アメリカに住む数学をこよなく愛する16歳のmath kid∫の日々の出来事を綴っています。∫の夢は将来大学の数学教授になること。13歳から本格的に地元の州立大学で数学のコースを受講し始めました。 


by あーちゃんママ

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:Driving Practices( 12 )

久しぶりに長距離運転の練習

今日はちょっとした用事があって、カリフォルニアのサクラメント付近まで行かなければなら
なかったのですが、ここのところしばらく忙しくて長い間長距離の運転をしてなかったことも
あり、ちょうどいい機会だということで、∫に運転してもらい、朝から外出してました。

ネバダ⇄カリフォルニア間のシェラネバダ山脈の一番高い部分では、すでに雪が積もっていて、
ハイウェイの路上も濡れて滑りやすくなっていたので、∫にとってはいい練習になりました。

a0332222_14063494.jpg

a0332222_14064505.jpg


雲から覗いた太陽の光で、雲の一部がうっすらと色が付いているように見えました。


a0332222_14070895.jpg


a0332222_14065687.jpg


朝の9時半頃家を出て、用事を終えて帰ってきたのは夕方の6時過ぎで、∫の久しぶりの
運転を気遣いながら終始チェックしていたので、何やら私もどっと疲れてしまいました。

何事もなく無事に帰宅できたので良かったです。(ほっ)

リノに到着し、家の近所の道から見た夕焼け空。

a0332222_14072140.jpg

a0332222_14073156.jpg


a0332222_14074054.jpg


今日も私たち大人の都合で駆り出され、学校の学習があまりできなかったので、また授業が
遅れてしまってごめんよ〜!∫。

(最近、あまり外出もせず、缶詰状態で勉強してたから、まぁ、いい息抜きになったみたい
 ですが。)

明日からまた、頑張ってね。


いつもブログを訪問いただきありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してます。
お帰りの際に下のバナーを押していただけると更新の励みになります。
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2016-11-01 14:25 | Driving Practices

週末の運転の練習:Virginia City

ここ最近、少し心身ともに疲れ気味なのですが、昨日は特に身体中のあちこちに痛みを感じ、
(+酷い頭痛)パソコンの前に座っているのも耐えられない状態だったので、つい、更新を
サボってしましました。(苦笑)

サボり癖がついてしまうと嫌なので、毎週末に記録し続けている∫の長距離運転の練習の様子
を、(今日も本当はすごく身体がだるいけど)忘れないうちに書き留めておきたいと思います。

いつもなら週末の運転の練習は日曜日にやるのですが、先週は例のカレッジ・コーチとのSAT
準備セッションが予定されていた為、この週は土曜日にすることにしました。

(SAT準備セッションについては、又後日、報告しますね。)


先週末は家から車で約40分ほどのところにある、Virginia Cityという街を訪れました。


バージニアシティまではここからは距離的にはそれほど遠くはないのですが、リノよりも高地
にある為、(海抜6,150 ft/ 1,874m) タホ湖に行くよりくねくねした上り坂の道が多く、常
に前方を注意して見ながらカーブでの調節をしなければならなかったので、∫も後座席でハラハ
ラしながら見ていた私も緊張し続けの運転でした。(汗)

だから今回は∫にとって又、一段階アップの良い練習となりました。


a0332222_06245884.jpg


a0332222_06022967.jpg

ガードレールの向こうはこんな景色。

a0332222_06015070.jpg


(私は)ハラハラしながらの思いでやっとバージニアシティに到着。

せっかくかつては”鉱山の街”と呼ばれたバージニアシティに来たということで、地下や洞穴
が大好きな∫が鉱山ツアーに行きたいといったので、そちらの方へ向かうことにしました。

駐車場からメインストリートまでの道がこれまた心臓破りの上り坂道で、海抜1847mと
いう高地の中を、普段から運動不足の私はゼイゼイ言いながら登りましたよ!(汗)

(この後にも半日中、上り下り坂の多い街中を行ったり来たり歩き回っていたので、その
為に身体中が筋肉痛で痛かったわけであります。もう老体は無理できません。苦笑)

a0332222_06263558.jpg


a0332222_06264322.jpg


やっとのことで、色んなお店やイベントなどが行われているメインストリートへ辿り着き
ました。


a0332222_06265676.jpg


a0332222_06303162.jpg


この街は、当時栄えた古き良き時代のアメリカの風景や雰囲気がそのまま残されています。


a0332222_06285396.jpg


a0332222_06290116.jpg


a0332222_06290937.jpg


a0332222_06291860.jpg


a0332222_06292626.jpg


a0332222_06345372.jpg



a0332222_07071225.jpg

a0332222_06363832.jpg


a0332222_07073240.jpg


a0332222_06355409.jpg


太陽がサンサンと照って暑い中、長い間坂道を上り下りして歩いてきたのに、この週末は丁度
Camel Races(ラクダの競争)とかいうイベントの為、鉱山ツアーが臨時休業となっていて、
それを知って、汗だくの私たちは唖然としてしまいましたよ〜。

