アメリカに住む数学をこよなく愛する17歳のmath kid∫の日々の出来事を綴っています。∫の夢は将来大学の数学教授になること。13歳から本格的に地元の州立大学で数学のコースを受講し始めました。 


by あーちゃんママ

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:Academic/EC Records( 48 )

数学クラブ活動の様子

少し前の話になりますが、∫のオリジナル数学コンテストが行われた翌日の日曜日、いつものよう
に北ネバダ数学クラブ活動もあり、その時、∫はコンテストに参加できなかったメンバー達の為に、
コンテストの問題用紙を持参して配布したようでした。

未参加だったメンバー達は、クラブ活動が行なわれているビル内の別の部屋へ集まり、1日遅れは
したものの、∫の作成した数学の問題に意欲満々で挑戦したそうです。

a0332222_13133785.jpg

これは本番ではなく”練習”だったので、∫はヘルプが必要な後輩メンバー達の指導に回り歩き、
結構、忙しかったみたいです。

a0332222_13135933.jpg


a0332222_13140918.jpg


a0332222_13134903.jpg


この日は指導ボランティアとして、地元の大学(UNR)やコミュニティ・カレッジの数学の教授
も3人来ていたらしく、一人は∫のコンテストにも手伝いに来てくれたので馴染みがあったのだ
けど、他の2人はこの時初めて∫が作成した問題を見て、「とても興味深くてクリエィティブな
問題だ!よくできている!」と感心していたらしい。

(∫はとても嬉しそうにそのことを話してくれました。)

∫の作ったコンテスト問題をチェックしている教授たち。
(皆んなかなり若そうだけど、現役で教えてるみたい。)

a0332222_13132179.jpg


これから先は大学の願書作成などでますます忙しくなるので、毎週は、クラブ活動に参加で
きなくなるのが残念だと言ってますが、この数ヶ月をなんとか乗り切れば、また、活動を再開
できるので頑張れよ〜!


いつもブログを訪問していただきありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加しています。
応援のポチを押していただけると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2017-10-11 13:46 | Academic/EC Records

∫のオリジナル数学コンテスト問題の回答と解法

∫の作成したコンテスト問題の回答と解法です。

コンテスト問題は一つ前のエントリーにアップしてますので、まだ問題を見られてない方は、
どうかこの記事は無視して一つ前の記事へ飛んでくださいね。

■小学生(テーマラウンド)回答と解法

a0332222_12085258.jpg
a0332222_12090283.jpg
a0332222_12091640.jpg

a0332222_12092695.jpg
■中学生(テーマラウンド)回答と解法

a0332222_12093556.jpg
a0332222_12094464.jpg
a0332222_12095599.jpg
a0332222_12100304.jpg
a0332222_12101341.jpg
■高校(代数)回答と解法

a0332222_12102230.jpg
a0332222_12103153.jpg
a0332222_12104294.jpg
a0332222_12105370.jpg

■高校生(幾何学)回答と解法

a0332222_12110151.jpg
a0332222_12111183.jpg
a0332222_12112297.jpg
a0332222_12113146.jpg

a0332222_12114018.jpg
a0332222_12114939.jpg
a0332222_12115722.jpg
■高校生(離散数学)回答と解法

a0332222_12120568.jpg
a0332222_12121758.jpg
a0332222_12122425.jpg
a0332222_12123458.jpg
a0332222_12124548.jpg
a0332222_12125265.jpg

■高校生(チームラウンド)解法
a0332222_12130012.jpg
a0332222_12131653.jpg
a0332222_12132736.jpg
a0332222_12133731.jpg
a0332222_12134593.jpg
a0332222_12135502.jpg
a0332222_12140488.jpg
a0332222_12141521.jpg
a0332222_12142588.jpg
a0332222_12143634.jpg
a0332222_12144893.jpg
以上、私にはわけわかめなので、順番とか間違ってないといいのですが…(汗)

いつもブログを訪問頂きありがとうございます。

ランキングに参加しています。
お帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2017-09-19 12:27 | Academic/EC Records

∫のオリジナル数学コンテストの問題サンプル

オリジナル数学コンテストの翌日である昨日の日曜日、北ネバダ数学クラブの活動があり、この日
∫は、前日、コンテストに参加したメンバー達の為に、問題の回答や詳しい解法などの説明をした
みたいでした。

そして、残念にも都合上、コンテストに参加できなかったメンバー達には、問題用紙を持参して配
布したらしく、彼らは参加者とは別の部屋へ行き、そのコンテスト問題に挑戦していたらしいです。

