アメリカに住む数学をこよなく愛する16歳のmath kid∫の日々の出来事を綴っています。∫の夢は将来大学の数学教授になること。13歳から本格的に地元の州立大学で数学のコースを受講し始めました。 


by あーちゃんママ

プロフィールを見る
画像一覧

代理ミュンヒハウゼン症候群

先日、HBOでこの「Mommy Dead and Dearest」という実際に起こった犯罪のドキュメン
タリー番組を観ました。



犯罪自体も「実の母親殺害」ということでショッキングだったのですが、それ以上に、観ている
うちにどんどん暴かれていく、表上では想像もつかない、奥深く隠された事実や動機などに、と
てつもない恐怖感と嫌悪感を感じてしまいました。


大まかに言うとこの事件、代理ミュンヒハウゼン症候群の母親からによる長年の身体的、精神的
な虐待に耐えてきた女性が(当時24歳)、オンラインで知り合ったボーイフレンドと母親を殺害
する計画を企て実行する(厳密には母親を殺傷したのはボーイフレンドの方みたいですが)とい
うストーリーで、こんなまるで小説の筋書きにでも出てきそうな現実離れした出来事が実際に起
こるのですから、全く恐ろしい世の中ですよ。


この代理ミュンヒハウゼン症候群、ミュンヒハウゼン症候群(周囲の関心や同情を引くために病
気を装ったり、自らの身体を傷つけたりする行動を見せる)の一形態で、通常ならば傷害の対象
は自分自身なのですが、”代理”(proxy)の場合は自分ではなく、何か代理のものを利用して、同
じ効果を得ようとする精神疾患であります。


この殺された母親の場合は、自分の娘を”代理”として利用していたようで、その我が子に対する
無残な虐待は、娘さんが生後3ヶ月くらいの時から始まったみたいでした。


周りからの関心や同情を得るために、健常な我が子を知的障害、白血病、筋肉ジストロフィーな
どといった一連の病気装い、当の娘さんには知的に遅れていると言って本人に思い込ませたり、
(実際の年齢を偽って教えていた)本当は歩けるのに車椅子に縛り付け、(癌を偽って)頭髪を
全て剃って丸坊主にしたり、不必要な栄養チューブや処方箋などを与えたり、又、様々な操作手
口を使って娘さんを心身ともにコントロールしたりなど、娘さんが長年耐えてきたとてつもない
虐待行為を想像しただけでも、同じ子供を持つ母親として、この母親に対して恐怖と怒り、そし
て嫌悪感を感じられずにはいられませんでしたよ。

学校にも小学校2年くらいまでしか行かせてなかったみたいだし。

(かと言ってホームスクールしている風でもなかった。)

不思議なのが、これまでどうして医者達が”母親の主張”を疑わず、きちんとした診断(異常なし)
が下せなかったのだろうかという部分で、娘さんの医療の記録によると、医者達は母親の主張
する”診断”の数々を疑うことなく、そのまま鵜呑みにしたみたいで、そう言った部分も医療機関
のシステムのずさんさや、医者の不能さ、無関心さを感じられずにはいられませんよ。

全く腹立たしい!

この件においては、この娘さんは家庭(虐待)と社会(ネグレクト)のダブルの被害者ですよ。


もちろん、かと言って、娘さんとボーイフレンドが犯した行為(殺人)は決して許されるべき
ものではありません。


でも私としては、最終的な娘さんの選択(正当で法的な手段で母親のコントロールから脱出する
のではなく、殺人という違法行為を選んだ)がとても残念に思えて仕方がありませんでした。

だって、これまでの人生、ずっと母親の元で自由を失って苦しんできたのに、これから先の人生
も刑務所で過ごさなければならないので、自由を失ってしまうのに。


でもドキュメンタリー内で彼女は、

「刑務所で(身体的な)自由を失うことになったけれど、母親のもとから抜け出すことができ
たので、(精神的な)自由を得られて今の方がハッピーだ」


といったようなことを言っていて、さぞかし辛かっただろうなと同情してしまいました。


(でも、私だったら感情の赴くまま、自分にとって不利になるような行動(殺人)の選択は避
けるだろうなぁと思いましたが。長年苦しめられてきた人物に、この先も又、間接的であろう
が同じように苦しめられる(刑務所行きで自由を失う)結果となるような選択はしないだろう
なぁと。)


それにしてもですねぇ、親というものはどんな事をしてでもとにかく我が子を危険や苦しみか
ら守りたい、幸せにしてあげたいと望むものだと思うのですが、そう言った本能をも最も簡単
にくつがえしてしまい、自分のニーズを満たすためには自分の子であっても傷つけたり、苦し
めたりしてしまう精神疾患である代理ミュンヒハウゼン症候群って本当に恐ろしいですね。


考えてみれば、度合いこそ違えど、世の中には「我が子」を食い物にして、自分に対する注目
や関心を惹いたり、自分の”クレデンシャル”(信用)をアピールしようとする親もいるみたい
ですしね。

あぁぁ〜、怖い、怖い。 (((((( ;゚Д゚)))))


いつもブログを訪問頂きありがとうございます。

ランキングに参加しています。
お帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
# by mathdragon | 2017-05-19 09:16 | テレビドラマ・映画

ギフテッドの子育てについて激しく共感した記事

少し前の「学校に行きたくなかったら行かなくてもいい!」の過去記事にも少し関連しているの
ですが、こちらのギフテッドの子の教育や子育てについての記事を読み、激しく共感してしまい
ましたよ〜!

