アメリカに住む数学をこよなく愛する17歳のmath kid∫の日々の出来事を綴っています。∫の夢は将来数学の教授になること。13歳から本格的に地元の州立大学で数学のコースを受講し始めました。 


by あーちゃんママ

プロフィールを見る
画像一覧

Pay it forward(恩送り)

又々、ブロ友のEGMさんが、ご自身のブログに素晴らしい記事をアップしてくださってます!

こちらの「僕達は単純に聡明で内向的なだけ」という記事、(私自身を含め)ユニークな子どもを
育ててらっしゃる親御さん達にとって、とても参考になるし、励まされる情報ではないかと思うの
で、リンクさせていただきます。

(私もこの情報を読んで、色々と考えさせられました。)

EGMさん、いつも貴重な情報をシェアしてくださり、ありがとうございます!


特に英語の記事に関しては、オリジナルを日本語に訳したり、重要なポイントを(日本語で)まと
めてくださったりなど、かなり大変な作業なのに、(いや、訳が大変だと思うのは言語能力がない
私だけ?苦笑)いつも本当に感謝しています。


勝手に名前を出して申し訳ないのですが、これは「ギフテッドのことを考えるブログ」GRさん
にも言えることで、時には専門的な用語も含む英語の記事を、とてもわかりやすい日本語に訳して
情報をシェアしてくださり、日本ではまだまだギフテッドに関する情報は豊富だと言えない状態な
ので、日本の方達、特に英語が苦手/嫌いな人たちにとってはこれらのブログは大変、貴重な情報
源となると思います。


私もできるだけこちら(アメリカ)のギフテッド関連の情報を、少しでも皆さんのお役に立てれば
と、これからも頑張ってシェアさせてもらおうと思ってます。

(∫の大学受験の手続きもひと段落ついたことですし、これから少しは時間ができるのではないか
と思います。)


以前にもどこかで書いたと思うのですが、私がこうしてこういった情報をブログで発信している理
由は、自分の考えや意見を皆さんに押し付けようとか言うのでなく、ただ、現在、育児に困って途
方に暮れている方に、少しでも”こういうケースがあるんですよ。”こんな情報もあるんですよ。)
と知識や情報、アイデアなどをシェアし、少しでもそれが皆さんの役に立ってもらえれば嬉しいと
いう気持ちがあるからなんです。


私自身、∫の子育てや教育について悩んで、途方にくれている際、こちら(アメリカ)のギフテッド
関連のサポートグループや、ペアレント・フォーラムなどで、先輩ママ&パパ達から色々と情報を
提供してもらったり、個人的に助けてもらったりして、本当に救われました。


その時の「とてつもない感謝の気持ち」はずっと私の心の中に残っていて、自分の状況がある程度
落ち着いた時、私が先輩ママ&パパ達から受けた恩を、今度は以前の私のように困っている人たち
のヘルプをして、その恩送りをしたい、という気持ちがあるのです。


だから以前から何度も申し上げてますように、私の発信する情報が役に立たないと思えばスルー
してくださればいいし、(おっ、これは参考になるぞ!)っと思えばそれは嬉しいですし、それは
それぞれの読者の方が判断していただければと思ってます。

それ以外はぶっちゃけた話、なんのアジェンダもないですので。


ギフカテで情報をシェアしてくださっているブロガーさん達に関しても、ほとんどの方が”自分も
苦労している(きた)ので、少しでも他の人の役にたてば…”という気持ちからきていると思いま
すしね。

痛みや苦しみ、辛さを経験した者は、他人に対して更に寛容的になれたり、思いやりの気持ちを
感じるのではないでしょうか。


おまけ

最近、私がドアを開けても洞穴の中に逃げず、私が人参をばらまくまで芝生でそのまま大人しく
待っているようになった半分ペット半分野生(笑)のうさぎ。

先日、かなり恐怖心が薄れてきたみたいだったので、人参を食べているところへそっとドア越し
に近づいたら、やっぱり人影を察して猛ダッシュで逃げて行きました。😢

もう少し辛抱強く待つ必要がありそうです。

カリポリ…う〜ん、美味しい〜!

a0332222_14591838.jpg

はっ!なんや?

a0332222_14593569.jpg


ひえぇ〜!

a0332222_14585793.jpg

いつも応援のポチを押して頂きありがとうございます!

ランキングに参加しています。
本日もお帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
# by mathdragon | 2018-01-19 15:11 | Gifted/2e

母と息子の二重奏

…っと言っても私と∫のことではなく、グランマとパパの方なのですが。

認知症に関連した脳機能の方もそうなのですが、この頃、特にグランマの被害妄想の症状がどん
どん悪化していっていて、以前は私に対してだけだったのに、最近ではパパやらパパの妹さんに
対してまで、かなり酷い被害妄想を抱き始めています。

そういうネガティブで、執拗な思考から少しでも気を引かせようと、パパはいつもグランマが
興味を示しそうなアクティビティなどをあれこれと探し出し、一緒にそれらの活動を試みようと
努力しています。


そこで今回、パパが思いついたのがグランマにピアノをトライさせることで、先日、グランマに
はミニピアノ?キーボード?、そして自分にはフルートを購入し、二人でそれぞれの楽器を練習
して、二重奏をすると意気込んでるのであります〜!

