アメリカに住む数学をこよなく愛する17歳のmath kid∫の日々の出来事を綴っています。∫の夢は将来数学の教授になること。13歳から本格的に地元の州立大学で数学のコースを受講し始めました。 


by あーちゃんママ

プロフィールを見る
画像一覧

<   2018年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧

丘の上にあるアパート

∫が行く予定の大学からちょっぴり離れたところにある地域のアパートを見てきました。

このアパートは丘の上にあるゲーテッド・コミュニティで、セキュリティも厳重そうでなかなか
素敵なコンプレックスでした。

バルコニーからの景色。遠くの方にうっすらと海が見えます。

a0332222_17161199.jpg


a0332222_17194831.jpg

よく見ると鹿が!(矢印の部分)

a0332222_17201031.jpg


このコンプレックスはコミュニティの施設も充実していて、クラブハウスやエクササイズルーム、
プールやバーベキュー広場、ピクニックエリア、コンピューターなどがいつでも自由に24時間
利用できるビジネス・センターなどもあり、快適なアパートメント・ライフを過ごせそうな感
じのとこでした。

a0332222_17203144.jpg


a0332222_17204015.jpg


a0332222_17205330.jpg

すごくモダンな感じのキッチンですね。

a0332222_17210487.jpg


地域内でも比較的治安が良い場所にあり、きれいでとても住み心地が良さそうなのですが、それ
だけにやっぱり家賃が高い!(~_~;)

∫の学費もバカにならないので、(うちは州外者とみなされるので、かなりの額が上乗せされる)
経済的にも限られてくるから、あまり贅沢はできないんですが。

でも、すごく静かで環境も良く、設備が整った素敵なアパートでした。

いつも応援のポチを押して頂きありがとうございます!

ランキングに参加しています。
本日もお帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2018-05-20 18:06 | Miscellaneous

家探しにカリフォルニアへ行ってました

∫は大学はどうやら北の方のUC🐻へ行く事にしたようで、数日前に正式な入学の申し込みを済ませ、
徐々に次の段階に必要な手続きやタスクを進めて行ってます。

あ〜、これでやっと落ち着いて新しい住居を探すことができます。

実は私たち、ここ数日間ほどカリフォルニアへ新居を探しに行ってまして、今日の夕方帰ってきた
ばかりなんですよ〜。

長時間のドライブはやっぱり腰にきますね。

2日間ほどの間、大学のある付近の地域を色々と探し回ったのですが、ネバダの田舎に比べると、
やっぱりあの辺りはとてつもないほど家やレンタルの家賃が高くて、これといった物件を見つける
のがなかなか大変ですねぇ。


家庭の事情により、パパがグランマと一緒にリノに残るので、私と∫だけカリフォルニアに引越し
する事になると思うのですが、大学のハウジングの問題や、(1年後は保証されていないので、寮
や住居を確保することが困難みたい。)∫の特性、(感覚過敏などの問題)家庭の経済状態などと
いった要因を全て考慮に入れて考えると、現在の時点では私と∫の二人でアパートを借りて住む事
になると思います。

(あちこちから得たこの大学の寮生活に関する評判や噂が少し気になるので、(汗)ある一定の
環境、状況では過敏にストレスを感じやすい∫にとっては、そういう部分も気をつけて考えるべき
ではないかと思うのであります。)

(余分なストレスが精神的な負担となり、ハードだと言われている学業にマイナスの影響を及ぼす
事になっては大変なので、発達がユニークな子の場合は”大学進学”という人生の中でも大きなトラ
ンジッションの時期を比較的スムーズに越せるように、私としてはまだまだ物事を慎重に決めてい
かなければならないと思っています。)


とりあえず、これから先も家・アパート探しが続く予定なので、老体に鞭打ちつつ頑張ります。汗


あっ、そうそう、先日、∫が学区から”Outstanding Graduates"という賞を受賞し、賞状と奨学
金(まぁ、そんなに大した額ではないのですが、少しながら学費の足しにします。苦笑)をいただ
きました。

授賞式にて。

a0332222_17322210.jpg


a0332222_17324865.jpg


この賞は学区の高校(17校)の卒業生の中から、各校それぞれ2名づつが教師の推薦によって
”学業や個人のアチーブメントが飛び抜けて優秀な卒業生"としてに選ばれ与えられるものらしく、
ありがたい事に、∫の学校からは∫がその一人として選ばれたのでした。

一般的にこの賞は、その学年のvaledictorian (卒業生総代・成績最優秀)と、salutatorian
(成績が次席)に授与されるみたいです。

∫はvaledictorianだったみたい。

8年生の夏休みからずっとUNRでアドバンスレベルの数学を取り続けてきたので、GPAにどん
どんボーナスポイントが加算され、(学区のシステムによると)最終的にはWeighted GPAが
5.66だったらしい。(苦笑)

もちろん、∫だけでなく、他の高校の子達もAPやDual Enrollmentのクラスを取りまくり、
5.0以上の生徒がかなりいましたよ!

