アメリカに住む数学をこよなく愛する16歳のmath kid∫の日々の出来事を綴っています。∫の夢は将来大学の数学教授になること。13歳から本格的に地元の州立大学で数学のコースを受講し始めました。 


by あーちゃんママ

プロフィールを見る
画像一覧

最近ちょっとバタバタしてます(;-д- )

ここ最近、色々なことが重なり、ちょっとバタバタしています。

まず、一昨日から始まった∫の数学の家庭教師の仕事ですが、本人も生徒のA君もとても楽しんだ
みたいで、2時間があっという間に過ぎた!と喜んで帰ってきましたよ。

∫の予想通り、A君はMathcountsやAMCなどのコンテスト数学にすごく関心を示しているらしく、
これからの指導はそれらの準備練習もどんどんしていく予定だそうです。

∫はフロリダでのMathcounts全国大会の体験を含めた、これまで参加した様々なコンテストの
話もA君にして聞かせたらしく、それらを聞いてA君は意欲満々になっていたと言ってました。

これまで自分が恩師や先輩たちに刺激され、インスパイアされてきたように、今度は∫が同じよう
に後輩をインスパイアし、良きメンターとなって、数学の素晴らしさを伝える番ですね。

尚、一昨日の初日にすでに「初給料」をもらって帰ってきてましたよ〜!

A君のお父さんはUNRのDepartment of Biochemistry & Molecular Biologyの教授なので、
このような封筒に現金が入ってました。

a0332222_05505619.jpg

中には今週+来週分の金額が入っていて、かなりまとまった金額だったのでちょっとびっくりして
しまった。

(16歳の分際でこれだけ稼ぐか〜? 私が働いていた時(20年ほど前のことですが)よりも遥か
に時給が高く、めちゃめちゃ高給取りやんか〜!)って思ってしまった。(笑)

これ(数学ができる、教えられる)も立派なmarketable skillですよね。


と、∫の方はこんな感じで万事、うまくいっていていいのですが、私達(私とパパ)の方は今週は
あれこれと不運が重なり、問題や課題を解決するためにここ数日、バタバタしております。(汗)


パパのダブル・ビジョン(復視)はまだ治っていないので、これから込み入った本格的な検査を
しなくてはならないのですが、なんというタイミングの悪さか、私が心配していた通り、パパを
緊急クリニックに連れて行った翌日に車が完全に動かなくなってしまい、レッカー車を呼ぶ羽目
になったのでした。

車は現在、修理場に預けていて作業中なのですが、どうやらエンジンにかなりの支障をきたして
いるらしく、パーツを注文したり、修理するのに時間がかかるとのことで、いつ戻ってくるのか
わからない状態であります。(涙)

(だからその間、レンタカーを借りないといけない。)


緊急クリニックでは”脳梗塞など、今すぐ命に関わるものではなさそうだけど、一刻も早くもっ
と詳しい検査を薦める”と言われたので、そちらの方の予約も取らないといけないのに、こんな
時に限って車が故障するなど、本当についてないです。


…が、そう思っていた矢先、偶然にも車を修理に出したその日にカリフォルニアのベイエリアに
住むパパの妹さんから電話があり、

「ちょっとそっち方面(といってもサクラメント)まで行く予定があるから、ついでだからお母
さんの様子を見る為にそちらへ行くから。」

ということで、木曜日からパパの妹のMさんがこちに来ているので、これは絶好のチャンスだと
いうことで、(実はまだレンタカーを借りてない)彼女にお願いして、昨日は詳しい脳の検査の
為に、サクラメント方面の専門病院へパパを連れて行ってもらいました。


そこでほぼ、一日中、MRIやEEGなどを含む色々な検査をしてもらった結果、緊急クリニックと
同様、「脳梗塞や脳腫瘍など、その他、別に異常は見られない」ということで、又もやここでも
完全な原因が突き止められず、今度は神経系眼科で更なる検査を受けるように薦められました。


(脳腫瘍、それも悪質なものとかだったら…)と心配してましたが、とりあえずはそう言った
重大なコンディションのものは発見しなかったので、少しばかり安心しましたが。


パパは血圧も高くて高血圧の薬も飲んでいるし、最近はグランマの介護でかなりストレスも溜ま
っていたようなので、やっぱりストレスをためるのって本当に良くないですよね。

(ストレス・マーネージメントも立派なライフスキルの一つですよ〜!)


