アメリカに住む数学をこよなく愛する17歳のmath kid∫の日々の出来事を綴っています。∫の夢は将来大学の数学教授になること。13歳から本格的に地元の州立大学で数学のコースを受講し始めました。 


by あーちゃんママ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:大学受験( 69 )

狙い目は州立大のHonors Program?

まだアメリカの一流大学受験事情について何も知らなかった頃は、∫もMITやCaltech、Stanford、
Princetonなどといったトップ大学に行くことを夢見ていたみたいですが、実際、受験する時点
になって、詳しい情報や事情を知るにつれ、そういった大学に行くのは、合格する確率的にも費
用の面でもかなり無理があって厳しいという現実に直面し、今ではそれらの大学を目指すのはほ
とんど諦めているようであります。

まぁねぇ、確かにそういうアイビーとか、MITとか一流の大学では、トップレベルの教育が期待
できるのかもしれないですが、でもそういう合格率がまるで宝くじにでも当選するような(それ
はちと大袈裟ですが。)ところでなくても、よく探せばもっと合格率も現実的で、優秀な数学の
プログラムが存在する大学も他にも結構、あると思いますしね。


ちなみにこちらは2018 Best Global Universities for Mathematicsのランキングです。

アメリカ国内トップ20のみの大学を見てみると、(#は世界ランキング、赤字が州立大)


#2 Stanford University
#3 Princeton University
#4 Massachusetts Institute of Technology
#5 University of California, Berkeley
#7 New York University
#8 Harvard University
#9 University of Chicago
#12 Columbia University
#13 University of Texas, Austin
#14 University of California, Los Angeles
#15 University of Minnesota, Twin Cities
#16 Texas A&M University, College Station
#17 University of Wisconsin, Madison
#19 University of Michigan, Ann Arbor
#24 Brown University
#24 Duke University
#26 Pennsylvania State University, University Park
#29 Rutgers, The University of New Jersey, New Brunswick
#30 University of Washington
#46 University of Pennsylvania

という順位になってます。

合格率や学費の面でもリーズナブルな州立大学も結構、ランク入りしてます。


もちろん、これは1サイトのランキングに過ぎないのですが、”数学のプログラムが優れた大学”
などのキーワードで検索すると、多少のランキングの違いはありますが、アメリカ国内だと大体、
これらの顔ぶれが出てきます。

州立大でトップレベルはBerkeleyやUCLAで、もちろん、このどちらかに行けたら最高なので
すが、どちらも合格率が17.5%~18%と、かなり難関な為、まぁ、これらの大学もあまり期待
しない方がいいでしょうねぇ。(汗)

(∫は特に地域的にもBerkeleyが気に入っているみたいなので、行けたら最高〜!って言って
ますが、う〜ん、この合格率だとかなり厳しいですね。CAには優秀な生徒もいっぱいいるし。)


以前にも書いたと思うのですが、これらの大学の次に∫が注目しているのが、

・University of Michigan, Ann Arbor
・University of Minnesota, Twin Cities
・University of Wisconsin, Madison

で、ミシガンは合格率が28.6% (2016)と、これもかなり厳しいのだけど、でもBerkeley や
UCLAよりは少しマシだし、ミネソタとウィスコンシンは、数学のプログラムの評判がいいわり
には、合格率がかなりリーズナブルなので、∫の現実的なターゲットとして注目に値すべき大学
ではないかと思っています。

(∫は暑いところや湿気が多い地域は苦手だけど、寒いのは強いので、北方面の大学へ行きたい
らしい。)


そしてこれらの州立大のHonors Programも充実しているみたいだし、経済的な面から考えて
も、うちのようなミドルクラスの退職年金で細々と食べて行ってる家庭には、(中途半端な層
なので、あまり奨学金が期待できない!)学費が良心的で良質の教育が期待できそうな(数学
のプログラムの評判がいい)州立大のオナーズ・プログラムを狙うのが妥当ではないか?と思
うのであります〜。

あ〜、でもオナーズ・プログラムに受け入れられるのが、これまたかなり厳しいんですがね。

ちょっと調べたら、ミネソタ大学など、∫の専攻学部(College of Science& Engineering)
だと平均的にACT 34~35のスコアが必要だったりとか。

a0332222_11411611.jpg


University of Wisconsinの場合だと、

"About 7.5% of the undergraduate students in the College of Letters & Science
are in the L&S Honors Program."

らしく、一旦、大学には合格できてもオーナーズ・プログラムに受け入れられるのはこれまた
別のチャレンジとなりそうですねぇ。

まぁ、どうか頑張って下さいな。


そして、∫がどの大学へ行くか決まったら、私たちも多分、∫の後を追ってその地域についていく
ことになりそうです。

(最終的に私たちもその州に移住すれば、学費も”in state”(州在住者)になり、さらに学費を
セーブできるし!)