(読んでいて、感動のあまり目頭が熱くなりました。笑)

いつも英語の記事ばかりシェア(紹介)して、英語の嫌いな方には申し訳ないのですが、ギフテ
ッドに限らず、ユニークなニーズを持ったお子さんをお持ちの親御さん達にも是非、読んでいた
だきたい記事だと思いました。


"Some gifted children are simply not interested in academics. As a parent,
it can be disillusioning to look at your child, who is capable of excelling in
virtually any subject they choose, but lacks the motivation to perform in any
subject at all. While there are many reasons, a gifted student may not thrive
in and educational environment, in some cases, all the accommodations in
the world, endless parent/teacher meetings, 504 plans, bribes, and threats,
fail to make a difference. Frustrated and confused, parents and educators
sometimes invest so much time and energy trying to find solutions to
"school" problems, that they lose sight to the larger goal of raising the child
into a capable adult. Unfortunately, trying to force success at school can
leave children not only ill-prepared for adulthood but at risk for mental health
issues, substance abuse, and social isolation."

(中略)

”So how do the parents of bright, capable, but seemingly unmotivated children
help their children balance their passions with real-world practicality, learn the
resiliency of working through non-preferred tasks, and develop a healthy sense
of identity, despite their dislike of, or lackluster performance in school?


The first step is to acknowledge that this is not the "child's problem", but rather
a social construct problem. Parents need to step back, re-think and manage
their own expectations, fears, and past experiences with achievement and
success or the lack thereof. This step is essential, because before we can
support our children we need to be brutally honest about our own values and,
frankly, our fears. When a child, comes into the world with a strong internal
value system, grounded in personal experience rather than external accolades,
we need to recognize that child is reflecting innate resiliency not resistance.
Rather than attempt to mold this child to the norm, we need to respect, nurture
and refine their rare gift. These are the children who cannot be bribed, who do
things because they are the right thing to do rather than the thing that is
expected, the children who learn what they choose to learn because they want
to learn, not because they want approval. These children are the world's change-
makers, precisely because they eschew external yardsticks."

(中略)

”Students who spend their energy trying to please others or chasing the
academic brass ring often find themselves feeling burnt-out and unfulfilled.
Conversely, students who are driven by internal goals, whether those goals
conform to educational expectations or not, are likely to grow into self-actualized
adults as long as we honor and protect who they are as individuals."


(Destination Success: Raising a Self-Actualized Adult not a Straight "A"
Studentより抜粋)


すいません、日本語に訳する時間も気力もないので、原文のまま抜粋していますが、これらの
言葉、まさに本当だなと思いますよ。


ギフテッドの子たちの中にはアカデミックな分野に興味がなく、学業的なモチベーションが湧か
ず、成績も思わしくなかったりする場合もあると思います。


親にしてみれば、(この子はこんなに賢いのに、やりさえすればできるのにどうして?)と不思
議に思ったり、苛立ちを感じることもあるかもしれません。


そして学校側や先生たちと協力し、ありとあらゆる支援の戦略や対策を試みても、”問題”を解決
できずに途方にくれることもあるでしょう。


この記事の中に、子供の支援にあたってまず最初に必要なステップとして、

”The first step is to acknowledge that this is not the "child's problem", but rather
a social construct problem.”

”まず第一に、それらは”子供の問題”ではなく、”社会的構築概念の問題”(人々の認識によって
社会的に構築された概念の問題)であることを認識することである。”


とあるのですが、これは私も以前からずっと感じていたことだったので、この部分を読んで、深
くうなづいてしまいました。


これらの”一般的だとされる概念、ルール、認識、固定観念”など、「通常」のシステムや学び方、
考え方、やり方に従えない(従わない)子供達を無理やり型にはめ込もうとするのは、こういっ
た子供達のユニークな精神や思考、素晴らしい才能を伸ばすどころか、逆に彼らのポテンシャル
を踏みにじって台無しにしてしまうことにもなりかねないという事を、もっと社会が認識するべ
きだと思いますね。


彼らのポテンシャルを踏みにじったり、将来、建設的な大人に成長するのを妨げることになるだ
けでなく、精神衛生の問題、薬物・アルコールの乱用、そして社会的孤立などといった課題を抱
える恐れも出てくるかもしれないとのことですしね。


また、親である私たちも、自分自身の価値観や子供に対する期待、不安や恐れ、自らの過去の
アチーブメントや成功(またはそれらの欠如)などについて、改めて考え、感情や思考の管理を
すべきであるということで、こういった親の精神的な部分が、子供の学校や学業、成績、自己概
念の形成にも大きく影響してくると思うので、まずは自分自身を振り返って見直す必要があるか
もしれませんね。


「問題なのは子供の方でなく、社会の方」


この視点から見ると、親の方ももっと幅広い見方で物事を捉え、子供にとって為になる可能性や
オプションに目を向けることができるのではないかと思います。


もちろん、記事の中にもありますが、子供に、”学校や企業(社会)に自分のニーズを収容しても
らうことばかり期待することはできず、時として、子供に”自らの行動や選択が結果に及ぼす影響”
についても考えなければいけない、ということを教えるのも大切ですが。

最後に。

”Rather than attempt to mold this child to the norm, we need to respect, nurture
and refine their rare gift".