コンテストも無事に終了したということで、∫から許可を得ましたので、(英語ですが)とりあえ
ず興味のある方の為に、長いので全部とはいきませんが、∫が作成したコンテスト問題の一部を、
サンプルとしてアップしておきたいと思います。

とりあえず今回は問題だけで、答えと解法はまた、後日、別のエントリーでアップする予定です。

では、まずこちらが小学生部門の4つあるうちの1つのラウンドの問題です。


■小学生(テーマラウンド)

a0332222_10411563.jpg

a0332222_10412586.jpg

■中学生(テーマラウンド)

a0332222_10413279.jpg
a0332222_10414236.jpg

a0332222_10415270.jpg
■高校生(代数)
a0332222_10420127.jpg
■高校生(幾何学)

a0332222_10421388.jpg

■高校生(離散数学)

a0332222_10422365.jpg
a0332222_10423390.jpg
■高校生(チームラウンドー仲間同士が協力しあって解くラウンド)

a0332222_10424385.jpg
a0332222_10425323.jpg
a0332222_10434037.jpg
a0332222_10435135.jpg
以上、これらは∫が作成した小・中・高の全部の問題の1/4くらいに過ぎず、これらに加えて更
に全ての問題の回答と解法まで作成したいるので、総合したらものすごい時間と労力を費やし
てますよ〜。

よっぽど好きじゃないと、なかなかできませんよねぇ。

ちなみに、私もちょっと頑張って小学生用のをトライしたのですが、えぇぇぇ〜、これ、マジ
で小学生用?って感じでギブアップしてしまいました。(苦笑)


コンテストに参加した小学生たちは、普段、学校でやっている、方式に当てはめて計算するだけ
の単純作業的mathに退屈していて、∫の問題を目をキラキラと輝かせて解いてエンジョイしてい
ましたが。

(親御さんたちも、こんな風に学校以外で子供が楽しめる機会や場所を作ってくれたことに感謝
してました。)

夏冬の数学キャンプといい、こういった数学コンテストといい、北ネバダ数学クラブの地元の
数学コミュニティへの貢献は大きいですよね!

∫もその活動の一部に参加することができ、とても満足そうであります。


尚、回答と解法は次回にアップします。

いつもブログを訪問いただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
1日一回お帰りの際に応援のポチを押していただけると
更新の励みになります。
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2017-09-19 11:13 | Academic/EC Records

∫のオリジナル数学コンテスト'17

昨日、少しだけ予告編(笑)としてお伝えしました通り、今回は昨日の土曜日に開催された、∫の
オリジナル数学コンテストの報告&その様子を捉えた写真をアップしておきたいと思います。

(ちなみに、興味のある方、去年のコンテストについてはこちらのリンク先へ。)


今回のコンテストも、去年と同様、∫が全て自分で小学・中学・高校部門の問題を作成しました。

(問題の最終チェックを担当していただいた、UNRの数学のプロフェッサーのDr. K、お忙しい中
∫の為に時間を割いていただき、本当にどうもありがとうございました。)

高校最後のシニアの学年となると、学業やその他の課外活動にも忙しい為、∫はこのコンテストに
向けて、時間がある時(主に夏休み中)に少しづつ、問題を作成して行っていたようです。

コンテスト会場である地元の小学校へ到着。

a0332222_06520865.jpg

スーツケースの中には莫大な量のコンテスト問題用紙やその他の書類が入ってます。

a0332222_06523363.jpg


a0332222_06524405.jpg

コンテストが始まる1時間ほど前から会場へ行き、準備をしました。

a0332222_12000887.jpg



a0332222_06531847.jpg


a0332222_06530882.jpg

開始30分ほど前から、受付に少しづつ参加者&その父兄達が到着し始めました。


a0332222_06532851.jpg

a0332222_06534279.jpg


a0332222_06540280.jpg


(これも自作の)コンテストのルールが詳しく説明された用紙を参加者に配っているところ。
(こういうのまできちんと準備するというのがもろ、∫らしいわ〜。笑)

a0332222_06542183.jpg


a0332222_06543668.jpg


a0332222_06545388.jpg

いよいよコンテストが始まりました!