ピアノはまったくのビギナーのグランマの為に、個人指導のインストラクターまで探してきたそ
うで、週に1回、すぐ近所に住んでいる彼女の家までグランマを練習に連れていくそうです。

このインストラクターはセミリタイアした80歳の女性だそうで、二人とも似たような年齢なの
で、パパとしては出来ればグランマと彼女の間に交流関係が芽生え、お互い良き話し相手になれ
ばいいなぁと願っているみたいですが。

(グランマは社交的なタイプなんで、社会交流が活発だと、認知症の進行に遅れをもたらすかも
と期待している。)


パパの方も長年、練習をしたりしなかったり、でもずっと関心を抱き続けてきたフルートを今回
本格的に練習できることをとても楽しみにしています。

(そう言えば、まだパパと知りあったばかりの頃、パパはフルートを吹くのが趣味だと言って、
ある時、私にオーケストラで見かけるようなフルートを演奏してくれ、(私はフルートの種類を
知らないので。苦笑)そういうタイプの男の人は初めてだったので、なんやら、この人ユニーク
だわ〜っと思ったのを覚えてますが。)

(お前は笛吹童子か?って思った。爆笑)


グランマの介護の疲れとストレスのせいか、ここのところパパは自分自身の心身ともの健康に
かなり悪影響を受けていたので、又、自分が好きなことに没頭すればいいストレス発散となり、
パパにとってもプラスになるのではないかと思います。


a0332222_07191031.jpg


a0332222_07192224.jpg


パパのフルートを試している∫。

a0332222_07193605.jpg


a0332222_07194956.jpg


私もこのブログでよくパパの愚痴をこぼしてますが、こんな風に自分の母親のことを気遣い、
日々、世話をしたり、細かな面倒をみてあげているパパは根本的にはとても誠実で、思いや
りがある人なんですよねぇ。

ただ、その表現の仕方が下手クソなんで、他人からは誤解をされやすいんです。

損なタイプですよねぇ、まったく。

パパがグランマを面倒見る姿を見て、∫は、

「僕も将来、ママの面倒をみるよ!」

などと、嬉しい事を言ってくれてますよ〜。😭


先日、音楽の練習をする前の腹ごしらえとして、二人で日本食のブランチを食べた時の様子
だそう。

料理ができなくなってしまったグランマの為に、パパが全て食事を作ってあげてます。
(面倒なことが嫌いなパパなので、どれもごく簡単なものですが。)

シシトウとホタテのバターソテー、ご飯と味噌汁のメニュー。

a0332222_09091311.jpg


a0332222_09092571.jpg


a0332222_09093645.jpg

いつも応援のポチを押して頂きありがとうございます!

ランキングに参加しています。
本日もお帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
# by mathdragon | 2018-01-18 09:21 | Family

今日から春学期

3週間ほどあった冬休みも終わり、いよいよ今日から∫の学区の春学期が始まりました!

今年の冬休みは前半は大学受験の出願手続きに、そして後半は数学キャンプのカウンセラー兼
インストラクターのボランティア活動(&キャンプで使う数学の問題作成)などに勤しみ、多忙
ながら、個人的にとても充実した時間を過ごすことができたようでした。

そして本日から高校最後の学期が開始し、今朝から又、パソコンに向かって、久々にオンライン
によるレッスンに取り組んでました。

高校(学区)の方は今週から始まったのですが、Dual Enrollmentとして数学と英語(国語)の
コースを取ることになっている大学とコミュニティ・カレッジは来週から春学期が開始するので、
それまで少しだけ時間があります。

今学期はオンラインスクールの方では、学区でオファーされているAPのクラスもほぼ、取り尽く
してしまったので、そこでは3コース、そして数学と国語の2コースを大学・コミカレの、合計
5コースだけ履修することになっています。


本来ならばもっと大学のコースを取りたいらしいのですが、学区の規定でDual Enrollmentの
コース数は、オンラインスクールのコース数以下でないといけないとあり、大学・短大のコース
を3つ取ると、高校のコースを4つ取らなくてはいけなくなるのであります。

今でも無理やり仕方なく”フィラーのコース”を1つ取っているので、正直言って、もうこれ以上
高校で取るコースは何もなく、義務的にコース数を埋めるだけの為に取るのも時間とエネルギー
の無駄となるので、今回、5コースだけにしたそうです。

