アメリカに住む数学をこよなく愛する16歳のmath kid∫の日々の出来事を綴っています。∫の夢は将来大学の数学教授になること。13歳から本格的に地元の州立大学で数学のコースを受講し始めました。 


by あーちゃんママ

プロフィールを見る
画像一覧

<   2017年 08月 ( 35 )   > この月の画像一覧

Witch-hunt(魔女狩り)

Witch-hunt (Noun)

 1. (historical) A search for witches, persons believed to be using sorcery or
 harmful magic, in order to persecute and typically kill them.

✔︎2. An attempt to find and publicly punish a group of people as a threat,
  usually on ideological or political grounds.

✔︎3. A public smear-campaign (中傷、叩きキャンペーン)against an individual.



witch-hunt

② 魔女狩りー(比喩的に)一定社会・集団の権力者や多数派が、思想・信条を異にする者を
異端と断じて追放・排除すること。

コトバンクより)


魔女狩り、政的などの中傷 [迫害]

turn into a witch-hunt

<比喩的に>魔女狩りになる[と化す]
犯人捜し・糾弾などが過剰で不合理になる様子。例えば、曖昧な根拠に基づき、無関係の人
が犯人扱いされたり危険視されたり迫害されたりすること。



私がブログで発信する情報を、社会的な影響を無視した”好き勝手な個人の思想”と言いがかりを
つけ、(それらはあくまでもアメリカのギフテッド関連の情報として、ネット上で普通に出回っ
ていて見られる情報の紹介、参照であって、私自身の個人的な思想ではない)それがすでに日本
では迷惑をかけているなどの、自らの解釈?勝手な思い込み?による、”根拠に欠けた”告発をし、
”注意喚起するのが当たり前”などと、他者の考えや意見を公の場で容赦なく執拗に非難し、排他
しようとする行為は、まさに「魔女狩り」そのものですね。

そう言った行為の方が危険ではないですか?


人の思想や考えを非難するけれど、自分の思想や意見に関しては、疑いなく絶対的に正しいもの
と思い込んでるように見えて仕方無ないのですが。

(自分の思想や意見が正しくて、相手は間違っている/危険だから、それらは排他しなければなら
ない!って意識が丸見え!)

(私から見ると、社会的な影響を無視した、”好き勝手な思想や意見、偏見に溢れたとんでも発言”
をしているのは誰の方?と、こちらが注意喚起の必要さを感じていますが。)

私は人に自分の行動や思想をコントロールされるのが一番、耐えられないタイプなので、こちら
も他人に対して、個人の考え方や思想を”こうするべきだ”と指示しようとしたこともありません。

実際、何度も、どの情報を”有益だ”と見て判断するのは、個人(読者の方)それぞれだと言って
ますし、あなたのロジックや偏ったもの見方、論証の方法について批判したり、疑問を投げかけ
てますが、あなたの意見や思想を否定してはいませんよ!

(”賛同するところもある”とまで言っているのに。)


ただ、私は根拠のない「魔女狩り」並みの告発(カルト教だの教祖や信者など)や、個人的な誹
謗中傷(能力至上主義者、差別者、一方的に偏った情報だけで、私が発達障害者に対して理解が
ないなど)、そして、わざと歪めて誤解を招きやすい言い方(私があなたに無料でセミナーを受
けさせてくれと頼んだような言い方)などに対して、自らの名誉や信用(というほどの大げさの
ものではありませんが、苦笑)を守ろうと弁明しているだけであります。


何度もしつこく嫌味ったらしい記事をあげて、(日本の方が、”ギフテッドの認定が下りてないか
ら、私(アメリカのブロガーさん)に怒られたら怖いから、”などと、私のコントロールできない
ことまで責任をなすりつけたように批判したりして)絡んでくるのはどちらなのでしょうかねぇ。


「さくらんぼ狩り」のみならぬ、「魔女狩り」にもお忙しようですが、口を開ければ開けるだけ、
意味不明でイロジカルな発言がボロボロ出てきて、こちらは頭が混乱してしまいますので、いい
加減、”とんでも告発、非難”はそのくらいにして、ご自分のご立派で”正しい”、”日本でのギフテッ
ド教育啓蒙活動”に専念されたらいかがですか?


(言ったでしょう、私はめちゃ根性悪いですから、個人的な攻撃をされたら反撃は怯まないって。
でもこれをあなたに対する誹謗中傷(攻撃)と勘違いしないでください。これはあくまでもセルフ
ディフェンスですので。)


ランキングに参加しています。
お帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2017-08-31 14:52 | 意見の衝突など

大学の秋学期が始まりました

先週の土曜日(SAT II Physics Subject Testの受験日)に体調が優れないままとりあえず試験
を受け、帰ってきてからすぐ、ベッドに潜り込んでずっと寝ていた∫ですが、その翌日(日曜日)
もほぼ丸一日中、寝込んで休養をとった甲斐あってか、ありがたいことに、体調の方もなんとか
回復して、今週の月曜日から始まった大学とコミュニティ・カレッジ(以下、CCと省略)のクラ
スへ順調に通っています。

(Physicsの科目試験の方はやっぱりダメだったみたいで、次回(10月)頑張るそうです。😂)

