アメリカに住む数学をこよなく愛する17歳のmath kid∫の日々の出来事を綴っています。∫の夢は将来数学の教授になること。13歳から本格的に地元の州立大学で数学のコースを受講し始めました。 


by あーちゃんママ

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:School Clubs( 19 )

強敵に挑む!

本日の金曜日、∫は数学のピア・チュータリングのボランティア、そしてAcademic Olympics
クラブの活動(練習)の為、オンランスクールのキャンパスへ行ってました。

この日は11年生の生徒にAlgebra II(代数2)の指導をしたそうで、とても”効果的で充実した”
セッションだったと満足そうに語ってくれました。

又、その後のアカデミック・オリンピックの練習も、メンバー達はノリノリに調子がよかったらし
く、来週の月曜日に行われる、地区大会第三日目に向けて、チームメンバー達は団結心で盛り上が
っていたみたいです。


その来週月曜日の大会ですが、その日はパパがちょっとマイナーな手術を受ける予定で、我が家に
一台しかない車を取られてしまう為、幸い、現在カリフォルニアからグランマを訪問中のパパの妹
のMさんが、私たちを対戦が行われる地元の高校まで連れて行ってくれる事になってます。

その際、Mさんも∫の応援として、この日の対戦を鑑賞する予定で、∫はMおばさんに自分のパフォ
ーマンス(特に数学の分野)を披露する(?)のをとても楽しみにしているのであります。(笑)


ただ、∫の話だと、この日の対戦は、地元でも学力が上位にランクする高校が3校含まれているら
しく、その一つは"Middle College High School"と言って、高校と短大が合体した形態のDual
Enrollmentプログラムの高校で、高校の間にカレッジの単位も同時に取れ、多くの生徒が高校
卒業の際、「高校」と「Associate Degree-准学士号(2年生大学)」の両方の卒業証書を取得
する事ができる特別なマグネットスクールという、かなりの強敵に挑む事になるらしく、∫はM
おばさんの前で対戦するのにちょっとプレッシャーを感じているみたいですが。(苦笑)


いや、そんな事気にせずに、楽な気持ちで楽しみながらやればいい!って言いましたよ〜。

∫はパパの身内の間でも”アカデミック・ハイアチーバー”だと評判なので、時としてこのようなプ
レッシャーを感じることもあるようですが、そういう部分にもなんとか打ち勝って、リラックス
してこの対戦に挑んでくれるといいなと思います。

(そんなに真剣に考えず、もっと気楽に楽しめばいいのよ〜!って思いますが。)


ちなみに∫も一度はこの高校へ受験を考えたのですが、(マグネットなので受験する必要がある)
こちらの過去記事にもあげた理由から、最終的にはそのオプションは選びませんでした。


こちらの記事によりますと、最近、カリフォルニアではこのDual Enrollmentのプログラムを導
入している高校も増えているみたいですね。

うちの州(地域)と違い、カリフォルニアはコミュニティ・カレッジが充実している感じですし。

高校で履修するコースに限りがある場合、この二重登録システムは、学力の高い生徒達にとって
適切な教育のチャレンジの機会ともなり、素晴らしいことだと思います。

ただ、高校でカレッジレベルのコースを履修する生徒が増えると、それだけまた、大学受験の競
争もますます厳しくなってくるかもですねぇ。


現在も一流大学を目指している生徒達は、Honorsだけでは不十分で、多くのAPやIBのクラスを
履修する風潮があるのに、それに今度はカレッジコースまで加わって、まさに凄まじい競争って
感じになりそう。

もっともアメリカの大学受験は、アカデミックの分野は数ある審査項目の”一部”にすぎないので、
そればっかりで決まるわけではないのですが、でも、色んな情報によれば、大学側がまず一番に
注目するのは、「高校時代の成績とコースの難度」らしいので、やっぱりこれらが大切な要素に
なってきますよね。

学区にDual Enrollmentのプログラムがない場合は不利ですねぇ。

あっ、何だか話がかなり脱線してしまいましたが。汗

とりあえず、来週の月曜日は∫たち、強敵たちに挑んできます!


いつも応援のポチを押して頂きありがとうございます!

ランキングに参加しています。
本日もお帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2018-02-10 13:56 | School Clubs

Academic Olympics大会 '18 ②

本当は今日はめちゃめちゃ疲れてて、ブログの更新をサボろうか?とも思ったのですが、まだ記憶
が新しいうちに、とりあえず今日、行われたAcademic Olympics地区大会2日目の∫達の結果を
記録しておこうと思います。

(今日は対戦の後、用事であちこち走り回っていて、帰宅したのが遅くなってしまって疲れました。
やっぱり歳とって体力がかなり衰えたわ〜。汗)

本日は地元の高校4校と対戦し、4対戦中2勝2敗という結果に終わりました。


面白いことに、2勝したうちの1校は、地元でも”学力が一二を争う”と評判のプライベートの高校
で、毎年、この学校から多くのナショナルメリット・スカラーのファイナリストや、アイビーリー
グの合格者を出しているようなのですが、(アイビーや一流大学の説明会などもよくこの学校で
行われる)なんと∫達、余裕のよっちゃん、かなりの点差でこの高校に楽勝したではありませんか。


この学校との対戦では、普段よりも数学の問題が頻繁に出てきたので、(もちろん、いつものご
とく数学の問題に関しては、誰にもブザーを鳴らさせることなく、∫が完全に独占して答えてしま
って点を稼ぐ。苦笑)高得点を上げることができました。


でも、負けてしまった2校との対戦では、何やらやけにアートや歴史、ポップカルチャー的な問
題が多くて、∫達はそれらの分野でなかなか点が稼げなかったという感じでした。

(∫達のチームは、数学、科学、コンピューター、スポーツ系に強い。)

(負けてしまった学校のメンバーの中には文学少女やアート、音楽系が特に強い女子がいた!)

