アメリカに住む17歳の数学少年∫の毎日の出来事や思い出などを綴っています。念願の大学へ進学する為、6年半住んでいたネバダ州から古巣のカリフォルニアへ帰って来ました。


by あーちゃんママ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:∫の作品( 7 )

∫の4歳の時の作品集

もぅ、いい加減引越しの準備に嫌気がさして、(そして身体のあちこちが痛くて…)今日はマジで
動くのが億劫で、現実逃避してブログを更新してます。(苦笑)

山のように保管してあった∫の小さい頃のお絵かき帳とか、ノートを整理していて、相変わらず∫
らしいなぁと笑ってしまった作品がたくさん出てきたので、思い出としていくつかをアップして
おきたいと思います。

今回はすべて∫が4歳の時の作品です。

これなんか、結構、まとも。

a0332222_09455165.jpg

ほとんどの絵は、地図や道路、交通標識やサイン、店や企業、薬の名前や電話番号、数字や
計算式みたいなものばかりなのですが、たま〜にこういう絵もありました。

a0332222_09464302.jpg

アルファビッツというシリアル。

a0332222_09465651.jpg

mountain fire(山火事)

a0332222_10020649.jpg


そして∫お馴染みの交通標識や諸々のサインなど。(笑)


a0332222_09471379.jpg


a0332222_09472968.jpg


a0332222_09474149.jpg

でたー!!!∫がお気に入りだった、"Wet Floor"のサイン!😂
(このサインにはいくつかのバージョンがある。)

a0332222_09475439.jpg


そしてこちらは∫が当時摂っていた、Vita Beansという子供用のビタミン剤の絵。

ラベルに書かれている"Ages 4 and up"なども描かれていて、∫らしいなぁと笑ってしまいました。

a0332222_09481860.jpg


私がWal-MartとTargetの常連だったのがバレるじゃない〜。😂


a0332222_09460884.jpg


a0332222_09462296.jpg

当時は人体のアナトミーや構造、仕組みなどにも興味を示してましたねぇ。

それにしても、4歳ですでに"permanent teeth"って綴れてたのね。(笑)

a0332222_09483304.jpg


ちょっとトリッキーな"environment"のスペルもきちんとあってるし。

(スペースが無くなったので、ハイフン付きで別の行に続けてますが。)

a0332222_09485467.jpg

a0332222_09490555.jpg


あっ!珍しくスペリングミスを見っけ!

(何を思ったか、私がスペルミスを直してますねぇ。4歳児なんだから気にするなよ〜って、今の
私だったらもっとlaid-backな態度だけど。)

a0332222_09492040.jpg

ちょうどこれらの作品を描いた4歳の頃の∫。ヤンチャでかなり手を焼かされました。

a0332222_09493523.jpg


いつも応援のポチを押して頂きありがとうございます!

ランキングに参加しています。
本日もお帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2018-06-21 10:25 | ∫の作品

"perseverance"についてのワークシート

∫の昔のプリント、どんどん出てきてます。

思い出として、特に面白かったものや、気になったものなど、これからも引き続きこのブログに
記録していこうと思います。(笑)

これ、小学校4年生の時に英語の授業でやった”perseverance"についてのワークシートなのです
が、プリントの問いに対する∫の答えがずっこけ気味で笑えたり、同時になんだかちょっぴり悲し
い気持ちになったり、又しても当時の∫の微妙な精神状態がかいま見えるようであります。

a0332222_10250376.jpg


あまりにも字が汚いので(私はもう、長年読んできているので慣れているけれど、普通の人だと
多分、読めないだろうなぁ。😂)一部を↓に書き出しました。


What is one job that it is hard for you to persevere in?

One job that is hard for me is writing paragraphs, I only got a praise on my
"Recess" paragraph because I had to persevere in it.

Why is it hard for you to persevere in this job?

It is hard for me because writing is not exactly my favorite subject. (That's
why I got a "l" in other writing. Actually, may be that was caused by the late
grade.)

って、この頃は文章を書くことがあまり好きではなかったみたいですね。

だから、褒められた”Recess"以外のライティングでは”l"の評価だったと。

が、その後、追加文として、”でもそれらは実は、”late grade"(期限を過ぎた後に提出したの
で減点されて低い評価となる)が原因だったのかもしれないけど。”などと書いていて、そりゃ、
あんた、課題をきちんと期限内に提出しなかったらいい評価がもらえない(減点される)のは当
たり前やろ〜〜〜って思いましたが。😂

それは「文章を書くのが苦手」だからいい点もらえないのではなく、「遅れて出す」のが問題なん
じゃないの?


