アメリカに住む数学をこよなく愛する17歳のmath kid∫の日々の出来事を綴っています。∫の夢は将来大学の数学教授になること。13歳から本格的に地元の州立大学で数学のコースを受講し始めました。 


by あーちゃんママ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

日頃忘れている感謝の気持ちを思い出させてくれたストーリー

先日、ネットでふとしたことからこちらのストーリーを見つけ、ぐいぐいと惹き
つけられるように読み入ってしまいました。



こういう話を読むと、普段毎日の生活の中で物事を「ごく当然の事」だと当てにし、
また、物事が"自分が勝手に作り上げた"「理想」や「期待」通りにうまく進まない
とがっかりと失望し、苛立ちを感じてビターになってしまう自分が恥ずかしくなっ
てしまいます。


日頃の生活の中で、特に∫の子育てに関してはまだまだチャレンジングな課題が多く、
(思春期真っ只中ということも加わり)決して楽なタスクとは言えず、時折、つい
愚痴などもあれこれぶちまけたくなることもありますが、でもこういった話を読むと、
まぁ、色々とあるけれども、こうして∫が無事に私たちのところへ生まれてきてくれ、
とりあえずこれまで何とか元気に育ってくれた事に対し、日頃は忘れかけている
「感謝」の気持ちを感じられずにはいられません。


実は∫のお産はかなりの難産で、緊急帝王切開で生まれた際は呼吸が停止していて
泣き声さえ聞こえず、生まれた直後、私は∫の顔も見せてもらえず、医者と看護婦は
直ちに∫を別の場所(部屋)に連れ去ったのを覚えています。

(多分、心肺蘇生法などで蘇生を試みていたんだと思います。)


その後、生まれた我が子の顔も見ることができないまま数時間ほど薬で眠らされた
私は、病院の小児科医に起こされたのですが、「あなたの赤ちゃんについて大切な
話があります。」と口を開いたお医者さんの顔がすごく深刻で、且つ何やら申し訳
なさそうな、悲しそうで暗い顔をしていたので、私はとっさに、

(もしかして、赤ちゃん、死んだのか???)

と、心臓が切り引き裂かれたような衝撃を感じ、頭の中はショックで真っ白になり、
手足がガクガクと震えるような感覚に襲われたのを覚えてます。

その後すぐにお医者さんが、

「Your baby is in the NICU right now...and...」

と話をし始めた途端、私はすぐに

(あ〜、赤ちゃん、とりあえず生きているんだ!よかった〜!)

と、とてつもない安堵感を感じたのを覚えています。

そして、それと同時に、現在の状態はかなり深刻であるものの、とりあえずは∫
がお産を生き延びてくれた事に対し、ありがたい感謝の気持ちでいっぱいになっ
た事をはっきりと覚えています。

その時は、

(この子がどんな状態(なんらかの病気や障害をもって産まれてきた)でもそんな
ものはどうでもいい。とりあえず生きているのだからそれだけでありがたい!)

と強く思ったのでした。

だからこのストーリーを読んで、普段はあまり考えもしない「命の尊さ」とか、
∫が産まれた当時に感じた、「子供が生きてくれている事のありがたさ」とか
いった気持ちが、私の中で鮮明に蘇ってきたのでした。


親としてはあれこれと愚痴りたいことも山ほどありますが、でも、毎日我が子と
一緒に笑ったり、怒ったり、泣いたり、感激したり、感動したり、喜んだりなど
人生をシェアできる時間を大切にし、感謝する気持ちを忘れてはいけないなと思
いました。


こういったストーリーを読むと、日常、気になる(鼻につく)細かい事などがそれ
ほど気にならなくなるので不思議です。


a0332222_08104003.jpg


家に帰ってこられた時は皆んなで大喜びしたねぇ。
(グランマと∫)

a0332222_08105888.jpg


いつもブログを訪問いただきありがとう。

ブログ村のランキングに参加してます。
お帰りの際に下のバナーを押していただけると嬉しいです。
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
[PR]
# by mathdragon | 2015-07-21 08:17 | 育児

