アメリカに住む数学をこよなく愛する16歳のmath kid∫の日々の出来事を綴っています。∫の夢は将来大学の数学教授になること。13歳から本格的に地元の州立大学で数学のコースを受講し始めました。 


by あーちゃんママ

プロフィールを見る
画像一覧

もはや呆れてものも言えません(追加報告)

一つ前の記事、「もはや呆れてものも言えません」のその後の報告であります。


この日(昨日)は午後からずっとこの責任者のコールバックを待っていたので
すが、結局電話はかかってきませんでした。(Typical! ┐( ̄ヘ ̄)┌)


こちらから電話したものの、MAAは東海岸にあり、時間差の事を忘れていた
為、すでにオフィスは閉まってました。(汗)


で、次の日の朝(今朝)一番にこちらから電話をかけたのですが、又、受付の
人が「責任者は今、忙しくて手が離せないので、折り返し電話します。」と言
ったのだけど、昨日も同じような状態で散々待たされているので、それを聞き
ちょっとムカっ💢と来てしまい、


「昨日も同じ事言われて待っていたけれど、結局彼女から電話はかかってこな
かった。この件に関しては私もかなりうんざりしていてるので、今日で完全に
決着をつけたい。 必要ならば責任者が電話に出られるまで待つので、電話を
通してくれ!」


と怒った口調で強く要求し、保留の状態で待っていたら、なにが、ものの3分
くらいで責任者は電話に出てきましたよ! (Typical! ┐( ̄ヘ ̄)┌)


(アメリカではよく「のちほど連絡します。」とか言ってその場逃れをして、
その後そのまま何も連絡をよこさず、放置されたままにされる事が結構あるの
で、その場から逃れず対処することが肝心なんですよねぇ。)


彼女の話によると、アシスタント(当初、パパと何度もメールのやりとりを
していて、事あるごとに間違いを繰り返していた人)がこれまでの事情をある
程度把握しているはずなのに、又、∫の別のコンテスト(AMC10)のデータに
アクセスして、間違った情報の表彰状を送ってしまっていたという事でした。

(-_-;*)


メールでもあれほどこちらが、

「ITがまだ∫のAMC12のデータをシステム(コンピューター)に入力してなく、
サーチして出てくるのは別のコンテスト(AMC10)のみだから、システムを
頼らないように!」


と、口を酸っぱくしていっていたのにもかかわらず、どうやら又、以前と同じ
間違いをして、コンピューターを頼ったらしく、こう言っちゃ失礼ですけど、
世の中にはこういう「よく物事を考えずにただおもむろに作業をする人」が
結構多くてびっくりしてしまいますよぉ。


とりあえず、責任者は今度は自分自身できちんと情報を確認した上で、新しい
表彰状を送り直してくれるということで、一応この問題は(現在の時点では)
どうにか解決したのですが、いやいや、実際、送られてきた表彰状を手にして
確認するまでは安心は出来ません。


しかし、いつも思うのですが、アメリカという国はこちらが少しでも腰の低い
姿勢を見せると、それを素早く察知して、どんどん強行的にずかずかと踏み倒
してくるようなrudeな態度になるので、甘く見られない為にもしっかりとした
アサーティブな姿勢で対処していかなければなりません。

(push overにならないように気をつけなければ。)


私もこちらに来たばかりの頃は、このアサーティブネスさが欠けていた為、
あやうく操作されそうになったり、利用されそうになったり、見下されたり
した事も結構あったりしたんですよね。


この国では常識(と思える事)がまかり通らず、逆に非常識や理不尽、非論理的
な事が平気でまかり通るような事も多いので、本当に疲れます…


いつもブログを訪問頂きありがとうございます。

ランキングに参加しています。
お帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ


[PR]
# by mathdragon | 2015-06-06 05:23 | Math (数学)

もはや呆れてものも言えません

こちらの「マジでキレましたヾ(怒#゚Д゚)p」の過去記事を最後に、これまでの
すべての問題が解決し、もうこの先、MAA (Mathematical Association of
America)に対しての愚痴は書くこともないだろうと思っていましたが、なにが
なにが、さすがここはビジネスやサービス業務関係の取り扱いがかなりいい加減
でズサンなアメリカ、安心したのが間違いでした。(汗)


上記のリンク先の過去記事でもお伝えしましたように、(詳しくはそちらの方
をお読みください。)先週、AMC(American Mathematics Competition)
部門の担当責任者と話をして、(というより苦情をぶちまけて。笑)やっとの
事、遅れていた∫の表彰状を自宅まで郵送してくれるというところまで事は運び、
後はそれらが到着するのを待つのみというところでした。


そして、今日の午後、遂に待ちに待った表彰状が配達され、∫は少し大きめの
その封筒を興奮気味に慎重に開け、しわをつけないようにそっと2枚の表彰状
を取り出したのでした。


はぁ〜、遂に表彰状を手にし、これでやっとほぼ全ての問題が解決したぁ〜
と胸をなで下ろしていたのもつかの間、表彰状を手にとって見ていた∫がいき
なり大きな声で、

「これ、Cirtificate of Achievementの方、間違っているよ! AMC12
あるべきなのに、AMC10 (American Mathematics Contest 10)
書いてあるのを送ってきてるよ!」

と叫んだではありませんか!