この∫の”内省”(笑)に対して、先生も"I think may be so."って書いてますね。(笑)


実際、この∫の文章に対して、

Well, Keep persevering even though you don't like it. You're a very good writer,
and someday, you'll be an amazingly good writer!

How to Solve the World's Problems by A


という、当時の担任、Mrs. Fのフィードバックがとても支援的で、読んでありがたいなと思い
ましたよ。


先生の言う、"How to Solve the World's Problems"のライティングはまだ、現時点では実現
してませんが、(笑)最低限、現在では文章を書くことは大好き(得意)になった∫なので、先生
の予想もまったく間違っていたわけではなさそうです。

(高校時代に愛国心のエッセイコンテストで地区大会部門で受賞した事をMrs. Fが知ったら、
きっと、大いに喜んでくれるんではないでしょうか。笑)


いつも応援のポチを押して頂きありがとうございます!

ランキングに参加しています。
本日もお帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2018-05-14 11:33 | ∫の作品

又しても切なくなる文章 (ノ_・、)

小学校2年生の時の、ある一定の単語を使って文書を作成する課題。

この時は、”could"や"cannot"、 "many"といった単語が課題だったようなのですが、2番目の
文章を読んで、何やら切ない気持ちになりました。

(先生も∫が気の毒に思え、"Oh, that is sad."ってコメントしてますねぇ。)

a0332222_13544926.jpg

”2. Many children tease me about that I cannot do the monkey bars."

って…。これ、実際の体験を書いていたんでしょうか。

∫は小さい頃から筋肉のトーンや握力が弱く、鉄棒などに長い間ぶら下がることが困難だったので、
モンキーバーズ(両手を交差して進むやつ)などまず、無理だった為、これ多分、実話をもとにし
た文章だったんじゃないかと思います。

(休み時間は外に出て、クラスの子たちはジャングルジムやモンキーバーズでよく遊んでいたので、
その際、そういうのが大の苦手だった∫はからかわれたんでしょうねぇ。 (ノ_・、) )

ABAセラピーでは握力アップの為の訓練などもしてくれてました。

セラピストさん達と公園の鉄棒やモンキーバーズで練習する∫。

a0332222_13550280.jpg


a0332222_14122226.jpg


a0332222_14123332.jpg


正直、今でもモンキーバーズできないんじゃないかと不安ですが。
(ここ何年間も試してないので、マジなところどうなのかわかりません。汗)

まぁ、でもこれから先、大学へ行ったり社会へ出たりした後は、モンキーバーズをやる機会など
はほぼ、ないと思うのですが、でもやっぱり握力はきちんと鍛えておくべきですね。


いつも応援のポチを押して頂きありがとうございます!

ランキングに参加しています。
本日もお帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2018-05-06 14:27 | ∫の作品

精神的に滅入っていた頃の心境を書いた文章:(小学4年)

∫の小学校4年生の頃の書類や作品を掘り返していると、(学校の課題とかではなく)私的に自分で
家で書いた文章をプリントしたものが出てきて、それを読んで、当時の∫の精神状態や心境などが伺
われ、何やら切ない気持ちになってしまいました。😢

(あっ、でもそれと同時に文体や表現が面白くて、又しても大笑いしてしまいましたが。🤣)

これ、どうやら4年生の終わりの頃に書いたものみたいで、当時、学校生活や学習/教育に対して、
かなり興味や意欲を失っていたのが感じ取れます。

(ページを部分的にアップしました。)

a0332222_12081103.jpg


a0332222_12082166.jpg


a0332222_12083241.jpg


a0332222_12090366.jpg


4年生の時、数学だけ7年生のクラスに飛び級して、その中のアドバンスグループで代数 Iを
学習していたのですが、どうやらその時の事を書いているみたいです。


a0332222_12084389.jpg

ホームスクールの可能性について述べている箇所。


a0332222_12085210.jpg

ギフテッドの非同期発達(知的/アカデミック的、身体的、社会/感情的ニーズの違いなど)を
12歳の小人の少女の身体的ニーズの例と比較して例えているところが笑ってしまった…😂

a0332222_12091398.jpg


これ、∫にも見せたところ、読みながらお腹抱えて大笑いしてましたよ〜。

現在、高校シニアの∫から見て、小学校4年の自分が”めちゃめちゃ面白い子!”って感じるみたい
ですよ。(笑)

でも、当時の∫は精神的にかなり落ち込んでいて、軽いうつ状態で苦しんでいたんですがね。

こうやって数年後に当時を振り返ってみて、その時の苦痛が今ではさほど思い出せず、逆に大笑
いできるというのは、考えてみたらその時に下した(ホームスクールをするという)決断は間違
いではなかったんでしょうね。

又しても(その当時はホームスクールする事に対して)不安で色々と迷いもあったけれど、あぁ、
結局はこれでよかったんだなぁ)っと、当時の私が選んだ道がvalidateされているような気持ち
になりました。



いつも応援のポチを押して頂きありがとうございます!

