アメリカに住む数学をこよなく愛する17歳のmath kid∫の日々の出来事を綴っています。∫の夢は将来大学の数学教授になること。13歳から本格的に地元の州立大学で数学のコースを受講し始めました。 


by あーちゃんママ

プロフィールを見る
画像一覧

<   2016年 10月 ( 19 )   > この月の画像一覧

インスパイアされました!

私が愛読しているThe Chronicle of Higher Educationというサイトの中にこのような
記事を見つけ、それを読んですごく感動し、そして同時に元気と勇気をもらいました。


刑務所に投獄されていた元ギャングのメンバーだった青年が、出獄後にコミュニティ・カレッジ
を経て大学に編入するという話なのですが、彼のこれまでの家庭の事情やその他のバックグラ
ウンドを考えると、(こういった不利な状況/環境のもとであろうが、逆境に負けることなく前
向きな態度で前進していってる人達もいるんだ!)と、すごくインスパイアされました。


こういった人達の置かれた状況や環境を考えると、私なんか本当に何の苦労も知らずに毎日、心
地よくのほほ〜んと暮らしている柔な甘ちゃんだなとつくづく感じます。(汗)


こう言うお話、もちろん本人の意思や努力も賞賛に値するのですが、でも彼らが目標や夢を達成
する為には、社会や周りのサポートシステムがとても重要だなと思い知らされますね。


実を言うと、私が取得したいと思っている学位(Bachelor's degree)というのががPsychology、
Social Work、又はHuman Servicesの分野で、できれば私もこの”サポート・システム”の一部
となって、成功する為には多かれ少なかれある程度の”支援が必要”な人口のお手伝いとなれれば
いいなという気持ちがあるんですよねぇ。


その中でも私が特別な思い入れがあるのが、貧困や不利な家庭の事情による"at risk"の人口や、
虐待、ネグレクト、そしてスペシャルニーズの子供や若者達のサポートで、そういった関連の
プログラムなどに携わることができればいいなと思っているんであります。


これまでにもこういった状況やグループの子供達を個人的に見てきた経験もあり、その時は自分
では何もできない(助けてあげられない)立場にあったことに対してイラつき、悔しい思いをし
たこともあり、将来、できれば少しでもこういった層の役に立ちたいと常に思っていたんです。


それと一つは、∫のこと(自閉症)で当時、私自身が途方に暮れていた時に、∫だけではなく私
自身も得た”サポート”というのもかなり大きかって、それらのサポートシステムがあったからこ
そ、今の∫や私が存在するのだと思ったら、今度は私がお返しする番かな?などと思ったりする
のであります。

なんだか”ええかっこしい”みたいに聞こえるかもしれないのですが、(笑)現在の∫を見ていると
心の底から本当にそう感じるのです。


その恩返しの為には、まず、そういった方面の勉強をし、学位を取ることが先かなぁと思うの
ですが、(もちろんその間に地域の団体やプログラムでボランティア活動なんかもしながら。)
調べれば調べるほど、その為に必要なコミットメント(時間、労力、学費)に目がクラクラして、
discourageされそうになりますが。(苦笑)


あと、やっぱり歳による認知能力の低下や、最近、苦しめられている更年期障害の症状などを
考えると、(本当にきちんと勉強についていけるのだろうか?単位が取れるのだろうか?)っ
と、すごく不安にはなってしまいますが。

暴露しますと、実は私、もう50代のおばんです。(苦笑)


でも、世の中私よりよっぽど不利な状況下においても、くじけずに自分の夢や目標に向かって
頑張っている人がいるのですから、私も頑張らねば!

っと、少しばかり元気が湧いてきたのでした。(笑)


いつもブログを訪問頂きありがとうございます。

ランキングに参加しています。
お帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2016-10-30 09:12 | 私の事

∫の思いやりの気持ちに感激

本題に入る前にまず、始めに。

今日はうちの州は、Nevada Day(ネバダの日ーネバダが合衆国36番目の州に昇格した日を
祝う州の祝日)で、∫の学区もお休みとなり、今週末は3連休であります。

…が、毎度のことながらオンラインのコースワークがかなり遅れている為、∫はこの3日間はどこ
へも出かけずに家へ閉じこもり、溜まりに溜まったレッスンや課題の追いつきに集中する予定だ
そうです。

ただでさえ毎日の学習に忙しいのに、ここ最近はパパやグランマの諸用事の手伝いに駆り出され
ることも多くなり、数日前もグランマが大きなメタル製の鍵付きのキャビネットを購入したので、
(私がグランマが外出中に家へ忍び込んで、グランマの物を盗む為、私に盗まれないように、貴
重品を全てそのキャビネットに収納するらしい…( ̄~ ̄;))その組み立て、移動などの手伝い
に行って、3時間ほど戻ってきませんでしたし。


グランマは相変わらず私に対しては不信感や猜疑心を抱いていて、(被害妄想が更に酷くなって
行ってる!)私のことはあまりよく思ってないみたいですが、でも∫にはそう言った思いは一切
抱いてないようなので何よりであります。(ほっ。)

こちらは気をかけて色々としてあげようとしているのに、何も根拠がないのに悪者扱いされる
のって本当に悲しくて虚しい思いになりますよねぇ。

慣れようと思ってもなかなか慣れませんよ…精神的にとても辛い…

(実はそれも気分が落ち込む原因の一つ。)