あっ、こちらの記事に取り上げられていた同じ学区の高校の子も表彰されてました!


プリンストンってすごいな〜〜〜!

特にフルライドってのが羨ましい!(苦笑)

素晴らしいですね。


いつも応援のポチを押して頂きありがとうございます!

ランキングに参加しています。
本日もお帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2018-05-19 17:45 | 日々の出来事

高校の学業が全て終了しました!

昨日は∫がDual EnrollmentとしてUNR(ネバダ大学)で取っている Functional Analysis
(関数分析学)の期末試験の日でして、これを持ちまして、これで今学期、そして高校時代の学業
が全てが終了しました〜!


∫、この4年間もの間、本当にどうもお疲れ様でした〜!

9年生のフレッシュマンの学年から、APやDual Enrollment(大学のクラス)などの難関クラスに
挑み続け、最後までバーンアウトする(燃え尽きる)ことなくほとんどAの成績を保って来たなんて、
本当によく頑張ったと思います。

(親バカですみません。苦笑)

今後も引き続き進学する大学で、ハードでチャレンジングな学業に挑み続けることになるのですが、
これからも気を緩めずに頑張って学問を追求していって欲しいなと願っております。

尚、昨日はA君(6年生の生徒)の個人指導セッションの最後の日でもあったのですが、∫はA君と
の最後の時間を楽しみながらも、同時にやはり彼との別れを惜しんでいたみたいでした。


指導が終わって迎えに行くと、駐車場にはA君のお父さん(ネバダ大学の科学の教授)とお母さん
が∫に最後の挨拶をするのに待っててくれていて、ご両親はパパと私にも(この日は私も∫を迎えに
行くパパに一緒について行った)丁寧に別れの挨拶をしてくれましたよ〜。

お父さんのDr. Cは、∫に指導をし始めてもらってから、A君の数学の能力やスキルがどんどん向上
して行ってるのが明らかに感じられ、∫には心底感謝しているって言ってくれました。

そういう言葉を聞くと、本当に嬉しいですねぇ。

そしてDr. Cは∫の進学先の大学名を知り、

"We are so proud of you~!"

って言いながら、すごく嬉しそうに笑顔いっぱいで∫に大きなハグをしてました。(笑)


実際に直接会っての個人指導はこれで終わりですが、∫はA君に、ヘルプが必要な時はメールやスカ
イプなどで指導をするので、いつでも気軽に連絡をしてくるようにと言ったらしいので、多分、これ
からもA君との交流は続くことでしょう。


尚、∫の学区(学校)の卒業式は6月の半ばなので、それまで1ヶ月ほど自由な時間があります。

でも、その期間は私たちは本格的にカリフォルニアへ出向いて新しい住居探しをするので、結構、
忙しくなりそうですが。

(後、もちろん、新しい住まいが決まれば引越しの作業に大忙しになります。)

これから先、超忙しくなるのでブログの方は頻繁には更新できなくなるかもしれませんが、でも、
できる限り、近況などを報告できればいいなと思っています。


期末試験が終わった後、プライムリブのディナーを食べに行きました。

(長時間、数学の試験で脳を酷使したからエネルギーの補給が必要だったみたい。笑)

a0332222_17382558.jpg

いつも応援のポチを押して頂きありがとうございます!

ランキングに参加しています。
本日もお帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2018-05-16 17:49 | University (UNR)

ギフテッドのメンタルヘルスに関する記事集

5月はMental Health Awareness Month(メンタルヘルス意識向上月間?)という事で、毎
度お馴染み、私が愛読しているGifted Challengeのブログで、ギフテッドのメンタルヘルスに関し
た記事を集めてリンクしてあるページがあったので、紹介させてもらいますね。

これらの記事は、親たちだけでなく、子どもと日頃関わる機会が多い教育者や、カウンセラーの人
たちにも是非読んでいただきたい、とても貴重な情報源であります。

(英語ですが…)


なんだか毎日、色んな手続きや作業に追われて、バタバタして疲れ気味なので、今日は情報シェア
のみです…

それでは…

いつも応援のポチを押して頂きありがとうございます!

