アメリカに住む数学をこよなく愛する16歳のmath kid∫の日々の出来事を綴っています。∫の夢は将来大学の数学教授になること。13歳から本格的に地元の州立大学で数学のコースを受講し始めました。 


by あーちゃんママ

プロフィールを見る
画像一覧

<   2015年 08月 ( 33 )   > この月の画像一覧

なんとかドツボから這い上がって来ました(苦笑)

昨日はここ数日間感じていた悶々とした気持ちや苛立ちが頂点に達し、そういった
感情を通り越してしまい、なんだか精神的に無感覚で何も感じずることができず、
内面が「死んでしまった」かのように感じていたのですが、そういう「精神が麻痺
状態」に陥った時は”何か強く感じる刺激”を求めたくなる私は、昨日は夕方くらい
から一人部屋に閉じこもり、ぶっ続けでそういった「心に強烈なインパクトを与える」
類のドキュメンタリーの一気観をしました。(苦笑)


小さい頃、そして青年期に様々な精神的、肉体的な虐待を受け続け、大人になって
からは何百人もの人を殺したサイコパスシリアルキラーの自伝的ドキュメンタリーや、

メキシコから”より良い人生の機会”を求めてアメリカにやってきたのに、小さい
田舎町の地元の高校のフットボールチームのメンバー達に複数で殴る蹴るの暴行に
あい、その時の後頭部の打撲が原因で死んでしまったメキシコ人の青年に対する
ヘイトクライムの話や、

(彼を暴行殺害した高校生達は結局、裁判で「殺人」の罪は無実となり、暴行など
の軽い罪のみ有罪となる)


妻を殺害した容疑で逮捕され、不公平な裁判で「有罪判決」となり、25年間投獄
された後、Inocence Projectイノセンス・プロジェクト)の長期にわたる
献身的な活動によって、最終的に潔白証明され、遂に自由の身となった男性の話を
描いたドキュメンタリーなどを何時間もぶっ続けで観ました。


特にこの↑の冤罪についてのドキュメンタリーは、昔から私が特に関心を抱いて
いるトピックであることから、作品の初めから終わりまで、始終画面に吸いつか
れるように集中してみてしまいました。

こちらがそのドキュメンタリーです。

An Unreal Dream : The Michael Morton Story

a0332222_07363895.jpg


ドキュメンタリーの形式として、無実の罪に問われたその男性の証言や、個人的
な思いを語る部分がバックボーンとなっていて、彼の話から彼の内面の世界を直
接覗き込むことができたかのようで、そういった部分からも彼の苛立ちや悲しみ、
恐れ、失望感などが強く感じ取られ、私の心に強烈に響いてきた感じがしたので
ありました。


こういう社会的問題を話題にした話、特にそれらが個人に与える偉大な影響を考
えるともう、”何かを感じられずにはいられない!”という感じで、それまで死ん
でいた?(麻痺していた)心の感覚のリセプターが再活性化されたような感じが
しましたよ。


これらのドキュメンタリーを観て、苛立ちや悲しみ、同情心やとてつもない怒り、
そして尊敬の念や人類に対する希望、インスピレーションなどと言った、様々な
感情が入り混じって私を襲ってきたかのようで、「無」の状態からいきなり強烈
な「感情過多」の状態になり、ちょっと精神的に圧倒されてしまいました。


でも、痛みや苦しみ、悲しみ、怒りと言ったネガティブな感情でも「何も感じら
れない」より断然、マシであります。

(私の場合ですが。)

心が「無感覚、死んでいる」状態って、指一本動かすのも大作業というくらい
エネルギーを消耗してしまって、何も出来なくなる状態になるんで。

こういう強い感情は、行動の大きな原動力となるような感じがします。


私が以前から尊敬してやまないBarry Scheck氏を始めとするイノセンス・プロ
ジェクトの人たちも、こういった「司法上の不正、不法」に対する苛立ちや怒り、
不正を正そうとする正義感、そして無実者に対するcompassionなどといった
強い感情があるからこそ、それらが大きな原動力となって、あれこれとややこし
くてもどかしい様々なレッドテープ(官僚的なシステムや非能率的な状況)に
直面しながらも、自分達の信念を貫きながら活動を続けていけるんでしょうね。


それにしてもアメリカの司法システムって本当に完璧からほど遠いし、人間が
絡んでいるからやはりどのレベルでも汚職やカバーアップなどが関わってきて、
判決がその個人の人生や、時には命自体に関わってくるという事を考えると、
現在のシステムにどれだけ「改善」が必要かというのは言うまでもないですよね。

