アメリカに住む17歳の数学少年∫の毎日の出来事や思い出などを綴っています。念願の大学へ進学する為、6年半住んでいたネバダ州から古巣のカリフォルニアへ帰って来ました。


by あーちゃんママ

プロフィールを見る
画像一覧

<   2018年 02月 ( 22 )   > この月の画像一覧

世界文学 IIの試験

最近、コンピューター(iMac)の調子が悪くて、何をするにもとろとろと遅く、延々とカラフル
なビーチボールがぐるぐるまわり、ただでさえ更年期障害で目眩がするというのに、余計に目が
くるくるして、(◎_◎;) 本当にイラついてしまいますよ。

いつクラッシュするかわからないので、今日はごく手短に投稿したいと思います。

先週の金曜日、∫が現在、コミュニティ・カレッジでとっている世界文学 IIのクラスのちょっと
大規模な試験があったらしいのですが、その結果がすでに今日、(日曜日)スチューデント・
ポータルに掲示されていたと、めちゃくちゃ嬉しそうな顔をして∫が教えてくれました。

結果は85/90 (94%)でAだったらしく、今回、初めてクラス内で最高得点だったそうです。

a0332222_11051952.jpg
このクラスは通常、大学2年生で履修するレベルで、クラスの平均点が66.8とあることから、
エッセイを含めたかなり大規模の試験で、今回、クラスで最高のスコアを得ることができた∫は
本当に嬉しそうでしたよ〜。


特にこの教授はかなり評価が厳しくて、宿題や課題に対して、かなり辛口な意見や批判なども
容赦なく返ってくるのですが、(私はそれらを読んで、カチンときてしまうことがある。苦笑)
∫本人は全く気にならないようで、それどころか、


「多くの高校の英語の先生たちはやけに”褒め言葉”ばかりが多かったけど、こういったシビア
な目で見て、建設的な批判や指摘をしてくれるのはすごく自分のスキルの向上のヘルプになる
ので、僕はこんな風にズケズケ指摘してくれる方がありがたいよ。」

と言って、感情的になることもなく、冷静に受け止めることができるみたいです。


ふ〜〜ん。あっ、そう。

そのわりには私やパパがちょっとしたことで注意をしたり、指摘をしただけで、めちゃくちゃ
イラついたり機嫌を損ねたりと、必要以上に過度な反応を見せるくせにね。

そのことを言ったら、

「親から言われるのと、他人、特に教授や先生達から言われるのとは又違うの!」ヽ(`Д´メ)ノ

などと言ってましたが… 118.png

まっ、今学期もこんな感じで今のところはシニアスライドせず、とりあえずなんとか好成績を保
っているようなので、なによりですが。


いつもブログを訪問いただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
1日一回お帰りの際に応援のポチを押していただけると
更新の励みになります。
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2018-02-26 11:32 | Community College

人間の知性を損なう10の事

お馴染み、カラパイア(結構好きだわ、このサイト!笑)で見つけたちょっとした情報です。


あらら、私にも当てはまる部分が結構、あるわ!(汗)

(記事が10から1と、カウントダウンしているのでそれに合わせて。)

10. 薄暗い照明

私はもともと視覚過敏で、太陽の光はもちろんのこと、室内の照明なども明るすぎると目が痛くて
頭が痛くなったりするので、自分の部屋は基本的には暗くて、ちょっとした薄暗いランプをつけて
いるくらいなんですよ。

6. 糖質

さすがに最近は歳のせいか、あまり甘いものも欲しいと思わないし、食べなくなりましたが、若い
頃なんか、デザートビュッフェとか行って、よりどりみどりの甘いものを食べたりしてましたねぇ。
(汗)

3. 肥満

これはもう、完全に当てはまりますね!😂

若い頃から決して”細身”な方ではなかったけど、∫を妊娠してかなり体重が増え、出産してからも
少しだけしか体重を落とせず、何だかそのまんまの状態で現在に至っているという感じです。汗

「17年も経ってるやろが〜!十分、減量する期間はあったやろ!」って突っ込まれそうですが。


1. おバカな内容のテレビ番組

(しつこいようですが。笑)はい、はい。私、ゾンビやらウィーキングデッドとか観てますよ。

そんな番組を観るような奴は、子どもの教育を語る資格はないですか?