それは何を言っても仕方がないのでこちらがうまく精神的にコーピングするよりないです。

あらっ、又、愚痴っぽくなってすみません。(汗)


気分を変えて、ここらで本題に入りますね。

一つ前の記事でも書きましたが、昨日は私の誕生日でして、人の気持ちを気配る∫は、それまで
勉強をしていたのだけど、日時が変更した瞬間(12:00am)に私のベッドルームへ走り込んで
きて、「ママ、ハッピー・バースディ!」と大きなハグとともに私の誕生日を祝ってくれました。

そんな∫とは全く大違いのパパは、私の誕生日など(気がついてはいたにしても)全く気にもと
めず、私の顔を見ても誕生日の”た”の字も口から出ず、ほぼ無視の状態でした。

まぁ、毎年、誕生日のプレゼントどころか、”おめでとう”の一言さえないので、別にこちらも
何も期待はしてませんでしたが、(パパとの結婚生活維持の秘訣は”期待をしないこと”であり
ます。)でも一応は20年以上も一緒に夫婦をやってきて、誕生日とかも一切、何の認識もない、
というのも悲しいものだなぁと思っていたんですよねぇ。


すると、昨日は大学のクラスがあった∫は、午後からパパと出かけていたのですが、授業がとっ
くに終わった時間になっても帰ってこないので心配していたら数時間後にやっと帰ってきて、
パパと一緒に両手に何やら色々抱えて笑顔で私の部屋に入ってきたではありませんか。


二人が抱えていたのは私への誕生日のプレゼントと、バースディ・ケーキでした!

パパから渡されたプレゼントを開けてみると、

あぁぁ…箱を開けて一番に頭によぎった思いが、(これ高いよ〜!)(汗)でした。
(私は以前、デパートのLancome counterでセールスしていたこともあるので知っている!)

Lancome Tresorのギフトセット。

a0332222_09243983.jpg


気持ちはありがたいのだけど、最近、歳をとって更に臭覚過敏になったせいか、こういうフレ
グランスとかあまりつけなくなったんで、こんなでかいサイズ(3.4oz 100ml?)もらっても、
死ぬまでに使い切れないだろうし…(苦笑)

それにしても、こんなギフトといい、洒落たバースディ・ケーキといい、全然、パパらしく
ないやん!っと思っていたら…

どうやら∫がパパに入れ知恵をして、一緒に私へのプレゼントとケーキを買いに行ったらしい
のですよ!

∫に聞いたら、

「ママが最近、元気がなさそうだったので、少しでもママの喜ぶ顔を見たかったから、パパ
に提案したんだ。フレグランスに加え、現在のカメラのアップグレードとして、ママの好きな
カメラも買っていいようにパパに承認を得たから、アマゾンで好きなカメラを選ぶといいよ!」


って。

こんな風に人の気持ちを思いやる心が育ってくれてて、私はどんなに嬉しかったことか!(涙)

いい年こいたパパなど、人から提案されないと気がつかない・動かないけれど、∫はちゃんと
自分で感じて、自分で行動(提案)していて、そんな∫の思いやりに本当に感激しましたよ。


というわけで、今年の誕生日は∫のおかげでとてもハッピーな誕生日となったのでした。

それにしてもパパと違って、∫の奥さんになる人はラッキーだと思いましたよ〜!


最後に。

ここ数日ほどうちの地域は曇り空・小雨の天候が続いていて、∫と同じくこう言った天気が好き
な私は少しながらハッピーな気分になります。

うちの前庭の木々の葉も少しづつ色が変わっていっていて、紅葉観賞を楽しんでいます。

a0332222_09555556.jpg


a0332222_09560730.jpg


a0332222_09561761.jpg

いつもブログを訪問いただきありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してます。
お帰りの際に下のバナーを押していただけると更新の励みになります。
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2016-10-29 10:09 | 私の事

これからの自分の人生について考える②

今日(アメリカ時間10月27日)は私の誕生日でして、また一つ歳をとってしまいました。(汗)

今朝、ちょっと調べ物をしようと思ってGoogleを開くと、こんな画像

a0332222_09493415.jpg

だったので、えっ?もしかして?っと思ってマウスポインターを絵の部分に動かすと、

"Happy Birthday, ○○! (私のユーザーネイム)"

とあり、私の誕生日を祝ってくれてて、ちょっぴり嬉しかったですよ!(笑)

(うちのパパよりGoogleの方がよっぽど気がきくわ!)


去年の誕生日からこの1年間を振り返ってみると、正直言って、自分自身のことで成し遂げた
もの・事など何一つなく、何やらただ無駄に時間だけが過ぎていった感じがして、そんな自分
が本当に情けなく、最近の沈みがちな気分によりいっそう拍車がかかって、現在、精神的に
どつぼ状態であります。 (;´д`)=3トホホ・・


最近、特に不安症も酷くなり、現在の状態や自分の将来について、そしてまだ少し先の事だ
けど、∫が大学に進学した時の事などを色々と考えては、今する必要がない心配したりして、
精神的なストレスに押し潰されそうになったりしてます。(汗)


(ここ数年間、∫のチックが相変わらずひどいので、大学に行ってからあれこれストレスを感じ、
チックが更に悪化して、クラスや寮のルームメイトに文句を言われたりするんじゃないか?など
と一人で勝手に色々な状況を想像して心配しまくったり…汗)


やっぱり毎日、これといって家事以外はとりたててやるべき仕事もあるわけでなく、目的や
明確なゴールも持たずにのらりくらり、ダラダラと生きていると、”何か達成している”といっ
た達成感も充実感もなくて、自らの精神にとってあまり良くないですねぇ…


このマンネリ化、倦怠感、落ち込み、鬱、劣等感から抜け出すためには、何か明確な目的や
目標を立て、それに向かって進んで行くというのが大切ではないかと思います。

(いくつになっても自己効力感を感じることができる活動や経験が必要です!)


