アメリカに住む数学をこよなく愛する16歳のmath kid∫の日々の出来事を綴っています。∫の夢は将来大学の数学教授になること。13歳から本格的に地元の州立大学で数学のコースを受講し始めました。 


by あーちゃんママ

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:∫パパ( 14 )

せめてもの償い?

先週の月曜日から1週間、ノースキャロライナから私たち家族とグランマを訪問していたパパの甥
っ子(パパの妹さんの息子&グランマの初孫)のJさんが、今朝早くリノを発ち帰途に着きました。

Jさん滞在中の1週間、∫は毎日、大学とコミュニティ・カレッジのクラスがあり、ちょうどその週
は、大学の数学の中間試験やナショナル・メリットスカラーファイナリストの出願エッセイ、MIT
の入学説明会、そしてかなり遅れている高校のコースワークをキャッチアップしたりなどに大忙し
だったので、Jさんとゆっくり過ごす時間があまりなくて残念でした。

(でも、Jさんも今は∫にとって大事な時期だと理解してくれていたので良かったです。)


この1週間の間、毎日、∫を大学やCCに送り迎えしている以外の時間を利用して、パパはJさんと
グランマを近場(車で数時間ほど)の観光地へ連れ回っていたみたいで、以前、カリフォルニアに
住んでいたものの、この地域(北ネバダ)にはあまり来たことがなかったJさんは、初めて訪れる
湖や山々の自然の美しさを楽しんでいたようでした。


グランマとのセルフィー。

a0332222_06245248.jpg


a0332222_06250353.jpg


a0332222_06251711.jpg


a0332222_06253284.jpg


そして最終日である昨日の日曜日は、Jさんのお母さんで、パパの妹さんのMさんもわざわざカリ
フォルニアからやってきて合流し、皆でタホ湖方面へ出かけました。

∫はまだ学校のコースワークが残っているし、前日のMIT説明会のためのカリフォルニアへの長時
間運転にも疲れていたみたいなので、私と∫はパスしました。


それはいいのですが、帰って来たパパの話によると、帰りの運転中、パパとパパの妹さんのMさ
んの間で口論が生じてしまい、それがどんどん悪化して、最後の方は二人の間で大声の叫び合い
マッチというレベルになってしまったそうで、Mさんは感情が爆発してしまい、皆のいる車の中
で大泣きをしたらしいんですよ!


なんでもパパは、Mさんの体重や(Mさんは最近、いきなり体重が一気に増加した!)健康管理、
生活態度、そして彼女の過去の育児法についてをとめどなく批判したらしく、Mさんにしてみれ
ば、自分の息子の前でパパから批判や罵倒を浴び、大いに屈辱を感じたらしいのです。

(パパに息子の前で自分を侮辱しないで欲しいと言ったのに、パパは容赦なくMさんのことを攻
撃したらしい。)


地元に帰ったら、そのまま皆でレストランに寄ってディナーを食べる予定だったそうですが、パ
パとの口論ですっかり感情的に動揺したMさんは、皆と一緒にディナーへ行くことを拒否し、そ
のままその足で即座にカリフォルニアへ帰ったとのことでした。

(普段は帰る前に私に必ず挨拶をしに寄るのに、昨日はそれもしなかったので、よっぽど気持ち
が動揺していたのではないかと思います。)

その話をパパから聞き、私は、

もぅ、このおっさん、本当にアホちゃうか〜〜?120.png

っと呆れてものが言えませんでしたよ。


遠く離れた息子とはなかなか会う機会がないから、忙しい中わざわざ長時間運転して会いに来た
Mさんなのに、その限られた息子との貴重な時間に、何もわざわざ彼女のことを批判して攻撃し、
その場の空気を濁すどころか、毒をまくようなことするか!

とパパに向かって怒りましたよ。

大体、Mさんが言うように、いくら自分の妹だからと言っても、彼女の子供がいる前で、個人的
な批判や攻撃をして、母親の面子を丸つぶれにするようなことはするべきではないですよ。

そういう話は、(本当に必要なのであれば)適切な時と場合と場所を選んでするべきですよ。

何も皆で楽しく限られた時間を過ごしている最中にわざわざ持ちださなくても。

そしてMさんだけでなく、自分の母親が目の前で散々批判され、大泣きしている姿を見るJさんの
気持ちも考えるべきだったという事をパパに言いましたよ!


パパはいつも自分が感情的になったら、時と場所など見境がなく、とにかく自分の思うままの行動
をとってしまい、他人がどう思うのか?どう感じるのか?という部分まで気が回らず、最終的に相
手を傷つけたり、不快感を与える事が多くて、そういうのを見ているこちらまで本当にイラついて
しまうというか、全く情けなくなりますよ。


そういう点などあげて、特に今回はMさんだけでなく、せっかくわざわざ遠くから訪れたJさんに
対しても、彼に嫌な思いをさせることなり、自分の言動を恥じるべきだ!と言い聞かせました。


すると、私の指摘に少しは考えさせられたのか、今朝、Jさんを空港に送って行く前、かなり早起
きをして(朝5時)Jさんが滞在しているグランマの家へ出向き、Jさんに鮭茶漬けの朝食を作って
食べさせてあげたみたいでしたよ〜。

(即席ではなく、きちんと鮭を焼いたデラックスサーモンお茶漬けだったそう。笑)

パパのことだから、私に言われてちょっと罪悪感を感じたんじゃないでしょうか。

だからJさんに対するせめてもの”償い”ってことで、(早起きが苦手なパパが)Jさんの為に朝5時
に起きて、デラックスサーモンお茶漬けを作ってあげ、彼を空港まで送って行ったのではないかと
思います。(苦笑)