(学区の理不尽な規定に我慢するのも今学期で終わりなのでよかったですよ。118.png


今学期の数学は、UNRでFunctional Analysisというコースを取るそうです。

日本語では関数解析学というそうで、ウィキペディアにいよると、

関数解析学(かんすうかいせきがく、英:functional analysis)は数学(特に解析学)の一分
野で、フーリエ変換や微分方程式、積分方程式などの研究に端を発している。特定のクラスの関数
からなるベクトル空間にある種の位相構造を定めた関数空間や、その公理化によって得られる線形
位相空間の構造が研究される。主な興味の対象は、様々な空間上で積分や微分によって定義される
線型作用素の振る舞いを通じた積分方程式や微分方程式の線型代数学的取り扱いであり、無限次元
ベクトル空間上の線型代数学と捉えられることも多い。”


って説明されてますが、(この文章、ほんまに日本語?)っていうくらい、私にはまったく何のこ
とかわかりません。😂


∫は解析学の分野にかなり興味があるようなので、今学期も楽しんで(?)数学の学習を追求して
いくでしょう。

というわけで、以下が今学期(春学期'18)の通常よりかなり”ライト”な履修コースです。

■オンラインスクール

・AP Environmental Science
・Honors US Government
・Business Information Systems

■大学・コミュニティ・カレッジ

・Functional Analysis (UNR)
・World Literature II (コミュニティ・カレッジ)


高校最後の学期も、シニア・スライドしないようにしっかり頑張って欲しいものです。



いつもブログを訪問いただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
1日一回お帰りの際に応援のポチを押していただけると
更新の励みになります。
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
# by mathdragon | 2018-01-17 12:32 | High School

これからの時代に向けて子ども達に必要な教育

又してもライフハッカーの日本版で、子どもの教育に関してとても参考になると思った記事を見つ
け、現在、子育て真っ最中の皆さんのお役に立てればいいなと思ったのでシェアしますね。

(念の為に言っておきますが、私はライフハッカーの回し者ではありませんので。😅)

この記事によりますと、オートメーションが進む未来を生き抜く為の準備として、今、子どもを育
てる上で重要なことが以下の4つだということです。

(各項目の細かい説明はリンク先を読んでくださいね。)

① 重要な仕事はチームワークで作られる。

② コミュニケーションあってこそのスキル

③ 「数字の数学」よりも「図形の数学」

④ 何かを知っていることより、調べられることが大事


各項目のどの説明もなるほど、そうだなぁ〜と思いましたよ。


③の「数字の数学」よりも「図形の数学」の部分で、

”データの重要性が増す一方の現代において、数学のスキルがかつてないほど重要になっていると
いうことに間違いはないでしょう。しかし、それは私たちが過去に学校で習った数学とは違うも
のなのです。合算や掛け算ができるということは、もはやそんなに重要ではありません。今日、
そういうタスクの大部分は自動化されています。でも、データから意味を抽出するというスキル
は、必須能力です。

(「チームワーク・コミュニケーション・調べる力…」より引用)

とありましたが、これを読んで、まさにその通り!だと思いました。

⬆︎このことは∫が常に口にしていることで、これからの時代は実際の状況で数学的思考やスキルを
応用して「問題を解決する力」や、情報やデータを分析して解釈する能力・スキルがとても大切
になるとよく言ってます。


数年前に改訂された新しいSATのMathに関しても、古いバージョンと比べると、これらのスキル
をフォーカスした問題も増えているみたいですしね。



あと、やっぱりチームワークとコミュニケーションスキル、そしてリサーチスキルなどもすごく
大切になってくるみたいですよね。

今の時代、”リソースフル”である事は、とても重要なスキルの一つだと思います。


いつも応援のポチを押して頂きありがとうございます!

ランキングに参加しています。
本日もお帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
# by mathdragon | 2018-01-15 11:36 | 教育・学習

時には”No”と言う勇気

昨日は今週の月曜日から開始した、∫の所属する数学クラブ主催の「冬期数学キャンプ」の最終日
で、夕方、全てを終えて帰ってきた∫は少々疲れて気味ではあったものの、それでも大いなる達成
感、充実感を感じていて、とても満足した様子でした。

ただ、同時に少し、何やらすっきりしないような、気にかかった表情をしていたので、どうした
のかと思って事情を聞いてみると、何でもキャンプに参加していたある生徒が、∫の事をかなり気
に入ったらしく、これからも∫に個人指導をして欲しいと頼んできたらしいのです。


その子は6年生のミドルスクーラーで、詳しいことは親が後ほど連絡をするのでメールアドレスを
教えてくれと言われ、とりあえず彼に自分のEメールアドレスを渡したそう。


個人指導(チュータリング)をすることが好きな∫だから、又してもその機会に恵まれ喜んでいる
のではないか?と思ったのですが、∫の話によると、この生徒はキャンプ期間中、”チームワーク
に欠ける行動”や、”自分勝手な行動”をよくとったりしていて、コーチや∫の注意や指導にもあまり
反応せず、個人的に”指導がし難いタイプの生徒”だったそうで、正直言って、彼を指導することに
対して、指導スキルの面でも自分の精神的な面でも”迷い”があり、複雑な心境だと言うことでした。