長年、SAHM (stay-at-home mom)やってると、社会とのコネクションも途切れた感じで、
まぁ、∫がまだ小学生だった頃は特別教育に所属していたせいで、学区や学校関係の関わり合い
も頻繁にあって、何かと忙しかったけども、ホームスクーリングを始めたり、中学生、高校生
になってからは(幸い)そういった関連の活動もなくなったので、社会や人とのつながりもか
なり減り、特にネバダ州に引っ越してきてからは、あまり他の人達と関わりたくなくて、ほぼ
引きこもり状態になっているので、もしかしたらそれからくる”疎外感”も、鬱の原因の一つと
なっているのかもしれませんが。


(でも、やはり自分から他の人達と交流したいという気持ちが芽生えないし、たまにそういっ
た交流の場などに行くと、心身とものエネルギーが消耗してどっと疲れてしまうので、やはり
どうしても引きこもりがちになってしまいますが。)


でもこのままだと精神が荒んでしまい、本当に自分にとって良くないので、そろそろここらで
「環境」を変える必要があるかも?などと思い始めました。


で、現在のところ一つ考えているのが、将来のことも考え、(又、働きに出ることになるかも
しれないので。)オンラインで(以前とは違った分野の)学位を修得する事で、自宅からマイ
ペースで学習し、単位・学位が取れるプログラムを調べているところであります。


でもやっぱり調べていると、授業料もバカにならないし、私が考えている分野でのBA/BSの
学位を取得しようと思ったら、かなりの時間がかかりそうで、そのゴールを達成するまでに
どれだけの費用と時間と労力がかかるかと思ったら頭がクラクラして、やっぱり無理かなぁと
いう思いもあり、今のところもう一つスタートに踏み切れないんですよねぇ。


そしてもう一つ渋っている原因というのが、やはり”年齢”でしょうか。

私ももう決して若くないし、(というか初老に差し掛かっている?笑)最後に学生やってた
のはもうかれこれ25年以上も前の話だし、最近、物忘れが激しく、物覚えもかなり悪くなっ
ているので、正直言ってまた大学に戻ってきちんと授業についていき、クラスをパスできるか
自信がありません。(汗)


もともと(日本語も英語も)ライティングは得意ではないのですが、ここ25年ほどはアカデ
ミックなレポートやら論文やら全く書いていないので、もう今は何も書けなくなってるんじゃ
ないか?と、めちゃめちゃ不安です。

そして私の考えている分野の学位を取るためには、私の大嫌いな数学のクラスも取らないと
いけないみたいだし…

まぁ、数学に関しては、∫がみっちりと”個人指導”をしてくれると言ってますので、かなり心強
いです。(笑)

ところで、∫にこの話(オンラインで学位を取る)をすると、すごく嬉しそうな顔をして、

「ママ、僕は大賛成だよ!一緒に大学生頑張ろう!!!」

っと、興奮して言ってくれるんですが、勉強すること・学ぶことに快感を感じる∫と、苦痛を
感じる私とでは根本的に脳みその機能が違うんで、そう簡単にはいかんって〜〜!


とりあえず、もしオンラインのBachelor degree(学士号)をとるとしたら、一応、これまで
取得した一般教科の単位はトランスファーできるようなので、残りに必要な”専攻必須”の単位
だけを取ればいいので、時間・金額的にもかなりセーブはできるのはいいですが。


それでもパートタイムで地道にとっていくならかなりの時間がかかりそうですが。(汗)

やるとしたらもうこれは人生の長期計画になるなぁ。

まぁ、金銭的な面が一番のネックとなっているので、まだはっきりは分からないのですが、
でも始めるとしたら∫の大学の進路が決まってからかなぁ。

それまでは”アカデミックスキル”のブラシュアップとして、来年の春学期から地元のコミュニ
ティカレッジで、目指す分野のクラスをオンラインで受講しようかな?なんて考えてます。

CCの授業料は州の住民だと経済的なので。

そしてupper-level(大学3〜4年で履修するレベル)のコースはUNRで取ろうかとも考え
てます。

(∫に、「ママと一緒に手をつないでクラスに行こう!」と言ったら嫌な顔されましたが。)

このプラン、時間や経済面など色々な要素が関わってくるので、実行できるかどうかはわか
りませんが、とりあえず計画を立てること自体だけでも気持ちが少しアップします。


これからの1年は、個人的に何らかのaccomplishmentを達成できるといいなぁ。


いつもブログを訪問頂きありがとうございます。

ランキングに参加しています。
お帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2016-10-28 12:27 | シニア大学生の準備

カラーパープル…

∫はただ今、今学年度(ジュニア)履修しているAP Literature and Composition
大規模な課題の一つとして課されている、リサーチペーパーに取り組んでいます。

