アメリカに住む数学をこよなく愛する17歳のmath kid∫の日々の出来事を綴っています。∫の夢は将来数学の教授になること。13歳から本格的に地元の州立大学で数学のコースを受講し始めました。 


by あーちゃんママ

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:∫の世界( 54 )

いかにも∫らしい…(笑)

昨日のランチの後に、デザートとして∫にチェリーを出したのですが…

食べ終わった後を見て、思わず∫らしいわ〜と笑ってしまいました。

なぜかこういうところは几帳面で、きちんとチェリーのヘタと種が分けられてるし、種が三角形
になってましたよ。

(偶然にそうなったのかな?と思って本人に聞くと、思った通り、やっぱり三角形を形どったと
言ってました。)

a0332222_04531401.jpg


a0332222_04533181.jpg


そう言えば、以前もピスタチオを食べた後の殻を見て笑ったんだった。


a0332222_05014639.jpg


この子との生活は毎日、面白くて飽きませんわ。

(もう直ぐでそれも終わるので悲しいですが。😢)


いつもブログを訪問いただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
1日一回お帰りの際に応援のポチを押していただけると
更新の励みになります。
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2017-07-27 05:04 | ∫の世界

∫が作った数学の問題

なんだかんだ言って早いもので、∫の学区の夏休みもあと2週間ほどとなり、その後はいよいよ
高校最後の学年(12年生・シニア)が開始します。

今年の夏休みは前半は、数学コンテストや大学のキャンパス・ツアー、数学キャンプのボラン
ティア活動など、多忙な日々を送りましたが、後半は時間的に余裕のある、かなりまったりと
リラックスした日々を過ごしているようです。

とは言え、毎日、オンラインで受講している日本語のコースの学習や、8月末に受験する予定の
SAT II Physics (Subject test)の勉強は欠かさずにやっているみたいですし、それ以外は例
の中学生の家庭教師をしたり、(&その教材やテストなどを作成したり)自分自身の数学の学習
や研究などに時間を費やしています。

そしてそれら以外の時間は、コンピューター・ゲームをやったり、Youtubeで本当にしょーも
ないビデオとか観て、chill outしてます。(笑)


また、最近は学校がある時と比べてかなり自由な時間がある為、普段はやりたくてもなかなかで
きない、クリエイティヴな活動にも勤しんでいるようで、夏休み中はその中でも∫の楽しみの一つ
である、”オリジナルの数学の問題作成”活動に精を入れてるみたいです。


つい最近など、ミドルの生徒(6〜8年生)を対象にした、AMC8に似たレベルのコンテスト問題
を作成したらしく、それを他の数学仲間たちにトライしてもらう為、AoPSのコミュニティで公開
したそうなんですよ!


ちなみに、Facebookとか、その他のソーシャル・ネットワーク関連の活動には一切、関与して
いない∫ですが、唯一、Art of Problem Solvingのアカウントだけは持っていて、サイトのコミ
ュニティの場で同じような数学仲間たちとの交流は楽しんでいるみたいです。


私はあまりよく知らないのですが、どうやらAoPSのサイトでは、メンバー達が自分で作成した
コンテスト問題や模試などをシェアしたり、ミニコンテストを開いたりできるみたいで、∫もこの
ちょっとした”AMC 8もどきのミニ・コンテスト”を開いたみたいでした。


この模試をトライした参加者達の(∫の問題に対する)評判は良かったみたいで、∫へのコメント
として、

”I can assure you that the problems are really high quality!"

とか、

”Really good test!"

などと言った意見が見られ、多くの仲間達が満足していたみたいで、∫もそれらのフィードバック
を得てとても嬉しそうでした。

ただ、中には

”AMC8のレベルとしては難しすぎる。AMC10くらいじゃないか?”

とか、

”いや、AMC10とするには簡単すぎる。8が妥当か、もしくはそれでも簡単かも?”

とか、個人によってレベルに対する意見がかなり主観的で、受け取り方や感じ方も色々だなぁと
思いましたよ。

(個人の数学レベルやスキルによって、問題に対する反応も違ってくるでしょうし。)

でも∫にすると、これらのレベル(最初から最後に向けて、難度がだんだん高くなる)は中学生
対象としては、ごく一般的ではないか?と思ったみたいですが。

尚、コンテストの方は終わったみたいなので、興味のある方の為に、∫が作成したAMC8(中学
生)レベルの模試問題をアップしておきますね。


英語がわかる数学好きのミドル(小学6年〜中学2年)のお子さんに、是非、チャレンジさせて
みてください!