パパはいつも感情のコントロールを失って、人間関係的な面で”ヘマ”を犯してしまうのですが、で
も時間が経って頭がクリアになった時、(又は人に指摘されたりして悟った時)酷い罪悪感に駆ら
れ、なんとかできるだけ罪滅ぼしをしようとする態度が見られ、このおっさん、本当にムカつく〜
って感じる時も多いのですが、まぁ、最低、そういう”償おうとする気持ち”だけは認めてあげねば
とは思います。

とはいえ、何度も同じ間違いをおかすのでやっぱりムカつくけど!136.png


最後にちょっとこじれがありましたが、全体的にはJさんもとても充実した1週間を過ごすことが
できたようなので、とりあえず良かったですが。

(私の方は、又、Mさんから電話がかかってパパの文句を長時間聞かされそうだけど…汗)

おまけ。

JさんはMさんがまだ14歳の時にできた子で、Mさんが高校を卒業するまではグランマがほぼ母親
役をしていたようなものだったらしく、Jさんとグランマは未だに深くて強い絆で結ばれています。

グランマに抱かれている赤ちゃんがJさん。

a0332222_06261154.jpg

17歳の時のパパとグランパに抱かれたJさん。

a0332222_06271022.jpg

いつもブログを訪問いただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
1日一回お帰りの際に応援のポチを押していただけると
更新の励みになります。
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2017-10-10 08:03 | ∫パパ

ごく稀に人の話も聞いている?

いつも私が話をしていても、すぐに他の事(大抵が自分の頭の中に浮かんだこと)に気を取られて
しまい、人の話は全体の30%くらいしか聞いてないパパですが、私がよく更年期障害の辛さを訴
えているせいか、今日の夕方ふら〜とどこかへ出かけて行ったかと思うと、こんなものを買って帰
ってきましたよ!

THC(テトラヒビロカンナビノールーマリファナの有効成分)のオイル。

a0332222_10400606.jpg


うちの州(ネバダ州)は今年の7月からリクリエーショナル用マリファナの購入が合法化された
ので、地元のディペンサリーでごく簡単に購入できるようになったのであります。


パパ、どうやらカリフォルニアに住んでいるお姉さんから、このオイルが更年期障害の症状を緩
和するのに効果がある、と薦められて(お姉さんも愛用者)試しに買ってきてくれたのでした。


人の話を全く聞いてないみたいだけど、(実際、聞いてないのだけど。苦笑)本当にごく稀に、
こちらの言ってることが頭の片隅に残ることもあるんでしょうかねぇ。(笑)

とりあえず、その気遣いに素直にお礼を言っときました。


幸い、ここ数ヶ月ほどは更年期障害の症状もそれほど酷くなく、まだこのオイルのお世話になる
ほどではないので、いざという時の備えとして、キープさせてもらうとします。

でも、正直、いつも感情的にインテンスで、自分や周りのものにストレスを与えているパパの方こ
そ、このオイルを試したらどうか?と思ったり。

ビンビンなエッジが取れて、少しはメローになってくれそうな感じがしそうだけど。(笑)


おまけ

パパがインディアナ州を訪れた時、ある街の道から見た夕焼け。

うちの地域のとはまた少し色合いが違った感じがして、新鮮な風景です。

a0332222_10321496.jpg

いつもブログを訪問頂きありがとうございます。

ランキングに参加しています。
お帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2017-09-12 11:04 | ∫パパ

ストレスはバカにできない!

かれこれ2ヶ月ほど前に、いきなり「物が2重に見える!」と目の異常を訴え、即座に緊急病院を
訪れ、MRIや脳のCTスキャンなどの検査をしてもらい、その後も脳神経科、神経眼科、内科など
でありとあらゆる検査をくまなく行ってもらったパパですが、最終的にはどの分野においても何も
異常が見つかりませんでした。

医師の話では、これだけできる限り調べてみても原因がピンポイントできないのは、極度のストレ
スからきているのかもしれないとのことで、その後、のんびりとリラックスをしてしばらく養生を
とっていたら、不思議なことに、2週間ほどで視力も元の状態に戻ったので、大したことがなくて
本当によかったです。

でも、マジな話、ストレスってバカにできませんよねぇ。

パパは目の異常を訴える数週間ほど前から、とにかく毎日、グランマの事でイライラしてばかり
で、いつもフラストレーションを感じている状態だったので、私自身、そんな姿を見て、(この
調子だといつ心臓発作を起こしても不思議じゃないかも?)などと心配してたほどだったので、
やっぱりストレスが原因で、身体に何らかの支障をきたしていたのかもしれません。

(目の周りの神経や筋肉に一時的に異常をもたらしていたとか。)


養生している間、私はパパにストレスマネージメントのコツを教えたり、ちょっとした”なんちゃ
って認知療法”(例えば、グランマの行動に対して、グランマがパパの指示に従わないのは、グラ
ンマの認知機能が”普通”だけど、わざとパパの言うことを聞かず、無視している”のではなく、認
知機能の”衰え”の為に、”できなくなっている”(本人の意思に関係ない)という見方をすれば、
フラストレーションを感じることも少なくなると言って聞かせたり。)などして、パパの外界の
刺激に対する対処法とか言って聞かせたりしたものでした。


本人もそんな風にちょっと見方を変えただけで、苛立ちがかなり減り、以前のように怒りで心臓
がばくばくしたり、”頭に血がのぼる”感覚を抑えることができるようになったと言ってました。