あっ、ちょっと記事の本題から話が逸れてしまいましたが、(これも私がいつも
通りに戻ってきた証拠でしょうか? 苦笑)とりあえず、昨夜は色んな感情で
気持ちが高ぶってしまい、なかなか寝付けず今日は少々、睡眠不足気味ですが、
でもまた、あれこれと色んな事を考える気力が戻ってきたのを感じてます。


そして、こういったドキュメンタリーを観て、不運な出来事を体験したり、困難
な状況の中に立たされた人達の事を考えると、私の日頃の悩みなんて全く比べ物
にならないほどスケールが小さくて、何だか自分が恥ずかしくなってしまった
くらいです。

そういった意味でも、いいリアリティチェックになったというか…

でもたまにはこうやって、自分の好きな事をする時間を割いて、精神的なエネルギー
の充電をし、自らの精神衛生に氣を配る事は大切ですね。

私の場合はNetflix、 huluセラピーが効果的であります。(笑)

というわけで、なんとかドツボから少しづつ這い上がってき、今日は少し元気
を取り戻しました。

FBや個人的にメッセージを送ってくださった友達の皆さん、本当にどうもあり
がとうございました。

皆さんの労いや励ましの言葉にもどれだけ気持ちが救われたことか!

明日は月曜日でまた新しい週が始まるので、家事や∫の学習のサポートなども
頑張らないと!ですよね。


いつもブログを訪問いただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
1日一回お帰りの際に応援のポチを押していただけると
更新の励みになります。

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2015-08-31 08:01 | 私の事

ドツボから抜け出せない…

本当は∫の事で書きたいことがあったのですが、なんだかここ数日の間身体的にも
精神的にもずどーんとドツボに深くはまってしまい、究極の鬱の状態なんで、今日
は記事を書く気力もありません…

(左肩と腰の痛みに苦しみながら、家事とか(普段以上に)やらなければいけない
事も山ほどある中、(∫以外の周りの者に)精神的にコテンパンに殴り蹴りにあっ
てるという感じでもうしんどい。)


自分の家なのに「落ち着ける行き場」がないなんて、なんか、久しぶりにもの
すごく辛いです…

まるで巨大なブラックホールの中に吸い込まれて抜け道がないって感じ。(汗)


というわけで、ちょっと様子を見てまた少し気力が戻ってから、書きたかった記事
を書こうと思います。

明日は少しは気分がマシになっているといいのですが…


いつもブログを訪問していただきありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加しています。
応援のポチを押していただけると更新の励みになります。

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2015-08-30 08:16 | 私の事

本当にうざいっ (-_-メ)

本当はブログであまり愚痴をこぼしたくないんですが、なんだか今日はいつもの
ように気持ちの切り替えが出来なくて、ずっと悶々とした気分でいます。(-_-メ)

詳しい事を暴くのは避けたいと思うのですが、でも基本的な話、やっぱり私には
「私」という「個人」の性格や考え方、信条、方針などを尊重してくれず、(自
らの家、家庭内であるにもかかわらず)ドカドカと精神的に侵入してくるような
タイプの人とは長い間一緒に暮らせません!


こちらが何度きっぱりはっきり主張しても、表面的には”わかった”ふりをして、
最終的には私の要望を完全に無視して、強行的に自分のやりたいことをやって
自らの意思を貫き通すタイプの人には「相手に対するリスペクト」が欠けていて、
そういった、境界線のない人は私は本当に苦手です…


他人の考え方や価値観などを「間違っている」と断定的に否定し、自分のやり方、
考え方のみが「絶対だ」と言い張って討論などもあまりにも自己中心的、独裁的
で話にもならないパパの態度が”どこから来たか”(遺伝的、環境的意味のどちらに
おいても)が垣間見えるような気がします。


べつにねぇ、私自身の事に対してはかまわないですけど、∫の育児に関しては、私
の「方針」や「考え方」をリスペクトして欲しいです。

∫を一人の責任ある人間として育てる最終的な責任は私(とパパ)にあるのだから…

(自分の番はもうとっくの昔に終わってるんだから。)

(そしてその”最終結果”は全然、インプレッシブでもなんでもないしね。爆笑)


うぅぅぅっ。 (-_-メ)

それにしてもイライラ、悶々とした気持ちがつきまとう!