グランマの介護そのものにストレスを感じるというよりも、グランマの被害妄想、理不尽な言動
にフラストレーションを感じ、それが怒りとなって爆発しているようで、ここ最近、いつもグラ
ンマの家から帰ってくると、耳と鼻から蒸気を吹き出しているかのようなものすごい剣幕で、真
っ赤な顔して怒って私に愚痴をぶちまける日々が続いていたので、このままではヤバイんでは?
っと思っていたんですよねぇ。

今回はストレスからきている部分もあるのでは?などと思ってしまいます。


と、こんな感じで色んなことが合い続き、解決すべき問題や課題もまだ山ほどあって、私も少し
ばかり心身ともに疲れ気味ですが、圧倒されないよう、一つづつ解決していかなければと思って
います。


不運も重なったけれど、(実はパパはダブル・ビジョンになった日、少し前に買ったばかりの新
品のiPadがなぜか全く充電できなくなってしまうし、いつも楽しみに見ていたアマゾンの韓国ド
ラマのストリーミング・サービスがなぜかアクセスできなくなったり、と泣きっ面に蜂状態!笑)
なんともタイムリー&ラッキーなことにパパの妹さんがリノを訪問したりと、人生、悪いことば
かりではないですよね。


ちなみに現在、パパは運転できないので、妹さんのMさんが今週いっぱい(日曜日まで)グランマ
の世話をしてくれてます。

今日、これからレンタカーを借りに行く予定なので、来週からは私がグランマの家へ行くことに
なるかも。

また「私が行くたびに食料品や服などが失くなる」と非難されるだろうなぁ。(汗)

こうなったらグランマの私に対する被害妄想や非難を気にしててもしょーがない。

心を無にして、やるべきことを遂行するのみ!


ハァ〜、早くいつも通りの毎日に戻って欲しい… (;-д- )


(それにしても車が故障したのが、ラスベガスへのコンテスト遠征やキャンパス・ツアー、∫の
数学キャンプなど、すべての活動が終わった後で良かったですよ〜!ラスベガスや南カリフォル
ニアで車が運転できなくなってしまってたら…なんて想像しただけでも本当に恐ろしい… 汗 
これも不幸中の幸として、ありがたいと思うべきですね。)


いつもブログを訪問いただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
1日一回お帰りの際に応援のポチを押していただけると
更新の励みになります。
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
# by mathdragon | 2017-07-09 08:22 | 日々の出来事

∫の履歴書

今日から∫の家庭教師の仕事が始まりました!

少し前に生徒、そして彼のお父さんとの落合場所であるUNR(ネバダ大学)へ向かって家を出て、
只今、指導の真っ最中であります。

初めての(お金をもらっての)仕事なので、今朝はかなり緊張していた様子でしたが、でも同時
に期待に胸をワクワクさせて、楽しそうに出向いて行きましたよ。

ことがスムーズに運び、この活動を楽しんでくれることを祈っております!

尚、今回の家庭教師の仕事に関しては、∫がボランティアをしていた数学キャンプの参加者のお父
さんが、息子さんの”∫を自分の家庭教師に雇って欲しい”という要望を聞き、直接、∫にメールで
仕事のオファーをしてくれました。

その為∫は、

「多分、親ごさんは僕について何も知らないだろう。やはりかりにもお金を出して雇ってくれて
るのだから、(そして6年生の息子を2時間も自分にあずけてくれているのだから)まぁ、正式
な履歴書とまではいかなくても、やはりきちんと身元や学歴など、自分に関する情報を親ごさん
に知らせるべきだ。」

と言って、ちょっとした自己の学歴/課外活動暦書を作成し、それを生徒であるA君のお父さんへ
メールで送信したとのことでした。

おぉぉ〜、なかなかいいところに気がつくじゃない?

A君のお父さんも、自分の子供の家庭教師の身元や連絡先、その他の情報を知っておくと、やはり
安心するものだと思いますしね。


以下が∫の非公式履歴書であります。(笑)
a0332222_06493130.jpg
a0332222_06494101.jpg
a0332222_06495555.jpg

こうやって改めて見ると、∫の課外活動って、マジで数学関連ばかりって感じですよね。(笑)

(数学以外ではエッセイ・ライティングとアカデミック・オリンピックと、全てアカデミックに
関連したものばかり。スポーツや音楽、芸術関連が全くなし!笑)

大学のアプリケーションもこんな感じになると思うのですが、これだけ偏ってしまってて、果た
していいものか?って感じですが。苦笑


今、ちょうど指導を開始して1時間ほど経ったところですが、二人とも楽しんでやってるといい
のですが。

おまけ

数日前の空模様。何やら面白い雲が空全体に広がってました。

a0332222_06501508.jpg


a0332222_06502684.jpg


a0332222_06503633.jpg


a0332222_06505504.jpg


a0332222_06510506.jpg

いつもブログを訪問頂きありがとうございます。

ランキングに参加しています。
お帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
# by mathdragon | 2017-07-07 07:05 | Academic/EC Records

ギフテッドは自分を過小評価しがち?

