾つかの単語くらいしか覚えてない!)
よくまぁ、わかりきったようなことを言うもんだと思いますよ!


それに18歳の時にこちらに来て、アメリカには60年ほど住んでいるグランマでさえ、未だに
冠詞や単数/複数の間違いはもちろんのこと、本当に基本的な文法の間違いも多いし、(She
"don't" knowや、He play~などsが抜けてたり。)発音もやはり日本語のアクセントが抜け
ないしで、とてもじゃないけど”ネイティヴ並みの英語”といったレベルではないですし。


パパ自身、小さい頃からよくグランマの英語の間違いを指摘して訂正してた、と言ってました
しねぇ。

(興味深いことに、最近、認知症の進行がかなり目立つグランマは、60年間話している英語
よりも、母国語である日本語が出てくるようで、日本語のわからないパパに向かって日本語
で話をしているらしく、パパは常にグランマに「英語で話せ」と注意しているようです。)


尚、↑のグランマのようなケースもThe Bilingual Brainのコースの中で取り上げられていて、
人間の脳って本当に不思議だなぁと、とても興味深いです。


大体、パパは他者に対する”期待”が大き過ぎて、(自分はパーフェクトじゃないくせに)人に
は”完璧”を求めるからタチが悪い!


人の言語能力にケチをつけるんなら、自分がどちらの言語も完璧に操作できるバイリンガルに
なってからにしてと言いたいです。┐( ̄ヘ ̄)┌


いつもブログを訪問いただきありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してます。
お帰りの際に下のバナーを押していただけると更新の励みになります。
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2016-11-12 13:56 | 私の学習

オンライン学習を再開しました!

しばらく身体の調子が悪かったので、CourseraedXなどのオンライン学習も少しお休み
していたのですが、幸いやっと体調が回復したため、又しても性懲りなく(笑)オンライン
自己学習を再開しました。

以前にとっていたコースの幾つかを終了したので、今回、新たに数コースを追加。

a0332222_12282026.jpg


The Road to Selective College Admissionsなんてコースがありましたよ〜!

一流大学のアドミッション(アプリケーション)のプロセスや、ファイナンシャルエイド、
スカラーシップなどについても学べるみたいだったので、ついサインアップしてしまった。

(言わんでもお分かりとは思いますが、私自身ではなく∫の為です!爆笑)

あと、何をトチ狂ったか、数学が苦手な私が、今回、清水の舞台から飛び降りた
つもりでチャレンジしようとサインアップしたのがこれらのコースであります。(;^_^
 
a0332222_12454340.jpg

小学校の間は算数はわりと嫌いではなかった私ですが、中学に入って代数を習い始めてから
すぐに挫折してしまい、それ以来、数学が大嫌いになり、人生のほとんどを数学に背を向け
て生きてきました。(笑)

留学中にも数学のクラスを取らなければならなかったのですが、その時はまだ若かったので、
(20代前半)何が何やらよくわからないけど、とりあえず詰め込み式で試験を乗り越えました。


その時は一応、何とか根性?でAやBが取れたのですが、それからもうかなりの年月が経って
いるので、今ではほぼ完全に何もかも忘れてしまってます。


将来、オンラインで学士号を取得しようと思えば、今のうちから少しでも基礎からやり直し
しておくべきだなぁと思い、数日前にGeometry(幾何学)とAlgebra(代数)のコースを
申し込んだわけであります。

それを知った∫は大喜びで、(笑)私のお抱えのチューターになってくれると言ってくれ
たので、心強いです。(笑)


というわけで、常日頃学習することは脳の老化防止にもなると思うので、あまり無理しない
程度に頑張りたいと思います!


いつもブログを訪問いただきありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してます。
お帰りの際に下のバナーを押していただけると更新の励みになります。
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2016-11-05 13:20 | 私の学習

「Justice」についての追加情報

昨日の記事で紹介した、現在、私がどっぷりハマっているハーバード大学の「Justice」
のコースについて、さらに色々なリソースを見つけたので、興味のある方の為に追加情報
としてリンクしておきますね。

これ、かなり有名なコースみたいで、ちゃんとウェブサイトまであって、別にedXを通し
てでなくてもレクチャーがビデオで観れるみたいですね。



驚いたことに、これらのビデオが日本語に訳されている(トランスクリプト付き)サイト
もあったではないですか!


これなら英語が苦手な方でも内容を楽しんでいただけるんじゃないかと思います。

動画に英語のキャプションもついているので、英語を学習している人たちにとっては
格好の教材にもなるのではないでしょうか。

(内容的には上級者対象かな?)