参加者たちが、それぞれ試験が行われる教室へと向かっているところ。

a0332222_06550466.jpg


a0332222_06551497.jpg


a0332222_06552904.jpg


採点や集計のボランティアの人達に細かな説明をしている∫。

ボランティアとして、大学の数学の教授なども駆けつけてくれました。

a0332222_06554150.jpg


a0332222_06560160.jpg


a0332222_06555127.jpg


a0332222_06562239.jpg

プロクター(試験監視人)や採点者用の説明まで作成してました!(笑)
(数学の記号などを使ってスペリングしているところがちょっと粋じゃない?笑)
a0332222_07305841.jpg
コンテスト開始前、∫と話をしたかったらしく、小学生の女の子たちが採点ルームまで訪ねて来て
いて、まるでロックスターを訪ねてバックステージにやってきたファンの子達みたいでしたよ〜!106.png

∫と話ができてとても嬉しそうでした。

a0332222_06561330.jpg


a0332222_06563443.jpg


a0332222_06564642.jpg


コンテストは小学・中学・高校の各部門で、それぞれ4つのラウンドがあり、各ラウンドの間の
10分間ほどのブレイクを除いては、11時から4時まで5時間もあり、参加者たちは長時間の間、
チャレンジングな数学の問題に挑んで、本当によくやったなぁと思いますよ〜!

特に小学生の子たちにとってはかなりのタスクだったのではないかと思うのですが、試験が終わ
った後でも彼らはとても生き生きとして、難しかったけどやり甲斐があり、とても楽しんだなど
と言ってました!

ミドルスクールの部門の開始時間が遅れてしまい、少し早めに全てのコンテストを終了した小学生
と高校生は、中学生が終わるのを待っている間、∫司会による、「数学クイズ」などをして、暇を
つぶしていました。

(∫が数学の問題を読み、早い者勝ちで正解だった者がキャンディやバッジなどの商品を得ること
ができるというゲーム感覚のイベント。これは父兄たちも参加しても良かったのだけど、ほとんど
の問題を子どもたちが答え、親は出る幕がありませんでした。笑)


a0332222_06565794.jpg


a0332222_06571441.jpg


a0332222_06573229.jpg


a0332222_06582054.jpg


この間も、∫と話をしたがったり、問題について質問したりしてくる子たちの相手をしてました。

a0332222_06574100.jpg

ミドルスクールの子たち。

a0332222_06575163.jpg


a0332222_06580422.jpg

そしてやっと全てが終了し、いよいよ表彰式が始まりました。


a0332222_06584217.jpg


a0332222_06585451.jpg


a0332222_06583117.jpg


a0332222_06590560.jpg


a0332222_06591942.jpg


a0332222_06594258.jpg

a0332222_06595495.jpg


a0332222_07000902.jpg

今回、∫が数学の個人指導をしているA君もコンテストに参加してくれてました。

A君はまだ6年生になったばかりなので、残念ながら上位のランク入りを果たすことができま
せんでしたが、(ミドルの部門では7年生のデイビソンアカデミーの生徒が1位)結果はどう
であれ、コンテスト自体をとても楽しんだと言ってました。

(表彰式の時、A君のお父さんで、UNRの科学の教授であるDr. Cも様子を見に寄って下さっ
ていて、その後、∫にメールで「素晴らしいコンテストを実現させ、おめでとう!君が息子の
数学のメンターであることに、家族皆で大いに誇りを感じています。」と優しい言葉をかけて
くれ、∫もそれを読んですごく喜んでました。)


前回と同様、今回も∫は多くの父兄の方たちからお褒めの言葉を頂いたり、子供たちのために
こういった素晴らしい機会を作ってくれたことに対して、感謝の言葉をいただき、生徒たち、
特にまだ若い小学生の子達に学校の学習では触れることがあまりない、問題解決力やロジック、
クリエイティビティを用いて解くタイプの算数・数学を知ってもらいたいという自分自身の思
いが叶ったこともあり、こういった父兄達の感謝の声を聞き、∫もとても満足そうでしたよ!


2回目であるこの∫のオリジナルの数学コンテスト、参加者達もすごくエンジョイしたみたい
でしたし、親御さんたちはそんな子供たちの姿を見て、これまたすごく喜び、親も子も皆が
とても素晴らしい時間を過ごせることができたようで、今回も大成功となりました!


∫の思いと企画を真剣に聞いて、できる限りのサポートをしてくれた数学クラブのコーチのG
さん、そして、ボランティアに駆けつけてくれた皆さん、∫の問題を最終チェックしてくださ
ったDr. K、皆さん、本当にありがとうございました!

帰り道の空模様。

a0332222_07002864.jpg


a0332222_07004194.jpg

いつもブログを訪問頂きありがとうございます。

ランキングに参加しています。
お帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2017-09-18 09:17 | Academic/EC Records

疲れた…(;´ρ`)

本日の土曜日、∫のオリジナル数学コンテストが地元の小学校で開かれ、今日は私とパパも朝から
夕方まで一日中、回答の採点や集計、その他諸々の作業の手伝いをしに行ってました。

久々にランチを食べる暇もないほど、バタバタと慌ただしく走り回って一日中(7時間ほど)ぶっ
続けで働いたので、心身ともにめちゃくちゃ疲れましたよ〜!(;´ρ`)

(日々、のらりくらり、気ままに暮らしている専業怠け主婦の私は、フルタイムで働きに出かけて
いる方を本当に尊敬します!毎日ご苦労様です!)