(なんだかんだ言ってもまだ、完全に一人だけにするのは心配なので、もしもの時を考えて、∫
の大学からそれほど遠くない、車で行ける距離の地域に私たちも住むことになりそうです。)

もともと私たち(パパと私)もネバダ州に長居するつもりもありませんでしたし、私もこの歳
でまた引越しするのは億劫だけど、でもこれも人生次のステップの新しいアドベンチャーとして、
エンジョイするべきですね。

(私も引越し先の新しい州、地域の大学でオンランコースを取るのもいいかも?苦笑)


あぁぁ〜、それにしても今の時点では来年のことさえまったくわからないので、予定も立てられず、
何だか気持ち的に落ち着かないわぁ。


いつも応援のポチを押して頂きありがとうございます!

ランキングに参加しています。
本日もお帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2017-12-03 12:06 | 大学受験

今年は赤字!(;_;)

世間はブラックフライデーやら、サイバーマンデーやらでショッピングに勤しんでいる中、今年は
私はサンクスギビング後の金曜日も買い物に出かけなかったし、サイバーマンデーの今日もネット
で何も買わず、今のところ一銭も(1¢?)お金を使ってませんよ〜! 

って言っても単に今年は∫の大学受験の為の諸々の費用に結構、お金を費やしてしまい、金銭的な
余裕がなくなってしまってるだけなのですが。(涙)

(今年はうちはレッドクリスマス。涙)

大学のアプリケーションって、申込金を始め、テストスコアや成績表を送る費用など、あれこれと
細かなところで出費が重なり、結構、あっという間に合計するとかなり大きな出費になってしまう
んですよねぇ…

テストスコアの送料なども本当、バカにできませんよ!


ほとんどの大学が、”SATかACTのどちらか”という場合が多いのですが、中には”SATとACTを両
方受験した場合、どちらも受験した全てのテストスコアを送ること。”と、全スコアを要求してい
る大学などもあったりして、その場合は、カレッジボードとACTの両方にリクエストして送っても
らわいといけないので、結構、金額的にかさばってしまうんですよ!

(ちなみに、ミドルでタレントサーチの一環として受験したSAT/ACTは送らなくても良い。)


SAT (カレッジボード)の場合は一つの大学だったら、違ったテスト日のスコア(Subject testも
含む)を複数送っても一律$12.00なのですが、ACTの場合は一つの大学でも各テスト日単位で
$13.00払わなくてはならず、(ACT、なんやねんな〜〜!)と、ちょっとムカついてしまいます。

(スコアチョイスにおいては、カレッジボードのほうが断然、良心的。)

だから、アメリカの大学受験者の皆さん、準備ができていないのに、やたらめったらSAT/ACTを
受けまくるのはどうかな?と思いますよ。

大学側は、”全てのスコアを見て、一番高いものにフォーカスする”とは言ってますが、試験を5〜
6回も受けていて、中には望ましくないスコアなど含まれていたら、それも大学側の目に触れる
ことになりますのでねぇ。

受ける前に慎重に計画を立て、金額的な負担を抑えるためにも、準備ができてから各テストを2
〜3回ほど受けるのが妥当ではないかと思います。

ちなみに∫は高校時代にはSATは3回 (9年生x1、 11年生x2)、ACTは2回(11年生x2)と、
両方で合計、5回受験しているので、”全スコア”のポリシーの一つの大学を受験する場合、

SAT @$12x1=$12
ACT @$13x2=$26

合計 $38.00

となり、それに加えて申込金が平均$70〜$80くらい、そして、中にはDual Enrollmentの場
合は各大学やコミュニティ・カレッジからトランスクリプト(成績証明書)も頼まなくてはなら
ず、その費用も1校、1枚につき$7〜$8とか取られ、なんやかんや言ってる間にかなり出費
が重なってしまってます。(涙)

あっ、それに加えてCSS Profileの提出を要求している大学だと、その申込金$25+各大学@
16ドルと、これまた結構、出費が重なったり。


だから今年はもう、クリスマスも何もなし!

ちなみにこちらが全てのSATスコアを送らなければならない大学リストです。


そしてこちらがACTに関する情報です。


こう言った、大学によってのテストスコアのポリシーを把握しておくと、予めテストに対する
戦略が立てやすいのではないかと思います。


(私は知らなかったので、9年生の時に∫が試しにSATを受験したい!と言った時、何も考えず
に受けさせましたが、今考えるとその時のリーディングのスコアがかなり低かったので、今と
なってはその軽はずみな判断に少し、後悔しています。汗)


…というわけで、これからもまだまだ、我が家の大学受験による家計赤字状態は続きそうです…145.png


いつもブログを訪問いただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
1日一回お帰りの際に応援のポチを押していただけると
更新の励みになります。
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2017-11-28 17:33 | 大学受験

だから先延ばしにするなと言ったのに!

