アメリカに住む17歳の数学少年∫の毎日の出来事や思い出などを綴っています。念願の大学へ進学する為、6年半住んでいたネバダ州から古巣のカリフォルニアへ帰って来ました。


by あーちゃんママ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:Math (数学)( 88 )

就職やインターンシップの機会にも繋がる?

数ヶ月前、オンライン数学教育サイトのAoPSから∫宛てに郵便が届いていたのですが、又どうせ
コース申し込みの勧誘や宣伝かなにかと思い、∫も私も封筒を開けずにそのまましばらくの間ほっ
たらかしにしてました。

で、少し前に、(捨てる前に一応は中身をチェックしとこう)と思って封筒を開いて見てみると、
なんと、AoPSでの数学に関する仕事の機会についての案内?情報?だったではありませんか!

a0332222_11220757.jpg

a0332222_11222385.jpg

Congratulations on your successful performance on the AIME in 2017."って、
やっぱりAoPSもAMCやAIMEといった、全国規模の数学コンテストの成績(統計)もしっかり
チェックしているみたいですね。

AMC12でHonor Roll (top 5%)だったり、 AIMEで好成績をあげた者達は名前や成績が統計に
載るので、それらのリストを参考にしているんでしょう。

これまでに様々な教育団体や企業などから、オンライン数学コースの案内や、サマーキャンプの
勧誘メールなどは頻繁に送られてきてましたが、職やインターンシップの機会のお誘いというのは
今回が初めてだわ〜。

やっぱりこういった全国規模の、その分野でかなり名の知れたコンテストで好成績をあげておくと、
(実績を残しておくと)後々、色んな機会へと繋がる可能性も高くなるのでいいですね。


いつもブログを訪問していただきありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加しています。
応援のポチを押していただけると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2018-05-30 12:10 | Math (数学)

高校時代最後の数学コンテスト

先週の土曜日、UNR(ネバダ大学リノ校)で数学コンテストのARML地区大会が開催され、∫も参
加してきました。

尚、今年は大学進学の為の準備(引越しなど)で忙しくなる為、毎年6月の始めにラスベガスで行
われるARML全国大会には参加しない事にしたので、この地区大会が高校時代の最後のコンテスト
となりました。

通常だったら高校時代、毎年、全国大会へ参加しても4回なのだけど、∫は7年生のミドルの年から
行き始め、今までにすでに5回も参加している事から、本人はそれで十分、満足だとのことです。

(特に去年は北ネバダ数学クラブのメンバーの中で最高得点、そして個人の最高記録を達成し、満
足の行く結果で終えることができたので悔いはないそう。)


地区大会のコンテストを終了して帰ってきた∫の話によると、今回は北ネバダ地域の様々な学校から
数学の強者達が「高校生部門」に参加していたそうで、どうやら∫と、もう一人の子(デイビソン・
アカデミーの生徒だったらしい)が最高得点の同点だったらしく、その後、タイブレーク(同点の
決着戦)で最終的にはもう一人の子が1位の座を獲得したということでした。


(決着戦は口頭で先に答えた方に得点が行くという形式で、”40以下の数で素数はいくつあるか?”
というような、問題自体は簡単だけどスピードを競いあう対戦だったみたいで、ナノセカンズの差
で相手に先を越されたらしい。涙)


まぁ、でも実質的にはARMLの問題に関しては同点だったので、それほど悔しがってはなかった
ですが。

(地区大会において、個人的に最高得点を獲得することができたので、自己満足してました。笑)


これをもって高校時代の数学コンテスト経歴には終止符が打たれたのですが、∫は大学へ進学して
からも引き続き、コンテスト活動には参加するつもりだとのことで、これからは大学生対象の
Putnamに挑むそうです。


あっ、そう言えば、UCLAもPutnamでなかなか頑張っているみたいで、去年(2017年)におい
てはUC Berkeleyを抜いて、全国で5位となってましたよ〜!

(おぉ!2016年はCarnegie Mellonが1位だったみたいですね!)


大学生になっても学業だけでなく、数学関連の課外活動にも忙しくなりそうだけど、頑張ってね。


パパがUNRで∫のコンテストが終わるのを待っていたら、いつも∫が個人指導のセッションをやって
いるスチューデント・ユニオンの建物の前で何やらイベントが行われていたそうです。

a0332222_08501175.jpg


a0332222_08502318.jpg


a0332222_08504565.jpg


フラフープをしている女性。動きがスムーズでとても上手だったとのこと。

a0332222_08505568.jpg


a0332222_08510571.jpg


a0332222_08511761.jpg


いつも応援のポチを押して頂きありがとうございます!