少なくとも、私は、誰かの陰に隠れて(自分のブログではなく、よそ様のブログのコメント欄と
いう、ある意味シールドされた”セイフティゾーン”においてのみ、)他者への反論や批判をし続
ける、という卑怯な手を使わず、きちんと”自分のブログ”にてやってますから。

正直、私はこういう”自分の手は汚したくないけど、機会があれば、”待ってました!”と言わん
ばかりに、巧みにそれらをとらえて利用する”、「ただ乗り」「便乗」タイプが一番、嫌い!

ご自分のブログで自らの手を汚してやってる方の方が、変な言い方だけど、正々堂々としていて、
ある意味、リスペクトできますよ。

って、最後は本題とは関係のないただの愚痴になってしまいましたが、ずっとモヤモヤしていた
ので、吐き出してスッキリしました。(~_~;)


いつもブログを訪問いただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
1日一回お帰りの際に応援のポチを押していただけると
更新の励みになります。
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2018-02-25 11:32 | ちょっとした情報

吹雪にも負けず

昨日は∫は、UNRの数学のクラスの後、A君の個人指導セッションがあったので、授業が終わって
から、いつものようにA君と落ち合う為に大学のスチューデントユニオンへ行きました。

∫が今学期取っている関数解析学の授業が行われている建物は、スチューデント・ユニオンがある
ところから結構、遠く離れているらしく、(UNRのキャンパスはかなりでかい!)スチューデント
ユニオンまで、階段を登ったり降ったり、くねくね道を通ったりしながら徒歩で15分〜20分くら
いかかるらしいんです。

(いや、もしかしたら単に∫がトロトロ歩いて遅いだけで、実際には10分くらいで行けるのかもし
れませんが。笑)

まぁ、実際、15分〜20分ほど歩かなければならなかったにしても、キャンパス内は木々に囲まれ、
とてもいい雰囲気なので、公園で散歩していると思えば楽しめるし、普段はずっとパソコンの前
で勉強していて運動不足なのだから、たまにはこうやって歩くのもいいエクササイズになってい
いですよ〜。


もちろん、お天気のいい日はそんな感じでいいのですが、昨日はうちの地域は朝から霙まじりの
雪が降っていて、それに加えて風も強かったことから、(そして気温もかなり低かった!)傘も持
たずに出かけた∫は、数学のクラスが終わった後、ピュウ〜ピュウ〜と容赦なく襲ってくる吹雪の
中を歩きながら、スチューデント・ユニオンまで歩いたと言ってました。

歩いている途中にいくつか写真を撮ったらしい。

a0332222_12015337.jpg


a0332222_12033575.jpg


a0332222_12035009.jpg


ほんと、寒そう…


∫がiPhoneで撮った写真は私のところ(Photosのライブラリー)へ自動的に送られて来るよう
になってるんですが、これらの写真を見て、もっとキャンパス全体の様子が見える写真を撮って
くれと催促のテキストを入れたんですよ。


普段ならすぐに返信してくれるのですが、しばらくたっても何の返事もなかったのでどうしたの
だろうと思っていたら、どうやらその後、iPhoneが作動しなくなったらしく、帰宅してから見
てみると、iPhoneのスクリーンとケースのガラスの間に水が溜まっているみたいだったので、
ケースを外して表面の水を拭き取り、しばらく乾かしたら作動し始めたので安心しました。

多分、写真を撮っていて、iPhoneのスクリーンが霙まじりの吹雪に覆われ、それが溶けてケース
の隙間から水が侵入したんじゃないでしょうか。

水はスクリーンの上だけだったので、内部には影響はなかったようで、よかったです。

(ふぅ〜、もう新しいの買い換えるのは嫌ですよ!)


それにしても、∫の撮る写真は相変わらず構図とか全く無視して、一言で言って下手くそ!

本当に芸術的センスが無いわ〜、この子。😂


あっ、そうそう、ネットで∫がクラスを取っている大学(UNR)とコミュニティ・カレッジについ
て日本語で紹介されたページを偶然見つけたので、興味のある方、是非、チェックしてみてくだ
さいね!