(前もってそういうのも調べるべきでしたね。あははは。)


a0332222_06371615.jpg


a0332222_06361159.jpg


a0332222_06373985.jpg


a0332222_06380559.jpg




a0332222_06365645.jpg


a0332222_06362208.jpg


a0332222_06382272.jpg


そういうの(ラクダの競争)に興味のない私たちは、メインストリートに戻ることに
しました。


a0332222_06372920.jpg


メインストリートにびっしり並んだギフトショップのウィンドウには、こう言った笑える
ディスプレイなども…


a0332222_06351447.jpg


a0332222_06354341.jpg


"HILARY CLINTON TOILET PAPER
NOW SCENTED WITH FRAUD, CORRUPTION, LIES & DECEIT" 005.gif


a0332222_06352963.jpg


ラクダが人間に無理やり走らされて競争させられるイベントなどには興味がないけど、文学
には大いに興味のある∫が”マーク・トウェイン博物館へ行きたい!”といったので、私たちは
そちらの方を楽しんできました。

(今学年度はAP Literatureもとってるしね。)

a0332222_06300450.jpg


a0332222_06293648.jpg


a0332222_06294656.jpg


a0332222_06332452.jpg


一攫千金を夢見てネバダ州のこの土地にやってきたマーク・トウェーン、その夢が破れた後
は、バージニアシティのTerritorial Enterpriseという新聞社で通信員として働いていたよう
です。 (まだ世界に名が知れる前の話みたいですが。)


地下フェチの∫は、博物館が地下だったのにめちゃめちゃ嬉しそうでした。(笑)

a0332222_06315126.jpg


a0332222_06320430.jpg


a0332222_06321408.jpg


a0332222_06322300.jpg


a0332222_06325766.jpg


a0332222_06340648.jpg


a0332222_06343975.jpg


a0332222_06342869.jpg


a0332222_06341661.jpg

マーク・トウェーンが使ってたバスタブとトイレ!


a0332222_06323309.jpg


a0332222_06324470.jpg


新聞社にいる時に彼が使っていた机。


a0332222_06330717.jpg

a0332222_06335687.jpg


a0332222_06334681.jpg


ミュージアムを楽しんだ後は、少し早かったけど(5時くらい)この古い街のレストラン
を体験するために、早めの夕食をとることにしました。

(本人はわかってないと思うけど)∫が選んだのは、Mustang Ranch Steakhouseという
レストランでした。(苦笑)

a0332222_06384639.jpg


Mustang Ranchとは、ネバダ州政府が公認している売春宿のこと。

この売春宿とレストランがどう関連しているのか知らないけど、(オーナーが同じ?)この
名前を知ってる者にとっては(なぬ?子供も入っていいの?)と思うんでは?などと思って
しまった。

でも中はごく普通のレストランでした。

マスタング・ランチ関連のお土産(t−シャツなど)を売ってるエリアもありましたが。

a0332222_07522025.jpg


店内は人が混んでいて、ざわざわとうるさかったので、私たちは戸外の席を選びました。

(我が家は3人とも聴覚過敏なんで。)

a0332222_06390477.jpg


外の山の景色や新鮮な空気を楽しみながらの食事はとても美味しかったです。


a0332222_06392000.jpg


a0332222_06393921.jpg


a0332222_06401445.jpg


a0332222_06395281.jpg


そして食事後は山道運転なんで、暗くならないうちに帰ることにしました。

帰り道で見た景色。


a0332222_06410613.jpg


a0332222_06411954.jpg


a0332222_06413188.jpg


a0332222_06414411.jpg


a0332222_06420017.jpg


おぉ〜、そうそう!帰り道でムスタング(野生の馬)が山道を横切っていて、∫は馬たちが
通り過ぎるまで車を止めないといけなくて、何やら珍しい経験をしましたよ!

(この辺りには野生の馬がかなりいるんです。)

ムスタング・ランチで夕ご飯を食べた後、今度はムスタングに遭遇するなんて!(笑)

a0332222_06403061.jpg


a0332222_06404370.jpg


a0332222_06405585.jpg


a0332222_06421085.jpg


a0332222_06422392.jpg


そして無事、夕暮れ時にリノに帰ってきました。


a0332222_06423938.jpg


今回は運転だけでなく、あちこち歩き回って身体も使ったのでかなり疲れましたが、まぁ
でもとても楽しい日を過ごすことができたので、まさに一石二鳥でした。


いつもブログを訪問いただきありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してます。
お帰りの際に下のバナーを押していただけると更新の励みになります。
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2016-09-14 08:24 | Driving Practices

週末の運転の練習:タホ湖一周

毎週末に行っている∫の長距離運転の練習ですが、昨日の日曜日はうちからタホ湖までくね
くねとしたカーブの多い山道を通り、タホ湖に着くと、そこからその周りをぐるっと一回り
して、又もときた道を通って帰る、という道のりでした。

a0332222_01275285.jpg


今週末はアメリカはLabor Dayで、3連休だったせいか、タホ湖に着くとこれまで見たことが
ないほどの交通渋滞に見舞われ、運転と言ってもほとんどが止まっては少し進み、又止まって
は少し進みのラッシュアワーのような状態でした。(汗)

この車の行列!

a0332222_01283343.jpg



a0332222_01282112.jpg


本当だったら久しぶりにEmerald Bayに寄る予定だったのですが、そこの駐車場はもう空
きがなく、道路のあちらこちらに車が止められていて、観光者たちで溢れかえっていたので、
その日は立ち寄るのを諦め、そのまま素通りすることにしました。

交通渋滞の中を運転するという新しい経験もし、∫にとってはいい運転の練習になったので
すが、長時間の間バックシートに座って、のろのろとカタツムリペースでしか進まない景色
を見ている私はかなり疲れてしまいました。

a0332222_01284434.jpg


又、混んでない時に寄るね〜!Emerald Bay!