少し前のこちらの「数学キャンプで学んだこと」という記事で、数学キャンプの参加者達を指導
していて、∫やボランティア仲間達(数学クラブのメンバー/デイビソン・アカデミーの生徒達)が
気がついた事として、

”いつも同じようなレベル、習得ペースの仲間達の中にいると、つい、パースペクティブが狂って
しまい、「皆が自分達と同じペースで習得する」と感じてしまうんでしょうね。(笑)”

と書きましたが、先日、私の愛読するByrdseedのサイトに、タイムリーにもその話題に関連した
記事を見つけ、とても興味深いと思ったので(いつも英語の記事ばかりで申し訳ないですが、)
興味のある方の為にリンクしておきたいと思います。

能力の低い者は自己を過大評価し、能力が高い者は自己を過小評価する傾向にあるっていうの、
とても興味深いですよねぇ。


インポスター症候群については以前、このブログでも記事に取り上げてますが、(興味のある方
はこちらの過去記事へ。Imposter Syndrome(インポスターシンドローム)これとは又、逆
の、”能力が低い者が自分を過大評価しがちな現象”であるDunning-Kruger Effect(ダニング-
クルーガー効果)も面白いですよね。

(そう言われてみれば、周りに結構、こういう人たちいるいる!笑)

ちなみに、このダニング-クルーガー効果については、こちらのページで詳しい情報を読むことが
できます。



冒頭のリンク先の記事に、

"The highly-capable group only has themselves to go by, so they assume
everyone is at a similar level-thus predicting that their ability is closer to
average."

とあるのですが、これこそまさに、いつも同じレベルや能力のクラスメートやクラブメンバー達
の中で活動している∫やデイビソンの生徒達が、自分達は”ごく一般的、平均的なレベル”と感じや
すくなってしまう理由でしょうね。

(いや〜、デイビソンの子達は自分が”平均”ではないというのは十分、認識してると思うのです
が、それでも長い間そう言った環境にいると、どうしても客観性を失ってしまうんだと思います。)


又、この記事の中では様々な能力/レベルに触れることの大切さも指摘されていて、

”After seeing the other work, the advanced group was much better at
estimating their own abilities. It re-calibrated their understanding of what
"average" was."

と、色んな人達(レベル・能力)の作業や作品などを見ると、(客観的に比較できるので)自分
の実力を評価しやすくなり、”平均”に対しての見方も再調整されることでしょう。


教育者にとっては「個人の能力には幅広い層が存在する」というのは(表面的には公言しなくて
も)認識していて、こういう高い能力を持つ子たちは明らかに目立っているのだけれど、生徒側
にしてみれば、それはなかなか気づかないことなんでしょうね。


だからこそ、教育者がうまくその事を彼らに(作業や作品に対してのフィードバックや評価、指
摘などで)伝えることが大切なんだと思います。


いつもブログを訪問頂きありがとうございます。

ランキングに参加しています。
お帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
# by mathdragon | 2017-07-06 10:46 | Gifted/2e

今年の4th of Julyはひきこもってます

本日はアメリカの独立記念日ですが、私は昨日の夜からのゴタゴタに今日もまだ心身ともに疲れ
気味で、とてもフェスティブなムードにはなれません〜。

いやぁ〜、それにしても昨夜は本当に疲れたなぁ。(特に心配しすぎて神経が!)


本当は、4th of Julyはタホ湖方面にでも出かけるか?などという話も出ていたのですが、数学
キャンプで2週間ずっと外に出ぱなっしだった∫は、まだ家でのんびりしたいムードでどこにも出
かけたくないというし、パパも昨日の今日で、まだ体調(&複視)が心配になるので、今日は私
たち家族はどこにも出かけず家でリラックスする予定であります。

今、暑いですしね〜〜。(汗)

毎日、この地域にしては珍しい暑さが続いているので、外に出たくないですし。

ひんやりと冷たくて、クリスタル・クリアに澄んだタホ湖に浸かって暑さをしのぎたいところ
ですが、今年は去年、泳ぎに行った時の写真を見ながら、雰囲気だけ楽しむことにします。(笑)

a0332222_07413934.jpg


a0332222_07422172.jpg


a0332222_07415897.jpg


a0332222_07425101.jpg


a0332222_07430620.jpg


a0332222_07431878.jpg



a0332222_07433043.jpg


以下は、(前にもアップしましたが)何年か前に、タホ湖の湖上で行われた4th of Julyの花火
を見に行った時の様子。


a0332222_07434754.jpg


a0332222_07440071.jpg


a0332222_07441819.jpg


a0332222_07442993.jpg



a0332222_07444179.jpg


a0332222_07445177.jpg

なんだか最近色々あるアメリカですが、とりあえず、Happy Birthday〜!