(まともな写真が見えますので!笑)



いつもブログを訪問いただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
1日一回お帰りの際に応援のポチを押していただけると
更新の励みになります。
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2018-02-24 12:58 | Tutoring/Mentoring

コミュニティ・カレッジから4年制大学へ編入

学費が高騰し続けるアメリカの大学ですが、経済的な面を考慮すると、4年制大学(私立&公立)
よりも学費が遥かにリーズナブルなコミュニティ・カレッジから4年制大学へ編入する学生も結構
いるみたいですね。

アメリカではコミュニティ・カレッジ(2年制)から4年制大学へはもちろんの事、4年制大学
からまた、別の4年制大学へトランスファー(編入)することも、普通によく見られます。

費用的なことを考えると、まず、2年間はコミュニティ・カレッジで編入に必要な単位を修得して、
(60単位ほど)それから残りを学費の高い(笑)4年制の大学で取るという手は、とても経済的
な道ではないでしょうか。

私たちが以前住んでいたカリフォルニアなど、州全体的にコミュニティ・カレッジが充実している
感じがしますし、こちらの情報によりますと、カリフォルニアにはCollege transfer agreement
というのがあって、


"These California college transfer agreements can make it easier for students to
transfer from community colleges to UC or CSU schools. If you are trying to get
into a UC or CSU school but don't quite have the money, grades or test scores to
attend right now, you may discover that a California community college can offer
you the most direct path to the school of your choice."


と、現時点で4年制大学へ行く費用や、受験に必要な学業成績、テストスコアがなかったりした
場合でも、コミュニティ・カレッジからUC (University of California) やCSU (California
State University)などの大学へ編入するのを容易にしてくれるシステム?(州の規定)があるみ
たいで、その時には何らかの理由でチャンスを逃したとしても、それで最後ではなく、後に”挽回”
や”軌道修正”の機会が与えられている、というのは素晴らしい事ではないかと思います。

こういう例みたいに。


これは高校を2.1のGPA(C平均)で卒業し、その後、Southwestern Collegeというコミュニテ
ィ・カレッジへ入学し、途中で退学してしまったものの、又、同コミュニティ・カレッジへ復学し、
最終的にはUC Berkeleyに編入して、現在、充実した学生生活を送っている方のお話であります。


このRamirezさん、編入の受験で、UC Berkeley, UC Davis, UC Riverside, UCLA, UC San
Diego, UC Santa Cruzと、UCの中でもトップの6大学から合格通知をもらったそうで、最終的
には、かなり気前のいい奨学金のオファーと、熱心的な歓迎の意が感じられたUC Berkeleyに決
めたとのことです。

(いやぁ〜、UC BerkeleyとUCLAを含むUCの大学6つに合格なんて、まさに♪い〜にみ〜にま
に〜も〜♪状態で羨ましいですが。笑)

(そして気前の良い奨学金のオファーも羨ましい!)


Ramirezさんの高校時代の成績不振に関しては、何が理由なのかは定かではありませんが、こう
して名門難関校と言われるUC Berkeleyで、充実したアカデミックライフを満喫しているという
ことは、GPA 2.1以上の可能性を秘めていた、アンダーアチーバーだったのでは?などと思ったり。


高校を退学するギフテッドの生徒も決して少なくないみたいだし、このように、何らかの理由で
アンダーアチーバーだった者たちも、彼らの可能性が芽を出し、すくすくと成長して開花する”セ
カンドチャンス”の場があるといのは、本当にいいことだと思いますね。

こういうサクセスストーリーを読むと、とてもインスパイアされます!


尚、日本からアメリカの大学に留学する場合も、この「コミュニティ・カレッジ→4年制大学」の
ルートは、経済的な面や、英語力の点などを考えてみても、考慮する価値は大いにあるのではない
かと思います。

ただ、編入を目指す場合、予め情報を得て、しっかりと計画を立てることが重要ですね。


参考として、ネットで見つけた情報をリンクしておきます。






いつもブログを訪問いただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
1日一回お帰りの際に応援のポチを押していただけると
更新の励みになります。
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2018-02-23 11:22 | アメリカの大学受験

Challenge, Challenge, Challenge!