UNR(ネバダ大学)で今学期とっているLinear Algebra II(線形代数学 II)のクラスは、今回
は生徒数が45人ほどと、400レベルとしてはかなりの人数だと思ったら、どうやらこのクラス、
600レベル(大学院)と共同のクラスのようで、∫の話では院生も混じって授業を受けていると
いうことでした。

数学の中でも、代数関連は比較的得意な∫ですが、このクラスはかなりアドバンスな内容を学習
するみたいなので、気を抜かずに頑張って欲しいです。

(何でも初日はざっと、シラバスをカバーした後、早速、抽象代数学の概念などのリビューを
したとか言ってましたが…)


そして、数学のクラスが終わった後は、その足で大学のStudent Unionへ向かい、例の中学生、
A君への数学のチュータリング(個人指導)をしたようです。


A君のお父さんと話をし、∫とA君、お互いのスケジュールの都合を検討した結果、これからは
週に2回、∫の数学のクラスが終わった後、A君とのセッションを行う予定だそうです。


a0332222_06442980.jpg

UNRのStudent Unionの入っているビルディング。ここで家庭教師のセッションを行ってます。


a0332222_06441714.jpg


そして昨日の火曜日は、コミュニティ・カレッジ(CC)で日本語のクラスが開始しました。

普段は∫の高校、大学、CCへの送り迎えはパパの役目なのですが、先週は1週間ほどパパが昔の
軍仲間との集まりのためにインディアナ州に行ってたので、全て私がしなければならなかった為、
私も先週はかなり忙しくて疲れましたよ〜。

(あっ、ところで、パパは昨夜遅くに無事、帰宅しました。久しぶりに仲間たちと会って、昔話
に花を咲かせたりと、なかなか楽しい時を過ごしたみたいでした。)


市内にあるUNRと違い、このCC、市内から少し離れた山ぞいにぽつりとたたずんでいて、うち
から結構、離れたところにあるので、わざわざ家へ帰っていたら、すぐに迎えに行く時間になっ
てしまうことから、昨日は私もキャンパス内のStudent Unionで本を読んだりして時間を潰し、
∫のクラスが終わるのを待ってました。


a0332222_07061443.jpg


a0332222_07065711.jpg


a0332222_07164375.jpg


a0332222_07165595.jpg

生徒数も多くてキャンパス内がざわざわしているUNRよりも、個人的にはこちらのの〜んびりと
した雰囲気のCCの方が私は好きです。

a0332222_07194214.jpg


a0332222_07170505.jpg


a0332222_07171666.jpg


a0332222_07173089.jpg


a0332222_07193168.jpg


このカレッジでは最近、ある一定の分野の先攻でBachelor’s degree(学士号)もオファー
されるようになって、調べたら心理学の学士号(B.A)も取れるらしいので、∫が大学に行ったら
私もここで勉強しようかな?などと考えたりしています。(考えているだけですが。苦笑)

クラスが終わった頃には日が沈みかけてました。


a0332222_07195505.jpg


初日のクラスを終えて出てきた∫は、とても嬉しそうな顔をしてましたよ〜!

なんでもプロフェッサーは日本人のようで、(ファースト/ラストのどちらも日本名)日本語の
アクセントで英語を話すとか言ってました。

そりゃ、やっぱりJapaneseのコースだと、日本人の指導者でしょう。

(現在、並行して履修しているBYUのオンラインの日本語のコースは、日本人じゃなくて白人の
先生みたいですが。でも、私が見落としていた、∫の”こんにちわ”という文字も、しっかりと”こん
にちは”ですよ!と指摘していたから、私より日本語ができたりして?爆笑)


クラスメートもフレンドリーみたいで、これから授業が楽しみだ!ってウキウキしてましたよ!

オンラインスクール(高校)のクラスに加え、今週からカレッジのコースも3つ加わり、大学の
アプリケーション、課外活動、家庭教師の仕事と、これからもますます忙しくなりそうなので、
私も気を引き締めて、∫の健康管理と諸々のサポートに励みたいと思います。

昨日の夕暮れ時。


a0332222_07202476.jpg


a0332222_07200470.jpg


a0332222_07201579.jpg

いつもブログを訪問いただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
1日一回お帰りの際に応援のポチを押していただけると
更新の励みになります。
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2017-08-31 07:51 | University (UNR)

ギフテッドアダルトのブログ:Brilliant Chaos

ブログ村にギフテッドアダルトのカテゴリーができてからすぐ、このブログも登録していたのです
が、色々考えていたら、まだ∫の育児や教育サポートなどもあと、1年ほど残っているし、ここで
書く内容は、(たまにギフテッドの情報も含みますが)ほぼ、家族や∫の毎日を綴った日記的なも
のとあり、ギフテッドアダルトについての情報が収集しやすいようにと思い、また、別にその課題
に特化したブログを開設しました。

こちらがそのブログです。


タイトルは、”brilliant mind"(ギフテッド)の人達の、迷い、戸惑い、葛藤、アンビバレンス、
感性が鋭いゆえに感じる、あらゆる分野においての強烈さ、感情の抑揚などといった、内面の
世界の渾沌を表現しています。

でもそれらは混沌状態といった、決して”ネガティブ”な意味ではなく、むしろ、ギリシャ神話の
カオス的感じで、”何か新しものが誕生する前の状態”を象徴しているとイメージしやすいかも?