PSATの模試

大学受験に関しては、うちは子供も呑気なら親もそれ以上にのんびりと構えていて、
この夏休みが終われば高校10年生になるというに、∫は休みの間はアカデミックな
面での勉強、特にSATACTなどの標準テスト関係などの練習などもしている様子
は全くなく、私自身、ネットなどで∫と同じ年頃の高校生がSAT/ACT受験勉強に
今から日々勤しんでいるというのを聞いたりすると、(うちは大丈夫かいな?)と
少々心配しながらも、何やらそのままほったらかしにしている感じです。(苦笑)


中にはオンライン等でかなり高額なSAT/ACTの受験対策コースを受講していたり
する生徒もいるみたいですねぇ。

でもうちはそういうのはやらないと思います。


金額的な事もあるけど、もともと性格がひねくれている私は、試験でいい点数を取
る為がメインの目的(受験のコツや特定のテストテイキングスキルなどを学ぶ”表面
的な対策コース”)などには反感を感じるタイプで、例えばリーディング力など、幼
い頃から親が読み聞かせしたり、子供にしっかりと読書の習慣を植え付け、日頃から
色々な課題についてディスカッションしたりする機会を持つ事によって、読解力や
語彙力なども身についていくものだと思っているので、そういう”⚪︎⚪︎対策コース”っ
ていうのなんかにはあまり興味がないんですよねぇ。


learningに関しては、ショートカットはなしだと思ってますので。

それにしても最近の私はかなりいい加減になってきてるなぁ。(汗)


私も昔(∫が小学生、中学生だった頃)は、∫の教育に関してはもっと"hands-on"
という感じだったのですが、高校になってからは何というか、何だかわからない
けどかなりいい加減でズサンになってしまい、∫の教育面にはあまり積極的に関わ
っていない気がするんですよねぇ。


本来ならば(大学受験においても)高校時代がアカデミックな面でもとても大切に
なってくるというのに、そんな大事な時期に私自身の中で何やら∫の教育に関して
の関心が薄れてしらーっと冷めてしまってる部分があり、ベストなサポートをして
あげられてない気がします。

なんでだろう?

こんな事じゃダメですよねぇ。

もっとしっかりしないと!


そんな感じなんで、今学年度10年生になる∫は、夏休みが明けて新学年度が開始
して数ヶ月後にPSATを受験する事になっているというのもすっかり忘れてしま
ってました。(苦笑)


PSATのスコアを元にナショナルメリットスカラーシップの選考が行われるのです
が、通常、高校11年生(ジュニア)を対象としたこの試験、∫の学区では10年生
から「練習」として受験し始めるようです。


で、まだ本番まで1年以上はあると言え、∫があまりにも呑気に構えているもんで、

「ねぇ、今年は夏休み明けに初めてPSAT受ける事になってるんだから、今の間に
少しは勉強したら?」

と言うと、面倒臭そうな顔で私の方を睨み、

「わかった、わかった、そのうちにするよ!」

って、何だか軽くあしらわれてしまいましたが。ははは。

(まっ、毎日の読書を欠かさないので、それだけでもなんらかのプラスになって
いるのではないかと思います。)


その後、特別に勉強している様子もなかったのですが、数日前にネットで見つけた
こちらのPSATの過去問を練習としてやったようで、私にその結果を報告してきて
ました。


結果は、

・Critical Reading 73  (48問中45正解)

・Math 80  (38問中38正解)

・Writing 79  (39問中38問正解)

Total Score 232


という事で、以前、初めて模試を受けた時よりもスコアが向上していたので、
まぁ、とりあえずは一安心しました。

以前(6ヶ月位前)のスコア。


Critical Reading  67
Math  80
Writing  78

Total 225


(今回は特に∫の苦手とするリーディングのスコアがアップしていたのでよかった。)


MathとWritingのスコアは基本的にシーリングに達しているので、これからほぼ
大幅に変わることはないでしょう。

(実際、9年生の時に受けたSATでもどちらのセクションも800と満点スコア
だったので、この分野はとりあえずケアレスミスをしないように気をつける事を
目標とするべきでしょう。)