∫が受験するいくつかの大学の締め切りが11月1日で、今日(10月30日)の時点でやっと全て
エッセイを書き終え、いざ、提出しようと思ったら、コモンアプリケーションのサイトがダウン
してしまってて、提出できないじゃありませんか!

もぅ、信じられない〜。😭

あれほどこんな切羽詰まった状態になる前に、早めに願書作成に取り掛かるようにと言ってあ
ったのに、いつものごとく、最後の最後まで先延ばしにしてしまうからこんなことになってし
まったじゃないのよー!

エッセイもまだ時間に余裕がある夏休みから書き始めるようにと言ってたのに!

まったく、お尻に火がつかないと動き出さないんだから。

(って、自分もそうなので、人のことを言う権利はないですが。苦笑)


コモンアップもEarly Action(早期受験)の締め切り日の数日前は、∫みたいな”先延ばし組”
でサイトの交通が増えるというのは事前に把握しているはずなので、それ相応のテクニカルな
対応をしておくべきでしょうに。😠

何だか、何から何までスムーズにいかなくて、アメリカの大学受験は本当にストレスフルだわ!

早くサイトが復活するといいのですが…汗

教訓:生徒の皆さん、大学受験の手続き、特にエッセイ作成は早めに始めましょう。

追記:

その後、幸い、数時間後にコモンアップのサイトが復活し、なんとか無事にいくつかの願書を
提出することができました。

はぁ〜、とりあえずよかったぁ〜。 (((;-д- )=3

いつもブログを訪問していただきありがとうございます。
お帰りの際に応援のポチを押していただけると、∫の大学受験の励みになります。(笑)
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2017-10-31 13:22 | 大学受験

エッセイ地獄

受験するいくつかの大学の締め切りが後、10日くらいに迫っているのに、まだほとんどエッセイが
仕上がっていないので、∫は今週末は家に閉じこもり、缶詰状態でエッセイ作成に専念しています。

今週は私は優雅に例の文学の読書に浸ろうか、などと思っていたのにそれどころではない!

私の方も∫が書いたエッセイの下書きを次々に読んで、意見や提案をしたりと、フィードバックし
てあげるのに、かなり時間を取られてます。

かなりの量の英文を読むのは疲れる…153.png

うちは定年退職の年金で細々と暮らしている身なんで、プロのカレッジ・コーチングにエッセイ指
導をしてもらうような金銭的余裕もないので、∫はすべて自力で頑張るしかないです!


一応、ネットで見つけたこのような情報などを参考にしているみたいですが。


私は、似たようなテーマだったら、すでに書いたエッセイの一部をコピぺしたりして、うまく編成
したらいいんじゃ?っと言ってるんですが、(なんという親!)本人にはそれなりのこだわりがあ
るみたいで、各大学の一つ一つのエッセイに対して、真心を込めて丁寧に書いているみたいです。


でも、基本、文章を書くのが好きな∫も、さすがに決められた(似たような)テーマのエッセイを
大量に作成するのにうんざりしているみたいですが、これも仕方がないですよねぇ。

(締め切りに追われている作家みたい…😂)

だからあれほど、夏休み中に早めに書き始めろと言っておいたのに、何だかんだと言って後延ば
しにした自分が悪い!


アメリカでの大学受験を控えている学生の方、(そして親御さん)エッセイ作成は夏休みくらいか
ら早めに取り掛かり始めた方が絶対にいいですよ〜!

そして、このエッセイ地獄は明日も続く…

おまけ

先日、外出した際、ハイウェイから面白い雲模様が見えました。

大きな雲の下の方だけ白い線状になって輝いていて、とっても不思議な風景でした。

a0332222_12544144.jpg


a0332222_12543121.jpg


a0332222_12545005.jpg


a0332222_12550642.jpg

いつもブログを訪問いただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
1日一回お帰りの際に応援のポチを押していただけると
更新の励みになります。
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2017-10-22 13:35 | 大学受験

一番オリジナルで賞

これまで∫に送られてきた大学の情報カタログや勧誘メールで、(おぉぉ、これはなかなか実用的
でオリジナルではないか〜!)と思ったのが、こちらのHarvey Mudd Collegeからのもので
はないでしょうか!