ランキングに参加しています。
本日もお帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2018-05-15 14:44 | Gifted/2e

"perseverance"についてのワークシート

∫の昔のプリント、どんどん出てきてます。

思い出として、特に面白かったものや、気になったものなど、これからも引き続きこのブログに
記録していこうと思います。(笑)

これ、小学校4年生の時に英語の授業でやった”perseverance"についてのワークシートなのです
が、プリントの問いに対する∫の答えがずっこけ気味で笑えたり、同時になんだかちょっぴり悲し
い気持ちになったり、又しても当時の∫の微妙な精神状態がかいま見えるようであります。

a0332222_10250376.jpg


あまりにも字が汚いので(私はもう、長年読んできているので慣れているけれど、普通の人だと
多分、読めないだろうなぁ。😂)一部を↓に書き出しました。


What is one job that it is hard for you to persevere in?

One job that is hard for me is writing paragraphs, I only got a praise on my
"Recess" paragraph because I had to persevere in it.

Why is it hard for you to persevere in this job?

It is hard for me because writing is not exactly my favorite subject. (That's
why I got a "l" in other writing. Actually, may be that was caused by the late
grade.)

って、この頃は文章を書くことがあまり好きではなかったみたいですね。

だから、褒められた”Recess"以外のライティングでは”l"の評価だったと。

が、その後、追加文として、”でもそれらは実は、”late grade"(期限を過ぎた後に提出したの
で減点されて低い評価となる)が原因だったのかもしれないけど。”などと書いていて、そりゃ、
あんた、課題をきちんと期限内に提出しなかったらいい評価がもらえない(減点される)のは当
たり前やろ〜〜〜って思いましたが。😂

それは「文章を書くのが苦手」だからいい点もらえないのではなく、「遅れて出す」のが問題なん
じゃないの?


この∫の”内省”(笑)に対して、先生も"I think may be so."って書いてますね。(笑)


実際、この∫の文章に対して、

Well, Keep persevering even though you don't like it. You're a very good writer,
and someday, you'll be an amazingly good writer!

How to Solve the World's Problems by A


という、当時の担任、Mrs. Fのフィードバックがとても支援的で、読んでありがたいなと思い
ましたよ。


先生の言う、"How to Solve the World's Problems"のライティングはまだ、現時点では実現
してませんが、(笑)最低限、現在では文章を書くことは大好き(得意)になった∫なので、先生
の予想もまったく間違っていたわけではなさそうです。

(高校時代に愛国心のエッセイコンテストで地区大会部門で受賞した事をMrs. Fが知ったら、
きっと、大いに喜んでくれるんではないでしょうか。笑)


いつも応援のポチを押して頂きありがとうございます!

ランキングに参加しています。
本日もお帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2018-05-14 11:33 | ∫の作品

数学の宿題の助っ人

こちら↓の記事を読んで、なんだか心がほのぼのと暖ったまりました。




”I said, my son failed his test; I haven't done fractions in a long time," Simmons
said, gesturing to his worksheet.

The man said to him, "Let me see what you got there."

And so the two grown men started working on third-grade fractions right there
on the Q train, talking through the problems so Simmons could go home and
teach them to his son.

("Man needed help with son's third-grade math homework-and got it from a
stranger on the subway."より抜粋。)


困っている身も知らない赤の他人に気持ちよく助けの手を差し伸べるこの一見、”book-smart"
タイプの男性も素敵だなと思うのですが、息子の為なら自らのプライドや体面を失うことなど
恐れずに、きちんと必要なヘルプを求めるお父さんの姿勢と行為が素晴らしいなと思いました。

私も個人的に経験がありますが、全くの見ず知らずの人からの優しさって、何だか特にグッと強
く心に響くんですよねぇ。

実際にその場面を目撃しなくても、話を読んでその場面を想像しているだけで、なんだかほんわ
かとした気分になり、癒されます。

∫も数学で困っている人を見かけたら、それが誰であろうが、時と場所にかかわらず、こんなふう
に喜んでヘルプの手を差し伸べてあげるんじゃなかと想像して、クスッと笑ってしまいます。


ちなみに、アメリカで数学と科学の宿題に困っている生徒さん(小学校4年生〜高校12年生)達
(又は親ごさん達)、このブログでも何度か紹介をしたことがある、あのHarvey Mudd
Collegeもホームワークヘルプのサービスを提供しているようですので、チェックしてみる価値
はあるかも?