見てみると、本当だ! ( ; ゚Д゚)

しっ、信じられない…(いや、もう、ここまでくればあり得る話だわ。汗)


a0332222_07260525.jpg


責任者と話した時、あれだけ∫が受けたのはAMC12だと、何度も念を押して確認
したのに、(責任者自身、”まだ9年生でAMC12を受けAIMEの資格を得るとは
とてもimpressive!なんて言ってたくせに!)どうして又、何度も同じ間違いを
繰り返すか〜?と、もうイライラを通り越して呆れてものも言えない状態になっ
てしまいましたよ。

(ここまでくると妙にこっけいで、笑ってしまえるくらい。苦笑)


幸い、もう一つのAMC12受験者の中でトップ5%に与えれらる、Cirtificate
of Distinction(これを得ることで同時にAIMEの資格も証明される)の方は
何も問題なかったのでよかったですが。


それにしても、責任者は電話では「名前を特別にかっこいい字体で書きますね!」
とか言っていたくせに、なにこれ、何だか慌ただしくシャーピーかマーカーで
なぐり書きしたような字じゃない! ( ̄^ ̄)


a0332222_07261627.jpg


a0332222_08150400.jpg



これを見て早速、MAAに電話をかけたのですが、私が話をした(事情を心得て
いる)責任者はその時ちょうどミーティング中だったので、それが終わり次第
こちらへ連絡をくれるようにメッセージを残し、この記事を書きながら彼女
からの電話を待っている最中であります。

もう、本当に呆れてしまって、今回は前回みたいに

(# `)3')▃▃▃▅▆▇▉ブォォォォ


って、火を吹く気力もありませんよ。

とりあえず、電話がかかってきたらきちんと正しい情報が記入された表彰状を
再度送ってくれとリクエストするつもりです。


しかし、今回の件で私、悪いですけどMAAに対する見方が変わりましたよ。


「数学コンテストを通して、生徒の”problem solving”のスキルの促進を目ざし
てしている」やらなんやらの謳い文句を唱える傍ら、コンテスト部門のスタッフ
がごくシンプルなコモンセンス的な"problem solving”のスキルに欠けていると
いうところが、何やらアイロニーを感じて仕方がありません。


とりあえず、やっと表彰状が手にできたのはよかったですが、まだまだこれから
もこの件に関して対処していかなければなら感じがして、本当に憂鬱です。


いつもブログを訪問頂きありがとうございます。

ランキングに参加しています。
お帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ


[PR]
# by mathdragon | 2015-06-05 08:19 | Math (数学)

ちょっぴりがっかり…

ARMLも無事終了し、今週は∫は残りBiologyのみとなった期末試験勉強の傍ら、
毎日、午後から学校に数学のチュータリングのボランティアしに出向いています。

人に数学を教えることに喜びを感じる∫は、この活動をめちゃくちゃ楽しみに
していて、先週はARMLの為にラスベガスに発つ前日の日ギリギリまでやって
たくらい。


その日は∫が担当することになっていた例の生徒との初めてのセッションという
事で、予め数学の先生に許可をもらい、この生徒の現在のレベルを知るための
「アセスメントテスト」を自分で作成し、彼にそれをやらせたとの事でした。

(念の為に事前に先生にそのテストをチェックしてもらったら、先生はとても
感心して、”excellent!”と褒めてくれたと喜んでました。)


この8年生の生徒、彼のお母さんの話では一般に算数、数学に関心があるみた
いではあるものの、これまではその中でも自分の興味のあるトピックをほぼ
自己流に学んできたらしく、ミドルの間はまぁ、何とか学校のクラスもそれな
りにこなしてきたみたいではあるものの、Algebra Iでつまずいてしまっている
らしく、∫としては指導に入る前に実際の彼のレベルを把握し、そこから指導
のプランをたてたいという事で、今回、アセスメントテストを受けてもらった
ようであります。


結果としては、やはり自分の好きな部分だけ自己流に学んできた為か、基礎的
なPrealgebraの分野においても充分概念を把握していない部分がかなりあった
という事で、(Algebra Iで壁にぶつかってしまってるのが理解できるそう。)
まずはそちらの方から徹底的にやり直しが必要だと感じたそうです。


で、次回から本格的指導をするために、∫はARMLやら期末試験の勉強やらと
自分でも忙しい中、この生徒の為にレッスンプランをたてて、指導の日の為に
一生懸命準備をしていました。


そして数日前にその日がやってき、胸をワクワクさせながら学校へ行くと…

その生徒はノーショーだったではありませんか! (「・ω・)ドコ?


