アメリカに住む数学をこよなく愛する16歳のmath kid∫の日々の出来事を綴っています。∫の夢は将来大学の数学教授になること。13歳から本格的に地元の州立大学で数学のコースを受講し始めました。 


by あーちゃんママ

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:Gifted/2e( 106 )

ギフテッドと『発達障害』についての興味深い書き込み

ネットでふと、「ギフテッドと『発達障害』について」というタイトルの、とても興味深い
書き込みを見つけ、(まだのようならば)皆さんにも是非、読んでもらいたいなと思ったの
でシェアしますね。



”ギフテッドとは何か、という定義自体に曖昧な部分があり、議論しにくい面もありますが、
私は現在、いわゆる『発達障害』児と『ギフテッド」児が混同され、ギフテッド児が発達
障害児として扱われていることによる弊害(また、発達障害児がギフテッド児として扱われ
ることによる弊害)が存在するのではないか、という問題意識を持っています。

そこで、ギフテッドと発達障害の違いについて論じてみたく、トピックを立ててみました。”

と始まるこの書き込み、これを書かれた方って、もしギフテッド専門家や心理士などによる研
究文献や、諸々の情報などを一切参考にせず、(経験などから?)ご自分でこれだけ考察され
たとすると、とても鋭い観察力や分析力、洞察力、そして思考力の持ち主なんではないか?と
感心してしまいます。

ギフテッドのお子さんをお持ちの方なら、この書き込みを読んで、

「そうそう、そうなのよ〜!」

「あっ、それ、言えてるかも?」

っと、大いにうなづける部分もかなりあるのではないでしょうか。

ギフテッドの特徴というか、実態を鋭く観察されて分析し、認識されているなぁという感じが
しますね。

この話題(ギフテッドと発達障害)について、色々と考えるきっかけを与えてくれるかのような、
とても興味深い読み物だと思いました。

尚、私はmixiのアカウントを持っていないので全部は読めないのですが、この書き込みに寄せ
られたコメントの数々もとても面白そうですね。



いつもブログを訪問いただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
1日一回お帰りの際に応援のポチを押していただけると
更新の励みになります。
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2017-01-28 08:49 | Gifted/2e

知的な人が幸せになれない6つの理由

を読み、この中に出てきた特徴が、ギフテッド、特に”知的ギフテッド”の人の間でよく見られ
る傾向(ギフテッドの特徴)ではないかと思ったので、参考としてシェアしますね。


知的な人が幸せになれない(と思われる)6つの理由とは、

(ごめんなさい。全部訳できないので、細かな説明はリンク先の原文を読んでください。)


1. Intelligent people overanalyze everything.
 (知的な人達は全てにおいて分析し過ぎる)

知的な人って、人生の中で起こった出来事や、物事全てにおいて常に深く考え、分析し過ぎる
傾向にあり、特にその思考プロセスが、自分が望んでいない方向や結果などをもたらすことに
なると、精神的にどっと疲れ果ててしまうことでしょう。


これ、∫もこの傾向が強く、つい何でもかんでも細かく深く分析し、深読みし過ぎて(私から
みると)余計な脳と精神的エネルギーを使っているように思えてしまうのですが、これもこう
いう人たちにとっては”無意識的にやっていること”で、仕方がないのかもと思ってしまいます。


2. Intelligent people have high standards
 (知的な人達は高いスタンダードを持つ)

これもギフテッドの人たちの中ではよく見られる傾向の一つですね。


3. Intelligent people are too hard on themselves
 (知的な人達は自分自身に対して厳しい)


ここでは、”自己のアチーブメントや失敗に対してだけを言っているのでなく、知的で物事を深
く考える人物は、まるで意図的に自らを責める原因を探っているかとも言えるように、厳しく
自分自身や自分の行動を分析する傾向にある”、とのことで、自己評価が厳しいために、自らの
ことをポジティブに見ることができないということでしょうか。


”時には夜寝ようとしてベッドに横たわっていると、急に過去に経験した後悔される状況が頭
に浮かんだりして、(あれこれと考えてしまい)その為、眠れなくなってしまったり、気分を
害してしまうことなどもある。知的な人達はよくこう言った過去の過ちに関する”フラッシュ
バック”を体験する。これらが罪悪感や不満感、そしてその他のネガティヴな感情を増殖させ、
個人の幸せに害を及ぼす。”


とあり、確かに過去に起こした過ちや不祥事などのフラッシュ・バックに悩まされ、その度に
再度、罪悪感や羞恥心、後悔の念といったネガティブな感情を繰り返し”経験”すると言うのは、
個人の精神衛生に良い影響を与えるはずはありませんよね。


4. Reality is not enough
 (現実だけでは不十分)


”高いIQの人達は、普通では満足できず、いつも更にそれ以上の大きな何か探し求めている。彼
らの疲れ知らずでイマジネーション豊かなマインドは、”一般的な人生の楽しみや喜び”に満足し
てリラックスできず、(彼らにとって”平凡”は退屈すぎる)常に、素晴らしくて、理想的で、永
久的で、現実では見つけることができない”何か”を切望している。”

そして、

”自分がこの世には属しない。別の時代か、又はどこか別の惑星に属するかのように感じる。”

などという部分なども、ギフテッドの人が感じる”違和感”を描写しているかのようですよね。


5. Lack of deep communication and understanding
 (深いコミュニケーションと理解に欠ける)

"Many of them feel alone and misunderstood, like if no one is able to see and
appreciate the depth of their minds."


と、彼らの精神の深さが理解されなかったり、その価値が認められないと、もちろん孤独を感
じるのも理解できますよね。


知的な個人は一般よりも、それほど他人との交流を必要としないかもしれないけど、でも彼ら
は”有意義な人間関係と刺激的な会話”を渇望し、それらをとてつもなくエンジョイするので、
そういった意味でも、同じようなマインドを持つ仲間達との交流がすごく大切になってくるの
ではないかと思います。

(これは知的な子供にも言える事だと思います。)


6. Many people with a high IQ suffer from psychological problems
 (高IQ者の多くが精神的な問題に苦しむ)


高IQと社会不安障害や双極性障害などといった、精神障害との繋がりを示す研究も結構見られ、
”これらの症状は、創作的天才や素晴らしいマインドであるがゆえの、ある種の副作用か?”など
の問いかけもあるようですが、これらの精神的な問題がない個人でさえ、知的な人達は、過剰な
思考からくるところの、実在的鬱(existential depression)に陥る傾向がある、ということ
で、こういう部分もギフテッドの特徴と共通する点ではないかと思います。


以上、こうやって見てみると、確かにこれらの特徴・傾向は一見、ネガティブ、又はマイナス
に見えるかもしれませんが、私は個人的にはこれらの要因が一概に、”知的な人は幸せになる
ことができない理由”とは思わないんですよねぇ。


こういった特徴や傾向(例えば鋭い分析力や洞察力、内省のスキルなど)自体を見ると、それ
らは決してマイナスの要素ではなく、そういった能力やスキルをうまく別の方向へチャネリング
すれば、ポジティブで創作的、生産的に活かすことができると思いますし。


高いスタンダードを持つことや、自分に対して厳しいことなども、見方を少し調節してヘルシー
なマインドセットで見ると、”高い志を持ってチャレンジに挑む精神”として、モチベーションを
アップするのに効果的だと思いますし。


そして世の中のことや、物事を深く考え追求する精神(過剰の思考)も、時として自分ではどう
にもならない現実にフラストレーションを感じたり、幻滅をすることもあるでしょうけれど、で
もそれらのネガティブな感情も、ある意味、”個人が精神的、心理的により高いレベルへ成長す
る為に必要不可欠な要因”だとも思うので、要は個人がどのようにプロセスをしていくか、とい
うところではないかと感じます。

(否定的な分離 vs 積極的な分離)


”否定的な分離とは、一般社会的な生き方から受動的・破壊的に離れてしまうことで、行為の主
体性を喪失するため精神病や自殺を引き起こす可能性がある。それに対して積極的な分離とは、
一般的な受身の人生から離れるべく、まず対象から主体的に分離し、物理的あるいは精神的な
距離を置くことで、より広い視野を俯瞰し、強い知覚に基づく深い理解を形成し、より高いレ
ベルの認識を求め続けることである。