いくつかのオプションから一つ作品を選らび、与えられたテーマについてリサーチペーバーを
書くらしいのですが、下記の、

・Joy Luck Club by Amy Tan  (ジョイ・ラック・クラブ)
・The Glass Menagerie by Tennessee Williams (ガラスの動物園)
・The Adventures of Huckleberry Finn by Mark Twain(ハックルベリーフィンの冒険)
・The Color Purple by Alice Walker (カラーパープル)


という4つの作品の中から∫が選んだのがカラーパープルで、なぜか私の(勝手な)予想と全く
違っていたので、(マーク・トゥエーンと思った)ちょっと意外でした。


そのリサーチ・ペーパーの準備の為に、少し前まで毎日、忙しい合間にカラーパープルを読んで
いたのだけど、今はもう読み終わったのか、ここしばらくの間その本は、リビングのコーヒー
テーブルの上に同じ位置のままの状態で置かれてました。


a0332222_07130132.jpg


実を言うと、私はカラーパープルは本を読んだことも、映画を観たこともなかったんですよ。

映画が公開された当時、大まかな物語の設定なんかはなんとなく耳に入ってきて、おぼろげに
は覚えているのですが、詳しいあらすじなどは知らなかったので、(一体、どんな感じやろ?)
っと思ってテーブルの上に無造作に置かれていたカラーパープルを手にして読み始めたところ…


a0332222_11510507.jpg


ひぃぃ〜! ヽ(ヽ゚ロ゚) (゚ロ゚ノ) (( ;゚д゚))アワワワワ


この作品の中には親近相姦や性的虐待などのテーマも含まれているというのは認識していた
けれど、まっ、まさか、これまでにも赤裸々な表現があろうとは…

こういう文章を∫が読んだかと思うと、なんだか妙にこっぱずかしい気持ちになりますよ〜。

ヽ(ヾ;´Д`)))

まぁ、もうすぐ16歳になるんだから、こういったマチュアなテーマも”年相応”なんでしょう
けど、やっぱり親としてはちょっとビビってしまうなぁ。(汗)


a0332222_11511623.jpg


内容(表現)もびっくりしたけど、文章も”当時の無教養の黒人少女が書いた日記/神様への
手紙”という設定になっているせいか、意図的に文法や綴りも間違って書かれていて、それが
とにかく読みにくいこと!

こういったライティング・スタイル・構文 (syntax)もまぁ、literary devicesの一つである
わけですが、聞く分にはそれほど抵抗がなくても、文章になるとかなり読みにくなぁと思い
ました。

(文法やスペリングの間違いに厳しい、Grammar Naziの∫ですが、これも文学テクニック
の一つだと受け入れると全く気にならず、むしろ作品や登場人物の世界に入り込んでいた
様子でしたが。)


これらが日本語版ではどのように訳(表現)されているか気になります。


いつもブログを訪問いただきありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してます。
お帰りの際に下のバナーを押していただけると更新の励みになります。
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2016-10-25 12:59 | High School

USC Resident Honors Program

先日、∫宛にこういうメールが届いてました。

a0332222_09263684.jpg


a0332222_09265143.jpg


University of Southern California (USC) のResident Honors Program (RHP)
という、高校の最後の年(シニア)をスキップし、そのまま正規の学部生(フレッシュマン)
として早期入学できるオーナーズのプログラムについての申し込みお誘いの手紙でした。

このプログラム、現在、高校のジュニアだけど、アカデミックな面でチャレンジを求めている
生徒は一度、チェックしてみる価値はあると思います。

こちらがプログラムについて詳しいことが学べるページです。



この大学に関しては私は何も知らなかったので、ちょこっと調べてみると、結構、良さそうな
感じではあるようです。

(数学部門もかなり充実している感じ。)

2016年度クラスの統計によると、合格率が16.6%で、GPAやSAT/ACTの平均点も結構、高く
て、かなりの難関校やん!って思いましたよ。

ちなみにResident Honors Programの生徒の統計は、

”Last year, the averages for admitted students were 2260 on the old SAT, 34 on the ACT,
and a 4.3 GPA (weighted on a standardized scale). Based on CollegeBoard's concordance
tables, we expect the average new SAT score for admitted students will be above 1500.


っと、もっとレベルが高いけど。(汗)

又、このオーナーズのプログラムだと、様々なメリットスカラシップのアワードもあるみたい
なんで、need-basedのファイナンシャル・エイドと合わせると、金額的にもかなり助かるみ
たいだし。

でも∫は早期入学には興味がないので、(私もだけど…)少し前に最初にこの情報を受け取っ
た時も無視していたみたいです。(私は全く知らなんだ。)

とりあえず、もし興味がある方がいましたら、⬆︎にリンクしたRHPのHPを訪れてみて下さい。


いつもブログを訪問していただきありがとうございます。
お帰りの際に応援のポチを押していただけると、∫の大学受験の励みになります。(笑)

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2016-10-24 10:07 | 大学受験

(;-_-) =3

ここのところ毎朝起きた時、(今日こそは少しは気分が晴れてポジティブな気持ちになれるかな?)
と思うのだけど、やっぱりダメ。

心の中に何やらずっしりと重たいものが残っていて、頭の中も濃い霧かもやがかかったようで
すっきりせず、どよ〜〜〜んとした精神状態から抜け出せずにいます。

|||(-_-;)|||||| ハァ…


今回はちと長いな…

どんよりとした気持ちが少しは晴れるかな?と思って久しぶりに小学校時代からずっと付き合い
のある友達に電話して、(彼女もアメリカ人と結婚して現在、アメリカに住んでいる)昔の懐か
しい話やらしたものの、子供時代の同級生たちの近況を聞いて、なんだかもっと落ち込んでしま
いました。