尚、答えはMore(FBシェアの掲示の上の部分)をクリックした部分に載せてます。

a0332222_13201591.jpg

a0332222_13202625.jpg
a0332222_13203549.jpg

a0332222_13204718.jpg
いつもブログを訪問していただきありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加しています。
応援のポチを押していただけると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ


More
[PR]
by mathdragon | 2017-07-23 14:20 | ∫の世界

孫なし婆さんになりたくないよ〜

北ネバダ数学クラブ主催のサマー・キャンプも昨日から2週目に入りました。

今週も∫は基本、中学生のクラスの指導や講義を担当しているみたいですが、ランチタイムや戸外
活動の際などは、小学生の面倒も見ているみたいです。

でもやっぱり小学生、特に低学年の子達の面倒はかなり神経を使うみたいで、昨日などキャンプ
から帰ってきて、かなり疲れ気味、そして少しイラついた表情で、

「小さい子供は時々、鬱陶しいです!」 (-_-)


って日本語で言ったのには大笑いしてしまいました。


∫の話では、小学校低学年の子達の中にはコーチやカウンセラー達(高校生ボランティア)の指示、
注意などもきちんと聞かず、それらを無視して自分勝手にふざけてばかりいる子もいるらしく、本
来、生真面目な性格の∫は、そう言った態度にものすごくイラつくみたいです。(笑)


昨日など、ある小学生がクラスにヨーヨーを持ってきていたらしく、彼は周りの仲間達のことなど
気にすることもなく、そのヨーヨーを大きく振り回していて、もう少しで別の子の後ろ頭に当たり
そうになったので、それを見かけた∫が「危ないからやめるように」と注意をしたそうなんですよ。


∫の話では小学生の子たちは集中力も短いし、(まぁ、それはまだ幼いから幾分、仕方がないでし
ょう。)落ち着きがなくざわざわと騒がしいし、人の話もあまりきちんと聞かないので対応する
のにイラついて、精神的にどっと疲れてしまうって。(笑)


「だから僕は大人になっても子供は欲しくない!一生独身でいるか、結婚しても子供は作らない!」

って宣言してましたよ!


そんなぁ〜、老後は孫のお守りをするのを楽しみにしている私なのに〜、その楽しみを奪ってしま
おうというの〜?

私を孫なし婆さんにしないでおくれよ〜!

∫には、

「今はまだ16歳なんで子供のことなんか考えられないでしょうって!ママもあんたくらいの歳など
子供なんか欲しくないと思っていたし、(実を言うと、私は若い頃は子供があまり好きでなく、30
歳過ぎても子供が欲しいと思わなかった。)今は現在の状況にイラついてて一時的にそう感じるだ
けで、大人になって好きな人ができ、結婚したらまた気持ちも変わるって〜!」

っと言ったのですが、本人は頑なに、

「僕は子供は欲しくない!○○ファミリー(私達の苗字の家系)は僕の代で終わるから、覚悟しと
いて!」

ですと!(笑)

そして私に真剣な顔をして、

「僕が小さかった頃はどうだった?やっぱり鬱陶しかった?」

とか聞いてきたのですが、そう問われて改めて∫の幼年期から子供時代を振り返ってみると、∫っ
てあまり「子供」って感じがしなかったような…


幼児期は頑固で、自分がしたくないこととか頑なに拒んで反抗的だった時期もあるけど、基本的
に色んなオモチャ(特に絵本や数字、アルファベット、パズルや図形関係)を与えときさえすれ
ば、一人で勝手に黙々と長い間集中して遊んでいたので、私は楽だったように覚えてます。


a0332222_11014196.jpg


a0332222_11020220.jpg


a0332222_11050009.jpg


a0332222_11061722.jpg


a0332222_07570489.jpg


プリスクールやキンダー、小学校低学年の頃も結構、一人で黙々と本を読んだり物語を書いてい
たり、私と色んな話題の話を楽しんだりと、すごく落ち着いて大人しい(そして大人ぶった)子
だったので、やんちゃで騒がしいタイプの子だと感覚過敏の私にとっては刺激が強すぎ、辛かっ
たと思うのだけど、∫は大人しくて一人遊びが好きだったので、私にとっては”取り扱いやすい子”
だったように思います。

なんか、∫は本当に「子供」って感じがしませんでしたねぇ。

「子供」の皮を被った「落ち着いた大人」って感じでしたよ。(笑)

そんな∫だったから、何とか私は母親業をやっていけたのかもしれません。

もちろん、∫の子供がどういう性質かは、現在の段階では知る由もありませんが、∫と同じよう
なタイプだと、きっと∫も父親であることをエンジョイすると思いますが。

(子供も数学に興味があったらなおさら。)


(まだ終わってませんが、)今回のキャンプで∫は、”世の中の小学校の先生達に対してこの上
ない敬意を感じた”らしく、教育者、それも小さな子供を教える立場の者達は、本当に重要な
存在だと痛切させられたようです。

(そして自分はできればミドル以上の学年を教えたいと思ったとのこと!爆笑)


こういった体験をすることで、様々なことを学び、色んな思いに繋がったりと、いい人生の
レッスンになりますよね。

さて、キャンプも残すところ後、3日!

