アメリカに住む17歳の数学少年∫の毎日の出来事や思い出などを綴っています。念願の大学へ進学する為、もうすぐ古巣のカリフォルニアへ帰ります。


by あーちゃんママ

プロフィールを見る
画像一覧

2018年 02月 09日 ( 1 )

本当はもぅ、関わりたくないのですが…

本当はもぅ、時間とエネルギーの無駄なので関わりたくないんですが、ちょっと気になったので、
連日のように私や、ギフテッド関連のカテゴリーに所属するブロガーさん達についての批判記事
(というか、妙ないちゃもん、絡み、揚げ足取り記事)を上げ続けている某ブロガーさんに、ちょ
っと一言、言っておきたいと思ったのですが、どうやら私は彼女のコメント欄に投稿できないよう
に”ブロック”されているようなので、(本当はブログでこういう記事をあげたくないのですが。)
止むを得ず、こちらの方に、彼女に対するコメントをアップさせていただくことにします。

(彼女は私のブログの内容を”監視する”為に、いつもチェックしているみたいなので。苦笑)

というわけで、このようなネガティブな内容は不快だ!読みたくない!と思われる方、本当に申し
訳ないのですが、今回はスルーしていただけるとありがたいです。

本当にごめんなさい。

明日からはまた、普段通りのトーンに戻りますので。



以下、こちらの記事に対する、Hさんへのコメントです。


あの〜、「ブログ村の利用規約」をきちんと認識されてます???

その中の「禁止行為」のところに、

”運営者は、以下の情報・内容・表現は掲載いたしません。

・他人の名誉を傷つけたり、著しい誹謗中傷のある内容・表現
・他人の個人情報を承諾なしに公開している内容・表現
・多数の利用者に不快な印象を与える挑発的、好戦的な投稿や行為”


などがあり、あなたが立て続けに”名指し”で投稿し続けている私や、他のブロガーさん達に対
する記事が、これらの項目に該当するということを考えたことはないのでしょうか?

私や私と交流があるブロガーさん達以外の読者の中にも、あなたのこういった投稿を読み、
(又はブログ村のランキングでタイトルを目にし、)不快に感じる方もいらっしゃるのでは
ないかと思いますが?

実際、ギフカテ内のブロガーさんの中には、”アメブロはネガティブな記事が多くて辛いから、
ブログを閉鎖しようと考えている”方もいらっしゃるみたいですし。


ブロガーさんだけでなく、ギフカテのブログを読む方達の多くが、ギフテッドの親ごさん達
だけに限らず、当事者の方達もかなりいて、(実のところ、ギフテッドの子の親は、親自身
もギフテッドである場合が多い)中には感情性OEが強く、センシティブな方もいらっしゃる
だろうから、そう言った投稿はその方達にとっては辛く感じるかもしれないと考えたことな
どあるのでしょうか?


”日本でギフテッドの啓蒙を!”と唱えているわりには、あなたの言動は、多くの人を傷つけて
いる可能性があり、とても無神経に思えて仕方がありませんが。


そうやって、事あるごとに何でも自分に都合の悪いことは、「憎い仇と仲間達」の仕業だ!と
思い込み、他の”可能性”を考えずにただ、相手を批難するところなど、まさにあなたのお決ま
りの認知パターンですよねぇ。(はぁ〜)

私を含め、ギフカテ内のブロガーさんたちは、(私の知るところでは)あなたを”名指し”にし
た批判記事、誹謗中傷記事などあげてないのに、毎日のように執拗に、”名指し”で不快な記事
を挙げるなど、まるで”ネット上のいじめ行為”としか思えませんが。

ねちねちと”いじめ行為”をしているのはあなたの方ではないですか?

(あなたが何を勘違いしているの知りませんが、私はツイッターの活動は全くしてないし、そう
やって、ありとあらゆる”敵”と一緒に私の名前をごった混ぜして自分自身も混同してしまってい
るのでは? )


又、これは前にも何度もお願いしましたが、私の息子のことを持ち出すのももういい加減にして
ください。

いい大人が、憎い仇を傷つける為の手段として、子供の事まで持ち出すなど、(例えば、)


”ハイリーギフテッド”なら、英語が母国語でもちょと勉強したら日本語がペラペラになって東大
に受験しても合格できるはずですよ。”

とか、

”IQが高くても、数学以外に秀でるところはないですし、秀でている数学だって、全米全体でみ
たら”秀でている”かどうか明確ではありません。”


”IQがそれほど高いあーちゃんが日本語もやっとの状態で、ハイリーギフテッドと言われている
能力、習得スピードを感じませんが。”


”…ただ問題に答えるだけか、自分より学力のない年下の子供を相手にしているだけで、自分
より10年、20年も経験を積んでいる学者の学説を覆る数式とか編み出しているのですか?
それができていないなら、どこが数学のギフテッドと呼べるのですが?”
 
これは∫が数学の個人指導をしている生徒を指して言ってるんでしょうか?)


”お子さんがハイリーギフテッドなのに、一流大学は奇跡が起こらないと無理と仰っているのは
どういうことですか?”