たとえば、一般社会に対してでさえ積極的分離と再融合を繰り返すギフテッドは、自己や世界
の概念が徐々に変化しながらも少しづつ社会の矛盾を解きほぐし、問題を認識し、最終的に独
創的な生き方のビジョンを得てその解決や克服、その現実を目指す。しかし、その分離過程で
は常に、緊張、不安、気分的うつ、恥、罪悪感といった精神的苦痛を伴う。 その自己の葛藤
は、常に深い感情作用と連動しており、人生の要となる出来事から日常の内省行為まで、世の
中がそうあるべき姿と現実世界とのギャップを思い知る強烈な機会となる。


ドンブロフスキは、短時間の単純な感情は人格の成長にあまり影響はなく、否定的感情も含め
激しい感情作用こそが人生を変えるような劇的な体験をもたらし、積極的な分離を起こすと
考えた。つまり精神的苦痛は、個人が心理的により高いレベルへ成長するために不可欠であり、
その深い感情作用を最大にもたらすのはOEである、と結論付けている。


ギフテッドの子供が、OEという平均以上に敏感な精神状態にあることは、勉学や芸術で著し
い成果をあげるだけでなく、日常におけるすべての活動においても精神的に得意な反応を起こ
していることを示す。つまりギフテッドは、誕生時より常に外界・内界両方からの刺激を増長
した精神で感じ、激しく深い幅を持って経験し、内省を繰り返していることが、彼らの著しい
成長に関連しているという仮説である。”



私は個人的にこの見方にすごく納得できるのであります。

OEを凹や「発達障害」とみなしてしまい、それを妙に修正したり改善することにフォーカス
してしまうと、この”積極的な分離”のプロセスがスムーズにいかなくなるのでは?などと思っ
てしまいます。

OEは神経学的に特殊な脳の傾向を持つギフテッドの人たちが示す”特徴”であり、それらを一
方的な視点から”凹”や”障害”と見ることに、私はひどく違和感を感じてしまうのであります。

確かに中には困り感があるOEもあります。


でもそれらを全て障害と一括して取り扱ってしまうのではなく、そう言った生き辛さや困難
に対して、いかに個人が上手く対処していくか、というコーピングやマネージメントのスキル
を身につけさせ、それらを”精神的により高いレベルへ成長”する方向へ導く為に不可欠な要因
と捉え、前向きな姿勢で子供達の指導や支援をするのが、私たちの務めではないか?と思う
のであります。


ギフテッドの個人が上手く”積極的な分離”のプロセスができるように支援してあげるべきだ
と思うのです。


だからギフテッドはネガティヴな要因に苦しむから幸せになり難いとか、ギフテッドはOE
(困り感、障害)に苦しむなど、それこそ”ネガティヴ”な概念や要素を強調するのではなく、
彼らの並外れた素晴らしい感性や才能、情熱やインテンシティを評価し、大いに称賛すべき
ではないかと思います。


私は知的な人達も大いに幸せになることができると信じております。


いつもブログを訪問いただきありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してます。
お帰りの際に下のバナーを押していただけると更新の励みになります。
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2017-01-23 16:02 | Gifted/2e

州によるギフテッドの定義

日本にお住いの方にはあまり参考にならない情報かと思いますが、(それでもアメリカのギフ
テッド教育に興味がある場合は興味深い情報だと思います。)私たちが以前、住んでいたカリ
フォルニア州と、現在、住んでいるネバダ州との間を比較して、その違いに(州によってこん
なにも違うのか?)っと、ちょっとびっくりしたので皆さんともシェアしますね。



California: No Definition. Categories of giftedness for districts to use in
determining eligibility for gifted education programs are provided.


Nevada: "gifted and talented pupil" means a person under the age of 18
years who demonstrates such outstanding academic skills or aptitudes that
the person cannot progress effectively in a regular school program and
therefore needs special instruction or special services.


カリフォルニアの、”No Definition"と冒頭からドンとはっきり言い切っていたのには少
しばかり汗たら〜になりましたが。(苦笑)

ギフテッドに関しての情報は提供するけれど、基本的にはその学区ごとがギフテッドの定義や
プログラムの受け入れ基準を決めて実施しているってことでしょうね。


だから私たちが以前住んでいた地域のように、ギフテッド・プログラムが全くない学区なども
結構、あったり、あっても本当に基準も内容も学区次第で、プログラムの内容もピンからキリ
までではないかと思いますねぇ。


ネバダ州の場合は、ギフテッドの生徒の定義として、能力やポテンシャルだけでなく、”一般の
学校でのプログラムでは学習が効果的に進行できない為、特別な指導やサービスを必要とする
生徒”と、その個人に特殊な教育のニーズが存在することが定義の中に含まれているところがな
かなか興味深いなと思いました。


現在のうちの学区のギフテッド・プログラムは、以前、住んでいたカリフォルニアの学区はも
ちろんの事、ネバダ州の中でもかなり充実していると思います。


プログラムそのものだけでなく、ギフテッドの生徒のidentification(発掘)にも学区全体が
力を入れていて、この学区のすべての生徒が小学校1年と5年の時に、ギフテッドのスクリーン
として知能テストを受ける事になってるようです。

(これは貧困層や、その他の”発掘し難い生徒”たちを見逃さないためみたい。)


その最初のスクリーニングのテストの結果により、ある一定の基準を満たした生徒たちが、次
のステップ(WISCなどの個人別の知能テスト)に進むようです。


また、テストで基準を満たしてなかっても、親や先生による推薦によって、テスト以外の判断
の仕方(普段の子供の観察をもとにしたり)などでアセスメントをする方法もあるようです。


テストの数値だけでは判断しにくい2Eの子たちなどにとっては、こう言った”クオリティ”に基
づいた判定はフェアだと思いますね。


ちなみにうちの学区では一口にギフテッド・プログラムと言っても、生徒の学年やレベルに合
わせて様々なモデルがあり、それぞれその個人にあったプログラムを、GATEコーディネーター
やカウンセラーのサポートなどを得ながら、決めていけるという感じでしょうか。


うちの∫の場合は、6年生の時にこの学区に移って来た際、以前受けたプライベートの教育心理士
による知能テストの結果が認められ、現在はGATE Advisory modelという形態でギフテッド
の支援をしてもらってます。

GATE Advisory Modelとは

The GATE Advisory Model provides support for GATE high school students at
their zoned schools. Both the GATE High School Program Coordinator and the
GATE High School Counselor work directly with site administrators, counselors
and teachers to provide advisement on course selections, dual-enrollment, and
college and career readiness. Collaboration is offered to ensure differentiated
instructional strategies for gifted learners and available to general education
classrooms.


又、もし学区でのサービスが不十分だと感じた場合は、地元にあるDavidson Institute for
Talented Developmentでカウンセリング・サービスが受けられるので、(∫はここのヤング
スカラーズのメンバー)このような恵まれた環境にいることをありがたく思っています。


それにしてもアメリカと言え、州や学区によって受けられるサービスがこれほどまで違うのか!
と、いつも驚いてしまいます。


いつもブログを訪問いただきありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してます。
お帰りの際に下のバナーを押していただけると更新の励みになります。
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2017-01-21 10:24 | Gifted/2e

どうして天才?

「アメリカギフテッド教育先端に学ぶ 才能の見つけ方 天才の育て方」という本の著者である、
石角友愛さんという方のインタビュー(対談)のページを読んでいたのですが、日本向けの本な
どを見ていると、”ギフテッド”を”天才”と呼んでいる場合が目につき、いつもどうして?と思わ
ずにはいられません。


「ギフテッド」と「天才」とでは、ニュアンス的にかなり違うと思うのですが…

最低でもアメリカでいう”ギフテッド”というのは、「天才」という意味で使われないですし。

National Association for Gifted Childrenが「全米天才児協会」と訳されているの
も気になる…015.gif


この本の著者はアメリカ在住で、内容もアメリカのギフテッドやギフテッド教育について書かれ
ているのだから、「ギフテッド」を説明(紹介?)するにあたって、何もニュアンスがかなり違
ってくる「天才」という言葉を使わず、そのまま”ギフテッド”とすればいいと思うのですがねぇ。

(ギフテッドについて認識のない人たちが、妙な誤解をしそうじゃないですか。)


やっぱり日本だと「ギフテッド」よりも「天才」の方が知られてるし、一言で言おうとするとそ
ちらの方がわかりやすいのかもしれませんが、でも私としては妙にしっくりいかないモヤモヤ感
を感じられずにはいられません。

それともこれも、「天才」という言葉を使う方が世間の”反応”がいいので、本のプロモーション
目的の部分が大きいんでしょうか?