去年に引き続き、今回のコンテストもすごく充実したものとなり、∫もすごく満足そうでした。

今日はもうくたくたに疲れてしまって集中力がない為、コンテストの詳しい様子や写真などは又、
後日アップしたいと思います。

大きなハプニングもなく、なんとかスムーズに事が運び、参加者(生徒と父兄)皆んながとても
楽しい時を過ごせたようなので良かったです〜!

とりあえず、これで全てが終わってホッと一安心です。

(∫本人は、明日の北ネバダ数学クラブ活動で、コンテスト参加者達(多くがクラブのメンバー達)
に、回答や解法などを詳しく説明するプレゼンのセッションが予定されているらしく、明けても暮
れても数学三昧の日々を送っておりますが…苦笑)


いつもブログを訪問いただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
1日一回お帰りの際に応援のポチを押していただけると
更新の励みになります。
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2017-09-17 14:06 | Academic/EC Records

オリジナル数学コンテストの準備で忙しい!

昨日の午後、∫とパパは今月開催が予定されている、∫のオリジナル数学コンテストの為の問題&
回答用紙を作成する為、地元のStaples(オフィス用品ストア)へ行ってきました。

参加者の数に見合わせて、かなりの枚数をそれぞれコピーして作成しなければならなかったので、
結構な時間と労力を費やしたようで、昼頃(12時ちょっと過ぎ頃)に二人で出かけ、全てを終え
るのに4時間ほどかかったそうです!

昨日は夕方からコミュカレで日本語のクラスがあったので、本当だったら店から一旦、家へ帰る
ことになっていたのですが、途中で∫から「時間がなくなったので、家には帰らずにそのままクラ
スへ行くから。」と電話があり、パパと∫はその後、そのままCCへ向かったのでした。


小学校、中学校、高校部門の問題用紙をそれぞれ何千枚?もコピーして、その束をホッチキスで
とめて、出来上がった問題小冊しを小分けして封筒に入れてオーガナイズして、などやってたら、
思った以上に時間がかかったみたいですよ〜。


∫は、自分が作成した数学問題は”自分の子供”みたいだと、一つ一つの作業を楽しんで、慎重に
こなしていたそうです。

a0332222_07315416.jpg


a0332222_07320946.jpg


a0332222_07321737.jpg


このオリジナル数学コンテスト、北ネバダ数学クラブを通して開催されるのですが、企画や問題
作成、広報、(問題用紙などの)準備、賞品(今回は$50~$150相当のアマゾンの商品券)の準
備など、全て∫と私たちが手がけたので、クラブの創立者兼コーチのGさんにとっては、経費や手
間、暇が省けて収入(コンテスト参加登録費)がそのまま懐に入ってくるので、美味しい話だと
思いますよ〜!

(あっ、もちろん、Gさんも色んな繋がりを利用して、コンテストの宣伝にかなり協力してくれ
たというのを付け足しておきます。)


今回は、∫が一人で資金調達運動を企画、準備、実行するようなもんで、親として横から見ていて、
本当に大したものだと思いますよ〜!

(賞品であるアマゾンの商品券や、コピー代などは全て私たち負担で、正直、全額で$800ほどか
かってしまい、私たち(パパと私)も随分と、この資金調達運動に貢献しましたがな〜。😂)


特に今年はシニアで大学受験とかもあって、自分はクラブ活動にはあまり参加できなくなるのに、
クラブ全体のことを考えて、自らの時間とエネルギーを費やして奉公しているところなど、感心
してしまいます。(親バカ!)


昨日なんか問題用紙の作成作業に4時間ほどかかったんで、学校の方のレッスンや課題が全然で
きてなく、またしてもOD(終了できずにたまったレッスン)が増えてしまいましたが。😂

まっ、昨日の記事でも言いましたように、こういった自分の才能や情熱、クリエイティビティを
表現し、夢中になって熱中できる活動が、∫の”元気の源”になっているから仕方がない!