だから勝負は”そのチームの力量”だけでなく、”出題の分野”にもよるなぁと思いますよ。


まぁ、でもどちらのチームも勝ち負けに関係なしに、対戦そのものを楽しんでいたみたいなので、
それが一番ですよね!

最後に両方のチームが笑顔いっぱいで握手をする姿が微笑ましいです!


a0332222_16141250.jpg

a0332222_16142468.jpg


今年は3校くらい新しいチームが増えたので、この週に一度の対戦、かなり長く続くんじゃないか
と思います。(去年はトータルで6週間続いてましたよ!)


2月はアメリカの学校はコンテスト・シーズンって感じで、様々なコンテスト(スペリング・ビー、
Mathcounts AMC 10/12 Academic Olympicsなどなど)が開催されるので、生徒たちも大忙
しとなりそうですねぇ。

(詳しいことは又、後日報告したいと思いますが、今年も∫はAMC 12を受験することができる
ようになり、AMC 12Aは明後日の水曜日に受ける予定であります!165.png


いつもブログを訪問いただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
1日一回お帰りの際に応援のポチを押していただけると
更新の励みになります。
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2018-02-06 17:09 | School Clubs

もぅAcademic Olympicsの季節?(゚Д゚;)

一年が経つのって本当にあっという間ですねぇ…

∫のオンライン学校が、学区のAcademic Olympicsの大会で2位の座を獲得して大喜びしていた
のがつい、昨日の事のように感じるのですが、早いもので今日から又、今学年度('17-'18)の
地区大会が開始しました!

∫達のチームはこれで3年目の出場になります。

過去2年間の大会の様子については、このブログでも以前に何度も報告させてもらっているので、
今回は詳しいことは省略したいと思いますが、とりあえず、高校時代の思い出として結果だけは
記録しておこうと思います。

開会式での関係者の話によると、今年も又、去年よりも新たに3〜4校ほど参加校が増えたみた
いで、結構、離れたTahoe方面の学校からも参加しているとか言ってました。

クラブのキャプテンである∫がチームを率いて、初日である今日は、トータルで4対戦(4校)し
ました。

a0332222_13290290.jpg


a0332222_13291318.jpg


a0332222_13292625.jpg


強かったシニアのメンバーが2人卒業し、新しくフレッシュマン(9年生)と入れ替わったので、
去年のような強いパフォーマンスは期待していなかったのですが、驚いたことに、第一日目の
今日は、1敗3勝というなかなかの結果でした。


3校には大幅なスコア違いで楽勝、そして残念ながら負けてしまった1校も、手に汗握る接戦の
末、130 vs 140と10点差(1問違い)という結果で、本当にもう、あと一息というところでし
たが、チームメンバー皆が協力しあって、とても楽しそうに競い合っていたので、そういう部分
が大切ではないかと思いました。


ちなみに負けてしまったチームは、去年、学区全体で優勝した(1位)学校でした。

この学校は学区内でもアカデミックのスタンダードが高いと評判の高校なので、かなり手強いの
ですが、そのチームと堂々と”いい勝負”をしていたので、∫達も大したものだと思いましたよ。


この地区大会、これから毎週月曜日に何週間かにわたって開催されるのですが、今年は∫にとって
最後の参加となる為、悔いのないよう頑張り、そして結果はどうであれ、仲間達と楽しい時を過
ごし、高校時代の素晴らしい思い出となるといいなと思います。


いつも応援のポチを押して頂きありがとうございます!

ランキングに参加しています。
本日もお帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2018-01-30 14:21 | School Clubs

Academic Olympicsの地区大会 '17 最終戦

何やらシリーズ化し、長々と続いてましたが、今学年度のAcademic Olympics地区大会の
報告も今回で最後です

昨日の月曜日に行われた最終戦では、この地域の学区から参加した高校全部で15校のうち、
5週間にもわたるトーナメントで勝ち残った3校が、優勝の座を目指して競い合いました。

この日は最終戦とあってか、これまでのように教室ではなく、同じ高校内にあるミニオーデト
リアム(小規模の講堂)で対戦が行われました。

前学年度は最終戦は地元のカジノホテルで盛大に開催されたみたいですが、聞くところによると、
今年は学区の予算の関係でスケールを縮めなくてはならなかったらしい。

今年は∫の学校もAMC参加が中止となったし、(だから別の学校で受験した。)なんだか最近
うちの学区、様々な面でかなり節約してますよねぇ。(かなり教育予算不足なのでしょうか?)