木・金と∫はかなり長時間、講義をするらしいので、最後の追い込み頑張ってね〜!


ミドルスクールの女生徒達とカードゲームを楽しむ∫。

女の子に囲まれていいじゃない〜?(本人、ティーンのくせにあまり色気はないですが。)

a0332222_10455655.jpg

いつもブログを訪問いただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
1日一回お帰りの際に応援のポチを押していただけると
更新の励みになります。
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2017-06-28 11:08 | ∫の世界

ちょっぴり成長した?

∫が作成した、来週の月曜日から始まる数学クラブで行うレクチャー・ノートや参加者に配布する
参考資料に目を通していたら、おぉ、今回は資料の中の”Acknowledgements”(謝辞)の部分
で、きちんと私達(parents)も出てきていたのでちょっと嬉しかったです。

a0332222_13461796.jpg

前回(1年半前)は私達親の事は何も触れてなかったので、(詳しくはこちらの過去記事を参照)
ちょっぴり寂しい思いをしましたが、今回は一番にあげててくれて、こう言ったことも気にかけ
られるようになったか〜っと、少しばかり∫の心の成長が感じられました。

やっぱりこんな風に私達のことも認識してくれるのって、嬉しいですね。

あっ、それから今回はClosing Notesまで付いてました。

a0332222_13483946.jpg
"Please do not hesitate to let me know if you have any suggestions, questions,
concerns, complaints, compliments,(😆)or anything of the sort-the more I
hear from you, the more I learn, and the more I grow as someone who aspires
to become an educator!"

って部分が、おぉぉ〜、いい姿勢やん〜!っと思いましたよ。

あと数日で始まる数学キャンプ、∫は今からもの凄く楽しみにしています。

楽しい時が過ごせるといいです。

ボランティアの仲間達とキャンプの準備や打ち合わせ中の∫。

a0332222_13490959.jpg


a0332222_13485580.jpg

いつもブログを訪問していただきありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加しています。
応援のポチを押していただけると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2017-06-17 14:29 | ∫の世界

∫の笑いのツボ

∫が撮る写真って、こんなのばっか!(笑)

a0332222_05494810.jpg

こういう数字とか、サインとか、間違い、普通ではない物事に異様に反応してしまうみたいです。

∫の笑いのツボってユニーク〜。


いつもブログを訪問いただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
1日一回お帰りの際に応援のポチを押していただけると
更新の励みになります。
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2017-04-24 05:53 | ∫の世界

モーニング・モンスター

今日は土曜日なんですが、∫は午前中にSATの試験があり、週末というのに又早起きをしなければ
ならず、(6時起き)朝が苦手な∫は今朝も私が起こしに行ったらものすごく機嫌が悪かったです。

(私は∫のことをMMーMorning Monster👹と呼んでますよ。汗)


∫が文句言う度に、「普通の学校行っている子たちは毎日、この時間に起きているのよ!あんた
もC校(オンラインに変わる前のチャーター校)行ってる時はそうだったじゃない!その頃の事
を考えたら今はかなり楽になったのだから(UNRのクラスでも8時起きでよくなった。)毎回、
毎回、文句言うんじゃないの!

っと言って聞かせるんですが、やっぱりティーンは本当に朝が苦手みたいですねぇ。

(それとも∫だけなのか?)

私がキッチンから「起きろ〜!」と何度も大きな声で怒鳴ってもなかなか起きず、いつも最終的
には∫の部屋まで行き、ライトをつけ、布団をめくって身体を揺さぶってじゃないと起きないの
で、私も毎回、毎回、ええ加減にせぇ!と言いたくなりますよ。

(目覚ましがなってもすぐ止めてしまい、眠り続ける。)


朝起きるのが辛かったら、前の晩にとっとと早く寝ればいいのに、と思うのですが、ティーンは
メラトニンの分泌が夜遅く(夜中の1時くらい)に活発になるらしいので、なかなか早くは寝付
けないみたいではありますが。