今回のトータルで232という数値は、2014年のネバダ州のセミファイナリストの
カットオフスコア(212)を余裕で超えていたので、このままの状態を維持、もし
くはもう少しリーディングのセクションに力を入れれば、11年生の本番には何とか
ナショナルメリットスカラーシップのセミファイナリスト選考スコアをクリアでき
るのではないかと期待しています。


(今学年度は英語でAP Englishのクラスを取る予定にしてるので、それもこれからの
PSATやSATのリーディングのスコアの向上にもつながるのではないかと思います。)


あっ、でも2016年からSATが改訂されるんで、多分、PSATも今年の10月から新
バージョンになるのと思うので、どう変化するかちょっと心配ではありますが。


こちらのKhan Academyのページで新しいSAT/PSATの練習ができるみたい
なので、とりあえず10月までに少しは試験の形式や内容などに慣れ親しんでおい
てくれればいいとは思ってますが。


学校の成績とかは様々な要素が関わってくるのでAを取る為にはかなり努力が必要
ですが、(宿題や課題を忘れずに提出したり、きちんと活動に参加したりなど。)
でも∫はこういった標準テスト関係は未だに全く勉強や練習をしなくても結構高得点
がとれたりするので、その点は楽だなぁって思います。


いつもブログを訪問頂きありがとうございます。

ランキングに参加しています。
お帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
# by mathdragon | 2015-07-20 08:38 | 大学受験

雲の多い夕焼け空

ここ最近、又もやこの地方は夕方くらいになるとどこからともなく雨雲がやって
きて、空が雲に覆われている時が多いです。

こちらは少し前の夕暮れ時の様子。

この日はほぼ同じ時間に違った方向の空模様を撮ったのですが、それぞれの方角
の雲の形や色が違っていて面白かったです。

a0332222_05145370.jpg


a0332222_05155115.jpg


a0332222_05151525.jpg


a0332222_05152864.jpg


a0332222_05153830.jpg


いつもブログを訪問いただきありがとう。

ブログ村のランキングに参加してます。
お帰りの際に下のバナーを押していただけると嬉しいです。
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
[PR]
# by mathdragon | 2015-07-20 05:18 | 風景・空模様

グランマとオセロ対戦!

今日は土曜日で、∫が毎週楽しみにしている数学クラブの日であります。

最近、あまり外に出ず、家の中で過ごすことが多かったので、∫は久しぶりに数学
仲間達と会える!と、少し興奮気味で今日もいそいそと活動が行われるUNR
出かけて行きました。

(只今、クラブ活動中。)


その少し前は、グランマと一緒にブラックジャックやポーカー、オセロなどをして
リラックスしたひと時を過ごしてましたよ〜。

昨日、やっと気に入った物件を見つけ、早速、今朝の時点で早々に契約書にサイン
をしてきたグランマもホッと一安心したせいか、今日の午後はいつもよりかなり
のんびりとリラックスした雰囲気で∫とのゲームを楽しんでました。


現在はカリフォルニアでパパの妹さんと一緒に暮らしているグランマですが、4年
前にグランパが亡くなってからは、人生の伴侶を失いやっぱり何かと寂しい思いを
していると思うので、(妹さんは働いていて忙しいので、家にいる時間は少ない
みたい。)こちらに住むようになったら∫と一緒に過ごす機会も増え、お互いが
いい話相手となり、∫とグランマの両方共にとっていいのではないかと思います。


a0332222_08242110.jpg


a0332222_08243530.jpg


a0332222_08244827.jpg


最近、ちょっと物忘れがひどくなってきて、たまにふと、混乱気味の様子を見せる
事が多くなったグランマですが、せっかちで短期のパパとは違い、とても辛抱強い
∫は、グランマに対していつも優しい態度で接するので、グランマも∫といると気持
がリラックスできるみたいです。(笑)


いつもブログを訪問頂きありがとうございます。

ランキングに参加しています。
お帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
# by mathdragon | 2015-07-19 08:52 | 日々の出来事