実はこれ、∫が提案してくれたもので、自分の内面の世界を表現するにぴったりの言葉だそうです。

こちらのギフテッドアダルト用のブログは、更新の方はスローペースになると思いますが、∫が
高校を卒業して、大学進学した後は、そちらの方をメインに更新していくかもしれません。

ということで、基本、育児ブログであるこのブログはギフテッドアダルトのカテから抜け、新し
い方を登録しましたので、どうぞ、これからもよろしくお願いしますね。


あっ、それからひとこと言いたかったのですが、私がギフテッドアダルトをメンタルヘルスの
カテゴリーに申請したのは、他に該当しそうなカテが見つからなかったし、私は”メンタルヘルス”
は「精神衛生」という意味で捉え、”メンタルヘルスプロブレム”(精神衛生の問題)という意味
で登録したのではないのです。

ギフテッドアダルトの人の”心のケア”を促進する場所って感じで、ギフテッドを”障害”や、”問題”
といった視点で見ていたわけではないんですがねぇ。

日本ではメンタルヘルスという言葉は、”精神的問題”を示すニュアンスになってるんでしょうか?


とりあえず、これからも新しいブログの方も、どうぞよろしくお願いします。


いつもブログを訪問いただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
1日一回お帰りの際に応援のポチを押していただけると
更新の励みになります。
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2017-08-30 08:42 | Gifted/2e

アメリカのギフテッド教育情報サイト: Embracing Gifted Minds

長年、ネット上でおつき合いをさせていただいてるネッ友のEGMさんが、この度、アメリカの
ギフテッド教育に関する情報ブログを新設されましたので、早速、紹介させていただきます。


一口にアメリカのギフテッド教育といっても、それこそ様々な理念やプログラムの形態、教授法
などがあるのですが、こちらのブログでは主に、コネチカット大学大学院のレンズーリ教授らの
提唱する、全校拡充モデル(SEM-Schoolwide Enrichment Model)について紹介されています。

(あっ、まだ開設されたばかりなので、”紹介される予定だそうです。”と言うべきですね。😁)

EGMさんは現在、このコネチカット大学大学院の「Giftedness, Creativity and Talent Deve
lopment」の修士ブログラムで、あの「才能の三輪概念」で有名なレンズーリ教授のもとにて、
このSEMを含めた、アメリカのギフテッド教育についてを学んでいらっしゃいます。


本場で学んだギフテッド教育の情報を、ブログでシェアしてくださるとは、本当にありがたい事
ですね。

EGMさんはギフテッドの息子さんのお母さんでもあるので、ご自分の学業と並行して、お子さん
の育児や教育アドボカシーにも多忙である為、ブログの更新の方は、無理のない程度に頑張って
くださいね!


一部の限られた例だけを取り上げ、それがまるで、”普通のアメリカ人”とでも言わんばかりに歪
んだ描写をし、いかに”アメリカの教育”がヤバイか!、そういう国のギフテッド教育を参考にし
ようとするのは危険だ、などとバイアスだらけ、ポイントハズレのはちゃめちゃロジックにて、
アメリカのギフテッド教育全般の信用を傷つけようとする方もいらっしゃるようですが、実際、
このSEMは、


The Schoolwide Enrichment Model applies the know-how of gifted education to
a systematic plan for total school improvement. Based on the belief that " a
rising tide lifts all ships," our goal is to increase challenge level for all students
and to promote and atomosphere of excellence and creativity in which the work
of our highest performing students is appreciated and valued."



っと、子どもそれぞれの個性や才能を伸ばす為の教育という感じで、こう言ったとても素晴らしい
プログラムもあるのですよ。

*ちなみに、レンズーリ教授とSEMについての日本語の記事を見つけましたので、参考のために
リンクしておきます。



というわけで、EGMさん、アメリカのギフテッド教育の情報を楽しみにしています!


いつもブログを訪問頂きありがとうございます。

ランキングに参加しています。
お帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギフテッドアダルトへ

[PR]
by mathdragon | 2017-08-29 09:57 | Gifted/2e

米連邦政府のギフテッドの定義

Federal Definition of Gifted and Talented

"Students, children, or youth who give evidence of high achievement capability in
areas such as intellectual, creative, artistic, or leadership capacity, or in specific
academic fields, and who need services and activities not ordinarily provided by
the school in order to fully develop those capabilities."


米連邦政府によるギフテッド&タレンティドの定義

ギフテッド&タレンティドとは、

「知性、創造性、芸術性、リーダーシップ、または特定の学問分野で高い達成能力を示し、その
能力をフルに開発させるためには、通常の学校教育では提供されていないサービスや活動を必要
する生徒(子供、若者)達のことを指す。」



全ての子供の個性や可能性を尊重し、彼らの能力や可能性がフルに開花するように、どの子にも
各自にとって最適教育を提供しようと試みることは、「教育全般」の基礎的、基本的な目的で
あり、(それらが効果的に遂行されているかと言う話は別にして、)それらはすでに通常の学校
のクラスで実行されていることではないでしょうか。


中にはそう言った学校での通常の教育やサービス、活動では個人の持つ可能性をフルに開発させ
ることができない(発展するどころか、通常の教育では逆にネガティブな影響となる)子供達も
いるから、そう言った子たちにも他の子達のように”適切”なサービスや活動を提供することが必
要だと認識し、それらを利用するグループを”ギフテッド&タレンティド”と呼んでいるのでは?