実際、∫がベッドルームに行くのは夜12時くらいなのですが、本人の話だと、いつも1時くらい、
時には夜中の2時くらいまで眠れない時があるって言ってました。

私なんか最近、夜12前にこくーっと寝入ってしまうことが多く、朝は6時くらいにはムクっと
自然に目が覚めますが。

歳のせいか、最近、睡眠時間が少なくなった感じ。


とりあえず、朝ごはんを食べて行く準備が整った頃には気分がかなり改善されていたのでホッと
しましたが…


でも、再来週の土曜日も、Mathcountsの州大会のボランティアで又、朝早く起きないといけな
いので、それ考えたら私の方までなんだか憂鬱になってしまいますよ〜。


マジでまるで人が変わったように、朝はモンスター化するんで。ホンマ、あんたはMr. Hyde
か?と言いたくなるくらい。汗)


最近は特にコンテストやらSAT/ACT試験、その他、課外活動関連で早起きをしなければならない
ことが多かった為、ちょっとイライラしているみたい。


でも来週1週間終わればさ来週からは学区も大学の方もスプリング・ブレイクに入るので、後、
1週間だけ辛抱したら、ちょっとはリラックスできるから頑張れ〜!


恐ろしいことに、春休みが終わってからは今年はAP試験が4つ、そしてSAT II Physics(科目
験)も待ち受けているので、(どれも朝早くから始まる) 私も又、モーニング・モンスター
を覚悟しとかないと。💦


まぁ、それもジュニアの学年は仕方がないですよねぇ。

今学年度、そしてシニアの初めのカレッジ・アプリケーションが終われば、後はかなり気分的に
落ち着くと思うので、もう一踏ん張りです。


尚、来週は月曜日は例のAcademic Olympicsの地区大会最終戦、そして翌日の火曜日の午前中
は、学校のフィールド・トリップで、なんと、うちの地域にあるTesla Gigafactory(テスラ
のギガファクトリー)を訪れ、(私は行かないけどパパと∫が参加する予定)ファクトリー内を
て周りながら、持続可能なエネルギーやエンジニアリングについて学ぶそうです。

(私は自分自身の”持続可能なエネルギー”について考えるので精一杯!笑)


こういう分野に興味がある∫とパパは今からこのテスラへのフィールド・トリップを楽しみにし
ていいます。

Tesla Gigafactory

a0332222_03260005.jpg

オンラインスクールに所属しているとは言え、大学へ行ったり、色んなクラブ、課外活動に参加
し、知的にもソーシャルな面にもアクティブに活動していて、まさに∫にぴったり合った、カスタ
メイドの教育・学習をとてもエンジョイしているようです。

おまけ

今朝の朝焼け。今朝はオレンジ系のパステル調カラーって感じでした。

a0332222_03311997.jpg


a0332222_03313582.jpg

いつもブログを訪問いただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
1日一回お帰りの際に応援のポチを押していただけると
更新の励みになります。
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2017-03-12 03:40 | ∫の世界

困ったもんだ… (;-_-)

まず始めに。

個人的なメッセージになり恐縮ですが、ブロ友のrobo君ママさん、ここ数日間、ママさんのブログ
へコメントを残そうとトライし続けているのですが、送信した後”アクセスが集中しているか、ペー
ジに不具合が発生しているためページを表示できません。”というメッセージが現れ、なぜかコメン
トを送することができません。

これって、私だけなのかしら?

とりあえず、ママさんの少し前の「処理能力の開発」という記事に対して一言、伝えておきたか
たので、こちらの方に書かせてもらいますね。

>いつも感想文みたいなことを書かせていただいて、あーちゃんママさん、申し訳ありません💦

いえいえ、そんな!とんでもないです!
それどころか、いつも私のブログを読んでいただき、robo君ママさんのブログで色々とフィード
バックを聞かせてもらえて感謝しています。

(自分のブログのコメント欄を閉じてしまっているのでごめんなさい。💦)

このしなやかマインドセットの概念は、(正しく適用されれば)全ての子供にとって効果的で利益
をもたらすと思うので、親や教育者など、大人の私たちこそも、この成長マインドの姿勢でもって、
子供達の育児や指導に取り組んでいってあげたいですね。

…以上。 robo君ママさん、いつも私のブログを読んで、(そしてイイネまで押して頂き)本当に
ありがとうございます。


さて、ここから本題です。

去年の夏くらいから抜毛症が目立ち始めた∫ですが、治るどころか、最近、更に症状が悪化して
る感じがしてなりません。(汗)


よく毛を抜いている場所は左側のおでこの辺りで、数ヶ月前に完璧につるつるに禿げてしま
いた部分がようやく毛が生えて3センチくらい伸びていたと思っていたら、(タワシを彷彿させ
る)数日前にふとみると、その短い生えたての毛をまた抜いてしまい、またつるっ禿げになって
るじゃありませんか!

((((;゚Д゚)))) ヒィィィ〜!