今日は金曜日なんで、久々に∫と一緒にムービータイムでもして、このスッキリし
ないムードを吹き飛ばしたいと思います。

はっきりと詳しい事が書けなくて、なにやらよくわからない曖昧な記事になって
しまってすみませんでした。

(要するに、やっぱり姑との同居は難しいと…)

(あっ、でもここで吐き出したらちょっと気持ちが楽になった〜。苦笑)


いつもブログを訪問していただきありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加しています。
応援のポチを押していただけると更新の励みになります。

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2015-08-29 09:27 | 日々の出来事

国語の記述問題について参考になる記事

私も小さい頃から国語(読解や文章作成)が苦手だったんで、下記の記事を読んで
おぉぉ〜、なるほどねぇ〜!っと、とても参考になりました。



現在はそれほどでもないと思うのですが、∫も小学校の頃は読書は大好きだったのだ
けど、読解やライティングでかなり苦労をしていたのですが、リンク先の記事内の
説明を読むと当時の∫に当てはまる部分がかなりあり、その当時に私がこういった点
を認識していたならば、もっと適切なサポートをしてあげられてたのにと、ちょっと
残念な気持ちです。

∫も小学校の低学年の頃など特に、質問に対してちょっとピントがはずれた答えを
したり、とんちんかんな文章を書いたりしてましたねぇ。

記事内の例を読み、「そうそう!」「あった!あった!」と、つい笑ってしまい
ましたよ。

例えばこういう部分とか。

●「内容」はどこが違うのか?

まず、「欲しい文字が入っていない」というのは、物語文の「気持ち問題」で登場人物
の気持ちがうまくとらえられていない場合にも起こります。また、気持ちはわかっている
が、うまい言葉で表現できない場合もあるでしょう。”


∫は小さい頃、「心の理論」や「パースペクティブテイキング」のスキルが未熟だっ
た事もあり、物語の登場人物の気持ちや意図などがうまく捉えにくかったようです。

あと、こちらも。

●なぜピントがずれるのか?

”「少しピントがずれた答え方」にはいろいろなケースが考えられます。

「なぜ問題」で、近いほうの理由を書くべきところを、遠い理由を書いて減点されること
もあるでしょう。たとえば、中学受験を控えた記述問題が苦手な子どもに対して、「なぜ
記述問題を勉強するのか?」と聞いたら、その理由は「国語の得点を上げるため」だった
とします。続けて「なぜ国語の得点を上げたいか」と聞いたら、その理由は「志望校に合
するため」だったとします。さらに、なぜ「志望校に合格したいか」と理由を聞いたら、
「(その学校はサッカーが強いので、その学校に入って)サッカーがしたいから」と答え
とします。


さて、最初に戻って、「なぜ記述問題を勉強するのか」と問われたら、直近の理由である
「国語の得点をあげるため」は納得できる答えになります。ところが、少し離れた理由で
答えると(たとえば「サッカーがしたいから」で答えると)、ずれた答えになってしまう
可能性が出てくるのです。一般的に理由を問われた場合は、このように直近の理由を答え
るべきなのですが、慣れていないとつい遠い理由で答案を書いてしまうのです。”


∫もよくこの「なぜ記述問題を勉強するのか」→「サッカーがしたいから」という、
一定の思考の流れを跳び越えたような、自分のみが理解できる結論や答えを言った
り書いたりしてましたねぇ。

思考の過程を一つ一つ聞くと理解できるのですが、それらの”説明”がない場合は
流れが飛躍してしまって、最終の答えだけだとまさに「ピントはずれ」って感じ
でした。


”そこで保護者のかたのサポートとしては、「しっかり復習させる」というのが一番かと
思います。間違えた原因をチェックさせ、「なぜそうなったのか?」を考えさせること
です。その場合、保護者のかたが説明するのではなく、お子さま自身が考え、保護者の
かたに説明するのがポイントと言えるでしょう。

こうした復習方法を積み重ねることで、国語力は確実に伸びていくと思います。”

(「国語の記述問題で少しピントのはずれた答え方をしてしまう」より)

なるほど〜。

国語の苦手なお子さんをお持ちの親御さん達にとって、上記の情報はいい参考に
なるのではないかと思います。


いつもブログを訪問いただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
1日一回お帰りの際に応援のポチを押していただけると
更新の励みになります。

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2015-08-28 08:18 | 教育・学習

ちょっと早まったか?(;・∀・)(その2)

少し前のこちらの記事では主にAP US Historyのコースについての不安をつぶやい
てしまったのですが、ちょっとあれから色々と気になり始めてしまい、それまで特
に注意してじっくりと目を通した事がなかった我が学区の「アカデミックポリシー」
についての説明書きを、この度、初めてじっくりと読んでみたのでした。

(何をいまさら?って感じですよねぇ。苦笑)


そこにはAPコースを取る為に必要な「prerequisite」(前もって必要な条件・必須)
や各コースの概要などが書かれていたのですが、∫が今年取っているAP English
Language & Compositionのコース説明を読んで又しても(えぇ〜?まじで
大丈夫なんかいな〜?)って思ってしまいましたよ。


こちらがその説明の部分。
a0332222_07300011.jpg

上記の情報は、本来ならば∫が通うはずの指定ゾーン校のHPより抜粋したもので、
多分、この学区の高校全体に当てはまるポリシーだと思うのですが、このコースは
通常、12年生(それも”優秀な”シニア)を対象としたコースみたいで、必須条件と
して”Completion of AP English 5-6 (AP English Literature & Composition)
with a "B" or better, or English 5-6 (11th Grade) with a recommended
grade of "A"......."とあり、このコースをとる為には通常の11年生対象の英語の
クラスで”A”か、もしくはAP English Literature & Compositionで” B”の成績
を取っていなくてはならないという事らしいのですよ。


ゲゲェ〜!Σ(゚Д゚;)

なんやそれ?