それに関係しているのかもしれないけど、今学年度はAcademic Olympicsは地区大会のみで、
州大会へは参加しないみたいです。(残念。)

だからこれが正真正銘、今学年度最後の対戦となりました。

会場に向かっているところ。

a0332222_10135306.jpg


∫達のチーム(オンラインスクール)は最終戦(ファイナル)に出場するのは今回が初めてで、
学区の高校15校の中で学業的に評判が高い大規模な高校を次々と勝ち抜いて、ここまでたどり
着いただけでも本当によくやったものだと思いましたよ。


尚、うちの学区は平均して各高校(9〜12年生)の生徒数が1500〜1800人くらいなのですが、
∫達の学校はオンラインなのでそれに比べると極端に小規模で、学区の情報によると、高校部門
の生徒数は全部で130人ほどだそうです。


ということは、生徒数が一般の高校の1/10にも満たないのに、(それだけ人材のプールが小さ
い)若干、チームメンバー6人で優秀な人材が溢れるマンモス校の数々に勝ち抜いて、ラストの
3校に残ったというのは、かなりすごいことだと思いますよ〜!(親バカ丸出し?笑)


その事は今回のイベントの役員や、教員ボランティア達、そして、他の学校のコーチ達も声を
ろえて口にしてました!

(皆、∫達のチームのパフォーマンスに大いに感心し、褒め称えていました。)


今回の好成績により、学区でもあまり知られてなかった”オンライン部門”の名もかなり知れ渡り、
アカデミックな分野の評判もグンとアップしましたよ〜。

この先、入学数がもっと増えるかもですね。

さて、ぐだぐだと回り道してもったいぶったので、(笑)この辺で結果を報告したいと思います。

∫達チームはまず、対戦相手2校のうち、学費も学業スタンダード&パフォーマンスも高いと評判
の私立のB校と戦いました。


a0332222_10121874.jpg


a0332222_10142030.jpg

その結果、かなりのスコア差でこの私立の学校に勝つことができました!ひやっほう〜!


a0332222_10144218.jpg

これで学区で2位の座は保証されました!

そして残りのこれまた学業成績の評判が著しく高い公立のD校と最後の戦いに挑んだのですが、
残念なことに、この対戦ではD校に軍配が上がりました。

D校のチームと対戦しているところ。


a0332222_10152202.jpg


相手側のチームは人数も多く、クラブとしてかなり年季が入っているというのがわかり、皆
よく練習しているというのがひしひしと感じられました。


でも、お互いのチームとも手に汗握る熱戦、そしてスポーツマンシップを披露してくれ、とて
も清々しい試合となり、負けてしまったけれど、∫達のチームは終わった後、満足そうに相手
のチームと握手を交わしていました。


ということで、∫達のチームは今年は学区で第2位という成績を収めました!024.gif

コーチのMr. Dを始め、メンバー達、本当によく頑張りました!


最近、ますます写真を撮られるのを嫌がるようになった∫。私がカメラを向けたら機嫌が悪く
なるので素早く盗み撮り。(笑)それにしてもどでかいトロフィー!

なぜかシニア3人を押しのけて(?)チーム・キャプテンである∫も大喜びでした。
(この写真ではあまり嬉しそうではないですが。苦笑)


a0332222_10160577.jpg


a0332222_10161533.jpg


レギュラー4人のうち、3人はシニアなので彼らは今年が最後の大会となったけど、ジュニアの
∫はまだ来学年度があるので、又、来年も頑張るって張り切ってます!

とりあえず、いい結果を出すこともできたし、これでついに終わってやれやれです。(ホッ)

おまけ

生徒の対戦が終わった後、エンターテーメントとして今度は先生やコーチ、ボランティアの人
達の間で”アダルト”対戦が繰り広げられました!(笑)

∫達のコーチ、Mr. Dも参加しました!


a0332222_10154948.jpg


これらの参加者の中には高校の数学、化学、英語、物理、社会科の教師たちもいて、自分の生徒
達が見ている前で対戦に挑むのはなかなか勇気がいることだと思うのですが(自分の教えている
分野の問題を間違えたら面目丸つぶれ!)皆、とてもgood sportの姿勢でチャレンジしてまし
たよ。

(結構、先生達がマジでムキになって対戦してる姿に笑えた!)

この教師達による対戦、とても楽しめました。

皆がこんなふうにアカデミックを楽しめる機会やイベントって、本当にいいですね!


先生やコーチ達が、”こういう分野(アカデミック)を純粋に愛して楽しむ生徒たちもいるんだ。
こう言ったイベント(アカデミック・オリンピックス)は彼らにとっては大切な"play ground"
なんだ。”などと言ってましたが、まさにその通り!と私も思ってしまいました。

スポーツ関連のイベントと比べたらまだまだマイナーですが、これからもこう言ったアカデミック
関連のイベントがもっと増えていくといいなぁと思いました。

(身体より脳を働かせることが好きな子たちもいるんですよ〜!笑)


いつもブログを訪問頂きありがとうございます。

ランキングに参加しています。
お帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2017-03-15 12:02 | School Clubs

Academic Olympicsの地区大会 '17 ⑤ & BBQ Feast

しつこいくらいまだ続いている∫の学区のAcademic Olympics地区大会ですが、それもほぼ
終盤を迎え、昨日の対戦では、学区内で参加した全部で15校のうち、これまでの対戦で勝ち残
った最後の3校(トップ3)が決定しました。

∫達のチーム、昨日は3校と対戦したのですが、この日もこれら3校全部に勝ってしまい、なんと
今年は見事、学区内にてトップ3に入り込んでしまったではありませんか〜!