あれほど目に付きやすい部分は抜くな!と言ってあったのに、全く困ったものです。汗


もちろん、私もこう言った行為に関しては、「やめろ!」と言っても自分自身で簡単にコントロ
ールできるものではないというのもよく理解しているので、(自分も皮膚むしり症なので。)∫
に”一度、きちんと精神科に診てもらうようにしよう”と言ったのですが、本人はかなり強く抵抗
して私のいう事を聞こうとしないので厄介であります。

やっぱり最近、あれこれと多忙で、ストレスもかなりたまっているんでしょうか?


∫に聞くと、「確かに毎日忙しいけど別にストレスを感じているわけではない。それどころか最近
エキサイティングで刺激的な出来事がいっぱいで、楽しんでいるし、精神的にすごく充実してい
る」などと言ってるんですよ。


おでこの辺りの髪の毛を引っこ抜いているのは、家でオンライン学習をしている時が多く、右手
でマウスを操作しながら、左手でおもむろに毛を抜いているみたいです。

手持ち無沙汰、退屈ってのもあるみたいですねぇ。


…が、私があまりにも「髪の毛を抜くな!」と言うもんで、少しの間はおでこの辺りも毛が伸び
ていたのですが、ふと、なんか形相が妙だなぁ、と思っていたら、ヒェェ〜!今度は眉毛が半分
なくなっているではありませんか!

((((;゚Д゚))))


(毛虫が半分にぶった切られて、身体の半分がどこかへなくなったみたいでしたよ。汗)


あらっ、どうやら以前も眉毛じゃないけど”まつ毛”を抜いていたみたいですねぇ。(汗)


a0332222_07203211.jpg

もうどうしていいやらお手上げの状態。


∫は精神科へ行くのを拒否するし、(小さい頃と違って、16歳の少年を無理やり精神科に引きず
って検診してもらうというのは簡単なことではない。)パパに精神科へ連れていくことを相談し
たら、

「精神科へ行くと、すぐに投薬の話を持ち出すので行く必要ない!(これはチックに対しても同
じようなことを言っている。)自分も衝動的な行動に関しては経験済みなのでよくわかるけど、
(パパも子供の頃からチックとOCDに悩まされてきた)一番いいのはエクササイズをすることだ。
エクササイズすると神経が落ち着き、衝動性が緩和する!」


と言って、今は学業や課外活動で忙しいので、夏休みになればまた、本格的に毎日エクササイズ
をさせる、と言ってます。

∫は嫌がるだろうなぁ〜。(苦笑)

動かすのは身体よりも脳の方を好むタイプなので。

でも本人(そしてパパ)が”精神科を頼りたくない!”というのなら、家庭療法を試みるよりない
しょうって。

それにしても∫のチックやOCD、衝動的行動は本当に頑固だわ。

10歳くらいから目立ち始め、もう6年ほども揺るぐことなく健在ですし。


まぁ、私の見るところでは、今のところは学業やソーシャルライフ、毎日の生活において支障を
きたすレベルではないので、とりあえず今だに”様子”を見ているのですが、できれば私たちの目
が届くうち(大学に進学する前)になんとか対処をするべきだなと思っています。


ハァ〜、この子の育児はいつまでたっても心休まる時がないですよ〜、全く。(;-_-)


いつもブログを訪問頂きありがとうございます。

ランキングに参加しています。
お帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2017-03-11 07:43 | ∫の世界

さすがに気分の悪い時は気にならない?

いつの頃から始まったのかははっきり覚えてないのですが、∫にはOCD(強迫性障害)の傾向
があります。

自分で意識しているわけでもないのに、ある一定の思考(たまに言葉や数字など)が頭に浮か
び、それらを自分でコントロールできなかったり、(強迫観念)ある特定の衝動に駆られて何
度も同じ行為を繰り返したり(強迫行為)することが未だに度々あります。


特に目立つのは、何事も最後まで終えてしまわなかったら次の行動や物事に移れないという傾
向で、例えば、映画を見ていても最後のクレジットまで完全に終わるのを見届けないと、映画
館でも席を立てないとか、コップの飲み物を最後の一滴まで全部飲んでしまわないと注ぎ足す
のを拒否したりとかするのであります。


∫が食事をしている時に、コップのお水がほぼなくなりかけていたので、つい忘れてしまって
注ぎ足したりすると、もう必要以上に過剰に反応して腹を立てたりして、こっちの機嫌があま
り良くない時などカチンときてしまいますよ〜。

(せっかく良心でやってあげてるのに、それなら自分で注げ!って思いますよ。)


そんなもんだから、外でも同じような態度や行動をとって、周りを困惑させたり、不快な思い
をさせているんではないか?と心配になったりするのですが、外ではそう言った行為や感情は
見せることもなく、(少なくても明確には見せてない。)結構、コントロールできているみた
いではあります。