"The Harvey Mudd College Homework Hotline is a free over-the-phone math and
science tutoring service for students in grades 4 through 12. We're open five
nights per week, Monday through Thursday, from 6 p.m. to 9 p.m. PST.
We've always been a free service, and we always will be."


ということなのですが、あれれれっ?月曜日から木曜日までだったら”five nights”じゃなくて、
”four nights”じゃないの?ってつい、揚げ足とりたくなってしまいますが…(苦笑)

(ちょっとしたタイポ?とは思うのですが、mathの宿題助っ人サービスだったら、数字に関連
したことは間違えて欲しくないなぁ〜。(^_^;) )


いつも応援のポチを押して頂きありがとうございます!

ランキングに参加しています。
本日もお帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2018-05-13 12:37 | ちょっとした情報

APテスト全て終了!

本日の木曜日は午前(8:00AM)と午後(12:00PM)から2つのAPテストが予定されていて、∫は
今日は朝早くから、受験会場である高校のキャンパスに出向いて行きました。

今日はほぼ、1日をキャンパスで過ごすことになっていたので、私も今朝はいつもより早起きをし
て、高校生活最後のお弁当を作って持たせましたよ〜。

今日受験したのは、AP US Government とAP Environmental Scienceの2つでした。

∫の学校はオファーされているAPコースが限られている為、今学年度(シニア)は月曜日に受けた
AP Psychologyを含めて3つだけなのですが、高校時代を通してこれまでに全部で11コースを履
修したことになるので、まぁまぁの数ではないかと思います。

そしてUC (University of California)ではそれらの全てが(テストスコアが3以上なら)単位を
認めてくれるみたいなので、受験料も無駄にはなりませんね。

多くの場合私立、特に一流難関の私立大学など、APクレジットを認めてくれないところも結構、多
いのですが、その点州立の場合は結構、認めてくれるところ多いみたいですね。

(そういう意味でもやっぱり州立大はお得だわ!)



仮に直接、単位を認められなくても、ある一定のスコアに達していたら、必須の基礎コースをパス
して次の段階へ進めたりと、やっぱりAPは受けておいたら後々お金だけでなく時間や労力も節約
できていいと思います。


あと、∫はAPに加えてCommunity CollegeやUniversity (UNR)で履修したカレッジレベルの
コースも全部で14コースあるので、(合計43単位)それらもトランスファーを認めてくれるといい
のですが、でも101(基礎)レベルのコースはまだしも、UNR(ネバダ大学)で履修した数学の
コースは多分、レベル的にUCLAやUC Berkeleyなどとは同等でないと思うので、残念ながら単位
は認めてくれないだろうなぁ…


とりあえず、実際、進学した大学で、Course Equivalency Evaluation(他の大学で履修したコ
ースの単位がトランスファーできるかどうかの審査)の申請はするみたいです。

(単位が認められたらラッキーだし、ダメで取り直さなくてもいい復習になるでしょうから。)


あっ、そうそう。今日、APテストを受けて家へ帰ってきたら、先日、受けたコミュニティカレッジ
で取っている世界文学の期末試験(エッセイ)の結果がポータルに掲示されていたようで、エッセイ
は90%と、今までの試験で最高得点をもらったそうですよ!

この教授は採点が結構、厳しくて、高校の英語の先生のようになかなかいい点をくれないので、今
回の高得点に∫は大喜びしてました!

そしてコースの総合点は98%で、前回に比べると、今回は余裕でAの成績だったとのことです。

後は明日(金曜日)の学校のAP Environmental Scienceの期末試験と、来週の月曜日のUNRの
数学(Functional Analysis-関数分析学)の期末試験の2つのみとなりました!

それらを終えると完全に高校時代の学業が終了します!

4年間もの学業、本当にお疲れ様でした〜!