ちなみに同じページにこういうのも見つけたので、面白そうだと思ってやってみると…



結果は「カント」と出ました!

いやぁ〜、実際、イマニュエル・カントのレクチャーの部分で、カントの考え方にうな
づける部分が(全てではありませんが)結構あるなぁと思っていたのである程度予想は
していましたが、まさにその通りでした!(笑)


さらにこのJusticeの講義の素晴らしさを広めたいという目的で作成された、こちらの
「セイギのつくり方」(PDF)がとても参考になります!


その他あれこれと探っていたら、どうやらこのトピックに関する本まであるようですね。

アマゾンで中味をチェックしてみると、コースの内容とほぼ同じ話題がカバーされて
いるようだったので、即、オーダーしてしまいました。


私、学生時代に一応、いくつかの哲学 (Phylosophy 101, Logicなど)のクラスを取っ
た事はあるのですが、遥か大昔の事なんで今回、コースを受講していて、基本的な思想
や概念なども結構、忘れている部分もあった為、復習の意味でももう一度ゆっくり読み
直したいと思いまして。

その後は∫にも読ませようと思っています。

(夏休み中の読書にピッタリ!)


日本語版もありましたよ!


こういう哲学的、政治的な話題に興味のあるギフテッドの子たちも結構いると思うので、
中学生や高校生のギフテッドの子供にとって、とてもいい知的刺激の題材となるのでは
ないかと思います。


いつもブログを訪問頂きありがとうございます。

ランキングに参加しています。
お帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2016-05-17 12:16 | 私の学習

私もオンライン学習を再開しました!

グランマは数年前に初期の認知症だと診断されたのですが、特にここ最近になって全体的
な脳の機能がかなり低下し、認知症の症状がますます悪化して行ってるのが一目瞭然で、
私たち家族(特にパパ)は今までにない大きなチャレンジに直面しています。


私も個人的にその影響を受け、最近、かなり精神的なストレスがたまっているのを感じま
すし、自分では気がつかないうちにそのストレスが自律神経系に影響を及ぼしているのか、
胃腸の調子が良くなかったり、夜も不安感が高ぶって心臓がドキドキしてなかなか寝付け
なかったり、寝ても夜中にふっと目が覚めたりして、なんだか落ち着きません。


そしてグランマのそう言った状態を見ていると、これまではさほど考えもしなかったのだ
けれど、最近は色々と脳の健康などについて考えるようになりました。


私もすでに人生の中年期に突入し、これから先は心身、そして認知的にもどんどん衰えて
いくわけですが、でもやはり年をとってから∫(&∫の家族)にはなるべく迷惑をかけたく
ないという気持ちが一層強くなり、今からでも認知症予防の為にできることを、可能な
限り心がけたいと思うようになりました。


認知症予防(というか、なりにくくする)為に、これからも食生活に気をつけ、出来る限
り毎日、適度な運動をするように心がけたいと思ってます。


そしてやっぱり脳の状態を良好に保ち、認知機能の低下を防ぐ為には、こちらのページ
あるように、”日頃から脳を働かせること”が大切だと思うので、これまでのようにこれか
らも毎日、本を読んだり、ネットでニュースや記事を読んだり、ブログを書いたり、(英
文を日本語に訳したり。笑)スペイン語の勉強したり、PCやkindleで脳トレやSudokuな
どをして、なるべく脳を活発な状態に保つようにしたいと思ってます。


脳の運動の一つとして、以前、一度試したCourseraというオンライン学習サイトで自分
が興味のあるコースをいくつかサインアップして、早速、今日からレッスンを始めました!


最近、脳についての関心がさらに高まったので、Medical Neuroscience(医学神経科学)
のコースと、昔からずっと興味があった、(学生時代、Philosophy 101のコースをとって
更に興味がわいた)Effective Altruism(効果的利他主義)そしてしばらく英文法をやっ
てないので、お復習いとしてGrammer and Punctuationのコースを新しくサインアップ
しました。


a0332222_11094480.jpg

a0332222_11093588.jpg


数年前とったADHDのコースはなんとか修了したのですが、その後に登録した社会心理学
のコースは忙しくてできなくなってしまいそのままの状態だったので、今回、こちらの方
も全て終了させたいと思います。(苦笑)


Courseraは過去に取った(終了した)コースも、いつでも好きな時にまた、レクチャー
ビデオや文献などのコースマテリアルを見ることができるので嬉しいです。


今日、早速始めた神経科学のコースはかなりレクチャーヘビーですが、ビジュアル(教授
が実際に脳を両手で持って回しながら各部を説明してくれる)ので、とてもわかりやすい
です。

(あちこち回して動かしている際、ホルマリン液?のしずくが脳の一部分からポタポタと
落ちているのにフォーカスしてしまい、その他の事は気が散りそうになりましたが…笑)


基本的な脳の仕組みが理解できると、ギフテッドの脳に関しての理解もしやすいのでは
ないかと思いますし。


これらのコースのほとんどが独自のペースで進めるタイプなので、課題や試験の期限など
の心配もなく、の〜んびりマイペースで独学タイプが合っている私には非常にありがたい
です。

というわけで、∫に見習って、私もオンライン学習を頑張りたいと思います〜!