(∫の話では、この生徒のルールからはみ出した自分勝手な行動などに対して、コーチ(数学クラ
ブ創立者)もあまり強く注意や矯正してなかったようで、(というか、かなり無視してた部分が
あったみたい。)やはり”お金をもらっている”(有料キャンプ)となると、参加者は”カスタマー”
となってしまうので、あまり強い態度で対応できないのかも?と思ってしまいましたが。)


∫によると、この生徒と接したり、指導をするのはかなり”精神的なエネルギーを吸い尽くされる”
そうで、キャンプ中は短期間だったので何とか対処できたけど、これから先、ずっと定期的に彼
を指導していけるかどうかは、(精神的な部分で)自信がない、などと悩んでました。

その様子を見て私が、「あまりノリ気でないなら断ったら?」と言うと、

「断る理由を正直に彼の親に言えないよ〜。」と言うので、

「別にその点(彼を指導するのは精神的に疲れる)に触れなくても、あれこれとやらなければな
らない事があって忙しいので出来ないって言えば?」と再度提案したのですが、それに対して、


「彼の親ごさんは、僕がシニアで今の時期は大学受験の願書も提出してしまったので、そんなに
忙しくないって事も察しているだろうから、変な言い訳みたいに捉えられてしまうかも…(~_~;)」

などと心配してるんですよ。

そんな∫の姿を見て、ちょっとイラっとしてしまった私は、


「人がどう捉えるか(思うか)などとあれこれ心配して、自分にとってあまりプラスにならない、
いや、それどころかマイナスになりかねない事も我慢してやるのは自分にとって良くないのでは?
大学受験の願書提出は終わったといえど、実際、まだまだ現在も、そしてこれからも受験関連の
活動や基本的な学業(学校&大学)、運転の練習、免許の取得、そしてその他の課外活動に忙し
くなるわけだし、又、今でもすでにA君(別の生徒)の個人指導もしているのだし。人が何と憶測
しようが、実際のところ、∫は毎日多忙なのは事実なのだから、そんなことは心配せず、「今忙し
いのでこれ以上、活動を増やすのは無理だ。」と言って断ればいいと思うよ。相手のことを考える
と、頼まれたらなかなか断り難いとは思うけど、色々と考えて自分にとって不利だと思えば、時に
ははっきりと”No”と言う勇気も必要だと思うよ。」

とアドバイスをしましたよ〜。

それを聞き、∫も納得した様子で「そうだよね」と言って、その子の親が連絡してきたら丁重に
断る決心をしたようでした。


∫はまだ若いし、人生経験も浅いから、人から慕われたり、頼まれたりしたらなかなか”No”と言
い難いというのもわかるのですが、頼まれても自分の能力やスキルのキャパオーバーで、無理し
てしまうと自分が大変な思いをしたり、精神的に負担に感じて苦しむことになってしまったりす
る場合もあるので、そのような状態を避け、自らの身体・精神衛生を維持していく為には、自分
自身の特質やキャパをよく認識して、必要ならば”No”と言う事も、生きていく上で大切なスキル
(ライフスキル)の一つだと、さらに説明しました。


私もまだ若い頃はお人好しというか、頼まれたらなかなか断れないタイプだったので、自分に不
利なっても我慢して引き受けたりしていたのですが、中にはそのお人良さに漬け込んで、更にず
けずけと(本人ができる事でさえ、自分が楽をしたくて)私に頼んでくる人たちなどもいて、何
とも言えない、”利用されてる感”を感じたりしたものです。


今では歳をとってビターなおばさんになってますから、そういう自己中心的な人たちから自分が
どのように思われようが屁とも思いませんから、関係が”一方的”で、こちらが利用されているな
と感じると、”No”ということにも躊躇しなくなりましたが。


∫は性格的に色々と考えて思い悩むタイプなので、私が若い頃、経験したような、プレデターの
ような人たちに心を悩まされなければいいなと願ってやみません。

まぁ、でも、こういう人間関係的な学びも、自らが経験して行き、その都度、様々な気づきや
洞察を得て、人間として成長していくんでしょうけど。

こんな感じで、人との交流を通して、学ぶことはたくさんありますね。

数学キャンプ中、他の高校生ボランティア仲間と生徒の問題用紙をチェックしているところ。

a0332222_08350271.jpg

おまけ

やっぱり早起きをすると得ですねぇ〜。昨日もまた、きれいな朝焼けを見ることができました!