また、ギフテッドは発達障害の一部、とか、ギフテッド=発達障害(または2E)という見方も
一部で受け入れられている傾向にあるみたいですが、ギフテッドは(独特のニーズはあるけれど)
”障害”ではなく、ギフテッド特有の非同期発達や能力、スキルの凸凹、OEを何らかの”障害”とみ
なすのは、当事者(子供&大人のどちらも)にとって”危険”な見方だと思うのですが。

これらのギフテッドならではの特徴と、実際の障害とを混同せず、区別されるべきです。

(こういうことを言うと、日本の専門家から”危険発言”をしているとか言われるかもしれません
が。苦笑)


「日本には日本のギフテッドの概念や定義があるんです! 日本に住んでない人は、無責任に横
から口出ししないでください!」


って言われちゃ、まぁ、それまでですが、(苦笑)でもアメリカに住んでいる人が、”アメリカ”
のギフテッドやギフテッドの教育を語ろうとするのだったら、本来の概念や定義を忠実に描写す
る、オリジナルの用語を使った方がニュアンスが伝わりやすいのではないかと思うのですが。


lost in translation (うまく翻訳できない、翻訳の際、本来の意味が失われてしまう)のであれ
ば、誤解や間違った認識が広まるのを防ぐためにも、あえて訳しないでそのままギフテッドでいい
のでは?と思ってしまうのですが。


いつもブログを訪問いただきありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してます。
お帰りの際に下のバナーを押していただけると更新の励みになります。
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2017-01-18 11:47 | Gifted/2e

オフィシャル!「ギフテッド応援隊」

少し前のこちらの記事で紹介させてもらった、きらりママさんが新しく作られた親の会ですが、
その名前を「ギフテッド応援隊」とご自身のブログで発表されていたので、私のブログ
でも追加情報としてお知らせしておきたいと思います。


既にブロ友さんたちの間でこの親の会については紹介されていますが、この情報が少しでも多く
の方の目にとまることを願って、しつこいようですが、もう一度リンクをさせて頂きますね。

(みんなでどんどん拡散していきましょう〜!)



親たちだけでなく、子供(ギフテッド当事者)たちも安心して自分らしさを表現したり、仲間達
と交流できる「居場所」を作ってくださったきらりママさんに感謝します!


”ギフテッド応援隊では私が代表(この呼び方も嫌なので、リーダーでも隊長でもいいのですが)
になってますが、メンバー皆さんが自分発信していってほしいと思っています。”

というきらりママさんのお言葉から、メンバーの方達、それぞれが持つ情報や見方、意見なども
快く受け入れてくれるような、個人を尊重したオープンマインドな姿勢がうかがわれ、本当に素
晴らしいなと思います。


私も海の向こうから「ギフテッド応援隊」を応援していますので、応援隊長(笑)のきらりママ
さん、これからも楽しみながら活動を頑張ってください。

(私も近くなら、50代の見苦しい身体にチアリーダーのようなミニスカートのコスチュームを
まとって応援に駆けつけるのですが… そんなものが来られたら困りますよねぇ。(爆笑)


我が子がギフテッドでは?と思い、なかなか理解やサポートが得られず、親子でしんどい思いを
している方、是非、きらりママさんの「ギフテッド応援隊」へ連絡してみてください!


く( ̄△ ̄)ノ「ギフテッド応援隊」頑張れ〜!


いつもブログを訪問いただきありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してます。
お帰りの際に下のバナーを押していただけると更新の励みになります。
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2017-01-13 04:47 | Gifted/2e

色々なギフテッドの子がいて、それだけ色々な親の考え方や思いもあって

ブロ友のきらりママさんがこの度、「日本ギフィテッドチャイルド親の会」を退会され、ご自身


世の中には色々なタイプのギフテッドの子がいて、それだけ親もそれぞれ(ギフテッドについて)
個々の違った見方や感じ方、思いなどもあるわけですので、きらりママさんがおっしゃっていた
通り、やはり自分が”心地よい”、”ぴったり合っている”と思える居場所が大切なんじゃないかと
思います。


親同士が色々な情報を交換しあったり、体験談や(成功談、失敗談のどちらも)、心配ごと、そ
して時には愚痴などもいい合い、慰めあったり励ましあったりしてお互い助け合うことができる
場所。


また、(人から妙な目で見られることなく、ジャッジメント抜きで)子供の凹の部分だけでなく、
ポジティヴ(凸)な面やアチーブメントなども安心してシェアできる環境というのは、普段は周
りからなかなか理解されなくて孤立しがちで寂しい思いをしている親たちにとっても、感情的な
サポートが得られる場所として、本当に重要だと思います。


私ももともとはそういう思いから、日本ブログ村にギフテッドチャイルド育児のカテゴリーを
申請したのでした。


もちろん、上にも書きましたように、ギフテッド・ママ達もそれぞれ個人の違った見方や考え
方を持っているでしょうから、何事においても全て皆が賛同するということはないでしょう。


でも、たとえ相手が自分とは違った見方や意見を持っていたとしても、その個人の置かれた独特
の環境や状況、事情、経験などを考え、相手の立場になって物事を見て、考え方の違いを尊重す
るべきではないかと思います。


(そしてもちろん、分野や領域などは違えど、子供たちそれぞれの独自のユニークな”ギフト”も
認識して尊重するべきですよね。 他者がよそ様の子供に対してネガティヴな評価を口にするな
どもっての他だと私は感じますが。)


でもそれでも、やはりどうしてもグループ内において、意見や方針の違いなどが生じ、それらが
機関や団体の活動、または個人の精神面でネガティヴな影響を及ぼす場合など、自ら(&他の親
ごさん達)にとってより良い新たな居場所を確立するというのは素晴らしいことだと思います。

とても勇気がいることだと思いますよ。


ということで、きらりママさん、私もこれからのきらりママさんの活動を楽しみにしていますの
で、新しい会の開設、そして活動頑張ってくださいね!


こんなふうに、ギフテッドの親御さんたちに、又新たな別のオプションの機会が増えるという
ことは素晴らしいことだと思います。


ところで。 念のために言っておきたいと思うのですが…

うちの∫は基本的にアカデミックが得意分野なので、(音楽や芸術、スポーツなどの素質は全く
見せていないし、又、本人も興味なし。笑)私がブログで取り上げるトピックはどうしても知的、
学術的なものになりがちですが、でも私が音楽や芸術、その他の分野のギフテッドに関しての記
事を書かないからといって、決して私がそれらの分野に秀でた子たちを”ギフテッドではない”と
思っているわけではありません。


「それについて語らない」ことイコール、「それを否定している」わけではないのです。


ただ単に、私にはそれらの話題について記事にしたり、意見を語るだけの知識や情報がないだけ
で、そういうのはその分野に詳しい方たち(子供がそういう分野のギフテッドである親御さん達
など)に任せるべきだと思っているのであります。


だから私のブログは”Intellectually/Academically Gifted”について記事が多く、∫と同じよう
なタイプのお子さんを持つ親ごさんたちには興味を示していただけるかもしれませんが、別の領
域でギフテッドのお子さんを持つ読者の方たちにとっては、全く何も参考にならないブログでは
ないかと思います。(苦笑)

あっ、そうそう。

ネットで見つけたこのギフテッドの子についての文章にすごく共感したのでシェアしますね。
(英語ですが、比較的わかりやすい文章です。)

"All children deserve an education that suits their unique talents and
strengths. Some children receive that education. But many do not."