∫は去年9年生の時、一応、”Honors"ではあったものの、普通の”学年レベル”の
コースを取っただけだし、11年生レベルのコースも取ってないどころか、AP
English Lit & Cもまだ取ってないんだけど、いきなりそれらのprerequisiteを
無視して10年生でAP English Language & Compositionを取ってもええんか
ぇ〜?って思ってしまいましたよ。(汗)


9年生が終了した時点で、∫が英語の先生に「来年はAP Englishに挑戦したい」
と持ちかけ、先生の方も結構、気軽に推薦してくれたのだけど、学区のポリシー
を完全に無視しているというか、必須条件は成績やテストスコアなどの「客観的」
なデータを元にしていて、「先生の推薦」などの「主観的」なデータはメインの
判断条件として含まれてないので、本当に大丈夫なんかなぁ?と心配になって
しまいます。(汗)


ガイダンス・カウンセラーのMs. Cとのミーティングの時も、これといって反対
意見というか、懸念事項として持ち上げられなかったし、(結構、あっさりと
「はい、じゃ、Englishは APね!」って感じで決められた。)実際、科学も今年
はHonors Chemistryの予定だったところを、「もしかしたら今年はAPChemistry
がオファーされるかもしれないので、そうなればそちらに変更する?」などと
本当にごくカジュアルに言ってきて、それはあまりにもちょっとやり過ぎという
感じがして∫は断ってました。




Don't attempt AP Chemistry unless you have already taken an
introductory chemistry course. It would be impossible to learn
everything you need to know about chemistry for the AP exam
in just one year.


とあり、∫は高校の化学は今回初めてとるので、やっぱり今年は"Honors"で一年
間基礎を勉強してから、来年AP Chemistryに挑戦するのが妥当だと思いました。

(APにしなくてよかったですよぉ。ほっ。)


うちの学校の先生やガイダンス・カウンセラーって、学区のポリシーに対して
かなりのんびりした姿勢というか、大目に見てくれ過ぎというか、ちょっとそれ、
融通利かせ過ぎでは?などと思ったくらい。


コアの科目でAPコースを初めてとる者にとっては、決める前にコースの内容の
ハードさ、クラスで期待される事などの情報をもう少し詳しく説明して欲しか
ったという気持ちがありますが、その辺の情報収集に関しては、最終的には当
の本人と親の責任って事なのでしょうかねぇ。


(って、決める前に学校のHPに行ってこういった情報を収集しなかったこちら
が悪いですよねぇ。苦笑 (;´д`)ゞ)


ちなみに上記のリンク先のサイトでAP English Language & Compositionと、
AP English Literature & Compositionについて書かれたページも見つけたの
で、参考としてリンクしておきます。



私自身もとても参考になりました。


∫の学区ではLAのコーススークエンスとして、11年生でAP English Literature
を先にとり、その後12年生でAP English Languageをとる流れとなっている
みたいですが、学区や学校によってその順番なども違ってくるみたいですね。


∫は今年Languageの方をとってるので、来学年度(11年生)で Literatureを取る
ことになり、又してもEnglishの科目においても順番が狂ってしまい、本当にはちゃ
めちゃなシークエンスになりますよねぇ。(苦笑)


とまぁ、こんなふうに色々と調べてみると、やっぱりAPコース(特に数学や英語、
ソーシャルスタディなどのコア科目)はハードなコースみたいなので、今年は∫が
いい成績を取ってこなくてもあまりうるさいことは言わないようにしてあげるべき
だなぁと思いました。


結果よりもプロセスに目を向けてあげ、チャレンジ精神を大いに評価してあげたい
と思います。

(って、やっぱりGPAに影響してくるからそう呑気な事も言ってられないんで
しょうがねぇ。涙 (ノ_-。) )


いつもブログを訪問していただきありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加しています。
応援のポチを押していただけると更新の励みになります。

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2015-08-27 10:59 | High School

2016年度より英検2級に「ライティング」が追加

下記のリンク先の情報によりますと、来年度(2016年)より英検2級に
「ライティング」が導入されるみたいですね。



”受験者は与えられたトピックに対し、意見とその裏付となる理由を適切な文法と
語彙を使用しながら英文で論述する能力が試されるそうです。”

という事で、これからは2級でも「英語の文章力」が必要となってくるようですね。


ちなみにこちらが例題のようです。

・以下のトピックについて、あなたの意見とその理由を2つ書きなさい。

These days, some people buy things on the internet.
Do you think more people do so in the future?