いつもブログを訪問頂きありがとうございます。

ランキングに参加しています。
お帰りの際、の∫の脳をクリックして頂けると更新の励みになります。

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2016-04-20 11:34 | 私の学習

スペイン語の学習を再開

今、ふと気がついたのですが、このブログのその他のカテと比べ、「私の学習」のカテ
のエントリーが少ない事! (この記事を含めてたった8)


一応、私も生涯教育(&脳の老化防止)を目指して、日頃からできるだけ積極的に色んな
事を学ぼうと心がけてはいるのですが、やっぱりどうしても主婦業(⬅︎これはかなりいい
加減ですが!笑)や育児に時間と体力を費やし、学習を始めたはいいもの、3日坊主で終
わってしまう事が多いです。(ぶわっはっは。)


本当だったらもっと英語も上達させたいし、出来れば自分が興味のある分野の大学のオン
ライン・コースも取りたいとは思うのだけど、最近はやっぱり認知・思考活動に関しては
かなり脳が怠慢になっていて、何やっても長続きできてませんねぇ。


英語の方はとりあえず、毎朝、∫に朝食を食べさせた後、(大学のクラスやオンラインの
レッスンをし始めてから)コーヒーを片手にネットでニュースや、自分が興味のある分野
の記事を読む習慣をつけているので、まぁ、幾分、リーディングの練習にはなっていると
して、その他の学習は何かのきっかけでもない限り、自分から進んで取り組むという精神
力が薄れてしまってるのでダメですねぇ。


英語とともに、スペイン語の方も昔から「話せるようになりたい!」という気持ちはあ
ったのですが、やっぱり実際に使う機会があまりないと、モチベーションを維持するの
が難しいです。


私の場合、たまにスペイン語を必要とする機会に出くわすと、(例えば英語が喋られなく
てスペイン語を話すガードナーとコミュニケーションとらなくてはならなかったりとか)
よっしゃ〜、頑張ってスペイン語話せるようになるぞ〜!といきなり意欲がメキメキと
湧いてくるのですがね〜。(笑)


つい最近、ちょっとそういった機会がありまして、またもやたま〜に沸き起こる「スペ
イン語学習熱」に取り憑かれ、今日から又、以前、少しだけやっていたこのDuolingo
という語学学習サイトで練習をし始めました。


Duolingo


a0332222_15030198.jpg




まだ、全くのビギナーレベルですが。(苦笑)

毎日、少しずつだけでもいいから、とにかく続けていきたいと思います。(笑)

尚、このサイトはEnglishも選べるようなので、英語を勉強している方、試してみて
はいかがでしょうか?


いつもブログを訪問頂きありがとうございます。

ランキングに参加しています。
お帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2016-03-31 12:36 | 私の学習

ティーンの脳

こちらの10代の脳についての記事が面白かったので、(又しても英語ですが)リンクを
しておきたいと思います。



興味のある方はチェックしてみてください。


ティーネージャーの脳はまだまだ発達している途中で、”今が脳細胞刈り込み真っ最中
("Use it or lose it"で、頻繁に使われている細胞は繁殖してさらに発達するけれど、
使われていない細胞は衰えて最終的に消滅してしまう。)の大切な時期”というのは以前
から聞いて知っていたのですが、今回この記事を読んで新たに学んだことがありました。

それがこちらであります。


But another part of the brain -- the cerebellum, in the back of the brain --
is not very genetically controlled. Identical twins' cerebellum are no more alike
than non-identical twins. So we think this part of the brain is very susceptible
to the environment. And interestingly, it's a part of the brain that changes most
during the teen years. This part of the brain has not finished growing well into
the early 20s, even. The cerebellum used to be thought to be involved in the
coordination of our muscles. So if your cerebellum is working well, you were
graceful, a good dancer, a good athlete.

But we now know it's also involved in coordination of our cognitive processes,
our thinking processes. Just like one can be physically clumsy, one can be
kind of mentally clumsy. And this ability to smooth out all the different
intellectual processes to navigate the complicated social life of the teen and
to get through these things smoothly and gracefully instead of lurching ..
seems to be a function of the cerebellum.