JHU CTY (Johns Hopkins University Center for Talented Youth)のFBのページ
あった言葉に激しく共感したので、画像をお借りしました。

a0332222_12461133.jpg

スポーツやアート、音楽などと一緒で、アカデミックに関しても才能開発の為には”チャレンジ”
が必要のに…

知的/アカデミックにギフテッドの子達にとっては、”チャレンジ”を願うことは、欲張りなこと
なんでしょうか?


いつも応援のポチを押して頂きありがとうございます!

ランキングに参加しています。
本日もお帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2018-02-21 13:05 | Gifted/2e

Mathcounts Handbook

私的なメッセージで申し訳ないのですが、いつもこのブログを読んで頂き、(エキブログのイイネ
まで押して頂き)ご自身のブログで私の記事を紹介してくださったり、私や∫についても素敵なお言
葉をかけて頂き、ポンチ君ママさん、どうもありがとうございます。


色々思う事があって、私は現在、このブログのコメント欄を閉じているし、(その理由は又、機会
があれば説明したいと思っています。)ポンチ君ママさんの方も基本的にはコメント欄を閉じられ
ているようなので、お互い連絡が取り難いのですが、(苦笑)私もいつも、ポンチ君ママさんのブ
ログを楽しく読まさせてもらってますし、ポンチ君やママさんが抱える悩みやチャレンジなども、
自分自身が経験してきたゆえ、とても他人事と思えず、時にはもどかしい思いでいっぱいになりま
すが、応援していますので、ポンチ君の教育アドボカシーの方、頑張ってくださいね。


ポンチ君も∫と同様、数学が大好きみたいで、少し前の記事で読んだところでは、なんでもAoPSの
本?問題集?を購入されたとあり、もしかしたらポンチ君、Mathcounts(アメリカの中学生対象
の数学コンテスト)の問題なども楽しむのではないか?と思ったので、リソースの一部として、問
題と答えが載っているハンドブック(PDF)をリンクしておきますね。

(もし、すでにご存知でしたらごめんなさい。)

(アメリカでミドルスクール(6〜8年生)の数学好きのお子さんをお持ちの方達、是非、チェック
してみてください!)



ただ今、全米の各地でちょうど、このMathcountsの大会が開催されている最中ですね〜。

2月はChapter(地区大会)そして3月は State(州大会)が行われ、州大会でトップ4位にランク
する個人4名が、その州の代表として5月にNational Competition(全国大会)で競い合います。

∫が8年生の時、州大会にてネバダ州で1位となり、フロリダで行われた全国大会へ出場してからも
うすぐ4年というのが信じられない!

月日の経つのは本当に早いものですねぇ。

あっ、それで思い出しのですが、少し前に∫の洗濯物をしていて、洗濯機から乾燥機に洗った服を
移している際に、洗濯機の底に何やらカラカラと音をさせている小さなものがあったので拾って
見てみると…

Mathcountsのピンだったではありませんか!

a0332222_11562663.jpg


どうやら少し前にボランティアとしてMathcountsの北ネバダ地区大会へヘルプしに行った時、主
催者からお礼の印として、特別にもらったものらしい。


∫に聞くと、ズボンのポケットに入れたまま、そのズボンをそのままハンパーに投げ入れてしまった
らしく、ズボンと一緒にピンまで洗濯してしまったという。(~_~;)

もう、∫ってこういうところは変わってないわ〜。


まぁ、洗濯しただけならいいのだけど、ミドルの頃、高校生に混じって当時通っていたSTEMの
チャータースクールでAMC10 AとBを受験し、両方のバージョンで高校生(9、10年生)よりも
高いスコアをあげ、学校で1位となって、School Winnerのピンを2つ受賞したらしいのですが、
それを制服のズボンのポケットに入れていたらしく、学校から帰ってきた時には1つしかなくて、
もう1つはどこかで失くした事もありました。(-。-;

このピン

a0332222_11561403.jpg


本当に2つもらってて良かったですよ〜。(そして2つとも失くさなくて良かった〜。汗)

多分、校内のどこかで失くしたと思うのですが、落し物届けとして上がっていなかった事から、もし、
仮に誰か別の生徒が見つけていたとしたら、その生徒はそのまま自分がキープしたんでしょうか?