(通りすがりの車の中から撮ったEmerald Bayの景色。)

a0332222_01285123.jpg



やっとのことでタホ湖周辺から脱出し、帰途中のハイウェイにある展望スポットに寄り、
黄昏時のタホ湖を鑑賞しました。

a0332222_01290034.jpg



a0332222_01291043.jpg



a0332222_01291983.jpg




a0332222_01292895.jpg



a0332222_01293657.jpg



a0332222_01300888.jpg




a0332222_01302410.jpg





a0332222_01312160.jpg



a0332222_01313222.jpg



そして5時間以上も車に乗り続け、やっと地元に帰ってきたのが8時過ぎで、皆、めちゃ
めちゃお腹が空いていたので、市内にあるRed Lobsterというシーフードレストランで
夕食を食べることにしました。

a0332222_01314178.jpg



前菜で頼んだロブスターのピザが美味しかった〜!


a0332222_01315088.jpg



∫はステーキとカニケーキのコンボ+キングクラブの足。

a0332222_01320076.jpg



a0332222_01321076.jpg



私はスノークラブを食べました。
身が甘くて美味しかった〜!


a0332222_01322163.jpg



予想していた以上にタホ湖周辺が混んでいたのですごく疲れたけど、まぁ、最後にはきれい
なタホ湖の景色も見れたし、美味しいものも食べれたので、なかなか楽しい午後を過ごす事
ができてよかったです。

(それにしても最近、毎週、遠出しているのでガソリン代がバカにならん!)


いつもブログを訪問いただきありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してます。
お帰りの際に下のバナーを押していただけると更新の励みになります。
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2016-09-06 13:16 | Driving Practices

∫の運転で以前住んでいた地域を訪問

もうすっかりお馴染みになりました、(笑)∫の週末の運転練習の報告です。

昨日の日曜日、∫はこれまでにない超長距離運転にトライし、なんと今回は約5年前にこちら
(ネバダ州)に引っ越してくる前に住んでいた、カリフォルニアのセントラル・バレー地域を
訪れてきました。

ここからその地域までは(サクラメント辺りで交通渋滞に巻き込まれなければ)片道約3時間
半ほどかかるので、昨日は午後2時くらいに家を出ました。


日曜日だから夕方のラッシュアワーもハイウェイはそれほど混んでいないだろうと思いきや、
昨日はBurning Manのオープニング日とあってか、ネバダ⇆カリフォルニア間のハイウェイ
が結構、混んでいて、中にはかなりアグレッシブな運転をする者たちもいたので、そういった
中で運転したので今回は∫にとってもすごくいい練習になりましたよ。


長い運転の後、午後6時前くらいにやっと到着。

私たちが以前住んでいた家と、当時、∫を連れてよく訪れていた公園や、∫の母校の小学校にも
寄り、ノスタルジックな思いを満喫してました。(笑)

家の近くの公園。

ここにはまだ∫が赤ちゃんの頃からよく遊びに連れてきてました。

a0332222_04242812.jpg



a0332222_04243954.jpg



a0332222_04244804.jpg



a0332222_04245888.jpg




a0332222_04250866.jpg




a0332222_04252530.jpg



a0332222_04253909.jpg



家からちょっと離れた(車で5分ほど)大きめの公園。

a0332222_04254959.jpg


∫が5歳当時(10年前)はまだタワーを建設中だった。


a0332222_04260146.jpg



公園の中にある噴水。

a0332222_04324130.jpg



a0332222_04261113.jpg



夏になるとよくこの噴水で水遊びをしました。

ABAセラピストさんとセラピー中。

a0332222_04263899.jpg



a0332222_04265261.jpg


そして∫の通っていた小学校。(と言ってもK−8なので、厳密には小中一貫ですが。)


a0332222_04270645.jpg



5年ほど前は鮮明な色だった地面に描かれたアメリカと世界地図が、今では色がかなり
あせてしまっていて、つい時の流れを感じました。(⬆︎の写真の右側にうっすらと地図
が見えます。)


a0332222_04272007.jpg



a0332222_04274138.jpg



a0332222_04280093.jpg



a0332222_04281143.jpg



キンダーのクラスの前の地面にはクーガー(この学校のマスコット)の足跡が描かれていて、
これは学校の業務オフィスや職員室がある建物まで続いています。

キンダーの子達が用事があってオフィスに行かなければいけない時は、この足跡を辿っていく
ようにと言われてました。

この青い足跡を辿って行きさえすれば、迷うことなくオフィスの建物に着きます。

可愛いですよね。(そしていい考え!)

a0332222_04282871.jpg


a0332222_12594210.jpg

a0332222_04280093.jpg



ちなみに現在では私が家のパソコンから、FollowMeeというGPS追跡アプリにて、運転練習
中の∫の行方を追ってます。(笑)

a0332222_14145123.png


学校をあちこち歩き回っていたら、∫が小さかった頃のことが次々と思い浮かんできて、
めちゃめちゃ懐かしかったです。

私と∫のどちらにとっても、この学校での出来事は、楽しかったり嬉しかったりのいい思
い出と、悲しかったり辛かったり、悔しかったりのマイナスの思い出が入り混じっていて、
なんだかとても複雑な心境でしたが、(∫もそのように感じていたみたい。)でも総合的に
みると、やはりとても懐かしく、ノスタルジックな思いに浸ってしまいました。


その後は以前、お気に入りでよく訪れていたメキシカンレストランで夕食を食べました。

これまでメキシカンは一切、口にしなかった∫ですが、(食わず嫌い)この日は私の説得
に負け、生まれて初めてShrimp fajitasに挑戦しましたよ〜!