(例えば、レストランでウェイターやウェイトレスがまだ飲みかけの∫のコップに水を注ぎたし
ても、不快感を示すこともなく、それどころかきちんと、”Thank you!”ってお礼言ってるし。)


そんな感じで、今のところは外界では強迫観念や行為も何とか自分で抑制していて、”日常生活
に支障をきたす”というレベルではないことから、とりあえず様子を見ています。


ある時など、∫のデンタルフロス(手先が不器用な∫は全体が糸式ではなく、持ち手があるタイプ
を使用している)を入れてあるジャーに残り一つしか残ってなかったので、単なる親切心から私
がデンタルフロスを(市販のパッケージから)ジャーに補充してあげたことがあるんです。

が、それが気に食わなかったらしく、


「まだ一つ残ってたのに注ぎ足してしまったから、混ざってどれが最後のかわからなくなって
しまったじゃないかー!!!」 ヽ(`д´;)/


って、ものすごい剣幕で怒ったじゃないですか!

(最後の一つを使ってからじゃないと、新しいのは補充してはならないのに、その最後がどれ
かわからなくなって怒ってる。爆笑)


こちらがせっかく気をつかってやってあげたのに、そんなに怒らなくてもええやんか!と思い、


「わかったわよ!これからはもうしないわよ!」


と、∫のバスルームから去ったこともありましたよ。(笑)

こういうのって、唯一、甘えられる存在である母親だからってのもあるんでしょうね。
(私らはパンチングバッグか!)


で、先日、ふと気がつくと、∫のデンタルフロスのジャーが完全に空っぽになっているのに自分
で補充していなかったので、ここのところ体調壊しているからそんなことまで気が回らなかった
のかしら?と思って私がやろうとしたのですが、いや、又、文句を言われたら嫌だしと思って
そのままにしてたんですよ。


その後、少ししてそのジャーをチェックしてみると、普通だったらきちんときれいに並べてジャ
ーに入れるのに、なんと今回は無造作に投げ込まれた感じで、バラバラだったじゃないですか。


普段はこういうところ(秩序)にめちゃめちゃこだわるくせに、やっぱり気分の悪い時(吐き気
に襲われていた)はそんなのどうでもいい!って感じで、さほど気にはならなかったみたいで、
気の毒には感じたけどなんやらおかしくて、つい笑ってしまいました。(酷い親ですねぇ〜笑)


普段はこんな感じで補充している。(これは私が再現したもの。)

a0332222_10244254.jpg


気分が悪い時に補充したもの。


a0332222_10243269.jpg


時には何よ?013.gifと思うこともあるけど、こういうちょっと変わった∫のユニークなところが
好きです。

(お嫁さんになる人は苦労しそうだけど…笑)

追記

今夜、∫がシャワーを浴びにバスルームへ行った際、その後しばらくして私の部屋へやって
きて、

"Mom, Did you do that?"

って、めちゃくちゃ嬉しいそうに笑顔いっぱいの顔で言ってました。

やっぱり私がきれいに並べたのに気がついたみたいで、とても嬉しそうだったので良かった
です。(笑)


いつもブログを訪問いただきありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してます。
お帰りの際に下のバナーを押していただけると更新の励みになります。
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2017-01-05 10:40 | ∫の世界

一つ残っている課題

∫は昨日は昼も夜も見境もない感じでほぼ丸一日中寝ていたせいか、今朝起きた時点では胃の痛
みやムカつき、吐き気もだいぶ治まっていたみたいなので一安心しました。

やっぱり心身ともに疲れがたまっていたんでしょうね。

寝るのが一番の薬だったようです。

あっ、薬と言えば…

実は昨夜、吐き気が一番酷かった時、普段は薬嫌いで極力薬を飲むのを避けている∫が、吐き気
止めの薬をくれと言ったので、パパに頼んで市販の薬を買ってきてもらったところ、なんとそれ
は丸剤(ピル)式のものでした。

実を言うと、∫は未だに固形の丸い錠剤を飲むことができないんですよ〜。

こういうタイプ
a0332222_08362673.jpg
小さい頃に飲んでいて、それが喉につっかかってしまってパニック状態になって以来、飲もうと
すると、”喉が門を閉められたように閉じてしまい、通らない”(本人の言葉)のだそうで、何度
試しても飲み込めないんですよ。

本当に喉が拒絶反応を起こしている感じ!