オンラインリソース: Homeschooling Library

長い夏休みなどの間に活用できそうなオンラインリソースのサイトです。

(いつも英語圏の情報ばかりで、日本の方には申し訳ないですが。汗)


このサイトのFree Online Curriculumの部分をチェックすると、様々な教科
やトピックのメニューが出てきます。

Computer Programmingのリソースなども充実していて、プログラミングに
挑戦したいと思っているお子さん達にも役に立つのではないかと思います。


いつもブログを訪問いただきありがとう。

ブログ村のランキングに参加してます。
お帰りの際に下のバナーを押していただけると嬉しいです。
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
[PR]
# by mathdragon | 2015-07-19 07:45 | Resources

来学年度のプラン(クラブ活動)

まず、始めに。

グランマの家探しパート2、思ったよりも長引いています。

パパのお姉さんとグランマがカリフォルニアからやってきて、グランマの新しい
家探しが始まって丸1週間経ちましたが、グランマは未だに思ったような物件に
巡り会えずにいます。

実は、グランマと一緒に来たお姉さんは、(どうもこの調子だと今回の家探しは
かなり長引きそうだ)と察し、昨日、グランマを残し一人でカリフォルニアへ
帰りました。

お姉さんも家族がいるので、(旦那さんは寂しくて、滞在中に絶え間なくお姉
さんに電話をしてきていた。笑)まぁ、仕方がないですよね。

と言うわけで、現在も引き続きグランマは我が家に滞在中であります。


まぁ、それはいいんですが、パパとグランマが家探しをしている間は私達自身の
「家族での活動」が一時停止してしまい、最近は∫は数学クラブ活動以外はほとん
ど家にいて、の〜んびりと自分の好きな事だけして過ごしているといった感じで、
今学年度10年生ともなろう高校生が、夏休みにこれといって何のアクティビティ
に携わってなくて、ほんまに大丈夫かいな?と、基本的に呑気な私も最近は少々
心配し始めてますが。(汗)


∫と一緒にネットなどでこの夏休みの間、この地域で参加できるボランティア活動
などないものか?と探しまくったりもしたのですが、∫の希望するチュータリング
や、その他の「教育関係」のボランティア活動は夏休みの間はほとんど見当たらず、
私が提案した「アニマルシェルター」や「スープキッチン」などの動物やホーム
レスの人達を対象としたボランティア団体への参加には、

「自分の信念や考え、興味分野など、自分にとって意義のある団体や活動へ時間や
エネルギーを投資したい。」

などと言って頑固に自我を主張するので、これも無理じいさせるわけにもいかず、
(参加を無理やり押し付けられたら”ボランティア”じゃありませんもんね。苦笑)
まぁ、仕方がないです。



夏休み中は学校の宿題とかも一切ないので、私からみると毎日時間が有り余って
退屈で仕方がないのではないか?と思えるのですが、当の本人は普段は時間がな
くてできずにいる活動が山ほどあるみたいで、毎日それらの活動を堪能している
ようであります。

(そうやって自分が好き勝手に自由にできる夏休みは今年で最後だと思うので、
まぁ、今のうちに存分にエンジョイしておくがよいわ!とも思います。)


具体的に毎日、どのような事をしているかなどの細かいチェックはしてないので
すが、少し前まではかなりの時間を様々な数学コンテストの過去問などを解いた
りして時間を過ごしていたようだけど、最近ではいろんなレベルの数学の問題を
独自で作成する活動に没頭しているようです。


そんなもの大量に作成してどうするのか尋ねたところ、∫が現在所属している学区
のオンラインスクールには「数学クラブ」がないので、来学年度は自分でミドル
スクールとハイスクールレベルに分かれた数学クラブを作成するつもりのようで、
(∫の学校はK-12)この夏休みの間にクラブ結成の為の企画を立てていて、独自
の数学の問題は自分がコーチとなってミドルスクールのクラブで指導する際に使用
する為のものだと言うことでした。