毎日同じくらいの時間帯なのに、その日の気温や雲の具合によって空の色が違っていたりして、
自然のアートはミステリアスで素晴らしいですね〜!

a0332222_08352783.jpg


a0332222_08353920.jpg


a0332222_08360179.jpg


a0332222_08361659.jpg


a0332222_08364060.jpg


この紫、ピンクっぽい朝焼けから約30分後には、又、違った色合いの空模様になってました。

a0332222_08365381.jpg

いつもブログを訪問いただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
1日一回お帰りの際に応援のポチを押していただけると
更新の励みになります。
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
# by mathdragon | 2018-01-14 10:34 | Life Skills

Mathemati-Con @San Diego

日本にお住いの方にはあまり関係のない話題で申し訳ないです。

興味のない方はスルーしちゃってくださいね。

Comic-Conならぬ、 Mathemati-Conがただ今(1/10〜 1/13)San Diegoで開催されてい
るみたいですね〜!

a0332222_08201529.jpg
近くだったら∫も行きたいみたいだけど、サンディエゴはちょっと遠い〜。

リンク先のサイトで色んなイベントやワークショップをチェックしていたら、なんとプレゼンター
の一人として、∫の長年のメンターで、2年連続に渡って∫が作成したオリジナルの数学コンテスト
用の問題をチェックしてくれた、UNR (University of Nevada, Reno)の数学のプロフェッサー
のDr. Kも参加しているじゃないですか〜。

Dr. KはMAA (Mathematical Association of America)のメンバーで、教壇をとってない時
はよく数学のコンファレンスとかイベント関連で、アメリカ国内をあちこち飛び回ってらっしゃる
ようなので、今回もサンディエゴに行ってるんだわ。

(ちなみに彼は無料で∫にもMAAのメンバーシップをオファーしてくれ、∫のことをとてもかわい
がってくれていて、感謝しています。)


というわけで、サンディエゴ付近にお住いの方で、数学に興味なる方、ぜひ、このイベントを
チェックしてみてはいかがでしょうか。


いつもブログを訪問していただきありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加しています。
応援のポチを押していただけると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
# by mathdragon | 2018-01-13 08:48 | Math (数学)

まだまだ受験のプロセスは続く…

今日はこちらアメリカは金曜日で、今週の月曜日から開始した「Winter Math Camp」の最終日
となりました!

この5日間のキャンプ中、丸一日中(8時間)カウンセラー/インストラクターとしてボランティア
をしてきた∫は、活動は楽しんだようなのですが、やっぱり毎日、長時間の間(中にはやんちゃで
腕白な)子ども達の世話をしているのでかなりエネルギーを費やし、心身ともに疲れが溜まり始め
ているせいか、今朝は、

「TGIF!」(Thanks God, It's Friday!)ヾ( ゚∀゚)ノ゙ Σd(゜∀゜d)ォゥィェ!!!

って喜んで出て行きましたよ〜!

毎日、疲れるせいか、この週は就寝時間も早いこと!

いつもは夜遅く1時くらいまで起きているのに、ここ数日間は夜10時くらいなると、

「疲れた〜、もう、寝ます。(日本語)」

と、めちゃめちゃ眠たそうに目をとろ〜っとさせて、自分の部屋に行って寝てますよ。152.png


毎日、疲れるせいか、実はまだ、合格した大学から誘いをもらっている各種のスカラーシップや
オナーズ・プログラムへの応募の手続きもまったく手をつけていない状態なんです。

受け入れられたらフルライドの奨学金がもらえるプログラムへの応募締切日が、なんと今月の15
日(来週の月曜日)と、残り数日間ほどしかないので、この土日はそのアプリケーションの作業
で大忙しとなりそうです。💦

あっ、でもこの奨学金プログラムは受かる確率がめちゃめちゃ低いので、まぁ、最初から期待な
どしてないのですが、とりあえずダメもとで。(苦笑)

いやぁ〜、それにしても、大学から合格の通知をもらったからって、のんびりと喜んでられない
んですねぇ。

その後も、今度はやれ、〇〇スカラーシップや、やれ、オナーズ・プログラムなど、大学内での
特定のプログラムへ別個で応募しないといけない大学もあるので、又、更にエッセイを書いたり、
先生に推薦状を書いてもらったりなどの受験のプロセスが永遠に続く感じで…


プログラムによってはエッセイやパーソナル・ステイトメント以外にも、「履歴書」の提出も要
求するところなんかもあったりしますし。

大学受験や奨学金応募用の「履歴書」はまだ作成してなかったので、今週末はそちらの方の作業
にも取りかからせないといけません!