”あーちゃんには、障碍として、配慮の必要な困難さをまるで感じられません。あーちゃんママ
が嘘をついて2Eとして自閉症があるギフテッドと仰っているのか、”


などと、私の息子を名指しにして、能力を(ネガティブに)評価したり、障害の診断に疑問や
疑惑を投げかけたりなど、とてもじゃないけど普通の感覚、常識では考えられる行為ではあり
ませんよ。

あなたは私の息子が自分のことをこんなふうに書かれていると知ったら、どれだけ傷つくかと
いう事も考えたことはあるのでしょうか?

(私と違って∫はとてもセンシティブな子です。)

それとも、”あーちゃんは日本語もやっとの状態”なので、読めるわけがないからいい、とでも
思ってらっしゃるのですかねぇ。


(いやぁ〜それにしても、見も知らずの人に、”あなたの子どもは数学以外に秀でているところ
はないですし。”ときっぱりと断言されるとは! 私から見ると、∫はライティングも普通よりは
なかなかいい感じでは?と思ってましたが、Hさんに言わせれば、それは単なる”親バカ”なだけ
なのでしょうね。笑)


私はどれだけあなたと衝突しあっていても、あなたの娘さんについてこのような侮辱した言葉
を吐いたことなど一度もありませんよ。

まだ成人していない子供までこんな感じで巻き込むあなたは、一社会人として本当にみっとも
ないし、同じ母親としても情けないです。


もうこれ以上、他者に対する怒りや憎しみ、妬みで精神的なエネルギーを費やすのはやめにし
て、ご自分のギフテッド教育啓蒙活動に専念されたらいかがですか。

(と言っても、憎い仇を攻撃する為には、何の罪もない子どもまで巻き込んで傷つけるという
醜い心の持ち主が唱える”ギフテッド論”というのも、どれだけ信頼性、信憑性があるんでしょ
うねぇ。)


又、これは私のブログが迷惑だとHさんにメッセージや質問を送ってらっしゃる日本在住者の
方にお伝えしたいのですが、私がコメント欄を閉じているので私に連絡できなくて申し訳あり
ません。

ただ、Hさんにはご迷惑にならないように、私のブログを読んで迷惑だと感じた場合、どうか
その意見や情報は(自分には関係ない)と、スルーしていただけるとありがたいです。


あっ、それから最後にもう一つ、


>そうやって気が付かないうちに、自分の子供を否定してしまうから、みんな伸びなくなって
 しまうんです。

 そうやって可能性の扉をみんな、閉じてしまうですよ。

 だから、私は、その可能性の扉を閉じたらダメなんだよって大きな声で叫ばせてもらってます。


って書かれてますが、ふぅ〜む…日本でギフテッドの子育てに困り、お先真っ暗で藁をも掴む思
いで色々な情報を得ようとしている(でも英語が苦手な)親御さん達の為に少しでも役にたとう
と、ご自身も多忙な中、わざわざ時間と労力を割いて訳してくださった方の翻訳に対し、”まさに
取るに足らない揚げ足”をとったりして難癖つけて叩いていますが、こういった行為も、翻訳家を
目指して頑張っている方達のやる気を奪い、夢を諦めさせてしまう可能性もあるんじゃないです
か〜?

そうやって、可能性の扉を閉じるような揚げ足取りの”否定的”な記事をあげて叩くという、ご自
分の行為はどうなんでしょう?

(日本語能力が無くて、翻訳が下手な私もあなたから”訳が間違っている”と叩かれるのが怖くて、
訳する気が失せそうです…😂)

相変わらず言動の矛盾、ダブルスタンダードにあふれてますねぇ。

あなたの記事を読んだ後、コメント欄を読み、あまりのアイロニーに思わず笑ってしまいました。


*尚、maiさんの名誉を守るために付け加えさせてもらいますが、こちらの記事で、あなたはmai
さんのオリジナルの訳に対する異議を唱えてますが、


- Unusual alertness as early as infancy
〔早くて生後1ヶ月頃からの並外れた注意力〕

とあり、infantの一般的な意味としては、

"infant" is typically applied to young children *between one month and
one year of age; however, definitions may vary and may include children
up to two years of age.

Wikipediaより)

(*一般的に1ヶ月から1歳の間の幼年の子が当てはまる)ということなので、早くて生後1ヶ月
頃から…という訳は適切だと思いますが。

”ここの英文には、生後1ヶ月とはどこにも書かれておりません。”との指摘ですが、何も英文に
1 month”とないと日本語で1ヶ月と言えないわけではないですよ。

infantと呼ばれる期間が、(1ヶ月から1歳までの間)とあることから、"as early as infant"を
期間の始まりである生後1ヶ月を指し、”早くて生後1ヶ月頃から”と訳するのはニュアンス的に
も妥当だと思いますが。