だから風邪薬や痛み止めも、全て液状タイプを与えています。

でもこの時はそんなオプションなどなかった為、私はパーチメント・ペーパーの上にその固形の
ピルを置き、包丁でそれを細かく粉々に潰して粉薬にしてあげたのですが、白いパウダーをナイフ
でカタカタと滑らかにしている姿は、なんだか自分がジャンキーにでもなった感じがしましたよ。


(ほら、よく犯罪ドラマのシーンで出てくる、白い粉をテーブルに広げて鼻で吸ってるジャンキー
のような感じ。笑)


この方法で∫は無事、薬を飲むことができ、その効き目あってか、その後はかなり吐き気も治まっ
たみたいだったので良かったです。


でもこの先、こういったピル状の薬を飲まなければならないこともあるだろうから、出来るなら
なんとか高校を卒業して家を出る前には飲めるようになって欲しいとは思うのですが…


そんなことを考えてたら、大学に進学して寮生活が始まり、病気になったりした時など、∫はきち
んと自分でそう言った面のセルフケアなどもできるのだろうか?と不安になったりします。


自分の体調管理や、いざ、病気になった時など、きちんとタイムリーに他人のヘルプを求める
判断力と実行力があるだろうか?と心配してしまいます。

まぁ、ルームメートと一緒なら、事が深刻な場合は通報してくれるのではないかと思いますが。


小さい頃と比べると、あらゆる面で大きな成長を見せてくれてる∫ですが、ただ、ライフスキルに
おいてはやはり同じ年代の子たちより遅れている部分がある為、私の目の届かないところへやる
のはまだ不安ではありますが、もう、これも自分で学んでいくしかないですよねぇ。


ただ、寮で白いピルをカッターナイフで細かく刻んでいるところを誰かに見られ、妙な誤解をさ
れなければいいのですが…(苦笑)


いつもブログを訪問いただきありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してます。
お帰りの際に下のバナーを押していただけると更新の励みになります。
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2016-12-31 08:22 | ∫の世界

そういうところが大好き!

今日はSATの受験日でした。

試験は8:00AM-1:00pm(エッセイを含む)と、約5時間もあり、∫は今朝、普段よりも
かなり早起きをして、まだ完全に起ききってない、ぼぉ〜とした状態で試験会場となって
いる地元の高校に出かけて行きました。

最近、夜遅くまで学校のコースワークや、期末テストの勉強をしているので、昨夜も(早く
寝るように言ったのに聞かず)午前2時近くに寝て、今朝は6時半起きだったので、完全に
寝不足の状態でしたが、まぁ、とりあえずはベストを尽くしたそうです。

結果は3週間後に発表ということで、今回の初のトライで目標とするスコア(1550+)を
取ることができれば、この後、少しは気持ちが楽になるのですが。

それはいいんですが、仮免なんでまだ一人で運転できない∫は、今朝、パパと一緒に試験
会場へ行き、その後、試験が終わる1時にパパが∫を迎えに行くことになってました。

会場からうちまでは車で30分くらいなのですが、午後2時過ぎになってもまだ∫とパパが
帰って来ないので心配をしていたのですが、多分、二人でどこかへ寄ってランチでも食べ
ているのだろうと思ってました。

すると2時半くらいになって、私の携帯に見知らぬ電話番号から電話がかかり、はて?一
体誰だろう?と電話に出ると、何と∫からで、

電話の向こうからはかなり不安そうな声で、

「ママ、試験が終わってもう1時間以上も待っているんだけど、パパの姿がどこにも見当た
らないんだ。パパ、迎えに来てくれてるの?」

っていうじゃないですが。

もう、信じられない。

又してもパパが約束を守らず、∫は1時間以上も待ちぼうけをくわされてたんです。

今日は特に試験会場にはiPhoneを持って行ってなかったので、(過去に試験管に携帯を預け
てそのまま忘れて帰った経験があるので、そのリスクを避けるために今日は持参しなかった
らしい)パパにも私にも連絡ができず、最終的には学校内で見つけた大人に電話を貸しても
らい、私に電話をかけてきたというわけでした。

(ちなみにその方はその高校の教員で、∫と話をした後、その方にかわってもらい、私からも
丁寧にお礼を言っときました。本当にありがたいことです。)

∫からの電話を切った後、すぐさまパパの携帯に電話するけど反応はなしで、パパが行きそう
な場所をあれこれ考え、もしかしたらグランマの家へ行ってそのまま∫のことを忘れてしまっ
ているんでは?と、電話をかけようとした矢先、ふと玄関先のパパの靴に目が止まり、まさか
と思ってパパの部屋を覗いてみると…

なんとパパはクーカクーカと気持ちよさそうに昼寝してたではありませんか!