州や学区の定義、識別方法が一定してなくて、また、それらが不十分、もしくは欠点があるので、
更なる調節、改善、修正、向上が必要だという事=だから「ギフテッドなど存在しない」、「み
んながギフテッドで良い!」という事ではないと思うのですが。

(定義や識別方法の改善/向上はまた別の問題)


州が連邦政府の定義の”提案”に従うかどうかは別にして、(州は従う必要はないので強制できない)
米連邦政府はギフテッドを”通常の学校教育で提供されてないサービスや活動を必要とする生徒”
と定義して、明らかに”ある一定のグループ”(ギフテッド)の教育ニーズを認識しているわけなの
で、やっぱり「誰もかれもがギフテッド」とは呼べないのではないかと思いますが。

(明らかに子供の皆が、そういった、”特別な教育やサービス”を必要としていないのだから。)


ちなみにうちの州も、

"'Gifted and talented pupil' means a person under the age of 18 years who
demonstrates such outstanding academic skills or aptitudes that he cannot
progress effectively in a regular school program and therefore needs special
instruction or special services."


っと、”通常のプログラムでは効果的に進歩できないので、特別な指導やサービスが必要な生徒”
と、連邦政府が提案する、”ニーズがベース”となった定義となってます。


ただ、これはあくまでも「教育上」での定義なので、本当に一部の定義でしかないんですよ。

それ以外の、家庭やその他の環境においては、親が「自分の子はギフテッドの可能性がある」と
思えば、どんどん、その才能を開花するために、サポートして行ってあげればいいのですから。

(うちもギフテッド教育を提供してくれなかった学区にいた時は、家で”独自のギフテッド教育”
を実行してましたから。笑)


私が何か一つの話題について記事を紹介したり、書いたからと言って、その概念だけを100%唱
えて、他の概念を全て”否定している”というわけではないのに。(苦笑)


ギフテッドのサポートにおいては、知的、教育面などのニーズに応える、”教育上”の定義/概念の
みならず、子供の精神衛生や社会感情面でのニーズにも対応する、”心理学上”の定義/概念も組み
入れて考慮すべきではないかと思います。

いつもブログを訪問頂きありがとうございます。


ランキングに参加しています。
お帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2017-08-28 10:56 | Gifted/2e

しっかり気を引き締めなければ!

今日(土曜日)は、∫のSAT II Physicsの科目試験の日でした。

今朝、6時半に∫を起こしに行くと、普段から朝早く起きるのが苦手なのだけど、今日はまたそれ
にさらに輪をかけて機嫌が悪そうで、なかなか起きてくれないので苦労しましたよ〜。

でも実は、昨夜寝る前、夏なのに寒気がし、身体がブルブル震えて気分が悪いって言ってたので、
一晩ぐっすり寝て、翌日には体調が回復していることを願ってたのですが、やっぱり物事、そう
うまくはいかず、今朝はその状態がさらに悪化してて、起きてきてから頭痛と胃のムカつきを訴
えてました。

又しても、肝心な時に体調を壊すなんて。(涙)


この秋の大学願書に添えて提出する為に、このPhysicsの試験(又は別の分野の科学の科目試験)
は必須で、11月末のEA(アーリーアクション)までには科目試験を受検する時間もあまりないの
で、出来ればこの8月の試験で満足のいくスコアを出しておくべきなのに。(汗)


でも体調が悪い時に受けても望ましいスコアは期待できないだろうから、もう、今朝はいっその
ことキャンセルしたら?と言ったのですが、∫は、「できるところまで頑張ってみる。」とひ弱な
声でつぶやきながら、今朝、試験場へ向かったのでした。


いや、そう言われてみれば、ここ数日間ほど∫は、身体がだるくて食欲がないと言って、ご飯も
あまり食べてなかったんですよ。


でも、そんなに目立って体調を崩している風にも見えなかったので、私もそれほど気にもかけな
かったし、(多分、少し疲れているのだろうと思ったくらい)ここ数日ほどは私自身、くだらな
いことに気を取られてしまい、不覚にも∫の微妙な体調の変化に気がついてやれず、昨日の晩から
今朝にかけて、それが悪化してしまったのでした。

∫、ごめんよ〜。

本当に∫に申し訳ないです。😓

(めちゃくちゃ反省しております。145.png


試験が終了し、迎えに行った時、試験場(地元の高校)から出てきた∫のどっと疲れて衰弱した姿
を見て、めちゃくちゃかわいそうになりました。(涙)

本人の話では、

「出来る限り努力は尽くしたけど、頭が痛くて何やらもうろうとしていたので、試験に集中できな
かった。結果はあまり期待できないかも。」

などと言ってました。

まぁ、それは仕方がないでしょう。

とりあえず、何とか諦めずに最後まで頑張ったところを褒めてあげたいです。


それに、たとえ今回、惨敗だったとしても、あと10月にもう1回チャンスがあるので、完全に希望
を失ったわけではないのでね。


でも、私としては、10月は願書作成(特にエッセイ作成)の真っ只中で、高校のクラスだけでなく、
今学期は大学のクラスが3コースもあるし、課外活動や家庭教師の仕事などもあるので、できるな
らばそれまでに、”大学受験関連のテスト地獄”から完全に解放してあげたかったんですよねぇ。

(幸い、SAT/ACT、 SAT Math IIは終了しているので、それだけでも気持ち的に楽です。)

とりあえず、今回ダメでもまた、10月のを頑張ればいい!