ランキングに参加しています。
本日もお帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2018-04-24 09:49 | Math (数学)

∫の新しいプロジェクト

まず始めに。

又しても個人的なメッセージで申し訳ないのですが、いつも楽しく拝読させてもらっているポンチ
君ママさんのブログの記事で、∫に対してとても素敵な受験合格の祝いのお言葉をいただいてます
ので、この場を借りて、ポンチ君ママさんへお礼を言わさせていただきたいと思います。

ポンチ君ママさん、どうもありがとうございます!

アメリカの大学受験は本当に複雑で、何が何やらよくわからず、クルーレスなまま、何とかここ
までたどり着き、本人が望む大学へ行けそうなので、私たち家族全員、本当にありがたい気持ち
でいっぱいであります。

いつも∫の事を応援して下さり、本当にありがとうございます!

(ママさんの記事にあったUCLA Bruin Dayの動画を観たら参加したくなったけど、うちは距
離的、スケジュール的な関係で参加できそうになくてとても残念…行きたかったなぁ…😭)

私も真似して貼ったりして。(笑)





さて、ここから本題です。

大学受験もひと段落し、最近は少しばかり自由にできる時間が増えたせいか、少し前から∫は何や
ら又、新しい数学関連のプロジェクトを開始したようです。


そのプロジェクト/活動と言うのが、CyberMath Academyというネットの数学/CS教育サイト
が提供している数学コンテストの問題作成チームの一員として、仲間達と共同で数学の問題を作る
活動に携わることになったらしいんですよ。


そしてそれだけでなく、更にこの教育サイトがオファーする様々なコースのカリキュラム(レッ
スンプラン)作成をする”カリキュラム・コーディネーター/デザイナー”という、新たな分野にま
で足を踏み入れたらしく、最近は連日のように、他のチームコーディネーター達と共に、ネット
を通して共同で活動に取り組んでます。

(よく、彼らとスカイプやGoogle hangoutの形でビデオ・コンファレンスなどをしていて、私
は邪魔をしないように気をつけてますよ!)


実はこの新しいプロジェクト、∫が以前、北ネバダ数学クラブで仲良くしていた元チームメンバー
達(2人)からリクルートされたみたいです。


∫からCyberMathという名前を聞いた時、(あれ〜?どっかで聞いたことがあるような?)と思
ったら、そう言えば、過去にこの団体?企業から∫宛にサマーキャンプ参加の勧誘メールみたいな
のが届いて、道理で聞き覚えがあったはずだと思いました。


∫のAMCの結果について触れていたので、こういう機関って、やっぱ、ちゃんとAMC(数学コン
テスト)の統計や受賞者リストとかチェックしてるんですねぇ。


最終的に∫がチームメンバーとしてこれらのポジションを得ることができたのも、数学仲間達の推
薦や∫のこういった実績などがあったみたいなので、やはり人脈と、コツコツと実績を積む努力は
とても大切ですよねぇ。。

a0332222_11530105.jpg


尚、∫を誘ってくれたこの二人、∫より年上の元デイビソン・アカデミーの生徒で、現在は大学へ
行きながら、CyberMathのインストラクター、カリキュラム・コーディネーターとして活躍して
いるようです。

それぞれ皆、距離的に離れてしまっても、今だにこんな風にネットで連絡を保ちながら、共に情
熱を抱く活動に携わり続けているって、本当に素敵だなぁと思いますね。


現在の時点ではほぼ、”ボランティア活動”という感じなので、お金などはもらってないみたいです
が、将来、数学の教育者を目指す∫としては、この活動は絶好の職業訓練の機会となるし、まぁ、
インターンシップみたいなものですね。

こういうのが好きな∫は、とても楽しそうにやってますよ!

あぁぁ、それにしてもこの活動、もう少し早く始められていたら(高校のジュニアの頃くらい)
大学受験の願書にも報告できたのに残念。

まぁ、最終的に本人が十分、満足できるいくつかの大学に合格できたから文句は言えませんね。


いつも応援のポチを押して頂きありがとうございます!

ランキングに参加しています。
本日もお帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2018-04-05 12:15 | Math (数学)

Berkeley Math Tournament (BMT) '18

Berkeley Math Tournament (BMT)に参加するのも今年で最後なんだと思うと、何やら妙に
センチメンタルな気持ちになってしまいます。

去年(’17)は何かの都合で行かなかったのですが、'14, '15, '16、そして今年(’18)と、これ
までトータルで4回参加したんですねぇ。

それらの様子につきましては、こちらの過去記事でリンクしていますで、興味のある方はそちらを
訪ねてください。

高校時代最後となった今回は、∫は北ネバダ数学クラブのチームとして参加したのですが、今年は
∫が学校の数学クラブからリクルートした9年生の女の子、Cさんもチームメンバーの一人として
参加しました!