先生に聞いても理由がわからなく、彼の母親はわざわざ∫を指定してき、うち
のパパとも長い間色々と電話で話をしていたというのに…

心配していた∫に、

「もしかしたら急に用事が出来たのかもしれないね。明日は来るかもしれない
から、あまり心配しないようにね。」


と言ったものの、彼の母親の話からすると、(そして母親自身の超放任主義的
育児スタイルから)彼はそれがたとえ重要な、又は必要な事であろうとも、自分
が興味関心がないと全くやる気がないタイプらしく、又、母親の方もそういった
回避的な態度や姿勢を見て見ぬ振りして容認するタイプのようなので、アセス
メントの結果から(面白くない〜!)と思って個人指導を受ける事をやめたの
かもしれませんねぇ。


結局、この生徒はその後2日目も、3日目も来ませんでした。

これから先も多分、来ないでしょう。

∫は、

「もしかしたら自分のアセスメントテストが彼の意欲を減少させてしまったの
ではないか?」 (´・ω・`)


と、ちょっぴりがっかりしているのですが、でも最初のテストの結果が悪かった
と言って、これから必要なタスク(数学の勉強)にそんなに簡単に背を向けて
いちゃ、これから先が苦労しますよぉ〜。

「本格的にAlgebraに入る前の今、きっちりと基礎をやっておくべきなのに。」

と、∫も非常に残念がっています。

まぁ、でもこればっかりは仕方がないですねぇ。


この生徒を受け持つ必要がなくなった今は、毎日違った生徒の指導にあたって
いるらしく、ある時はジュニア(高校11年生)にAlgebra IIを教えたり、ある
時はシニア(高校12年生)にPrecalculusを教えたりと、バラエティを楽しん
でいるようであります。

まっ、こんな感じで毎日とても楽しんでいるようなので、いいんじゃないかと
思います。

ちなみに、こちらが∫自作のPrealgebra/ Algebra Iのアセスメントテストです。

最初のページの説明のあたりまで細かく作成するところが相変わらず∫らしく
って笑えます〜。

(昔からこういうところは変わってないな。)

a0332222_13273022.jpg


a0332222_13351049.jpg
a0332222_17215148.jpg

a0332222_13351970.jpg
a0332222_17220040.jpg
a0332222_13352731.jpg
a0332222_17221521.jpg

こういうコンテストやテスト問題を考えて作成するのが大好きなようで、
いつも自由時間に色々と作ってますよ。(笑)


いつもブログを訪問頂きありがとうございます。

ランキングに参加しています。
お帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
# by mathdragon | 2015-06-04 13:41 | Math (数学)

Stratosphere Towerの展望台

土曜日の午後にARMLを終えホッと一息ついたその日の夕方、ちょっとした
Las Vegas見物を楽しもうという事で、私たちは今回滞在したStatosphere
いうホテルに隣接した、ベガスの景色が一望できるTower Observation Deck
(タワーの展望台)を訪れました。

*ちなみにいつものようにこちらにも同じ写真を大きめにアップしています。



a0332222_12123614.jpg


a0332222_12155774.jpg


a0332222_12154747.jpg


a0332222_12161053.jpg


a0332222_12170510.jpg


a0332222_12162039.jpg


a0332222_12164354.jpg



ここにはいくつかアトラクションがあるのですが、どれも見ているだけで
怖くておしっこちびりそうになりましたよー!(((( ;゚Д゚)))


a0332222_12171628.jpg



a0332222_12165342.jpg


このアトラクションは高層の空中を宙ぶらりんでシーソーみたいに動き、
気持ち良さそうな気もするんだけど、でもやっぱり怖すぎます〜!

a0332222_12163207.jpg


a0332222_12172566.jpg


a0332222_12174916.jpg


a0332222_12173951.jpg


a0332222_12175999.jpg


a0332222_12180744.jpg


a0332222_12183031.jpg

夕陽の中で物思いに耽るパパと∫。


a0332222_12183998.jpg


a0332222_12191974.jpg


a0332222_12190911.jpg


最初はオレンジ色だった夕焼け空が、次第にピンク色に変わっていきました。


a0332222_12193182.jpg


a0332222_12194234.jpg


a0332222_12201488.jpg


a0332222_04494466.jpg



a0332222_12195965.jpg


飛行機雲を撮っているパパ。


a0332222_12184909.jpg


日が沈んで周りがすっかり暗くなった後、今度はインドアの展望デッキに
行ってみました。


a0332222_12204969.jpg


a0332222_12203619.jpg


アウトドアは限られたスペースしか出ることができないのですが、こちらの
インドアの方はガラス越しにベガスの風景がぐるりと360度見渡せます。


窓際にはソファーやテーブルが置かれているので、ゆっくり座ってリラックス
しながら風景を楽しむことができます。

私のカメラは安物なので、夜景がうまく撮れない…

a0332222_12214160.jpg

こちらはパパのカメラで写したもの。

実際の景色(明るさ)が忠実に再現されています。


a0332222_12215603.jpg


私のカメラ。


a0332222_12221396.jpg

パパのカメラ。


a0332222_12222678.jpg

私もいいカメラが欲しいよぉ〜! ・゚・(ノД`)・゚

a0332222_12224244.jpg


a0332222_12225767.jpg


a0332222_12231282.jpg


a0332222_12232729.jpg

ラスベガスのきれいな夜景を楽しむことが出来ました。


いつもブログを訪問頂きありがとうございます。

ランキングに参加しています。
お帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
# by mathdragon | 2015-06-03 13:03 | Family Outings

ARML (数学コンテスト)'15

このブログを長年読んでくださっている方達にはもうすっかりお馴染だとは思う
のですが、とりあえず、まずARMLとはなんぞや?を簡単に説明しますね。


ARML (American Regions Mathematics League)

The American Regions Mathematics League's annual competition
brings together the nation's finest students. They meet, compete
against, and socialize with one another, forming friendships and
sharpening their mathematical skills.