来週の月曜日から大学・コミュニティ・カレッジの秋学期も始まるので、それに備えて今週末は十
分休養をとらせるつもりです。

(実は、試験から帰ってきてすぐさま自分のベッドへ直行し、現在、寝ています。152.png

もしかしたら∫からもらったのかもしれませんが、実は私も今朝からずっとどんよりとした感じの
頭痛に襲われているので、今晩は私も早めに寝て、自分自身の健康管理に気をつけようと思います。


あぁぁ〜、これからとにかく∫が忙しい時期に突入するので、私も気を引き締め直して、しっかりと
∫のサポートに励まなくては!

くだらない揉め事に気を取られている暇などないですね。

おまけ

今回の試験場だった、通常ならば∫が通うことになっているゾーン指定高校の景色。

山と緑に囲まれた静かな地域にある、アカデミックの面でもかなり評判のいい高校です。

でも∫は、ここでは自分が満足出来る学習ができないので、別のオプション(オンラインスクール
& 大学とのDual Enrollment)を選びました。

a0332222_04524613.jpg


a0332222_04532686.jpg


a0332222_04541234.jpg


a0332222_04533763.jpg


a0332222_04535574.jpg


試験が終わって校舎から出てきているところ。

a0332222_04543032.jpg


体調がすぐれないのによく頑張りました。どうもお疲れ様でした。


a0332222_04544428.jpg

いつもブログを訪問頂きありがとうございます。

ランキングに参加しています。
お帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2017-08-27 05:10 | 大学受験

これだけは言わせてください!

もうこのブログでは、某ブロガーさん(Hさん)についての記事は書かないと言いました。

が、こちらの彼女の私への批判記事で、私個人の信用や名誉を傷つけるような、どうしても黙って
見過ごすことができない、とんでもない言及があったので、その記事へ異議を唱えるコメントを送
信しようとしたのですが、どうやら私に対して”コメント投稿拒否”の設定をしたみたいで、本人に
は直接、投稿することができない為、どうかこちらで言わせてください!

(この件に関して、私のブロ友さんや、読者の方から”問い合わせ”をいただいたので、ここで変な
誤解のないように、明確にしておきたいと思います。)

以下、Hさん宛のコメントです。

>私のセミナーを無料で受けたあなたを除いては!!
 
 私は、押し売りなんかしてませんからね!
 あなたが興味があるというから、無料でお渡ししました。
 だって、あなた、何でも”無料”と”特別待遇”がお好きだから!
 私は、あなたに頼まれて、無料でお渡ししただけなのに、詐欺師とか悪徳商法とか、
 嘘を書いて大変迷惑です。

(Hさんの記事より抜粋)


嘘を書いているのはあなたの方ではないですか? もう、あまりの事実を歪めた言いがかりに呆れ
て開いた口がふさがりません!これ、マジですか?

”私は、あなたに頼まれて、無料でお渡ししただけなのに、”って、まるで私の方があなたに連絡を
取り、あなたのセミナーを無料で参加させてくれと頼んだとでもほのめかしたような、又しても事
実を自分の都合のいいように大幅に歪め、誤解を招きやすいような書き方をして、あまりの悪質さ
に吐き気をもよおしますよ。

私がいつ、あなたに”無料で参加させてくれと”頼みました?


ある日突然、私のアメブロのアカウントにメッセージを送ってきて、(あなたの方から私に連絡を
してきて)セミナーを無料でオファーしてきたのはそちらじゃないですか!

”意見や感想があればどんどん言ってください。でも、特別枠なので、無理にする必要もなく、読
み逃げでもいい”と、はっきりおっしゃってましたよね。


それなのに、私の方から”頼んだ”みたいな書き方して、事実を歪めて他者の誤解を煽るような事を
するのももう、いい加減にしてして欲しいです。


「オファー(申し出)を受け入れる」という事と、(こちらから)「頼む」というのは全く意味が
違うということをお分かりなのでしょうか?


大体、もともと、私はあなたのセミナーなど全く興味もなかったのに、どうして私の方からあなた
に連絡をして”頼む”というのでしょう? 

”無料だから”という事で、ノーと言うのは失礼だから、承諾しただけであって、よくもまぁ、その
ように”平気な態度”で嘘がつけますね。

(”興味があれば、無料で送ります”って言われて、”いえ、結構です。って、あまりにも失礼すぎて、
そんなこと言えないじゃないですか。)


自分からこちらに連絡をしてきておいて、この言い様は本当に信じられません。

また、

>結局、私の娘がギフテッドの選定校に通わせた経験による視点が妬ましくって耐えられないこと
 なんだと思います。

って、出ましたね。やっぱりそこか!(爆笑)

私はあなたの娘さんがどの学校に行ってたかなど知らなかったし、興味もないし、気にもかけてい
ないのに、そうやって自分で勝手に他者が”自分たちのこと気にしてる”と思い込むのって、何とも
ナルシスト(メガロマニアック)っぽいというか。

あなた自身、私の息子がどんな学校へ行っていて、どのギフテッドのプログラムに所属していて、
などといった情報を明らかに把握していないみたいだし、気にもならないのではないですか?


