アメリカに住む17歳の数学少年∫の毎日の出来事や思い出などを綴っています。念願の大学へ進学する為、6年半住んでいたネバダ州から古巣のカリフォルニアへ帰って来ました。


by あーちゃんママ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:Academic/EC Records( 53 )

北ネバダ数学クラブの授賞式 '18

ARML地区大会の翌日の日曜日は、∫が7年生の時から6年間所属していた北ネバダ数学クラブの
2017ー2018年度のアワード・セレモニーが開かれ、∫とパパはこの毎年恒例のイベントに出席
してきました。

去年と同様、人混みが苦手な私は一人で家へ残り、引越しの準備に勤しんでました。

今回も去年と同様、前日行われたARML地区大会の結果、そしてクラブ活動に関連した諸々の
アワードが表彰され、∫もARMLで高校生部門個人2位のトロフィーと、数学コミュニティへの
貢献を称えた表彰状などをもらって帰ってきましたよ。

クラブのメンバー達(ほとんどデイビソンアカデミーの生徒)とディナーを楽しんでいるところ。

a0332222_08025217.jpg


a0332222_08030254.jpg

∫が表彰されているところ。

a0332222_08031383.jpg


a0332222_08032509.jpg

この日をもって、6年間も続けてきた北ネバダ数学クラブの活動も最後となる為、∫はクラブの
コーチや、他のメンバー達と正式にお別れをしてきたと言ってました。

でも、メンバー達とはメールやスカイプ、グーグルハングアウトなどでこれからもそれぞれどこ
へ行こうと、常に連絡をし合うみたいなので、まぁ、完全にお別れというわけではないですが。

6年間もの間、お世話になったクラブの創立者兼コーチのMrs. Gと抱き合ってお別れを言って
いるところ。

a0332222_08033536.jpg

Mrs. Gには数学の分野だけでなく、対人スキルやコミュニケーションスキル、リーダーシップ
スキルなど、様々な分野においての発達のお世話になり、本当に感謝しています。


∫がこう言った分野において、小さい頃はまったく想像もできなかったほどの発達を遂げること
ができたのも、この北ネバダ数学クラブとMrs. Gの存在があったからこそと言っても過言では
ありません。

(∫の場合、そこら辺の一般のソーシャルスキル・トレーニングやセラピーなどやらせるよりも、
∫の個人的な発達、発展にとってよっぽど効果的だったと思います。)

(学校やクリニックで勧められて参加したSSTやカウンセリングはあまり効果がなかった。)


この6年間の間の様々な活動経験や人間関係から学んだことを活かしつつ、又、これからも更に
数学教育者としてのスキルやコミュニティ・サービス精神を発達させ、地域や世の中に貢献して
行ってくれれば嬉しいなと思っています。

∫の小さなファンから最後にお別れのハグをもらったようですね。(笑)

a0332222_08034501.jpg


あっ、そうそう、∫の話によると、ARMLの地区大会が行われた日、同時に小中学(4〜6年生)
の生徒対象のコンテストも行われたそうで、北ネバダ地域の学校から50人ほど参加した中、なん
と、∫が個人指導をしているA君(6年生)とW君(4年生)が2位と3位のランキングだったそう
です!

∫は自分の教え子達2人の両方とも、上位3位内にランク入りした事にとても喜んでましたし、彼
らの事をすごく誇らし気に思っていると言ってました。

もちろん、A君とW君のお父さん達も自分の子どもの実績に大喜びで、授賞式では∫だけでなく、
パパにも挨拶しに来ていて、パパとも話をしたと言ってました。

いや〜、みんな満足そうでよかったです。


あと、数ヶ月もすれば私たちもこの地域を離れ、また、新しい地域に引越しするので、こんな
ふうにせっかく繋がった人達とお別れしなければならないのはとても残念ですが、でも、∫の事
だから、新しい土地へ行ってもまた、”数学繋がりの関係”をどんどん築いていく事でしょう。


北ネバダ数学クラブからのコミュニティ・サービスの表彰。

a0332222_08040382.jpg

去年に引き続き、今年もネバダ州の上院議員Dean Heller氏からCertificate of Senatorial
Recognitionを頂きました。

a0332222_08041462.jpg

a0332222_08042589.jpg

いつも応援のポチを押して頂きありがとうございます!