いや〜、昨日はチームメンバー達はこれまで以上にノリノリでして、相変わらず∫は相手チーム
の誰一人にも数学の問題は答えさせませんでしたし、(苦笑)この日は科学(主に化学と物理)
や文学、経済学の分野でも(え〜、あんた、そんなことまで知ってたん?)というような、予
外の知識をも披露し、パパと私はびっくりしてしまいましたよ。

(経済学に関しては、今学年度にとっているAP Macro/Micro Economicsがすごく役に立った
と言ってました。)

対戦した3校のうち、すべてのチームにおいて大きな得点の差で楽勝でした。


その中の一つの高校は、学区内でも比較的アカデミックな面で評判が高い高校で、(実はうち
ゾーン指定校で、本来ならば∫が通うことになっている大規模な高校)クラブのメンバー達の数も
25人くらいいて、(∫達の学校はメンバーは7人ほど。)対戦者4人の背後には補欠のメンバー
達皆がスクール・ユニフォームを身にまとい、大勢のグループで応援していたので、正直言って
∫達はちょっと圧倒され気味って感じでしたが、でも∫達のチームは人数は少なくてもブレイン・
パワーで勝負!という意気込みで、このマンモス校に対抗してました。(笑)


このアカデミック・オリンピックスのクラブが開始した前学年度は、∫達のチームは学区で4位
というところまで行ったのですが、今学年度は念願のトップ3ランキング入りを果たすことがで
き、チームメンバー達、そしてコーチのMr. D(∫の数学の先生でもある)も大喜びしてました!


尚、来週の月曜日にこの残り3校のうち、1〜3位の順位を決定付ける最終戦が開かれる予定です。

∫達のチームが2校両方ともに勝てば、見事学区で1位、どちらか1校に勝ち、1校に負ければ2位、
そして両方に負けてしまえば3位となるそうです。


どちらにしても最悪の場合でも”学区で3位”のタイトルは保証されたということで、メンバー達と
コーチはそれだけでも大満足そうでした。

(これで学区内にて”オンラインスクール”のアカデミックな部分での評判をアップすることがで
きる、と皆喜んでましたが。 オンラインスクールをなめるなよ〜!017.gifって感じ? 笑)

来週の結果がどうであれ、みんな本当によく頑張りました。

毎週、集まって(クラブ活動)地道に練習してきた甲斐があったというものですね。

このクラブのキャプテンでもある∫もメンバー達皆を誇らしげに思ってましたよ。

対戦チームが到来する前にコーチと打ち合わせをしているところ。

a0332222_06055732.jpg


そして白熱の対戦の後、この日も”BBQが食べたい!”という∫のリクエストに応え、帰りに近所
のBBQレストランでディナーを食べることにしました。

(最近、対戦の後は毎回、外食してるなぁ。まぁ、夕飯の支度の手間が省けて私は嬉しいけど。)

レストランへ向かう途中のハイウェイから見た夕暮れ時の街(ダウンタウン)

この日は雲が多く、厚い雲の隙間から夕日が差し込んでいるのがなんとも神秘的でした。

a0332222_06072642.jpg


a0332222_06073842.jpg


a0332222_06075177.jpg


a0332222_06081469.jpg


a0332222_06082716.jpg

レストランへ到着。


a0332222_06084735.jpg


a0332222_06090131.jpg


店内の様子。暖炉とかもあって、とてもコージーな雰囲気のレストランでした。

”EAT LIKE A PIG”って…(汗)

a0332222_06091670.jpg

a0332222_06092864.jpg


a0332222_06100734.jpg


家族皆でシェアして食べようと、Feast For Twoという二人用のプレートを頼みました。

(2人用って、ちょっと食い過ぎじゃねぇか?って感じですが。汗)

a0332222_06102762.jpg


a0332222_06104352.jpg


2人用を3人で食べても食べきれずにかなり余ってしまい、お持ち帰りのボックス2つ
も持ち帰りましたよ〜!

アメリカ人、食べ過ぎ! (マジでpigになりますよ!汗)

というわけで、来週のファイナルへ進出することができて良かったです!


いつもブログを訪問いただきありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してます。
お帰りの際に下のバナーを押していただけると更新の励みになります。
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2017-03-08 06:36 | School Clubs

Academic Olympicsの地区大会 '17 ④

まだまだ続いております、今年度のAcademic Olympicsの地区大会。

先週の月曜日は大統領の日の休日だった為、その週は大会もスキップして休みだったのですが、
今週から引き続き対戦が再開しました。


昨日の月曜日は第4回目で、∫達のチームはトータルで4校と対戦し、そのうち3校へ勝つことが
できました。

勝った3校に関しましては、今回も大幅な点数差で楽勝!