こういうストレスマネージメント術って本当に大切だと思いますね。

私は刺激を”感じやすい”∫にもいつも同じような事を言ってます。


自分が感じる刺激(ストレス)は完全にシャットアウトすることはできないかもしれないけれど、
ちょっとした物の見方や考え方、対応の仕方(刺激に対する処理の仕方)次第で、ある程度、心
の状態(感情)をマネージすることもできるので、ストレスに敏感な者は、常に外界の刺激を意
識して、それらを自分でうまく処理していくように、とアドバイスしています。


でも、正直言って、現在の∫は、パパよりもストレスマネージメントのスキルが上じゃないかと思
うくらい、自分できちんとやっていってるので、私も安心していますが。(笑)


(∫の場合、自分の感情の状態の段階(ちょっとイラついている→怒る→完全なメルトダウン)を
把握しているみたいで、感情的に”取り返しのつかない状態”になる前に、自分なりのクールダウン
の方法を用いて、感情の管理をしているので大したものです。)

(↑これも小さい頃からセラピーなどで教わってきたスキルの一つ)


感情のコントロールができない、衝動的、というのはパパの生涯の課題なのですが、やっぱり歳
をとると、そうそういつも怒りに爆発していたのでは身体に良くないですから、パパも気をつけ
るべきですよね。


ところで、実は明日(木曜日の早朝)からパパは、昔のアーミー時代の仲良しグループ6人くらい
で久々にインディアナ州に集まって、1週間くらいあちこちを訪れたりするらしいんですよ。

その際、まだパパが19歳の時に軍の関係で、大阪の孤児院を訪れた時にお世話になったシスター
(今はアメリカのインディアナに住んでいる?)にもめちゃめちゃ久しぶりに会う予定らしいの
で、今からすごく楽しみにしています!


多分、ここにパパと一緒に写っているシスター?

a0332222_06565101.jpg


ここのところずっと、毎日グランマの世話や食事の支度をしてきているパパなので、たまには
こんなふうにバケーションをとって息抜きするといいですよ!

(私はそんなバケーションとか取れなかったですが118.png 笑)

明日の早朝の飛行機で立つ予定で、私が午前3時にパパを飛行場に連れて行かなくてはならない
ので、今晩は寝ずにそれまで起きている予定です。(寝過ごすと怖いので。)


来週の月曜日から∫の大学(UNR)とコミュニティ・カレッジのクラスも始まるので、明日から
1週間ほどは私が毎日、∫の学校・大学、数学家庭教師活動の送り迎えもすることになり、忙しく
なりそうであります。119.png

私も自分自身、ストレスを溜めないように頑張らなければ。

あっ、でも私の一番のストレス源(いつもうるさいパパ)がいなくなるので、私にとってはスト
レスフリーの一週間を楽しめそうです。(ぶははっ。)


昨日の空模様。昨日はとても雲が多い日でした。

a0332222_06570416.jpg

先日のように鮮やかな夕焼けではなかったですが、山のふもとからピンク色の光が放っている
みたいで、何やら神秘的でした。

a0332222_06571481.jpg

いつもブログを訪問頂きありがとうございます。

ランキングに参加しています。
お帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギフテッドアダルトへ

[PR]
by mathdragon | 2017-08-24 10:37 | ∫パパ

嘔吐反射

今日、キッチンでパパと話していると、何気に窓からバックヤードを覗いたパパが芝生の中に小動
物のようなものを見つけ、しばらく見ていても全く動かないので裏庭に出て近寄ってチェックした
ら、やっぱり思った通り、リスの死骸でした。

かわいそうに。

死んでからどのくらい経ったのか定かではありませんが、ゴミ袋を片手に死骸を処分しに行った
パパの話によると、ここ最近ずっと暑い日が続いているせいか、すでにお腹の辺りがかなり膨らん
でいて、(腐敗が進んでバクテリアによるガスで膨れていた。)死骸からは”死の匂い”が漂ってい
たそうです。


パパがリスの死骸をゴミ袋に入れているのを少し離れた家の中から窓越しに見ていたのですが、そ
の作業の間、パパは幾度となくおえっ〜、おえっ〜っとえづいていて、(声まで聞こえた!)死骸
を処分して部屋の中に入って来た時には目から涙をこぼしていたのに思わず笑ってしまいましたよ〜!

(とんでもない妻ですよね。爆笑)


実はパパ、臭覚過敏のせいか、嘔吐反射(gag reflex)がかなり酷く、ちょっと嫌な匂いを嗅い
だだけでもものすごい勢いで、おえっ〜、おえっ〜って反応してしまうんです。


嘔吐反射って、普通だと喉に指を突っ込んだりした時におえっ〜となるやつですが、パパの場合は
そういった直接の刺激がなくても、不快な匂いを嗅いだだけで(それもそんな強くない匂い)身体
を大きく震わせながら、おえっ〜っとえづくので、見ていてとても苦しそうなんですよ。

(そう言いながらもいつもそんなパパの姿を見て笑ってしまう。😂)


そういえば、∫が赤ちゃんの頃、たまに私が手がいっぱいで、パパに∫のオムツを替えてもらった時
なども、いつもおえっ〜、おえっ〜っと、目に涙を浮かべながら替えてましたねぇ。

なんか、そういうところってものすごく敏感なんです。


笑っちゃいけないんだけど、パパが目に涙を浮かべながらがえづいている姿を見ると、いつも笑っ
てしまう悪妻の私であります。😂


このリスとは同一動物ではないかもしれないけど、もしそうだとしたら、ご愁傷様です。

リスさん、どうぞ、安らかにお眠りください。

a0332222_07052784.jpg

いつもブログを訪問頂きありがとうございます。

ランキングに参加しています。
お帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2017-07-17 12:07 | ∫パパ