…”students who are driven by internal goals, whether those goals conform to
educational expectations or not, are likely to grow into self-actualized adults as
long as we honor and protect who they are as individuals."


まさにその通りではないかと思います。


いつもブログを訪問いただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
1日一回お帰りの際に応援のポチを押していただけると
更新の励みになります。
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
# by mathdragon | 2017-05-18 06:55 | Gifted/2e

やっぱり自主研究のコースは無理だそう

今日はUNR(ネバダ大学)で取っているAnalysis II(解析学 II)の期末テストの日でした。

(本当は先週の金曜日だったのですが、AP Human Geoのテストと重なった為、∫は予め教授
にお願いして今日にしてもらったらしいので、厳密に言えば、"make-up exam"なのですが。)


テストが終わった後、教授のDr. RとIndependent Study(自主研究)のコースについて色々
話をしたらしいのですが、結論から言うと、やっぱりそのコースは正式な学部の生徒を対象に
しているので、高校生(Dual Enrollmentのステイタス)はまず、学部からの許可が下りない
だろうと言うことだったみたいです。


秋学期の開始が近くなり、その時点でも学部の生徒がコースを登録してなくて、かなり空きが
あるというならまた、その時に考慮の余地もあるかもしれないけれど、現在の時点ではやはり
正規の生徒、それも数学専攻やオナーズの生徒を優先させるので、高校生の∫はかなり後回しに
されるとのことでした。

(Dr. Rは色々と学部やアドミニストレーションの人に聞いて調べてくれたみたいでした。)


そんな〜、現在でもどんどんクラスの席が埋まっていっているのに、秋学期が始まる頃まで
のんびりしてられませんよ〜。


その頃まで待ってたら、数学のどのコースにも登録できなくなってしまい、もし自主研究の
スペースも埋まってしまってたら、来学期は∫は数学のクラスが取れなくなってしまう可能性
があるので、そんなリスクは負えませんよ!

というわけで、残念ながら今回は自主研究のコースは諦めることにしたようです。


その代り、数日前に大学のサイトをチェックしたら、どうやらやっと∫も2017年の秋学期の
コースを登録できるようになっていたらしく、今日、Dr. Rと話をして大学から帰ってくるな
り即、まだ空きがあったDifferential Geometry(微分幾何学)のコースを登録したよう
でした。

幾何学系統はあまり得意でなく、これまで何となくその分野のコースは避けて通ってきてた∫
ですが、(笑)

「どちみち大学に行って数学を専攻するのであれば、最終的には幾何学系も取らないといけな
くなるだろうから、来学期は頑張って苦手部分に挑戦するよ!」

っと、覚悟を決めて微分幾何学のコースを申し込みましたよ!

いい心意気じゃないですか〜。(笑)


もしかしたら、これまでのように比較的スムーズには行かず、もがき苦しむことになるかもしれ
ないけど、でも大切なのは結果よりも(学びの)プロセスよ!

(まぁ、もちろん、結果もいいに越したことはありませんが。)

そんな∫に私が、

「別にAが取れなくてもええやん、ええやん!苦手な事に前向きにチャレンジするその心意気が
大切なのだから!」

と言ってあげたら、ちょっと安心してましたが。(笑)

とりあえず何らかの数学のコースが取れただけでも良かったです〜。(ふぅ〜。)


後、同時に大学1年レベルの日本語のコースも登録することができました。

このコースは4単位で、月、火、水、木とクラスが週4日あり、微分幾何学のクラスが火曜と
木曜日の週2日なので、来学期はかなりの時間をUNRのキャンパスで過ごすことになりそう
であります。

日本語のクラスが終わって数学のクラスが始まるまで1時間半ほどあるらしいので、その間は
キャンパスのライブラリーか、スチューデント・ラウンジでオンラインスクール(高校)の学
習をするそうです。

時間を無駄にせず、有効的に使おうと計画しているところが👍


というわけで、シニアの秋学期のコースがほぼ決まったので少しばかり安心しました。

(あとは英語のコースについてコミュニティ・カレッジの関係者と話をするだけ。)

以下が(ほぼ確定であろう)2017年秋学期(シニア)の履修コースです。


◾︎オンラインスクールのコース

・AP Environmental Science
・AP Government
・AP Psychology
・Driver's Education

◾︎Dual Enrollment (コミュニティ・カレッジ、大学)

・World Literature I (Community College)
・Differential Geometry (UNR)
・College level First Year Japanese (UNR)


来学期は大学のコースが3つもあるから金銭的にもかなり辛いけど、(3コースで約$2000
ほどかかる。うちの学区はDual Enrollmentの費用は全て自持ちで、パートタイムは奨学金
も出ないので痛い!)でも、これも∫の知的・教育ニーズを満たしてあげる為には仕方がない!