∫のチームメンバー達は、2週間のブレイクでブレイン・パワーを充電してきたかのごとく、それ
ぞれが得意分野にて次から次へと(なんやそれ?そんなもん、聞いたこともないわ?)っという
ような、特殊で中にはオタクっぽいような問題にも答えていて、関心させれれましたよ〜。


そして∫と言えば、相変わらず⚡️のような物凄い速さで数学の問題を答え、又しても数学の問題は
全て独占状態でした。(笑)

司会者や対戦相手側のコーチ、メンバー達から、

”That is Amazing! He is unreal!!!"

と、ため息交じりの感嘆の声を聞き、∫はちょっぴり恥ずかしそうな、でも嬉しそうな顔をして
ましたよ。(笑)

そんなノリノリの∫達のチームでしたが、4校中1校に負けてしまいました。


この∫達が負けた高校というのが、この地域から車で1時間半くらいのところにある地域の学校で、
小規模な学区のわりにはこれがなかなかの強敵でした。


とりわけそのチーム(D校)の中の一人がこれまた、広い範囲にわたっての知識がものすごく豊富
で、どの分野においても誰よりもいち早くブザーを押して正解しまくり、(数学以外ですが。)彼
ほぼ、一人で得点をあげていたという感じでした。

こういう、全てのアカデミックの分野で満遍なく知識が豊富な生徒もいるんだなぁと感心しました。

(∫達のチームはそれぞれの分野での”スペシャリスト”が集まって、協力しながら得点している。)


a0332222_08035649.jpg


a0332222_08041321.jpg

こういう対戦って、何度見てもハラハラドキドキ、とても刺激的で楽しいです。

(でも見ている方も精神的にとても疲れますが。)

今回で対戦も終わりかな?と思っていたのですが、昨日の時点でトーナメントに勝ち残った∫
達のチームは来週の(今度こそ正真正銘の)ファイナル戦に進出するらしく、来週の月曜日も
また対戦に向かう予定であります。

そこでいい成績(上位3位)をおさめることができれば、その1週間後に開催される州大会へ
進出できるみたいです。

さぁ、どうなることやら!

昨日も夕方の6時近くまで大会があったので、帰って夕飯の支度をするのも面倒だし、という
ことで、私たちのお気に入りのAll-You-Can-Eat(食べ放題)のお寿司屋さんでディナーをす
ることにしました。

a0332222_08044533.jpg

サーモンの🍣がめちゃめちゃ美味しかった〜!


この日の晩はなぜか私の方がどっと疲れてしまい、いつもよりかなり早い夜10時頃に就寝。


翌日(今朝)∫は学校のキャンパスで朝8:00から午後1:00まで、うちの州で義務付けられて
いるACTの試験が予定されていて、私も今朝は普段よりも早く起きなければならなかったの
で、まぁ、ちょうど良かったです。

(目覚ましセットしてたけど、自然と朝5時に目が覚めた!)


朝食を食べさせ、∫を送り出した後にちらっと外を見たら、朝日に反射してほんのりと黄色
がかった近所の様子がきれいでした。

a0332222_08050303.jpg


a0332222_08053484.jpg


a0332222_08054268.jpg


a0332222_08055531.jpg

いつもブログを訪問頂きありがとうございます。

ランキングに参加しています。
お帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2017-03-01 09:13 | School Clubs

Academic Olympicsの地区大会 '17 ③

土曜日はMathcounts地区大会でのボランティア活動、そして昨日の月曜日はAcademic
Olympicsの地区大会第3日目と、最近、何やら課外活動関連のイベントが続いていて、まだ
∫は若干、胃腸炎の後遺症をひきづっていて、体調が完全に回復していないので心配ではあり
ますが、とりあえず今のところは各イベントに頑張って参加しています。

(そして明日はAMC12 Bの試験が予定されている!)


∫の方はいいのですが、最近、私の方の体調があまり良くなく、昨日もAcademic Olympics
の対戦に応援しに行ったものの、途中で吐き気を催すほど酷い偏頭痛に襲われ、集中して対戦
を観ることができませんでした。(涙)

(いつもは頭痛薬をバックに入れているのに、この時に限って持参するのを忘れてしまった。)


私が頭を抱えて強烈な頭痛にもがき苦しんでいる間、大会3日目である昨日は∫達のチームは4
校のチームと対戦し、そのうち3校へ楽勝することができました〜!


よって、昨日の結果は4対戦のうち、3勝1敗で、又してもなかなか満足のいける成績を収め
ることができ、コーチを始め、チームメンバー達はとても嬉しそうでした。

この日もメンバー達はそれぞれの得意分野において自らの能力やスキルを発揮し、それぞれが
光り輝いてましたよ。


∫も相変わらず全対戦において数学の問題の回答を全て独占してしまい、司会者が問題を読み終
えてしまわないうちに素早くブザーを押して正解してしまうもんで、(これらの問題は知識関
連ではなく、計算をしないといけない類のもの。)対戦相手のメンバーやコーチ、そして父兄
はかなり驚き(信じられない)といった顔で、驚異と称賛混じりのため息を漏らしてました。

(昨日の∫は特に"on a roll"(ノリノリ絶好調?)の状態でした。)

a0332222_09392978.jpg


∫は今年で2年目のせいか、去年からの司会者(各高校の先生達)は∫のことを覚えていたみたい
でしたが。

(学区内でちょっと有名になったみたいですよ。苦笑)