病気で亡くなった人や、家庭に不幸があったり、色々と災難に巻き込まれた人、社会人になっ
た後でも交流があったのに、色々あってちょっと関係をこじらせてしまい、それ以来疎遠にな
っていた高校時代の親友が、(詳しい病名は分からないけど)なんらかの精神疾患を患ってし
まい、現在でも親元で暮らしている(引きこもり状態)などという話を聞いたりすると、なん
だか気分が晴れるよりもっと沈んでしまいました。


聞かないほうがよかったかなぁ…


でも、逆に、小学校〜中学校時代は将来を心配していたような人たちが、びっくりするほど
人生がポジティブな方向へ展開してて、80%くらいは(うわぁ〜、すごいやんか〜!頑張っ
てるねぇ〜!)と思いながらも、残りの20%は彼・彼女らの成功や頑張りにちょっと嫉妬心
が芽生え、100%素直に喜んであげられなかったりして、そんな自分に嫌気がさして、又、更
に落ち込んでしまったり。(涙)

あぁぁ〜、嫌だ!嫌だ!

今の私、きっと精神的にゆとりがなくなって、心が荒んでいるんだわ。

普段なら一生懸命頑張って前進している人を見ると、すごいなぁ〜!私も見習って頑張らなけ
れば!という気持ちになるのだけど、今はどうしてもそういう気が湧かなくて…

(全然、インスパイアされない。)

だんだん、何に対しても「無気力」「無関心」になっていってる感じで怖いです…

早くこう言う状態から脱出したい…

(そろそろプロを頼る時が来たかなぁ…)


何だか暗い〜記事になってしまって申し訳ないですが、覚え書きとして、とりあえず現在の
自分の精神状態を記録しておきたいと思いました。

ここまで読んでくださった方、こんな私の暗い独り言にお付合いいただきありがとうござ
いました。

あっ、そう言えば、明日はいよいよThe Walking Deadの新シーズン7が始まる日だわ。

ずっと心待ちにしていたものの、同時に観るのが怖くて、(果たしてニーガンの犠牲者は誰か!)
でも観ないわけにはいかないし。

でも観たらまた、ドラマ・トラウマに陥ること間違いなしだろうなぁ。

あぁぁ〜、人生って本当に辛いことが多いですね。(ノ◇≦。)

では。今日はもう寝ます。

みなさん、お休みなさい。

いつもブログを訪問頂きありがとうございます。

ランキングに参加しています。
お帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2016-10-23 13:48 | 私の事

よく発達した発達障害

この記事、とても興味深いのでシェアさせていただきます。




う〜ん、読んでいて、自分にも当てはまるところがかなりあると思いました。

子供時代を含め、若い頃から周りとはどうもピントがイマイチ合わず、皆がなんでもなく
いとも簡単にこなしていっている人生の中のタスクも、私は人一倍、自分なりに努力や工夫
をしてこなければならなかったのですが、もしかしたら私もこの「よく発達した発達障害」
の一人かな?などと思ってしまった。

これまでの人生のうちに幾度か、その”大きなライフイベント”による精神的な危機も経験
してきたし、今でも時折、襲ってくる鬱やコンスタントに感じる不安と戦っているし…(汗)

∫が自閉症と診断されなければ、一生、cluelessなまま、自分のことをよく理解できずに
精神的に苦しんでいたかもしれません。

こういう崖淵に立ちながらも、どうにかこうにかそれなりに社会に適応していってる人達
っていうのも、この世の中には結構、少なくないのかもしれませんね。


いつもブログを訪問頂きありがとうございます。

ランキングに参加しています。
お帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2016-10-21 12:14 | 発達障害

残念ながら、HMMT参加は実現ならず(涙)

まず、始めに。

今日、∫は早朝からオンラインスクールのキャンパスへ出向いて行き、今学年度(2016年)の
PSATを受けてきました。

試験前日の昨夜はいつもより早目にベッドルームへ送り込んだのですが、やっぱり少し緊張して
いたのか、床についてもすぐには眠れなかったみたいで、今朝、起こしに行ってもなかなか起き
ず、私が何度も声をかけなかればなりませんでしたよ。

(結局、正味、5〜6時間くらいしか寝てなかったみたい…)

今朝、送り出した時、まだぼやっ〜とした顔していて、”身体は一応起きてるけど、頭はまだ眠
ったままの状態”って感じだったので、ほんまに大丈夫かいな〜?っと、ちょっと心配だったの
ですが、試験後に迎えに行った時はいつもの調子に戻ってました。

「試験、どうだった?」

と聞くと、控えめに微笑みながら、

「数学は多分、パーフェクトスコアと思う。リーディングとライティングはどうかなぁ…でも
とりあえずはベストは尽くした。」

などと言ってました。

はぁ〜、まぁ、結果の方はなんであれ、(結果は来年の1月くらいにわかるらしい)とりあえ
ずこれでPSATは終了したので一安心しました。

次はいよいよSATとACT受験です!