「意見とその裏付となる理由を書く」

「論述する能力」

が試されるとのことなので、英語のエッセイ(小論文)などの書き方を把握して
いると、役に立つのではないかと思います。


英検2級を目指している方達、頑張って下さい〜!


いつもブログを訪問頂きありがとうございます。

ランキングに参加しています。
お帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2015-08-27 05:45 | 英語学習

Pyramid Lakeの写真 by ∫

UNRの秋学期初日だった昨日、大学から夕方くらいに帰宅した∫はその後、数時
間ほどの間、一時中止していたオンラインコースの学習を再開し、結局、その日
の学習が全て終了したのは夕方の6時くらいでした。

UNRでの数学のクラスは2:30 pmから始まり、授業時間は正味約、1時間半
ほどなのですが、実際、大学までの通学時間も全て含めると結局、かれこれ丸
3時間くらいは取られてしまうことになり、その分、オンラインスクールの学習
が滞ってしまうので、やっぱり時間的にかなりキツイなという感じがします。

∫は「遅れた分は週末にキャッチアップするから大丈夫!」と言ってますが、うぅ、
今年はなるべく時間を無駄にしないよう、何事も効率良く物事をこなしていかない
といけないと思ってます。

(スケジュール管理のスキルがとても重要になってくる。)


昨日は初日だったんで宿題もなく、学年始まって最初の頃だからまだ少しは心と
時間にも余裕があるということで、夕飯を食べたあと、パパと∫とグランマはここ
から車で30分くらいのところにある、Pyramid Lake(ピラミッド湖)へ夕日
を見に行きました。


私はまだ腰の調子が良くないので、(そして夕飯の支度などで疲れてた…)今回は
パスして家で久々の”一人だけの時間”を楽しんでました。

毎日、いつも家族の者が家にいて、三度三度の食事の支度や片付けしたりしてると、
どうしてもたまに一人だけの時間が恋しくて…


ピラミッド湖のサンセットが見れないのはちょっと残念だったので、昨日は∫に
私のデジカメを渡し、夕焼けの写真を撮ってきてくれるように頼んだのでした。


実はぶっちゃけた話、∫が撮った写真って何だかいつもピンぼけのものが多く、それ
も真っ直ぐじゃなくて傾いていたり、人物や景色がフレームの中にうまく収まって
なかったり、と、本当に空間認識や美的センスが欠けてるのがもろにわかるって感
じなんで、今回もそれほど期待はしていなかったのですが、昨日は撮った数は少な
かったものの(いっぱい撮ってきてねと頼んでたのに、実際は6枚しか撮ってきて
なかった。涙)まぁ、今までよりもかなりましなものでした。


というわけで、今回初めて、ここで∫が撮った写真を披露したいと思います!

(全部で4枚。残りの2枚はやっぱりめちゃくちゃピンぼけしていたのでボツ。笑)


a0332222_08153956.jpg


a0332222_08155363.jpg


a0332222_08160793.jpg


a0332222_08161811.jpg


まぁ、今回はなかなかいい感じに撮れてるじゃない?(笑)

「実際の夕暮れ時の景色はとてもきれいだったよ〜!」って言ってました。

昨日は一日中勉強に頑張ってたんで、∫にとっていい気分転換にもなったんじゃ
ないでしょうかねぇ。


いつもブログを訪問いただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
1日一回お帰りの際に応援のポチを押していただけると
更新の励みになります。

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2015-08-26 08:36 | 風景・空模様

今日から大学の秋学期が開始

まず始めに。

先日、久しぶりにTrader Joe'sに寄った際、今まで見たことなかった商品を
見かけたので、試しに買ってみました。

ブレッドプディングが好きな私はちょっと嬉しくなってしまった。

a0332222_09501428.jpg

中はしっとりしていて、甘さも控えめで、とっても美味しかったです。

練乳をかけてみたら更に美味しさがアップ!

a0332222_09530509.jpg


あと、以前に買ったCookie Butter味のクリームチーズ版も出てたので、∫の
リクエストにより購入。

こちらはCookie Butter。

a0332222_09531980.jpg

そしてこちらがCookie Butter風味のクリームチーズ。

ジンジャーブレッドクッキーの味がして、何だかクリスマス時期を思い出して
しまいました。

a0332222_09533149.jpg


少し前にはCookie Butter Cheesecake bitesなるものも買ったのですが、
何やらこのプロダクト・ライン、結構人気が高いみたいで、色々とかなり拡張
されていってますよねぇ。(笑)