本人も美味しかったので、トライしてよかったって言ってました。

(また一つ食べられるものが増えて私はめちゃ嬉しい!)

a0332222_04292388.jpg



食事を終えレストランを出ると、駐車場から見た向こう側にほんのりと夕焼けが…

a0332222_04293499.jpg


道路に出てみると、やっぱり! 

現在のうちの地域(ネバダ)では見られない赤みがかったオレンジ/赤っぽい夕焼けが見え
ました! (ラッキー!)

(うちの地域の夕焼けはもっぱら、黄色、オレンジ、ピンク系で、こんな赤い夕焼けは見ら
れません。)

a0332222_04294818.jpg



そしてその後、直ちに帰途につきました。

帰る途中、サクラメント付近のハイウェイで交通が渋滞し、なぜかと思ったらどうやら
道沿の枯れた雑草に火がついて、小規模な山火事だったみたいです。


a0332222_04295956.jpg



a0332222_04300840.jpg



夜のシェラネバダ山脈を超える為の山道を用心しながら運転し、やっとの事で家に着いた
のは夜の12時ちょっと前でした。

∫はこの長距離運転にかなり神経を消耗したようで、帰ってきた時は疲れて果ててました。

でもとてもいい練習になったし、色んな状況下で様々なスキルを学び、本人も又更に自信
をつけたようなので良かったです。

しかし、運転の練習を始めてまだ1ヶ月やそこらなのに、∫はもうすでにかなり巧みに運転
していて、もう私よりもはるかに上手いかも? (苦笑)

これからは用事がある時は、私は助手席でリラックスして、∫に運転してもらおうかしら?


いつもブログを訪問いただきありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してます。
お帰りの際に下のバナーを押していただけると更新の励みになります。
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2016-08-30 14:17 | Driving Practices

∫の運転でTahoe Cityまでドライブ

毎週、週末は、∫は普段よりも少し遠出をして長距離運転の練習をしています。

先週末はStampede ReservoirとPyramid Lakeまで初めて長距離を運転し、その体験
でかなり自信もついたようなので、今週末は人混みが予想された、”週末のバケーション
スポット”であるTahoe Cityを訪れました。

うちからTahoe Cityまではほぼ、のんびりとした山道のハイウェイで、昨日はそれほど
交通も忙しくなく、∫はリラックスしながらうまく運転していました。

a0332222_06112334.jpg



が、一旦、Tahoe City内に入ると、狭い道を車はもちろん、自転車を乗る人や歩行者
などで溢れていたので、初めての道をそれらのディストラクションに気を配りながら
運転しなければならなかった為、∫は少し緊張していたみたいですが、何とか何事もなく
スムーズに目的地に着くことができました!

a0332222_06113304.jpg




a0332222_06114328.jpg



ちょうどお昼時だったおので、Fanny Bridgeという橋の向こう側にある、The Bridgetender
というレストランでランチを食べることにしました。


a0332222_06115229.jpg


a0332222_06120582.jpg



Fanny Bridge。

a0332222_06121574.jpg



a0332222_06122479.jpg



昨日はそれほど暑くなかったので、私たちはal frescoにしました。

a0332222_06124237.jpg



a0332222_06125444.jpg



a0332222_06130614.jpg



a0332222_06131451.jpg



a0332222_06132332.jpg



私がオーダーした、Seared Ahi Tuna Sandwich。

Tunaは美味しかったけど、マンゴーサルサがイマイチtunaと合ってない感じがした。

a0332222_06133566.jpg



ランチの後は、Lake Tahoeから流れ出るTruckee Riverを見ながら散歩しました。


a0332222_06134478.jpg



a0332222_06135321.jpg


向こう側に見えるのがLake Tahoe。

a0332222_06140118.jpg



このTruckee RiverはLake Tahoeから始まり、Renoを通って最終的にはPyramid
Lakeまで流れるんですよ!

ものすごい長い道のり(水路?)を旅するんですねぇ。

a0332222_06141359.jpg


帰り道では雲が多くて、なかなか面白い空模様が見えました。


a0332222_06142244.jpg



a0332222_06143246.jpg



a0332222_06144194.jpg



a0332222_06145596.jpg



a0332222_06150504.jpg


やっぱり毎日運転の練習をしていると、スキルの上達も早くて、最近では∫もかなり
リラックスして運転できるようになりました。


(運転し始めてまだ正味1ヶ月も経っていないというのに、大したものだわ〜!)

いつもブログを訪問いただきありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してます。
お帰りの際に下のバナーを押していただけると更新の励みになります。
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2016-08-22 13:53 | Driving Practices

山道運転の練習(動画)

最近、なんだか∫の運転の話題ばかりになってますが、(苦笑)昨日の土曜日、∫が初めて
遠出をして、私たちのお気に入りスポットであるStampede Reservoirまで終始、運転し
てくれたので、その時の様子の動画を成長記録として、アップしておきたいと思います。

もしお時間があれば、∫のドライブしている様子を見てやってください!