大したこと無ければいいのですが…(汗)

まだまだしつこく続いている暑さにバテ気味なのか、ここんとこ本当に体調が良くなくて、今日
も軽いめまいと吐き気を感じていたのでほとんどベッドに横になっていました。

すると、夕方7時頃、いつものように夕飯を作りにグランマの家へ行っていたパパが今日は早め
に帰ってきたのでおかしいな?と思ったら、

「何だか目の調子がおかしい。物が2重に見えるから、直ちに救急病院に連れて行ってくれ!」

と焦った様子で訴えたので、直ぐに地元の緊急医療クリニックへ連れて行き、私だけ少し前に帰
ってきました。

(もしかしたら脳に関係しているかもしれないので用心の為、病院に行くことにしたよう。)


が、そんな時に限ってなぜか運転してたら車のエンジンの調子が悪く、車から妙な音が聞こえて
きて、このまま路上で停止したらどうしょうと、運転中、気が気ではありませんでしたよ〜!

(なんとか無事に家に帰ってこれたので安心しましたが。ふぅ…)

全く、何もよりによってこんな時にエンジンの調子が狂わなくても…


パパをクリニックへ降ろしてから3時間ほど経ったのだけど、未だにどうなっているのか連絡
がないので少し心配です。

(きっと色々と検査してるんでしょう。)

終わったら迎えに行かなければならないのだけど、いつになるかわからないので今夜は寝ずに
連絡待ちになるかも。

大したこと無ければいいのですが。

(車も何も問題ないといいのだけど。汗)

追記

只今、夜中の1:00am近くで、(日が変わってアメリカ独立記念日になってしまった!)少し
前にパパを緊急医療クリニックから連れて帰ってきました。

色々と検査をした結果、とりあえず脳梗塞や動脈瘤などの重大なものではとのことで、安心し
ました。

でも、念のために後日、更に詳しく検査をする予定だそうです。(眼科も含めて。)

はぁ〜、とりあえず良かったです。


いつもブログを訪問頂きありがとうございます。

ランキングに参加しています。
お帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2017-07-04 14:27 | ∫パパ

私を持ち出してこないで欲しい…(~_~;)

うちのパパ、よくレストランなどで外食した際、料理が気に食わなかったら躊躇う事なくすぐに
シェフやオーナーを呼んで、料理に対してあれこれと難をつける癖があり、(パパは声がでかい
ので)周りに注目されるのが大嫌いな私と∫は、「私達がいる時はしないで!」と頼んでます。

にもかかわらず、その事を忘れてつい、衝動的にやってしまう事もしばしば。(汗)

先日なんかも皆んなで日本食のレストランでランチを食べていた時、それまで黙々と食べてい
たと思ったら、いきなりパパが立ち上がって店の奥の方に行ったので、

(も、もしや!)

と嫌な予感がしたのですが、案の定、少しするとオーナーらしき人と一緒に私たちのテーブル
の近くまでやってきて、(いつものごとく)大げさな身振り手振りで何やら説明してました。

オーナーの表情から察すると、多分、又、料理についての文句を言ってるんだろうなぁと思い
ましたが。

私と∫はそんなパパを無視して自分たちの分を食べていたら、パパと話をしている間、オーナー
が時折、何だか私の方をチラチラと見ているのを感じたんですよねぇ。


で、後でパパに何を言ったのかを聞いたところ、

「日本料理のコアとも言えるご飯がパサパサして硬いので、もっと水量を増やすとか、炊く前
にしばらく水に浸すかするべきだとアドバイスした。」

と、やっぱり文句言ってたようです。


又しても、でたー!パパの、(本人が言うところの)”文句を言ってるんじゃなくて、商品の
クオリティを向上させる為の建設的な批判&アドバイス”が!!!

本人は”自分は店の為になることをしてあげているんだからありがたいと思うべきだ!”という
傲慢な態度に気がついてないところが全く、何というか…(~_~;)


まぁ、それはいいんですが、何でもご飯について批判&アドバイスをしている時に、どうやら
オーナーに、

「自分の母は日本人で自分は半分日本人、そして妻も”日本から来た”日本人で、自分も若い頃
は日本に住んでいた事もあるので、ご飯や米の炊き方に関してはちょっとうるさいので言わせ
てもらうが…」

…みたいなことを言ったそうで、私のことをそんな風に持ちだして来たから、オーナーさんが
私の方をチラチラ見ていたというのに気がつきましたよ〜。

もう〜、そんなこと言うのやめて欲しいわ〜。

”自分の妻は日本で生まれて日本で育った日本人で…”というくだり、(日本食レストランで
文句を言う時に)これまでにも何度も使ってきていて、そうやって自分の信用性を証明する為
に、私のナショナリティを持ち出して欲しくないですよ。


日本人だと言っても、私は日本料理の調理師でもなんでもなく、美味しいご飯の炊き方なんて
知らんがな〜って感じですよ。(汗)

(そんなもん、炊飯器にお任せしてるし。)

そんな事言って、もしお店の人やオーナーさんが、「じゃあ、参考として、奥さん、美味しい
ご飯の炊き方を教えてください!」なんて聞いてきても、私は答えられませんよ〜。