∫の考えているところでは、ミドルスクール部門では中学生の数学コンテストで
あるMathcountsの地区大会参加と、その為の練習セッションを目的としている
らしく、自分がコーチとなってチームを訓練したいそうです。(笑)


とりあえず現役時代で州のチャンピン(1位)となり、ネバダ州代表の1人として
全国大会へ参加した実績もあることですので、一応、それなりのクレデンシャル
はあるのではないかと思いますし。(笑)


クラブの結成については企画書を作成して、新学年度が開始次第、学校の数学の
先生達へ「提案」「交渉」などをする予定だそう。


普段は控えめで内向的な性格のくせに、こういう「自分が情熱を抱く分野」での
活動に関しては積極的にイニシアティブをとり、活発的で時には「恐れを知らぬ」
くらい大胆な行動をとろうとするのでびっくりさせられます。


「数学への情熱」は、∫にとって物事の活動の元となる、まさに「原動力」とも
言える存在で、∫から数学を奪ってしまうとまるで「生きた屍」にでもなるんでは
ないか?なんて思ったりします。

(人生の中で、それだけ情熱を感じられる「なにか」を持っている人って羨ましい。)



来学年度は定期的に「数学チュータリング」のボランティア活動にも参加する予定
だし、ミドルの頃National Jr. Honor Societyのメンバーだったので、引き
続きハイスクールでもNational Honor Society (NHS)のメンバーに推薦され
るようなので、こちらの団体での活動にも携わることになり、それプラス、現在の
学校のミドル/ハイの数学クラブ、そして北ネバダ数学クラブの活動が加わると、
これから先は課外活動にもかなり忙しくなりそうな気がします。


だから今のうちにのんびりできる最後の夏休みをエンジョイするがよいわ。

ははは〜 031.gif 

ですねぇ。(笑)


いつもブログを訪問頂きありがとうございます。

ランキングに参加しています。
お帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
# by mathdragon | 2015-07-18 07:33 | High School

ギフテッドアダルトの人間関係についての記事 (Part 2)

少し前にこちらで紹介したギフテッドアダルトの人間関係についての記事」の
続編とも言えるべき記事が新たに更新されていたので、そちらの方もとても参考
になる情報が満載なのでリンクしておこうと思います。



今回の記事は、ギフテッドアダルトとの関係の中で生じる困難や問題などに対して
の対処の仕方、お互いの関係を改善/向上させる為のヒントなどの実践的な情報が
わかりやすくアウトライン化されていて、私自身、個人的にも新たな視点でパパ
との関係を見るきっかけとなり、とても参考になりました。


”The is no easy answer to quick fix for relationship conflicts, despite
rampant advice in the media and online. Every couple has their
struggles, gifted or not. But self-awareness is critical, and is the
most important step toward improving any relationship"


とあるように、人間関係においては相手(パートナーや配偶者)の事を理解する
のも大切だけど、それ以上に”自己認識”(個人としての自分、自身の存在と思考
や行動などを認識している事)がとても重要になってくるというのを思い知らさ
れました。


この事から言えるように、やはり個人が成長していく過程で、self-awareness
(自己認識)や歪みのないself-concept(自己概念)を形成することが大切に
なってきますよね。

特殊な脳の体質を持つギフテッドの人たちは特に、健全なセルフコンセプトを身
につける事(ギフテッドとしての己を認識している)が、社会にうまく適応して
生きていく上でとても重要となってくると思います。



私達の場合はパパは完全にギフテッドで、(大人のギフテッドの特徴もろ出し!
苦笑)私はギフテッドではないのですが、こうして自分自身を振り返って見てみ
ると、私も性格的にかなり”特殊”な面があったりして、二人の間で衝突が多いの
も、パパ側だけに原因があるわけではないというのを気付かされた感じでした。


私の中にはボタンを押されるといとも簡単に”爆発”してしまう、ある種の弱点が
あり、二人が話をしているとパパの性格的特徴がいつも私のその弱点ボタンを幾
度となく押してしまうので、こちらもつい平穏さを失ってしまう傾向にあるん
ですよねぇ。