ランキングに参加しています。
本日もお帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2018-04-25 09:21 | Academic/EC Records

Mathcounts地区大会'18でのボランティア活動

昨日はUNRでうちの地域のMathcounts(中学生対象の数学コンテスト)地区大会が行われ、∫
は朝からボランティアとして、コンテストに関する諸々の用事のヘルプに駆けつけました。

全てが終了し、午後2時半頃に∫を迎えに行った際、車の中に乗り込んだ∫はかなり疲れていた様子
ではありましたが、運転中、コンテストの様子や結果などを楽しそうに話してくれました。


今年の北ネバダ地区の1位は、(毎度のごとく)デイビソン・アカデミーの8年生の生徒だったそう
で、彼は北ネバダ数学クラブのメンバーでもあり、過去2回開催された∫のオリジナル数学コンテス
トの両方とも参加し、どちらの年も個人戦で優勝をした数学の強者なので、私は∫から結果を聞い
た時、(あぁ〜、やっぱりね〜!)っと納得してしまいました。


そして∫が個人指導をしているA君の方ですが、今回は残念ながら、北ネバダの上位8位内には入る
ことができなかったようですが、喜ぶべきことに、3月に開催される州大会へ進出することができ
たようで、A君はもちろんのこと、∫もすごく嬉しそうでした。

(上位8位内だと”カウントダウン・ラウンド”という、1対1の口頭で競い合うトーナメントに参
加することができる。)


州大会へは地区大会戦でのスコアが全体の上位20%の者だけが進出できるので、6年生で今年初め
て参加したにしては、かなりの好成績ではないかと思います。

(毎年、この地域の数々の中学校から、数学の得意な生徒たちが100人以上も参加し、その多くが
7〜8年生と、自分よりも上の学年を含むので、A君、本当によく頑張ったと思いますよ〜。)


A君は∫が自分と同じ6年生の時に州大会で北ネバダの上位8位内にランク入りしたという事を知って
いて、(実際、∫以外の生徒は皆7〜8年生で(1人除いては皆デイビソンの生徒)∫は7位だった。)
今回、実際に自分がこのコンテストに出場し、最年少(6年生)でトップ8に入ることの困難さを身
を持って知ったようで、この経験からまた、新たなる”∫に対する敬意”が深まったみたいでしたよ。


あぁ、懐かしき、∫が6年生の時のMathcounts州大会の様子です。

(ちなみに∫は当時、まだホームスクールだったので、2月に行われた地区大会には出席してません。
その後、STEM系のチャータースクールへ通い始めて数週間して州大会が行われ、数学クラブの
コーチの勧めで何の準備もなしの飛び入り状態で参加したので、コンテストのホストから”突然どこ
からともなく現れた数学の星”みたいなことを言われ、注目されました。苦笑)


試験後の採点結果を待っているところ。

人前なのに、こんな親とのスキンシップをまだ恥ずかしいと思わない時期だったのねぇ。

a0332222_11510092.jpg

当時は知らなかったデイビソンの生徒達ですが、この中には後に仲良くなった子たちが多く
含まれていて、現在でもその友情関係が続いています。

a0332222_11511108.jpg

トップ8によるカウントダウン・ラウンドが行われているところ。

a0332222_11512147.jpg


あっ、もう一つ∫から聞いた昨日のコンテストでのエピソードなのですが、上に述べた1位になった
生徒V君が、コンテストのある問題の答えが間違いと採点され、でも自分の答えが正しいと主張し
て、自分の学校(デイビソン)のコーチに異議を唱えたらしいんです。

その問題を見たコーチは、V君の主張(答え)に賛同し、∫に意見を求めてきたそうで、∫がそれを
チェックしたところ、∫自身はMathcountsの答えに同意し、その解法をコーチに説明したら、そ
の後、コーチも納得して∫に同意をし、V君に説明をしたと言ってました。

どうやらその問題はちょっとトリッキーな「確率」の問題だったらしく、よく注意をして考えな
いとうっかり間違いやすい問題だったらしいです。

デイビソンのコーチは∫に感謝してたとのことで、∫も自分が何らかの役に立てたことが嬉しかった
みたいです。

試験中の監督や採点、参加者の世話や雑用だけでなく、コンテスト中はこういった”数学の問題の
コンサルタント”的なことも結構、やってるみたいで、特にそういう部分を楽しんでいるみたいで
あります。

自分が好きな活動に携わり、尚且つ、地元の数学コミュニティへの貢献ともなり、素晴らしい事
ですよね。


いつもブログを訪問していただきありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加しています。
応援のポチを押していただけると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2018-02-05 12:18 | Academic/EC Records

今週は課外活動に忙しい!

少し前に大学受験の願書提出の作業も全て終え、やっとクレイジーな忙しさから解放されて精神的
に余裕ができたせいか、最近の∫はあれこれと課外活動に勤しんでいます。

月曜日はAcademic Olympics大会の初対戦に参加し、昨日の火曜日は大学の数学のクラス終了後、
数学の個人指導をしている(有給の仕事)A君の臨時レッスンを2時間ほど行い、そして本日は夕方
からは、地元で開催される、出願しているある大学の「応募者対象の説明会、Q&Aセッション」に
参加する予定です。

そして木曜日は普通通りのA君の個人指導(2時間)、翌日の金曜日はオンラインスクールの数学の
ピア・チュータリングのボランティア、その後、Academic Olympicsのクラブ活動(対戦2日目へ
向けての特訓)と、毎日、何やらイベントや活動の予定に活発に動いてます。