子供の素質や才能をフルに開花させてあげたいと、その子にとって必要な教育や支援の機会を
与えてあげようと働きかけるのは、親として当たり前のことじゃないでしょうか。


おまけ

今朝、何やらいつもより早く(朝の5時)目が覚めたので、まだ雪が積もってたけどご近所を
散歩していた時に撮った写真です。

外は強い風が吹いていて、肌が切れそうなほど寒かったけど、早朝の冷たい空気が気持ちよか
ったです。

a0332222_04450327.jpg


a0332222_04452690.jpg


a0332222_04454931.jpg


a0332222_04460247.jpg

いつもブログを訪問いただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
1日一回お帰りの際に応援のポチを押していただけると
更新の励みになります。

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2017-01-11 05:04 | Gifted/2e

アドボカシーは特別扱いを要求していることなのか?

冬休みに入る少し前のことになります。

∫が所属する学区のオンライン学校の数学の先生、(&学年担任)Mr. Dから∫宛にメールが送ら
れて来て、「今学年度は学区の予算の都合でNスクール(∫の学校)はAMCの受験がなしになっ
た。」という知らせを受けました。

*AMC(American Mathematics Competitions)はアメリカの中学生、高校生を対象とした、
 全国規模の数学のコンテストのことです。


AMCに参加する(受験)することは∫にとって、個人の目標を達成する為に必要なとても重要な
活動の一つとも言え、この年に一度しかない機会にベストを尽くし、なんとか夢を実現させたい
と日々、モチベーションを高め、維持しながら数学の学習や練習に取り組んでいるのであります。


だからこの知らせを受け取った∫は、とても残念そうでした。


ただ、∫が過去に別のチャータースクールからこのNスクールへの転校を考えている時、AMC受験
についてのこちらの要望は前もってMr. Dに明確に伝えていて、その際は彼も、

「∫君が我が校へいる間は僕が責任持って受験できるようにします。」

と、自信たっぷりに言い切ったので、私たちも安心していました。


もちろん、毎年、州や学区の財政状態も変わるでしょうし、学区側もその都度、あらゆる面を
考慮して判断し、決定付けしていかなければならないということも理解できます。


が、私としてはここで、「あぁ、残念、それは仕方がないわねぇ。」と、それをそのまま受け入
れてしまい、∫にとってはとても重要である機会(AMC受験)を見逃すのを黙って見ていられな
いのであります。


Mr. Dの話によると、学区内の比較的大規模ないくつかの高校ではAMC受験が予定されているら
しく、もちろん、そういったマンモス校では受験希望者も多いでしょうから、それは私も十分理
解できます。

それゆえ、

「同じ学区なのに、うちの子が他の高校の生徒のように数学コンテストに参加できないないのは、
うちの子の機会が奪われてしまってて不公平だ、それは差別なので、学区の全ての学校で試験を
取りやめてしまうべきだ!」

などと思ってはいませんよ。


でも、同じ学区に所属していて、ゾーン(住んでいる地区)によって指定され、自分の選択でどの
学校へ行くかを選べないのであれば、(私立や特殊なチャータースクールなどは又話が別ですが。)
自分の子も他の生徒と同じように、”機会が平等に与えられる”ことを望むのは、決して、「自分の
子だけ特別扱いして欲しい!」と要求しているわけではないと思いますが。


コンテストに”参加する機会”だけでなく、∫の教育ニーズに関しても同じことが言えます。


∫が∫自身にとってフィットし、「最善の学習利益」を得る為には、学区が現在提供している教育、
学習設定では不十分であるので、∫の教育ニーズを満たす為に親の私ができる限りの手を尽くして
それら(∫に適した教育環境や設定)を獲得し、維持していこうと働きかける事は、「自分の子供
を特別扱いしてくれ」と”権利を主張している”事ではなく、「アドボカシー」だと思いますが。


一般の11年生の生徒がそれぞれの学習ペースや学習能力に合わせ、それぞれが学区でオファー
されているAlgebra IIやPreCalculus、 BC Calculus、地元のコミュニティカレッジとの提携
による大学2年までの数学のコースなどの”違ったコース”を履修し、各自がそれぞれの学習利益を
得ることができている中、同じ11年生の段階で大学3年、4年の数学のコースが必要な∫は、”学区
はそれ以上提供していないから”という理由で、ただ、大人しくクラスに座って、すでに何年も前
に学び終えてしまっているクラスを履修し続けろという方が、(数学がアドバンスしているのは)
本人のせいではないのに、”平等な学習の機会”が与えられないということで、私にしてみればそ
ちらの方が不公平で残酷だと思うのであります。


特に、知識、学習願望が強く、新しいことを学ぶことに喜びや楽しみを感じる∫にとっては、それ
ができないことは拷問にも値し、学習意欲喪失だけでなく、感情面や精神面にもマイナスの影響
を与えることになるのです。


(小学生の時はそれが原因で学校生活が辛かったし、私が最終的にホームスクールの道を選んだ
のもそのせいでした。)


私が∫の声となって(小さい頃は得に!)そう言った∫のニーズを満たす為に動かなければ、誰が
してくれるというのでしょうか?

連邦レベルで法的に定められている特別教育と違い、ギフテッド教育は州や学区によりけりなの
で、ほっておいても学校側がきちんと子供の教育、学習ニーズを満たしてくれるというものでは
ありません。


∫の独特で極端な凸凹傾向の為、うちは「特別教育」と「ギフテッド教育」の両方のアドボカシ
ーに携わってきましたが、正直言って、∫の発達障害やその他の問題の”ニーズ”においては、(国
で定められている為)私がそれほどガムシャラになって働きかけなくても、きちんと対応された
という感じがします。


それに対して、ギフテッドの方の課題やニーズはこちらが取り上げない限り、学校側は”見て見
ぬふり”的スタンスで、できることなら予算やロジスティック、その他の課題の対処など、面倒
なことに関わりたくない、といった姿勢を示し、こちらがかなり積極的に働きかけていかねば
何も期待できないと感じました。


(これは得にギフテッドプログラムがなかったカリフォルニアの公立学校へ通っていた頃の事
で、比較的確立されたギフテッドプログラムが存在する現在のネバダ州の学区では、その苦労
はかなり減りましたが、それでも学区が提供する規格のギフテッド・プログラムには適応しな
い∫のアドボカシー活動は、決して簡単なものではありません。(汗)


子供の教育ニーズを満たそうと、(正直言って、私は教育がどうのこうのというよりも、∫が
不幸な姿を見るのが耐えられないので、私からすると、”子供のエモーショナルニーズを満た
そうとしてる”の方が強いのですが。)親が学校や学区と協力しあって目標を達成する為に働
き続ける事が、「子供を特別扱いしてくれと要求している」とか、「権利を主張する人の心理
こそ、優越感」だとか、「それにしがみつくのは自信がないとか、劣等感の表れだ」などと
非難されるのか、私にはまったく不可解であります。


第一、∫と私は親子と言っても完全に分かれた個別の人間で、∫の能力とかアチーブメントが
どうであれ、私自身が「優越感」を感じる理由などどこにもないでしょうに。

(私自身のアチーブメントじゃないわけですから、そのクレジットは∫本人に属すると思うの
ですが。)


もちろん、親ですから、∫の業績や努力に対して、親として「我が子を誇らし気に思う」事は
あっても、それに対して優越感など感じたことはないですし、自分の子供の教育ニーズが満た
されていない場合、教育を受ける権利を主張する事が、どう理屈付けをすれば、「親の優越
感」につながるのか私にはさっぱり理解できません。


「教育を受ける権利」は「教育を受けること」を要求できる力で、個人の基本的な人権の一つ
なのですから、それを要求することは決して「特別扱いを要求していると思いませんが。


*教育を受ける権利は、国民が国に対して要求できる基本的人権の1つとされ、社会権に属
している。日本においては、日本国憲法第26条第1項に「すべて国民は、法律の定めるところ
により、その能力に応じて、等しく教育を受ける権利を有する。」という規定がある。

(教育を受ける権利:Wikipediaより)

っと、”その能力に応じて、等しく教育を受ける権利を有する”ってあるじゃないですか。


私は過去にもこのブログで何度も「平等」「公正」との違いを取り上げてきました。


私が思うところでは、私が書いた記事や発言が「差別的」だと感じる方は、多分、この概念の
違いを把握していない(もしくはその意見に賛同していない)のではないかと感じました。