(いつもはほとんどデイビソン・アカデミーの生徒ばかりなので、今回、∫は自分の学校からも
参加者がいて、とても嬉しそうでしたよ!)

実はこの数学少女のCさん、∫の誘いで今年初めてAMC10にも挑戦したんですよ。

∫のオンラインスクールは予算の関係により、テストの開催は中止になってしまったのだけど、∫
がデイビソンの数学コーチに彼女も∫と一緒にデイビソン・アカデミーで受験できるように交渉
したらしいです。

(数学クラブのキャンプテンなので、メンバーの面倒を結構、よく見ているようです。☺️)

今回はそのCさんも、パパと∫と一緒にパパの運転する車でバークレーへ行きました。

UC Berkeleyへ到着。∫にキャンパスの様子を写真に撮ってきてと頼んでいたのに、∫のiPhone
に写っていたのはほとんど「地下の駐車場」の写真ばかり!

こんな写真ばっか!なんやねん…

a0332222_11515377.jpg


a0332222_11520418.jpg

やっぱり今でも”地下駐車場フェチ”なのねぇ…(^_^;)

これらはパパが撮った写真です。

a0332222_11521861.jpg


a0332222_11523495.jpg


a0332222_11524999.jpg


a0332222_11530450.jpg


何だか、ほのぼのとしていていい感じですよね。

Sather Gate

a0332222_11531562.jpg


a0332222_11540902.jpg


北ネバダ数学クラブの他のメンバー達と落合い、コンテストが開始するのを待っている様子
みたいです。

a0332222_11533255.jpg


a0332222_11534286.jpg


a0332222_11535724.jpg


a0332222_11542134.jpg

バークレー名物のSather Tower (セイザータワー)

a0332222_11543793.jpg

コンテストが終わる頃にはすっかり日が暮れて、周りは暗くなってしまってたそう。

黄昏時のSather Towerも素敵ですね。

a0332222_11545046.jpg


結果の方ですが、∫の話によると、今回、個人戦でなかなかいいところまで行ったそうで、特に
個人戦で選んだ2つの分野の試験のうち、Number Theory(数論)でかなりいいスコアをあ
げることができたようで、数論を選んだ約120人の参加者の中で、上位15位くらいまで行った
そうでした。


実は後1問正解だったらトップ10に入っていたらしく、1問はわかっていたのにケアレスミス
をしてしまい、(単純な計算ミスだったそう)上位10位のランキング入りを逃すことになった
らしく、ものすご〜〜〜く悔しそうでした。


*尚、今回のコンテストにはカリフォルニア、そしてその他の州からも中高校生が400人ほど
参加していたらしく、個人戦においては5つの分野(Calculus, Combinatorics, Algebra,
Geometry, Number Theory)から自分の好きな分野を2つ選び、その分野でそれぞれが競
い合うという形式だそうで、各分野には約120人くらいいたらしいです。

120人の数学の強者達の中で、上位15位なんて大したものだと思いましたよ〜!


∫のミドルスクール時代からの数学仲間で、現在はあのProof Schoolの生徒である超数学優
秀少女FさんもBMTに参加していて、なんと偶然にも∫と全く同じ2つの分野を選んでいたら
しいのですが、(Number TheoryとAlgebra)Algebra(代数)の方は彼女と同点、そして
Number Theoryの方は1問だけ彼女が上で、Fさんは10位のランキングだったそうです。

ケアレスミスさえしなければ、彼女とどちらも全く同点で、∫も彼女と同じように10位で名前
がスクリーンに発表されたのに…とものすごく悔しがってましたよ。

その失敗や悔しい気持ちをバネして、これからは同じ間違いを繰り返さないように、前進して
いくんではないかと願ってます。


でもこうして振り返ってみると、Fさんとほぼ、似たようなスコアを出すことができたという
のは、これはかなりのプログレスですよ〜。

だって、彼女はミドル?高校の初めの頃から様々な数学コンテストでかなり優秀な成績をあげ
ていて、9年生か10年生の時にすでにAMC10でUSAJMO (USAMOの10年生以下版)の資
格を得るほど高い数値を出したりしている、バリバリの数学少女なのですから。


数年前までは明らかにFさんの方が数学の知識やスキル的にも上でしたが、今年のAMC12の
結果から見ても、(二人はよくメールでコンテストの結果などもシェアしたりして、交流を
続けているみたいです。)最近は∫もかなり彼女に近づいてきている感じがし、おぉぉ〜、∫
も数学的にここ数年で著しい発展を遂げてるや〜ん、とうれしくなりました。

やっぱり大学でかなりチャレンジングなコースとかも取ってるし、日々、色々な数学の問題
を解いたり、自分で作成したりしているから、それらがいい訓練になってるんでしょうかね。

あっ、そうそう、このFさん、∫と同じ学年で現在、シニアなんですが、なんと、MITに合格
したらしいですよ〜!