(まだ、これから4年間、更に過酷な学業が待ち受けているけど。(^_^;) )

(アカデミックなタイプでない私はげげげっ〜〜って感じですが、アカデミア・ナッツ(学問に
情熱を感じる)の∫は、過酷な学業をものすごく楽しみにしています。あんたは勉強マゾか?って
言いたくなりますが。(~_~;) )


いつも応援のポチを押して頂きありがとうございます!

ランキングに参加しています。
本日もお帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2018-05-11 12:53 | High School

それぞれの事情を踏まえた上での対応

相変わらず毎日、家事や諸々の用事以外の時間はガレージに入り浸り、前回、引越した時からその
まま放ったらかしに積み上げられた段ボール箱を(6年ぶりに)今回初めて開き、中身を更に整理
整頓したり、必要ないものを処分する作業に明け暮れています。

それにしても6年以上も開かずに、そのまま放置していたなんて、我ながら信じられない…

一つ一つ段ボール箱を開けて見ているのですが、何やら本当にくだらない、全く必要のないものま
でキープしてわざわざ持って来ていて、今になって処分するのが大変ですよ〜。(汗)

当時は、(もしかしたら将来、必要になるかも?)っという気持ちで捨てられなかったのだと思い
ますが、まぁ、この6年間、それらが無くても生活してこれたという事は、まさに”必要がなかった”
という事で、これから先も”必要がない”だろうから、今回、さっぱり潔くかなりの物を処分してます。

なんだか今、人生の中で、”余分なものは全部処分して身軽になりたい”という欲望に駆られている
時期という感じで、あれこれポイポイ捨てる作業が快感に感じるくらい。(苦笑)


さて、そんな中、疲れた時はお茶など飲みながら、ネットで新しい住居を探したり、色んな記事や
情報などを読んだりしてブレイクを取っているのですが、先日、見かけた↓のページを読んで、ふん
ふん、なるほど、確かにねぇ…と思ってしまいました。



わかります、これ。

私も∫が小学校の時にクラスのボランティアをしていたのですが、特に私たちが住んでいた地域は
家庭の経済状況にかなり大きな多様性が見られ、(貧困の差が激しい)教室内で垣間見る子ども
達の境遇の違いに大いに驚かされたものでした。


(そして貧困層の家庭では家庭内虐待やネグレクトなども結構見られ、子ども達が人生のこんな
早い時期に、すでにこれだけの苦労を体験しなければならないなど、なんとも残念で腹立たしい
ことか!って思いましたよ。)


貧困に限らず、子ども達の中には(障害を含む)それぞれ色んな事情を抱えた子がいるわけで、そ
ういった部分を認識し、それらを踏まえた上で、適切に対応してくれる教育者の存在というのはあ
りがたいと思います。


学校の先生(教育者)というのも、あらゆる視点や立場から物事を見ることができる、”パースペク
ティブ・テイキング”のスキルや共感性が備わっていると、生徒や父兄の置かれた状況を察し、彼ら
の立場から物事を見たり、感じることができ、配慮のない態度や言葉で子どもを傷つけたりするの
も防ぐことができるのではないかと思います。


いつも応援のポチを押して頂きありがとうございます!

ランキングに参加しています。
本日もお帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2018-05-10 14:12 | なんとなく思った事

人生、わからないものですねぇ…

つい昨日の記事で、∫がどの大学に進学するかを決め、その大学への入学手続きも順調に進んでいる
と書いたばかりなのですが、人生というのは本当に何が起こるかわからないもので、今日の午後、∫
がAPテスト受験から帰ってきたら、なんと驚いた事に、UC Berkeleyのアドミッションからメール
で、∫が最終的にBerkeleyに受け入れられたという通知が送られてきてたではありませんか〜!

うぉぉぉぉ〜。(」゚ロ゚)」オオオオオッッッ

a0332222_10580740.jpg

こちらの記事で書いてますように、即合格ではなく、waitlistのオファー(補欠合格みたいな感じ?)
だと知った時は、ほぼ、UC Berkeleyは諦めて、別の道(大学)へ進む事を考えていたみたいなの
ですが、でも少し前にBerkeley Math Tournamentで再びバークレーのキャンパスを訪れる機会
があり、この大学に対する昔からの”熱い想い”を完全に頭から取り除くことができなかったみたい
で、結局、Waitlistのオファーをアクセプトしていたみたいです。


まぁ、でもwaitlistから合格するというのは一般的に稀なパターンなので、∫も私も(まず、無理だ
ろう)とあまり期待していなかったのですが、リストに名前を残すのには余分な費用も必要なかっ
たし、ダメでもともと、nothing to lose、もし万が一リストから合格したら又もやオプションが
増えてラッキー〜♪)っと言った軽い気持ちで登録しておいたみたいです。


(本人はUCSDとUCLAに合格しただけでも万々歳!って喜んでましたので。)

(これで受験したUC3校は結局、全て合格したことになり、本当にありがたいことです。)


いやぁ〜、それにしても又もや、土壇場で思わぬ展開ですよ!