*ちなみに以前も紹介しましたが、この大学についての情報はこちらへ。


一見、トランプのように見えるこのカード…

a0332222_14174255.jpg


a0332222_14175552.jpg


やっぱり、ちゃんと実際に使えるトランプでした!

a0332222_14181242.jpg


各カードに大学の説明やアカデミックな分野についての情報が書かれていて、カタログ(広告)
としてはなかなか粋なデザインじゃないの?と思いましたよ〜。

a0332222_14182456.jpg

色んなタイプのトランプを集めている∫のコレクターアイテムの一部になりました。(笑)


いつもブログを訪問していただきありがとうございます。
お帰りの際に応援のポチを押していただけると、∫の大学受験の励みになります。(笑)
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2017-10-13 14:33 | 大学受験

MITの出張入学説明会へ行ってきました。

こちらの「ついてないなぁ… (/_;)」に詳しいことは書いてますが、去年、∫にMITから学校案内/
入学説明会の案内状が送られてきて、場所は少し離れたカリフォルニアの高校だったけれど、とりあ
えず出席するように予約を入れていたところ、その前日に車が故障してしまい、訪問をキャンセルし
なければならなくなったという出来事から、早くも1年以上が経つんですねぇ。

(月日が経つのが本当にあっという間で、なんだか目がクラクラします…)

出席できないとわかった時点(説明会の前日)で、∫がMITのアドミッションオフィスへその事情を
説明するメールを送ったら、その後すぐにアドミッションオフィサーの一人から、

「知らせてくれてありがとう。今回は残念ですが、諦めずに次の機会にぜひ、参加してください。」

と言った内容の、丁寧で感じの良い返事が送られてきたので、とりあえずホッとしてました。


で、今年も少し前に同じくカリフォルニアの同じ場所(Davisー私たちが住んでいるところから一
番近い)で行われる入学説明会の案内と招待状が送られてきてたので、今年こそは何もハプニング
がなく参加できますように!と祈りながら、出席の予約をしてました。

昨日の土曜日がその日だったので、私たちは昨日、ほぼ一日中かけて、カリフォルニアのサクラメ
ントから少し離れたDavisにある高校で行われた、MIT出張入学説明会に参加してきました。

昨日の朝焼け。

a0332222_07063871.jpg


説明会は午後2時からだったので、少し早めに現地に到着した私たちは、説明会会場のすぐ近くの
日本食レストランでランチをすることにしました。

ちょっと暗いですが、レストランの中。まだお昼ちょっと過ぎだったので、店内は空いてました。

a0332222_07065278.jpg


ここ最近、現在、ノースキャロライナから訪問中の甥っ子をあちこち連れて回っていて、毎日、
長距離運転をしているので、この日も片道2時間半のドライブの後、ちょっと疲れ気味なパパ。

(私は運転嫌いだから、よっぽどのことがない限り運転するのを避けている!笑)

a0332222_07070609.jpg


∫はあまりお腹が空いてなかったので、前菜の「ハマチのカマ」だけ注文。
とても美味しかったそうです。

a0332222_07072567.jpg


リノの日本食レストランではなぜか、滅多にメニューで見ることがないので、パパと私は久しぶり
にすき焼きを注文したのですが、私にはタレがやたら甘すぎて、すっかり失望…

(しいたけじゃなくて普通のマッシュルームを使ってたみたいなので、しいたけの風味もなくて
これまた残念なお味でした…)

a0332222_07073714.jpg


そしていよいよ入学説明会へ。

a0332222_07074685.jpg


a0332222_07075716.jpg


プレゼンで説明されていた情報は、私はほぼすでにネットやらで得て知っていたので、プレゼン中
は退屈で、お腹が膨れているのも手伝ってか、終始、凄まじい眠気に襲われてしまい、一番前の列
だったにもかかわらず、こくこくと眠りこけそうになりましたよ〜。(汗)

(高校時代のお昼すぐ後の授業で、強烈な睡魔と戦い苦しんでいた頃のことを思い出しましたよ。笑)

プレゼンターの方、本当に申し訳ないです。

でも、その後の質疑応対のセッションでは、参加者たちがあれこれと興味深い質問などを投げかけ
ていて、その時にやっと目が覚めました。(苦笑)


参加者のほとんどが、生徒とその父兄だったのですが、(中にはちらほら学校の先生やガイダンス
カウンセラーもいたみたいですが。)子供達はどこ?って感じるくらい、質問者の多くが親御さん
達で、なんだかすごい”一流大学を目指すペアレント・パワー”が漲っているのが感じられましたよ!

土地柄(カリフォルニア)もあるのかもしれないけれど、やっぱり親たちのパワーがすごいわ!