それプラス、今週末の土曜日にはMathcounts(中学生対象の数学コンテスト)の地区大会が開催
される予定で、∫は今年も試験監督、採点、様々な雑用の手助けをしに、ボランティアとして駆けつ
けるみたいです。

このイベントは7:30am〜2:30pmと7時間ほどもあるので、又もや、1日がかりのボランティア活
動となりますよねぇ。

∫は自分がミドルスクールを卒業して、このコンテストには参加しなくなった後もずっと毎年、地区
と州大会には「ボランティア」という形で参加しているのですが、今回の大会は特に個人的な思い
入れがあって、どうしても参加したいみたいなんです。


っと言うのも、この地区大会は∫の教え子のA君(現在6年生)にとって、初めてのMathcountsと
なるので、(Mathcountsの対象は6~8年生)A君の”モラル・サポート”(心の支え、励まし)と
して、彼の為にも是非、駆けつけたいと思っているみたいです。

(そしてもちろん、自分が指導する子の出来具合?も気なるらしい。笑)


だからその土曜日のコンテストに向けての特訓として、普段のレッスンに加えて、昨日の火曜日は
あくまでもボランティアとして、2時間、A君に臨時の”無料指導”をしてあげたということでした。


もちろん、その申し出は前もってA君のお父さんであるDr. C(彼はネバダ大学の生化学の教授)に
メールでしたとのことで、Dr. Cは∫のA君に対する思いやりももちろんのこと、無料でレッスンを
オファーしてくれた∫の寛大さに対しても感謝していたみたいです。

(昨日は自分が使っていた、AoPSの数学の教科書や参考書なども全部A君に譲ったみたい。全額
$500相当になるので、A君のご両親の顔に110.pngスマイルをもたらしたんではないかと思いますよ!)


最近の∫は、A君のことをまるで弟のようにかわいがっていて、A君の面倒も本当によくみてるし、
なんと言っても数学の指導だけでなく、その他、精神的、社会的な面でもA君にいい影響を与えて
いるようで、A君も∫のことをすごく尊敬していると言うのがわかります。


(私はA君のお母さんにも何度か会って話をしたことがありますが、とにかくお母さんも∫に対し
てだけでなく、私達(私とパパ)にまで感謝の気持ちでいっぱいみたいで、∫がA君に与えている
インパクトの偉大さを感じて、私まで嬉しく思います。)


∫自身もミドル時代にこういったメンター的存在がいたら良かっただろうになぁ。と、その時は
そういうアレンジメント(高校生に個人指導を頼む)など思いつかなかった私は、∫にその機会を
与えてあげられなかった事を申し訳なく思います。


(まぁ、でも、∫はミドルの頃から北ネバダ数学クラブに所属していて、そこで先輩高校生の
メンバー達から同じように面倒見てもらったり、いい刺激や影響を受けてきたから、実質的に
は同じようなものですが。)


大学受験関連の作業に追われていた頃の∫はげっそりとした顔していたけど、数学関連の活動に
楽しそうに勤しんでいる最近の∫は、目がキラキラと輝き、生き生きとした表情であります。

おまけ

今日の朝方(5時くらい)、スーパー・ブルー・ブラッドムーンを見ようとして、目覚ましをかけ
て起きて見たのだけど、なかなか上手く写真が撮れなくて残念。(パパ撮影)

ボケてるけど、とりあえず。ネバダから見たムーン。

a0332222_08204995.jpg


a0332222_09483831.jpg

いつも応援のポチを押して頂きありがとうございます!

ランキングに参加しています。
本日もお帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2018-02-01 09:44 | Academic/EC Records

数学キャンプでのあれこれ

数学キャンプ3日目の昨日、一日の仕事(?)を終えて夕方、帰ってきた∫は少し疲れ気味でした。

学習指導やレクチャーをするのは自分も楽しんでいるのでいいのですが、やはり参加者は小学生、
中学生達とまだ”子ども”であることから、指導中にソワソワと落ち着きなかったり、騒がしかっ
たりなど、やはり一日中(8時間)彼らの面倒を見るのはかなり身体的にも精神的にも労力を費や
すようですよ〜。(笑)

そりゃ、そうでしょうって。

私も∫がキンダーや小学校低学年の頃、1日数時間ほど先生のヘルプとして、ボランティアをして
ましたが、たかが2〜3時間でも小さい子達の相手をするのはめちゃめちゃ疲れましたもん。

それが毎日、8時間、連日で続くんですからねぇ。

とは言え、今回の冬のキャンプは夏の時よりも”環境的な状況”(天候や温度)が楽なので、ノイ
ズやざわざわ感、小さい子達にひっきりなしにつきまとわれ、質問ぜめにあったりなどの外界の
刺激に対しても、まだ寛容になれるとは言ってました。(笑)