昨日は週末で時間的にも余裕があったので、行き帰りのトータルで2時間ほども運転しま
した。

カーブの多い山道も運転したのでとてもいい練習になり、∫も少し自信がついたみたいで
した。

こんなふうに練習をこなしていくとスキルも向上し、不安感も薄れていくでしょうね。


Stampede Reservoirにて。

a0332222_10323007.jpg



a0332222_10323834.jpg



a0332222_10324638.jpg



a0332222_10325658.jpg


いつもブログを訪問いただきありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してます。
お帰りの際に下のバナーを押していただけると更新の励みになります。
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2016-08-15 09:02 | Driving Practices

やりました〜♪ Σd(゜∀゜d)

∫の不安で元気がなさそうな顔を見るのがどうしょうもなく辛くて、ここ数日間ほど一生
懸命パパを説得した甲斐があり、これまでは毎日2時間はやっていた運転の練習を、これ
からは1日1時間だけにしてももらうことに成功しました〜〜〜!

やったぁ〜! ヾ( ゚∀゚)ノ゙

あのどうしょうもないほど頑固で融通が利かず、人の話には一切耳を傾けようとせず自我
を貫き通すパパを何とか説き伏せることができたなんて、これはまさしく、

A major triumph

でありますよ!


パパからの練習時間の改定の知らせを受け、毎日の練習が2時間から半分の1時間に減った
(それも夜の運転練習が少なくなった)ことに∫はものすごく喜んでおります。

これで夕方から夜にかけて集中して学校の勉強やSAT/ACTの準備ができると、ほっとし
てますよ。(苦笑)

もちろん、これから先も運転の練習は続くものの、練習時間が半分に減ったということで
精神的にも随分、楽になったようで、

「食道に詰まっていた何らかの大きな塊がとれて、これで食べ物が喉を通りやすくなった
感じだ。これまでは50%に縮小していた胃袋が100%に戻ったよ!」

と言って、食欲の方も少しづつ回復していってるようです。(笑)


いやぁ、やっぱり親にとっては子供の笑顔や、目がキラキラ輝いているのを見るのが一番
の幸せですよね。


私もパパが∫の事を一生懸命考え、∫にとってベストだと思う事をやっていると言うのはよく
わかっているのですが、パパの場合はよくウリ坊のように他を見ずに真っ直ぐ突っ走り過ぎ
てしまって、逆効果になることもあったりするんですよね。

(ちなみにパパはイノシシ年生まれです。爆笑〜!)


この∫がまだ赤ちゃんの頃の写真が2人の関係をよく描写しているようで笑える。

(パパは∫の事が可愛くて仕方なくて、時には∫の為によかりと思って無理強いっぽい行動
や態度をとってしまい、∫はそんなパパに何も言えず(繊細な心の持ち主なんで。苦笑)内
心は窮屈でもがき苦しんでいると言った感じなんですよ。)

a0332222_10012932.jpg



すぐに情熱的にメラメラと燃えて、一つのことしか見えなくなるタイプなので、(トンネル
ビジョンになる)わりと何事に対しても冷めている私がたまに横からポンポンとパパの肩
を叩いて”我に返させる”必要があるんですよね。(笑)

とりあえず、まずは大きなaccomplishmentであります!



いつもブログを訪問いただきありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してます。
お帰りの際に下のバナーを押していただけると更新の励みになります。
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2016-08-13 16:19 | Driving Practices

不安感を取り除いてあげたい

∫の運転に対する不安感は、どうやらパパに怒られる・怒鳴られるというのだけではなく、
「車を運転すること」そのものに対して総合的に不安を感じているみたいです。

練習をしていて、

(他の車に衝突したらどうしょう!)

とか、

(誤って歩行者や自転車に乗っている人をはねてしまったらどうしょう!)

とか、

あれこれ最悪のシナリオが常に頭の中に渦巻いていて、そのストレスは運転の練習を終え
た後でも感じているようで、最近、本当にご飯もあまり食べてないし、学校の勉強をして
いてもイマイチ集中できないようで、最初の方はスムーズにこなしていってたコースワーク
も最近は少し怠りがちになっていってるので、私も心配しています。


∫が言うことには、毎日の運転の練習のことを考えたら、いつもどんよりとした灰色の雨
雲が頭上を覆いかぶさっているかのような感じで、心が重たくて、数学の学習などの自分
が好きな活動をやってても、その”楽しさや喜び”が半減した感じでフルに没頭できない、
とのことで、これは下手したら鬱状態に陥ってしまいそうで、私もかなり危機感を感じ始
め、現在、ストレスや不安感について色々と調べているところであります。


∫の性分としては、物事をあらゆる側面から色々と想定して考え込むので、滅多にあり得
ないようなことでも”高い確率で起こる”と感じ、それに対して不安感が高まり、大きな
ストレスとなるんだと思います。

すごく生真面目なタイプなんですよ〜。


パパは(自分もそうだったので、)ティーンの男の子誰もが早く車を運転したくてたまら
なくてうずうずしているから、できる限り長い時間∫を指導して、早く免許を取らせてあげ
ようという気持ちがあるみたいですが、正直言って∫はそんな気持ちは全くないらしく、∫
本人は、