うちは∫も私たち(私とパパ)も何も質問しないまま、ただじっと座って他の人の質問&プレゼン
ターさんの応対を聞いてましたが。


あと、この説明会にはこの地域を担当するEC(インタビュアー)も5人ほど来ていて、(彼らは
皆MIT卒業生)最後の方では参加者とインタビュアーとが気軽に話ができる時間も設けられていた
のですが、私たちはネバダ州で担当者が違うため、あえて彼らと会って挨拶や話をする必要性も感
じられなかったので、それはスキップしてそのまま立ち去ることにしました。


a0332222_07080729.jpg


実際、∫のEC(インタビュアー)はすでに決まっていて、この方、実は以前、∫と一緒の北ネバダ
数学クラブのメンバーだったD君のお父さんで(D君は∫より1学年上で、今年からMITへ行って
いる)彼は私達と一緒にラスベガスで行われたARML(数学のコンテスト)にも同伴していて、
私たち親同士も馴染みがあるんです!


D君のお父さんは、北ネバダ数学クラブの活動を通して、∫のことを見る機会もあったことから、
短期間で知らない人に自らをアピールするのが苦手な∫にとっては、全く知らない人を相手にす
るよりも、D君のお父さんが担当で、この偶然のアレンジメントは、本当にラッキーだとしか言
えません!


ただ、インタビュー以外の願書の内容に関しては、∫はD君のような超人的な輝かしい功績はない
ので、かなり厳しいとは思いますが。汗)


(D君はデイビソン・アカデミーの生徒で、USAMOやサイエンスオリンピックなど、全国大会
レベルでの功績をあげているし、あの、RSI-Research Science Instituteに選抜されたり
と、∫とはレベルが違い過ぎですし。103.png やっぱりこういう子がMITに合格するんだろうなぁ。)


まぁ、でも∫も自分自身、ダメ元ってのは十分、認識しているみたいですし、実のところ、∫はそう
いう非現実的な夢を追うよりも、現実的なウィスコンシン大学マディソン校への関心がどんどん
高まっているみたいなので、(ここには∫が大尊敬する数学教授、Dr. Jordan Ellenbergがいる)
MITがダメでもそれほど心を病むこともないみたいだし、高校時代を”受験のため”じゃなく、”自
分のやりたいこと”を優先し、充実した時間を過ごしてきたので、たとえ志望校に合格しなかって
も”ビターな気持ちは何もない”っと言ってて、そのヘルシーな姿勢に私も安心しています。


周りに翻弄されるのではなく、自らの信念や願望に基づき、自分自身でゴールやプランを立て、
それらを忠実に実行していく∫の姿に、精神的な強さや、自分自身を尊重する姿勢、人生を心か
ら楽しんでいる様子が感じられ、(そうよ!それでいいのよ〜!)と、∫の考え方や生き方に大い
に共感するのであります。


とりあえず、受験生として、やっておくべきことはやったので、結果がどうであれ悔いなしです。

(それにしても、久々に大学受験に関しての過去記事を読み返してみたのだけど、本当に年々、
更に過酷になっていってる感じが…148.png


いつもブログを訪問頂きありがとうございます。

ランキングに参加しています。
お帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2017-10-09 09:42 | 大学受験

前もって言ってあったのに!(;-д- )=3

大学受験の願書を提出する際、資料の一部としてスクールカウンセラーによるSchool Report
(学校報告書)というのも提出しなければなりません。

その中には、School Profile(学校のプロフィール)と言って、生徒、教員数やクラスのサイズ、
提供しているコースのリスト、(Honors, AP, IBなど)卒業率など、その他諸々の学校の情報が
含まれた報告書みたいなものも含まれているようです。

大学側は、応募者の履修した/しているコースや成績などを、これらの情報、特にオファーされて
いるコースのリストなどと照らし合わせたりして、”手元にある学習の機会を最大限に活用してい
るか?”(一番難関でチャレンジングなコースにトライしているか?)などといった部分を審査す
るみたいであります。

例えば、APのクラスがオファーされているのに、代わりに普通やHonorsのクラスを履修してい
た場合など、審査する側は、”最もチャレンジングなコースがあるにもかかわらず、それを履修し
ていない=チャレンジを避けている”と捉える場合もあるかもしれないので、もしAPがオファー
されているのであれば、なるべくそれらを取るべきだ、などと言った話をよく聞いたりします。

(自分の専攻や、関連分野の科目は特に!)

その事を聞いていたので、私は事前に∫の学校のサイトで正式に掲示されているコースリストを
チェックしてみたら、2年間連続で∫がリクエストして、その度にいつも”学区の経費の都合の為”
と2年連続で申請を拒否されたAP Physicsがまだ載ってたじゃありませんか!