さて、ここからいよいよ本題です。


今日からUniversity of Nevada, (UNR)のfall semester(秋学期)が始まり、
今学期、Differential Equations(微分方程式)のコースをとっている∫も、嬉し
そうにウキウキと初のクラスに出かけて行きました。

今日は初日だったので、ほとんどの時間をプロフェッサー自身の紹介や、コース概要
や学習内容の説明、そして学生同士が紹介し合ったりして過ごしたようです。


∫も隣近所の席の生徒達と挨拶を交わし、自己紹介がてらにちょっとしたスモール
トークをしたみたいで、自分の横に座っていた生徒が30歳だったそうで、彼に自分
が14歳でまだ高校生だと言うと、その生徒はとてもびっくりして感心しながら、
「僕の歳の半分もいってないじゃないか!」って言ってたそうです。(笑)


いやぁ〜、大学のクラスって、色んな年代が混じっていて多様性があっていいです
よね〜。

(私も大学に戻ってキャンパス内で勉強したいと言う気持ちはあるけれど、でも
いい歳こいたオバはんが若い子ばっかりのクラスに混じる勇気がないので、やると
したら多分、オンラインコースだろうな…。苦笑)


∫の話では、このクラスは生徒が約50人くらいいるみたいで、まぁ、大き過ぎず小
さ過ぎずの中頃のサイズといった感じではないでしょうか。


プロフェッサーもなかなか良さそうな感じの方みたいだし、初日から30歳の人と
打ち溶けたりなんかしてて、クラスの雰囲気も良さそうだしで、∫はこれからが
とても楽しみだって言ってました。


今学年度はオンラインスクールの方でもAP Calculus BCを取っているので、数学
の勉強の方もかなり忙しくなりそうですが、まぁ、Calculus BCはほぼ”復習”って
感じだし、大学では自分に適したコースが学べるので、∫にとってもよい刺激となる
でしょう。

これからますます学業の方も忙しくなりそうです。

秋のUNR (University of Nevada, Reno)


a0332222_12004929.jpg


a0332222_12005962.jpg


a0332222_12011090.jpg


いつもブログを訪問していただきありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加しています。
応援のポチを押していただけると更新の励みになります。

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2015-08-25 12:02 | University (UNR)

ちょっと早まったか?(;・∀・)

今学年度(Sophomore-10年生)は大学の数学のコースに加えてオンラインでも
AP English Language, AP Calculus BC, AP US Historyと、コアの科
目でAPコースを3つもとっている事から、(当の本人はそうでもなさそうですが)
正直言って親の私の方がちょっと不安になっています。


Calculus BCはまぁ、得意分野なのでどうにかなるとして、正式にコースを設定
した後に色々とAPについてネットで調べてみたりすると、コースの内容やテスト
などもかなり難しそうで、今更ながら(ほんまに大丈夫かいな〜?)と思い始め
てます。(汗)

AP Englishは前学年度の英語の先生から推薦されたのでまぁ、まだしも、 AP US
Historyなんか、最初はまるっきり考えてもなくて、当初予定していたAP World
Historyが学校側の事務的な間違いで実は今年はオファーされていないと発覚した
為、「それじゃ、AP US Historyに換えときますね。」とガイダンスカウンセラー
に言われ、結構、気軽に決めてしまったという感じで…


でも、その後、こういったサイトなどで色んな情報や意見などを読んだりすると、
AP US Historyってかなりハードそうなコースみたいなので、ほんと、今更ながら
(なんでAP US Historyにしたんだろう? AP World Historyがないのだったら
元々取る予定だった”Honors”World Historyに戻せばよかったのに。)と、よく
調べもせずに決めてしまって、ちょっと浅はかだったと思いましたよ。

上記のリンク先のページによると、


”Okay, Seriously, Which AP Classes Are the Hardest?

・United State History
・Biology
・English Literature
・Calculus BC
・Physics C
・Chemistry

are often named as the hardest AP classes and tests.
These classes have large curriculums, tough tests, and conceptually
difficult material."


▪️AP US History

Even though most students are exposed to American History multiple
times since elementary school, AP US History is still a very tough class.
First of all, this is a harder history exam than AP World History or even
AP European History, since it covers a narrow span of history and
a smaller geographical area, meaning the curriculum is incredibly
detailed. This means you can't rely on general trends and observations
like you can sometimes in World History- you have to know specific
dates, movements, people, and laws.