(”早くて”というのは始まりの期間で一番、早い時期を示しているのであって、要するに、早く
て生後1ヶ月から1歳くらいの間に並ならぬ注意力を示す”ってことで、何も全ての赤ちゃんが
1ヶ月で並外れた注意力を示すわけではなく、早いケースはそれくらいから見せ始めるって
意味で、全くオッケーだと思いますよ。)

(実際、ギフテッドの子の中には”生まれてすぐ”にすでに周りの状況などに敏感に反応したり、
親の顔や周りの物体などをじっと見つめて”並ならぬ注意力”を見せたりするという親の報告など
もありますしね。そういうケースもあるということで、”それが普通”と言ってるわけではない。)


そして、Hさんの記事にコメントされてる方、”一ヶ月以内とマイさんが訳されてて、”とあります
が、あれっ?maiさんは”一ヶ月以内”などとどこにも訳してませんけど。

maiさんは”早くて生後1ヶ月頃から”って、ちゃんと書いてますが。

”早くて1ヶ月頃から” と、”1ヶ月以内”とは随分、意味が違いますよ。

また、

あと、 alertness ですが、これも注意力と訳されていますが、これは”警戒心”です。”


と訂正されてますが、確かに”alertness”には”警戒心”という意味もあるけれど、でもこの場合
は”infant”(生後1カ月から1歳くらいの時期)について言っているのだから、児童発達の見地
から見ても、このくらいの発達段階では、(↑の例でも述べたように、”親の顔や周りの物体を
じっと眺めて観察したり、周りの声や音を聞き入ったりなど)赤ちゃんは新しい周りの環境から、
認知発達に重要な様々な”刺激”を常に取り入れ、反応し、吸収している段階なので、”警戒心”と
いうよりも、”fully aware and attentive; wide-awake; keen"という”集中力、注意力”と
いう表現の方がニュアンス的にしっくりくると思うので、私はmaiさんの”注意力”という言葉の
選択は適切ではないかと思いますが。


こういったギフテッドや教育、児童発達の類の文献などは、医学や心理学関連の知識なども関
わってきたりして、ただ、辞書で調べて出てくる「訳」だけではうまくニュアンスが伝わり難い
場合も結構あったりするのですが、そういった部分も考慮せず、”訳が間違っている”と断言的に
指摘するのもはて、どんなもんでしょうか?


こんな風に、ニュアンス的にも全くオッケーな日本語訳に難癖つけて、maiさんの信頼性を低下
させようとする姑息な根性が耐えられません。

本当に、よっぽど心が捻くれているんですねぇ。


(尚、この記事に対して不快な印象を受ける方もいるというのはもちろん、私も十分、認識して
いて、ブログ村の判断で後に記事やタイトルが削除される事になる可能性もあるというのもわか
っています。それはあくまでも”私自身の責任”であるというのも心得ていますので。)


いつも応援のポチを押して頂きありがとうございます!

ランキングに参加しています。
本日もお帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2018-02-09 06:42 | 意見の衝突など

カテゴリ

Introduction
∫の世界
∫の作品
Math (数学)
Gifted/2e
Japanese
High School
School Clubs
Tutoring/Mentoring
Academic/EC Records
University (UNR)
Community College
アメリカの大学受験
Life Skills
Driving Practices
発達障害
教育・学習
脳科学・心理学
育児
Memories
Resources
Family
Family Outings
Outdoor Activities
∫パパ
日々の出来事
シニア大学生の準備
その他の学習
英語学習(目指せC2!)
私の事
風景・空模様
Wildlife
Favorites
Miscellaneous
テレビドラマ・映画
なんとなく思った事
意見の衝突など
ちょっとした情報

最新の記事

∫の4歳の時の作品集
at 2018-06-21 10:25
∫の学校、最後にずっこけ〜&..
at 2018-06-20 12:54
まずはセルフケアが第一
at 2018-06-18 11:43
高校の卒業式
at 2018-06-16 08:51
新居が決まりました!
at 2018-06-13 16:42

以前の記事

2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

フォロー中のブログ

あーちゃんはmath kid
あーちゃんは数学のギフテッド
アメリカのギフテッド&2e情報
Brilliant Chaos

外部リンク

記事ランキング

メモ帳

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

夕焼け・朝焼け、雲などの空模様の写真満載の私のもう一つのブログです。
Mystica Caelum

アメリカのギフテッド教育、主にレンズーリ教授の提唱する全校拡充モデル(SEM)について紹介されているブログです。
EmbracingGiftedMinds

親バカコーナー 😊
2015 ARML
a0332222_07545094.jpg
a0332222_06213436.jpg
AIME '15
a0332222_06281821.jpg
AMC12 '15
a0332222_06570886.jpg
AMC12 '15
a0332222_06531787.jpg
MATHCOUNTS
National '14
a0332222_06311300.jpg
a0332222_06312311.jpg
MATHCOUNTS
State '14 個人戦
a0332222_06313237.jpg
AMC10
a0332222_06315148.jpg
AMC8
a0332222_06314196.jpg
CTY SAT MATH
a0332222_06215768.jpg
Flag Counter

ブログジャンル

子育て
教育・学校

画像一覧