アメリカに住む数学をこよなく愛する17歳のmath kid∫の日々の出来事を綴っています。∫の夢は将来数学の教授になること。13歳から本格的に地元の州立大学で数学のコースを受講し始めました。 


by あーちゃんママ

プロフィールを見る
画像一覧

意外に自己評価が低い

昨日、∫と何気に会話をしていて、ふとしたことから学校や数学クラブの仲間達、成績やテスト
などの話になり、これまではあまり聞くことがなかった、正直な胸の内を∫から聞かされ、何や
らちょっと、驚いてしまいました。

それらと言うのが…

他の子達を見ると、(特にコンテストや試験会場で出くわす子達)彼ら皆が、自分よりも遥かに
知的、学習能力、スキルに優れていて、いつも自分がビリになるのではないか?という気持ちに
駆られ、とてつもない不安感や恐怖感に襲われるらしいのですよ!


又、学校の課題や試験などで先生からAや高いスコア、ポジティヴなフィードバックをもらっても、
(自分のパフォーマンスは本当は大したことないのに、先生が評価の基準を下げて、自分の事を
過大評価しているんじゃないか?)などといった思いが常に脳裏によぎるらしいんです。


他の子と比べると、自分はこれといって著しいアチーブメントや功績があるわけでもなく、それ
なのに学校の関係者や先生たちに奨励されたり、認識の言葉をかけられたりすると、(自分はそ
れらに値するような実績など何もあげてないのに…)っと、後ろめたいような思いになってしま
うらしい。


そしてSATやACT、APなどのテストを受ける際なども、試験会場に行って周りの生徒を見ただけ
で、皆が自分よりも高いスコアを出すと感じてしまい、試験が終わった後でも、自分の回答が全
問不正解のような感じがして、最終的に提出するのを躊躇ってしまうそうなんですと!


いつもそう感じるわけではないとは思うのですが、でもこう言った思いが結構、頻繁に心に忍び
込んできて、たまに自分に対して自信を失い、劣等感や自己不信感などに苛まれるそうなんです。

いやぁ〜、これを聞いて私は正直、かなりびっくりしてしまった。


∫は小さい頃から心配性で、完璧主義なところもあり、不安感も強い子だったけど、でも中学、高
校と成長していく間に、大きな苦手部分もかなり克服し、得意の数学の分野においては(私にして
みれば)かなり著しいアチーブメントを遂げてきたと思うのですが、(MathcountsやAMCなど)
本人にしてみれば、また、違ったパースペクティヴで自分のことを見ているのでしょうかねぇ。


でも、それらは正直言って、かなり歪んだ基準で物事を見ていると思うのですが…

”他の仲間たちと比べて”って言っても、∫が所属するグループの多くの子たちがデイビソンの生徒
や、その他、数学を始めとし、その他のアカデミックの分野でも優れた子たちばかりなので、そう
いう子たちと比較したら、そりゃ、自分よりも遥かにレベルが上の子もいっぱいいるでしょうし。


SATやACTなどの試験に対する不安感も、これまで受けてきたこれらのテストの結果を客観的に
見たら、(ほとんどの数値が全米上位1%内)”全問不正解”、だの、”自分が一番、ビリのスコア”
だのと言った、非現実的な心配などする必要はないだろうにと思うんですがねぇ。


でも、そういう点が、ギフテッドの子によくありがちな、インポスター・シンドロームや、自己
に対する評価を低く見積もりがちな傾向の表れなんでしょうか。


あと、∫の場合は未だに試験に対する不安(test anxiety)がかなり強い感じがしますね。

(特に結果に対する不安)

自分でも冗談ぽく、

「普通の高校生とかだったら、ガールフレンドの妊娠検査の結果を見るのがすごく恐ろしかった
りするんだろうけど、僕の場合はカレッジボードでSATやらAPやらの結果をチェックするのが
ものすごく怖いよ〜〜〜!140.png

などと言っていて、吹き出してしまいましたが。 (;゚;ж;゚; )

やれやれ。(汗)


こういった気持ちなど、普段はあまり口に出さないので、まさかこんなことを思っているなど、
こちらも考えてなかったのですが、やっぱり腹を割ってじっくり話してみたら、色々と出てくる
ものですねぇ。

これらの話を聞いて、早速、∫に、私が過去にブログでリンクしたインポスター・シンドローム
や、ギフテッドの自己過小評価、test anxietyなどについての記事を読ませたら、(あるある、
そうそう、それ、もろ自分!)って顔して、コンコンうなづきながら読んでました。


これなんか、なかなか参考になる情報です。

子供もこの歳になったら自分でこういうのも読めるので、感情的なサポートとして、これからも
こういった記事を自分で読ませることにしよう。(笑)


とりあえず、いくつになってもこちらが気をつけて見てないと、色んな課題が忍び寄ってくるも
のだなぁと思い知らされたのでした。


これから大人になっても、又、今までとは違った課題も浮き上がってくることでしょうから、この
先、離れて暮らすことになっても、まだまだ親としては子供のメンタル・チェックを怠ってはなら
ないですね。

先日の空模様。

a0332222_10142232.jpg

クマのプーさんの横顔のような雲。

a0332222_10143189.jpg

いつもブログを訪問頂きありがとうございます。

ランキングに参加しています。
お帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2017-08-02 10:24 | Gifted/2e

カテゴリ

Introduction
∫の世界
∫の作品
Math (数学)
Gifted/2e
Japanese
High School
School Clubs
Tutoring/Mentoring
Academic/EC Records
University (UNR)
Community College
アメリカの大学受験
Life Skills
Driving Practices
発達障害
教育・学習
脳科学・心理学
育児
Memories
Resources
Family
Family Outings
Outdoor Activities
∫パパ
日々の出来事
シニア大学生の準備
その他の学習
英語学習(目指せC2!)
私の事
風景・空模様
Wildlife
Favorites
Miscellaneous
テレビドラマ・映画
なんとなく思った事
意見の衝突など
ちょっとした情報

最新の記事

ヨットハーバーの景色が見える..
at 2018-05-21 15:01
丘の上にあるアパート
at 2018-05-20 18:06
家探しにカリフォルニアへ行っ..
at 2018-05-19 17:45
高校の学業が全て終了しました!
at 2018-05-16 17:49
ギフテッドのメンタルヘルスに..
at 2018-05-15 14:44

以前の記事

2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

フォロー中のブログ

あーちゃんはmath kid
あーちゃんは数学のギフテッド
アメリカのギフテッド&2e情報
Brilliant Chaos

外部リンク

記事ランキング

メモ帳

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

夕焼け・朝焼け、雲などの空模様の写真満載の私のもう一つのブログです。
Mystica Caelum

アメリカのギフテッド教育、主にレンズーリ教授の提唱する全校拡充モデル(SEM)について紹介されているブログです。
EmbracingGiftedMinds

親バカコーナー 😊
2015 ARML
a0332222_07545094.jpg
a0332222_06213436.jpg
AIME '15
a0332222_06281821.jpg
AMC12 '15
a0332222_06570886.jpg
AMC12 '15
a0332222_06531787.jpg
MATHCOUNTS
National '14
a0332222_06311300.jpg
a0332222_06312311.jpg
MATHCOUNTS
State '14 個人戦
a0332222_06313237.jpg
AMC10
a0332222_06315148.jpg
AMC8
a0332222_06314196.jpg
CTY SAT MATH
a0332222_06215768.jpg
Flag Counter

ブログジャンル

子育て
教育・学校

画像一覧