Since its inception in 1976, ARML has snowballed, burgeoned,
and mushroomed into a national program, involving almost 2000
students and teachers from every state. Simply put, ARML is
the World Series of mathematics competitions.



The American Regions Mathematics League is an annual, national
high school mathematics team competition held simultaneously
at four locations in the United States: the University of Iowa,
Penn State, UNLV, and the newly added site of the University of
Georgia.


ARML is a prestigious, national math tournament that is often
called the "World Series of Mathematics Competitions". Teams
consists of 15 members, which usually represent a large
geographic region (such as a state) of a large population center
(such as a major city). Some math and science magnet schools,
such as Thomas Jefferson High School for Science and Technology,
VA, and the Academy for the Advancement of Science and
Technology (AAST), NJ, also field teams. The competition is held
on the first Saturday after Memorial Day.


As of 2014, over 150 teams competed with around 2000 students.

ARML problems cover a wide variety of mathematical topics including
algebra, geometry, number theory, combinatorics, probability, and
inequalities. Calculus is not required to successfully compete any
problems, but may facilitate solving the problem more quickly or
efficiently. While part of the competition is short-answer based,
there is a cooperative team round, and proof-based power question
(also completed as a team). ARML problems are harder than most
high school mathematics competitions.

(ARML Wikipediaより)



この高校生を対象とした年に一度の数学の祭典とも言われる全国規模のコンテスト
は、毎年、メモリアルデイウィークエンドのすぐ後の週末に全米で4箇所に分か
れて開催されていて、私達の住むネバダ州はUNLV (University of Nevada,
Las Vegas)が指定地となっています。

の4大学)


コンテストの形式は以下の通りです。


・A team round    チーム全員が協力し合って解くラウンド
            

・A power question  チーム全員が協力し合って解く。このラウンド
             では”証明””説明”などを書かなくてはならず、
             高度な数学の能力が要求される。
            
・An individual round 個人戦。 


・A relay        チームリレー戦。
             15人のメンバーが3組に分かれ、最初のグループ
             が解いた答えを次のグループに渡し、その答えを
             次のグループが自分たちの問題に挿入して新たな
             答えをだし、その答えを引き継ぎ次のグループに
             伝え...というリレーで問題を解くラウンド。
             
            (最初のグループの答えが間違っていると、その
             時点で全滅してしまうことになりますよねぇ。汗)


コンテストの1日目はteam round とpower question(どちらもチームで
協力して問題を解く)で、2日目が個人戦とリレー戦という形になっています。


こちらはコンテスト第1日目のチーム戦の試験を受ける為、メンバー達が会場
に向かっているところ。


a0332222_11521438.jpg


a0332222_11571397.jpg


a0332222_17101027.jpg


さぁ、皆んなで知恵を絞りあって協力して問題を解きましょう!


a0332222_11551381.jpg


a0332222_11490421.jpg


そしてこちらが2日目の個人戦とリレー戦の様子です。

これらのコンテストはキャンパス内のStudent Unionの中にある大きな
ホールで開かれ、各チームが一斉に集合しました。



a0332222_12074172.jpg



a0332222_11574693.jpg


a0332222_11573532.jpg

ランチブレイク。


a0332222_11580645.jpg


カリフォルニアのベイエリアからは去年、Mathcountsの全国大会で一緒だった
(そして彼は全米のチャンピオンだった)S君や、Berkeley Math Tournament
などで仲良くなったFさん、そしてラスベガスからはこれまた去年、Mathcounts
の全国大会でネバダ州チームを組んだ∫以外の3人も参加していて、やっぱりこう
いう大規模なコンテストではかなり広い範囲の地域の仲間達と会うことができる
ので素晴らしいですよねー!

こちらの記事で出てきたA君のお母さんもA君の応援にやって来ていたので、親
の私たちも再会し、近況報告をしあったりすることが出来ました。


何だかこんなふうに、普段なら知り合う機会さえないであろう幅広い地域の仲間
や親達と交友関係を深める機会がもてるなんて、考えるとスゴイ事だなぁと思い
ますよ。


a0332222_11575613.jpg


さて、結果の方ですが、なんと今年はNorthern Nevada Math Clubチーム
は彼らの所属するDivision B (DivisionはAとBに分かれている)で、全米で6位
という好成績をあげ、今年初めて表彰盾と賞品を獲得することができました!