すごいな〜!

この二人、多分、お互い、それぞれの大学へ行ってからも、Googleチャットやメールで交流
を続けていくんでしょうね。

様々な数学コンテストを通じて知り合った数学仲間達との繋がりって、本当に親密で深くて、
多分、一生涯続くんじゃないかと思います。


とりあえず、これをもちまして、BMTは終了しました。

大学に行ったら、今度はPutnam(大学生対象の数学コンテスト)を目指して励むそうです。

いつも応援のポチを押して頂きありがとうございます!

ランキングに参加しています。
本日もお帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2018-03-21 14:47 | Math (数学)

誰がシニア病だって?( `_ゝ´)

いやぁ〜、∫は(ひらがなとカタカナは読めるけど)日本語は読めないから、と安心していたら、
どうやら定期的に私のブログをGoogle翻訳で訳してチェックしているみたいで、昨日、めちゃ
くちゃふてくされた顔をして私のところへやってきて、

「誰がシニア病だって????」( `_ゝ´)

って、文句言われてしまいました〜。😂

(一つ前の記事を読んだらしい…笑)

だって、本当のことじゃない〜。

結局、昨日(土曜日)も朝からMathcounts州大会のボランティア活動に出かけていて、午後3時
頃帰ってきてからも、ぐだぐだとパソコンの前で勉強以外のことばかりしていたくせに。


あっ、そうそう、それで思い出しましたが、∫の話によると、今年のネバダ州のMathcounts優勝
者は、ラスベガスにあるSTEM系のミドルスクールの8年生の子だったそうです。


この学校からは毎年、全国大会出場者を出していて、∫の年(2014年)も、ネバダ州のメンバー
4人のうち、∫以外の3人は皆んなこの中学校(Hスクール)の子達でした。


そのHスクールの生徒が1位で、2位はデイビソン・アカデミーの生徒で∫が所属する北ネバダ数学
クラブのメンバーでもあるV君、(彼は∫のオリジナル数学コンテストにも参加し、ミドルの分野で
1位だった。)3位が何と、同じくデイビソンの生徒であり、あのユニコーン君の妹さん(やった!
math girl)で、4位が1位と同様、Hスクールの生徒だったそうです。

うわー!ユニコーン君に続いて、妹さんまでもが全国大会へ進出なんてすごいわ!


そして、全国大会参加チーム(トップ4)に女の子が入っているのはうちの州ではごく稀な事で、
私が個人的に知る限り(∫が参加し始めてからだから、今年でかれこれ7年目)だと、今回が初め
てであります。

兄妹ともども州全体でトップ4位内にランキング(1位&2位)するなど、本当、すごいわぁ。

もしかしてこの2人のお父さんとお母さんも数学が得意だったりして?146.png


それから、残念なことに、∫の教え子のA君は今年は北ネバダ地域でトップ8位以内には入れなか
ったそうですが、まぁ、それは仕方がないでしょう。

A君はまだ6年生なので、これからまだまだチャンスはありますし!

∫の話では、A君だと8年生までに全国大会へ行ける可能性は十分ある!とのことですので、来年、
再来年を目指して頑張ればいいですよね。


というわけで、今年は南ネバダ(ラスベガス)から2人、そして北ネバダ(リノ)から2人と、ち
ょうどバランス良い結果となりました。

ありゃ、なんだか内容のほとんどがタイトルと関係ない話になってしまいましたね。(^_^;)

さて、ボランティア活動もひと段落した事だし、これから少し本腰入れて、遅れている学業に専念
して欲しいです。

追記

すいません。最近、記憶がおぼろげになってしまい、1年前の事も完全に忘れてしまってましたが、
ユニコーン君の妹さん、今回が初めてではなく、去年(2017年)のMathcounts州大会でも4位
にランク入りし、全国大会へ出場していました。(汗)

何だか私の中で、地区大会と州大会を混同していたみたい…

1年前のブログの記事で書いてるやん!って、自分で自分を罵ってましたが。苦笑)

という事で、ネバダ州からの女子で全国大会進出は、今年で2年目となります。

フェイクニュースを報告してしまい、申し訳ありませんでした。😂


いつもブログを訪問いただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
1日一回お帰りの際に応援のポチを押していただけると
更新の励みになります。
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2018-03-12 12:35 | Math (数学)

AMC12 & AIME '18

数日前にやっとデイビソンアカデミーの数学教師であるMr. Mから正式な結果報告がメールで送ら
れてきて、喜ぶべきことに、∫は今年もなんとか無事にAIMEの受験資格(上位5%以上)を得る事
ができました。

そのスコアレポートによると、今年はAMC12のAとBの両方とも去年を上回る数値で、特にBの方
はこれまで受験した最高の数値となっていて、何と、スクール内(デイビソンアカデミー)におい
ても2位だったということでした!