それぞれ一発でターゲットスコア(SAT 1550+、ACT 35+)を得ることができれば、この
先、心配しなくて良くなるのでいいのですが。

(両方のテストを12月に受ける予定だそうです。)


さて、ここから本題です。

以前、こちらの過去記事でも書きましたが、西海岸地域の著名な高校生対象の数学コンテスト
はほとんど行き尽くした∫は、以前から全米の数学界のオールスターmathlete達が集まって競い
合う、Harvard-MIT Math Tournament (HMMT)に一度は参加したい!という強い願い
を抱いていました。


このコンテスト、開催地がハーバード大学か、MITである為、(交通や滞在時間のことも考え)
できれば受験で忙しくなるシニアになったばかりの年を避け、ジュニアの年に参加したいと言
ってました。


で、本当に行きたいのであれば、チーム結成やその他もろもろの計画、コンテストの登録手続
きなども、自分できちんとオーガナイズして、話をまとめて実行可能ならば、私たちは喜んで
コンテスト遠征費用も用意するから、と言ってあったんです。


毎日、学業や課外活動などで忙しい中、∫は時間を見つけては、北ネバダ数学クラブのコーチや
クラブの仲間たち、そして以前に通っていたチャータースクールの数学クラブのコーチである
Mr. Gなどと連絡を取り合って、チーム結成の話を進めていっていたのですが、結局、地理的、
経済的な理由から、東海岸まで行ける(親が費用面などオッケーしてくれる)メンバーが集まら
なかったようで、「チーム」としての参加は諦めざるを得られませんでした。


尚、HMMTはチームがダメでも個人として”個人戦”に参加できるようで、仕方がないので∫は
とりあえず、個人としてコンテスト登録の手続きを済ませたようでした。

でも、やはり全米でも大人気のこのHMMT、登録者全てが受け入れられるというわけではな
く(人員制限がある)コンテストに参加可能かどうかの通知は、登録締切日の1週間後くらい
にメールで知らされるということでした。


先日、その通知を受け取り、残念なことに、今回は∫は定員オーバーで参加することができない
とのことでした。(涙)

やっぱりチームじゃなくて、個人だけの場合はかなり難しいみたいですねぇ。

知らせを受け取り、∫はかなりガッカリとしょげてましたが、まぁ、でも仕方がない!


世の中、自分が思う通り全てがうまくいくばかりではないし、正直、(私の経験から言えば)
どちらかと言うと、スムーズにいかないことの方が多いくらい!


一生懸命、色んな人達と連絡取り合って、交渉したりして頑張っていたのに、努力が報われず、
少し気持ちが落ち込んでいたみたいですが、でもわりとすぐに、


「あぁぁ〜、じゃ、今年はこの11月に予定されているIMC (大学生対象の数学コンテスト)
を頑張るよ!このコンテストである程度いい結果が出せるように、これからもっと練習にも
励む!」

って、気持ちを切り替え、新たにやる気をアップしていたようなので、何よりですが。


実は、これ書いている現在も、∫はその練習活動に行ってる最中であります〜!

最近は北ネバダ数学クラブの活動よりも、こちらの方が断然、面白いらしく、

「学ぶことがいっぱいあって、とても充実している。本当に始めて良かった〜!」

などと生き生きとした顔で言ってます。


練習活動により、大学生の仲間たちとも交流する機会も増えたみたいですし、同時に練習指
導を担当する数人のプロフェッサー達とも慣れ親しんで行ってる様子で、新たなコネクション
を広げて行ってるみたいで、∫にとっても後々、ベネフィシャルとなると思いますしね。

(リサーチ・アシスタントのポジションなんか頼んでみたり。)


また、今学期履修しているAnalysis Iが期待していたよりも面白いらしく、驚いたことに、
当初の私の心配をよそに、授業の方もきちんとついて行ってるようですし、昨日、持って帰
ってきた中間テストも89.5%(惜しい〜!あとちょっとでAだったのにね!)と、クラスの
平均(70%)よりもかなり上のまずまずの出来で、現在のところ、宿題やクイズ、中間、全
てを含めると95%でAの成績を維持しているらしいです。


難度が高いと噂のこのコースですが、やはり数学の分野でも、∫はこういう類に興味を示すん
でしょうかねぇ。

(幾何学関係や、多変数微分積分学などよりも解析学や抽象代数学などが好きみたい。)


思うに、高校卒業してもこのままUNRに席を置いて、正式にundergraduateに切り替えて
学位を目指したら?なんて。(笑)

州内の大学だと、メリットスカラーシップも色々あり、金額的にもすごく助かるんですよ!

こんなこと言うといつも∫から013.gifっと睨まれるんですが…(苦笑)


というわけで、残念ながら今回は、HMMT参加はオジャンとなりました。

…が、それにめげずに∫はIMCを頑張るとのことですし、実際、開催地には行けなくなって
しまったけれど、同じコンテストがオンラインでもできるようで、個人でそちらの方へ参加
するつもりだそうです。

とりあえず、興味のある方の為にリンクしておきますね。



最後に。

久しぶりに今朝は私は6:00am起きで、雲が多かったのできれいな朝焼けが見られるかな?
と期待していたのだけど期待はずれ。ちょっとだけ色つきの朝の空でした。

a0332222_10472855.jpg


徐々に日が昇ってます。木の間から覗いた太陽の光。


a0332222_10480941.jpg


∫を迎えに行っている車から見た空の景色。今日はやけに雲々しかった(そんな言葉ある?)
なぁ。

a0332222_10482507.jpg


a0332222_10483418.jpg


a0332222_10485484.jpg


a0332222_10484594.jpg


いつもブログを訪問いただきありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してます。
お帰りの際に下のバナーを押していただけると更新の励みになります。
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2016-10-20 10:58 | Math (数学)

いよいよ明日に迫ったPSAT!