過去にもこの画像はアップしてますが、もう一度念の為に。
 

a0332222_07205431.jpg


Equality=「同等」「平等」 Equity=「公平」「公正」


平等は公正さを推進させるために全員に対して同じものを与える。しかしそれが正常に機能
するのは全員のスタート地点が同じ場合に限られる。 この場合は全員の身長が同じ時だ。」


公正さは人々を同じ機会へのアクセシビリティを確保すること。個人それぞれの差異や来歴
は、何らかの機会への参加に対して障壁になることがある。なので最初にまず公正さが担保さ
れて初めて平等を得ることができる。」



私はこの説明にすごく納得がいくのであります。

私も子供はどの子も大切な存在であって、その子に伸びる可能性を見出し、その子ひとりひとり、
その個性を伸ばし、必要なところをサポートすることが教育であるということに異議はありませ
んし、まさにその通りだと思います。


(だから私は、社会経済的に不利な家庭の子達や、家庭の事情に恵まれない、at-riskの子供達が、
彼らが皆と同じ地点に少しでも近づけるように、彼らに必要な得別の待遇を受けることに対して
なんの抵抗もありませんし、それどころかそうあるべきだと思ってます。 ある一定の境遇に生
まれてきたのは、子供たちのせいではありませんしね。)


すべての子どもに”平等”に、その子にとって必要なサポートや学びの機会が与えられるべきだと
思っています。

でも、じゃぁ、その「その子にとって必要なサポート」は、どうやって見極め、判断するので
すか?


支援をするって言っても、何をどのようにすればいいのかターゲットが定まらなかったら、”平等
だから”と、ただ闇雲に皆に同じものを支給しても、最大限の効果は期待できないと思いますが。


a0332222_09240861.jpg


何度もしつこいほど言いますが、(本当にしつこい!笑)個人、ひとりひとりのニーズを知る為
には、その子の認知や学習、その他、適応機能などのプロフィールを認識する為のアセスメント
は必要不可欠になってきますし、それでその子の現時点の機能レベルや立ち位置を明確にしたか
らといって、それが差別につながるという概念が私には理解できません。


ギフテッドの程度だけに限らず、知的障害の度合いなども医学的にも分かれていて、教育上にお
いての参考?としてそれが使われている場合もあるんじゃないですか? それとも差別的となる
のは、知的能力が優れているとみなされる”ギフテッドのみ”となるのでしょうか?


私には支援を受ける為に「ギフテッド」と「普通」を区別してもいいけど、(自分にあった支援
を受ける為に)更にその中での細かな区別をする事は「差別」となるという理屈が本当に理解で
きません。


普通に「ギフテッド」と区別されただけでは、本人にとって必要な支援が受けられないので、支
援が受けられるように、更にその先の必要なアクションを試みているだけなのに。


(私がよっぽど頭が悪くて”ごく当たり前のことが理解できないのか?とマジで考えてしまった。)


私はギフテッドのレベルをIQのみで判断されるべきだと言ってませんし、そう思ってもいません。

IQで測れる能力や才能など、ある一定の限られた分野での認知機能に過ぎず、人間の能力はそれ
だけで判断されるべきではないと思ってますしね。


私は個人的には、ギフテッドのレベルにおいて、IQの数値はあくまでも、「知的・認知能力の分
野で参考となり得る要素の一つに過ぎない、と見てますので。


(だって、2Eの子達はアセスメントは不利に働くことがあるので、数値だけを鵜呑みにできま
せんから。)


なんだかまとまりのない文章をだらだら書いてしまいましたが、少し前に、某ブロガーさんと
彼女のコメント欄で意見を言い争った際、(Hさん、その際はお忙しいところ、貴重なお時間
を無駄にして申しわけありませんでした。)お互いの考えを論争するというよりも、個人同士
の人格についての口論となってしまい、結局、自分が言いたかった事があまり言えなかったの
で、読者の皆さんに伝えたくて、今回、私の思いを書き綴りました。


言いたいことが全て言い切れず、ずっとモヤモヤしていたのですが、これで少し、胸のうちが
すっきりしたので、この先はこの件に関しては取り上げることもないでしょう。


そして、私が∫の為にやっていることは自分では「アドボカシー」と思ってますが、人それぞれ
感じ方、受け取り方、考え方があると思いますので、それを「自分の子供に特別扱いを要求し
ているだけ」と取られるようなら、それはもう仕方がないですね。


でも、私としては、自分が色んな言葉で批判、非難されようが、∫のニーズが満たされ、本人が
ハッピーと感じることが出来るのであれば、私の本来の目的が達成されたとして、別に何と呼
ばれようが構いません。

私にとって、最終的に一番大切なことは∫の幸せなので。



尚、冒頭の数学コンテストの件ですが、私が諦めず、Mr. Dに学区内でAMCの受験が行われる
高校へ、∫も同じ学区の生徒として参加させてもらうことができないか聞いてみて欲しいと頼
んだので、現在、Mr. Dは他の高校の関係者たちに交渉をしてくださっている最中であります。


そしてもし、無理と言われたならば、登録金、試験料は私たち個人で負担するので、学区にそ
のことを伝え、許可をとってはくれないか?とも話しています。


(受験が中止になった理由はもともと”教育予算の都合”ということなので、学区もこの私たちの
オファーに対して”ノー”は言いにくいでしょう。苦笑)

こんなふうに、卒業するまでは、まだまだ油断することができず、アドボカシーを続けていかな
くてはならないんです。


それにしても、何としてでも今年、AMCを受験することができればいいのですが…


いつもブログを訪問頂きありがとうございます。

ランキングに参加しています。
お帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2017-01-07 10:31 | Gifted/2e

情報を見極めることの大切さ

私がこのブログでアメリカのギフテッド情報や、私達家族がこれまで経験してきたギフテッド
関連の記事を書く時、それらはあくまでも「こういう情報がありますよ。うちの場合はこうだ
ったんですよ。」という単なる情報のシェアで、私としては読者の皆さんがこれらの情報を読み、
ご自身でどの情報が参考になり、自分にとって役に立つかどうかを見極め、判断していただけ
ればいいと思って発信しています。


又、私がある一定の記事や情報をシェアしたり、リンクする場合、それは時には自らの考えや
信念、ポジションなどを主張する際の、参考資料、根拠、データの一部として引用している場
合もありますが、大抵の場合は、あくまでも、”とてもいい情報なので、皆さんにもおすそ分け
したい!”という気持ちから来ています。


私は決して、読者の方達に対して、私がシェアする情報が正しいのでそれに従うべきだとか、
そのまま取り入れるべきだなどと思っていませんし、それらの情報の信頼性、信ぴょう性を問
い、ご自身で判断してどの情報(または私の意見や主張)を利益があるとみて参考にするか、
または無駄なので無視するかは、読者の皆さん次第と思っています。


私も∫のことで途方に暮れていた当時、ネットで自閉症やギフテッドに関する様々な情報を漁
りまくり、その中から∫自身に当てはまる、適している情報のみを拾い集め、アドボカシー活
動の参考にしたり、私自身が∫にぴったり合った独自のギフテッド教育プログラムを作成する
為の参考として活用しましたし。


そりゃ、中には信憑性に欠けた怪しい情報や、私自身が賛同できない考え方、∫には適してい
ないと思える情報なども山ほどありましたが、その中から自分と∫にとって参考、利益となる
情報のみを取り入れ、その他は切り捨てました。

こういう情報収集後の”見極め、選択”のフィルタリングのプロセス(取捨選択)が大切なのだ
と思います。


でも中には、私がギフテッドチャイルドのカテゴリーを申請したことで、私がギフテッドの第
一人者だと思い、ランキングでも支持されていることから、何も知らない人が私の発言や発信
する情報を鵜呑みにしてしまう恐れがある為、ブログでの無責任な情報の発信は避けるべきだ
という懸念のお声もあるようです。


(私がギフテッドチャイルドのカテゴリーを申請したからといって、私がその方面に精通して
いる第一人者とは限らないし、第一、私がギフカテを申請したと知っている人などごく少人数
ではないかと思うのですが…笑)