もちろん、1位はこのブログでもお馴染みの、あのユニコーン君🦄でした。

(ユニコーン君はまだ10年生だけど、すでにUSAJMO qulifierで、8年生の時のMathcounts全
国大会では第3位だったという、驚異的な数学の強豪。)


デイビソンアカデミーの生徒、特に数学が秀でた生徒たちの中で、学校内で2位の座を得るという
のはなかなか容易いことではないので、∫は送られてきたスコアレポートのランキングや皆の統計
をとても嬉しそうな顔して見てましたよ〜。


Bの方のスコアはAIMEのカットオフ(トップ5%ーHonor Roll)を余裕でクリアしていたので、
おっ、これはもしかするとトップ1%ーDistinguished Honor Roll)に届いているかも?っと
淡い期待を胸に抱いていたのですが、惜しくもたった1.5点の違い(1問の違い)で残念ながら
DHR (Top 1%)を受賞するに至りませんでした。本当に惜しい〜。😢


まぁ、でも∫の話によると、上位1%に限りなく近い数値なので、(上位98.8 or 98.9くらい?)
数学の強者達が集まる全国規模のコンテストで、上位2%以内の数値を得ることができたと言うの
は、なかなか満足のいく結果だったのではないかと思います。

(上位1%のDHRの受賞者は、55,000人以上の受験者の中で400人以下くらい。)


そして結果レポートが送られてきた翌日、デイビソンアカデミーでAIMEが開催され、∫も参加
してきました。

AMC12の好成績で喜んでいたのもつかの間、今年のAIMEはかなり難度が高かったらしく、ま
だ正式な結果は出てないものの、∫が感じるところでは、今年は思ったような結果は期待できな
いだろう、とのことでした。


まぁ、とりあえずベストを尽くして挑んだのだから、それはそれで十分ではないかと思いますよ!

試験によって(出題問題の傾向によって)結果が良い時も、そうでない時もあるでしょう。


大切なのは、結果がイマイチで落胆しても、それで絶望して諦めてしまうのでなく、むくっと起き
上がって、困難や壁を乗り越えて前進する心意気だと思います。


∫は数学に関しては”打たれ慣れている”ので、こういった一時的な障壁も、数学の道を歩む上では
避けては通れないものとして見て、これからも怯まずに突き進んでいくでしょう。


ということで、これをもちまして高校時代のAMC、AIMEが全て終了しましたが、最終的には全
体として見るとまぁ、それなりにまずまずの好成績で幕を閉じることができたので、喜ばしい事
ではないかと思います。

大学になると今度はPutnamを目指すのかなぁ?

まぁ、これからも頑張ってください。

ハイウェイから見た夕日。

a0332222_09312552.jpg

a0332222_09311026.jpg

いつも応援のポチを押して頂きありがとうございます!

ランキングに参加しています。
本日もお帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2018-03-08 09:51 | Math (数学)

今年もAIMEのカットオフ数値を超えられるか?

この時期、アメリカの中高校生達は様々なコンテストや大会で忙しいですね〜。

私が長年、ブログを読ませていただいているKuraさんとこのケイ君も、ごく最近、遂に晴れの
Mathcounts大会デビューをしたみたいで、その事について書かれているこちらの最新記事を、
ハラハラドキドキしながら読ませてもらいました。

いやぁ〜、ケイ君、コンテストでの好成績ももちろん素晴らしいのですが、セルフ・コントロール
の部分などでもかなりの成長が伺われ、昔からケイ君の様子を伺わさせてもらっている私としては、
とても嬉しく思います〜。

math kidケイ君のこれから先の活躍がとても楽しみです。

そしてKuraさんと旦那さんのケイ君に対する愛情のこもったサポートにはいつも感心させられて
ますし、これからも応援していますので頑張ってくださいね。


さて、うちの「昔はまぁ、それなりに可愛らしかったmath kidだけど今ではすっかりむさ苦しい
math dude」になってしまった∫も、少し前にAMC12(高校生対象の全国規模の数学コンテスト)
を受験して、その結果をソワソワと落ち着きがなさそうに待っています。


AMC12でスコアが全国の上位5%以上(AMC10だと上位2.5%以上)の者達が、次のステップで
あるAIMEに招待されるのですが、なんと、このAIME Iの試験は来週の火曜日(3/6)に予定され
ているというのに、3/4現在の時点において、これらのコンテストの開催機関であるMAA (Math
ematical Association of America)からまだ何の正式な発表がないんですよ〜。