ったく。

道理でパパと話をしているオーナーさんが、チラチラと私の方を見ていたわけだわ。

当の本人(私)は、(ちょっとご飯が硬めだなぁ。だけど美味しい〜!)と満足して頂いていた
のに、まるで(生粋の日本人である私が)ご飯に不満を感じ、パパに文句を言わせに言ったと取
られたかもしれないじゃない〜〜〜。

と、ちょっと恥ずかしくなってしまいましたよ。

(こちらは何も知らず、ハッピーに食べてたのに…)

もう、本当、おっさん、いい加減にして欲しいです。(~_~;)


今日の夕焼け。

今日はピンク系の夕焼けでした。

a0332222_14133434.jpg


a0332222_14134405.jpg


a0332222_14135390.jpg


いつもブログを訪問いただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
1日一回お帰りの際に応援のポチを押していただけると
更新の励みになります。
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2017-05-30 14:16 | ∫パパ

人の振り見て我が振り直せ

先日の夜、グランマの家を訪れていたパパが家に帰ってくるなり私がいる部屋へやってきて、
いきなりものすごい剣幕でグランマの愚痴をぶちまけ始めました。

あぁ、またか…と思いつつ、黙って聞いているといつもと同じ文句ばかり。

やれ、自分がどれだけヘルプ(買い物したり、食事を作ったり、身の回りの世話をしたりなど)
してあげても、グランマはパパに対して感謝の気持ちを示すどころか、そうするのが”当たり前”
とでも言わんばかりの態度で、いちいちパパのやることにケチをつけて文句を言うらしい。


グランマは日本では(当時は珍しく)裕福な家庭のお嬢さんって感じで育ってきて、子供時代
はずっと家に”お手伝いさん”(召使)がいて、グランマの身の回りのことほとんどを彼女達が
面倒を見ていたらしく、”自分で自分の部屋も片付けたことがない”などと言ってたくらいなん
ですよ!

まぁ、要するに、極度に甘やかされて育ってます。


結婚してからも専業主婦で、(パパの記憶では)よく学校から家へ帰ってくると、同じ日本人
ママたちが集まり、日本の物を食べたり、日本の番組を見たり、カラオケ大会をしてたりして、
ママ友パーティを開いていたみたいです。

(おぉぉ。私の毎日がサバイバルだった困難だらけの初期の子育て時代とは全然違う〜〜。)


アメリカに住んで長いけど、付き合ってきた人達がほとんど日本人だったせいか、英語力もそ
れほど上達しなかったみたいです。


(グランマは日本で高校を卒業してすぐに結婚し、アメリカにやってきてからは短大や大学に
も行っていない。パパの話では基本的に彼女には”学習欲”や”知識の渇望”などがあまり見られ
ないらしい。)


まだグランパが生きている頃は、グランマの受動的攻撃行動、”優しく見えるけどタチの悪い
頑固さ”に負けてしまい、最終的にはグランパもほとんどグランマの言う通りに従っていたの
で、グランマが夫婦間での権力を握っていたという感じでした。

(グランパは気が穏やかで優しく、揉め事や人との対立を極力避けたいタイプの人だった。)


そういう人生を送ってきたグランマなので、周りの人が自分に奉仕することは”ごく当然の事”
であるという気持ちが自然と身についているのかもしれません。

夫を亡くした現在では、子供たちが自分の面倒を見るのが当たり前と感じているみたいです。


そういう態度にパパは、


”こちらがやってあげているのに、それに対して感謝の気持ちを示す事がなく、自分が気にいら
ないと文句を言ったり、こちらの仕事を邪魔するようなことを平気でやらかし、更に物事を複雑
にしてしまう!”

などとフラストレーションいっぱいに文句をぶちまけてます。


確かにグランマのそういったところは問題で、パパに対して気の毒だと感じることもあります。


でもそういったパパの絶え間ない文句を聞きながら私は、

(はっきり言って、自分もまさに同じようなことを私に対していつもしているやん!)

って思うのですよ。


∫の育児や家事、その他の家庭の諸用事に関して、こちらがどれだけ一生懸命努力して満足のいく
仕事をし、成果や結果を出したにしても、


「それが当たり前だろ。」


という態度で、私に対しては何の労いや認め、感謝の言葉や気持ち示してくれませんしね。


うまくやって”当たり前”、うまくいかなければ”不能者”とでも言わんばかりに批判や非難された
りと、そんな仕打ちばかりされたのでは人間、誰でも(もぅ、知らんわ!どうでもええわ!)と、
意欲やモチベーションを失うのは当たり前のことでしょうって。


そんな事、自分が実際、体験せんでもちょっと人の立場に立って、相手の視点から物事をみたら
誰でもわかるわ!と言いたいですよ。


でもパパの場合は自分が体験しても、それは自分が感じている事で、自分も相手に同じような仕
打ちをしている、などといった事など気がつかないようです。

私が∫の育児についてちょっと愚痴っていたら、

「そんなものお前の仕事だ!俺に愚痴るな!」


とか言って聞き耳持たなかったくせに、自分はどんな時間でも、私が何をしていてもお構いなし
でズケズケと私の領域に侵入してきて、私の意志など無視してものすごい勢いで延々に愚痴をぶ
ちまけるんですからねぇ。


人に愚痴を聞いてもらいたいのだったら、自分も相手の愚痴を聞いてあげるというのが一般的
なソーシャル・マナーでしょ!


自分は相手に対して好き勝手なことを言ったりしたりして、でも逆に相手が同じようなことを
自分に望んでいてもそれらを受けつけない、拒否するなんて、一体、どれだけ自己勝手な人間
なんよ?って思いますよ。


人と人の関わり合いというものは”reciprocity”(相互関係)からなってるもんでしょう!