初めてARMLに参加した一昨年の2013年が55チーム中30位、去年の2014年
がぐ〜んと向上して54チーム中、9位、そして今年が6位と、毎年着実にランク
があがっていっていて、今回は特に難問が多かったとのこともあり、(参加者
達の多くが”今年のARMLはbrutalだったー!”と言っていたそう。)メンバー達
皆、今回の好成績にものすごく喜んでいました。


メンバー各自が表情盾と賞品の数学関連の書籍をもらいました。


a0332222_09091037.jpg


a0332222_11585053.jpg


a0332222_11590106.jpg


本の中身はこんな感じで、ちょっと高度な数学のセオリーなんかが書かれて
います。

a0332222_11592621.jpg


a0332222_11593763.jpg


去年は新学年度が始まってからすぐにクラブ活動を始めたという部分もよかった
のではないかと思います。

北ネバダ数学クラブの創立者で、コーチでもあるSさんも今回のアチーブメントに
大喜びで、「来学年度も学年開始とともにクラブ活動を開始する」と張り切って
いるので、∫も喜んでます。

皆んな毎週日曜日の午後、雨が降っても雪が降っても炎天下の中でもひたすら
クラブ活動に顔をだし、数学の練習に励んだ甲斐があったというものですよね〜。

(これこそ、好きだから出来るんでしょうが。)

来年もこの調子で頑張れ〜!


おめでとう!Northern Nevada Math Clubのチームメンバー達!


a0332222_11581766.jpg

最後に。

ARML Shopで∫のお土産として買ってあげたARML T-shirtと過去問題集。
鮮やかなオレンジ色が目に眩しい。

a0332222_11582840.jpg


a0332222_11583798.jpg

a0332222_11591377.jpg

いつもブログを訪問頂きありがとうございます。

ランキングに参加しています。
お帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
# by mathdragon | 2015-06-02 13:01 | Math (数学)

ただ今、帰りました〜!

今週末の2日間に渡ってラスベガスで開催された高校生対象の数学コンテスト、
時間のドライブの末、少し前にやっと帰ってきました〜!

この数日間と言うものベガスはかなり暑く、土曜日なんぞ日中の最高温度が39℃
ほどあり、普段はカラカラに乾燥しているのでそれでもまだ耐えられるのですが、
なぜかここ数日は妙に雲も多く湿気があり、暑いはジメジメするはで不快感を感じ、
身体がしんどかったですよ〜。

コンテストの様子については後日、またゆっくりと報告したいと思うのですが、
ここではリノからベガスまでの道中の風景の様子などを少しアップしておきます。


リノを出発した時などまだかなり涼しく、リノーベガスの中間地点くらいの山々
にはまだかなりの雪が見られたのですが、そこから数時間ドライブすると途端に
暑い砂漠地帯に突入し、同じネバダ州内なのにあまりにも風景が極端に違って
いるのに何やらびっくりしてしまいました。


a0332222_15203777.jpg


a0332222_15204704.jpg


a0332222_15210019.jpg


a0332222_15213137.jpg


a0332222_15214145.jpg


a0332222_15214930.jpg


a0332222_15215866.jpg


a0332222_15220635.jpg


a0332222_15221558.jpg

今回はちょっとDeath Valleyに寄り道をしながら行ったので、ベガスに着くまで
10時間ほどかかってしまった。(汗)


a0332222_04591690.jpg

(直行だと7時間〜8時間くらい)

Death Valley付近の景色。


a0332222_15502357.jpg


a0332222_15495944.jpg


a0332222_15501030.jpg


a0332222_05055460.jpg


a0332222_15503207.jpg


a0332222_15505614.jpg


a0332222_05060980.jpg

途中できれいな夕焼けも見ることができました。


a0332222_15511435.jpg


a0332222_15510507.jpg


a0332222_15512806.jpg


a0332222_05000090.jpg

a0332222_15513983.jpg


a0332222_15514812.jpg


a0332222_15515667.jpg


a0332222_05005613.jpg

やっとベガスに到着したのかなり夜遅くになってしまいました。


a0332222_15520408.jpg


a0332222_15521116.jpg


コンテストの様子は次回に続きます…


いつもブログを訪問頂きありがとうございます。

ランキングに参加しています。
お帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ


[PR]
# by mathdragon | 2015-06-01 15:59 | 風景・空模様

ただ今、ARML(数学のコンテスト)のまっ最中!'15

ただ今、私達は、ARML (American Regions Math League)の全国
大会へ参加する為、Las Vegasに来ています!

Vegas, Baby! 

a0332222_17005373.jpg


コンテストは金、土と2日間に渡ってUniversity of Nevada, Las Vegas
(UNLV)で行われる予定で、1日目の今日はチーム戦で、北ネバダ数学クラブ
のメンバー達皆は、お互い協力しあってコンテストに挑みました。

さすが、ベガスとあって、ネバダ大学ラスベガス校(UNLV)の大学のサインも
ラスベガス風。

a0332222_17071906.jpg

キャンパス内のコンテスト会場に向かうチームメンバー達。

a0332222_17101027.jpg

今年も中国やベトナムなど、海外から遥々遠征して参加しているチーム
がいましたよ。

a0332222_17111690.jpg


明日は個人戦とチームリレー戦などがあり、特に∫は個人戦をすごく楽しみ
にしています。

(今日のコンテストで疲れ切った∫は、ブログを書いている私の横で、大きな
イビキをぐ〜すかかいて寝ています!笑)

詳しい様子は、又帰ってゆっくりしたいと思いますが、とりあえずちょっと
した途中報告でした。

では。

(それにしてもVegasは💩暑くて、身体にこたえます〜。汗)


いつもブログを訪問頂きありがとうございます。

ランキングに参加しています。
お帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ


[PR]
# by mathdragon | 2015-05-30 17:24 | Math (数学)

マジでキレました ヾ(怒#゚Д゚)p

たった今、電話を切ったばかりのところです。☎Σ⊂(-ω-∩) チンッ!