又、数日前には一般受験で年末にアプリケーションを提出した大学から「面接」のリクエストの
メールなども届き始めたりして、(ひぇ〜、面接のことなどすっかり忘れてた!)これから数ヶ
月の間は、まだまだそういった「大学受験関連の活動」に忙しくなりそうです。(汗)

(面接の際に履歴書を持参するように要求する大学とかもあるので、やっぱりきちんとしたもの
を作成しておくべきですねぇ。)


願書提出して「これで終わった〜!」などとぬか喜びしてましたが、その時点ではまだ受験のプ
ロセスは途中の状態で、それ以後もまだ、あれこれと細かな部分でやらなければいけないことが
続き、実際に合否の通知を得るまで(ほとんどが3月の末くらい)は、まだまだのんびりしてら
れない!というのを思い知らされました。

(ファイナンシャル・エイドの手続きも、大学側が敏速に動いてくれなかったりして、なかなか
物事がうまく進みませんし。はぁ。)

(こちらがすでに送った書類なども紛失したのか、何度も同じものを要求してきたりとか。汗)


今週で∫の学区の冬休みが終わり、来週から新学期も始まるので、また、学業の方も忙しくなる
とは思いますが、前学期ほどクレイジーではなくなるので、まぁ、ぼちぼちと、でも確実にやら
なければならないタスクを終えていって欲しいものです。


おまけ

昨日の朝焼け。久しぶりにとても鮮やかな色の空模様でした。

a0332222_05294735.jpg


a0332222_05302123.jpg


a0332222_05303000.jpg


a0332222_05304451.jpg


a0332222_05305415.jpg


a0332222_05310443.jpg


a0332222_05311354.jpg


a0332222_05312327.jpg
いつもブログを訪問いただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
1日一回お帰りの際に応援のポチを押していただけると
更新の励みになります。
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
# by mathdragon | 2018-01-13 06:53 | アメリカの大学受験

数学キャンプでのあれこれ

数学キャンプ3日目の昨日、一日の仕事(?)を終えて夕方、帰ってきた∫は少し疲れ気味でした。

学習指導やレクチャーをするのは自分も楽しんでいるのでいいのですが、やはり参加者は小学生、
中学生達とまだ”子ども”であることから、指導中にソワソワと落ち着きなかったり、騒がしかっ
たりなど、やはり一日中(8時間)彼らの面倒を見るのはかなり身体的にも精神的にも労力を費や
すようですよ〜。(笑)

そりゃ、そうでしょうって。

私も∫がキンダーや小学校低学年の頃、1日数時間ほど先生のヘルプとして、ボランティアをして
ましたが、たかが2〜3時間でも小さい子達の相手をするのはめちゃめちゃ疲れましたもん。

それが毎日、8時間、連日で続くんですからねぇ。

とは言え、今回の冬のキャンプは夏の時よりも”環境的な状況”(天候や温度)が楽なので、ノイ
ズやざわざわ感、小さい子達にひっきりなしにつきまとわれ、質問ぜめにあったりなどの外界の
刺激に対しても、まだ寛容になれるとは言ってました。(笑)


(でも、さすがにランチタイムでも、まだ声変わりする前の甲高い声の子達に群がられ、次々と
色んな質問責めにあって、落ち着いて昼ごはんも食べられない状態にはちょっと圧倒され気味だ
とか言ってましたが。😂)


それでもやっぱり、∫は「人を指導すること(教えること)が心から好きみたいで、今回は中学生
の子達が多いグループを任されているのですが、その中にはかなり数学的思考が優れた子もいるら
しく、そういう子達が問題にチャレンジして解いている様子を見たりすると、嬉しくて興奮してし
まい、自分自身も彼らにすごくインスパイアされるなどと言ってました。


また、∫の話では、担当しているグループの中には6年生で既に、導関数の求め方(微分?)やら、
マトリックス(行列)の概念なども理解しているらしき子がいるようなのですが、そのわりには
Mathcounts(中学生対象の数学コンテスト)の問題に頭を抱えてかなり苦労をしていたりなんか
して、このコントラストは一体、なんなんや?みたいに面白がってました。


Mathcountsに出てくるような問題って、簡単そうに見えても結構、数学的思考やクリエイティ
ビティ、ある種の”ひらめき”的なものを要するものもあったりして、単に”解法を学んで、方式な
どを用いて解く”というスキルだけでは簡単に解けなかったりするんじゃないでしょうかねぇ。


∫の目指すところは、生徒の問題解決思考、数学的クリエイティビティ思考などのスキルや能力の
発達、育成で、今回のキャンプでは、特にそう言った分野がフォーカス、ターゲットとなってい
る為、普段以上にやり甲斐を感じているようです。

とにかく毎日、やることがいっぱいあって忙しく、疲れるみたいではありますが、でも全体とし
て本人もこれらの活動を楽しんでいるみたいですし、将来のいい”職業訓練”の機会ともなるので、
最後まで頑張って欲しいと思います。


尚、「キャンプの様子が見たいから写真とってきて〜!」と頼んだら、何だかもろ∫らしい画像が
送られてきてました。(笑)