あれよあれよという間に、今学年度のPSAT受験が明日に迫りました〜。(汗)

試験は8:00amから12:00pmくらいまであるみたいで、∫のオンラインスクールのキャンパス
にて行われるようです。

だから明日はいつもより早起きしないといけないのだけど、(6:30am) せっかく3つまで減ら
したover due(終了期限を過ぎている)のレッスンや課題が、昨日の時点で更に4つも追加さ
れてしまい、現在のところ7つに増えてしまっているではないですか!!!

もう、どれだけやってもやっても次から次へと付け足され、本当にしんどそうですわ。

まぁ、それらは又、今週末に対処するとして、とりあえず今更土壇場になってジタバタしても
仕方がないので、今夜は明日に備えて十分、睡眠を取らせる為に、早めに寝かせることにします。

あっ、でも一応、リーディング&ライティングのセクションに関しては、念のため、こちらの
ページで最終チェックをしてました。



何とかそれなりの結果を出せるといいのですが…

(去年よりスコアが下がってたら泣くしかないな、こりゃ。涙)


おまけ

∫のiPhoneの中にあった写真の数々。

ほとんど風景が被写体である私の写真とは違ってて笑える。
(∫の関心をよく示してるわ。笑)


a0332222_11591577.jpg



a0332222_11593862.jpg


a0332222_11595092.jpg



a0332222_11592731.jpg

いつもブログを訪問いただきありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してます。
お帰りの際に下のバナーを押していただけると更新の励みになります。
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2016-10-19 12:02 | 大学受験

最近の∫の様子

やっぱり高校のジュニア(11年生)ともなると、これまで以上に学校の勉強や課外活動、その他
の活動で忙しくなりますね〜(汗)。

最近の∫は、オンラインハイスクールで履修しているクラス(3 AP+1Honors)を始め、学校
以外でとっているBYUの日本語のオンラインコース、そしてUNR(ネバダ大学)の数学のコース
等のアカデミックな活動に加え、学校でのボランティア活動とクラブ活動(数学&アカデミック・
オリンピックス)北ネバダ数学クラブ活動に、それに関連するコミュニティ・サービスの活動、
そして、すでに忙しくててんてこ舞い状態なのに、数週間前からは大学生対象の数学コンテスト
の為の練習活動も始めた為、平日、休日を問わず、毎日、大忙しの日々を送っております。

平日、あちこちの活動に走り回っている為、学校のコースワークもやはり万年遅れがちで、もう
これらは仕方ないので週末にできる限り追いつくようにしています。


それでも最近はコースワークや課題の内容がかなり濃くなってきている為、一つのタスクを終え
るのにも結構、時間がかかったりして、(特にAP Literatureのクラスでは、課題をする為には
大量のリーディングをしないといけないので。)最近では土日でもほぼ一日中、パソコンの前に
座って学校のワークをしてますよ!


近々、提出が迫っている、ミッドタームのリサーチペーパーの為、The Color Purpleを読んで
いる∫。

a0332222_07130132.jpg



実はPSATの受験が今週の水曜日(10/19)に予定されているのですが、先週末も学校でのOver
Dueレッスンのキャッチアップに大忙しで、PSATの勉強などまるっきり手をつけられない状態
でして、(6つあったODがなんとか3つに減った!汗)正直言って、今回の受験は準備が全くで
きてません。

唯一、少し前にカレッジ・コーチとやった2時間のSAT準備セッションくらいでしょうか。

(それがなんとか少しでも役に立ってくれればいいのですが…)

今年はメリット・スカラーシップの対象となるとても重要な年なのですが、もう今からジタバタ
言っても遅すぎて、仕方がないと腹をくくりました。

とりあえずほぼぶっつけ本番状態で、現在持っている自分の力で頑張ってもらうしかないです。


あっ、書き忘れてましたが、↑のリストにはもちろん、毎日、最低1時間の運転の練習も追加さ
れています。

私としては、このクソ忙しい時期(ジュニア)に、毎日、運転の練習に余計な時間を取られてし
まうのはイラついてしまうのですが、(特に大学に進学したら寮生活になるので、車を運転する
機会もほぼないだろうし。)パパは、「一生必要となってくる大切なライフ・スキルだ!」と
言い張って、毎日、欠かさず練習をさせています。

まぁね、長い目で見れば確かにそうなんですが。

でも別に受験も追い込みの今(ジュニア)の学年に、それほど集中して時間をかける必要はない
と思うんですけどね。

来学年度(シニア)、大学のアプリケーションを提出した後でも、練習する時間はたっぷりある
わけですし。

物事には何事も「大切な時期」というか、「今やるべきことの優先順位付け」ってものがある
でしょうが。

でも、うちのパパは何でも”自分が思った時、感じたもの”が第一のプライオリティで、その他の
要因や状況など、周りのことは目に入らずに突っ走るタイプなのでかないません。(はぁ〜)