とりあえず、Senior Slideしないように頑張ってくださいよ。(笑)


いつもブログを訪問いただきありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してます。
お帰りの際に下のバナーを押していただけると更新の励みになります。
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
# by mathdragon | 2017-05-17 11:51 | University (UNR)

母の日のディナー

昨日の母の日はこれといって別に特別なことをしたり、外出するわけでもなく、普段の日曜日と
変わらず家での〜んびりと過ごしました。

∫は今週は大学の数学の期末試験、AP試験、そしてオンラインの日本語クラスの期末試験が次々
と予定されているので、相変わらずほぼ、一日中勉強に忙しかったみたいですが、(っといって
もかなり休み時間もとってるみたいで、たまに私がチラッと覗くと、どこかのオンラインの数学
コンテスト問題とか解いていて、私の顔見て、「今、休憩中だから〜!」などと言い訳がましい
事など言ってましたが。汗)私の方はの〜んびりとした時間を過ごさせてもらいました。


夕方は食事の支度をしないでいいようにと、パパが私達お気に入りのシーフード/寿司レストラン
へディナーをしに連れて行ってくれたので、これまたのんびりすることができました〜。

パパはランチタイムにグランマを寿司食べ放題のレストランに連れて行って、母の日のお祝いを
したみたいです。

(現在、グランマは私に対して猜疑心や警戒心を抱いているので、グランマの機嫌を損ねない為
に、私はランチには参加しませんでしたが。涙)

お昼はグランマ、そしてディナーは家族と、パパもかけもちでサービス大変ですよね。


以前は母の日でも全くそういう気などきかせることもなかったのですが、最近は自分がグランマ
の世話(買い物行ったり食事の用意をしたり、身の回りの世話)をしているせいか、”絶え間なく
誰かの面倒を見る立場”(母親)の気持ちがわかるようになってきたみたいで、私に対してもちょ
っとばかり気配りのサインを見せたりするようになりましたよ〜!165.png


昔は私がちょっとでも∫の育児について愚痴をこぼしていたら、「そんなもの聞きたくない!」と
か言って完全無視だったけど、私はきちんといつもパパの(グランマに対する)愚痴を聞いてあ
げてるので、もしかしたらその辺もやっと私に対して感謝の気持ちが芽生えてきたのかも?

毎日大変そうですが、パパもよく頑張ってます。

話をディナーに戻しますが、↓が昨日行ったカジノのホテルに入っているシーフードレストラン
です。



昨夜は夜で暗かったので、外の景色が見えない為、レストラン内の写真は撮りませんでしたが、
食べ物の写真はしっかり撮りました。(笑)

∫はカキフライをオーダー。

a0332222_10503511.jpg


パパはエビやらホタテやらが入ったシーフード・フェットチーネ。

a0332222_10504696.jpg

私もパスタ系を頼もうかと思ったけれど、何だか新しいものに挑戦するのが怖くて結局、
いつも通りに寿司をオーダーしてしまいました。(冒険心の無いやつです。苦笑)


a0332222_10510085.jpg


a0332222_10511342.jpg

久しぶりに食事の支度から解放されたし、美味しいものを食べれて嬉しかったです。


おまけ

市民権のアプリケーションの為に色んな書類とか探していたら、パパの大昔のパスポートを発見!

中の写真があまりにも若すぎるのに爆笑してしまいました〜。

これ、軍でハワイにいた時だから、まだ20歳くらいの頃みたいですが、いやぁ〜、こんがりと肌
が焼けてて、本当にハワイの人って感じ。

a0332222_10512471.jpg

こうしてみると、やっぱり眉毛や目元、エラの張り具合とか∫に似てるわ〜!
(あっ、∫の方がパパに似ているでしたね。笑)

久しぶりに大笑いしてしまった。

(それにしても今とは別人みたいだわ。月日の流れって本当に残酷。笑)

いつもブログを訪問頂きありがとうございます。

ランキングに参加しています。
お帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
# by mathdragon | 2017-05-16 11:39 | 日々の出来事

学校に行きたくなかったら行かなくてもいい!

…って、ずっと学校嫌いだった私も学生時代こう言ってもらえたらどんなに嬉しかったことか。

今朝、教育についてのこちらの記事を読み、自分自身も我が子のことで似たような思いや体験を
したこともあって、深く共感させられました。


うちも∫が高校生(9年生)になって1ヶ月もたたないうちに登校しぶりをし始め、「もう学校
には行きたくない!」と言い出した時など、その他のオプションの存在を知らなかったばかり
に、親の私たちは一時期、お先真っ暗140.png状態に陥ってしまってましたが、でも色々調べて最終
的に∫に適した選択を見つけることができたので、本当に良かったと思っています。


一応は学区の管轄のもとではあるものの、現在のオンライン学校は従来のトラジッショナルな
高校とはかなり違い、∫のユニークなニーズ(教育面だけでなく、精神面や感覚的な部分全てを
含めたニーズ)を満たしてくれ、尚且つ、∫の個人的な情熱(数学、数学教育活動)を追求する
余裕も持てるので、普通の学校をやめて現在の形態を選んだことは大正解でした。

なんと言ってもやはり顔つきや目の輝きというものが全然違いますもんね。


毎日、いやいや学校に通ってた頃など、死んだ魚のような目をしてため息ばかりついていて、
まるで生きた屍みたいでしたし。(ウォーカーみたいでしたよ。苦笑)

やっぱり何事も土台は、”子供がハッピーと感じられる。物事に対してやりがいや充実感、満足
感、喜びを感じられることのできる環境”ってのが大切ではないかと思いますね。