What would influence the development of the cerebellum?

Traditionally it was thought that physical activity would most influence the
cerebellum, and that's still one of the leading thoughts. It actually raises
thoughts about, as a society, we're less active than we ever have been in the
history of humanity. We're good with our thumbs and video games and such.

But as far as actual physical activity, running, jumping, playing, children are
doing less and less of that, and we wonder, long term, whether that may have
an effect on the development of the cerebellum. The recess and play seems
to be the first thing that is cut out of school curriculums in tight times. But
those actually may be as important, or maybe even more important, than some
of the academic subjects that the children are doing. ... We think that the "Use
it or lose it" principle holds for the cerebellum as well. If the cerebellum is
exercised and used, both for physical activity but also for cognitive activities,
that it will enhance its development.

Inside The Teenage Brainより抜粋)


めちゃめちゃ大まかに私が学んだ部分のポイントをまとめますと、

脳の後部にある小脳はあまり遺伝的にコントロールされてなくて、環境にとても影響を受
けやすく、特に10代の間に変化しやすい部分である。

小脳は筋肉の調整に関与していると考えられていたのだけど、最近では認知過程(考える
プロセス)にも関わり合いがあるという事が知られていて、小脳の発達には身体的な活動
(運動)が最も影響している。


最近の傾向として、(アメリカの場合ですが、)学校で休み時間(遊ぶ時間)や(体育)
がカリキュラムから取り除かれ、子供達の身体活動が減っていることを考えると、長期的
に見てそれが子供の小脳の発展にどのような影響を与えるかが心配される。

発育途中の子供たち(の脳)にとっては、これらの身体的活動はもしかすると、ある学習
科目よりももっと重要かもしれない。


小脳に関しても、「使うか、失うか」の原理が当てはまると思われるので、身体的な活動
だけでなく、認知的な活動も活発に行われ、脳が使われることによって、小脳の発達が更
に強化されるであろう。


ということで、やっぱり子供にとって身体を動かすこと(運動、身体的な遊び)は身体と
脳のどちらの発達にもとても重要みたいですね。


小学校低学年の小さい頃から(学力を向上させようとアカデミックな分野に力を入れ、)
休み時間や体育の授業をカットし、身体的活動の機会を減らしてしまったのでは脳の発達
(ひいては学力向上)に逆効果となってしまいますよね。

学力上げたきゃ、子供を遊ばせろ!

って言いたくなります。(笑)

毎日、学校/大学のコースワークや課外活動に時間を取られて運動不足になりがちな∫なの
で、私もこの”小脳が変化しやすい大切な時期”に、なるべく身体を動かすように気をつけ
てあげなければならないなと思いました。


実は現在、この記事書いてる横で∫はトレッドミルでエクササイズしています!(笑)049.gif


いつもブログを訪問いただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
1日一回お帰りの際に応援のポチを押していただけると
更新の励みになります。

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2016-02-09 16:05 | 私の学習

私が先に読んでます

ずいぶん前にこちらの過去記事(「Curse of Knowledge (知識の呪い)」)で紹介
したSteven Pinker氏の本、∫に読ませたいと思っていたのにその後、すっかり忘れて
しまっていたのですが、先日、何気にふとこの本の事を思い出し、その時は思い立ったが
吉日で、その場で即アマゾンにて購入しました。

今年は∫ はAP English Language & Compositionのコースをとっているとあり、かなり
の量のライティングの課題も要求されていることから、この本がよい参考になるのでは
ないかと思いました。

一応、学校からはOn Writing Wellという、ノン・フィクションのライティング向けの
ガイドブックが送られて来てたのですが、そちらのクラッシック版と共に、このPinker氏
の本も参考にしてくれればいいなと思ってます。


学校から送られてきたAP English用の本

a0332222_07225018.jpg


こちらがPinker氏による本。




a0332222_05174295.jpg




ただ、今のところ∫は授業で課された本やら読み物やらもたくさん読まなければならない
みたいで、その他の時間も色々とやる事があって、ゆっくり読書をしている暇がない
様子なので、(時間を無駄にしたくないと、トイレの中まで数学コンテストの問題集
を持ち込んで💩している間に問題を解いている!笑)スケジュールが少し落ち着くまで
私が先に読むことにしました。


英語のライティングガイドって、(この歳で何を今さら?)とも思うのですが、以前に
この本についてのPinker氏のレクチャー?紹介ビデオを観た時、すごく面白くてこの
本に興味がわいてしまい、私自身も読みたいな〜と思ったんですよ〜。