普段は仏のような私も(ほんまか?)さすがに今日という今日は、もう本当に
久々にマジでキレてしまいました。


∫が今年の2月にAMC12(数学のコンテスト)を受験し、その結果次のステップ
であるAIMEの受験資格を得たにもかかわらず、コンテスト機関であるMAA
不注意な落ち度の為、それがHPの統計ページやシステムに反映されず、関係者
達とのすったもんだのやりとりの末、何とかギリギリの状態で最終的にAIME
を受ける事が出来たという話を以前の記事でお伝えしました。

(事の起こりを一から説明する暇も気力もないので、細かい経緯はこちらの過去
記事を読んでいただけるとありがたいです。)



その時はとりあえず∫も何とか念願のAIMEを受験することが出来たし、(結果
の方は初めての受験にしてはまぁ、それなりに満足いけるスコアだったそう)
その時話をした関係者の話では、∫の名前やスコアなどの統計はAIMEの採点が
全て終了し、最終的な統計が出た後でアップデートされる予定だと言う事だった
ので、その後様子を見ていました。


それから何週間経っても∫の統計は一向に更新されず、普通だったら4月末か5
月の始めに受け取るはずの表彰状も学校に送られてきていない事を不審に思い、
今度はしびれを切らしたパパがMAAのコンテスト関連のスタッフにこの件に
ついてメールで問い合わせたのでした。


が、返って来たメールの内容は何やら逃げの姿勢や言い訳がましいことばかりが
書かれていて、(パパが直接質問を問いかけても、”責任者に聞かないとわから
ないので後ほど連絡します”と返事したまま放置されたりなど。)パパと関係者
達の間で延々と数週間にわたって非生産的なメールのやりとりが繰り広げられて
いて、普段から気短なパパはイライラのマックスに達する寸前でした。


そんな中、今日やっと最新の情報を含むメールを受け取ったようで、その内容に
よると、∫はCertificate of Distinction (Top 5% /AIME qualifier)Certificate
of Achievement (high scoring students who are in 10th grade or below.)
2つの賞を受賞したにもかかわらず、Certificate of Distinctionのみが与えられる
いったような事が書かれていたそうなんですよ。


どうして片方しかもらえないのか、その理由もはっきりと書かれてませんでした。


そしてメールには名前の部分がブランクの表彰状のPDFファイルがアタッチさ
れていて、いかにも、

「これが表彰状です。後はプリントアウトして自分で名前を書いてください。」


とでも言わんばかりのジェスチャーに、それまで冷静だった私も腸が煮えくり
かえるほどの怒りを覚え、気がつくとすでに受話器を手に取りMAAの番号を
押してましたよ!


パパがメールでやりとりをしていたのはコンテスト部門のスタッフの一人だっ
たようで、メールのやりとりを全て一部始終チェックした限りでは明らかに
彼女が「incompetent」(すみません、でも本当のことなんだもん!)だと
感じたので、今回をもって全ての問題を解決する覚悟だった私は、彼女の上
の責任者に代わってもらいました。


電話に出たきたその責任者は、私が一から(ムカつく気持ちをコントロールしながら
も)冷静にこれまでの経緯を説明しているにもかかわらず、最初から防御的、
いやどちらかと言うと攻撃的な態度と嫌味ったらしい声のトーンで言い訳がま
しい事ばかり並べたててきたのに私の怒りが更に炎上したではありませんか!


その後は私の方もかなり怒りのこもったキツイ口調で、この責任者に「なぜ未
だに事が処理されていないのか、そしてこの先、これらの問題点を具体的にどの
ように解決していくのか」などの答えを強く要求しましたよ!

もう、まさにこんな感じ。


(# `)3')▃▃▃▅▆▇▉ブォォォォ


最初は攻撃的でとても態度が悪かったその責任者も、私の断固として彼女の
威圧的な態度に屈しない口調や態度にだんだんと彼女自身の態度が変わって
行き、それからは今までとはうってかわった腰の低い態度で「Yes, ma'am」
を連発し始めたのには呆れましたよ。


彼女の話では、∫の名前やスコアなどの統計がHPに更新されていないのも、
未だに表彰状が学校へ送られていないのも、全てはスタッフ側の落ち度で、
(解答用紙を紛失し、見つけて人間が採点したのでシステムの入力がきちん
と出来ていなかったらしい。)その事に対して深く謝罪をしてくれました。