(These Are the Hardest AP Classes and Tests for Youより)

って事で、AP US Historyってかなりハードそうじゃないですか!(;・∀・)

AP World Historyより手強いんだ…(汗)


実際、∫のAP US Historyのコースワークスケジュール(今学期に予定されている
学習内容や宿題、課題、プロジェクトの予定の一覧)をチェックしてみると、確
かに、各チャプターごとにかなりヘビーなリーディング、レポート、エッセイ、
その他のプロジェクトなどが頻繁に予定されていて、内容的にも文献を読んで
批判的思考スキルを駆使しながら、歴史上のイベントや事件、人物や概念などを
分析したり、合成したりしながら小論文を作成すると言った活動が多く、これら
のコースワークをスムーズにこなしていく為には、クリティカル・リーディングと
ライティングのスキルがとても重要になってくるという印象を受けました。


私が感じるところでは、一般的にAPコースを取る(それなりの望ましい成績を得る)
為には、まず、基本としてかなりアドバンスした読解力やライティングのスキル
(要するにEnglish(国語)のスキル)が必要となってくると思いますね。


カレッジレベルの授業内容をこなしていくには、概念的な理解だけでなく、それら
を操作したり表現する「ある程度の英語力(国語力)」を身につけている事が重要
で、又、こういったチャレンジングでディマンディングな厳しい学習をしていく中、
それがそういったスキル向上の”練習”ともなり、それらがより一層磨かれていく事
にもなると思います。

だから高校時代にEnglishや Social Studies系のAPコースをたくさん取ると、それ
だけでも大学に向けてのいい準備となるでしょうね。


学校が始まってから2週間過ぎた昨日、∫にAP Englishと AP US Historyのクラス
の様子を聞いてみたのですが、やはりかなり密度の濃いコースワーク内容らしく、
2週間しか経っていないのにどちらのコースでもすでにレポートやらエッセイやら
の”ポートフォリオ”の提出に追われているようです。

まぁ、もともと文章を書くのが大好きな∫は、これらの課題は”困難で厄介なもの”
と見ず、”難しいけどやり甲斐があるタスク”として、チャレンジ精神旺盛な姿勢で
挑んでいるようなので、その調子で挫けず頑張って欲しいと思いますが。


でも、やっぱり一口にAPコースと言っても科目によってクラスやテストの難度も
それぞれなので、高校時代のいつにどのコースをとるかなども、前もってある程度
情報をチェックしてプランを立てるのが賢明ではないかと思いました。


まぁ、普通だったらきちんとそれなりに科目ごとに設定された”コースシークエンス”
に従うんでしょうが、何だか∫の場合はそれがめちゃくちゃになってしまってる感じが。
(苦笑)


いつもブログを訪問いただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
1日一回お帰りの際に応援のポチを押していただけると
更新の励みになります。

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2015-08-24 08:11 | High School

今学期は課外活動も忙しくなりそうです

今学年度はAPHonors、大学のコースなどのアドバンスコースを多く取っている
ので、アカデミックな面においてもかなりハードで忙しくなりそうだと言うのが予想
されるのですが、それに加えて最近諸々のextracurricular activities(課外活動)
の方のスケジュールも本格的に具体化し、近々活動が開始する予定となっている事
から、今学期は∫にとってソーシャル面においてもかなり忙しくなりそうであります。


新学期が開始して2週目の先週の金曜日(昨日)は、オンラインスクールの校舎内
にて、Math Peer Tutoring(数学の学習指導)のボランティア活動が開始され、
∫も午後から数時間、この活動へ参加してきました。


昨日はまだ学校が始まって間もないせいか、指導を求めてやってきた生徒は少なく、
どちらかと言うと(∫を含め)チューターのボランティアを希望したやって来た生徒
の方が多かったらしく、その日は数学教師のMr. Dを含む、他のボランティアの子達
と一緒に和気あいあいと、数学にまつわる色々な話をしたりして、数学好きの仲間
同士の交流を深めていったみたいであります。


このチュータリングのボランティア活動(正式名は"Math Support"って言うらしい)
は、現在の時点では1週間に一度、毎週金曜日の午後に予定されているらしく、中間
や期末試験、その他必要な状況に応じて活動を増やしていく予定らしいです。

というわけで、今のところは∫は毎週金曜日にこの活動へ参加する予定です。


尚、昨日は時間もあったという事で、∫はMr. Dと以前からプランを立てていた「数学
クラブ」結成についても具体的な話を煮詰める機会も持てたようで、先生との話し合
いや交渉の末、とりあえず「毎週火曜日の2:00-3:00pm」の時間帯と場所(ルーム)
を確保する事が出来たと、喜んでました。


これから更に具体的なプランを練っていき、(クラブ活動内容など)今週末はクラブ
メンバーを募る為のパンフレットやポスターを作成し、全校生徒に案内メールを配布
したり、学校の掲示板に貼らせてもらうなどの計画を立てているみたいです。

何だかめちゃめちゃ興奮して張り切ってますよぉ〜。(笑)