学区内の一般の高校とは少しシステムが違うせいか、この大会にはデイビソン・アカデミーは参
加していないのですが、もしデイビソンが参加していたら、∫も油断できず、あくせく(゚o゚;;して
たのではないかと思いますが。


というわけで、これで∫達の学校は今学年度もかなりいい線までたどり着き、2週間後に開かれる
地区大会最終戦に進出することができたようです。


その時の最終勝ち抜き戦でトップ3にランク入りすることができれば、3月の州大会へ進出する
らしいので、コーチもチームメンバーも意欲満々であります。

(もしそうなればオンラインスクールとして初めての州大会進出となるみたい。)


今週の金曜日も数学のチュータリングのボランティア活動の後、このアカデミック・オリンピック
クラブの練習があるみたいなので、今週も忙しくなりそうです。

体調が悪化しないように気をつけてあげねば。


∫もそうだけど、私自身も気をつけないといけないんですけどねぇ。

昨日も対戦が終わってもまだ偏頭痛が酷かったので、その晩は夕飯の支度をする気がせず、家へ
帰る前に∫の好きなファーストフードの店、El Pollo Locoへ寄って晩御飯を済ませることにし
たのでした。


a0332222_09161205.jpg


私のお気に入りのChicken Tortilla Soup!

a0332222_09162513.jpg


家へ帰ってきてからも頭痛が治まらなかったので、昨夜は早めに寝ました。(汗)


そして今朝起きたら、頭痛の方はなくなってましたが、今度は更年期障害による酷いめまいと
吐き気に襲われ、ベッドから起き上がったらまるで大揺れの小舟に立って乗っているかのよう
に足元が揺れ、頭がクラクラして最悪な状態でしたよ〜。

更年期になってこう言う状態が定期的に襲ってくるんですよねぇ。

(もう、いっそのこと早く生理が上がって欲しい〜。苦笑)


今日はバレンタイン・ディというのにもう最悪〜!と思いながら、∫を起こしてテーブルに∫の
為に買っておいたバレンタインのギフトを置いて、又、数時間ほどベッドに横になっていたら、
なんとかようやくめまいと吐き気がおさまったので良かったですが。

絵文字が好きな∫の為にバレンタインにぴったりの絵文字😍のぬいぐるみも添えました。


a0332222_09164134.jpg


a0332222_09165392.jpg

∫、めちゃめちゃ喜んでくれたので良かったです。😍


いつもブログを訪問頂きありがとうございます。

ランキングに参加しています。
お帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2017-02-15 10:39 | School Clubs

Academic Olympicsの地区大会 '17 ②

昨日の月曜日、Academic Olympics地区大会の2日目が行われたので、結果を(自らの覚書
として)記録しておきたいと思います。

先週から始まったこの地区大会、2日目の昨日は全部で4校と対戦する予定でしたが、そのうち
の1校が欠席だった為、(その学校がある地域は現在、悪天候の関係でその日は開校時間が遅れ
ていたらしい)実際は3校と対戦しました。

そのうち、2校に楽勝で、1校にわずか10点(1問)の差で残念ながら負けてしまいました。

この負けてしまった高校は、地元でも比較的、学力レベルが高いと評判の私立の学校で、さすが
に参加したメンバー達はバリバリの優等生という感じで、難しい科学の問題なども最も簡単に答
えてましたよ〜。

(でも数学の問題に関しては、いつものごとく∫が全て独占して素早く答えてしまい、相手方に
はブザーを押す暇さえ与えませんでした。笑)

でも、∫達のチームも負けずにその優等生学校に立ち向かい、後残り1問で終了という時点で同点
となり、最後の問題が正解だった方のチームに軍配があがるという状態までこぎつけてました。

が、そんな緊迫した状態の中、最後の問題を相手方に先に答えられてしまい、最終的には惜しく
も1問の差で負けてしまいました。

その手に汗握る接戦が終わった後は、両チーム同士がお互い、まだ興奮状態から抜けきっていな
いままで握手を交わし合い、相手への敬意を示していました。

めちゃめちゃ手強い相手に対して、∫達のチームは本当によくやったと思いますよ!

こういう素晴らしいスポーツマンシップの姿勢は、いつ見ても清々しい気持ちにさせてくれます。


という事で、(欠席した学校に対しては自動的に勝ったことになるので)昨日の結果は、3勝1
敗という結果でした。

これでここまでの総合結果は、8対戦で5勝3敗となります。

今のところはまぁ、なかなかいい線を行っているのではないかと思います。

後、これからまだまだ優秀な学校との対戦を控えているので、∫達のチーム、ベストを尽くして
頑張って欲しいです。

a0332222_07515682.jpg


a0332222_09121677.jpg

いつもブログを訪問していただきありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加しています。
応援のポチを押していただけると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2017-02-08 10:07 | School Clubs

Academic Olympicsの地区大会 '17 ①

今学年は前学年度よりも1ヶ月ほど早かったのですが、今年も又、昨日の月曜日(1/30)より
この地域のAcademic Olympicsの大会が地元の高校で開始し、∫達の学校のメンバーもこの
初回の対戦へ参加してきました!