自分はそうなのに、他者は”あなたたち”に関心を抱いていて、あなたたちのことを思っていると思
いこんでいるというのは、かなり誇大妄想の気が強いのでは?

誰もあなたが思っているほど、あなた自身やあなたの娘さんのことについて考えてませんよ!


そして、

>だって、あなた、何でも”無料”と”特別待遇”がお好きだから!

って、ものすごく人を侮辱してません? 

まるで人のことを物乞いか何かのように見下した態度で。

私は”価値のあるもの”に対しては、高い金を払うことは何の抵抗もありませんよ。

(もちろん、自分にとって”価値のないもの”に対しては、一銭も出したくありませんが。)

あなたのセミナーに対して、”これは価値がある”と感じたならば、たとえあなたが無料で提供して
きても、(他人を利用したくないので)きちんとフルの金額を支払うことに、何の躊躇もありませ
んよ。

人をmiser扱いして侮辱するなど、低次元過ぎますね。


あなた、自分の事を一体、何様だと思っているんですか?

論点そのものではまともに語ることができないから、そんな風にいつも人を見下げて侮辱して、
醜い言葉で誰かれかまわず罵りまくって、あなた、マジでそれってちょっと普通じゃないですよ。

今まで心に思っていても口には出しませんでしたが、あなたの言動は、正直言って異常です。

心がかなり病んでませんか?

あなたの文章からは、病的な精神の不安定さ、危険さを感じて、はっきり言って恐ろしいです。

現実と、自らが作り出した、極度に湾曲した妄想の世界との区別がつかなくなっているんではな
いですか?


あなたの理不尽さ、非論理的思考、歪んだ認知は、どうやら他に原因がありそうなので、はっき
り言って、私が何を言おうが、まともな話はできそうにないので、もうあなたとの討論は一切、
諦めます。


真剣な話、一刻も早く、何らかの形でヘルプを求めることを切実に願ってます。


*読者の皆さん、今までブログでお見苦しいところをお見せしてすみませんでした。
 

いつもブログを訪問頂きありがとうございます。

ランキングに参加しています。
お帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2017-08-26 04:32 | 意見の衝突など

不安性のくせにこんなものを観たがる

今朝早く、パパは軍時代の仲良しグループとのget-togetherに参加する為、インディアナに向か
いました。

今頃は目的地について、久しぶりに会った昔の仲間たちと、ワイワイと楽しい時を過ごしているん
じゃないかと思います。

(電話嫌いのパパは余程の用事でもない限り、滅多に私に電話をかけてこないし、こちらが電話し
てもほとんど出ないので、私も連絡してません。うちは家族皆が電話嫌い!笑)


早朝のフライトだったので、(朝の5時くらい)その数時間前にパパを空港まで見送りに行かなけ
ればならなかった私は、昨日の晩は一睡もせず、午前3時半にパパを連れて行き、家へ帰ってきた
のは午前4時半くらいでした。


空港に行く前は”3時まで頑張って起きていよう!”と思ってても、意思とは裏腹に、身体の方が眠
気に襲われて、つい、うとうとしそうになったのですが、空港から帰って来た時は、神経が刺激さ
れたのか、眠気がいっぺんにふき飛んでしまい、今度はどれだけ寝ようとしても眠れませんでした。


しばらくの間、ベッドの上で何度も寝返りを打ちながら、なんとか必死に眠ろうと努力していたの
ですが、そんな時はいくら努力しても無駄だと悟ったので、諦めてNetflixを観る事にしたのでした。


先週の金曜日に公開され、ずっと観たいと思っていたMarvel's The Defendersを観始めよう
かとも思ったのだけど、このシリーズを観始めるにはある種の”心構え、気合”を持って挑みたいと
思うので、(何やそりゃ?笑)シリーズものではなくて、単発で気軽に観れそうなドキュメンタリ
ーものを探すことにしました。


作品をブラウズしてると、ふと、番組のタイトルに興味を惹かれ、とても興味深そうだったので、
こちらの番組を観ることにしたのでした。

(もろ、私好みって感じ。苦笑)

a0332222_08093338.jpg


このディスカバリー・チャンネルの番組は、歴史上に実際に起こった奇妙で一見、不可解な「死」
の数々を取り上げ、(一回のエピソードに3件)それらの謎を、各分野の専門家たちが科学的な
理由を解説するという内容で、これがとても興味深くて、ちょこっと観るつもりが、時間を忘れ
てのめり込んでしまい、エピソードを次から次へと一気観し、結局、今日は一睡もしないままで
あります。(爆笑)

(今日は∫の家庭教師の日でもあるので、そっちの方の送り迎えもしないといけないのに。苦笑)


これらのケース、中には(どんなにワイルドで飛躍的な憶測しても、思いもつかないわよ〜!)
的な、フリーク・アクシデントもあれば、(ちょっと状況を考えれば誰でも危険が予測できるの
に〜!)っと、失礼な言い方だけど、本人の考慮や常識の欠如が悲劇を招いたケースなどもあり、
こうして改めて考えると、人生って、本当に一寸先は闇だなぁと思いましたよ。


そしてここに出てくる多くのケースが、科学的(特に自然科学、物理学、化学、生理学)概念や
知識の欠如が原因によるところの事故や過ちからくるものだったりして、(あぁ〜、やっぱり偉
大なる”自然”と折り合ってこの世で生きて行く為には、せめて最低限の科学的知識を身につけ、
”ネイチャーをリスペクトする”ことが大切だなと思い知らされましたね。

本当にいい教訓となります。

(ライフスキルの一貫として、∫にもこのシリーズを観させたいですよ!)