そして学校の数学クラブとは又、別口で所属している「北ネバダ数学クラブ」の活動
にも引き続き携わる予定なので、(そしてクラブの関連する資金調達活動やその他の
ボランティア活動など)そういうのをひっくるめると、かなり忙しくなりそうです。


来週の月曜日(8/24)からはUNR (University of Nevada, Reno)の秋学期も
始まりますし、(今学期は毎週月曜日と水曜日の週2回)火曜日は学校の数学クラブ、
金曜日はMath tutoring、そして土曜日又は日曜日は北ネバダ数学クラブの活動と、
一応、オンラインスクール(ホームスクール)ではあるものの、ほぼ、毎日のよう
に外へ出かけていき、先生や他の生徒、仲間達と交流する機会がかなりある事から、
社会性を育成するのにも役に立つのではないかと思います。


ずっと一人で家に閉じこもって黙々とオンラインで学習するだけでなく、適度に外
部とのインターアクションもあり、一般の学校のように一日中外の刺激に曝される
というわけではないので、∫にとってはこの環境はバランスがうまく保たれていると
いう感じで、本人にとっても学業面、精神面と、全てにおいて満足しているみたい
です。

∫のオンラインスクールは、クラスによっては「オンサイトレッスン」と言って、
実際に学校へ出向いて行き、科学実験をやったりクラス内でディスカッションした
りする活動もかなり頻繁にあります。

時には一緒にフィールド・トリップなんかにも出かけて行ったりします。

だから丸っきり”オンライン学習”のみというわけではなく、こういう学習形態を

こんな感じでクラスメートとの交流も結構、頻繁にあります。


a0332222_08431033.jpg


話がちょっと外れたので本題にもどりますが、とりあえずはこちらが今のところの
今学期のスケジュールであります。

月〜金の間、基本的には家で学区のオンラインスクールの学習をしながら…

月 Math Class (UNR)
火 School Math Club
水 Math Class (UNR)
木 
金 Math Tutoring
土 Northern Nevada Math Club


実はこれに加えてもう一つ、地域のボランティア活動として、地元の小学校の低学
年のクラス(Kー3)で先生のアシスタントのボランティアをしたいと考えている
ようなのですが、それに関しては今のスケジュールをうまくこなしていけるようで
あれば、又そちらもやるつもりみたいです。


そして運動系の活動も考えているようで、スケジュールを見て、合気道か空手、柔
道などのmartial arts系の習い事にも通いたいみたいなのですが、現在でもすでに
日頃からパパとのエクセサイズプログラムをやっているので(ウォーキングとか筋
トレなど)これはちょっとハードなスケジュールになるのではないかと思うのですが。


まぁ、あまり心身ともに負担がかからないように、無理せずやって欲しいです。


相変わらず背中に30kgぐらいの砂が入ったバックパック背負って、二人で夜な夜
な近所の坂道を登ったり下ったりするウォーキングに出かけてますよ〜!(苦笑)

よその人が見たらきっと(変な二人組)って思うんじゃないでしょうか。


a0332222_09045898.jpg

いつもブログを訪問頂きありがとうございます。

ランキングに参加しています。
お帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2015-08-23 09:13 | High School

カテゴリ

Introduction
∫の世界
Math (数学)
Gifted/2e
Japanese
High School
School Clubs
Academic/EC Records
University (UNR)
Community College
大学受験
Life Skills
Driving Practices
発達障害
教育・学習
脳科学・心理学
育児
Memories
Resources
Family
Family Outings
Outdoor Activities
日々の出来事
シニア大学生の準備
その他の学習
英語学習(目指せC2!)
私の事
∫パパ
風景・空模様
Wildlife
Favorites
Miscellaneous
テレビドラマ・映画
なんとなく思った事

最新の記事

高校を卒業する前に数学の修士..
at 2017-05-27 11:19
ADHDとGiftedについ..
at 2017-05-26 17:40
旅行のプランを立てるのも疲れる
at 2017-05-25 12:07
数学サマーキャンプ&オリジナ..
at 2017-05-23 09:58
ペン州立大のフラタニティ死亡事件
at 2017-05-22 10:54

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
more...

記事ランキング

メモ帳

   にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
a0332222_05204995.jpg
2015 ARML
a0332222_07545094.jpg
a0332222_06213436.jpg
AIME '15
a0332222_06281821.jpg
AMC12 '15
a0332222_06570886.jpg
AMC12 '15
a0332222_06531787.jpg
MATHCOUNTS
National '14
a0332222_06311300.jpg
a0332222_06312311.jpg
MATHCOUNTS
State '14 個人戦
a0332222_06313237.jpg
AMC10
a0332222_06315148.jpg
AMC8
a0332222_06314196.jpg
CTY SAT MATH
a0332222_06215768.jpg
Flag Counter

ブログジャンル

子育て
教育・学校

画像一覧