前回はこの地域の学区の高校から13校が参加したのですが、今年は更に2校増えて、トータル
で15校の参加となりました。


新たに参加した高校は、この地域からかなり離れた、タホ湖周辺に近い地域の学区からだった
そうで、アメリカの高校というと、フットボールやバスケットボールなどのスポーツ競技大会が
主流な中、こういったアカデミック関連の大会へ参加する学校(生徒)が増えていっていると
いうのは素晴らしい事だと思います。

(こういった分野に純粋に情熱を燃やす子もいるんです。)


参加した生徒たちは、スポーツ対戦と同じくらい皆が活気と情熱に溢れ、お互いが知識や知的
能力(数学などは知識だけでなく、実際、その場で問題を解かなければならない)を競い合う
姿は、何度見てもとても刺激的であります。

大会開始前の様子。

a0332222_07355886.jpg


始まるのを待っている間、∫は参加者の中に同じ北ネバダ数学クラブのメンバーのR君を見つけ、
彼と一緒にしばしのおしゃべりを楽しんでました。

(R君に、”どうして冬の数学キャンプのボランティアに参加しなかったのか?”などと聞かれた
らしい。苦笑)

この日は∫達のチームは4校と対戦し、4対戦中、2校に負けて2校に勝ち、初回はまぁ、まず
まずの成績となりました。

2校に対しては楽勝、そして1校は10点(1問の差)ほど違うだけの接戦だったので、今年は
去年の初回の4対戦中全敗”という結果よりもいいスタートを切ることができたので、これか
らに期待したいと思います。

(この先、あと、残り10校との対戦が待ち受けている。)


今回、∫たちのチームがなかなか満足のいける結果を出すことができたのも、やはりメンバー
それぞれが、自らの得意分野において力をフルに発揮したことにより、それが全体の結果と
なって現れたと思います。


∫は数学と科学、そしてコンピューター関連の分野で力を発揮し、ある生徒は文学、社会学の
分野、そして別の生徒はポップ・カルチャーや雑学、又、別の生徒はそれぞれの分野で飛び抜
けた知識を持っているというわけではないけれど、クリスチャンなのか、特にキリスト教全般
やバイブルの教えなどにやたら詳しかったりして、それぞれのメンバーが、他者の凹の分野を
自らの凸でカバーしあいながら、お互い協力し助け合って、満足のいける結果を生み出す事が
できたという感じで、これこそまさに、多様性は”弱み”ではなく、”強み”となり得るという事
を物語っているのと思いましたよ。

(個々が独自の知識や能力を貢献し合い、共通の目的を達成しているという感じで。)


a0332222_07361469.jpg


a0332222_07362680.jpg


∫もその事を認識し、メンバーそれぞれの得意分野をappreciateしているというのが感じられ、
こういった経験から、子供たちは”個人のユニークさや違い”(多様性)に価値を見出し、それら
を尊重して称賛する気持ちを養っていくのではないかと思います。

(現在のアメリカの政治情勢においては特に、こういった見方が重要ではないかと思います。)


この地区大会、これから先、毎週、月曜日にトーナメントが行われ、最低でもあと4回(4日)
あるので、2月の終わりまで続く予定であります。

∫は昨日もすごく楽しんだようで、これから先の対戦も楽しみにして、メンバーたちと練習に励
んでいます。


いつもブログを訪問頂きありがとうございます。

ランキングに参加しています。
お帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2017-02-01 08:55 | School Clubs

Academic Olympicsの地区大会最終戦

春休み明けの初日である昨日月曜日の午後、∫達の学校のアカデミック・オリンピックス
クラブのメンバー達は、ここ数週間(数ヶ月?)に渡って週1回の割合で行われてきた
Academic Olympics地区大会の最終戦に参加しました。


私は何やら未だにこの勝ち抜き戦のシステムがはっきりとはよくわかっていないのですが、
(各対戦ごとの結果はわかるのだけど、各チームの位置付け(ランク)をきちんと発表し
てくれないのでわかり難い…)どうやら昨日の対戦は、参加校全12校のうちこれまで勝ち
残った上位4校が、ファイナルトップ3のランクを決定する為のものだったようです。


最後に残ったトップ3校が、今月末、もしくは来月の初めに地元のカジノのホテル(リノ
らしいわぁ〜!笑)で行われる州大会へ進出できるみたいです。

この日、∫達のチームは2校と対戦しました。


ズバリ結果を言いますと…

残念なことに、今回はこの2対戦両方とも負けてしまいました。(涙)

よって、今年は地区大会でトップ3のランク入りをすることが出来きませんでした。


とは言え、∫達の学校が学区から承認を得て、このクラブの活動を始めたのは今学年か
らでしたし、クラブ活動の運営もまだ完全に定着してなくて、練習時間もあまりなかっ
たという状態の中、ここまで勝ち残ったのですから、本当によく頑張ったと思います。

(先生やコーチ達もチームに同じような事を言ってましたよ。)


特に最初の対戦に関しては、もうこれが手に汗握る接戦でして、最終的な結果が∫達の
チームが275ポイント、そして相手側が285ポイントと、まさに単なる”一問の違い”と
いった非常に惜しい結果でした。


この1番目の対戦相手の高校は学区の中でも”ハイ・パフォーミング”校と評判の高校で、
地域では生徒数も多いマンモス校とあってか、クラブのメンバー数も∫達の学校に比べる
と断然多く、実際対戦しているメンバー(4人)の他にも補欠がゾロゾロいましたよ!