でも実際、自分が獲得したアチーブメントではないのだから、そんなもの、持っていても何の価値
もないと思うんですがねぇ。

(∫もそう言ってました。”自分がdeserveしないものを持っていて何の意味があるか?って。”)

今頃、どこの、誰のもとにいるんでしょう?∫のもう一つのAMC 10 School Winner Pin…😂

あっ、もう一つ、Mathcountsの活動やコンテストに参加した事のあるAlumni対象のスカラー
シップなどもあるようで、もちろん、少しでも学費の足しになるように、∫も応募するつもりだそう。

参考の為に、そちらのページもリンクしておきますね。



いつもブログを訪問いただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
1日一回お帰りの際に応援のポチを押していただけると
更新の励みになります。
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2018-02-20 12:31 | Math (数学)

National Merit Finalistに選ばれました!d(゜∀゜d)

最近、あれこれと忙しかったし、その他にも色々とあって気をとられていた事もあり、National
Merit Scholarshipについてもすっかり忘れていたのですが、昨日、∫がクラブ活動の為に学校
のキャンパスを訪れた際、嬉しそうに興奮した校長先生から、∫がメリットスカラーのセミファイ
ナリストからファイナリストにアドバンスしたとの知らせを受けたとの事でした。

又しても前回に続いて、ヾ( ゚∀゚)ノ゙やったぁ〜! Σd(゜∀゜d)ォゥィェ!!!

前回のSemifinalistの時は、単にPSATのカットオフスコアを超えている事だけでよかったのです
が、そこからFinalistへ進むには、SATのスコア、 GPAなどの学校の成績、履修コースの難度、
課外活動、ボランティア活動、リーダーシップの素質、エッセイ、校長の推薦などの項目などを総
合的に審査して判断されるようなので、正直、ちょっと心配していましたが、昨日無事にFinalist
のステイタスを得た事を確認できたので、まずはこれで一安心であります。ふぅ…

(全国の1,600,000人のコンテスト参加者の中から、最終的にファイナリストとして残るのは、
15,000人なので、競争率が激しいですから。)


ちなみに日本語でナショナル・メリットスカラーシップについて説明しているページを見つけたの
で、参考としてリンクしておきます。



これからまだ後、このファイナリストの中から実際に奨学金を受賞する者たちが選ばれるのですが、
でも実際にそれらに選ばれなかったとしても(奨学金は$2500と、それほど大した額ではない。)
「ファイナリスト」という事で、大学側からも様々なレベルの奨学金のオファーなどを受けやすく
るようなので、(学費を払う私たちとしては)喜ぶべきであります。


大学によってそれらのオファー(金額や待遇など)もかなり異なるのですが、中にはフルライド
(授業料、寮費、食料費などを含む)のところもあるし、年間、かなりまとまった額を支給してく
れる、大変気前のいい大学とかもあるようです。

⬇︎の情報が参考になります。



残念ながら、∫が合格通知をもらった(そして一番行きたいと思っている)University of Wisc
onsin, Madisonは、メリットスカラーシップに関してはあまり期待できそうにないのですが、
もう一つの希望大学である(こちらも合格している)University of Minnesota, Twin Cities
の方は、年間の学費もUWより$10,000ほど安い上に、ファイナリストには年間$10,000まで
の奨学金(4年間)も支給されるみたいなので、そうなると全体的なコストの面で随分、違いが
出てくる為、う〜〜ん、∫よ、もしかしたらミネソタの方へ行ってもらう事になるかも?(^_^;)


基本的に私立のエリート大学とかは、ファイナリストでもスカラーシップはほぼ、期待できない
みたいですが、でも中には結構、太っ腹なところもあるみたいです。

University of Chicago (シカゴ大学)や、University of Southern Californiaなど、
メリットスカラーファイナリストを認識してくれるみたいですよ。

(それでもこういった私立の大学の学費は高すぎて、我が家の経済状態では焼け石に水だと思う
けど。)


あっ、後、今思い出したのですが、”セミファイナリスト”に選ばれた時点では、あらゆる大学から
”うちの大学へアプライしないか?”とか”正式な招待”などといった謳い文句の受験のお誘い口説き
メールが送られてきて、それらの中には、「申込金免除」や、「エッセイ無し」などといった特典
(?)のオファーもあったりして、∫も出願の際、いくつかの大学でそれらの特典を利用させていた
だき、金銭的にも時間的にも少し節約できて助かりました!