結末を言いますと、最終的には誤解が解け、∫はCirtificate of Distinctionと
Certificate of Achievementの両方の賞を受け取ることができる事が明らか
となり、(この責任者によりますと、当初、後者の賞がもらえない理由と言
うのが、”∫の解答用紙の学年を記入する部分が空白だったので、学年がわか
らなかった”ということですが、∫に聞くと”きちんと何度も見直したけど、き
ちんと全て書き込んでた!”と本人は主張。最終的には学年の確認ができた。)
その責任者は当初とは手のひらを裏返したように親切な態度で、


「本来ならば表彰状は学校へ送るのですが、こちらで∫君の名前をきれいに書
いて(通常ならば名前の部分は空白で、学校側が埋めるらしい)直接自宅に
速達で郵送させてもらいます!」

ときたのにはちょっとびっくりしましたよ。


最初とえらい態度が違うやんかぁ〜!

と思いましたよ。

残念ながらSchool Winner Pinの方は、∫がトップスコアだったにもかかわらず、
学校での参加者数が少なくてMAAのポリシーに当てはまらないらしく、残念
ながら今回はもらえないそうです。

(∫は来年はできるだけコンテスト参加者を募って、学校で一番になってピンを
もらうぞ〜!と張り切ってますが。笑)


統計の方も現在はちょうどIT担当がバケーションを取っているので、彼が戻り
次第更新するとの事で、とりあえずこの問題は一件落着したのであります〜!


はぁ〜、それにしても全米でも由緒ある数学のコンテストを提供している機関
であろうと言うのに、MAAの業務関連のスタッフの質は本当にイマイチで、
本当に大丈夫かえぇ?って心配になりますよ。

(メールや電話のやりとりしててもコモンセンスやロジックに欠けるスタッフ
が多くて唖然としてしまう…)

とりあえず、何とかこれで∫が表彰状をもらえる事が出来るので良かったです。

(ちなみに私がこの電話をしている時、パパは∫を今日から開始した数学の
チュータリングの為に学校へ連れて行ってていなかったのですが、帰ってきて
まだ私がこの責任者と話しているのを聞き、「ドラゴンが火を噴いてるぞ〜!」
なんてふざけて言ってましたが。

こんな感じ?

(# `)3')▃▃▃▅▆▇▉ブォォォォ


いつもブログを訪問頂きありがとうございます。

ランキングに参加しています。
お帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ


[PR]
# by mathdragon | 2015-05-28 10:51 | Math (数学)

AP Englishへのモチベーションが高まる!

∫がこの先、UNR (University of Nevada, Reno)で取りたいと思っている
数学のコースの中に「Mathematical Modeling」と言うのがあるそうなの
ですが、

(ちなみにこちらがそのコースの概要)
 ↓

MATH 420- Mathematical Modeling (3 units)

Formulation, analysis and critique of methods of mathematical
modeling; selected applications in physics, biology, economics,
political science and other fields.


III. Major Requirements, Applied Mathematics Specialization (38 units)



調べていてわかったことらしいのですが、↑にありますように、ネバダ大学の
応用数学専攻の必須科目でもあるこのコースをとる為には、prerequisitesと
して数学を含む、それ以外のある一定の教科のコースを修得している事が必要
なようなんですよ。


これらがそのprerequisitesであります。

MATH 283R (Calculus III) with a "C-" or better

MATH 352 (Probability and Statistics) or MATH 461
 (Probability Theory)

CH 201 (Ancient and Medieval Culture) or
 CH202 (The Modern World) or
 CH 203 (American Experiences and Constitutional Change)

ENG 102 (Composition II)

⑤Junior or Senior standing

以上、これらの5つのカテゴリーを全て満たしている事が条件。


このコースを取るためには数学のコースに加え、指定された社会学や英語の
コースも修了している事が条件のようで、それまで大学で数学以外のクラス
を取ることを考えていなかった∫は、この目の前に立ちはだかった新たな
チャレンジに、(ちょっ、ちょっと待ってよ〜)002.gifと、少しばかり気持ち
が萎えてしまったのでした。


が、とりあえず各項目を一つずつチェックしてみたのですが、まず①のカテの
MATH 283R (Calculus III)は今学期終了したので✔︎。

②のカテにおいても8年生のサマーコースでMATH 352 (Probability and
Statistics)を修得しているので、こちらの方も✔︎。


問題は③と④のカテで、特に③のカテでは社会学のコースにおいて上記の3つ
のコースからどれか一つを修得していなければならないのですが、これらのい
ずれのコースを取るにしてもprerequisiteとしてENG 102ENG 114
英語のクラスを取り終えている必要があり、そのENG 102を取る為にはまず
ENG 101が必要で…と言った具合に、後をたどっていたらあれこれ取らなけ
ればいけないクラスがいっぱいあるやんか〜っと、かなりくじけそうになって
いましたよ〜。


が、それから又、UNRのポリシーなどを更に調べていってみると、どうやら∫
が来学年度(10年生)取る予定のAP English and Language Composition
の試験で4か5のスコアを取ることができたら、ENG 101とENG 102のどち
らものクラスの単位として認めてくれるみたいで、この2つのコースを受けな
くてもよくなるみたいなんですよ〜!