自分の望むことだけ相手に要求して、自分は何も返さないなんて自己中心的な関係など長続き
しませんから。


この親子、結局、二人とも他者に対して同じような態度を取っているやんか、パパもグランマ
のことを文句言うのであれば、まさに人の振り見て我が振り直せ!って言いたくなりますよ。


マジでパパにはこう言った部分が結構あり、社会状況や対人関係において、いかにパースペク
ティブ・テイキングのスキルが重要であるかというのを思い知らされます。


この歳になってもパパはこう言った部分が大きな凹で、パパの社交性や人間関係に著しい影響
を及ぼしているというのがよくわかります。


でも私が何と言おうが聞き耳持たず、私のアドバイスなど拒否してますのでこちらも、


「じゃあ、勝手にしてください、この世で友達もなく、たった一人ぼっちになっても私は知り
ませんから。」


という対応しかできないのですが、∫にはパパのこれまでの、そして現在でもちょくちょく遭遇
する”人間関係上の衝突、対立、問題”をいい題材として持ち出し、それらを「教訓」「レッスン」
として、∫のソーシャル・エモーショナルラーニングに利用していますよ。


実際、これまでにも色んなソーシャルの場でパパのこういった態度を目撃している∫自身、パパ
の言動の”状況的不適切さ”に、(相手に対して)気の毒に感じたり、恥ずかしかったりイライラ
したり、すごく居心地が悪い気持ちになるらしく、


「家庭内ならまだしも、外でああいう態度をとるのはやめて欲しい。汗」

っと言ってるので、いい歳食ったパパより∫の方が明らかに”社会的な認識”があると思いますよ。


私が思うに、アスペルガーかADHDか、はっきりしたことはわかりませんが、(多分、混合)
パパにはかなり強い発達障害の傾向があり、もちろんパパが子供の頃にはそう言った診断名も
なかったのか、学校からは”問題児”として扱われて、それらの問題点に対しては何の対処もされ
ることもなかった為、改善できる点もそのまま放置されて今に至っているという感じがしてなり
ません。


パパの小学校の頃のレポート・カードを見たことがあるのですが、毎年、毎年、成績そのもの、
そして先生からのコメントを読むと、(これは!)と明らかに発達障害を示唆する警戒すべき
点が察しられるのですが、でもこれらについて当時、社交に忙しかったグランマは何の対応も
しなかったらしいです。


(パパの話では、小さい頃から両親ともそれぞれ自分達のことに忙しく、きょうだい3人とも
基本的に”ほったらかし”状態で、(もろ無関心子育てスタイル!)中・高校生の時には悪い
仲間達とつるむようになり、妹さんは13歳で妊娠、お姉さんはドラッグ関連の問題など、かな
りワイルドだったみたいです。汗)


もちろん、パパに発達障害があるというのは本人の責任ではないのですが、でも外部(私)か
らの忠告を無視/拒否し、自らの欠陥を否定し、それどころか都合の悪いことはみな他人のせい
にして責任逃れする態度は、一人の大人としてみっともないことで、事態や状況を改善する為に
はまず、自己認識、自己承認が第一歩だというのを理解することだと思うのですがねぇ。


グランマにしてもパパにしても、どちらもセルフ・アウェアネスの部分が大いに欠けていて、
都合の悪いことは全部「自己否定」してますからタチが悪いです。汗



∫に関して言えば、かなりの早期に診断、集中的な介入を受けることができたので、最終的に
望ましい成果を得ることができたのではないかと思います。


子供の凸を無視して凹ばかりに集中してしまうのも良くないですが、でも明らかに子供のあら
ゆる面において支障をきたす凹の部分は、積極的に対処することが大切だと痛感します。


とりあえずですね、私もいつもはパパがかわいそうだと思って、毎回、毎回、同じ愚痴を辛抱
強く聞いてあげてますが、パパが私に対してこれからも自分勝手で思慮に欠けるような言動を
示すようなら、その一方通行的な態度に🚧✋⛔️待ったをかけたいと思います。


そういう”いいとこばかり取り”の態度は世の中では通用しないんですよ!

いくら周りから”パパに対して辛抱強い”と言われている私にも限界があります。😠


いつもブログを訪問頂きありがとうございます。

ランキングに参加しています。
お帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2017-04-27 04:26 | ∫パパ

粉々に割ってしまいたい衝動に駆られるマグ

トランプサポーターであるパパがこんなもの買ってましたよ!(汗)

a0332222_04141268.jpg


( ; ゚Д゚) (((;-д- )=3

信じられない…


自分と∫のだって。

パパは私がトランプを毛嫌いしているのを知ってるんで、最初は私に対しての嫌がらせで
こういうものをわざわざお金を出して買ったのかと思いきや、

「新しいアメリカの始まりを記念して!」

とか何とか言っちゃって、マジで喜んで買ったみたいなんですよ。

パパからこのマグを渡された∫の、もろ”ありがた迷惑”そうな顔が笑えましたが。(爆笑)

こんなマグで飲んだら、どんなに美味しい飲み物もいっぺんで不味くなりそう。(笑)

それにしても、相変わらずパパって人はようわからん…


いつもブログを訪問頂きありがとうございます。

ランキングに参加しています。
お帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2016-12-12 04:36 | ∫パパ

Kidney stone

数日前から腎臓の辺り(背中)が痛いと言っていたパパですが、昨夜の午前2時頃、急に
激しい痛みに襲われたらしく、うとうとと眠りかけていた私はパパの悲痛な叫びに叩き起
こされ、すぐさまパパを車に乗せて市内にある緊急病院へ飛ばしました。(汗)