学校の規模が大きほど、やはりそれだけ”人材”も豊富だろうから、やっぱりその点でも
有利ではないかと思います。


実を言うとこの高校、∫のゾーン指定校で、もしオンライン・スクールという選択をし
ていなかったら本来、∫はこの高校へ通うことになっています。


オンライン学校がオファーしていないアートや音楽、体育のクラスを取りたい場合など
は、この学校で(オンラインのコースと)並行して取れるようになっていて、その他、
もし望むならこの学校のクラブ活動にも参加することができるようになってます。


まぁ、でも∫がオンライン学校を選んだ最大の理由が、「自由にUNR(大学)のクラス
が取れるスケジュールの柔軟さ」なので、例え優秀な生徒が多く、APやその他のコース、
クラブ活動などが充実していても、∫はこの学校には全く興味がないとの事ですが。(笑)

a0332222_13131536.jpg



a0332222_13140206.jpg



そんな高校のチームやコーチを最後までヒヤヒヤさせた∫達、戦いの終わりの際には
ほっと一息した相手チームやコーチから「Good Job, you guys!」と言葉をかけら
れてました。


でも∫達のチームはこの対戦でかなりがっかりとしてしまった様子で、同時に動揺し
て心に焦りが出てしまったのか、2回目の対戦では問題を最後までよく聞かないで
早とちりして答えて不正解だったり、(その場合は減点されるので痛い!涙)また、
集中力を失ってしまったような雰囲気が伺われ、最終的には第2回戦も負けてしまっ
たのであります。

(それでも∫は動揺しないように気を落ち着けてフォーカスしようと努力していたよう
で、∫の答は全て正解だったので安心しましたが。汗)


∫はこれまでにMathcountsのカウントダウンラウンドなど、こういうクイズ形式に
近いコンテストもかなり経験しているし、その中でも初っ端に答えを間違えてしまい、
気が動転してフォーカスできず、その後は最悪な結果となって負けてしまったという
エピソードも経験してますので、こういう状況には結構、慣れているという感じでは
ないかと思います。


そういった意味でも、こう言ったコンペティションに参加すると、スキルだけでなく
精神的な面(レジリエンスなど)も鍛えられると思うので、こう言った機会は子供の
人格形成にもポジティブなインパクトを与えるのではないかと思います。

(もちろん、こんな感じでトラウマになるってこともあるでしょうが。笑)


2番目のチームと対戦中。

a0332222_13153555.jpg



というわけで、今年は残念ながら州大会へは進出することが出来ませんでしたが、
∫達チーム、よく頑張りました!

(そして何よりチームメンバー達が今回のイベントを通して、今まで以上の連体感や
団結心を強めたようなので良かったです。)

皆、来年度に向けてこれからも練習を頑張るそうです。


最後に。

帰りがけの車の窓から見た雲の形が面白かったのでアップ。

a0332222_13125671.jpg



a0332222_13141447.jpg



a0332222_12305966.jpg



a0332222_13143902.jpg


いつもブログを訪問頂きありがとうございます。

ランキングに参加しています。
お帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2016-04-06 08:31 | School Clubs

カテゴリ

Introduction
∫の世界
Math (数学)
Gifted/2e
Japanese
High School
School Clubs
Tutoring/Mentoring
Academic/EC Records
University (UNR)
Community College
アメリカの大学受験
Life Skills
Driving Practices
発達障害
教育・学習
脳科学・心理学
育児
Memories
Resources
Family
Family Outings
Outdoor Activities
日々の出来事
シニア大学生の準備
その他の学習
英語学習(目指せC2!)
私の事
∫パパ
風景・空模様
Wildlife
Favorites
Miscellaneous
テレビドラマ・映画
なんとなく思った事
意見の衝突など
ちょっとした情報

最新の記事

Challenge, Cha..
at 2018-02-21 13:05
Mathcounts Han..
at 2018-02-20 12:31
National Merit..
at 2018-02-18 12:03
先を見通しての問題解決 ②
at 2018-02-17 13:13
Respite
at 2018-02-16 06:14

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

記事ランキング

メモ帳

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

夕焼け・朝焼け、雲などの空模様の写真満載の私のもう一つのブログです。
Mystica Caelum

アメリカのギフテッド教育、主にレンズーリ教授の提唱する全校拡充モデル(SEM)について紹介されているブログです。
EmbracingGiftedMinds

親バカコーナー 😊
2015 ARML
a0332222_07545094.jpg
a0332222_06213436.jpg
AIME '15
a0332222_06281821.jpg
AMC12 '15
a0332222_06570886.jpg
AMC12 '15
a0332222_06531787.jpg
MATHCOUNTS
National '14
a0332222_06311300.jpg
a0332222_06312311.jpg
MATHCOUNTS
State '14 個人戦
a0332222_06313237.jpg
AMC10
a0332222_06315148.jpg
AMC8
a0332222_06314196.jpg
CTY SAT MATH
a0332222_06215768.jpg
Flag Counter

ブログジャンル

子育て
教育・学校

画像一覧