(でも、さすがにランチタイムでも、まだ声変わりする前の甲高い声の子達に群がられ、次々と
色んな質問責めにあって、落ち着いて昼ごはんも食べられない状態にはちょっと圧倒され気味だ
とか言ってましたが。😂)


それでもやっぱり、∫は「人を指導すること(教えること)が心から好きみたいで、今回は中学生
の子達が多いグループを任されているのですが、その中にはかなり数学的思考が優れた子もいるら
しく、そういう子達が問題にチャレンジして解いている様子を見たりすると、嬉しくて興奮してし
まい、自分自身も彼らにすごくインスパイアされるなどと言ってました。


また、∫の話では、担当しているグループの中には6年生で既に、導関数の求め方(微分?)やら、
マトリックス(行列)の概念なども理解しているらしき子がいるようなのですが、そのわりには
Mathcounts(中学生対象の数学コンテスト)の問題に頭を抱えてかなり苦労をしていたりなんか
して、このコントラストは一体、なんなんや?みたいに面白がってました。


Mathcountsに出てくるような問題って、簡単そうに見えても結構、数学的思考やクリエイティ
ビティ、ある種の”ひらめき”的なものを要するものもあったりして、単に”解法を学んで、方式な
どを用いて解く”というスキルだけでは簡単に解けなかったりするんじゃないでしょうかねぇ。


∫の目指すところは、生徒の問題解決思考、数学的クリエイティビティ思考などのスキルや能力の
発達、育成で、今回のキャンプでは、特にそう言った分野がフォーカス、ターゲットとなってい
る為、普段以上にやり甲斐を感じているようです。

とにかく毎日、やることがいっぱいあって忙しく、疲れるみたいではありますが、でも全体とし
て本人もこれらの活動を楽しんでいるみたいですし、将来のいい”職業訓練”の機会ともなるので、
最後まで頑張って欲しいと思います。


尚、「キャンプの様子が見たいから写真とってきて〜!」と頼んだら、何だかもろ∫らしい画像が
送られてきてました。(笑)

*キャンプは地元の小学校で行われています。


朝、参加者がやって来る前に、机に問題用紙を置いたりして準備をしているところ。

a0332222_07393416.jpg

教室内には、レゴのベースが壁になったエリアがあるらしい。

a0332222_07394672.jpg


時には戸外に出て、野外学習活動なんかもしているみたいですよ。

それにしても∫が撮るショットって、∫の関心をそのまま捉えているわ。

見るのが忍びない木。😭

a0332222_07400005.jpg


a0332222_07401399.jpg

なっなんやねん?
a0332222_07402917.jpg


a0332222_07404512.jpg

こんな写真ばっかりでした。(苦笑)

おまけ

昨日の朝の空模様。昨日は空がどんよりとした厚いグレーの雨雲に覆われていて、一部に鮮やか
なピンク色の朝焼けが見えました。

a0332222_07410117.jpg


a0332222_07411187.jpg


a0332222_07412289.jpg


a0332222_07413227.jpg


そしてそれから1時間くらい後の景色。

a0332222_07414777.jpg


a0332222_07415590.jpg

いつも応援のポチを押して頂きありがとうございます!

ランキングに参加しています。
本日もお帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2018-01-12 08:52 | Academic/EC Records

Winter Math Camp '18

昨日(1/8)の月曜日から、∫が所属する北ネバダ数学クラブ主催の「冬期数学キャンプ」が始まり、
∫もこの5日間の間、カウンセラー/インストラクターとして、一日8時間フルタイムでボランティア
活動に参加します。

初日の昨日、キャンプを終えて帰ってきた∫は、サマーキャンプの時のゆでダコゾンビ状態とはうっ
て変わって、イキイキと嬉しそうな笑顔で1日の様子を報告してくれましたよ〜。

(∫は暑さにはてんで弱いけど、寒いのはかなり寒くても平気で、冬は生き生きしてます!)


前回の夏のキャンプでは小学校低学年の子もかなり参加していたので、内容にしても、指導の仕方
にしても、とにかく”じっくりと噛み砕いた”ごく基本的なものが多かったみたいですが、今回は参
加者も小学校高学年(4年生以上)から中学生と学年的にも上がり、内容もMathcountsやAMC
などの数学コンテストに出てくる類の問題を中心に練習/指導をするみたいで、∫は喜んでいます。


今回のキャンプの参加者の中には去年の夏開催された、∫のオリジナルコンテストに参加した子達
もかなりいたらしく、∫がこのキャンプにボランティアで参加するというのを聞き、∫を慕って応募
してくれたようです。

ランチタイムなどもその子たちが∫の周りに寄ってきて、何だかまるでファンに囲まれたセレブ気分
だったみたいですよ。(笑)