そういう環境の中だと子供たちは持っている力をフルに発揮し、どんどん成長していくことで
しょうって。


もちろん、一般の学校環境に満足している子もたくさんいるでしょうし、本人がそれを望むの
であれば、それはそれで彼らに合った環境と言えるでしょう。


でも全ての子供がそういった環境に適しているわけではないし、「皆がそうしているから」と
か、「それが当たり前なのだから」と、一般の学校環境に合わない(不満を感じる)子たちを
強制的に学校に行かせるのは、彼らの精神や身体にとって逆効果となり、学習意欲も喪失して
しまうって、ちょっと考えたら誰でもわかりそうなことなのに。


アメリカでは最近、一般的な学校以外の、オルターネイティブ教育として、様々な形態の教育
方法や機関がどんどん見られるようになってきていて、こんなふうに色んなオプションがある
というのは素晴らしいことだと思います。


↓のビデオのプレゼンターのように、教育者がこういった現状を認識して、違った道を開拓し
てくれようとしていることに希望を感じますね。



子供が学校に行きたくない!と言ったなら、「学校というものは嫌でも行かなければならない
もの」と決めつけてしまう前に、そういった固定観念から離れ、まずはどういったオプション
が存在するか?と視点を広げてみるべきではないかと思いました。


(日本の場合はアメリカよりもその選択は限られているかもしれませんが、でもとりあえず
調べてみる価値はありではないでしょうか。)


いつもブログを訪問頂きありがとうございます。

ランキングに参加しています。
お帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
# by mathdragon | 2017-05-15 10:28 | 教育・学習

ちょっと拍子抜けした

今日は日本は母の日ですね。 Happy Mother's Day! 179.png

世のお母さん方、毎日、ママ業お疲れ様です!

今日は私も日本にいる母に電話をかけ、(電話嫌いの私が)なんと1時間以上も長電話をしました!

…と言ってもほとんどが、お喋り好きな母の話の聞き役にまわってたのですが。


内向的な私とは違って、うちの母はとても外交的で、色んな人と付き合ってお喋り(主にゴシップ
笑)をしたりするのが大好きで、いつも電話をかけると、やれ、近所の〇〇さんが散歩中にこけて
打ち所が悪くて入院しただの、やれ、私の中学校の時の同級生が旦那さんと離婚をして、子供を引
き連れて田舎に帰ってきただの、やれ、昔の自分より10歳も若い同僚が認知症と診断されただのと
いった話を延々と私に話し続けたりするので、正直言ってゴシップ嫌いの私はうんざりしてしまう
のであります。(苦笑)

が、今日は母の日ということもあり、嫌な顔もせず(しても電話だからわからんだろうけど。)声
のトーンもアップビートを保ち、1時間以上も母の話に付き合いましたよ。(笑)


母の話では、昔からの友達とか病気で寝たきりになってしまったり、認知症が進んで話がまともに
通じない人とかも増えてきて、(もちろん亡くなった人とかもかなりいるみたい)最近では話がで
きる人も少なくなったということなので、お喋り好きな母にとっては物足りない気持ちになるので
はないでしょうかね。


母は現在、79歳なのですが、電話で話していてもまだまだ頭の回転も早くて口も達者で、認知的
には全く衰えを感じさせず、話をしていても私の方が言葉(日本語)が出てこない時が多く、こち
らが恥ずかしくなってしまうくらいですよ!

まぁ、相変わらず頭(脳)も身体のどちらも達者なので、私も安心しています。

(83歳の父も同じで、まだ頭もしっかりしてるし、自分で車も運転し、モーターボートを運転して
毎日のように沖に魚釣りへ行ってるらしい!二人とも私より元気だわ〜。)


ところで、母との会話の最後にちらっと、「アメリカの市民権を取ろうかと考えている」という事
を伝えたのですが、私がアメリカ市民になる事について母がどう反応するか予想がつかなかったの
で、少々、不安だったのですが、母の口から出た言葉というのが、

「あれっ?あんたまだ市民権とってなかったん?私はもうとっくの昔に取ったと思ってたよ!」

って、あっけらか〜んとした口調で言ったので、なっ、なんや?っと、何だかこちらの方が調子
くるって拍子抜けしてしまいましたよ。


「あんた5年くらい前にアメリカの市民権取ろうと思っているとか言ってたから、その時に取った
とばかり思ってたけど。」

って。

なんや、憶えてないけど、5年前にも考えてて母に言ってたんか。

いや、マジで自分の記憶力(の欠如)に恐ろしくなってしまう…(汗)

過去にも考えてみたいだけど、結局その時は取らなかったのねぇ。


そうか。うちの親は二人とも随分前からもう私は”日本国籍を失ってアメリカ人になった”と思っ
ていたらしいから、これで私も気持ち的に少し吹っ切れた感じがしました。

母と話して気持ちが固まりました。


というわけで、そろそろ重たい腰をあげ、マジで市民権のアプリケーションの作業を始めようと
思ってます。

Civicsのテスト(アメリカの歴史やら政府やらのテスト)の勉強も始めないとね。

なんとか今年中には市民権が取れるように頑張りたいと思います。


いつもブログを訪問頂きありがとうございます。

ランキングに参加しています。
お帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
# by mathdragon | 2017-05-14 15:06 | 日々の出来事