が、たとえ私が自分のしがない個人ブログで発信しなくても、ネット上にはありとあらゆる
ギフテッド関連の情報が山ほど溢れかえっていると思いますし、それらの情報を目の前にし、
最終的にはどの情報を受け入れるかの判断は私たち個人が行っていかなければならないと思う
んですよ。


その為には、物事の本質を鋭く見抜く力や、批判的思考力がとても大切になってくると思うの
です。

特に、ギフテッドの(またはギフテッドかもしれない)子供を持つ親は、子供の為にこれから
も学校や社会に対して立ち向かい、子供のアドボカシー活動を続けていかなければならない事
から、親自身がこうった思考スキル、判断力を身につけておくことは必要不可欠だと思います。

(私の個人的な経験から言っても、これは嫌というほど感じましたよ。苦笑)


という事で、そう言った「情報を見極める力を養う」のに参考になりそうなページを見つけた
ので、いくつかリンクしておきます。

(個人的には私は学ぶ事が色々ありましたが、もちろん、これらの情報も参考にするかは読者
の皆さん、ご自身の判断でお決めください。笑)








とは言いましても、私の発する情報を、「正しい」とそのまま取り入れて信じ込まれる方が出て
くるのを避ける為、↑で出てきた方の懸念のお声を尊重し、(自分とは違った意見もリスペクト
すべきなので。)これからはアメリカのギフテッド関連の情報を記事にする際、冒頭に何らかの
*注意書き/お知らせなどといったdisclaimer(免責条項)を表示するつもりであります。

そうすることにより、できる限りの誤解を避けることができればと思ってます。


いつもブログを訪問いただきありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してます。
お帰りの際に下のバナーを押していただけると更新の励みになります。
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2017-01-03 09:06 | Gifted/2e

ふと、思ったのだけど…

論争を蒸し返すつもりはないのですが、最後に一つだけ、(本当にこの件に関してはこれで終わり
にしますので!笑)純粋に疑問に思った事があったので、書いておきたいと思います。


ついての情報や意見を持ち出すと、


”子供の能力の差を比べて分類するわけだから、立派な差別だ!そのような差別を教育現場で使
う必要性を主張できるあなたが恐ろしい。”

などと非難されたりしてますが、それならば、こういう概念や情報なども、”教育現場上で使われ
ている立派な差別”だと言うんでしょうか?





自分の教育ニーズにあった学校を選ぶ為には、まず、自分の学力レベルがどの立ち位置にあるの
か?それがその学校のスタンダード、レベルにフィットするかを把握することは必要不可欠では
ないかと思うのですが?


分類の呼び方(HG、PG、偏差値60、70など)さえ違えど、概念的にはどれも、”ある集団の中
での立ち位置を示す尺度”であって、それらの目的は”能力の差異を述べるだけ”ではなく、(まぁ、
中にはそれだけを目的としている人もいるかもしれませんが。)最終的な目的を果たす為に用い
る”手段”ではないでしょうか?


日本でもこのように、”自分にあった教育設定の選択(学校選び)”の参考として、学力偏差値な
どが応用されているのに、基本的にはそれと同じような概念を持ち出すと、”それは差別的”で、

「日本では、ムリですから、そんな考えは!!」

と言うのが私にはよくわからないのですが…

このように、あらゆるレベルに分かれた教育機関(学校)が存在する日本は、私から見ると、
幅広いオプションがあっていいことだと思いますが。


アメリカは高校まで義務教育で、住居地域によって学校が指定されていて、学区にギフテッド
プログラムなどない場合、(アメリカと言えど、全ての州や学区でギフテッド教育が提供されて
いるわけではない。)ギフテッドや学力優秀な子達は、ごく一般のカリキュラムによる学習しか
受けられなくなるのです。

(私のママ友など、自分の子供たちを学区内の評判のいい学校へ通わせる為に、住所を偽って
たほどですよ。旦那さんの両親ーグランマ&グランパの住所を記入してた。)


高校教育を義務付けられ、行く学校まで指定され、そこで自分に適した教育が受けられない場合
など、親が子供に適した教育の提供を望むことは、”一般の子供達と同じように、ギフテッドの
子にも”新しい事”(すでに習得している事ではなく、まだ学んでいない事)を学ぶ権利があると
思うので、それらを提供してやって欲しいと言っていることは、決して自分の子だけ特別な扱い
を要求しているようには思いませんが。


(例えば又、変な例かもしれませんが、学校が生徒に制服を供給することが義務付けられてい
るとすれば、各個人のサイズにフィットしたものを与えるべきではないですか? 背が高い子
が、”一般より長いズボンを要求することは”特別扱いをして欲しい”と主張しているわけではな
いですよね?)


子供を教育するのが政府の義務なのであれば、(高校を義務教育とするのなら)その義務をきち
んと果たすべきでは?と言ってるだけです。


もちろん、公立学校に束縛される必要もないのですが、私もこれまで色々と必死の思いでその他
の教育機関のオプションも調べましたが、∫に適すると思えるような私立学校の数々は、うちの
ように、パパのしがない公務員の恩給で細々と暮らしている家庭では全く不可能な金額の授業料
だったりと、泣く泣く断念をせずを得なかったり。


だから仕方なく、最終的には学費が無料である公立のオンランスクールという道を選びましたが、
そこでは学区の他の高校のようにギフテッドのプログラムやサポートなどもありませんし、その
中で学区や地元の大学と交渉をしながら、∫にとって適した(必要な)教育設定を追求する為に、
私もあの手この手を駆使して、現在のある程度満足出来る状態に至ることができたというわけで
あります。


現在、∫は学区の高校と、地元の大学とのDual Enrollmentという形をとってますが、学区は
それを承認する(大学で履修したクラスも高校の単位として認める)けれども、大学の学費(1
クラスー3単位で約$800)は学区側は負担できないので自腹を切ってください、ってことなの
で、それらは私たちが全て払ってますしね。


まぁ、1年に$1600くらいなら、(私立の学校に比べると)しれたものですから、私たちも、
”他のギフテッドの生徒たちは学区が提供しているプログラムを無料で利用しているのに、うち
は学費自持ちってのは差別じゃないですか?”などと文句など言ってませんし。


∫が学区が提供する一般のプログラムには適応しないので、(例えば、この学区の高校ではギフ
テッドの生徒は11年生と12年生でAP Caluculus BCのクラスが受けられるけど、∫はそのクラ
スはすでに終わっている。)大学とのDual Enrollmentという形で教育の機会を提供するのが
学区の義務なのに、金銭的な面においてはその義務は果たしてくれてませんしね。


(この件に関しては、前々から学区と話し合いをしているけれど、現在のところは予算の関係で
難しいと言われている。)


でも私も学区の事情などもある程度理解できるので、これも仕方がないと思って、学区に対して
クレーム付けたりしてません。

学校側との関係をぎこちなくしたくないので、(∫にとって少しでも不利になることは避けたい。)
妥協できるところはそうしているのであります。


”ギフテッドという呼び方が、支援を受けるにあたり必要な名称として、差別に該当しない”ので
あるならば、∫が∫自身に適した支援を受けるにあたり、”HG”や”PG”という呼び方(ギフテッド
のカテゴリーの一部)が必要であるのなら、それは差別に該当しないのではないですか?

MGもHGもPGも”ギフテッド”という名称の一部であって、ギフテッドという域に所属している
のだから。

ギフテッドをMGやHGなどと区別するのは差別というのなら、一般とギフテッドを区別するの
も差別になるんではないですか?

ギフテッドの存在を認めてはいるが、その中での更に詳しい区別は”能力を区別しているので差
別だ”というのは、何だかダブルスタンダードな感じがしてなりません。

(実質的には、ギフテッドも一般と区別していて”差別”ということになるのでは?)


タレント開発、支援、そして研究などを目的とし、ターゲット層の基準を明確にしてメンバー
の受け入れを決めているCTYのSETや、Davidson Young Scholarsのプログラムを提供
するDavidson Instituteなども、「差別機関」ってことになるんですか?