いつもブログを訪問いただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
1日一回お帰りの際に応援のポチを押していただけると
更新の励みになります。
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
# by mathdragon | 2017-07-05 08:21 | Miscellaneous

大したこと無ければいいのですが…(汗)

まだまだしつこく続いている暑さにバテ気味なのか、ここんとこ本当に体調が良くなくて、今日
も軽いめまいと吐き気を感じていたのでほとんどベッドに横になっていました。

すると、夕方7時頃、いつものように夕飯を作りにグランマの家へ行っていたパパが今日は早め
に帰ってきたのでおかしいな?と思ったら、

「何だか目の調子がおかしい。物が2重に見えるから、直ちに救急病院に連れて行ってくれ!」

と焦った様子で訴えたので、直ぐに地元の緊急医療クリニックへ連れて行き、私だけ少し前に帰
ってきました。

(もしかしたら脳に関係しているかもしれないので用心の為、病院に行くことにしたよう。)


が、そんな時に限ってなぜか運転してたら車のエンジンの調子が悪く、車から妙な音が聞こえて
きて、このまま路上で停止したらどうしょうと、運転中、気が気ではありませんでしたよ〜!

(なんとか無事に家に帰ってこれたので安心しましたが。ふぅ…)

全く、何もよりによってこんな時にエンジンの調子が狂わなくても…


パパをクリニックへ降ろしてから3時間ほど経ったのだけど、未だにどうなっているのか連絡
がないので少し心配です。

(きっと色々と検査してるんでしょう。)

終わったら迎えに行かなければならないのだけど、いつになるかわからないので今夜は寝ずに
連絡待ちになるかも。

大したこと無ければいいのですが。

(車も何も問題ないといいのだけど。汗)

追記

只今、夜中の1:00am近くで、(日が変わってアメリカ独立記念日になってしまった!)少し
前にパパを緊急医療クリニックから連れて帰ってきました。

色々と検査をした結果、とりあえず脳梗塞や動脈瘤などの重大なものではとのことで、安心し
ました。

でも、念のために後日、更に詳しく検査をする予定だそうです。(眼科も含めて。)

はぁ〜、とりあえず良かったです。


いつもブログを訪問頂きありがとうございます。

ランキングに参加しています。
お帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
# by mathdragon | 2017-07-04 14:27 | ∫パパ

数学キャンプで学んだこと

2週間の夏期数学キャンプが昨日で終了し、∫は今日は(やはり疲れがたまっていたのか)ぐっすり
と昼近くまで寝坊をし、(笑)午後からはの〜んびりとパソコンに向かって自分の好きなことをし
たりしてリラックスしています。

いつもなら期間は1週間だったキャンプが、今回は初めての試みとして2週間に延長され、参加者
数もこれまでを大幅に上まる人数となりました。

…っと言っても増えたのは主に小学生のクラスみたいでしたが。


やはり人数が増えたせいか、幅広い層の子たちが集まっていたらしく、∫の話によると、参加者の
間にかなりの”習得や学力の差”が見られ、特に小学生達の中には同じ学年でも3〜5学年くらいの
差があったりして、「指導がし難く感じる時もあった。」などと言ってました。


中には小学校3年生でもすでに「抽象的思考」が優れていて、初歩的な代数を導入しても問題がな
い子もいたり、そうかと言えば、5年生なのに2桁の掛け算に苦労をしている子もいたりなど。


∫はほとんどミドルスクールのクラスを担当していたので、ミドルではそれほどの習得レベルの差
は見られなかったものの、∫が気がついたのは、例えば同じ内容を同じように指導をしても、個人
によって、噛み砕いて細かなステップごとに一つ一つ指導をしなければならない子達と、(これ私
!😅)基本的な概念を説明すると、こちらが細かい説明をしなくても即座に理解してマスターす
る子達がいて、今回の指導を通じて、改めて個人の「習得ペース」の違いというものを思い知ら
されたと言ってました。


これは他の北数学クラブのボランティア・メンバー達も口を揃えて言っていたことらしく、それ
ぞれがキャンプ開始前に計画していた指導のカリキュラム(どれだけの分野をカバーするかなど)
が、実際、本番ではペースがスローダウンしてしまい、なかなか予定通りに進まず、彼らも少し
焦っていたみたいです。


(例えば、ある一定の概念に対して3つくらいの応用問題を用意していたらしいのだけど、その
概念を理解したり、応用させたりするのににかなりの時間がかかってしまい、なかなか次へ進め
ずに予定していた分野を最後まで終わらせることができなかったみたい。)


数学クラブのメンバー達(ボランティア達、ほとんどがデイビソン・アカデミーの生徒)が気が
ついていなかった点は、一般のキャンプの参加者達は多くが数学が好きか、得意だけど、ごく普
通に”数学ができる”レベルであって、”デイビソンレベル”ではないので、数学クラブの練習でや
っているペースではかなり無理がある、ってことでしょう。


いつも同じようなレベル、習得ペースの仲間達の中にいると、つい、パースペクティブが狂って
しまい、”皆が自分達と同じペースで習得する”と感じてしまうんでしょうね。(笑)


今回は、指導する側も、「個人にはそれぞれの習得ペースがあり、効果的に学ぶには、個人に合
った学習法やペースで指導するのが大切だ。」ということを学んだみたいですよ。