パパ自身は私をわざと炎上させようとしてやっているわけではないと思うのですが、
でも結果的にはお互いがお互いの炎上ボタンを押しあって、いとも簡単に両方が
大爆発の状態に陥ってしまうんですよ。(汗)


どちらもかなり頑固で譲らない性格なんで、一度戦いが始まると、とことんまで
バトルが続くので、(時には3時間くらいぶっ続けで大声出しあって言い争い
してしまう。汗)身も心もぐったりとなり、消耗してしまいます。


(まぁ、でも最近は私も歳をとり、パパとの関係で心身ともにエネルギーを使い
果たしてしまうのはしんどいので、”本当に重要な課題”のみを選んでバトルして
いますが…。 そうじゃないとこちらの身がもちません。)


リンク先のオリジナルの記事の中で、

2. What role do I play in any conflicts?

という、今までは自分自身考えた事もなかった問いを読み、改めて自分に投げかけ、
色々考えてみると、私自身にも二人の関係に衝突をもたらせている(悪化させて
いる)要因があるというのを否定できないなぁと、ちょっと反省しました。(苦笑)


でも、それにしてもですねぇ〜、パパの方ももう少し、「いつも自分(の意見)が
正しい!」(他人の価値観や見解などを断定的に否定し、自分の価値観や意見のみ
が正しくて絶対的なものという独断的な見方)と言った自らの態度や姿勢を見返し、
他人のパースペクティブや価値観、見解などを”リスペクトする”姿勢を見せるべき
だと思うのですがねぇ。


”自分は物事を全て心得ていて、自分の考えはいつも正しい!”


と思っている者ほど、己の知識の限界を心得てないので、視野が狭く自己向上の
機会も積極的に追及しない傾向にありますし。


(だから正直言って、パパの思考パターンや物事の見方など、出会ったばかりの頃
(30年近く前)とさほど変わってませんしね。)


おっと、又、つい悪い癖がでて、パパの欠点に非難のフォーカスがいってしまって
るので、「自分」にフォーカスをシフトし直さなければ…。


それにしても、人との関係、特に夫婦関係においては、ただ「愛さえあれば自然に
物事がうまく運ぶ」といったおとぎ話のようなものではなく、お互いが向き合って、
お互いそれなりに努力をする姿勢と行動が必要ですねぇ。


いつもブログを訪問頂きありがとうございます。

ランキングに参加しています。
お帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ


[PR]
# by mathdragon | 2015-07-17 07:42 | Gifted/2e

皆んなそれぞれマイペース

ここ最近の様子を少しばかりご報告。

先週の金曜日から来訪しているパパのお姉さんとグランマですが、当初の予定より
も滞在期間が長引いていて、まだうちに滞在中であります。


元々、今回の来訪の一番の目的は「グランマの家探しパート2」という事だったの
で、パパとグランマ、お姉さんは毎日、ネットでこの辺りの物件を探しまくり、良
さそうなものは即、アポを取って積極的に見て回っているみたいなのですが、時期
的(夏場)な要因もあってか、気に入った物件が見つかっても数日の間に即買い手
が決まってしまったり、など、家探しはスムーズに行ってないようでありますねぇ。


この地域は近い将来、Tesla(テスラモーターズ)が進出してくるようで、(実は
現在すでにリノ郊外にGigafactoryを建設中)地域経済の活性化が予想される為、
グランマは出来るならばその前に家を購入したいみたいです。

(いい不動産投資にもなりますし。)


が、皆、考えることは同じなのか、私達が引っ越してきた4年ほど前はこの地域
はとてもリーズナブルな物件が溢れていたのに、最近は「売り手のマーケット」と
いう感じで、ちょっとした物件はなかなか競争率が激しく、当初予定していたより
も家探しにかなり時間がかかってしまってるみたいなんですよねぇ。


でもそのわりには結構、ビジネス感覚はのんびりしていて、不動産エージェンシー
など週末は閉まっていたりと、ベイエリア(シリコンバレー)で不動産業に携わっ
ていたパパのお姉さんは、この地域のビジネスプラックティスのあまりの呑気さ
に呆れ返ってるくらい。(笑)