本当に信じられない…

∫は試験が終わって1時間も不安な気持ちでパパを待ち続けているというに、それをよそにパパ
の方は気持ちよさそうに眠ってるなんて。

もう、パパのあまりの無責任さとずさんさに腸が煮えくりかえり、大声で叩き起こしてすぐに
∫の待っている試験会場に車を飛ばさせましたよ。


しばらくして∫とパパがようやく帰ってきました。

長時間の試験で疲れてお腹も空いているだろうに、長い間待たされて、(そして一番に不安だ
ったと思う)∫はさぞかし腹を立てているだろうなと思っていたのだけど、帰ってきて私の顔を
見るなりビッグスマイルで、「ママの顔を見れて嬉しい!」とハグをしてくれました。

私が、

「パパに対して腹立たない? めちゃくちゃイラついたんじゃないの?」

と聞くと、

「心配になったけど腹は立ってないよ。」

と、長時間待たされたことより、何事もなく無事に家へ帰ることができたことに対してホッと
して嬉しかったらしく、ありがたい気持ちだったそうです。

う〜、私だったらパパのいい加減さ、無責任さに対しての怒りの感情をメインに感じてしまい、
嬉しいやらありがたいやらの気持ちは後になって落ち着かないと感じないと思いますよ。


こういう扱いを受けても(こういうのって、一回や二回でなく、パパはよく∫に待ちぼうけを食
わしている!)パパに対して文句を言わず、怒りをぶつけないなんて、私から見ると∫は辛抱強く
て寛容的で、私とパパとは人間が違うという感じがしますよ。

もともとの性格的なものなんでしょうか。


本質的に∫は人や物事に対するトーラレンスレベルが高く、自分に対しては優しいくせに、でも
他人に対しては容赦なく厳しく、少しのことでもすぐにブチ切れてしまうパパとは大違いであ
ります。

私は∫のそう言う寛容的で穏やかなところが大好きであります。

パパと違って∫は感情的にもすごく安定していて、物事の見方も偏ってなく、多方面の視点から
見て批判的に判断することができるし、また、人に対してジャッジメンタルでなく、心が広く、
とても辛抱強くて粘り強く、私は∫のそう言うところを、人として高く評価できるのであります。

大人の私たち(パパと私)よりもよっぽど”大人”って感じで、不思議な感じがしますよ。


∫を見ていると私は学ぶことがいっぱいで、私にとって∫は誰よりもインスピーレーションを受ける
存在であります。

∫のそう言う部分、教育者にあってるかもしれませんね。

とりあえず、∫、今日は本当にお疲れ様でした。

(それにしてもパパのいい加減さにはムカつく。私は時間にルーズで責任感のない人は大嫌い!)


いつもブログを訪問いただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
1日一回お帰りの際に応援のポチを押していただけると
更新の励みになります。

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2016-12-04 15:07 | ∫の世界

カテゴリ

Introduction
∫の世界
Math (数学)
Gifted/2e
Japanese
High School
School Clubs
Tutoring/Mentoring
Academic/EC Records
University (UNR)
Community College
大学受験
Life Skills
Driving Practices
発達障害
教育・学習
脳科学・心理学
育児
Memories
Resources
Family
Family Outings
Outdoor Activities
日々の出来事
シニア大学生の準備
その他の学習
英語学習(目指せC2!)
私の事
∫パパ
風景・空模様
Wildlife
Favorites
Miscellaneous
テレビドラマ・映画
なんとなく思った事
意見の衝突など

最新の記事

Pay it forward..
at 2018-01-19 15:11
母と息子の二重奏
at 2018-01-18 09:21
今日から春学期
at 2018-01-17 12:32
これからの時代に向けて子ども..
at 2018-01-15 11:36
時には”No”と言う勇気
at 2018-01-14 10:34

以前の記事

2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...

記事ランキング

メモ帳

   にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

夕焼け・朝焼け、雲などの空模様の写真満載の私のもう一つのブログです。
Mystica Caelum

アメリカのギフテッド教育、主にレンズーリ教授の提唱する全校拡充モデル(SEM)について紹介されているブログです。
EmbracingGiftedMinds

親バカコーナー 😊
2015 ARML
a0332222_07545094.jpg
a0332222_06213436.jpg
AIME '15
a0332222_06281821.jpg
AMC12 '15
a0332222_06570886.jpg
AMC12 '15
a0332222_06531787.jpg
MATHCOUNTS
National '14
a0332222_06311300.jpg
a0332222_06312311.jpg
MATHCOUNTS
State '14 個人戦
a0332222_06313237.jpg
AMC10
a0332222_06315148.jpg
AMC8
a0332222_06314196.jpg
CTY SAT MATH
a0332222_06215768.jpg
Flag Counter

ブログジャンル

子育て
教育・学校

画像一覧