また、これで今日から学校や大学の方の授業も頑張って欲しいです。

おまけ

夕方、∫をCCまで連れて行き、授業が終わるのを待っている間にパパがキャンパスから見た夕日
だそう。

a0332222_07322928.jpg


a0332222_07323738.jpg

パパはこの写真見て、「まるでゴジラが火を吹いているみたい〜」とか言ってましたが。


a0332222_07325019.jpg


a0332222_07325750.jpg

いつもブログを訪問頂きありがとうございます。

ランキングに参加しています。
お帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2017-09-16 08:20 | Academic/EC Records

It's Official! d(゜∀゜d)

今朝、∫の学校から∫がNational Merit Scholarship Semifinalistに選ばれたという連絡が
あり、これで正式にセミファイナリストのステイタスを確認することができました!

ヾ( ゚∀゚)ノ゙やったぁ〜! Σd(゜∀゜d)ォゥィェ!!!

実は、今年はうちの州のPSATのカットオフスコアが去年よりも3ポイント増加していて、かなり競
争率が激しくなっていたのでちょっと心配していたのですが、とりあえずなんとか、セミまで残る
事が出来たので良かったです〜!(^_^;)


この先、まだ次の段階(ファイナリスト)への審査を通り抜けないといけないのですが、(審査基
準はSATのスコア、 GPAなどの学校の成績、課外活動、リーダーシップの素質、エッセイ、校長の
推薦など)とりあえず、”セミファイナリスト”というステイタスだけでも結構、色んな大学からの
スカラシップのオファーとかもあったりしてするので、大学受験に有利になるのではないかとほの
かに期待しております。

大学受験の願書作成だけでも忙しいのに、こちらの方のアプリケーションの締め切りが10月の半
ばくらい(だったと思う)なので、まず、そっちの方をとっと済ませておくべきですよねぇ。


今月はオリジナルの数学コンテスト開催も控えているので、∫は今、高校や大学の授業、コンテスト
の細かい詰めの作業に大忙しであります。

(見ているだけでこちらが目がクラクラしそう。)

でも、それらは自分が情熱を持って好きでやっていることなので、どれだけ忙しくても目が生き生
きと輝いていて、本当にハッピーそうなので、私も見ていて嬉しいです。

あぁぁ〜、これで私の方も少しばかり気持ちが落ち着きました。(苦笑)


おまけ

昨日はこの地域は分厚い雷雲におおわれていて、夕方にはかなり激しい雨が降りました。

(雷や稲妻も頻繁にあり、めちゃ怖かった〜!汗)

そういう天気の日は、空模様がカラフルでとても幻想的です。

a0332222_09103793.jpg


a0332222_09104529.jpg


a0332222_09105304.jpg


a0332222_09110136.jpg


a0332222_09111035.jpg


a0332222_09112086.jpg


a0332222_09115765.jpg

いつも応援のポチをありがとうございます。

ランキングに参加しています。
お帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2017-09-14 09:24 | Academic/EC Records

小学校で指導アシスタントのボランティア

このブログは、どこかのブログと違い、個人の限られた育児や教育現場での経験を元に、あたかも
自らがその道の”エキスパート”であるがごとく、他者にアドバイスしたり、説教/伝導じみたことを
唱えたり、根拠の乏しい歪んだ認識による自論を主張をして、他者を「啓蒙」するというのが目的
ではなく、ただ、自分の子供の毎日や、個人的になんとなく思ったこと、又、ごくたまに、すでに
存在する情報などを紹介しているくらいの、単なる「個人の育児日記」ブログなので、なぜにあれ
ほどまでに鼻息を荒くして、(優生学の話まで持ち出して。笑)私やその他のブロガーさんに対し
て”注意喚起”を呼びかける必要性を感じるのかがわかりませんが、(正直言って、私のブログなど
読者数もしれてますし、そんな心配するような社会的な影響などありませんよ。笑)まぁ、そんな
考えても結局、無駄な事はもう気にせず無視して、今日も元気に忘れないうちに、∫の体験を記録し
ておきたいと思います。


こちらの過去記事で報告させて頂きました通り、昨日の金曜日、∫は地元の学区の小学校6年生の
クラスに、科学と数学の指導アシスタントとして、ボランティア活動に参加してきました。


これまで自分の学校(オンラインスクール)や、北ネバダ数学クラブを通した数学キャンプなどで
の「指導」はかなり経験が豊富な∫ですが、ごく一般の小学校で、毎日、普通に行われている授業
の中での指導活動(先生のアシスタント)は今回が初めてだったので、少しばかり不安は感じてい
たものの、この新しいシチュエーションでの体験に期待で胸を膨らませて出かけて行きました。


現場には∫の他にもう一人、学区内のどこかの高校から女子学生が∫と同じくボランティアとして
参加していたらしく、彼女とは開始前にお互い握手をして簡単に挨拶を交わしたくらいで、活動
中は忙しくて、あまり話す機会がなかったので残念だったと言ってました。