前回のサマーキャンプに参加していて知り合った、∫の個人指導の教子であるA君も今回のキャンプ
に参加しているらしく、キャンプ中は普段よりも長い間、彼との交流をエンジョイしているみたい
であります。

尚、今回、∫の他にも北ネバダ数学クラブの高校生メンバーが、同じくボランティアで駆けつけて
いて、彼らの中にはシニアもいることから、大学受験についての話題に花を咲かせたりしているみ
たいですよ。

(彼らの多くがデイビソンアカデミーの生徒。)


今年の6月で高校を卒業し、秋からは大学へ進学するので、∫にとってはこの冬のキャンプが最後の
活動となり、ちょっぴり寂しそうではありますが、どこへいくかはまだわからないけど、最終的に
いくことに決まった大学で、また、同じようなボランティア活動(チュータリング、キャンプカウ
ンセラー/インストラクター、コンテスト主催など)を続けるつもりだそうです。

大学のK-12 Outreach Program(地元の学校などの教育機関、教育者、家族などと関わり、教育
の促進を支援するプログラムなど)に携わる予定だとのこと。


「教育は個人の人生を大きく変える」というのが∫の信念で、自分も幼い頃、教育(療育)によって
人生の道筋、方向が大きく変わったので、(当時は普通に学校へ行くこともできないかもしれない
と言われたけれど、最終的には大学進学までたどり着いた!)自分が受けたインパクトを、同じよ
うに今度は別の個人に与えたい。という気持ちが強いみたいです。

(大学受験のエッセイにもそんなようなこと書いてましたよ。笑)

やっぱり幼いうちに一般に経験しないような事を経験すると、それだけインパクトを受け、あれこ
れと感じたり、思うこともあるんでしょうね。


私が高校卒業した時点なんて、とにかく自由が手に入ったのが嬉しくて仕方なく、方向性など全く
ない、糸が切れた凧のようでしたが、(とんでもないめちゃくちゃな事をしてた。苦笑)高校卒業
する前に、すでに自分が目指す方向がしっかりと見えている∫が羨ましく思えます。

おまけ

最近、曇りの日が続いていて、今朝も朝日が雲の間から見え隠れしてました。

a0332222_08025622.jpg


a0332222_08030614.jpg


a0332222_08031666.jpg


a0332222_08032623.jpg


いつもブログを訪問いただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
1日一回お帰りの際に応援のポチを押していただけると
更新の励みになります。
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2018-01-10 09:20 | Academic/EC Records

数学クラブ活動の様子

少し前の話になりますが、∫のオリジナル数学コンテストが行われた翌日の日曜日、いつものよう
に北ネバダ数学クラブ活動もあり、その時、∫はコンテストに参加できなかったメンバー達の為に、
コンテストの問題用紙を持参して配布したようでした。

未参加だったメンバー達は、クラブ活動が行なわれているビル内の別の部屋へ集まり、1日遅れは
したものの、∫の作成した数学の問題に意欲満々で挑戦したそうです。

a0332222_13133785.jpg

これは本番ではなく”練習”だったので、∫はヘルプが必要な後輩メンバー達の指導に回り歩き、
結構、忙しかったみたいです。

a0332222_13135933.jpg


a0332222_13140918.jpg


a0332222_13134903.jpg


この日は指導ボランティアとして、地元の大学(UNR)やコミュニティ・カレッジの数学の教授
も3人来ていたらしく、一人は∫のコンテストにも手伝いに来てくれたので馴染みがあったのだ
けど、他の2人はこの時初めて∫が作成した問題を見て、「とても興味深くてクリエィティブな
問題だ!よくできている!」と感心していたらしい。

(∫はとても嬉しそうにそのことを話してくれました。)

∫の作ったコンテスト問題をチェックしている教授たち。
(皆んなかなり若そうだけど、現役で教えてるみたい。)

a0332222_13132179.jpg


これから先は大学の願書作成などでますます忙しくなるので、毎週は、クラブ活動に参加で
きなくなるのが残念だと言ってますが、この数ヶ月をなんとか乗り切れば、また、活動を再開
できるので頑張れよ〜!


いつもブログを訪問していただきありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加しています。
応援のポチを押していただけると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2017-10-11 13:46 | Academic/EC Records

∫のオリジナル数学コンテスト問題の回答と解法

∫の作成したコンテスト問題の回答と解法です。

コンテスト問題は一つ前のエントリーにアップしてますので、まだ問題を見られてない方は、
どうかこの記事は無視して一つ前の記事へ飛んでくださいね。

■小学生(テーマラウンド)回答と解法

a0332222_12085258.jpg
a0332222_12090283.jpg
a0332222_12091640.jpg

a0332222_12092695.jpg
■中学生(テーマラウンド)回答と解法

a0332222_12093556.jpg
a0332222_12094464.jpg
a0332222_12095599.jpg
a0332222_12100304.jpg
a0332222_12101341.jpg
■高校(代数)回答と解法

a0332222_12102230.jpg
a0332222_12103153.jpg
a0332222_12104294.jpg
a0332222_12105370.jpg