昔からのドリームスクールだったBerkeleyに最終的にも合格できて、それはもちろん、∫もめちゃ
めちゃ大喜びしているのですが、やっと進学先が決まったと思っていたのに、又しても”最終的に
どちらの大学へ行くか?”の決断を迫られることになってしまいました。


でも、UCLAか、それともUC Berkeley?って、どっちにしたとしても小さい頃からの念願が叶う、
夢の選択となるので、本当に良かったです。


*ちなみに、去年(2017)の12月のこちらの記事を振り返ってみると、

もちろん、これは1サイトのランキングに過ぎないのですが、”数学のプログラムが優れた大学”
などのキーワードで検索すると、多少のランキングの違いはありますが、アメリカ国内だと大体、
これらの顔ぶれが出てきます。

州立大でトップレベルはBerkeleyやUCLAで、もちろん、このどちらかに行けたら最高なので
すが、どちらも合格率が17.5%~18%と、かなり難関な為、まぁ、これらの大学もあまり期待
しない方がいいでしょうねぇ。(汗)

(∫は特に地域的にもBerkeleyが気に入っているみたいなので、行けたら最高〜!って言って
ますが、う〜ん、この合格率だとかなり厳しいですね。CAには優秀な生徒もいっぱいいるし。)”


とか書いてあって、当時はかなり悲観的だったみたいですが、最終的に願いが叶って(Wiscon
sinのHonors Programにも受け入れられたし!)とてもサクセスフルな大学受験だったと思い
ます。



というわけで、又しても思わぬ展開に、驚くやら喜ぶやらの状態です。

さぁ〜、∫、どっちを選ぶ事か? 夢が実現しそうで良かったね!

a0332222_11200210.jpg


a0332222_11201355.jpg

いつも応援のポチを押して頂きありがとうございます!

ランキングに参加しています。
本日もお帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2018-05-08 11:22 | アメリカの大学受験

∫の近況

ここ最近、∫の小学生の頃の作品や思い出話の記事が多かったので、今日は久しぶりにちょっとした
∫の近況報告をしたいと思います。

進学する大学も無事決まり、登録金も納め、大学から義務付けられている予防接種も全て受け、数
日前にはそれらの記録も大学のポータルへアップロードして、今のところ、全ての準備が順調に進
んで行ってます。

やっぱり大学受験、特に出願のプロセスが終わると時間的にも精神的にもかなり余裕ができ、最近
の∫は半年前とはうって変わって、の〜〜〜んびりとリラックスした毎日を送ってますよ〜。

(とは言っても、相変わらず大学のクラスが終わった後、週2回、各2時間、数学の個人指導のバ
イトは続けてやってますが。)


学校(高校)の方の勉強も今学期は3クラスだけだし、英語と数学はコミュニティ・カレッジと大
学レベルのクラスだけど、今学期はそれらも結構、余裕でこなして行っているようで、Englishの
クラス(世界文学 II)はオンラインなのでマイペースでできる為、もう、すでに期末テストも受け
てしまい、後は結果を待つのみとのことです。

(ちなみに今回は前回(なんとかA-を逃れ、ぎりぎりでA)とは違って、余裕でAを取れそうとの
こと!)

数学の方もまぁ、かなりハードなコースではあるものの、proof-heavy(証明が多い)な大学の数
学をすでに数年履修してきているせいで、かなり慣れて(?)力をつけて(?)きたのか、今の時
点ではAをキープしているみたいです。

後は今月中旬に予定されている期末テストを受けるのみだそう。


でも、比較的の〜んびりとできたのも今日までで、明日からはAP試験期間が始まり、∫も1週間で
3つのAPテストを受ける予定です。(月曜日x1と木曜日x2)

そして同じ週、それらが終わった後の金曜日は、高校のクラスの期末試験があるので、来週1週間
は久々の”テスト地獄”の再来となります!