∫の感想としては、先生は綿密なレッスンプランを立てていて、(∫もそれらを事前にメールで知ら
されていた。)それに忠実に従って実行しようと試みてはいたものの、やっぱり小学生から成るク
ラスでは色んなハプニングや横道にそれることなどもあり、プラン通りに授業を遂行させるのは結
構、難しいものだと感じたそうです。


∫が言うには、「とにかくクラス全体が統括されてなくて、先生やボランティアの指示に従わない
子たちも結構、いたし、生徒たちは全体的にざわざわし、大声を出したりしてうるさかった!」と、
かなり疲れて帰ってきてましたよ〜!(笑)


私もまだ∫が小学生だった頃、∫のクラスに先生のアシスタントとしてボランティアしに行ってまし
が、(キンダー〜3年生くらいまで)私もその活動を終えて帰ってきた時は、体力と神経、精神的
なエネルギーを使い果たしてしまった感じで、どっと疲れていた記憶がありますもん。


特にキンダー(4〜6歳児)のクラスは、感覚過敏の私には数時間という短時間の間でも、過剰な
刺激に神経がオーバードライブ気味になり、その後しばらくの間、頭痛やめまい、吐き気などもし
たりして、結構、辛かったですよ〜。

(でも、∫には特別なニーズがあったので、学校側と”いい関係”を保つために頑張りました。汗)


あっ、∫の話に戻りますが、お昼休みは学校のカフェテリアでお弁当を食べたらしく、そこがまた、
大勢の小学生の子達でざわざわとして、混沌とし、もっと騒がしかったらしく、自分がまだ小学生
だった頃の、カフェテリアでの不快感がフラッシュバックとなって蘇ったそうです。

(この為、∫はよく校長室に行かせてもらい、校長先生と世間話をしながら一緒にランチを食べて
いたらしい。笑)


現在はオンランスクールということで、ほぼ、毎日、静かな自宅で自分の好きなランチを食べる事
ができるので、その分、余計な事に神経をすり減らす必要がなく、自分はラッキーだと言ってまし
たよ〜。


又、今回は小学校の6年生のクラスだったのですが、現在、バイトで個人指導をしているA君も彼
らと同じく小学校6年生であるにもかかわらず、学習への取り組み姿勢や、やりとりや話し方、物
事の考え方などが随分と違っているように感じ、

「同じ学年というのが信じられない。教え子がA君のような子で本当に良かった!」

などと言ってました。


また、授業中の生徒の態度や姿勢だけでなく、授業の内容や指導法についても個人的に同意し難
い部分などもあったようで、(特にmathの部分)正直言って、フラストレーションを感じる事
も少なくなかったようです。(汗)


肝心の自分のコンテストのプロモーションの方ですが、先生はその少しの時間さえも割いてくれ
なかったらしく、∫としては”quid pro quo"(ギブアンドテイク?)的な意識があったようなの
ですが、自分のリクエストは無視されたようで、なんだか一方的に”利用された”感もしないでも
なかったようで、ちょっとがっかりしてましたが。


(とりあえず、持参した大量のコンテストのチラシを先生に渡し、生徒に配布してくれるように
頼んできたとの事でした。)


今回のこのボランティア活動を通しての体験から、∫は今まで”ごく当たり前だ”と思っていた事は、
実は決して”当たり前”でなくて、現在の自分が置かれた環境や状況(教育や学習環境、∫の言葉に
耳を傾け、∫の考え方や存在を認めてくれる先生達)に対して、新たな「ありがたみ、感謝の念」
をひしひしと感じるきっかけともなったみたいで、指導アシスタントの活動そのものはさほど実り
のある体験とは言えなかったけれど、そういった、新たな”気づき”に繋がっただけでも、最終的
には何らかの形で実のあった経験だったのではないかと思います。


でも、私が思うには、∫がそれらの望ましい教育・学習環境を手に入れることができたのも、∫自
身が望ましくない現状に妥協して、諦めてしまうことなく、私たちを説得したりして、自分自身
でそういった”機会”を根気強く追求して手に入れた部分が大きいので、そういった意味では自分
自身のモチベーションや意欲、姿勢、行動力なども大いに評価すべきではないでしょうか。