まぁ、滞在が長引いていると言っても、パパの家族は寝る場所さえ与えておけば、
自分達が勝手に自由に好きなことをするタイプなので、(自分たちが勝手にお茶
やコーヒーを入れて飲み、勝手にシャワーを浴びたり洗濯したりなど)私は全然
気を使わなくていいので助かってますが。


最近ではランチや晩御飯なども自分たちが勝手に外で済ませてきて、私は自分と
∫の分だけ用意すればいいので楽です。


又、グランマもお姉さんも私が「自分だけの一人の時間が必要」なタイプだという
事を理解してくれているので、私が居間で皆んなの会話に加わりたくなくて、一人
で自分の部屋に閉じこもっていても文句や批判も言わず、私の性格をリスペクトし
てくれているので助かります。苦笑)


(日本のうちの母親が私の姑だったら、私の事を「来客なのにきちんとおもてなしも
しないで、なんと常識はずれのとんでもない嫁だ!」と批判していた事でしょう。笑)


でもそうじゃないと、1週間近くの親戚の滞在はしんどくなりますよねぇ。


∫の方も来客が来ていても相変わらずマイペースで毎日の自分のルーティーンを
こなしているといった感じで、たまにはリビングルームで皆んなとちょこちょこ
と会話を楽しんだりしてますが、基本的には自分の好きな活動(主に数学の学習
やライティングなど)に勤しんでいます。


と、まぁ、こんな感じで、共同の空間をシェアしつつ、それぞれが自分なりの
ペースで自分の好きなことをやって過ごしているので、比較的ストレスフリーの
状態でいられています。


いつもブログを訪問いただきありがとう。

ブログ村のランキングに参加してます。
お帰りの際に下のバナーを押していただけると嬉しいです。
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
[PR]
# by mathdragon | 2015-07-16 09:31 | Family

2015年国際数学オリンピックの結果

今年(2015年)の国際数学オリンピックの結果が出ました!

今年はUSAはなんと1位でありました!024.gif


Congratulations!Team USA!

a0332222_10180310.jpg


詳しい結果報告はこちらのリンクをご覧ください。


関連記事



アメリカが最後に1位の座を獲得したのは1994年だったので、今年はなんと
21年ぶりの快挙となったわけですね。

いやぁ〜! よかった! よかった!

今年の結果を心待ちにしていた∫も大興奮しています!


尚、今年もUSA Team Leader/CoachはPo-Shen Loh氏だったようで、少し前
ベイエリアで行われた数学コンテストで個人的にも話をする機会に恵まれ、彼の
数学の才能は言うまでもなく、素晴らしい人柄に大いに感心させられた私たちは、
今回の結果を聞き、更に喜びが倍増でしたよ〜!


a0332222_06530382.jpg


実際の彼はあまりにも小柄で華奢なんでびっくりしました。
(となりの∫がめちゃデカく見える〜!苦笑)

a0332222_09581918.jpg



a0332222_09563309.jpg


尚、去年(2014年)は5位だった日本は、今年は22位のようです。

来年は是非、頑張って欲しい…


というわけで、アメリカチーム、第一位おめでとう〜!


いつもブログを訪問頂きありがとうございます。

ランキングに参加しています。
お帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ


[PR]
# by mathdragon | 2015-07-15 10:21 | Math (数学)

ギフテッドアダルトの人間関係についての記事

私のお気に入りのギフテッドブログで、ギフテッドアダルトの人間関係について
とてもよく説明されていて参考になる記事を見つけたので、いつものようにここ
で皆さんとシェアしたいと思います。



この記事の中には大人のギフテッドの人達の、人との関わり合いの中での衝突
の原因となり得る”ギフテッドならではの特徴”が詳しく説明されていて、リスト
を読んでいてそのほとんどがうちのパパに当てはまっていたので、思わず笑って
しまいました。

(本当は笑い事じゃないくらいパパとの毎日の生活の中で困難を感じる事が多
 いんですがねぇ。苦笑)