で、再来週はUNRの数学のファイナルが予定されていて、この試験を終えてしまえばそれで今学期
のクラスが全て終了し、それと同時に高校時代の学業が全て終わりとなります。

あっ、ちなみに∫の学校(学区のオンラインスクール)はシニア・プロムはないみたいです。

まぁ、あったにしても、∫は「プロムには行く気は全くない!」など言ってますが…苦笑

(興味ないらしいですよ〜。(^_^;) )

そういえば、うちのパパも高校のシニア・プロムには行かなかったらしい。

そういう、ある意味、”青春時代の重要イベント”的なものを経験しなかったら後々、後悔するんで
は?と思うのですが、∫もパパも、(世間や他者がどう思おうと)自分にとって意味がなかったり、
本当に自分が望むものでなければ、あえて無理して周りに同調しようという気持ちはないタイプ
なので、まぁ、分かるような気がします。(苦笑)

人とは違った観点や価値観を持ち、周りの流れや圧力にひれ伏すことなく、自らの信念に忠実に
マイペースで我が道を進む!って、まさに∫らしくて、それはそれでいいんではないかと思います。


いやぁ〜それにしても、後、2週間ほどで高校生活にもおしまいだなんて信じられません〜。

とはいえ、∫の学校の高校卒業式は6月の半ばなので、それまでまだ、少し時間があるんですがねぇ。


5月半ばから卒業式までの1ヶ月ほどは、学業に関しては完全に何もかも終了してしまっているので、
まさに”完璧に自由にできる時間”となります。

その間、何すんでしょうねぇ。

まぁ、∫のことだから、数学関連の活動に事欠かず、引き続きアクティブで充実した時間を過ごすと
は思いますが。

これから大学が始まるまで少しのんびりできそうな∫ですが、それに対して私の方は引越しの準備や
新しい住居探しやなんやで、これからが超多忙な毎日を迎えることになりそうで、正直、ちょっと
恐ろしいですが。(~_~;)

(更年期障害の症状に襲われないことを願っております。)


いつも応援のポチを押して頂きありがとうございます!

ランキングに参加しています。
本日もお帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
by mathdragon | 2018-05-07 11:50 | High School

カテゴリ

Introduction
∫の世界
∫の作品
Math (数学)
Gifted/2e
Japanese
High School
School Clubs
Tutoring/Mentoring
Academic/EC Records
University (UNR)
Community College
アメリカの大学受験
Life Skills
Driving Practices
発達障害
教育・学習
脳科学・心理学
育児
Memories
Resources
Family
Family Outings
Outdoor Activities
∫パパ
日々の出来事
シニア大学生の準備
その他の学習
英語学習(目指せC2!)
私の事
風景・空模様
Wildlife
Favorites
Miscellaneous
テレビドラマ・映画
なんとなく思った事
意見の衝突など
ちょっとした情報

最新の記事

丘の上にあるアパート
at 2018-05-20 18:06
家探しにカリフォルニアへ行っ..
at 2018-05-19 17:45
高校の学業が全て終了しました!
at 2018-05-16 17:49
ギフテッドのメンタルヘルスに..
at 2018-05-15 14:44
"perseverance"..
at 2018-05-14 11:33

以前の記事

2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

フォロー中のブログ

あーちゃんはmath kid
あーちゃんは数学のギフテッド
アメリカのギフテッド&2e情報
Brilliant Chaos

外部リンク

記事ランキング

メモ帳

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

夕焼け・朝焼け、雲などの空模様の写真満載の私のもう一つのブログです。
Mystica Caelum

アメリカのギフテッド教育、主にレンズーリ教授の提唱する全校拡充モデル(SEM)について紹介されているブログです。
EmbracingGiftedMinds

親バカコーナー 😊
2015 ARML
a0332222_07545094.jpg
a0332222_06213436.jpg
AIME '15
a0332222_06281821.jpg
AMC12 '15
a0332222_06570886.jpg
AMC12 '15
a0332222_06531787.jpg
MATHCOUNTS
National '14
a0332222_06311300.jpg
a0332222_06312311.jpg
MATHCOUNTS
State '14 個人戦
a0332222_06313237.jpg
AMC10
a0332222_06315148.jpg
AMC8
a0332222_06314196.jpg
CTY SAT MATH
a0332222_06215768.jpg
Flag Counter

ブログジャンル

子育て
教育・学校

画像一覧