AIMEまであと2日しかないのに。

もちろん、ソワソワドキドキ、ハラハラして正式なカットオフスコアを待っているのは∫だけでなく、
AoPSコミュニティの掲示板でも皆、気が狂わんばかりにあれこれと情報を求める書き込みで賑わ
っているみたいですよ。

中にはすでにコーチやプロクターからカットオフ数値を知らせてもらった子や、数学界ではかなり
有名なMathcountsのコーチが”MAAから受け取ったオフィシャルな数値報告”として、その数値を
ポストしたりしているらしいので、まぁ、かなり信ぴょう性の高い情報が出回っているようではあ
るみたいですが。

∫も金曜日にデイビソンのコーチであるMr. Mにメールで尋ねてみたようなのですが、その時はまだ
Mr. Mは結果を受け取ってなかったらしく、「多分、正式な報告は月曜日(3/5)に送られてくるはず
だから、結果がわかり次第直ちに連絡するから。」という返事をもらったそうです。


というわけで、正式な結果は明日の月曜日まで待たなくてはならないのですが、でも、AoPSの書
き込みによる情報が正しいとすれば、そして、∫がよっぽどのケアレスミスとかしてなければ、どう
やら今年もAIMEのカットオフスコア(上位5%)を超えることができたみたいなので、とりあえず、
警戒しながらも喜んでおります。

明日の朝、Mr. Mからの確認を得て、その翌日にデイビソンでAIMEを受験する予定であります。


この日は12:00PMからUNR(ネバダ大学)の数学のクラスがあるのですが、AIMEにかかる時間
帯が8:30AM〜12:30PMくらいということで、大学の授業に間に合わないので、その日は欠席す
るそうです。

でも、すでに予めその事を教授に話していて、教授も快く了解してくれてるみたいなので、安心
して試験に挑むことができます。

AoPSの情報が正確でありますように。

そして∫が思い違いして数値が違ってた!ってことありませんように。

全ては明日、明らかになります。

Wish us luck!

(高校最後の年もAIMEにqualifyして、気持ちよく卒業できたらいいなぁ〜。)


いつもブログを訪問していただきありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加しています。
応援のポチを押していただけると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2018-03-05 12:02 | Math (数学)

Mathcounts Handbook

私的なメッセージで申し訳ないのですが、いつもこのブログを読んで頂き、(エキブログのイイネ
まで押して頂き)ご自身のブログで私の記事を紹介してくださったり、私や∫についても素敵なお言
葉をかけて頂き、ポンチ君ママさん、どうもありがとうございます。


色々思う事があって、私は現在、このブログのコメント欄を閉じているし、(その理由は又、機会
があれば説明したいと思っています。)ポンチ君ママさんの方も基本的にはコメント欄を閉じられ
ているようなので、お互い連絡が取り難いのですが、(苦笑)私もいつも、ポンチ君ママさんのブ
ログを楽しく読まさせてもらってますし、ポンチ君やママさんが抱える悩みやチャレンジなども、
自分自身が経験してきたゆえ、とても他人事と思えず、時にはもどかしい思いでいっぱいになりま
すが、応援していますので、ポンチ君の教育アドボカシーの方、頑張ってくださいね。


ポンチ君も∫と同様、数学が大好きみたいで、少し前の記事で読んだところでは、なんでもAoPSの
本?問題集?を購入されたとあり、もしかしたらポンチ君、Mathcounts(アメリカの中学生対象
の数学コンテスト)の問題なども楽しむのではないか?と思ったので、リソースの一部として、問
題と答えが載っているハンドブック(PDF)をリンクしておきますね。

(もし、すでにご存知でしたらごめんなさい。)

(アメリカでミドルスクール(6〜8年生)の数学好きのお子さんをお持ちの方達、是非、チェック
してみてください!)



ただ今、全米の各地でちょうど、このMathcountsの大会が開催されている最中ですね〜。

2月はChapter(地区大会)そして3月は State(州大会)が行われ、州大会でトップ4位にランク
する個人4名が、その州の代表として5月にNational Competition(全国大会)で競い合います。

∫が8年生の時、州大会にてネバダ州で1位となり、フロリダで行われた全国大会へ出場してからも
うすぐ4年というのが信じられない!