各項目の細かい説明はオリジナルの記事を読んでいただくとして、(英語ですが)
ここでは簡単に、原文にあった大人のギフテッドの人達の「人間関係上こじれの
原因となりやすい行動や感情」を書き出しておきました。


1. Boredom

2. Impatience

3. Pressure to succeed

4. Always needing to be right

5. Sense of isolation

6. Feeling awkward and insecure

7. A need for alone time

8. Indulgence in unusual or multiple interests

9. Oversensitivities

10. Existential depression

(カラー文字はパパに見られる特徴)


これらの中でも特に顕著な特徴が4の「Always needing to be right」で、

”Since gifted people usually excel at what they do, some may
assume that they always know the correct answer, at least
in those area where they have expertise. A pattern may develop
where they must be right in any debate. With their exceptional
verbal skills, they can defend their point and relentlessly pursue
an argument until they win, or until their opponent (i.e., their
partner or spouse) gives up out of frustration."


って、もうパパ、そのものやん〜!って激しくうなずいてしまいましたよ!

パパと討論や議論しても、いつも自分の言ってることが正しい!と、頑固な
スタンスで人の意見を聞こうともしないので、私はいつもフラストレーション
がたまり、イラつくのでパパと話をするのは好きではありません。

щ(`Д´щ;) グワァァ


興味深い事に、まだ子供である∫の場合、もちろん全体的にはそれぞれの特徴に
当てはまるものの、(今の時点では)パパにはあまり見られない特徴(3. Pressure
to succeed, 6. Feeling awkward and insecure, 10. Existential
depression)の傾向が顕著に見られ、二人の性格の違いを大いに物語ってる
という感じがします。

こういったギフテッドの特徴を心得ているだけでも、ギフテッドであるパートナー
や配偶者との関係も、少し違った見方が出来るようになるかもしれないですね。

(相手に対して少しは寛容的になれるかも?)


いつもブログを訪問頂きありがとうございます。

ランキングに参加しています。
お帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
# by mathdragon | 2015-07-14 13:03 | Gifted/2e

カテゴリ

Introduction
∫の世界
Math (数学)
Gifted/2e
Japanese
High School
School Clubs
Tutoring/Mentoring
Academic/EC Records
University (UNR)
Community College
大学受験
Life Skills
Driving Practices
発達障害
教育・学習
脳科学・心理学
育児
Memories
Resources
Family
Family Outings
Outdoor Activities
日々の出来事
シニア大学生の準備
その他の学習
英語学習(目指せC2!)
私の事
∫パパ
風景・空模様
Wildlife
Favorites
Miscellaneous
テレビドラマ・映画
なんとなく思った事
意見の衝突など

最新の記事

Netflixのマインドハンター
at 2017-12-15 15:28
日本語⇆英語の習得は難しい!
at 2017-12-13 11:26
やっ、やばい…
at 2017-12-12 13:13
こういう道もあるのかぁ
at 2017-12-10 11:16
4つ終わって、あと残り4つ!
at 2017-12-09 11:10

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

記事ランキング

メモ帳

   にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

夕焼け・朝焼け、雲などの空模様の写真満載の私のもう一つのブログです。
Mystica Caelum

アメリカのギフテッド教育、主にレンズーリ教授の提唱する全校拡充モデル(SEM)について紹介されているブログです。
EmbracingGiftedMinds

親バカコーナー 😊
2015 ARML
a0332222_07545094.jpg
a0332222_06213436.jpg
AIME '15
a0332222_06281821.jpg
AMC12 '15
a0332222_06570886.jpg
AMC12 '15
a0332222_06531787.jpg
MATHCOUNTS
National '14
a0332222_06311300.jpg
a0332222_06312311.jpg
MATHCOUNTS
State '14 個人戦
a0332222_06313237.jpg
AMC10
a0332222_06315148.jpg
AMC8
a0332222_06314196.jpg
CTY SAT MATH
a0332222_06215768.jpg
Flag Counter

ブログジャンル

子育て
教育・学校

画像一覧