「車を運転するということは重大な責任なので、自分はまだそれだけの心の準備ができて
いない。正直言って、運転には興味ない。」

と言ってます。


物事を真剣に考えている∫ならではの責任感がある発言だと、私は思っているのですが、
パパは「車の運転は必要不可欠なライフスキルだから、練習を始めるのは早ければ早いに
こしたことはない!」って言い張るんですよね。


もちろんそれは私も理解できるし、遅かれ早かれ車の免許は取らなければならないという
のもわかってますが、何もまだ15歳のジュニアになったばかりに毎日、2時間も集中的に
練習に時間をかけなくても…と思うんですよ。


心の準備ができていない子に、無理に習わせようとするのは私はあまり効果的ではないと
思ってるし、第一、それが原因で食欲減退、鬱状態になって毎日の生活に支障をきたすこ
とになるなんて、子供にとっては逆効果ですよ。


というわけで、只今、少しづつ、ありとあらゆる資料や情報、データなどを手に、パパに
私の考えや提案を理解してもらう為に説得中であります。


ただ単に文句を言うだけなら「聞き耳持たず」のパパですが、しっかりとした情報などを
もとにこちらの理屈を唱えると、とりあえずこちらの話は聞いてくれる場合が多いので、
(特に∫が目に見えてアンハッピーな場合など!)頑張ろうと思います。


ジュニアの年は学業や試験、課外活動で大忙しなんで、1日数時間も運転の練習に時間と
気力をかけている暇ないんですって!

そんなのは大学受験のアプリケーション提出が終了したシニアの年にでもできるのだから。

(そして大学では寮に入るので、多分、車を運転することもないだろうし。)

少し前の記事でも書きましたが、人生のあらゆる時期や段階の中で、その時点では何が
一番大切であるか、という見極めをすることがとても重要なライフスキルでもあるので。


これまでにも事故が起こりやすいという理由で週末の夜の運転練習をやめさせることの
説得にも成功してますので、∫の心の荷を減らし、時間的にも余裕ができるようにする為、
毎日の2時間の練習を1時間だけに減らす説得に挑んでいるところであります。

(できれば練習はシニアの年から始めて欲しいけど、それはまず無理だろうなぁ。)


小さい頃と比べると、最近ではアンリーズナブルな恐怖感も減少し、不安感もかなり和ら
いできてはいるものの、やはり本質的には∫はとても神経が繊細で、ナーバスになりやすく、
ストレスに弱いので、車の運転と言った今までにない「大規模な挑戦」に対してストレス
フルになるのもわかるような気がします。

(私も未だに車の運転、特に知らない場所などを運転する時はナーバスになりますし。
苦笑)


運転免許取得、そしてその為の運転練習は、(まぁ、地域にもよりますが)この国である
程度自立した生活を送るためには必要不可欠で、避けては通れない道なので、少しでも∫が
その道を通りやすくなるように支援をしてあげたいなと思ってます。


いつもブログを訪問いただきありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してます。
お帰りの際に下のバナーを押していただけると更新の励みになります。
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2016-08-12 17:00 | Driving Practices

運転に対する不安

∫は学校が始まった現在でも、昼と夜に毎日合計2時間は運転の練習をしています。

そのせいあってか、私からすると最近はかなり運転のスキルも向上してきているように
思え、心配性の私も少しだけ安心できるようになりました。

でもここ数日間というもの、∫の様子がちょっと違ってきて、(学習している時以外は)
全体的に暗い顔をして妙に静かであまり笑顔を見せなくなったし、なんといっても以前
は数時間おきくらいに「お腹が空いた〜!」とうるさかった食いしん坊の∫が、最近では
「あまりお腹空いてない…」と言ってすっかり食欲をなくし、食事も以前の3分の1の量
ほどしか食べないじゃないですか!


以前にも∫のこう言う状態を幾度か見てきている私は、∫のそんな様子を見て、うつ状態に
陥っているか、もしくは何らかに対しての不安感が高まっているということを察しました。

今のところはとりあえず学校生活や他のことに満足しているし、精神的に悩んでいる様子
も感じられなかったので、多分、少し前に始めた運転の練習に対して不安感を感じている
のだろうなと思って聞いてみると、やはりその通りでした。


毎日練習し、日に日に運転スキルが向上していってるから、本人も自信がついて不安感も
薄れていってるのではないか?と思ったのですが、どうやら練習中のパパの怒りや大きな
怒鳴り声が、∫の不安感を煽り立てる原因となっているようで、「運転練習→ちょっとした
ミス→パパの馬鹿でかい怒鳴り声→精神的な恐怖」といった流れで(パブロフの犬のよう
に)運転練習することに対して身体が必要以上に反応してしまって、練習している時だけ
に限らず、それ以外の時でも何やらいつも落ちつかず、ハイパー・アラート状態になってい
るみたいです。

もう見ていて本当にかわいそうですよ。(涙)