これまでのキャンプでは参加者にこれほどまでの差はなかったみたいですが、コーチもこれまで
以上にかなり幅広い層(マイノリティ、低所得層など)へとターゲットを広げているみたいです。

(低所得層にはキャンプ料金無料/割引とかしているみたい。彼女はコミュニティ・サービス精
神が旺盛で、特にマイノリティや低所得層の子たちの数学教育への関心が高い。)


私としては、このコーチの姿勢は素晴らしいなと思います。


もちろん、中には一般の数学教育ではニーズが満たされないので、このキャンプに参加している
子たちもかなりいて、∫が来週から個人家庭教師をすることになったA君も、数学がずば抜けて
優秀な少年みたいです。

∫の話では、彼は今度6年生になるのだけど、AMC 8やMathcountsの問題などもスラスラと余
裕で解いてしまい、一般のミドルのクラスでは不十分なくらいらしい。


彼のお父さんがお父さんだから、(大学の生化学/分子生物学の教授)彼も賢いというのはある
意味、納得できますがね。


∫は「彼(A君)なら多分、ミドルの間に数学のSATで700以上のスコアを出すこともできるだ
ろうから、SETを目指すことも勧めてみる!(SATも指導してあげたい!)」などと言ってま
したよ。


(来週木曜日から始まるA君の個人指導、∫は今からすごく楽しみにしてます。)


というわけで、こんな”気がつき”なんかもあったりして、将来、教育者を目指す∫にとって、今回
の数学キャンプは、いつも以上に色々と学ぶことがあったみたいであります。


a0332222_08294794.jpg


a0332222_08300076.jpg


a0332222_08301363.jpg

いつもブログを訪問いただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
1日一回お帰りの際に応援のポチを押していただけると
更新の励みになります。
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
# by mathdragon | 2017-07-02 08:41 | Math (数学)

∫の初仕事!

∫がボランティアとして参加している2週間の夏期数学キャンプも本日が最終日となりました!

この2週間というもの、毎朝早く起きて、ほぼ一日中のカウンセラー/インストラクターの活動を
よく頑張りましたよ。

時にはイラッとすることや、教えていてなかなか要領を把握してくれない子などもいて、かなり
の忍耐力を要することも学んだみたいですが、全体としては参加者、そして高校生ボランティア
達の双方にとって、とても実りのある体験となったみたいで良かったです。

もう一つ、このボランティア活動に参加して利益となったことと言えば、今回のイベントを通し
て初めての仕事の機会を手に入れたことでした!


昨日の夕方、∫がメールをチェックしたら、今回のキャンプに参加していたミドルスクールの男の
子のお父さんからメールが届いていて、


「数学キャンプに参加した息子のAが、キャンプ中に君の指導や君との交流をすごく楽しんだら
しく、息子から是非、君を家庭教師として雇って欲しいと頼まれた。もし興味があるようならば、
息子の数学の個人指導をしてやって欲しい。時給は…(以下省略)」

…といった、数学の家庭教師の仕事のオファーだったではありませんか!


いやぁ〜、びっくりしましたよ〜!

そして∫はとても嬉しそうでした。


でもこんなふうに∫の指導を気に入ってくれ、∫に家庭教師をして欲しいと思う子がいるという事
に感激してしまいましたよ。

そしてこの少年の要望にきちんと耳を傾け、メールで連絡をしてくれたお父さんにもありがたい
気持ちでいっぱいであります。


そしてこのお父さんと∫は、その後、数回ほどメールでセッションの回数や時間、場所などの詳
細のやり取りをしてたのですが、お父さんが”自分はUNR(ネバダ大学リノ校)で働いているの
で、場所はできればキャンパス内のライブラリーとかが都合がいい”と言っていたので、(えっ?
もしかして?)と好奇心に駆られてネットで調べてみると、思った通り、なんとこのお父さんは
UNRの「生化学/分子生物学」学部の教授でした。


え〜〜、そんな、科学分野のPhDを持った教授なら、ミドルスクール(6年生)レベルの数学な
んぞ、自分で教えられるんでは?とか思ったのですが、どうやら息子さんはキャンプ中に∫がと
り上げた、MathcountsやAMCといった”コンテスト関連の数学”に魅せられたそうで、∫にはそ
ういった”problem-solving”タイプの数学も指導して欲しいみたいであります。


キャンプが終わった後は、地元の数学指導センターでボランティア・インターンを試みようと
考えていた∫ですが、まずはこちらの家庭教師の仕事(きちんと給料がもらえる!)を優先する
ことにしたみたいです。

(これも立派なsummer jobですよね。)

正式にお金をもらって数学の指導をするのは今回が初めてなので、∫は少しばかり緊張している
様子ですが、∫のことだから多分、本人も楽しむだろうし、これまた将来の為のいい職業訓練の
機会となると思います。


というわけで、なんだかいきなり全てがとんとん拍子で決まってしまい、∫は来週の木曜日から、
毎週一度2時間、UNRでこの数学少年A君の個人指導をすることになりました。

今は夏休み中なので、とりあえずこのスケジュールです。

また、A君の学校が始まったらどうなるかはわかりませんが。


それにしても、こちらは何も就活せず、向こう側から仕事のオファーをしてくれたなんて本当に
ラッキーであります!