おまけ

生徒の写真は撮れなかったらしいのだけど、空いた教室の写真を幾つか撮って帰ってきてました。

小学校の教室の壁に鹿?の頭の装飾が取り付けられているっていうのもすごい…(汗)
(本物ではないと思いますが、怖がったりする子もいるのでは?などと思ってしまう。目が…怖そう。)

a0332222_03504573.jpg


写真では小さくて読めないのですが、右手に貼られているポスターは「報酬リスト」のようで、
その内容が、「先生の席に座れる」とか、「先生と一緒にランチを食べられる」とか、「教室
内で帽子をかぶっていられる」とか、「一日中友達の隣の席に座ることができる」とかが書かれ
てます。

(これがリワード?∫にとっては興味のない類のものばかりや〜ん!って思いましたよ。笑)


a0332222_03503508.jpg

いつもブログを訪問頂きありがとうございます。

ランキングに参加しています。
お帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2017-09-10 06:16 | Academic/EC Records

学区の小学校で科学&数学の指導アシスタント

こちらの過去記事でもお伝えしましたが、当初、7月に開催される予定だった∫のオリジナル数学
コンテストが今月(9月)に延期することになったので、∫は先月からその参加者を募る為、北ネ
バダ数学クラブの創立者/コーチのGさんと、その広報活動に励んでいます。


先月、8月に学区の新学年度が開始して以来、自分の学校はもとより、学区の公式サイトを通して、
学区内の全ての小・中・高校のサイトを訪れ、算数・数学の先生のメールアドレスを調べ、(明記
されてない場合は、校長のメールアドレス)コンテストの詳細が書かれた(自作の)パンフレット
と一緒に、生徒に自分のコンテストについての情報を広めてもらうように説得したメールを送った
りしているようです。

∫によると、うちの学区は公立、私立、小・中・高を全て含めると、100校くらいあるらしいので、
数学の教師や校長の名前を調べ、メールを送るのもかなりの作業みたいですが、北ネバダ数学クラ
ブの資金調達活動の一貫であるこの「オリジナルコンテスト」をサクセスフルなものにする為に、
学業やその他もろもろの用事と並行して、コンテストのプロモーション活動に力を注いでいます。


(いやぁ〜、それにしても∫は毎日、何やらやることが山のようにあって、そのあまりの忙しさに、
側で見ている私の方が、ストレスを感じそうですよ〜。汗)

(こんな調子なんで、実は学校のレッスンもまた、少々遅れ気味でOD (over due)が溜まりかけ
ているし、正直、SAT Physicsの科目試験の勉強もあまりしてなかったわ〜。汗)


そんな感じで、毎日、時間がある時を見て、次々と各学校の教員たちに宣伝メールを送り続けて
いたのですが、8月の末までにそれも全て終えてしまい、とりあえずは、教員たちがきちんと自分
の生徒に、その(∫のコンテストについての)情報を拡散してくれるのを願って待っているのみで
した。


そんな時、先週、∫のメールボックスに、∫が送信した学区内のとある小学校の科学の先生から返
信メールが届いていて、∫は、数学コンテストについての問い合わせかな?と思ってそのメールを
読んだところ、内容はコンテスト自体については何も触れてなかったのですが、なんでもその先生、
自分が受け持つ6年生のクラスで科学の特別活動(キャンプ)を計画していて、その際に、∫にTA-
Teacher's Assistantとして、科学と数学の指導を手伝ってはくれないか?”という、ボランティア
活動の誘いのメールでした!


そのオファーに大いに興奮した∫は、早速、その後、その先生とその活動について、スケジュール
的な事や、その他の詳細をメールでやりとりした後、その小学校6年生の科学キャンプで、科学と
数学の指導アシスタントとして、ボランティア活動に参加することに決めたようです。


その活動は1日だけ(9:00amー3:00pm)なのですが、今回は数学だけでなく、科学の分野にお
いての指導もするとあり、∫は今からすごく楽しみにしています。

私が、「科学だけど、大丈夫なの?きちんと教えられるの?」と訝しけな目で尋ねると、∫は、

「ママ、小学校6年生の科学だから大丈夫だよ〜!」

などと私を睨めつけて言ってましたが、そんなに甘く見ない方がいいんじゃな〜い?118.png


ということで、来週の金曜日、∫は地元の学区の(自分の学校ではない)小学校で、科学&数学
の指導アシスタントとして、ボランティア活動に参加してきます。


∫の言うことには、その際、再度、自分の数学コンテストのパンフレットも持参し、生徒たちに
そのことについても話して、ついでにプロモーションもしてくるらしいです。(笑)

なんだか、出張営業マン(宣伝マン?)みたいだけど、その積極的な姿勢を褒めてあげたいと
思います。😁


∫が自分自身もこのボランティア活動を楽しみ、同時に、少しでもコンテスト参加者を募ること
ができるように願っております。


いつもブログを訪問頂きありがとうございます。

ランキングに参加しています。
お帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2017-09-02 10:52 | Academic/EC Records

∫の履歴書

今日から∫の家庭教師の仕事が始まりました!