*キャンプは地元の小学校で行われています。


朝、参加者がやって来る前に、机に問題用紙を置いたりして準備をしているところ。

a0332222_07393416.jpg

教室内には、レゴのベースが壁になったエリアがあるらしい。

a0332222_07394672.jpg


時には戸外に出て、野外学習活動なんかもしているみたいですよ。

それにしても∫が撮るショットって、∫の関心をそのまま捉えているわ。

見るのが忍びない木。😭

a0332222_07400005.jpg


a0332222_07401399.jpg

なっなんやねん?
a0332222_07402917.jpg


a0332222_07404512.jpg

こんな写真ばっかりでした。(苦笑)

おまけ

昨日の朝の空模様。昨日は空がどんよりとした厚いグレーの雨雲に覆われていて、一部に鮮やか
なピンク色の朝焼けが見えました。

a0332222_07410117.jpg


a0332222_07411187.jpg


a0332222_07412289.jpg


a0332222_07413227.jpg


そしてそれから1時間くらい後の景色。

a0332222_07414777.jpg


a0332222_07415590.jpg

いつも応援のポチを押して頂きありがとうございます!

ランキングに参加しています。
本日もお帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
# by mathdragon | 2018-01-12 08:52 | Academic/EC Records

Robo君ママさんへのコメント

ブロ友のRobo君ママさんのこちらの記事に対してコメントをさせてもらおうと、昨日から何度も
繰り返し送信しているのですが、なぜか送れません。(汗)


エキサイトブログの不具合か?と思ったのですが、他のエキブロのブロガーさん達は問題なくコメ
送信されているみたいなので、私個人のサイトの問題なのか?

今日も朝から何度か試してみたものの、やはり状態は変わっていないままであります。

というわけで、個人的なメッセージで誠に申し訳ないのですが、こちらの方からお伝えさせて頂き
ます。

以下、Robo君ママさんの記事に対するコメントです。


Robo君ママさん、こんにちは。

私の記事を取り上げていただきをありがとうございます。

>しかし、そのような気持ちや態度を長期間維持していることは、その負のエネルギーによって、
自分自身をいやしめ、自分自身をむしばんでいくことになるのではないかと私は思っています。

>やはり、どんな時も相手の人の立場を思いやる寛容さがあれば、結果的に、自らの立場を守ると
いうことになるのだと思います。

まさにその通りですね!私もRobo君ママさんに激しく同感です!

今回、オリジナルの記事から日本語に訳しながら、私自身も”自分がどういう人間になりたいか?”
という、理想の自己像などを色々考えさせられました。

そして、私もママさんが↑でおっしゃっている通りのことを感じております。

私はまだまだ人間的に未熟なので、「心の寛大さ」はなかなかハードルの高い目標ですが、これ
から少しでも理想の目標に近づけるように、日々、それらを意識しながら、意図的な努力をして
いきたいと思ってます。

とても素敵な記事を書いていただき、ありがとうございます。

そして、あーちゃんに対して優しいお言葉をかけていただき感謝しています。


あーちゃん自身も、”名前が知れているから”とか、”他人が評価しているから”などといった表面
的な要素を基に志望の大学を決めるのではく、自分自身の信念や理念、求めるもの、学習環境な
どに適しているなどの、まさに「自己のベストを目指すことを目標にした」基準をもとに決めて
いるようなので、私としても(いい方向に向かって成長してくれてるなぁ)と嬉しく思います。


Robo君ママさんのお言葉には誠実さ、優しさが溢れていて、心が暖まります。

本当にどうもありがとうございました。😭

以上。


又、Robo君ママさんのコメント欄で、同じくブロ友のりかこさんも、私やあーちゃんについて
素敵な言葉をかけてくださっていて、りかこさんには長年、あーちゃんを暖かく見守っていただ
いて、本当に感謝しています。

りかこさん、いつもありがとうございます〜!

この場を借りて、りかこさんにもお礼をさせていただきました。

ランキングに参加しています。
応援のポチを押していただけると励みになります。

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
# by mathdragon | 2018-01-11 03:54 | Miscellaneous

Winter Math Camp '18

昨日(1/8)の月曜日から、∫が所属する北ネバダ数学クラブ主催の「冬期数学キャンプ」が始まり、
∫もこの5日間の間、カウンセラー/インストラクターとして、一日8時間フルタイムでボランティア
活動に参加します。

初日の昨日、キャンプを終えて帰ってきた∫は、サマーキャンプの時のゆでダコゾンビ状態とはうっ
て変わって、イキイキと嬉しそうな笑顔で1日の様子を報告してくれましたよ〜。

(∫は暑さにはてんで弱いけど、寒いのはかなり寒くても平気で、冬は生き生きしてます!)