(University of Minnesota, Twin Citiesも申込金免除してくれた大学の一つでした。)


というわけで、最近、ちょっと気分が凹み気味だったこともあり、嬉しいニュースでした。

校長先生からもらった、メリットスカラーシップの機関から送られてきた通知。

a0332222_10073106.jpg

校長先生はこれをきちんとサティフィケートにし、額に入れて6月の高校卒業式の時に、皆んなの
前で∫に渡して表彰するとか言ってたそうです。(笑)

(∫本人よりも、校長先生の方が興奮して嬉しそうだったみたい。笑)


いつも応援のポチを押して頂きありがとうございます!

ランキングに参加しています。
本日もお帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2018-02-18 12:03 | アメリカの大学受験

先を見通しての問題解決 ②

前回のAMC12 Aに続き、昨日、∫は又してもデイビソン・アカデミーへAMC12 Bの試験を受け
に行って来ました。

*尚、AMC12はAとBのバージョンがあり、(学区の予算や時間的な関係により)学校によって、
いずれか1つ、または両方とも受験するところがあるのですが、デイビソンはこういったアカデ
ミックなコンテスト関連には力を入れているので、毎年、AとBの両方のバージョンを受験するよ
うです。

全国規模で開催されるこの数学コンテストについての詳しい情報は、以下のリンク先へ。



実はこの日、このAMCの試験が行われる時間帯はちょうど、今学期UNR(ネバダ大学)で取っ
ている関数解析学のクラスがあったらしく、それもその日はこともあろうに、週に一度の宿題、
課題の提出日だったらしいんですよ!


でも∫としては、この年に一度の”非常に重要な日”を優先させたかった為、その事を予め見据え、
かなり前から教授に話をし、宿題提出の当日はやむ終えず授業を欠席しなければならないので、
前の授業の日に一足早く先立って、その宿題を提出してもいいか?と尋ね、予め教授から承諾を
得ていたとのことでした。

だから昨日(木曜日)の受験日は、宿題の提出をミスすることなく、心置きなく、この年に一
度の大切な数学のコンテストに集中することができたのでした。


これ、私は全く知らなかったことで、(私も最近、私事であれこれと忙しかった)∫からは事後
報告的に知らされたのですが、いやぁ〜、又しても、私が何もちょっかい出さなくても、こうし
て自分の事は自分でちゃんと”先を見通して”、それなりに必要な行動や対処ができるようになっ
てるじゃない〜!っと、嬉しかったですよ!


まぁ、17歳ともなると、これが当たり前なのかもしれないですが、小さい頃の∫は「先々を予想
したり、様々な要因を考慮して、それ相応の計画をたて、実行する」という能力やスキルが大幅
に欠けていたものだから、これは私にとってはとても喜ばしい進歩、発達なのであります。


こういった、最近の∫の著しい実行機能の成長をみると、大学生活も何とか自力で頑張っていけそ
うかも?っと、ちょっぴり安心するのでした。

(まだ、完全には信用しきれるわけではありませんが。苦笑)

もちろん、”自分がどうしてもやりたい事”の為には、”積極的に前もって動く”ことは苦に感じない
という部分も大きいとは思いますが。

”何かに対する情熱”って、強力な”原動力、モチベーション”となっている感じがしますね。


試験の出来の方ですが、”Aの時よりも今回の方がリラックスして出来たし、ケアレスミスもしな
かったと思う。”と言ってましたが、さぁ、どうなんでしょう。

正式な結果は2週間くらい後に発表されるそうで、AかBのどちらかでスコアが全体の上位5%以
上だと、次のステップであるAIMEへと進むことができるので、その数値が取れていたらいいの
ですが。


いつもブログを訪問いただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
1日一回お帰りの際に応援のポチを押していただけると
更新の励みになります。
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2018-02-17 13:13 | Life Skills

Respite

ここ数日の間、ちょっと体調を崩してました。

定期的に襲ってくるいつもの更年期障害による目眩や吐き気、頭痛などに加え、∫の学校関連のイベ
ントや(未だに続いている)大学受験関連の諸々の手続き、又、家庭内のいざこざなどのストレス
から、心身ともに疲れ切っていたので免疫力が衰えていたせいか、扁桃腺が腫れてしまい、微熱は
続くは、身体はだるいは、喉が痛くてご飯どころか水も飲めないような酷い状態でした。😭