特にパパが、

「今日は新しい道のりを練習するから。」

と言った日など、朝起きてから一日中、そわそわと落ち着きなく心配している感じで、私
が前向きな言葉をかけたり、不安感を減少させようとするような言葉を言っても、

「頭の中ではわかっているけど身体が僕の意思に反して勝手に反応してしまうから仕方が
ない!」

って言うんですよよ。

いや、自分自身も不安症である私自身、∫の言っていること、すっご〜くよくわかるんです
よねぇ。

それにしてもあれほどパパに、少々の間違い(ちょっとハンドルを持っている手が揺れて
車が鋭く細かく動いた)や、指導の聞き間違い(駐車場などでパパが右に行けと言ったの
にすぐに反応しなかったなど、生死に関わるような大事な間違いではない。)に必要以上
に反応して∫の気持ちを動揺させるな!と言ってあるのに、パパはものすごくせっかちで
気が短く爆発しやすいので、極端にセンシティブな∫が本当にかわいそうでありますよ。


パパは

「男は少しのことで反応してられない!生死に関わる場合など特に固まってなどいられ
ないのだから、危機感の中で咄嗟に判断して行動しなければならないんだ!だから女の
ようにちょっと怒鳴られたくらいでいちいちビビってられない!」


とか言ったようなこと言って、ドリルサージェント(鬼軍曹?)的な指導をするもんだ
から、∫の不安感は高まる一方なんです。

いつも自分がアーミーにいた時はそう言った指導を受けてきて、自分は効率よく学んだ
から有効的だなんて言うんですが、それは神経が図太くて捻くれ者のあんただから効果
があったんでしょう?と言いたくなりますよ。


第一、車の運転なんて∫にとっては初めてのことで、それもとてもシリアスな活動である
わけだから、それらのスキルを学ぶ時は精神的にも落ち着いていて、脳が情報のインプ
ットをすんなりと受け入れ、プロセスしやすい環境を与えてあげることがとても大切だ
と思うんですよ。


あれこれと路上で神経を集中させないといけないのに、横から少しのことでガーガーと
怒鳴りつけられたのではその作業自体に集中できなくなってしまうし、実際、私が後座
席から観察していると、高速に乗る入り口のところでちょっとハンドルを持つ手がぐら
ついて車体が動いたなどで超バカでかい大声を張り上げて、まるで狂人みたいに怒り狂
ってしまい、それに∫が極度に反応して(身体がビビってしまった)又、手や身体が引き
攣ってしまい、それに対してまたもやブチ切れて… っと言った感じで悪循環としかいい
ようがなく、自分の夫ではあるものの、マジで

(このおっさん、ほんま、マジでどっかおかしんちゃうか???)


と思ってしまうくらいですよ。(汗)


車の運転も「学習」で、人間の脳ってものは、「恐れや不安感、ネガティブな刺激」など
の中では効果的に学べないものだと思うのに。

そりゃ、パパの言うように「緊急時に咄嗟に判断して行動をするスキル」も確かに大切
ですが、それらはまず、基本的なスキルを身につけ、自分自身に自信を持ち、精神的にも
身体的にも”余裕”があってこそ効果的にできると思うのです。


そんなまだ、運転練習を始めて2週間ほどしか経っていないのに、すでに高速や市内の
複雑な(環状交差点とかいっぱいある道)道などを”完璧”に乗りこなせるわけないじゃ
ないですか!

パパの人に対して完璧を要求する姿には本当に参ってしまいます。


で、ティーンの子の運転指導をする際は、指導者は感情的になって怒鳴ったりするべき
ではない!というのなんか、私にしてみればそんなもの、全くのコモンセンスだと思う
のですが、人の考え方というものは本当に千差万別で、パパと私とではお互いの考え方
が全く理解できない為、お互いが衝突してしまって育児が本当に大変であります。(汗)


そして私がこちらの考えや理屈などを説明しようとしても、気短でせっかちのパパは人
の話を聞かず、いつも私が話している最中に口を挟んで自分の言いたい事をほざくので、
もう、こっちは不完全燃焼って感じでムカムカがたまってしまいます。

自分が言いたい事はズケズケと言うくせに、人の話は最後まで聞く辛抱強さが欠けていて、
他人の言うこと聞きたくないなんて、なんというコミュニケーションスキルに欠けた人
なんでしょう。

だから最近では私はパパに言いたいことがある時は、すぐそばにいるのにメールにその
趣旨を書いて送って伝えたりしてますよ。

もう、すぐ感情的になる人にはこんな風にこちらが色々と工夫してアプローチしなくては
ならないから本当に大変です。


で、今日も早速、私の思っていることを、ネットで見つけた情報とともにメールで送信し
ましたよ。

この記事にも「子供を怒鳴ってはいけない」って書いてあったし。



読んでそれでも自分の考えが正しいと主張してましたが。

もう、昔からとにかく頑固な人でしたが、最近、歳をとるにつれてその頑固さに理不尽さ
がプラスされ、そして感情的にもリグレスしてしまって、時にはまるで幼児を相手にしてい
るかのように思うくらい。

はぁ、こんな感じなんで先が思いやられますが、でも私が怯まず毎回、辛抱強く様々な
資料や情報などを抱え、パパを説得させようと頑張って話をしているせいか、パパも少し
はこちらの言い分にも耳を傾けるようになってはいるようで、今日も運転の練習の際、
「理不尽に怒鳴らないように努力はする」とか言ってましたので、まぁ、ベイビーステップ
ではありますが、私も諦めずしぶとく説得していくしかないです。


ちなみにパパは私のことをものすごく頑固で融通が利かない女と言ってますが、それは
お互い様でしょうって。(笑)

どっちも似たような性分だから、ものすごい勢いで衝突してしまうんでしょうね。

どっちも自分が正しいと信じていて譲らないから厄介です。

あっ、でも私は夫婦間のことや、自分のことに関しては(パパは気がついてないだけで)
かなり妥協をしていますし、諦めていることもいっぱいなんですよ。

そうじゃないとパパとの結婚生活なんて20年以上も続くもんじゃありません!