兄弟そろってPG

今朝、あちこち(特にギフテッド関連のサイト)でこちらのニュースが話題になってました。

いやぁ〜、世の中にはすごい兄弟がいるもんですねぇ。

お兄ちゃんは14歳で大学を卒業、(物理学専攻、中国語、数学副専攻)そして、弟の方は11歳
の若さ(幼さ?)で高校を卒業し、この秋からお兄ちゃんが行ってた大学へ進学するみたいです。

(弟の方は天体物理学とエンジニアリングを勉強するそう。)


早期大学入学に関しては、色々な意見もあるようですが、子供(達)のことを一番よく理解して
いる親が様々な面から見て”その子に最適である”と判断し、子供がハッピーであれば素晴らしい
オプションだと思いますね。


うちの場合は∫自身が「高校生活をエンジョイしたい。」(訳=AMCやARMLなどの高校生対象
の数学コンテストを体験し損ねたくない!)という強い願望により、科目飛び級(Dual Enroll
ment)という形でパートタイムで大学に行くことにしたのですが、最終的にはそれは∫にとって
は正しい選択だったと思います。

(社会性・感情面においてものんびり時間をかけて成長する機会が持てたので良かったです。)


この兄弟のお母さんも彼らのニーズを満たすために大変だったと思いますが、よく頑張られたな
と感心しますね。

二人の幸せそうな笑顔を見ていると、お母さんも頑張った甲斐があるというものですね。


うちもあともうちょっとなので、最後まで気を抜かずにサポートを頑張らなければ。

Meanwhile....∫の方と言えば…

夕方、郵便物を取りに行って帰ってくるのに前庭の芝生を渡ろうとした瞬間…


a0332222_09381458.jpg


芝生に一歩足を踏み入れた途端、∫を待っていたかのようにタイマー仕掛けのスプリンクラー
がいきなり作動し始め、ものすごい水しぶきの攻撃にあいました。(爆笑)

a0332222_09383041.jpg


a0332222_09384328.jpg

芝生のエリアは通れないので、仕方なく石ころだらけの横の道を裸足で歩いてやっと家へ戻って
きましたよ〜。

a0332222_09385621.jpg


a0332222_09390636.jpg


a0332222_09391605.jpg


あまりのタイミングに私は久しぶりにお腹を抱えて笑い転げてしまいました。

よりにもよってついてない!うちの一人息子、大丈夫かいな?(爆笑)


いつもブログを訪問頂きありがとうございます。

ランキングに参加しています。
お帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
# by mathdragon | 2017-05-13 09:55 | Gifted/2e

結構、現実をシビアに見てる?

PSATの結果が1月に発表されて以来、毎日、未だに全米のあちこちの大学からパンフレットや
勧誘のメールが届いていて、中には一度ならぬ、何度も毎回、違ったデザインや誘い文句などで
かなりしつこく送りつけてくるところもあってびっくり。

(広告予算が充実しているところなんでしょうね。)

こういった勧誘メールを送ってくるのはほぼ、私立の大学なのですが、少し前など州立大である
University of New Mexicoから、様々なスカラシップの案内を含むメールと、こんな賞状
みたいなものまで送られてきてましたよ!

a0332222_06225872.jpg


こんなふうに認識してくれるのはありがたいのですが、∫は地理的にはあまりニューメキシコ周辺
は興味がないので、(この大学には受検する気がない)こんなものもらって何だか気が引けます。


ニューメキシコって、何だか夏はいつも太陽の光がさんさん174.pngの日が多い感じで、暑さが苦手な
∫は多分、サバイブできそうにないですし。

Breaking Badの中に出てくる自然のシーンをつい想像してしまい、私も暮らせそうにない。
あっ、忘れてたけど、そういえば私達数年前のロードトリップでミューメキシコ周辺も実際に
訪れてたんだったわ。その時はやけに温度と湿度が高くて、とにかく不快指数が高く感じた。)


私立大学の中ではアイビーリーグからのものも結構あるのですが、(∫の話によると、郵便だけ
でなく∫のEメールのボックスにも毎日、容赦ないほど多数の宣伝メールが送られていていて、
ちょっとうんざりしているみたいです。)その中でも結構、しつこく頑張って送ってきてくれ
ているのがPrinceton!


イメージ的にはそんな感じがしなかったので、ちょっと驚いてしまいましたが、この5ヶ月くら
いの間にかなり立派でお金がかかっていそうなパンフレットやカタログを∫宛に何度も送ってき
てますよ。

(全部カラーの写真でかなり高質な雑誌みたいなカタログなど。)

最初の方は私も、

「ほら、∫見て!Princetonからまたパンフレットと手紙が届いてるわよ!あんたの事が”欲しい”
ってよ〜!」

っと、ちょっと親ばか丸出しで嬉しそうに∫に渡してたのですが、∫の方は私より現実をしっかり
把握していて、


「ママ、そんなもの、そういった大学(一流大学)は自分の学校の合格率を下げようと、全国
の生徒にうまい誘い文句を綴ったメールやカタログをばら撒いて、受験者を募ろうとしている
だけなんだからそんなものを鵜呑みにしちゃダメだよ。 不合格にする為に受験者を募ってい
るんだから。」

┐( ̄ヘ ̄)┌

などとシビアの事を言ってるじゃありませんか!