親御さんに(無駄な金を使った!)と後悔させないよう、∫、しっかりと働くのだよ!(笑)


いつもブログを訪問頂きありがとうございます。

ランキングに参加しています。
お帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
# by mathdragon | 2017-07-01 05:21 | Academic/EC Records

The G Word(ギフテッドについてのドキュメンタリー)

このギフテッドについてのドキュメンタリー、是非とも観てみたいです。


もっと一般の人たちにも、ギフテッドとは何か? そして、(固定観念や偏見、誤解を超えた)
実際のギフテッドの子供達の姿や、彼らが抱える課題を知ってもらいたいですね。


そして、我が子の教育ニーズを満たそうと必死になって頑張っている親達に対して、”自分の子
供に特別扱いを要求している自分勝手な親”といった、偏見と無知に溢れたとんでもない発言を
するような人たちの意識が改革されることを祈るばかりであります。


あと、このリンク先のプロモーション・ビデオの中で、

”If we keep telling these kids, "you are so smart, you are going to change the
world", we create anxiety."


という言葉が出てきてましたが、これは私もまったく同感であります。


アカデミックやその他の面のアチーブメントにおいてだけではなく、”ギフテッドの人達という
のはこういった性質、傾向で…”などと感情面や精神面においても、「ギフテッド」というもの
をある一定の”型”にはめてしまい、(決めつけた言い方をしてしまい)”不屈の精神、道徳的、
人格的に高尚な精神の持ち主みたいなイメージ・固定観念を一般に植え付けてしまうのは、た
だでさえ不安感を強く感じてしまい気味なギフテッドの人たちにとって、とてつもないプレッ
シャーやストレスとなってしまうと思うのですよね。


人並外れて優れた才能や能力は持っているかもしれませんが、ギフテッドも単なる一人の人間
で、スーパーヒーローや聖職者じゃないですよ。

彼らも性格や精神面で弱点もあるし、邪悪な気持ちがよぎらないわけでもないでしょうし。


彼らに対し、あまりにも非現実的で、人間離れしたような高尚なイメージを抱くことは、必要
以上の精神的負担をかけることになり、彼らのメンタルヘルスに良くないと思いますしね。


私が親として、そして1個人として感じるところでは、”ギフテッドの子供たちにはまず、自分
の幸せを一番に考えて欲しい。”ということで、ギフテッドの個人が人生の幸福のために自らの
目的、願望を追求する過程において、その副産物として、彼らのアチーブメントが結果的に社
会貢献につながったのであれば万々歳だと思うべきですよ。


一定の才能や能力を持って生まれてきたからと言って、「それらを社会に貢献するのが使命」
って見方には、義務を負わされてるって感じですごく違和感を感じてしまいます。

(私って、かなり反抗的で根性がひねくれたおばんだからそう感じるのでしょうが。苦笑)


あと、やっぱり正確なギフテッドの概念、認識が欠けていると、一見すると、到底ギフテッド
とはみえない・思えないギフテッドの子供達など、”発掘”されることなく教育システムから取
り残されてしまい、彼らに必要な支援や援助が得られなくなるというのも問題ですね。

人種やその他の”マイノリティ”、貧困層の子供達の中には、どれだけ”隠れギフテッド”が潜んで
いることでしょう。

アメリカのギフテッド教育においては、プログラムの内容(カリキュラム、方式等)だけでなく
”identification”(認定)の分野での改善、改革も必要となってくるのではないかと思いました。


いつもブログを訪問いただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
1日一回お帰りの際に応援のポチを押していただけると
更新の励みになります。
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
# by mathdragon | 2017-06-30 05:21 | Gifted/2e

日本語でメッセージ

毎日、一日中、数学キャンプのボランティア活動で忙しい∫ですが、夏休み中はBYU (Brigham
Young University) Independent Studyでオンラインの日本語のコースも履修しています。

このコースは2nd-Year Japanese, Part 2(高校レベルの日本語2年目の後半)なので、この約
4〜5ヶ月のセメスター・コースを修了すれば、Honors Diploma(優等卒業証書)の為に必要
な「2年間の外国語単位」を修得する事ができます!