∫は本当はAP Physicsを取りたかったのに、毎年、「今年はオファーしていない!」と言われ続
けたので仕方なく、前学年度は、Honors Physics、そして今年はAP Environmental Science
を取っているのに、HPにはまだAP Physicsがオファーされていることになっていた為、誤解の
ないように、「大学へ報告書を提出する前にはきちんと訂正するか、報告書ではAP Physicsを
含まないでください。」と前もって頼んでいました。


その時は校長もスクールカウンセラーもきちんと認識して、「わかりました。訂正しておきます。」
と言っていってたんです。


が、先日、∫がコモンアップにログインしたら、学校報告書の部分がすでに「提出されている」の
ステイタスになっていたので、念の為に確認する意味で今日、∫がチュータリングのボランティア
の為にキャンパスを訪れた際、ガイダンスカウンセラーのBさんに”AP Physicsが除かれた、訂正
した報告書を送ったか?”と確認したところ、

うっかりしていて、訂正せずにそのまま送ってしまった!

ということでした。


あれだけ∫が事前に「とても大切な事だからきちんと対処しておいてください!」と念を押して言っ
ていたのにこれですからね。

もぅ、私も本当にあまりのずさんさに怒りと驚きで言葉を失いましたよ… ( ゚Д゚)


∫はきちんと校長とカウンセラーのどちらにも頼んであったのに、本当に信じられませんよ。

(いや、アメリカに長い事住んでいるんだから、正直、”信じられます”がねぇ。汗)

∫はその場で訂正したものを送り直すか、訂正できないのであれば、追加情報として、AP Physics
は含まれていないと言った趣旨のメモを再度送って欲しい頼んだみたいで、カウンセラーは直ちに
対処すると言ってくれたみたいでした。

でも、それにしてもあれだけ事前に言っておいたのに、マジ〜?って感じですよ。

こういう審査の一部に関わるかもしれない大切な事項って、こちら側(父兄)がリマインドしな
くても、学校側がきちんとチェックして、率先して訂正しておくべきなんじゃないの?と思うの
ですがねぇ。

∫も本当に信じられないって感じでしたよ。


そしてこれもまた、絶好の”teachable moment”だと思い、”もしも〜だったら…”と先々の予想
できる(ネガティヴな)状況を常に想定し、それらを避けたり、未然に防ぐために、事前に率先
して処置をとることを心がけるように”と言い聞かせましたよ。


特に今回の場合は、どれだけこちら側が事前に手を打っていてもこういうこと(校長・カウンセ
ラーの手落ち)もあり得る、だから、手遅れになる前に、きちんとタスクが遂行されているかを
確認することの大切さなどもコンコンと言って聞かせましたよ。

(いや、まさに絶好の例を身をもって体験したので、私が言うより説得力があったみたい。)


数日後、カウンセラーがきちんと訂正版を送ったか確認させる予定ですが、∫には”しつこいやら
鬱陶しいと思われても、自分の将来や人生に関わる大切なことは、小さいことでも妥協せずに
きちんとテイクケアすべきだ!と言ってあるので、(そして本人も同意している)きちんと
フォローアップするでしょう。


それにしても毎回毎回、どうしていつもこんな風に、きちんとやるべきことがなされてないのか、
本当に不思議でたまりません。120.png


いつもブログを訪問いただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
1日一回お帰りの際に応援のポチを押していただけると
更新の励みになります。
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2017-09-30 11:25 | 大学受験

推薦状のチートシート

∫の大学受験の願書作成の準備、毎日、何かと忙しくて、思ったようには進行していませんが、週
末などのまとまった時間がある時を利用して、少しづつ進めて行ってはいるようです。


先週の金曜日もいつものように、毎週行われている数学ピア・チュータリングのボランティアと、
(自分が結成した)学校の数学クラブ活動の為にオンラインスクールのキャンパスを訪れたのです
が、その際、数学と国語の先生、そしてスクール・カウンセラーに、大学受験用の推薦状とスクー
ルレポート(学校についての報告書)を書いてもらうようにお願いしてきたみたいでした。


数学と国語の先生に関しましては、二人とも∫がこの学校に転入してきて以来(9年生の新学年度
が開始して約1ヶ月ほど経った頃)∫の事をずっと見てくださっているので、∫のアカデミックな
分野だけでなく、人格的な部分もよく認識してくれているみたいなのでありがたいです。


特に、数学の先生、Mr. Dは、∫が数学クラブを創立したいと申請した際も、業務的なことなど、
色々含めて、∫の願いを現実のものとするお手伝いをしてくださりましたし、∫の数学や、数学教
育に対する並ならぬ情熱も認識してくださっているみたいで、推薦者としては絶好の人物の一人
ではないかと思います!