少し前に生徒、そして彼のお父さんとの落合場所であるUNR(ネバダ大学)へ向かって家を出て、
只今、指導の真っ最中であります。

初めての(お金をもらっての)仕事なので、今朝はかなり緊張していた様子でしたが、でも同時
に期待に胸をワクワクさせて、楽しそうに出向いて行きましたよ。

ことがスムーズに運び、この活動を楽しんでくれることを祈っております!

尚、今回の家庭教師の仕事に関しては、∫がボランティアをしていた数学キャンプの参加者のお父
さんが、息子さんの”∫を自分の家庭教師に雇って欲しい”という要望を聞き、直接、∫にメールで
仕事のオファーをしてくれました。

その為∫は、

「多分、親ごさんは僕について何も知らないだろう。やはりかりにもお金を出して雇ってくれて
るのだから、(そして6年生の息子を2時間も自分にあずけてくれているのだから)まぁ、正式
な履歴書とまではいかなくても、やはりきちんと身元や学歴など、自分に関する情報を親ごさん
に知らせるべきだ。」

と言って、ちょっとした自己の学歴/課外活動暦書を作成し、それを生徒であるA君のお父さんへ
メールで送信したとのことでした。

おぉぉ〜、なかなかいいところに気がつくじゃない?

A君のお父さんも、自分の子供の家庭教師の身元や連絡先、その他の情報を知っておくと、やはり
安心するものだと思いますしね。


以下が∫の非公式履歴書であります。(笑)
a0332222_06493130.jpg
a0332222_06494101.jpg
a0332222_06495555.jpg

こうやって改めて見ると、∫の課外活動って、マジで数学関連ばかりって感じですよね。(笑)

(数学以外ではエッセイ・ライティングとアカデミック・オリンピックと、全てアカデミックに
関連したものばかり。スポーツや音楽、芸術関連が全くなし!笑)

大学のアプリケーションもこんな感じになると思うのですが、これだけ偏ってしまってて、果た
していいものか?って感じですが。苦笑


今、ちょうど指導を開始して1時間ほど経ったところですが、二人とも楽しんでやってるといい
のですが。

おまけ

数日前の空模様。何やら面白い雲が空全体に広がってました。

a0332222_06501508.jpg


a0332222_06502684.jpg


a0332222_06503633.jpg


a0332222_06505504.jpg


a0332222_06510506.jpg

いつもブログを訪問頂きありがとうございます。

ランキングに参加しています。
お帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2017-07-07 07:05 | Academic/EC Records

カテゴリ

Introduction
∫の世界
Math (数学)
Gifted/2e
Japanese
High School
School Clubs
Tutoring/Mentoring
Academic/EC Records
University (UNR)
Community College
大学受験
Life Skills
Driving Practices
発達障害
教育・学習
脳科学・心理学
育児
Memories
Resources
Family
Family Outings
Outdoor Activities
日々の出来事
シニア大学生の準備
その他の学習
英語学習(目指せC2!)
私の事
∫パパ
風景・空模様
Wildlife
Favorites
Miscellaneous
テレビドラマ・映画
なんとなく思った事
意見の衝突など

最新の記事

レジリエントな子どもを育てる方法
at 2017-11-18 16:19
これが州立大学の実態か?
at 2017-11-17 10:50
Happy 17th Bir..
at 2017-11-16 11:00
ちょっと焦り気味
at 2017-11-15 18:19
ギフテッドの育て方に関する8..
at 2017-11-14 14:34

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

記事ランキング

メモ帳

   にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

夕焼け・朝焼け、雲などの空模様の写真満載の私のもう一つのブログです。
Mystica Caelum

アメリカのギフテッド教育、主にレンズーリ教授の提唱する全校拡充モデル(SEM)について紹介されているブログです。
EmbracingGiftedMinds

親バカコーナー 😊
2015 ARML
a0332222_07545094.jpg
a0332222_06213436.jpg
AIME '15
a0332222_06281821.jpg
AMC12 '15
a0332222_06570886.jpg
AMC12 '15
a0332222_06531787.jpg
MATHCOUNTS
National '14
a0332222_06311300.jpg
a0332222_06312311.jpg
MATHCOUNTS
State '14 個人戦
a0332222_06313237.jpg
AMC10
a0332222_06315148.jpg
AMC8
a0332222_06314196.jpg
CTY SAT MATH
a0332222_06215768.jpg
Flag Counter

ブログジャンル

子育て
教育・学校

画像一覧