何だか∫自身も、自分であれこれと最近のアメリカ大学受験の事情についてネットで色々と情報
を得てるんでしょうね。

私が∫に例のWang君のことを言った時も、すでに知ってましたしね。


でもまだ16歳なんだからさぁ、あまりそんなふうにシビアにならず、もっと夢みる乙女みたい
に目をうるうるしてワクワクした気持ちをもって欲しいと思うのですが…(笑)


まぁ、でも小さい頃は何に関してもナイーブ過ぎて、(大人になっても人や世の中のことが見
えなくて、すぐに他人に騙されたり、利用されたりするのではないか?)と心配していたので、
その辺の成長もある意味、喜ぶべきことなのかもしれませんが。


それにしても思うのですが、アメリカの大学ってとてつもなく授業料が高いですねぇ。

最近、ちょっと真剣にNet Price Calculatorに数字打ち込んで、各大学の見積もりなどを調べ
ているのですが、(ほんまに無事、∫を卒業させられるだろうか?)と不安に陥ってます。

(そしてもちろん、様々なスカラシップも調べまくってます。)


うちの州は大学が充実していないので、どうしても他州に目を向けないとならず、でも州外者
は州立でもバカにならないほど高い金額を払わなければならないので泣きたくなります。

正直、下手によその州のパブリック行くより、プライベートの大学の方が経済的だったりして。


(出来ればUCの大学へ行かせてあげたいけど、学費が…涙。今、思えばやっぱりカリフォル
ニアを離れるべきではなかったか?とちょっと後悔の念がよぎる。汗)


先日、Princetonから今度は親の私達宛に金銭的な面についてのメールが届いてたのですが、
やっぱりアイビーは気前ええわ〜と思いましたよ。

a0332222_06111655.jpg


a0332222_06112908.jpg


a0332222_06114233.jpg


うちのようなパパがリタイアして、恩給で細々と暮らしているミドルクラスの家庭だと、授業料
全額+寮と食事の生活費のある程度はカバーされるみたいなので、金額的にかなり助かりますよ。

確かハーバードもこんな感じで太っ腹だったと思いますが。

そりゃね、合格させてくれるんだったらもちろん、∫を行かせたいですよぉ。

Princetonの数学のプログラムは優秀みたいですしね。

でも現実的にはかなり無理な話ってのもわかってるので、期待しないでおこうと思います。


(パパからは”いつもパレードに雨を降らせる超ネガティブ人間と罵られてますが、笑)来年の
3月末に∫に読ませようと、すでにこちらの本も買って準備しています。(爆笑)


a0332222_07321494.jpg


自分自身の心構えのために、現在私が読んでます。

早く終わって欲しいです。大学受験…(まだ本格的に始めてないのにね。苦笑)


いつもブログを訪問していただきありがとうございます。
お帰りの際に応援のポチを押していただけると、∫の大学受験の励みになります。(笑)
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
# by mathdragon | 2017-05-12 08:14 | 大学受験

久しぶりに外に出た!

…って言っても、APテストの為にオンラインスクールのキャンパスまで∫を連れて行ったパパに
便乗して、帰りにTrader Joe'sに寄っただけなんですけどね…(苦笑)


ここのところ体調があまり良くなく、お天気の方もどんよりとした灰色の雲に包まれ、鬱陶しい
日が続いていたので外出する気がしなかったのですが、今日は久しぶりに青空に恵まれたので、
(そして私もやっと体調が回復した。)1週間ぶりくらいに外出しました。

平日の午後だったので、Trader Joe'sの店内もまだ空いてたのでよかった〜。

a0332222_09485949.jpg


a0332222_09493071.jpg


a0332222_09491803.jpg


最近、こちらのブログを見つけ、Trader Joe'sで買い物をする際、レビューを参考にしたり、
気になったレシピを試す為に、今までは買ったこともなかったものまで挑戦するようになり
ました。

今日は帰ってからこの、「サーディンでサンドイッチのレシピ」にトライしてみたのですが、
テストが終わってお腹を空かせて帰ってきた∫にも大好評でした!


(自分で作ったのの写真を撮るのを忘れてしまった。汗)

このブログを読んでいると、色々と試したくなります。(笑)


帰りの道路から見た景色。

最近、かなり暖かくなってきたけど、あちこちの山にはまだ雪がかぶさっているのが見えます。


a0332222_09495902.jpg


a0332222_09494887.jpg


a0332222_09501044.jpg


いつもブログを訪問いただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
1日一回お帰りの際に応援のポチを押していただけると
更新の励みになります。
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
# by mathdragon | 2017-05-11 10:09 | 日々の出来事

ソフトスキルも発達中

明日はAP Macroeconomicsの試験の日だというのに、前日である今日、∫はそっちの方の勉強
はほったらかしで、午後から3時間くらいの間、∫のメンターである数学教授のDr. Kに、この7月
に北ネバダ数学クラブの資金調達活動の一部として開催が予定されている∫のオリジナル数学コン
テストの出題問題の最終チェックをしてもらいに、UNR(ネバダ大学)へ出向いてました。


何もAP試験期間の真っ最中にわざわざチェックしてもらわなくても〜と思ったのですが、∫の言
い分としては、


「現在、大学も期末試験期間の真っ只中で、来週以降は今学期も終了し、Dr. Kはコンファレンス
やその他、学術関連の活動で忙しくなり、大学のオフィスにはいなくなるので、今週のうちに会
ってチェックをしてもらっとかないと、7月に間に合わなくなるかもしれないと思って。」