国語の先生も、9年生から11年生の3年間、∫を担当してきて、∫の英語力・文章力の発達などの
学習面だけでなく、”一人の個人としての成長に大きく心を動かされ、インスパイアされている”
などと、∫に対してすごくポジティヴな言葉をかけいただいているので、まぁ、まず、心配する事
はないだろうと思っています。


ただ、ガイダンス・カウンセラーの方が、彼女は今学年度が始まって、新しくこの学校へ移動し
てきたばかりで、”推薦状”と言っても∫の事など個人的なレベルでは全く認識がない為、書くの
に苦労するんではないか?ということで、∫は少しでも自分の事を知ってもらう為の「自己紹介」
的な推薦状のチートシート(個人情報シート)を作成して、新しいガイダンス・カウンセラーの
Bさんへ渡したとのことでした。


ネットで”Letter of Recommendation cheat sheet"でググると色々な情報や、フォーマット
などが出てくると思うのですが、∫はこちらのPDFのフォームを利用したみたいでした。

最近の子って、こういうのも全部自分でネットでリサーチしたりして、本当に偉いわ!

ちなみに、∫が自分のことをどう説明しているのか興味があり、先生やカウンセラーに渡した後
でしたが、私も見たいと言ったら見せてくれました。

こちら、チートシートの一部。
a0332222_13392994.jpg

おぉぉ。自分の”3 most admirable qualities"を説明した部分など、私が感じる∫の特質がその
まんま書かれていて、私から見た∫と、∫が自分から見た∫とがマッチしている感じで、∫って結構、
自分のことを客観的にみてるかも?などと思ってしまった。

歪んだネガティヴなセルフ・イメージとか自己概念ではなく、結構、ヘルシーな見方?

目的志向だけど、でもちゃんと”リーズナブルなゴール”って認識しているとこがなかなかやん!(笑)

そういう”現実的”で”リーズナブル”なスタンダードや目標を設定することって、有害な影響を及
ぼすタイプの「完璧主義」に囚われる可能性も低いと思いますしね。


そして最後の大学卒業後、将来の希望の部分ですが、

"I hope to change the lives of math-averse by showing them the true elegance
and relevance of mathematics."

っというの、自分の母親が大の”math-averse"(数学嫌い)なんで、まず、一番近い身内から
変えていかないといけませんよね。ぶはは。103.png


いつもブログを訪問していただきありがとうございます。
お帰りの際に応援のポチを押していただけると、∫の大学受験の励みになります。(笑)
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2017-09-26 14:02 | 大学受験

笑ろたー!(その2)(;゚;ж;゚; )

先日、よく封筒を見ずに(どうせ又、何らかの広告チラシだろう)と中を覗くと、何やらエリック・
カール調の絵が描かれたカードみたいなものが入ってました。

”Green dinosaur, Green dinosaur, What do you see?"みたいな感じで…(笑)

a0332222_07293946.jpg

それ見て、まだ∫が小さい頃によく送られてきていた、「子どもブッククラブ会員の勧誘メール」
の類を思い出し、なんでまた今頃?と思ったのですが、その小冊しを開いてみると、なんと、
MITの受験案内の資料でした!

a0332222_07295560.jpg

なんだかイメージ的にあまりにも意外なデザインだったので、つい笑ってしまった! 

(;゚;ж;゚; )


いつもブログを訪問頂きありがとうございます。

ランキングに参加しています。
お帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2017-09-09 07:54 | 大学受験

大学を早く卒業できそう?

いよいよ本格的に大学受験の時期に突入し、最近、∫はかなり真剣に志望校のリストを絞り込んで
いってます。

もちろん、CaltechMITUC Berkeleyは今でも∫にとって”ドリームスクール”であること
に変わりはないのですが、これらの大学のとんでもなくクレイジーな合格率(6〜8%くらい)を
考えると、受かるのはまず、現実的だとも思えないので、最近では、”∫のアカデミックと課外活動
のプロフィールだと、まぁ、期待がもてそうかな?”といった、もっと現実的なレベルの大学へと
興味が傾いているようです。


前にも言いましたが、その中でも∫が一番、興味を示している大学というのが、数学のプログラム
の評判がいいUniversity of Wisconsin, Madison(ウィスコンシン大学マディソン校)で、
大学の数学学部のサイトで専攻について詳しいことを調べれば調べるほど、この大学へ行きたいと
いう気持ちが強くなっているみたいです。


この大学は州立大なのですが、「パブリック・アイビー」とも呼ばれ、アカデミックな面全体とし
てもなかなか評判が良いみたいだし、大学は周りが湖や自然に囲まれていて、環境的にも素晴らし
そうなところで、もし∫がこの大学に行くことになれば、私も∫を追って、ウィスコンシン州に引っ
越ししたいと思うくらいですよ〜。

(多分、マジでそうするんではないかと思います。笑)


そしてこの大学のもう一つの利点と言えば、アイビーリーグやCaltech、MITなど大学と違って、
高校時代に修得したカレッジのコースや、APの単位も認めてくれるみたいなので、∫がこれまで
修得した(そしてシニアの学年に取る予定の)単位も無駄にすることなく、そのままそれらを
学士号取得の為に必要な単位(120単位)の一部として認めてもらえるみたいなんですよ。



ちなみに、それらの単位は一体、どのくらいになるのだろうと計算してみたところ、これまでの
AP単位(試験のスコアによって若干単位数が変わってくる)、UNR、CCで取得したカレッジの
単位、これから12年生で履修するAPとカレッジのコースの全てを総合すると、なんと、高校卒業
した時点で80単位取得することになるようです!