ランキングに参加しています。
本日もお帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2018-05-03 12:47 | ∫の作品

単語を使って文章を作成する練習:jargon

∫が小学校4年生の時、(又もやMrs. Fの学年!笑)英語の授業で新しい単語を使って文章を作成
する練習があったらしいのですが、その時の用紙を発見しました。

3番目の”jargon"という単語についての文章が、何やらやけにかしこまった文体といい、文の内容
そのものといい、あまりにも∫らしくて、読みながら笑ってしまいました。

a0332222_11054586.jpg

"3. If I were to ever utter a word of mathematical jargon to my classmates,
they would probably wear a puzzled expression on their face."

Mrs. Fも、”Probably....104.png”って反応してくれてますが。(笑)


これ、If I ”were”って仮定形で書いてますが、実はプリスクールやキンダーの時、実際、やって
いるので、”実話をもとにした文章”じゃないの〜?って思いましたが。


でも、この学年(小4)の時点では、クラスの子達に数学の専門用語とかまくしたてたら、はぁ?
っと、わけわかめ(・_・?) (゚ペ)?(゚_。)? の反応をされるという事をきちんと自覚していたという
事で、まぁ、それなりの進歩だったのではないでしょうか。(笑)


ミドルスクールで北ネバダ数学クラブに所属してからは、メンバーたち、みんな∫みたいな子ばかり
だったので、どれだけmathematical jargonをまくしたてても、???な反応ではなく、通じた
ので嬉しかったみたいです。

(自分が属する”tribe”を見つけることができたと喜んでました。)

ギフテッドの子の場合、こんな風に(必ずしも学校だけでなくても)どこかで自分が帰属意識を感
じることができる”tribe"を見つけることが、精神的な面でもとても大切ですね。


いつも応援のポチを押して頂きありがとうございます!

ランキングに参加しています。
本日もお帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2018-04-30 11:41 | ∫の作品

悪名高きたまご泥棒

又もや笑える∫の小学生の時の作品を見つけましたので皆さんとシェア!(笑)

(あっ、そうだわ、処分する前にこうして写真を撮ってデジタル化して保存すれば荷物にならない
からいいですね。これからそうしようっと!)

これ、以前にもブログで何度か紹介したことがある、∫が小学校4年生の時に英単語の宿題としてよ
く出されていた課題なのですが、(ちなみに過去の作品は、こちらの記事にリンクしてますので、
興味のある方はチェックしてみてください。)今回もなんとも「∫ならでは」の発想と絵に大笑いし
てしまいました。🤣

この時は、どうやら”notorious"という単語が課題だったようですねぇ。

a0332222_11275730.jpg

"notorious-Widely known for something bad."

っと定義が書かれていて、その下には人がマーケットから”Ha, ha, ha"と笑いながら、卵を盗ん
で走り去っているところを、店員が”金払え!”(Pay me now!)っと叫びながら追っかけている
絵が描かれています。

で、更にその下には地球上の至るところで、”I know him!" という吹き出しが…😂

∫の絵や発想も笑えるけど(マーケットから卵を盗んで”悪名高い評判を得る?)それについての
先生のリアクションに、更に笑ってしまいましたよ〜!

"Known all over the world for stealing eggs?! (The Notorious yolk yanker)

って。先生、うまいわぁ〜!(笑)

この4年生の時の担任のMrs. F、1年間∫にはさんざん苦労させられたのも確かですが、∫の事を
本当に親身になって気にかけ、面倒を見てくれていました。

そして彼女は∫のユニークな面や、数学の才能なども高く評価してくれていて、∫にほとほと手を
焼かされながらも、∫のポテンシャルを信じて、肯定的で励ましの姿勢で∫に接してくれていたの
で、私も彼女に対しては、いつも(申し訳ない)という気持ちと(ありがたい)という気持ちが
入り混じってましたねぇ。(苦笑)

現在の∫を知ったらMrs. F、きっと驚きながらも喜んでくれるのではないかと思います。

Mrs. F。

a0332222_09524152.jpg

いつも応援のポチを押して頂きありがとうございます!