本当、パパの考えてることは私にはようわかりません。

(でもこっちが道理や理屈で説得しようとしても、”自分の気持ち”が感じるままに行動をする人
なんで、その頑固さには勝てず、私が妥協するよりないのですが…)


話が少し横道にそれたので本題に戻りますが、とにかくこんな感じで毎日、時間に追われている
∫ですので、私としては勉強のことなどは(日本語以外は)何もヘルプできませんが、とりあえず
∫の毎日のスケジュールや心身ともの健康状態をチェックしてあげるようにはしています。

とりわけ食事と睡眠には細心の注意を払い、健康的で精のつくものを食べさせ、睡眠時間は最
低でも8時間は取るようにさせています。

(時々、私が何も言わないと、夜中に時間を忘れて遅くまで課題とかしている時があるのです
が、私が注意をして勉強を辞めさせ、寝るように言って聞かせたりとかしてます。)


でも不思議なことに、∫本人はこういう状態にそれほどプレッシャーやストレスを感じている様
子もなく、それどころかチャレンジングな問題や課題を終了して提出した後など、「この上ない
達成感〜!充実感〜!」って感じで、ものすごく満足そうなんですよ。

(実を言うと、勉強よりも毎日の運転の練習の方にストレスを感じるらしい!)


基本、(学校とかの)勉強は大嫌いだった私にはこういうのは理解できないのですが、多分、
∫がつまらせたトイレを、(自分では処理できないので私が)長い間プランジャー(すっぽん)
でばこばこと格闘して、やっとつまりが取れて水が流れた時と同じような「達成感」かな?
なんて思ったり。

(∫から「ママ、すごい!」と尊敬の目で見つめられて、えっへん!と威張ったり!)

(親と子のレベルが違いすぎますね。苦笑)


そんな多忙な∫が最近、凝っているリラックス法というのが、就寝前に数学関連の本を読むこと
らしく、自分のベッドルームに行ってからも30分ほどは部屋の明かりがついていて、眠りこけ
るまで読書を楽しんでいるみたいです。


∫が特にお気に入りなのが、アメリカの大学の数学教授たちによる本みたいで、学校や大学で習
う数学とはまた違ったトピックなどが学べ、とても面白いそうです。

∫のベッドサイドテーブル。

a0332222_07553653.jpg


お気に入りのHow Not to Be Wrongと Joy of Xに加え、最近、Harvey Mudd の数学教授
であるDr. Benjaminと、UC Berkeleyの教授であるDr. Edward Frenkelによる本も買って
あげました。

a0332222_08022184.jpg


送られてきた本(Love & Math)を早速、チェックしています。

a0332222_08023556.jpg


あっ、ちなみにこのLove & Mathの本は、日本語版も出ているみたいですね。

数学の大統一に挑む

エドワード・フレンケル/文藝春秋

undefined


"Love & Math: The Heart of Hidden Reality"が、どうして”数学の大統一に挑む”に?
(笑)

おぉぉ〜!今、ふと調べてみたら、∫の大のお気に入りのHow Not to Be Wrongも日本語
版が出てるみたいじゃないですか!

⬆︎の本、すごくいい本らしいので、興味のある方はチェックしてみてください。

…っということで、∫の近況報告でした。


いつもブログを訪問いただきありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してます。
お帰りの際に下のバナーを押していただけると更新の励みになります。
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2016-10-18 08:29 | ∫の世界

カテゴリ

Introduction
∫の世界
Math (数学)
Gifted/2e
Japanese
High School
School Clubs
Tutoring/Mentoring
Academic/EC Records
University (UNR)
Community College
大学受験
Life Skills
Driving Practices
発達障害
教育・学習
脳科学・心理学
育児
Memories
Resources
Family
Family Outings
Outdoor Activities
日々の出来事
シニア大学生の準備
その他の学習
英語学習(目指せC2!)
私の事
∫パパ
風景・空模様
Wildlife
Favorites
Miscellaneous
テレビドラマ・映画
なんとなく思った事
意見の衝突など

最新の記事

日本語⇆英語の習得は難しい!
at 2017-12-13 11:26
やっ、やばい…
at 2017-12-12 13:13
こういう道もあるのかぁ
at 2017-12-10 11:16
4つ終わって、あと残り4つ!
at 2017-12-09 11:10
ちょっとお兄さん気取り?
at 2017-12-08 09:56

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

記事ランキング

メモ帳

   にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

夕焼け・朝焼け、雲などの空模様の写真満載の私のもう一つのブログです。
Mystica Caelum

アメリカのギフテッド教育、主にレンズーリ教授の提唱する全校拡充モデル(SEM)について紹介されているブログです。
EmbracingGiftedMinds

親バカコーナー 😊
2015 ARML
a0332222_07545094.jpg
a0332222_06213436.jpg
AIME '15
a0332222_06281821.jpg
AMC12 '15
a0332222_06570886.jpg
AMC12 '15
a0332222_06531787.jpg
MATHCOUNTS
National '14
a0332222_06311300.jpg
a0332222_06312311.jpg
MATHCOUNTS
State '14 個人戦
a0332222_06313237.jpg
AMC10
a0332222_06315148.jpg
AMC8
a0332222_06314196.jpg
CTY SAT MATH
a0332222_06215768.jpg
Flag Counter

ブログジャンル

子育て
教育・学校

画像一覧