何度も言いますが、私のブログで書いている内容や情報は、「アメリカではこうなので、日本
でもこうあるべきです!こうすべきです!」と押し付けているものではなく、アメリカのうち
の地域ではこういう事情なんですよ〜、私たちの経験はこうなんですよ〜」と、あくまでも自
分たちに関連する課題や経験をお伝えしているだけであって、私としては、私のブログを読む
方が、「あぁアメリカではそうなんだ〜。そういう考え方ややり方もあるんだ。」と捉え、又、
私の記事から何かヒントや洞察を得たりして、ご自身の課題を対処するにあたってそれらが少
しでも参考になれば嬉しいなと思うだけであります。


だから私は日本でギフテッド教育を広げていこう!というミッションも持っていないですし、
自分の意見や見方、考え方を唱えて人を導いていこうなどといった大それた考えなどまるっき
りありませんし。

(私は目立つのも大嫌いだし、人をリードするようなタイプではない。)


コメント欄を閉じているのも、ブログ開始以来、これまであれこれと(私としては理不尽に思え
る)批判や嫌がらせ、誹謗中傷を受けたり、コメント欄での炎上なども結構、経験したこともあ
り、ブログを続けていく上で、私の精神の安定を維持していく為に必要な手段だったので、そう
させてもらっているわけであります。

(ブログを閉鎖してしまうよりはよっぽどいいかなと思って。苦笑)

でもそれが無責任だ、卑怯だと思われるならそれは仕方がないです。

まぁ、それならそれでいいです。

(だって〜、私のブログはビジネスが目的ではない、単なる個人ブログですし〜。)

私はこれからもマイペースで、自分の思ったことや、為になると思った情報を発信し続けたいと
思いますので。


長々とした私のつぶやきに最後まで付き合ってくださりありがとうございました。


マジでこれで最後にしますので〜!笑


いつもブログを訪問いただきありがとうございます。


ブログ村のランキングに参加してます。
お帰りの際に下のバナーを押していただけると更新の励みになります。
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2016-12-25 08:15 | Gifted/2e

こういう話を読むと嬉しいです

こういうサクセス・ストリーを読むと、とても嬉しくなります。



13歳の少年が5月に高校と2つのAA(準学士号)のディプロマを取得して卒業し、来学年度
(class of 2021)から大学へ進学するという記事なのですが、この少年の教育事情の経緯や、
彼の母親の言葉を読んで、うちも多かれ少なかれ似たような状況を経験してきたので、大いに共
感して、彼のこれまでのサクセス・ストリーに嬉しくなりました。

こういう状況下に置かれた子供達は結構、存在するんですよ。

(デイビソン・アカデミーが存在するこの地域は特に!)

(だから私は決して自分の子が”特別”などと思っていませんし。)


"As a mom, Catherine Proteet never expected to see her son attending college-
level math course at such a young age, but she doesn't regret the choices she's
made regarding her son's education. He was miserable in a standard K-12
setting, she said.

"It was very obvious that this was the path that we needed to take," she said.


こういった、”一般の教育機関の教育設定では悲惨な思い”をしている子供たちにとって、個人
それぞれに適した「教育のニーズ」の機会や場所を提供することは、彼らの知的・学習面での
ニーズを満たすだけでなく、同時に(それらが満たされることによって)”感情的、精神的”な
面でのニーズも満たすことになるわけなんです。

リンク先の記事の中にある、この少年の心底から嬉しそうな笑顔を見てくださいよ!


”We often think of academic needs as being created by a deficiency, somehting
that needs to be done," she said, "What happens with gifted children is that
their education needs are created by their strengths."


と、この記事の中で、彼が進学する予定のWestern Kentucky UniversityのThe Center for
Gifted Studiesのディレクターが述べてますように、ギフテッドの子の”教育ニーズ”というの
は、その子の”強み””得意分野”によって生じるわけで、


「皆と同じように、(又はそれ以上に)出来ている(標準に達している)のでそれで満足では
ないか。これ以上の”ニーズ”などないはず。」


などといった考えは、ギフテッドの子の得意分野を更に磨くサポートや、個人の”学ぶ権利”を
無視していると私は思うのであります。


もちろん、全てのギフテッドの子がギフテッド・プログラムに参加したり、飛び級や早期大学
入学の道を選ぶとは限らないでしょう。


子供が”自分はPGと呼ばれたくない。特別扱いされたくない。皆と一緒がいい”と言うのであれ
ば、別に無理にそう言ったプログラムや教育オプションを選ぶ必要などないでしょうし。

それはそれでその子と家族が決めることであり、それも選択の一つですから。


でもそう言った自分自身の個人的な意見や見方、選択を、まるでそれが全てのギフテッドの子
に当てはまると言わんばかりに”一般化”してしまい、違った見方をする者のオプションを否定
したり、”差別者”呼ばわりする方が私には恐ろしく感じますが。


自分のPGのお子さんが、普通のクラスでみんなと一緒にいたいというのならそれでいいじゃな
いですか。

何も私は「それはダメだ!PGならPGの学校やクラスに行かなければ!」などと言ってるわけで
はないのですから。

それでお子さんがハッピーなら他人がとやかく言うことではないでしょうし。


何度もしつこいようですが、HGやPGやらの区別、分類は、私自身は”能力のレベル付け”とは
見てなくて、あくまでも”我が子に適した学習設定や内容の機会を得るために必要な手段の一つ”
と見ています。

(私の経験から、ほとんどの親がそう感じてますよ。)


いくら親が、「うちの子は賢くて勉強がよくできるので、○○プログラムや大学のクラスを取らせ
てくれ」と訴えても、やはり教育機関側としては、それを具体的に立証する何らかの証拠が必要と
なってくるわけで、∫の場合も高校入学と同時に大学へのDual Enrollmentの申し込みをした際、
デイビソン・ヤングスカラーズのメンバーであること、(この地域だとそれがPGレベルだと認識
されている)SAT、ACTのスコアなどで∫の知的、学力のレベル(立ち位置)を立証することによ
って、大学レベルのクラスを受講することが許可されたわけですので。


残念ながら、それが現実なのであります。

子供にとって必要な、子供が望む機会を得ようと思えば、ある意味、システムに従うのも仕方
がないことだというのも学びましたし。

(HGやPGのidentificationも、言ってみれば、機関やプログラムを利用する為に必要となる
システムの一つ。)


もちろん、これも学区や地域によって異なるでしょうから、中にはこうしたプロセスやシステム
を通り抜ける必要もなく、教育面において何も問題や課題もなく、お子さんが満足している方も
いらっしゃるでしょう。

それはそれで素晴らしいことだと思います。

でも、中には満たされていない子供のニーズを満たそうと、あの手この手の手段や対策を試みて、
試行錯誤を重ねながら必死の思いで働き続けている親もいるんですよ。


でも、そう言った教育機関内においての機能的なものとしてだけでなく、PGやらHGやら名称
はなんであれ、個人の知的/認知の機能レベルには大幅な層があり、通常、ギフテッドと言われ
ている層においても幅広い範囲があるというのは、普通の生活の中で人を観察してたら一目瞭然
ではないかと思いますが。


そのレベルをどう呼ぼうが、どう包み隠そうとしようが、個人にはある一定の能力や才能に差
があるのは事実であり、(それは生物の多様性の一部)各レベルの個人がそれぞれにとって最適
な知的・学習目的を達成する為には、まず、その個人の現在の認知や学力、機能レベルを把握す
ることから始まるとおもいます。

それをもとに改善や介入法、支援などの対策プランを立て、個々のニーズに合わせたそのプラン
を実行していくのは、ギフテッド教育に限らず、特別教育を含む全ての教育や指導の基本だと思
いますが。

変な例かもしれませんが、皆んな平等に同じ扱いを、と、必要であろうがなかろうが全ての子供
に眼鏡を与える事は、単なる「平等」(equality)であり、それは必ずしも「公正」(equity)
というわけではありません。



眼鏡が必要のない視力が普通の子に、「皆と一緒」とか「平等だから」と眼鏡を与えたにしても、
その個人にとって何の利にも(いや、それどころが害になり得る)なりませんよね。

又、眼鏡が必要な子たちの間でも、視力の度合いは様々で、ある子供は軽い近視だったり、又
別の子は強度の近視で牛乳瓶の底のような度が強いメガネが必要(私だ!)だったりしますよね。