…という事で、まぁ、そう言われてみればそうだな、と納得できました。


そして何より、おぉぉ!っと思ったのが、きちんと先々の事を考えて物事の優先順位付けをしな
がら綿密に計画を立て、コミュニケーション、対人関係スキルを用いてきちんと自らの目的を果
たす為に実行していっていて、そう言った部分に「ソフトスキル」の分野の成長も伺われたので、
親としてとても嬉しくかったです。


(ちなみにAP試験勉強よりも教授とのミーティングを優先したのは、大学受験においてもAPで
高いスコアを取ることよりも、(∫の志望校には5とかのスコアはざらで、ごく当たり前で珍し
いことではない。)自作のコンテスト問題を”ポートフォリオ”として提出したほうが、自己表現
の手段として”他人とは違う”部分がアピールできるのではないか?という考えがあったみたいで、
夏休みが終わればすぐにやってくるアプリケーション作成活動の為に、早めにやっておきたいと
いう気持ちがあったらしい。)


尚、このソフトスキルの定義?種類についてはこれだ!と断定されたものはなく、人によって違
った意見や主張もあるみたいですが、学位や資格、タイピングスキル、プログラミング能力や語
学力、文章力などの勉強をして取得できるハードスキルに対し、以下が一般的なソフトスキルの
例のようです。


・コミュニケーション能力
・柔軟性
・リーダーシップ
・モチベーション
・問題解決能力
・忍耐力
・チームワーク
・企画力
・マネージメント能力
・対人関係スキル

などなど…


こちらのサイトにあったこの「人間関係構築能力」というソフトスキルなど、

”様々な人と円滑な関係を構築し時にはサポートを受けながら仕事を推進していく能力”

って、地元の数学コミュニティのつながりを利用して、大学の教授のヘルプやサポートを受けた
りしながら、自らのプロジェクトを完成、実行しようとしている部分など、まさにこのスキルや
んと思いましたよ。


∫はもともとはハードスキルの習得はそれほど苦労しなくていいタイプなのですが、ソフトスキル
の方は”自然に難なく学ぶ”というタイプではないので、私もまだ∫が小さい時から意図的にこう言
った部分のスキル向上には特に気を配って指導や支援をしてきたつもりなので、ここ数年の∫の
これらの部分の大きな成長には、(やっぱり何事も意識して働きかけることが大切だ。)と思い
知らされるようです。


尚、このハードスキルとソフトスキルは、よくビジネス関連のブログや記事に出てくる言葉なの
ですが、(もちろん将来的に就職の場で大切になってくるでしょうが、)企業に限らず、この両
方のスキルは私たち個人にとって生きて行く上でのライフスキルとしてとても重要なので、子供
の頃から意識してこれらのスキルの習得を促す手伝いをしてあげることが有益ではないかと思い
ますね。


(ハードスキルとソフトスキルの両方とも大切ですが、個人的な経験から言えば、発達障害のお
子さんの場合は、”ソフトスキル”の育成の支援を特に意識して行うことが重要だと感じます。)


∫の場合は北ネバダ数学クラブや学校のクラブ活動などが、これらのスキルを学ぶ絶好の機会の
場となったので、課外活動の大切さをひしひしと感じております。


最後に、ハードスキルとソフトスキルについて興味がある方の為に、参考になりそうなサイトを
いくつかリンクしておきますね。





いつもブログを訪問いただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
1日一回お帰りの際に応援のポチを押していただけると
更新の励みになります。
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
# by mathdragon | 2017-05-10 10:39 | Life Skills

カテゴリ

Introduction
∫の世界
Math (数学)
Gifted/2e
Japanese
High School
School Clubs
Academic/EC Records
University (UNR)
Community College
大学受験
Life Skills
Driving Practices
発達障害
教育・学習
脳科学・心理学
育児
Memories
Resources
Family
Family Outings
Outdoor Activities
日々の出来事
シニア大学生の準備
その他の学習
英語学習(目指せC2!)
私の事
∫パパ
風景・空模様
Wildlife
Favorites
Miscellaneous
テレビドラマ・映画
なんとなく思った事

最新の記事

孫なし婆さんになりたくないよ〜
at 2017-06-28 11:08
お利口さんですね〜!
at 2017-06-27 13:16
オリジナル数学コンテストが延期
at 2017-06-26 14:02
Summer Math Ca..
at 2017-06-24 07:43
ギフテッドの道いろいろ ②
at 2017-06-23 04:09

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...

記事ランキング

メモ帳

   にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
a0332222_05204995.jpg
2015 ARML
a0332222_07545094.jpg
a0332222_06213436.jpg
AIME '15
a0332222_06281821.jpg
AMC12 '15
a0332222_06570886.jpg
AMC12 '15
a0332222_06531787.jpg
MATHCOUNTS
National '14
a0332222_06311300.jpg
a0332222_06312311.jpg
MATHCOUNTS
State '14 個人戦
a0332222_06313237.jpg
AMC10
a0332222_06315148.jpg
AMC8
a0332222_06314196.jpg
CTY SAT MATH
a0332222_06215768.jpg
Flag Counter

ブログジャンル

子育て
教育・学校

画像一覧