■高校生(幾何学)回答と解法

a0332222_12110151.jpg
a0332222_12111183.jpg
a0332222_12112297.jpg
a0332222_12113146.jpg

a0332222_12114018.jpg
a0332222_12114939.jpg
a0332222_12115722.jpg
■高校生(離散数学)回答と解法

a0332222_12120568.jpg
a0332222_12121758.jpg
a0332222_12122425.jpg
a0332222_12123458.jpg
a0332222_12124548.jpg
a0332222_12125265.jpg

■高校生(チームラウンド)解法
a0332222_12130012.jpg
a0332222_12131653.jpg
a0332222_12132736.jpg
a0332222_12133731.jpg
a0332222_12134593.jpg
a0332222_12135502.jpg
a0332222_12140488.jpg
a0332222_12141521.jpg
a0332222_12142588.jpg
a0332222_12143634.jpg
a0332222_12144893.jpg
以上、私にはわけわかめなので、順番とか間違ってないといいのですが…(汗)

いつもブログを訪問頂きありがとうございます。

ランキングに参加しています。
お帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2017-09-19 12:27 | Academic/EC Records

∫のオリジナル数学コンテストの問題サンプル

オリジナル数学コンテストの翌日である昨日の日曜日、北ネバダ数学クラブの活動があり、この日
∫は、前日、コンテストに参加したメンバー達の為に、問題の回答や詳しい解法などの説明をした
みたいでした。

そして、残念にも都合上、コンテストに参加できなかったメンバー達には、問題用紙を持参して配
布したらしく、彼らは参加者とは別の部屋へ行き、そのコンテスト問題に挑戦していたらしいです。

コンテストも無事に終了したということで、∫から許可を得ましたので、(英語ですが)とりあえ
ず興味のある方の為に、長いので全部とはいきませんが、∫が作成したコンテスト問題の一部を、
サンプルとしてアップしておきたいと思います。

とりあえず今回は問題だけで、答えと解法はまた、後日、別のエントリーでアップする予定です。

では、まずこちらが小学生部門の4つあるうちの1つのラウンドの問題です。


■小学生(テーマラウンド)

a0332222_10411563.jpg

a0332222_10412586.jpg

■中学生(テーマラウンド)

a0332222_10413279.jpg
a0332222_10414236.jpg

a0332222_10415270.jpg
■高校生(代数)
a0332222_10420127.jpg
■高校生(幾何学)

a0332222_10421388.jpg

■高校生(離散数学)

a0332222_10422365.jpg
a0332222_10423390.jpg
■高校生(チームラウンドー仲間同士が協力しあって解くラウンド)

a0332222_10424385.jpg
a0332222_10425323.jpg
a0332222_10434037.jpg
a0332222_10435135.jpg
以上、これらは∫が作成した小・中・高の全部の問題の1/4くらいに過ぎず、これらに加えて更
に全ての問題の回答と解法まで作成したいるので、総合したらものすごい時間と労力を費やし
てますよ〜。

よっぽど好きじゃないと、なかなかできませんよねぇ。

ちなみに、私もちょっと頑張って小学生用のをトライしたのですが、えぇぇぇ〜、これ、マジ
で小学生用?って感じでギブアップしてしまいました。(苦笑)


コンテストに参加した小学生たちは、普段、学校でやっている、方式に当てはめて計算するだけ
の単純作業的mathに退屈していて、∫の問題を目をキラキラと輝かせて解いてエンジョイしてい
ましたが。

(親御さんたちも、こんな風に学校以外で子供が楽しめる機会や場所を作ってくれたことに感謝
してました。)

夏冬の数学キャンプといい、こういった数学コンテストといい、北ネバダ数学クラブの地元の
数学コミュニティへの貢献は大きいですよね!

∫もその活動の一部に参加することができ、とても満足そうであります。


尚、回答と解法は次回にアップします。

いつもブログを訪問いただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
1日一回お帰りの際に応援のポチを押していただけると
更新の励みになります。
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2017-09-19 11:13 | Academic/EC Records

∫のオリジナル数学コンテスト'17

昨日、少しだけ予告編(笑)としてお伝えしました通り、今回は昨日の土曜日に開催された、∫の
オリジナル数学コンテストの報告&その様子を捉えた写真をアップしておきたいと思います。

(ちなみに、興味のある方、去年のコンテストについてはこちらのリンク先へ。)


今回のコンテストも、去年と同様、∫が全て自分で小学・中学・高校部門の問題を作成しました。

(問題の最終チェックを担当していただいた、UNRの数学のプロフェッサーのDr. K、お忙しい中
∫の為に時間を割いていただき、本当にどうもありがとうございました。)