そして、私ももっと、自然科学や物理学、化学などについて知りたくなりました。(笑)


でも観ていたら(こんな場合もあるのか!こんな事で、一瞬にしていとも簡単に命を落とす事
もあるのか!)と、恐ろしくなって、不安感が高まってしまいますが。

もともと不安性のくせに、やたら飛行機事故とかこういった番組を観たがるから私も厄介です。

でも基本的には、「謎」や「ミステリー」にすごく惹かれ、怖いのだけど、「どうしてなのか
その理由やメカニズムを知りたい!」という好奇心に負けてしまうのであります。(苦笑)

日本でも放送されているのかどうかわかりませんが、こういう分野に興味がある方、是非、お
ススメです。




アーミー時代の仲間たちって、ここに写っている人達なのかなぁ…
(上段の真ん中がパパ)


a0332222_08092311.jpg

いつもブログを訪問頂きありがとうございます。

ランキングに参加しています。
お帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2017-08-25 10:00 | テレビドラマ・映画

子供をもちださないで欲しい!

こういう記事を読むと、本当にイラついてしまいます。

こんなふうに関係のない子供を持ち出してきて、あれやこれや批判する前に、実際、もっと彼の父
親に関して、”注意を注ぐべき問題点、課題”をとりあげるべきではないのか?と思ってしまう。


私は自分自身はトランプ支持者ではなく、それどこらか、(彼のプライベートは知らないので判断
できないけど、)彼の”公共の場”においての言動に対し、不信感や嫌悪感、反感、苛立ち、失望感、
憤り、などといった否定的な感情を抱く事が多いのですが、でもそれでも、彼の子供は親とは全く
関係がないのだから、「子供を持ち出してくるな!」と言いたいですね。

それよりも、現在のアメリカの情勢を考えると、もっと”取り上げられるべき”「問題点」や「課題」
があるでしょう?

こんなふうに、「問題点」や「重要な課題」、「論点、論争」から外れ、それらとは直接関係のな
いものを持ち出し、本題から気を逸らそうとするようなやり方には嫌悪感を感じますね。


(論争のポイントとは全く関係のないのに、相手の子供を持ち出してきて(利用して)、”あなたの
お子さんがどう感じるとか考えないのですか?”などと、相手に羞恥心や罪悪感を感じさせようとし
たりなどの”心理的操作”を使ったりする人も、あまりにも手口が卑怯で呆れて言葉も出ませんね。)

あぁ〜、やだ!やだ!135.png

こそくな手など使うんじゃないっていうの!

Leave the kid(s) alone!


いつもブログを訪問頂きありがとうございます。

ランキングに参加しています。
お帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2017-08-25 05:07 | 意見の衝突など

ストレスはバカにできない!

かれこれ2ヶ月ほど前に、いきなり「物が2重に見える!」と目の異常を訴え、即座に緊急病院を
訪れ、MRIや脳のCTスキャンなどの検査をしてもらい、その後も脳神経科、神経眼科、内科など
でありとあらゆる検査をくまなく行ってもらったパパですが、最終的にはどの分野においても何も
異常が見つかりませんでした。

医師の話では、これだけできる限り調べてみても原因がピンポイントできないのは、極度のストレ
スからきているのかもしれないとのことで、その後、のんびりとリラックスをしてしばらく養生を
とっていたら、不思議なことに、2週間ほどで視力も元の状態に戻ったので、大したことがなくて
本当によかったです。

でも、マジな話、ストレスってバカにできませんよねぇ。

パパは目の異常を訴える数週間ほど前から、とにかく毎日、グランマの事でイライラしてばかり
で、いつもフラストレーションを感じている状態だったので、私自身、そんな姿を見て、(この
調子だといつ心臓発作を起こしても不思議じゃないかも?)などと心配してたほどだったので、
やっぱりストレスが原因で、身体に何らかの支障をきたしていたのかもしれません。

(目の周りの神経や筋肉に一時的に異常をもたらしていたとか。)


養生している間、私はパパにストレスマネージメントのコツを教えたり、ちょっとした”なんちゃ
って認知療法”(例えば、グランマの行動に対して、グランマがパパの指示に従わないのは、グラ
ンマの認知機能が”普通”だけど、わざとパパの言うことを聞かず、無視している”のではなく、認
知機能の”衰え”の為に、”できなくなっている”(本人の意思に関係ない)という見方をすれば、
フラストレーションを感じることも少なくなると言って聞かせたり。)などして、パパの外界の
刺激に対する対処法とか言って聞かせたりしたものでした。


本人もそんな風にちょっと見方を変えただけで、苛立ちがかなり減り、以前のように怒りで心臓
がばくばくしたり、”頭に血がのぼる”感覚を抑えることができるようになったと言ってました。