毎日、キャンプから帰った後、少しの間、(1日の疲れを取る為に)リラックスしてから、オン
ラインで日本語のレッスンにとりかかっています。

だから夏休みでも”受験者は暇なし!”で、課外活動に、そして学業に勤しんでおりますよ。(笑)


2年目の後半ともなると、学習内容も文法的にも結構、難しくなり、シチュエーションなんかも
「病院に行って症状を説明する」みたいなかなり込み入ったテーマになってきて、単語なんかも
高度になってきてますよ〜。

読み書きもそれまでひらがなとカタカナだけだったのですが、今回からいよいよ漢字が導入され、
∫は少しばかりワクワクしてます。

(私のブログを読みたいけど、漢字が多いので読めない!って文句言ってたんで。笑)


∫が高校の授業で日本語を取り始めてからというもの、私との普段の会話でもなるべく日本語で話
す事が多くなり、やっぱりネイティヴ・スピーカー(私!笑)と頻繁にスピーキングを練習する
機会があるというのは効果的なのか、∫の日本語もどんどん上達して行っているのが伺われます!


聴覚にすぐれているせいか、やっぱり発音もいいし、なんと言ってもリスニングの力が優れてい
て、私が話す複雑な文法が混じった文章なんかもちゃんと理解してますしね。

大学時代、2年間(だったと思う)日本語のコースを取ったパパよりも∫の方が遥かにレベルが上
ですよ!


最近では携帯でのメッセージも日本語で書いて送ってきたりして、私もそれらに日本語で(今は
漢字なしでひらがなとカタカナだけで)返信してます。

今日の午後なども、お昼時に∫から

「みて!しやしん」

というメッセージとともに、ミドルの子達がランチを食べている写真が送られてきました。(笑)


a0332222_13100341.jpg


私と∫のメッセージのやり取り。(青い方が私。)

a0332222_13101839.jpg


帰ってきてから∫に間違い(”しやしん”ではなく、”しゃしん”)を指摘すると、

「わかってたけど日本語でのメッセージはまだ慣れてなくて、小さな”ゃ”をどう打っていいのか
わからなかった。」

と言うので、スクリーンを見せて教えてあげたら喜んでました。(笑)

スピーキングだけでなく、こんなふうに日本語でメッセージをやり取りすると、いい読み書きの
練習になりますよね。


この高校の日本語のコースは夏休み中に集中して終了させてしまう計画だそうで、それが終われば
今度はシニアの秋学期からUNR(ネバダ大学)でカレッジ・レベルの日本語のコースを履修する
予定となっています。

このコースは4単位で、月〜木の週4日間毎日あるので、ますます日本語の特訓となるでしょう。

∫、今からでも遅くはない!頑張って日米のバイリンガルを目指せ〜!


いつもブログを訪問頂きありがとうございます。

ランキングに参加しています。
お帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
# by mathdragon | 2017-06-29 13:59 | Japanese

孫なし婆さんになりたくないよ〜

北ネバダ数学クラブ主催のサマー・キャンプも昨日から2週目に入りました。

今週も∫は基本、中学生のクラスの指導や講義を担当しているみたいですが、ランチタイムや戸外
活動の際などは、小学生の面倒も見ているみたいです。

でもやっぱり小学生、特に低学年の子達の面倒はかなり神経を使うみたいで、昨日などキャンプ
から帰ってきて、かなり疲れ気味、そして少しイラついた表情で、

「小さい子供は時々、鬱陶しいです!」 (-_-)


って日本語で言ったのには大笑いしてしまいました。


∫の話では、小学校低学年の子達の中にはコーチやカウンセラー達(高校生ボランティア)の指示、
注意などもきちんと聞かず、それらを無視して自分勝手にふざけてばかりいる子もいるらしく、本
来、生真面目な性格の∫は、そう言った態度にものすごくイラつくみたいです。(笑)


昨日など、ある小学生がクラスにヨーヨーを持ってきていたらしく、彼は周りの仲間達のことなど
気にすることもなく、そのヨーヨーを大きく振り回していて、もう少しで別の子の後ろ頭に当たり
そうになったので、それを見かけた∫が「危ないからやめるように」と注意をしたそうなんですよ。


∫の話では小学生の子たちは集中力も短いし、(まぁ、それはまだ幼いから幾分、仕方がないでし
ょう。)落ち着きがなくざわざわと騒がしいし、人の話もあまりきちんと聞かないので対応する
のにイラついて、精神的にどっと疲れてしまうって。(笑)


「だから僕は大人になっても子供は欲しくない!一生独身でいるか、結婚しても子供は作らない!」

って宣言してましたよ!


そんなぁ〜、老後は孫のお守りをするのを楽しみにしている私なのに〜、その楽しみを奪ってしま
おうというの〜?

私を孫なし婆さんにしないでおくれよ〜!