月日の経つのは本当に早いものですねぇ。

あっ、それで思い出しのですが、少し前に∫の洗濯物をしていて、洗濯機から乾燥機に洗った服を
移している際に、洗濯機の底に何やらカラカラと音をさせている小さなものがあったので拾って
見てみると…

Mathcountsのピンだったではありませんか!

a0332222_11562663.jpg


どうやら少し前にボランティアとしてMathcountsの北ネバダ地区大会へヘルプしに行った時、主
催者からお礼の印として、特別にもらったものらしい。


∫に聞くと、ズボンのポケットに入れたまま、そのズボンをそのままハンパーに投げ入れてしまった
らしく、ズボンと一緒にピンまで洗濯してしまったという。(~_~;)

もう、∫ってこういうところは変わってないわ〜。


まぁ、洗濯しただけならいいのだけど、ミドルの頃、高校生に混じって当時通っていたSTEMの
チャータースクールでAMC10 AとBを受験し、両方のバージョンで高校生(9、10年生)よりも
高いスコアをあげ、学校で1位となって、School Winnerのピンを2つ受賞したらしいのですが、
それを制服のズボンのポケットに入れていたらしく、学校から帰ってきた時には1つしかなくて、
もう1つはどこかで失くした事もありました。(-。-;

このピン

a0332222_11561403.jpg


本当に2つもらってて良かったですよ〜。(そして2つとも失くさなくて良かった〜。汗)

多分、校内のどこかで失くしたと思うのですが、落し物届けとして上がっていなかった事から、もし、
仮に誰か別の生徒が見つけていたとしたら、その生徒はそのまま自分がキープしたんでしょうか?

でも実際、自分が獲得したアチーブメントではないのだから、そんなもの、持っていても何の価値
もないと思うんですがねぇ。

(∫もそう言ってました。”自分がdeserveしないものを持っていて何の意味があるか?って。”)

今頃、どこの、誰のもとにいるんでしょう?∫のもう一つのAMC 10 School Winner Pin…😂

あっ、もう一つ、Mathcountsの活動やコンテストに参加した事のあるAlumni対象のスカラー
シップなどもあるようで、もちろん、少しでも学費の足しになるように、∫も応募するつもりだそう。

参考の為に、そちらのページもリンクしておきますね。



いつもブログを訪問いただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
1日一回お帰りの際に応援のポチを押していただけると
更新の励みになります。
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2018-02-20 12:31 | Math (数学)

久しぶりの数学コンテストにウキウキ♪

今日は週末(土曜日)だというのに、午前中から大学受験関連の面接が予定されていて、∫は少し
ばかり緊張気味に、指定された面接場へ出向いて行きました。

パパが∫を会場まで連れて行く予定だったのですが、前日に∫が私に、

「モラルサポートとしてママにも一緒に来て欲しい。」

と言うので、別に私がしてあげられることは何もなかったのだけど、私の存在が∫にとって精神
安定剤的な役割を果たすなら…と思い、今朝は私も朝から∫とパパと共に、面接会場へついてい
きました。

とは言っても私は会場内には入らず、パーキングに停めてある車の中に残り、∫を待っている間
iPhoneのNetflixで映画を見てましたが。(苦笑)

(関係者に親が二人とも付き添って来てると思われたくなかったので。苦笑)

パパと一緒に面接のあるビルディングに向かっている∫。

a0332222_08302060.jpg


面接は1時間ほどだったのですが、シャイで人とうち解けるのに少し時間がかかるタイプの∫に、
いきなり初対面の人と1時間も面と向かって話をするのはかなりハードルが高いのでは?っと
心配していたのですが、面接官の女性が結構、気さくで話しやすい人だったようで、主に高校
生活の様子(特に課外活動)や、趣味、興味関心についての話題に花が咲いたらしく、面接を
終えて車に乗り込んで来た∫は、満足そうな笑顔を浮かべてました。

とりあえず何とか無事に終わったので一安心です。


(様々なプログラムや、スカラーシップの応募などで、まだまだこれから先も面接を受けない
といけないみたいですが、これも人生経験/将来の就職活動の為のいい練習となるでしょう。)


実は今日は午後から∫が所属する、地元の数学クラブが定期的に主催するコンテストが予定され
ていて、前学期は学業や大学受験の手続きなど、諸々の理由で忙しかった為、しばらくの間∫は
コンテストに参加できなかったのですが、それらもひと段落ついたので、久しぶりに是非、今日
のコンテストに参加したい!と言って、面接が終わった後、ウキウキ♪しながらそのままコンテ
スト会場に直行し、只今、試験を受けている最中であります。