高校最後のシニアの学年となると、学業やその他の課外活動にも忙しい為、∫はこのコンテストに
向けて、時間がある時(主に夏休み中)に少しづつ、問題を作成して行っていたようです。

コンテスト会場である地元の小学校へ到着。

a0332222_06520865.jpg

スーツケースの中には莫大な量のコンテスト問題用紙やその他の書類が入ってます。

a0332222_06523363.jpg


a0332222_06524405.jpg

コンテストが始まる1時間ほど前から会場へ行き、準備をしました。

a0332222_12000887.jpg



a0332222_06531847.jpg


a0332222_06530882.jpg

開始30分ほど前から、受付に少しづつ参加者&その父兄達が到着し始めました。


a0332222_06532851.jpg

a0332222_06534279.jpg


a0332222_06540280.jpg


(これも自作の)コンテストのルールが詳しく説明された用紙を参加者に配っているところ。
(こういうのまできちんと準備するというのがもろ、∫らしいわ〜。笑)

a0332222_06542183.jpg


a0332222_06543668.jpg


a0332222_06545388.jpg

いよいよコンテストが始まりました!

参加者たちが、それぞれ試験が行われる教室へと向かっているところ。

a0332222_06550466.jpg


a0332222_06551497.jpg


a0332222_06552904.jpg


採点や集計のボランティアの人達に細かな説明をしている∫。

ボランティアとして、大学の数学の教授なども駆けつけてくれました。

a0332222_06554150.jpg


a0332222_06560160.jpg


a0332222_06555127.jpg


a0332222_06562239.jpg

プロクター(試験監視人)や採点者用の説明まで作成してました!(笑)
(数学の記号などを使ってスペリングしているところがちょっと粋じゃない?笑)
a0332222_07305841.jpg
コンテスト開始前、∫と話をしたかったらしく、小学生の女の子たちが採点ルームまで訪ねて来て
いて、まるでロックスターを訪ねてバックステージにやってきたファンの子達みたいでしたよ〜!106.png

∫と話ができてとても嬉しそうでした。

a0332222_06561330.jpg


a0332222_06563443.jpg


a0332222_06564642.jpg


コンテストは小学・中学・高校の各部門で、それぞれ4つのラウンドがあり、各ラウンドの間の
10分間ほどのブレイクを除いては、11時から4時まで5時間もあり、参加者たちは長時間の間、
チャレンジングな数学の問題に挑んで、本当によくやったなぁと思いますよ〜!

特に小学生の子たちにとってはかなりのタスクだったのではないかと思うのですが、試験が終わ
った後でも彼らはとても生き生きとして、難しかったけどやり甲斐があり、とても楽しんだなど
と言ってました!

ミドルスクールの部門の開始時間が遅れてしまい、少し早めに全てのコンテストを終了した小学生
と高校生は、中学生が終わるのを待っている間、∫司会による、「数学クイズ」などをして、暇を
つぶしていました。

(∫が数学の問題を読み、早い者勝ちで正解だった者がキャンディやバッジなどの商品を得ること
ができるというゲーム感覚のイベント。これは父兄たちも参加しても良かったのだけど、ほとんど
の問題を子どもたちが答え、親は出る幕がありませんでした。笑)


a0332222_06565794.jpg


a0332222_06571441.jpg


a0332222_06573229.jpg


a0332222_06582054.jpg


この間も、∫と話をしたがったり、問題について質問したりしてくる子たちの相手をしてました。

a0332222_06574100.jpg

ミドルスクールの子たち。

a0332222_06575163.jpg


a0332222_06580422.jpg

そしてやっと全てが終了し、いよいよ表彰式が始まりました。


a0332222_06584217.jpg


a0332222_06585451.jpg


a0332222_06583117.jpg


a0332222_06590560.jpg


a0332222_06591942.jpg


a0332222_06594258.jpg

a0332222_06595495.jpg


a0332222_07000902.jpg

今回、∫が数学の個人指導をしているA君もコンテストに参加してくれてました。

A君はまだ6年生になったばかりなので、残念ながら上位のランク入りを果たすことができま
せんでしたが、(ミドルの部門では7年生のデイビソンアカデミーの生徒が1位)結果はどう
であれ、コンテスト自体をとても楽しんだと言ってました。

(表彰式の時、A君のお父さんで、UNRの科学の教授であるDr. Cも様子を見に寄って下さっ
ていて、その後、∫にメールで「素晴らしいコンテストを実現させ、おめでとう!君が息子の
数学のメンターであることに、家族皆で大いに誇りを感じています。」と優しい言葉をかけて
くれ、∫もそれを読んですごく喜んでました。)


前回と同様、今回も∫は多くの父兄の方たちからお褒めの言葉を頂いたり、子供たちのために
こういった素晴らしい機会を作ってくれたことに対して、感謝の言葉をいただき、生徒たち、
特にまだ若い小学生の子達に学校の学習では触れることがあまりない、問題解決力やロジック、
クリエイティビティを用いて解くタイプの算数・数学を知ってもらいたいという自分自身の思
いが叶ったこともあり、こういった父兄達の感謝の声を聞き、∫もとても満足そうでしたよ!