こういうストレスマネージメント術って本当に大切だと思いますね。

私は刺激を”感じやすい”∫にもいつも同じような事を言ってます。


自分が感じる刺激(ストレス)は完全にシャットアウトすることはできないかもしれないけれど、
ちょっとした物の見方や考え方、対応の仕方(刺激に対する処理の仕方)次第で、ある程度、心
の状態(感情)をマネージすることもできるので、ストレスに敏感な者は、常に外界の刺激を意
識して、それらを自分でうまく処理していくように、とアドバイスしています。


でも、正直言って、現在の∫は、パパよりもストレスマネージメントのスキルが上じゃないかと思
うくらい、自分できちんとやっていってるので、私も安心していますが。(笑)


(∫の場合、自分の感情の状態の段階(ちょっとイラついている→怒る→完全なメルトダウン)を
把握しているみたいで、感情的に”取り返しのつかない状態”になる前に、自分なりのクールダウン
の方法を用いて、感情の管理をしているので大したものです。)

(↑これも小さい頃からセラピーなどで教わってきたスキルの一つ)


感情のコントロールができない、衝動的、というのはパパの生涯の課題なのですが、やっぱり歳
をとると、そうそういつも怒りに爆発していたのでは身体に良くないですから、パパも気をつけ
るべきですよね。


ところで、実は明日(木曜日の早朝)からパパは、昔のアーミー時代の仲良しグループ6人くらい
で久々にインディアナ州に集まって、1週間くらいあちこちを訪れたりするらしいんですよ。

その際、まだパパが19歳の時に軍の関係で、大阪の孤児院を訪れた時にお世話になったシスター
(今はアメリカのインディアナに住んでいる?)にもめちゃめちゃ久しぶりに会う予定らしいの
で、今からすごく楽しみにしています!


多分、ここにパパと一緒に写っているシスター?

a0332222_06565101.jpg


ここのところずっと、毎日グランマの世話や食事の支度をしてきているパパなので、たまには
こんなふうにバケーションをとって息抜きするといいですよ!

(私はそんなバケーションとか取れなかったですが118.png 笑)

明日の早朝の飛行機で立つ予定で、私が午前3時にパパを飛行場に連れて行かなくてはならない
ので、今晩は寝ずにそれまで起きている予定です。(寝過ごすと怖いので。)


来週の月曜日から∫の大学(UNR)とコミュニティ・カレッジのクラスも始まるので、明日から
1週間ほどは私が毎日、∫の学校・大学、数学家庭教師活動の送り迎えもすることになり、忙しく
なりそうであります。119.png

私も自分自身、ストレスを溜めないように頑張らなければ。

あっ、でも私の一番のストレス源(いつもうるさいパパ)がいなくなるので、私にとってはスト
レスフリーの一週間を楽しめそうです。(ぶははっ。)


昨日の空模様。昨日はとても雲が多い日でした。

a0332222_06570416.jpg

先日のように鮮やかな夕焼けではなかったですが、山のふもとからピンク色の光が放っている
みたいで、何やら神秘的でした。

a0332222_06571481.jpg

いつもブログを訪問頂きありがとうございます。

ランキングに参加しています。
お帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギフテッドアダルトへ

[PR]
by mathdragon | 2017-08-24 10:37 | ∫パパ

カテゴリ

Introduction
∫の世界
Math (数学)
Gifted/2e
Japanese
High School
School Clubs
Tutoring/Mentoring
Academic/EC Records
University (UNR)
Community College
大学受験
Life Skills
Driving Practices
発達障害
教育・学習
脳科学・心理学
育児
Memories
Resources
Family
Family Outings
Outdoor Activities
日々の出来事
シニア大学生の準備
その他の学習
英語学習(目指せC2!)
私の事
∫パパ
風景・空模様
Wildlife
Favorites
Miscellaneous
テレビドラマ・映画
なんとなく思った事
意見の衝突など

最新の記事

ギフテッドの誤診:鬱病または..
at 2017-09-25 05:14
Bellagio噴水ショーの動画
at 2017-09-24 05:29
8年生で微分積分?
at 2017-09-23 10:48
残念ながらPUMaCを断念
at 2017-09-22 15:28
教え子A君の新しい目標
at 2017-09-21 08:46

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

記事ランキング

メモ帳

   にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

夕焼け・朝焼け、雲などの空模様の写真満載の私のもう一つのブログです。
Mystica Caelum
a0332222_05202999.jpg
アメリカのギフテッド教育、主にレンズーリ教授の提唱する全校拡充モデル(SEM)について紹介されているブログです。
EmbracingGiftedMinds

親バカコーナー 😊
2015 ARML
a0332222_07545094.jpg
a0332222_06213436.jpg
AIME '15
a0332222_06281821.jpg
AMC12 '15
a0332222_06570886.jpg
AMC12 '15
a0332222_06531787.jpg
MATHCOUNTS
National '14
a0332222_06311300.jpg
a0332222_06312311.jpg
MATHCOUNTS
State '14 個人戦
a0332222_06313237.jpg
AMC10
a0332222_06315148.jpg
AMC8
a0332222_06314196.jpg
CTY SAT MATH
a0332222_06215768.jpg
Flag Counter

ブログジャンル

子育て
教育・学校

画像一覧