∫には、

「今はまだ16歳なんで子供のことなんか考えられないでしょうって!ママもあんたくらいの歳など
子供なんか欲しくないと思っていたし、(実を言うと、私は若い頃は子供があまり好きでなく、30
歳過ぎても子供が欲しいと思わなかった。)今は現在の状況にイラついてて一時的にそう感じるだ
けで、大人になって好きな人ができ、結婚したらまた気持ちも変わるって〜!」

っと言ったのですが、本人は頑なに、

「僕は子供は欲しくない!○○ファミリー(私達の苗字の家系)は僕の代で終わるから、覚悟しと
いて!」

ですと!(笑)

そして私に真剣な顔をして、

「僕が小さかった頃はどうだった?やっぱり鬱陶しかった?」

とか聞いてきたのですが、そう問われて改めて∫の幼年期から子供時代を振り返ってみると、∫っ
てあまり「子供」って感じがしなかったような…


幼児期は頑固で、自分がしたくないこととか頑なに拒んで反抗的だった時期もあるけど、基本的
に色んなオモチャ(特に絵本や数字、アルファベット、パズルや図形関係)を与えときさえすれ
ば、一人で勝手に黙々と長い間集中して遊んでいたので、私は楽だったように覚えてます。


a0332222_11014196.jpg


a0332222_11020220.jpg


a0332222_11050009.jpg


a0332222_11061722.jpg


a0332222_07570489.jpg


プリスクールやキンダー、小学校低学年の頃も結構、一人で黙々と本を読んだり物語を書いてい
たり、私と色んな話題の話を楽しんだりと、すごく落ち着いて大人しい(そして大人ぶった)子
だったので、やんちゃで騒がしいタイプの子だと感覚過敏の私にとっては刺激が強すぎ、辛かっ
たと思うのだけど、∫は大人しくて一人遊びが好きだったので、私にとっては”取り扱いやすい子”
だったように思います。

なんか、∫は本当に「子供」って感じがしませんでしたねぇ。

「子供」の皮を被った「落ち着いた大人」って感じでしたよ。(笑)

そんな∫だったから、何とか私は母親業をやっていけたのかもしれません。

もちろん、∫の子供がどういう性質かは、現在の段階では知る由もありませんが、∫と同じよう
なタイプだと、きっと∫も父親であることをエンジョイすると思いますが。

(子供も数学に興味があったらなおさら。)


(まだ終わってませんが、)今回のキャンプで∫は、”世の中の小学校の先生達に対してこの上
ない敬意を感じた”らしく、教育者、それも小さな子供を教える立場の者達は、本当に重要な
存在だと痛切させられたようです。

(そして自分はできればミドル以上の学年を教えたいと思ったとのこと!爆笑)


こういった体験をすることで、様々なことを学び、色んな思いに繋がったりと、いい人生の
レッスンになりますよね。

さて、キャンプも残すところ後、3日!

木・金と∫はかなり長時間、講義をするらしいので、最後の追い込み頑張ってね〜!


ミドルスクールの女生徒達とカードゲームを楽しむ∫。

女の子に囲まれていいじゃない〜?(本人、ティーンのくせにあまり色気はないですが。)

a0332222_10455655.jpg

いつもブログを訪問いただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
1日一回お帰りの際に応援のポチを押していただけると
更新の励みになります。
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
# by mathdragon | 2017-06-28 11:08 | ∫の世界

カテゴリ

Introduction
∫の世界
Math (数学)
Gifted/2e
Japanese
High School
School Clubs
Academic/EC Records
University (UNR)
Community College
大学受験
Life Skills
Driving Practices
発達障害
教育・学習
脳科学・心理学
育児
Memories
Resources
Family
Family Outings
Outdoor Activities
日々の出来事
シニア大学生の準備
その他の学習
英語学習(目指せC2!)
私の事
∫パパ
風景・空模様
Wildlife
Favorites
Miscellaneous
テレビドラマ・映画
なんとなく思った事

最新の記事

∫と一緒にAtypicalを..
at 2017-08-18 12:26
個人批判記事に対するコメント
at 2017-08-17 07:07
アメリカ大学進学についてのお..
at 2017-08-16 09:45
hypocrite
at 2017-08-16 08:22
P-Giftedの定義の見解..
at 2017-08-15 10:18

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

記事ランキング

メモ帳

   にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

夕焼け・朝焼け、雲などの空模様の写真満載の私のもう一つのブログです。
Mystica Caelum
a0332222_05202999.jpg
2015 ARML
a0332222_07545094.jpg
a0332222_06213436.jpg
AIME '15
a0332222_06281821.jpg
AMC12 '15
a0332222_06570886.jpg
AMC12 '15
a0332222_06531787.jpg
MATHCOUNTS
National '14
a0332222_06311300.jpg
a0332222_06312311.jpg
MATHCOUNTS
State '14 個人戦
a0332222_06313237.jpg
AMC10
a0332222_06315148.jpg
AMC8
a0332222_06314196.jpg
CTY SAT MATH
a0332222_06215768.jpg
Flag Counter

ブログジャンル

子育て
教育・学校

画像一覧