それらが全て認めらるなら、120-80=40ということで、大学に入学した時点で後、40単位ほど
取ればいいということになります。

∫はできればこの大学の数学学部のHonors Programを目指しているようなので、そうなると一般
よりももっと単位が必要になるのかもしれませんが、まぁ、仮にそうだとしても後、60単位くらい
と見ても、入学して2年くらいで卒業できるかも?などと思ったりしてます。


そうなれば、20歳くらいで大学院へ進め、予定より2年くらい早くPhD(博士号)を取得する事が
できるかもしれませんしね。

なんて、こちらが勝手に夢を見ているだけですが。(爆笑)

とりあえず、もし、今までの単位を認めてくれるのであれば、これまで注ぎ込んできた学費も無駄
になることもないですね。


尚、これは地元の州立大のUNRにも適応することで、このままDual Enrollment(パートタイム)
から正式な”degree seeking undergraduate”のステイタスになれば、ここでも80単位ほど認め
てくれるので、学部は1年半〜2年くらいで終了することができます。

でも、本人はUNRに行く気はないみたいですが。(苦笑)


どの大学に行くにせよ、自分にとって意義があり、満足のいく数学のプログラムであれば、本人
はハッピーだと思うので、私も∫の選ぶ道(大学)を応援してあげたいと思っています。


おまけ

今学期、UNRで履修している線形代数学IIのクラスは、大学の医学部のビルディングで行なわれて
いるらしい!

(今まで数学のコースは8クラス履修したけど、医学部で行われたのは今回が初めてだそう!)

この日(昨日)はどんより曇ってて薄暗かったので、写真がきれいに撮れなかった。

a0332222_09021592.jpg


a0332222_09022555.jpg

クラスに向かっているところ。

a0332222_09024133.jpg

昨日はクラスの後に2時間、A君の個人指導セッションもあったので、全てが終わった時には周り
はすっかり暗くなっていたみたいです。(8時ごろ)

∫による、スチューデント・ユニオン前の写真。

a0332222_09030987.jpg

最後に、日本人留学生によるウィスコンシン大学マディソン校の様子を語った動画です。




いつもブログを訪問頂きありがとうございます。

ランキングに参加しています。
お帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2017-09-08 11:13 | 大学受験

カテゴリ

Introduction
∫の世界
Math (数学)
Gifted/2e
Japanese
High School
School Clubs
Tutoring/Mentoring
Academic/EC Records
University (UNR)
Community College
大学受験
Life Skills
Driving Practices
発達障害
教育・学習
脳科学・心理学
育児
Memories
Resources
Family
Family Outings
Outdoor Activities
日々の出来事
シニア大学生の準備
その他の学習
英語学習(目指せC2!)
私の事
∫パパ
風景・空模様
Wildlife
Favorites
Miscellaneous
テレビドラマ・映画
なんとなく思った事
意見の衝突など

最新の記事

日本語⇆英語の習得は難しい!
at 2017-12-13 11:26
やっ、やばい…
at 2017-12-12 13:13
こういう道もあるのかぁ
at 2017-12-10 11:16
4つ終わって、あと残り4つ!
at 2017-12-09 11:10
ちょっとお兄さん気取り?
at 2017-12-08 09:56

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

記事ランキング

メモ帳

   にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

夕焼け・朝焼け、雲などの空模様の写真満載の私のもう一つのブログです。
Mystica Caelum

アメリカのギフテッド教育、主にレンズーリ教授の提唱する全校拡充モデル(SEM)について紹介されているブログです。
EmbracingGiftedMinds

親バカコーナー 😊
2015 ARML
a0332222_07545094.jpg
a0332222_06213436.jpg
AIME '15
a0332222_06281821.jpg
AMC12 '15
a0332222_06570886.jpg
AMC12 '15
a0332222_06531787.jpg
MATHCOUNTS
National '14
a0332222_06311300.jpg
a0332222_06312311.jpg
MATHCOUNTS
State '14 個人戦
a0332222_06313237.jpg
AMC10
a0332222_06315148.jpg
AMC8
a0332222_06314196.jpg
CTY SAT MATH
a0332222_06215768.jpg
Flag Counter

ブログジャンル

子育て
教育・学校

画像一覧