もしかして私もまた近々、大学に戻って(と言っても多分、オンラインコースになると
思うけど)エッセーやらレポートやら大量に書かなくてはならない日が来るかもしれな
いし、今、時間がある時にこうして少しづつでも勉強しておくのもいいかな?なんて思
いまして…(苦笑)


あぁ〜、でも最近は本の字が小さくてチマチマしていて読みにくく、少し読んだだけで
すぐ目が疲れてしまいます。


a0332222_05175438.jpg




やっぱりこれからはKindleの電子版を買って、フォントをデカくして読んだ方がいい
かなぁ。

(私は本はやっぱりクラッシックに”リアル”のものの方が好きなんですが。)

読書の秋ですし、私もテレビ番組ばかり観てないで、もう少し本を読むように心がけたい
と思います。


いつもブログを訪問いただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
1日一回お帰りの際に応援のポチを押していただけると
更新の励みになります。

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2015-10-20 08:19 | その他の学習

深く感動したビデオ

今朝、FBのCarnegie Mellonのフィードで見かけ、何気なく観たこのビデオに
久々に深く感動してしまいました。

実際のカーネギーメロンでのレクチャーは1時間以上もあって結構長いのですが、
こちらのビデオはそれが短縮されていて、でも要点はキチンと収められて、彼の伝
えたかったエッセンスはきちんと伝わっていると思いました。





このビデオを観て彼の話を聞きながら、当時の彼の状況を考えると(特に家族の
事)胸が締めつけられるように悲しくなってしまうのですが、でも彼のメッセージ
はとてもポジティブで力強く、大いに勇気づけられたしインスパイアされました。

特にこちらの、

"Brick walls are there for reason.
The brick walls are not there to keep us out.
The brick walls are there to give us a chance to show how badly
we want something, because the brick walls are there to stop the
people who don't want it badly enough. They are there to stop the
other people."

や、

"....Because if you lead your life the right way, the Karma will take
care of itself. The dreams will come to you. If you live properly,
the dream will come to you."

という部分など、まさにその通りだ!と激しくうなずいてしまいました。

あっ、探してみると、オリジナルのレクチャーが日本語字幕付きのビデオを見つ
けたので、こちらの方も載せておきます。
(こちらはかなり長いですが。)





ちなみに、今日は数学のチュータリングのボランティア活動に行っていた∫が夕方
帰ってきてからも、二人で一緒にこのビデオを観ました。

何やらシンミリと黙りこくって真剣な顔して観てましたよ。

(私は自分の涙をこらえるので一生懸命だった。苦笑)

ビデオが終わった後は、「僕もTiggerのように人生を楽しみたい。」ってポツリ
と言ってました。

このビデオ、∫にもかなりインパクトを与えたみたいでした。

私もこれからの残りの人生、悔いがないようにTiggerのように生きたいと思います。


いつもブログを訪問いただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
1日一回お帰りの際に応援のポチを押していただけると
更新の励みになります。

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2015-09-19 10:03 | 私の学習

カテゴリ

Introduction
∫の世界
Math (数学)
Gifted/2e
Japanese
High School
School Clubs
Academic/EC Records
University (UNR)
Community College
大学受験
Life Skills
Driving Practices
発達障害
教育・学習
脳科学・心理学
育児
Memories
Resources
Family
Family Outings
Outdoor Activities
日々の出来事
シニア大学生の準備
その他の学習
英語学習(目指せC2!)
私の事
∫パパ
風景・空模様
Wildlife
Favorites
Miscellaneous
テレビドラマ・映画
なんとなく思った事

最新の記事

数学サマーキャンプ&オリジナ..
at 2017-05-23 09:58
ペン州立大のフラタニティ死亡事件
at 2017-05-22 10:54
Laughter is th..
at 2017-05-21 14:03
もう一踏ん張りなので頑張れ!
at 2017-05-20 11:54
代理ミュンヒハウゼン症候群
at 2017-05-19 09:16

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
more...

記事ランキング

メモ帳

   にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
a0332222_05204995.jpg
2015 ARML
a0332222_07545094.jpg
a0332222_06213436.jpg
AIME '15
a0332222_06281821.jpg
AMC12 '15
a0332222_06570886.jpg
AMC12 '15
a0332222_06531787.jpg
MATHCOUNTS
National '14
a0332222_06311300.jpg
a0332222_06312311.jpg
MATHCOUNTS
State '14 個人戦
a0332222_06313237.jpg
AMC10
a0332222_06315148.jpg
AMC8
a0332222_06314196.jpg
CTY SAT MATH
a0332222_06215768.jpg
Flag Counter

ブログジャンル

子育て
教育・学校

画像一覧