というわけで、ぐだぐだと長い説明になりましたが、早い話が来年取る予定
のAP Englishのカレッジボードの試験で4か5のスコアを出せば、④のカテ
の条件も満たすし、そのまま社会学のコースも取ることができるので、それ
さえ修了させればこのMathematical Modelingのコースも取れる!という
わけなのであります。


この事を知って∫は「AP Englishの試験で絶対、4か5のスコアを取るぞ!」
って、ものすごくモチベーションがアップしてましたよ!

本人の計画では、

・9年生の夏休みーDifferential Equations
・10年生の秋学期ーIntro to Analysis I
・10年生の春学期ーIntro to Analysis II
・10年生ーAP English test score 4 or 5
・10年生の夏休み-CH 203(American Experiences and Constitutional
 Change)&何らかの数学のコース(コース名は未定)
・11年生の秋学期ーMathematical Modeling

と言うことらしい。


ただ一つ気にかかるのが、⑤のカテでこのコース(Mathematical Modeling)
は通常大学のジュニアかシニア対象とあり、ジュニアはジュニアでも高校の
ジュニア(3年目)なんですけどいいですか〜?って感じになりそうです。(苦笑)


∫は高校に入学した時点で大学のフレッシュマンの数学のコースを取り始めて
いるので、(あっ、基礎レベルのCalculus I & IIはスキップが許可されたの
ですが。)このままのペースだと高校を卒業する頃には数学の専攻必須科目の
ほとんどの単位を修得してしまうことになりそうで、そうなると大学1年生で
graduate level(修士課程レベル)のコースに進むことになるのだろうか?
などと思ったり…


あっ、でも実際行く大学でこれらの単位が認められるかどうかもわかりませ
んし、とりあえずは自分の興味のある分野や、未知の分野のコースを色々と
とって、自分の専門分野を開拓していけばいいのではないかと思います。


こんなふうに、数学に関して足踏みすることなく、自分が望むならどんどん
先に進める学習環境にいられるのは本当に素晴らしい事だと思います。


いつもブログを訪問頂きありがとうございます。

ランキングに参加しています。
お帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
# by mathdragon | 2015-05-27 09:57 | High School

私も頑張らにゃ…

よそ様のブログを読んでいると、自分の怠慢さに情けなくなってしまう。

皆んなそれぞれの目標に向かって努力している姿が素晴らしいです。

私も何か学びたいとは思うのだけど、未だに何が学びたいかもよくわからない
状態なんですが、とりあえず英語の方はこれからもできる限り向上させて行き
たいという気持ちはあるので、そちらの方だけでも毎日少しづつ頑張って勉強
しようと思います。

と言うことで、先日、ネットで見つけたサイトで気が向いた時に(←これが
いかんわなぁ。苦笑)文法とボキャブラリーの練習をしています。




SAT Vocabとかもあるので∫にもやらせよっと!


いつもブログを訪問頂きありがとうございます。

ランキングに参加しています。
お帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
# by mathdragon | 2015-05-26 12:28 | 英語学習(目指せC2!)

カテゴリ

Introduction
∫の世界
Math (数学)
Gifted/2e
Japanese
High School
School Clubs
Tutoring/Mentoring
Academic/EC Records
University (UNR)
Community College
大学受験
Life Skills
Driving Practices
発達障害
教育・学習
脳科学・心理学
育児
Memories
Resources
Family
Family Outings
Outdoor Activities
日々の出来事
シニア大学生の準備
その他の学習
英語学習(目指せC2!)
私の事
∫パパ
風景・空模様
Wildlife
Favorites
Miscellaneous
テレビドラマ・映画
なんとなく思った事
意見の衝突など

最新の記事

エッセイ地獄
at 2017-10-22 13:35
ヘリ親に続いてヘリ社会?
at 2017-10-21 15:08
自分が信用できない
at 2017-10-20 14:17
ギフテッドと実在的危機
at 2017-10-19 09:25
警察官さん、ご苦労様です
at 2017-10-18 11:44

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

記事ランキング

メモ帳

   にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

夕焼け・朝焼け、雲などの空模様の写真満載の私のもう一つのブログです。
Mystica Caelum

アメリカのギフテッド教育、主にレンズーリ教授の提唱する全校拡充モデル(SEM)について紹介されているブログです。
EmbracingGiftedMinds

親バカコーナー 😊
2015 ARML
a0332222_07545094.jpg
a0332222_06213436.jpg
AIME '15
a0332222_06281821.jpg
AMC12 '15
a0332222_06570886.jpg
AMC12 '15
a0332222_06531787.jpg
MATHCOUNTS
National '14
a0332222_06311300.jpg
a0332222_06312311.jpg
MATHCOUNTS
State '14 個人戦
a0332222_06313237.jpg
AMC10
a0332222_06315148.jpg
AMC8
a0332222_06314196.jpg
CTY SAT MATH
a0332222_06215768.jpg
Flag Counter

ブログジャンル

子育て
教育・学校

画像一覧