何時間もかけて色々と検査をした結果、なんとkidney stone(腎臓結石)だったよう
であります。(汗)

普段は痛みに対してかなり耐久があるパパが、この時ばかりは汗たらでのたうちまわって
苦しんでいたので、その激痛から察して多分、kidney stoneだろうと予想していたので
すが、まさにその通りでした。


昨夜は夜中に何度も病院を行き来したり、薬局に寄ったりなどしてあちこち走り回り、
やっと救急病院からパパを連れて帰ってきたのが朝の7時くらいだったのですが、今日も
∫の大学とコミカレのクラスがあったので、帰ってきたら今度は∫を起こし、朝食を食べ
させ、(パパはオピオイド系の鎮痛剤を飲んでいて運転できなかったので)私が∫を大学
とコミカレへ送り迎えしなければならなかったので、昨夜から今日の午後にかけて、私
もどっと疲れました。(汗)


パパはまだこの先も車の運転ができないので、これから少しの間は私が∫の送り迎えを
する事になりそうです。(ハァ〜。)

やっぱり病気したりすると、普段は当然と思っている”健康”の大切さを痛切に感じさせ
られますねぇ。


あれこれお互いに腹が立ったり、文句を言いたくなる事もありますが、家族みんなが
毎日、健康である事が一番!っと思い知らされます。


昨夜は1時間ほどしか寝ていなかったし(うとうとと寝つき始めた時にパパに起こされ
た)パパの容体がかなりシリアスそうだったので心配して神経的に疲れましたが、今日
は雲一つない快晴に恵まれ、とても健やかな日だったので、清々しい気持ちになりました。


∫をネバダ大学の後、コミュニティ・カレッジに送り迎えした時の写真です。

キャンパスの駐車場から見た周りの景色。


a0332222_10093036.jpg



a0332222_10093987.jpg



a0332222_10095718.jpg



a0332222_10100612.jpg



a0332222_09530851.jpg



a0332222_10102026.jpg



このコミュニティ・カレッジは市内から離れた山に囲まれた地域にポツンとたたずんで
いる為、(本当は別の名前なのですが)パパは”マウンテン・カレッジ”と呼んでます。


a0332222_10102984.jpg



a0332222_10103699.jpg



音楽鑑賞のクラスに向かっている∫。(ドロップ・オフしたところ。)
「いってらっしゃい〜!」

a0332222_09525927.jpg



数時間後、授業を終えて帰ってきました。
(写真の真ん中あたりの小さな人影が∫です。)

a0332222_10104426.jpg



a0332222_10105256.jpg



a0332222_10110015.jpg



∫はこのカレッジの雰囲気やクラス、プロフェッサー全てを気に入っているみたいで、

”これから(ジュニア、シニア)もここで、数学以外のカレッジレベルの科目をどん
どん取って行きたい!” 

なんて言ってます。


それにしても私は四十肩や更年期障害、パパは腎臓結石って、最近は二人とも”じじ
ばば”がかかりやすい病気やコンディションを患うことが多くなり、やっぱ年には勝
てませんわ!って感じです。(苦笑)


いつもブログを訪問頂きありがとうございます。

ランキングに参加しています。
お帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2016-06-24 11:07 | ∫パパ

最近のパパ

ここ暫くの間、ブログにパパの話が出てきてませんでしたが、最近、以前になく忙しく
毎日あちこちバタバタと走り回ってはいますが、とりあえず元気でやっております!(笑)


去年、グランマが長年住んでいたカリフォルニアのベイエリアを離れ、私たちの住むここ
ネバダ州に引っ越してきて以来、パパはグランマの(ビジネスや生活上必要な)一般的な
ケアに、自らの時間とエネルギーを注いでいます。


グランマはカリフォルニアの持ち家の一つや賃貸物件をいくつか売ってしまい、こちらに
自分の家と、その上あと2件新しく賃貸物件を購入したのですが、それらの細かな契約手
続きを手伝ったり、最近では家を貸し出す為の準備、テナントの管理などもパパが手がけ
るようになったので、そう言った諸々の作業に忙しくなりました。


それに加え、最近、グランマは特に物忘れが酷くなって、時には料理をしたりなどの日常
生活での簡単な作業を行うのもちょっと危なっかしくなってきたので、(コンロのガスを
消し忘れて何時間もつけっぱなしにしたりするなど。汗)1日の間に頻繁にグランマの家
へ出向いて様子を見に行ったり、色々な用事をヘルプしたりしているので、一応、退職は
したとは言え、なんだか又もやフルタイムで働いているような状態ですよ。


脳の機能低下の為、車が運転できなくなってしまったグランマを連れて、(買い物が大嫌
いだけど)一緒にスーパーへ買い出しに出かけ、毎日夕方の4時くらいになると、すぐ近
くに住むグランマの家へ行き、自分が晩ご飯を作ってグランマに食べさせているというか
ら、普段、家では電子レンジでお湯さえ沸かしもしないパパからは想像できないのですが、
やはり自分の母親を想う気持ちって偉大だなぁと感心しています。


たまに私に献立のアイデアなんか聞いてきたりして、私もあれこれレシピや作り方のコツ
などを教えたりすることもよくあり、まるで主婦友と話をしているようで、妙に笑えてし
まいますが。(爆笑)


毎日、夕方頃、グランマの家へ出かけて行き、家に帰ってくるのは夜の10〜11時くらい
で、食後にグランマと一緒に映画やテレビドラマを観たりして、夜中の1時くらいに帰っ
てくることもよくあったりします。