2回目であるこの∫のオリジナルの数学コンテスト、参加者達もすごくエンジョイしたみたい
でしたし、親御さんたちはそんな子供たちの姿を見て、これまたすごく喜び、親も子も皆が
とても素晴らしい時間を過ごせることができたようで、今回も大成功となりました!


∫の思いと企画を真剣に聞いて、できる限りのサポートをしてくれた数学クラブのコーチのG
さん、そして、ボランティアに駆けつけてくれた皆さん、∫の問題を最終チェックしてくださ
ったDr. K、皆さん、本当にありがとうございました!

帰り道の空模様。

a0332222_07002864.jpg


a0332222_07004194.jpg

いつもブログを訪問頂きありがとうございます。

ランキングに参加しています。
お帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2017-09-18 09:17 | Academic/EC Records

疲れた…(;´ρ`)

本日の土曜日、∫のオリジナル数学コンテストが地元の小学校で開かれ、今日は私とパパも朝から
夕方まで一日中、回答の採点や集計、その他諸々の作業の手伝いをしに行ってました。

久々にランチを食べる暇もないほど、バタバタと慌ただしく走り回って一日中(7時間ほど)ぶっ
続けで働いたので、心身ともにめちゃくちゃ疲れましたよ〜!(;´ρ`)

(日々、のらりくらり、気ままに暮らしている専業怠け主婦の私は、フルタイムで働きに出かけて
いる方を本当に尊敬します!毎日ご苦労様です!)


去年に引き続き、今回のコンテストもすごく充実したものとなり、∫もすごく満足そうでした。

今日はもうくたくたに疲れてしまって集中力がない為、コンテストの詳しい様子や写真などは又、
後日アップしたいと思います。

大きなハプニングもなく、なんとかスムーズに事が運び、参加者(生徒と父兄)皆んながとても
楽しい時を過ごせたようなので良かったです〜!

とりあえず、これで全てが終わってホッと一安心です。

(∫本人は、明日の北ネバダ数学クラブ活動で、コンテスト参加者達(多くがクラブのメンバー達)
に、回答や解法などを詳しく説明するプレゼンのセッションが予定されているらしく、明けても暮
れても数学三昧の日々を送っておりますが…苦笑)


いつもブログを訪問いただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
1日一回お帰りの際に応援のポチを押していただけると
更新の励みになります。
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2017-09-17 14:06 | Academic/EC Records

カテゴリ

Introduction
∫の世界
∫の作品
Math (数学)
Gifted/2e
Japanese
High School
School Clubs
Tutoring/Mentoring
Academic/EC Records
University (UNR)
Community College
アメリカの大学受験
Life Skills
Driving Practices
発達障害
教育・学習
脳科学・心理学
育児
Memories
Resources
Family
Family Outings
Outdoor Activities
∫パパ
日々の出来事
シニア大学生の準備
その他の学習
英語学習(目指せC2!)
私の事
風景・空模様
Wildlife
Favorites
Miscellaneous
テレビドラマ・映画
なんとなく思った事
意見の衝突など
ちょっとした情報

最新の記事

今までどうもありがとうござい..
at 2018-06-30 18:09
♪California, H..
at 2018-06-28 18:53
とりあえず生きてます…
at 2018-06-25 05:18
∫の4歳の時の作品集
at 2018-06-21 10:25
∫の学校、最後にずっこけ〜&..
at 2018-06-20 12:54

以前の記事

2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

フォロー中のブログ

あーちゃんはmath kid
あーちゃんは数学のギフテッド
アメリカのギフテッド&2e情報
Brilliant Chaos

外部リンク

記事ランキング

メモ帳

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

夕焼け・朝焼け、雲などの空模様の写真満載の私のもう一つのブログです。
Mystica Caelum

アメリカのギフテッド教育、主にレンズーリ教授の提唱する全校拡充モデル(SEM)について紹介されているブログです。
EmbracingGiftedMinds

親バカコーナー 😊
2015 ARML
a0332222_07545094.jpg
a0332222_06213436.jpg
AIME '15
a0332222_06281821.jpg
AMC12 '15
a0332222_06570886.jpg
AMC12 '15
a0332222_06531787.jpg
MATHCOUNTS
National '14
a0332222_06311300.jpg
a0332222_06312311.jpg
MATHCOUNTS
State '14 個人戦
a0332222_06313237.jpg
AMC10
a0332222_06315148.jpg
AMC8
a0332222_06314196.jpg
CTY SAT MATH
a0332222_06215768.jpg
Flag Counter

ブログジャンル

子育て
教育・学校

画像一覧