前回の夏のキャンプでは小学校低学年の子もかなり参加していたので、内容にしても、指導の仕方
にしても、とにかく”じっくりと噛み砕いた”ごく基本的なものが多かったみたいですが、今回は参
加者も小学校高学年(4年生以上)から中学生と学年的にも上がり、内容もMathcountsやAMC
などの数学コンテストに出てくる類の問題を中心に練習/指導をするみたいで、∫は喜んでいます。


今回のキャンプの参加者の中には去年の夏開催された、∫のオリジナルコンテストに参加した子達
もかなりいたらしく、∫がこのキャンプにボランティアで参加するというのを聞き、∫を慕って応募
してくれたようです。

ランチタイムなどもその子たちが∫の周りに寄ってきて、何だかまるでファンに囲まれたセレブ気分
だったみたいですよ。(笑)


前回のサマーキャンプに参加していて知り合った、∫の個人指導の教子であるA君も今回のキャンプ
に参加しているらしく、キャンプ中は普段よりも長い間、彼との交流をエンジョイしているみたい
であります。

尚、今回、∫の他にも北ネバダ数学クラブの高校生メンバーが、同じくボランティアで駆けつけて
いて、彼らの中にはシニアもいることから、大学受験についての話題に花を咲かせたりしているみ
たいですよ。

(彼らの多くがデイビソンアカデミーの生徒。)


今年の6月で高校を卒業し、秋からは大学へ進学するので、∫にとってはこの冬のキャンプが最後の
活動となり、ちょっぴり寂しそうではありますが、どこへいくかはまだわからないけど、最終的に
いくことに決まった大学で、また、同じようなボランティア活動(チュータリング、キャンプカウ
ンセラー/インストラクター、コンテスト主催など)を続けるつもりだそうです。

大学のK-12 Outreach Program(地元の学校などの教育機関、教育者、家族などと関わり、教育
の促進を支援するプログラムなど)に携わる予定だとのこと。


「教育は個人の人生を大きく変える」というのが∫の信念で、自分も幼い頃、教育(療育)によって
人生の道筋、方向が大きく変わったので、(当時は普通に学校へ行くこともできないかもしれない
と言われたけれど、最終的には大学進学までたどり着いた!)自分が受けたインパクトを、同じよ
うに今度は別の個人に与えたい。という気持ちが強いみたいです。

(大学受験のエッセイにもそんなようなこと書いてましたよ。笑)

やっぱり幼いうちに一般に経験しないような事を経験すると、それだけインパクトを受け、あれこ
れと感じたり、思うこともあるんでしょうね。


私が高校卒業した時点なんて、とにかく自由が手に入ったのが嬉しくて仕方なく、方向性など全く
ない、糸が切れた凧のようでしたが、(とんでもないめちゃくちゃな事をしてた。苦笑)高校卒業
する前に、すでに自分が目指す方向がしっかりと見えている∫が羨ましく思えます。

おまけ

最近、曇りの日が続いていて、今朝も朝日が雲の間から見え隠れしてました。

a0332222_08025622.jpg


a0332222_08030614.jpg


a0332222_08031666.jpg


a0332222_08032623.jpg


いつもブログを訪問いただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
1日一回お帰りの際に応援のポチを押していただけると
更新の励みになります。
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
# by mathdragon | 2018-01-10 09:20 | Academic/EC Records

カテゴリ

Introduction
∫の世界
Math (数学)
Gifted/2e
Japanese
High School
School Clubs
Tutoring/Mentoring
Academic/EC Records
University (UNR)
Community College
アメリカの大学受験
Life Skills
Driving Practices
発達障害
教育・学習
脳科学・心理学
育児
Memories
Resources
Family
Family Outings
Outdoor Activities
日々の出来事
シニア大学生の準備
その他の学習
英語学習(目指せC2!)
私の事
∫パパ
風景・空模様
Wildlife
Favorites
Miscellaneous
テレビドラマ・映画
なんとなく思った事
意見の衝突など
ちょっとした情報

最新の記事

Challenge, Cha..
at 2018-02-21 13:05
Mathcounts Han..
at 2018-02-20 12:31
National Merit..
at 2018-02-18 12:03
先を見通しての問題解決 ②
at 2018-02-17 13:13
Respite
at 2018-02-16 06:14

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

記事ランキング

メモ帳

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

夕焼け・朝焼け、雲などの空模様の写真満載の私のもう一つのブログです。
Mystica Caelum

アメリカのギフテッド教育、主にレンズーリ教授の提唱する全校拡充モデル(SEM)について紹介されているブログです。
EmbracingGiftedMinds

親バカコーナー 😊
2015 ARML
a0332222_07545094.jpg
a0332222_06213436.jpg
AIME '15
a0332222_06281821.jpg
AMC12 '15
a0332222_06570886.jpg
AMC12 '15
a0332222_06531787.jpg
MATHCOUNTS
National '14
a0332222_06311300.jpg
a0332222_06312311.jpg
MATHCOUNTS
State '14 個人戦
a0332222_06313237.jpg
AMC10
a0332222_06315148.jpg
AMC8
a0332222_06314196.jpg
CTY SAT MATH
a0332222_06215768.jpg
Flag Counter

ブログジャンル

子育て
教育・学校

画像一覧