このコンテストは11:30AMー4:00PMと、かなり長時間なのですが、数学に関わる活動に関し
ては、疲れを知らず、没頭してしまうようです。


数日前、このコンテストに備えて数学の練習問題を解いているところ。

a0332222_08303496.jpg

この数学に対する情熱、赤ちゃんの頃からずっと冷めることなく続いているのだけど、それって
本当にすごいな〜と関心してしまう。

よっぽど好きなんでしょうねぇ。

a0332222_09115283.jpg


∫をコンテスト会場で降ろした後、パパと私は少し前にオープンしたらしい、地元のアジア系の
スーパーマーケットへ寄ってみることにしました。

このお店、中国系の食材や食品が多くて、残念ながら日本のものがあまり見当たらなかったです。

せっかくだから、とりあえずこんなものを買ってみました。

Husband cakeって、一体、どんなケーキやの????😆

a0332222_08304657.jpg

カプリコもどきの商品も!(グリーンティ味に惹かれて買ってみました。)

このお店、店内が広い割には日本のものが少ないので、多分、この先、行くことはないでしょう。

私がよく行くコリアン・マーケットの方が断然、日本の食材や食品が手に入るわ〜。


いつもブログを訪問いただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
1日一回お帰りの際に応援のポチを押していただけると
更新の励みになります。
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2018-01-21 09:52 | Math (数学)

Mathemati-Con @San Diego

日本にお住いの方にはあまり関係のない話題で申し訳ないです。

興味のない方はスルーしちゃってくださいね。

Comic-Conならぬ、 Mathemati-Conがただ今(1/10〜 1/13)San Diegoで開催されてい
るみたいですね〜!

a0332222_08201529.jpg
近くだったら∫も行きたいみたいだけど、サンディエゴはちょっと遠い〜。

リンク先のサイトで色んなイベントやワークショップをチェックしていたら、なんとプレゼンター
の一人として、∫の長年のメンターで、2年連続に渡って∫が作成したオリジナルの数学コンテスト
用の問題をチェックしてくれた、UNR (University of Nevada, Reno)の数学のプロフェッサー
のDr. Kも参加しているじゃないですか〜。

Dr. KはMAA (Mathematical Association of America)のメンバーで、教壇をとってない時
はよく数学のコンファレンスとかイベント関連で、アメリカ国内をあちこち飛び回ってらっしゃる
ようなので、今回もサンディエゴに行ってるんだわ。

(ちなみに彼は無料で∫にもMAAのメンバーシップをオファーしてくれ、∫のことをとてもかわい
がってくれていて、感謝しています。)


というわけで、サンディエゴ付近にお住いの方で、数学に興味なる方、ぜひ、このイベントを
チェックしてみてはいかがでしょうか。


いつもブログを訪問していただきありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加しています。
応援のポチを押していただけると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2018-01-13 08:48 | Math (数学)

カテゴリ

Introduction
∫の世界
∫の作品
Math (数学)
Gifted/2e
Japanese
High School
School Clubs
Tutoring/Mentoring
Academic/EC Records
University (UNR)
Community College
アメリカの大学受験
Life Skills
Driving Practices
発達障害
教育・学習
脳科学・心理学
育児
Memories
Resources
Family
Family Outings
Outdoor Activities
∫パパ
日々の出来事
シニア大学生の準備
その他の学習
英語学習(目指せC2!)
私の事
風景・空模様
Wildlife
Favorites
Miscellaneous
テレビドラマ・映画
なんとなく思った事
意見の衝突など
ちょっとした情報

最新の記事

今までどうもありがとうござい..
at 2018-06-30 18:09
♪California, H..
at 2018-06-28 18:53
とりあえず生きてます…
at 2018-06-25 05:18
∫の4歳の時の作品集
at 2018-06-21 10:25
∫の学校、最後にずっこけ〜&..
at 2018-06-20 12:54

以前の記事

2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

フォロー中のブログ

あーちゃんはmath kid
あーちゃんは数学のギフテッド
アメリカのギフテッド&2e情報
Brilliant Chaos

外部リンク

記事ランキング

メモ帳

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

夕焼け・朝焼け、雲などの空模様の写真満載の私のもう一つのブログです。
Mystica Caelum

アメリカのギフテッド教育、主にレンズーリ教授の提唱する全校拡充モデル(SEM)について紹介されているブログです。
EmbracingGiftedMinds

親バカコーナー 😊
2015 ARML
a0332222_07545094.jpg
a0332222_06213436.jpg
AIME '15
a0332222_06281821.jpg
AMC12 '15
a0332222_06570886.jpg
AMC12 '15
a0332222_06531787.jpg
MATHCOUNTS
National '14
a0332222_06311300.jpg
a0332222_06312311.jpg
MATHCOUNTS
State '14 個人戦
a0332222_06313237.jpg
AMC10
a0332222_06315148.jpg
AMC8
a0332222_06314196.jpg
CTY SAT MATH
a0332222_06215768.jpg
Flag Counter

ブログジャンル

子育て
教育・学校

画像一覧