(今でもまだ腫れてますが、前よりは断然マシになりました。)


私はもともと生まれつき「扁桃腺肥大」なので、(父親からの遺伝)風邪の引き始めとか必ず扁桃
腺が炎症を起こし、子供の頃はそれが原因でしょっちゅう高熱を引き起こしてました。


若い頃はそうでもなかったんですが、やはり最近、歳をとったせいもあってか、(そして最近はあ
らゆる原因による長期的なストレスを感じているせいか。)ちょっとしたことで扁桃腺が腫れやす
くなっているので、私自身、もっと自らの心身ともの健康管理に気をつけないといけないなと思っ
ています。

特にこちらでは今、このように⬇︎、かなり酷いインフルエンザが流行っているようなので気をつけ
なければ。149.png


ここ数日ほどブログの更新を怠っていたにもかかわらず、たくさんの方から応援のポチを押してい
だだき、どうもありがとうございました。

そして、色々と思うこともありまして、今回、ギフテッドチャイルド育児のカテから抜けることに
しました。

(このブログを長年、読んでくださっている方から、”またかよっ!”117.png っと、呆れられるかもし
れませんが…苦笑)

いきなりだったので、もしかしたら私の事を心配してくださった方もいらっしゃるかもしれないで
すが、(いや、そんなの私の勝手な妄想だと言われそうですが。苦笑)カテを離れても、とりあえ
ずブログの方は書き続けるつもりではありますので、どうぞ、これからもよろしくお願いします。


(「ギフテッドチャイルド育児」からは離れましたが、「2Eチャイルド育児」の方にはそのまま
在籍していますので。)


ということで、皆さんの暖かい励ましのジェスチャーに心が癒されましたので、とりあえず一言、
お礼を言っておきたいと思いました。

本当にどうもありがとうございます。


いつもブログを訪問いただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
1日一回お帰りの際に応援のポチを押していただけると
更新の励みになります。
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2018-02-16 06:14 | 私の事

合格しても、”行きたい”大学と”行ける”大学はまた別 (ノ_・、)

∫がEarly Action (制限のない早期決定ーEarly Decisionと違い、合格してもその大学へ入学
しなくても良く、大学への返事は大体のところが5/1までにすればいい。)で合格した大学から、
ぼちぼち、ファイナンシャル・エイドアワードの通知が送られてきています。


合格した大学の3校とも州立大学なのですが、うちはOOS (Out Of Stateー州外者)となるし、
所得の面から見ても、need-basedの支援はあまり期待できないから、まぁ、それほど著しい
額は予想してはいなかったのですが、でも、実際、オファーされた奨学金の額を見て、正直、
かなりが〜〜っくりしてしまいましたよ。


まぁ、もちろん大学によってかなり違いはあり、∫の第一希望であるウィスコンシン大学など、
大学側や政府側からの返済不要の奨学金は全く無しで、唯一、連邦学生ローン(政府が利子を
払う学生用ローン)という形でしかオファーされてなくて、それも、年間の学費が約$53,000
(約576万円)のうち、$3,500(約38万円)ほどのローン金ってことで、そんなもん、焼け石
に水みたいな額で、さほどヘルプにはならんがな〜!145.png っと泣きたくなりましたが。

あらまっ、まさにうちと同じようなケースが!



後、もう一つ合格通知をもらっている、STEM系の大学の方はそれよりもかなり”太っ腹”?で、
こちらは連邦学生ローンだけでなく、大学側からの返済不要の奨学金いくらかに加え、(これ
はneed-based aidで、我が家の経済状態を考慮している)メリット・ベース(SAT/ACTのス
コアやGPAなど基にしている。)による支援金も提供してくれていて、やはり同じような額の
年間の学費から$14,000(約152万円)以上も差し引きされてました。

それでもトータルで見ると、$55,000から$14,000くらい差し引きってことで、やはり最終的
にはかなりの額になりますよねぇ。

しかし、返済不要の奨学金の差が$0$14,000というのはかなり大きいですよ。


∫としては、断然、ウィスコンシン大学マディソン校に行きたいらしく、私たちも親として、自
分の子供が希望する大学へ行かせてやりたいという気持ちは強いのですが、最終的には金銭的
な部分を考慮しなくてはならないですからねぇ。