全てのバトルにおいて勝たないと気が済まないパパと違って、私は物事の優先順位を立て、
どのバトルは譲るべきでないか、妥協すべきでないかの見極めをしてバトルを選んでいる
だけです。

他のことに関しては妥協だらけの私でも、∫の育児や心身ともの健康衛生に関しては妥協
できないだけです。

それらの分野に関しては、私はドラゴンレィディになって火を吹いて戦うつもりです。


ところで、今日はパパとこの件について話をした後、私はうるさいから∫の練習の時は一緒
に車の中についてくるな!と私に命令したのですが、パパが練習直前にトイレに行った際、
素早くガレージに行って車に乗り込み、降りるのを拒否してそのまま居座りました。(笑)

今日は∫が新しい道のりを運転する日でして、ナーバスだけどママが後ろの座席に座ってい
たら気持ちが落ち着くから来て、と言ったので、∫のモラル・サポートとして付き添いた
かったんです。


もちろん、トイレから出てきて車に乗り込んだパパはそんな私を見て呆れた顔をしていま
したが、車から降りろと言っても私が降りないのを十分承知していたので、呆れた顔で笑
って何も言いませんでしたが。


そして、今日は(私が後ろに座っていたせいか)キチガイジジイみたいに取り乱して怒鳴
ることはありませんでした。

(やればできるやん!)

と後ろの座席で思ってた私です。(笑)

というわけで、何事についてもいつもドラマがいっぱいの我が家でありますが、違いを乗
り越えながら頑張って家族で前に進んで行きたいと思います。


この頃は、車の運転なんて、まだまだ遥か先の話だなんて思っていたのにねぇ。


a0332222_09572298.jpg



いつもブログを訪問いただきありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してます。
お帰りの際に下のバナーを押していただけると更新の励みになります。
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2016-08-10 13:40 | Driving Practices

∫の運転練習(動画)

∫が運転の練習を始めて1週間以上が経ち、毎日最低でも1時間は路上練習をしていること
もあってか、最近では運転のスキルも随分、上達してきています。

数日前にはいよいよ市内のハイウェイでの運転にチャレンジし、ここ数日間は高速を乗っ
たり降りたり、車線変更をしたりの練習を始めました。

初めて高速で練習した時は、私は多分、家にいたら(を追ってても)心配で気が狂いそう
になるだろうと思い、練習に付き添ったほどです。(汗)

時折、かなりヒヤッとさせられる場合もありますが、ハイウェイでの運転の方もまぁ、何
とかうまくこなしていってるようなので、私も最近は少し安心をし始めました。

とりあえず、この調子でスキルを身につけていって欲しいものです。

こちらの動画は先日、∫がいつものように昼間の練習をしている時に私も一緒に乗り込んで、
練習している様子を録画したものです。

最初の方はのんびりと近所を運転している様子で、その後は駐車の練習をしているところ
であります。

後でいい思い出となると思ったので、ブログにもアップしておきたいと思います。




いつもブログを訪問いただきありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してます。
お帰りの際に下のバナーを押していただけると更新の励みになります。
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2016-08-07 10:19 | Driving Practices

カテゴリ

Introduction
∫の世界
Math (数学)
Gifted/2e
Japanese
High School
School Clubs
Tutoring/Mentoring
Academic/EC Records
University (UNR)
Community College
大学受験
Life Skills
Driving Practices
発達障害
教育・学習
脳科学・心理学
育児
Memories
Resources
Family
Family Outings
Outdoor Activities
日々の出来事
シニア大学生の準備
その他の学習
英語学習(目指せC2!)
私の事
∫パパ
風景・空模様
Wildlife
Favorites
Miscellaneous
テレビドラマ・映画
なんとなく思った事
意見の衝突など

最新の記事

又してもゾンビナイトの季節到来!
at 2017-10-24 11:23
ゼネラリスト vs. スペシ..
at 2017-10-23 10:25
エッセイ地獄
at 2017-10-22 13:35
ヘリ親に続いてヘリ社会?
at 2017-10-21 15:08
自分が信用できない
at 2017-10-20 14:17

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

記事ランキング

メモ帳

   にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

夕焼け・朝焼け、雲などの空模様の写真満載の私のもう一つのブログです。
Mystica Caelum

アメリカのギフテッド教育、主にレンズーリ教授の提唱する全校拡充モデル(SEM)について紹介されているブログです。
EmbracingGiftedMinds

親バカコーナー 😊
2015 ARML
a0332222_07545094.jpg
a0332222_06213436.jpg
AIME '15
a0332222_06281821.jpg
AMC12 '15
a0332222_06570886.jpg
AMC12 '15
a0332222_06531787.jpg
MATHCOUNTS
National '14
a0332222_06311300.jpg
a0332222_06312311.jpg
MATHCOUNTS
State '14 個人戦
a0332222_06313237.jpg
AMC10
a0332222_06315148.jpg
AMC8
a0332222_06314196.jpg
CTY SAT MATH
a0332222_06215768.jpg
Flag Counter

ブログジャンル

子育て
教育・学校

画像一覧