だからここ暫くの間、私と∫は二人だけで夕ご飯を食べています。


家族みんなで夕ご飯を食べる事ができなくなりましたが、でもグランマの状況を考える
と、そんな事は些細な犠牲で、私としてもパパがきちんとグランマの面倒を見て、グラ
ンマも一人で寂しい思いをする事なく、パパとの時間を楽しんでいるという事に安心し
ています。


(私はパパの”グランマのことは自分が面倒見るので、お前は∫の育児や教育関連(特に
大学受験に関して)に専念して欲しい”という要望に応え、そうさせてもらってるので、
本当にありがたいです。)


家族での時間は極端に減りましたが、でもそんな中でもパパは∫の毎日の大学や学校、課
外活動の送り迎え、そしてコンテスト遠征やその他の∫関連の行事には欠かさず参加して
ますし、週末なども(∫とパパのお互いのスケジュールが空いている時は)一緒に外に出
かけたりして、∫とのクオリティ・タイムもきちんと取っているので、私としては文句は
ありません。


まだ働いていた時、パパは1日12時間の夜勤シフトの上に、往復3時間ほどかけて通勤
していたのでいつも時間に追われていた為、私が∫の育児や教育関連(自閉症のセラピー
やその他の療育活動の送り迎えなど)を一斎、まかなっていたので、その頃と比べたら
私も今は随分楽させてもらってますので。


(ほぼ”セミ・リタイア”したと言う感じ。笑)


喜怒哀楽が激しく、インテンスな気性で、気まぐれな行動に振り回されて、疲れたり苛
だたされたり、また、お互い頑固なんでつい、大喧嘩になることもしょっちゅうですが、
パパは基本的には子供や老人、動物、弱い立場の者などに対して人並ならぬコンパッ
ションを見せ、正しいと思ったことを妥協せずに積極的に行動するタイプで、もともと
私はパパのそういった正義感が強いところや行動力に惹かれ、(それだけでなく他にも
尊敬できるクオリティがあるのですが。)人生を共に歩んでいこうと決めたんだったと
いうことを改めて思いだしました。


まぁ、パパに対しては色々と文句を言いたい事もありますが、お互い、根本的な価値観
や信条が共通である為、私もこんな気難しいおっさんとも20年以上も結婚生活を続けて
これたんじゃないかと思います。(苦笑)


そして、これまでは地理的に離れていたのであまり会う機会がなかった息子と、現在は
毎日、かなりの時間を過すことができるようになったグランマも、とてもハッピーそう
なので良かったです。


パパとグランマの毎日。

愛犬の花(はな)を連れて近所に散歩に出かけたり…


a0332222_11301742.jpg


a0332222_11311884.jpg


ちょっと遠出して自然の中で散歩したり…


a0332222_11303036.jpg

a0332222_03044328.jpg




クラブハウスにエクササイズをしに行ったり…


a0332222_11310752.jpg


一緒に料理をしたり…

a0332222_11335703.jpg


裏庭でリラックスしたり…

a0332222_07491445.jpg


a0332222_11313171.jpg


一緒に映画やテレビを観たり…


a0332222_11393925.jpg


二人でランチデートに出かけたり…


a0332222_11340830.jpg


a0332222_11395171.jpg


正直言って、妻の私とはこんなクオリティ・タイムなんか過ごさないので、どっち
が奥さんか?って感じですが。(笑)

(その代り、私は∫とこう言った時間を過ごしているので文句はありませんが。)


いつもブログを訪問頂きありがとうございます。

ランキングに参加しています。
お帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2016-04-03 05:48 | ∫パパ

カテゴリ

Introduction
∫の世界
Math (数学)
Gifted/2e
Japanese
High School
School Clubs
Tutoring/Mentoring
Academic/EC Records
University (UNR)
Community College
大学受験
Life Skills
Driving Practices
発達障害
教育・学習
脳科学・心理学
育児
Memories
Resources
Family
Family Outings
Outdoor Activities
日々の出来事
シニア大学生の準備
その他の学習
英語学習(目指せC2!)
私の事
∫パパ
風景・空模様
Wildlife
Favorites
Miscellaneous
テレビドラマ・映画
なんとなく思った事
意見の衝突など

最新の記事

又してもゾンビナイトの季節到来!
at 2017-10-24 11:23
ゼネラリスト vs. スペシ..
at 2017-10-23 10:25
エッセイ地獄
at 2017-10-22 13:35
ヘリ親に続いてヘリ社会?
at 2017-10-21 15:08
自分が信用できない
at 2017-10-20 14:17

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

記事ランキング

メモ帳

   にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

夕焼け・朝焼け、雲などの空模様の写真満載の私のもう一つのブログです。
Mystica Caelum

アメリカのギフテッド教育、主にレンズーリ教授の提唱する全校拡充モデル(SEM)について紹介されているブログです。
EmbracingGiftedMinds

親バカコーナー 😊
2015 ARML
a0332222_07545094.jpg
a0332222_06213436.jpg
AIME '15
a0332222_06281821.jpg
AMC12 '15
a0332222_06570886.jpg
AMC12 '15
a0332222_06531787.jpg
MATHCOUNTS
National '14
a0332222_06311300.jpg
a0332222_06312311.jpg
MATHCOUNTS
State '14 個人戦
a0332222_06313237.jpg
AMC10
a0332222_06315148.jpg
AMC8
a0332222_06314196.jpg
CTY SAT MATH
a0332222_06215768.jpg
Flag Counter

ブログジャンル

子育て
教育・学校

画像一覧