ランキングに参加しています。
本日もお帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2018-04-28 12:05 | ∫の作品

断捨離

まだまだ、過去の書類関連の整理整頓、処分の作業が続いています。(汗)

6年前に現在の家へ引越した時、過去の大量の書類等、どれが重要か、どれが不必要かをきちんと
見極めないまま、とりあえず全てひっくるめてダンボール箱に詰め、それを開けずにそのままガレ
ージに保管していたので、今回、それらも全て開け、(遅過ぎるって?苦笑)要るものと要らない
ものを分けて処分している最中であります。(汗)

家族の医療記録とか、昔の家の保険の明細とか、今では解約してしまってる昔の銀行のアカウント
の情報とか、もう必要ないものは全てきれいさっぱり処分しています。

(もちろん、個人情報などは全てシュレッダーで処理してます。)


後、書類関係以外の物も思い切って捨てたり、寄付したりして処分しています。


最初は、(いや、もしかしたらこれ、この先必要になるかも?)とか、迷いの気持ちがあって、捨
ててしまうのを躊躇していたのですが、一旦、気持ちを決めて潔く捨て始めると、その後は簡単に
ぽんぽん捨てられるようになり、今では捨てる作業に”快感”さえ感じてしまうほど。(笑)


そんな感じでほとんどの物はためらう事なく捨てられるようになったのですが、ただ、∫が小さい頃、
学校で作った作品やペーパーなどはやはりどうしても捨てるのが心苦しくて、困ってますよ〜。

中学、高校時代のドリルやプリントなどは捨てられるのですが、まだプリスクールとかキンダー、
小学校低学年の時に作った工作系の作品や、絵、作文など、やっぱり捨てるのは忍びなくて〜。

でも、それらはかなりの量なので、やはり(これはどうしても…)というものだけキープして、後は
処分するしかないなぁ。

皆さんはお子さんの作品とかどうされてるんでしょうか?


ちなみに、∫の昔の絵や作文、作品とか見ていたら、あまりにも面白くて大笑いしてしまいますよ。


∫って、今はとりあえずは(笑)”ごく普通”の高校生になりましたが、やっぱり小さい頃はこの子、
かなり変わってて、本当にユニークで面白い子だったんだわ〜。

”これはまさに∫”というものは全て保管して、将来、∫の子供に見せてあげたいです。😂


この、”貧乏けずり”のような花の作品はあまりにも∫らしくて、やっぱりキープでしょうね。🤣

a0332222_15442149.jpg

やっぱり一般の子達の作品とはちょっと違ってて、ユニークだわ。(笑)

a0332222_05281746.jpg

いつも応援のポチを押して頂きありがとうございます!

ランキングに参加しています。
本日もお帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2018-04-26 15:50 | ∫の作品

カテゴリ

Introduction
∫の世界
∫の作品
Math (数学)
Gifted/2e
Japanese
High School
School Clubs
Tutoring/Mentoring
Academic/EC Records
University (UNR)
Community College
アメリカの大学受験
Life Skills
Driving Practices
発達障害
教育・学習
脳科学・心理学
育児
Memories
Resources
Family
Family Outings
Outdoor Activities
∫パパ
日々の出来事
シニア大学生の準備
その他の学習
英語学習(目指せC2!)
私の事
風景・空模様
Wildlife
Favorites
Miscellaneous
テレビドラマ・映画
なんとなく思った事
意見の衝突など
ちょっとした情報

最新の記事

今までどうもありがとうござい..
at 2018-06-30 18:09
♪California, H..
at 2018-06-28 18:53
とりあえず生きてます…
at 2018-06-25 05:18
∫の4歳の時の作品集
at 2018-06-21 10:25
∫の学校、最後にずっこけ〜&..
at 2018-06-20 12:54

以前の記事

2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

フォロー中のブログ

あーちゃんはmath kid
あーちゃんは数学のギフテッド
アメリカのギフテッド&2e情報
Brilliant Chaos

外部リンク

記事ランキング

メモ帳

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

夕焼け・朝焼け、雲などの空模様の写真満載の私のもう一つのブログです。
Mystica Caelum

アメリカのギフテッド教育、主にレンズーリ教授の提唱する全校拡充モデル(SEM)について紹介されているブログです。
EmbracingGiftedMinds

親バカコーナー 😊
2015 ARML
a0332222_07545094.jpg
a0332222_06213436.jpg
AIME '15
a0332222_06281821.jpg
AMC12 '15
a0332222_06570886.jpg
AMC12 '15
a0332222_06531787.jpg
MATHCOUNTS
National '14
a0332222_06311300.jpg
a0332222_06312311.jpg
MATHCOUNTS
State '14 個人戦
a0332222_06313237.jpg
AMC10
a0332222_06315148.jpg
AMC8
a0332222_06314196.jpg
CTY SAT MATH
a0332222_06215768.jpg
Flag Counter

ブログジャンル

子育て
教育・学校

画像一覧