だから個々に適した眼鏡を作る為には、個人それぞれの目の検査と処方箋が必要となってくる
わけであります。

私はギフテッド教育に関しても、それと似たようだと感じているんです。


ギフテッドの子には一般と違った知的、学力、社会性・感情面での特別なニーズがあり(眼鏡が
必要)その中でも、それぞれの知能や認知、学力レベルの違いからくる幅広い”ニーズの違い”が
存在し、(近眼の度合い)それらに対処する為の手段として、知能検査やその他のエバルエーシ
ョンなりして、(視力検査)どのレベルかまた、どういった支援や対処が必要かを見出すことで
(診断&処方)問題や課題に対処していくという感じがするのであります。


課題に対処したり、問題を解決するためにはまず、”そのエンティティが何物なのか?”という
理解や分析から始まるとおもいますし。


”PGとかHGのラベルなど、能力の差を比べて分類するわけだから”立派な差別”になります。”

などと言う方もいるようですが、物事を効果的に対処する為に、それらの属性や形質を理解しや
すいように区別して体系付けて”分類”することは”区別”であって、その行為自体は”差別”ではな
いと思います。

が、能力の差を利用して、ある一定の個人やグループに対して不当や不正な扱いをすれば、それ
が「差別」となるんではないでしょうか。


私がギフテッドの層にレベルの違いがある(MG、HG、PG)と認識して、そのことについて
ブログで記事を取り上げたり、自らの考え方を弁護したりしただけで、”立派な差別”などと非難
されるのが理解できません。

私は単に、自分の子供やその他、一般的には教育ニーズが満たされなくて苦労している子供と
その家庭にとって、少しでもその苦労や苦痛が和らげるように、自らの経験やネットで収集し
た参考になりそうな情報をシェアしているだけなのに、”自分の子供を特別だと思いたい”だとか、
”みんなまとめてギフテッドというのが嫌”とか、”差別的”だとか、私の人格を攻撃するような
言葉を叩きつけられるのは腑に落ちません。


あらまっ、昨日の記事でこう言い妙な言いがかりの記事はスルーして反論しないなどと言って
おきながら、もともとの記事の内容に接点があったせいか、私の思考が勝手に発展してしまい、
結局は反論記事になってしまいましたね。(苦笑)

いや、やっぱり「差別者」呼ばわりされて気分がかなりムシャクシャしてましたので、胸につか
えてたものを吐き出すことができ、これですっきりさっぱりしました。


ちなみに、私はこれからもブログの記事でHGやらPGやらの話題について取り上げると思います
し、(私の意見というよりも、単なるこちらで得られる情報のトランスファーとしてですが。)
そういった話題を聞きたくない(読みたくない)方は、すみませんがスルーしてくださると
ありがたいです。


私がブログで書いている記事は、決して読者の皆さんに、「こうあるべきだ!こうするべきだ!」
と押し付けているものではなく、「たかがしがない”アメリカでホームエデュケーションしか体験
していない一母親が、体験談や感想を勝手気ままに書いた”情報ですが、それでもそういった中か
ら皆さんが少しでも参考になると思ってくだされば幸いです。」的なスタンスですので。

だから私の情報など、セミナーなどと言って人様からお金を取るほどの価値もないですし。(苦笑)

又々、辛口になってしまいましたが、私って実は根性ババなんですよ〜〜!

まだまだ人間ができてないし、未熟な部分がいっぱいであります。

それでもいい人間になることを目指し、自分なりに日々、努力をしていますので、たまの泥吐き020.gif
どうか大目に見てやってくださいね。


追記:

今見たら、何やらご自分のブログでかなり熱くなって反撃されてらっしゃるみたいですが、(パソ
コンのスクリーンから怒りの湯気が出るかと思った!笑)まぁ〜何と言おうか、被害妄想的な言い
分ばかりでびっくり!

(私は過去にも一度だって、彼女の娘さんのレベルやら学力やらについて述べた事などないです
し、第一、人様のお子さんの事などわからないので判断したり意見やら言えるわけがない。
私を”これまでのその多大勢のネット上での衝突相手”の誰かと間違えているじゃないですか〜?)

この、

”でも、あなたがそこまでして、森ガールがやっていた数学のレベルと比べたいのであれば、
あなたのお子さんについて、あなたがおっしゃるほど特別高い能力だとは私は思えません。”

というくだりなんか、私は彼女の娘さんの数学レベルなど、(∫と比べたい)などという考えなど
持ったこともなかったし、(すいません、正直な話、まったく関心もありません。)彼女とは
そんな話もした覚えもないので、本当に”はぁぁ〜?”っという思いでいっぱいですし、またこの、

”あなたのお子さんについて、あなたがおっしゃるほど特別高い能力だと私は思えません。”

というのなど、自分こそが他人の子供の能力をジャッジしているんではないでしょうか?

私は過去に一度たりともよそ様の子供をそんなふうに評価や判断した事などないですよ。

またこちらの、

あなたのお子さんより、もっと重い障碍を持っていても、人のためにがんばろうという
命の限りに精力を傾けている素晴らしいお子さん、親御さん私は見てきてます。”


など、又しても∫を引き出して来てますが、これによって一体、どの主張を証明しようとしてい
るのかまったく見当がつきません。


私が差別者である、人格に問題があるということを証明しようとしているのかもしれませんが、
このような独りよがりの主観的な情報(私は確認できない)など持ち出されてこられても、こ
ちら側としては納得できませんが。

(そしていちいち”あなたのお子さんよりも…”など、どうして∫を持ち出さなくてはならないの
か?。)


私に対して攻撃するのはまだ我慢もできますが、子供を引き出して来るなど、卑怯だし、情け
ないくらい次元が低いですよねぇ。


私はブログでの衝突は本人同士に対する批判や判断のみで、子供に関しての言及はoff-limitsだ
と思ってますので。それって社会人としての最低限のマナーではないですか?)


本当、ここまで感情的になると何を言ってもらちあきませんね。


相変わらずの、論点そのものよりも個人(&その子供)に対するパーソナルアタックで溢れてるし。

(人を非難するわりにはご自分がそのまんまの誤謬をおかしているんではないですか?)

まぁ、お好きなことを何とでも言ってください。

私のブログを読んで、あなたの非難や言い分が妥当かどうか(私が差別者であるかどうか)は、
最終的には読者の皆さん自身が判断する事だと思うので。



いつもブログを訪問いただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
1日一回お帰りの際に応援のポチを押していただけると
更新の励みになります。

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2016-12-21 08:20 | Gifted/2e

カテゴリ

Introduction
∫の世界
Math (数学)
Gifted/2e
Japanese
High School
School Clubs
Academic/EC Records
University (UNR)
Community College
大学受験
Life Skills
Driving Practices
発達障害
教育・学習
脳科学・心理学
育児
Memories
Resources
Family
Family Outings
Outdoor Activities
日々の出来事
シニア大学生の準備
その他の学習
英語学習(目指せC2!)
私の事
∫パパ
風景・空模様
Wildlife
Favorites
Miscellaneous
テレビドラマ・映画
なんとなく思った事

最新の記事

数学サマーキャンプ&オリジナ..
at 2017-05-23 09:58
ペン州立大のフラタニティ死亡事件
at 2017-05-22 10:54
Laughter is th..
at 2017-05-21 14:03
もう一踏ん張りなので頑張れ!
at 2017-05-20 11:54
代理ミュンヒハウゼン症候群
at 2017-05-19 09:16

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
more...

記事ランキング

メモ帳

   にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
a0332222_05204995.jpg
2015 ARML
a0332222_07545094.jpg
a0332222_06213436.jpg
AIME '15
a0332222_06281821.jpg
AMC12 '15
a0332222_06570886.jpg
AMC12 '15
a0332222_06531787.jpg
MATHCOUNTS
National '14
a0332222_06311300.jpg
a0332222_06312311.jpg
MATHCOUNTS
State '14 個人戦
a0332222_06313237.jpg
AMC10
a0332222_06315148.jpg
AMC8
a0332222_06314196.jpg
CTY SAT MATH
a0332222_06215768.jpg
Flag Counter

ブログジャンル

子育て
教育・学校

画像一覧