(∫に、「あんたをウィスコンシンに行かせる為に、ママは毎日、ごはんと梅干しだけの生活だ
ってするわ!」と冗談で言ったら困った顔して笑ってましたが。😂)


まぁ、まだ後、ミネソタ大学のアワードの通知を見てみないことにはわからないし、(まだ受
け取ってない。)もしかしたら一般受験で出願したいくつかの大学にも(あまり期待はしてませ
んが。汗)合格するかもしれないので、とりあえず今は気長に通知を待って、5月1日までに決め
ればいいと思っていますが…

それにしてもですねぇ、アメリカの大学受験って、本当にややこしいわぁ。


そして最近は合格するのもなかなか大変だけど、でも自分の行きたい大学に合格したからといっ
て、金銭的なことを考えたら、(ファイナンシャル・エイドのパッケージを開けてみたら期待に
外れ!)必ずしもその大学へ行けるとは限りませんしね。


合格しても「行きたい大学」と「行ける大学」っていうのは又別物で、大学のサイトにある学費
のnet price calculator”(見積もり計算ツールみたいなもの)である程度チェックしてみて、ど
こを叩いても出てきそうにない額とかだったら、(もし合格しても行けなかったら子どもにとっ
て酷なので、)最初から受験しない方がいいかも?などと思ってしまいましたよ。

(ハーバードやスタンフォードに合格したら、親戚中から借金しまくってでも行かせるかも?っ
て?103.png 爆笑)


低所得層の場合はかなり寛大な額の奨学金がオファーされるのかもしれないけど、一般の中級層
の家庭など、多くの場合、現実はこんな感じなんではないでしょうか。



だから自分が希望する大学に合格して、実際にそこへ行くことが出来るって、ラッキーなことだ
と思います。


いつも応援のポチを押して頂きありがとうございます!

ランキングに参加しています。
本日もお帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2018-02-12 11:03 | アメリカの大学受験

カテゴリ

Introduction
∫の世界
∫の作品
Math (数学)
Gifted/2e
Japanese
High School
School Clubs
Tutoring/Mentoring
Academic/EC Records
University (UNR)
Community College
アメリカの大学受験
Life Skills
Driving Practices
発達障害
教育・学習
脳科学・心理学
育児
Memories
Resources
Family
Family Outings
Outdoor Activities
∫パパ
日々の出来事
シニア大学生の準備
その他の学習
英語学習(目指せC2!)
私の事
風景・空模様
Wildlife
Favorites
Miscellaneous
テレビドラマ・映画
なんとなく思った事
意見の衝突など
ちょっとした情報

最新の記事

今までどうもありがとうござい..
at 2018-06-30 18:09
♪California, H..
at 2018-06-28 18:53
とりあえず生きてます…
at 2018-06-25 05:18
∫の4歳の時の作品集
at 2018-06-21 10:25
∫の学校、最後にずっこけ〜&..
at 2018-06-20 12:54

以前の記事

2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

フォロー中のブログ

あーちゃんはmath kid
あーちゃんは数学のギフテッド
アメリカのギフテッド&2e情報
Brilliant Chaos

外部リンク

記事ランキング

メモ帳

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

夕焼け・朝焼け、雲などの空模様の写真満載の私のもう一つのブログです。
Mystica Caelum

アメリカのギフテッド教育、主にレンズーリ教授の提唱する全校拡充モデル(SEM)について紹介されているブログです。
EmbracingGiftedMinds

親バカコーナー 😊
2015 ARML
a0332222_07545094.jpg
a0332222_06213436.jpg
AIME '15
a0332222_06281821.jpg
AMC12 '15
a0332222_06570886.jpg
AMC12 '15
a0332222_06531787.jpg
MATHCOUNTS
National '14
a0332222_06311300.jpg
a0332222_06312311.jpg
MATHCOUNTS
State '14 個人戦
a0332222_06313237.jpg
AMC10
a0332222_06315148.jpg
AMC8
a0332222_06314196.jpg
CTY SAT MATH
a0332222_06215768.jpg
Flag Counter

ブログジャンル

子育て
教育・学校

画像一覧