アメリカに住む数学をこよなく愛する17歳のmath kid∫の日々の出来事を綴っています。∫の夢は将来数学の教授になること。13歳から本格的に地元の州立大学で数学のコースを受講し始めました。 


by あーちゃんママ

プロフィールを見る
画像一覧

ギフテッドの為の目標設定のストラテジー ②

時間が経つと忘れてほったらかしにしてしまいそうなので、この勢いついでに昨日の記事の続きを
書いておくことにします。(笑)

前回、紹介した、Free Spirit PublishingのBlogによる情報の続きです。



”生徒が”理想の自己目標”を決めたら、理想の自分自身を実現する為の学習目標を立て始めさせる。
学習活動を始める前に生徒が設定した目標の質は、彼らの学びのモチベーションに深い影響を及
ぼす。良質の目標は、以下の形で学習者を動機づける:


・目標を達成する事に関連のあるタスクに注意を集中する
・適切な場所で努力を発揮する
・困難な時でも辛抱強く貫き通す
・学びにおいて、更に高度なレベルの自己満足を達成する


SMARTS/S Goals

質の高い学習目標を設定するのに最も効果的なツールの一つが「SMARTS/S目標」の構成である。
「SMART目標」はすでにお馴染みであるが、その構成に”成功の為の戦略”(S/S)を加え、修正
したものが以下である。


S =Specific (具体的、詳細)ー目標が具体的であればあるほど達成しやすい。

M =Measurable(測定可能)ー目的をいかに測定するか(達成の基準)を認識していると、進歩
               や経過を追いやすい。(監視できる)

A =Achievable (達成可能)ー生徒のスキルレベルや能力における自己効力感は、生徒が困難に
               陥った時の支えとなる。

R =Realistic (現実的)ー目標は高過ぎず、また、低過ぎず;ちょうどぴったり合ったレベルを
       をターゲットにする。

T =Timely (適時、タイムリー)ーここでも同じく”ゴールディロックスの定理”(ちょうど良い)
                が適用するー達成を測る期限は、長過ぎず、又、短過ぎず。

S/S =Strategies to Success(成功の為の戦略)ー成功の為の戦略。どの戦略をいつ活用する
                        かを知ることは、学習目標の達成に非常に
                        重要である。


成功の為の戦略

スキル(automaticityー何度も練習や学習を重ねていくうち、深く意識しなくてもほぼ自動的に
反応して行動できるようになる。ここでは”習得してほぼ、自動的になっているスキル”という意
味だと思います。)に発達していく戦略を明確に理解していることは、複雑な問題を対処するの
に役立つ。一般に若いギフテッドの生徒は、何度も繰り返しや練習をすることなく、戦略を素早
く学んでしまう。 


多くの先生たちは、こうした生徒個人の戦略の素早い効率の良さを、スキル発達の証拠とみる
かもしれない。しかし、幾度もの練習を通して、それらの戦略をどのように磨いていくかを知ら
なかったり、複数(多様)の戦略を心得ていなかったら、後の学年で問題や課題が更に複雑にな
ったりした場合、生徒はつまづいてしまう恐れがある。熟練した学習者は戦略を素早く洗練する
ことができたり、成功を成し遂げる為に、複数の戦略から必要に応じて適したものを選んで活用
する者である。


先生が生徒の目標を設定するのに支援できること。

・どんな人間になりたいか(理想の自己像)を明確にするのを手伝ってあげる。
・理想の自己に達成する為に、生徒が発達させていっている戦略やスキルを常に意識させる。
・目的達成についての効果的なフィードバックを与える。


目標設定の重要性は、熟達と学習に対して更なる内因性動機付けを発達することである。目標を
設定する生徒は、自発的に元気ややる気が湧き、意欲が高く、成功志向である傾向にある。
目標を達成するごとに、生徒は更なる自己効力感と自信を発達させる。私たち(教育者、指導者)
の新年の抱負は、生徒個々の成功を目的とした目標の設定、監視、そして見直しなどを援助する
ことであろう。

(SMART Goals for Gifted Studentsより)


っと、かなり意訳的な感じになってしましたが、まぁ、大体、意味はこんな感じではないかと思
います。


やっぱり何をするにおいても「具体的な目標」を設定すると、それを達成するために必要な作業
やステップも必然的に見えてきますし、それらを効果的に遂行していくには、やはりそれ相応の
戦略や策略、案などを活用すると、目標も達成しやすくなると思いますね。


ただ子どもに、「目標を立てて、それを達成しなさい!」と言って、そのまま子供任せでほった
らかしにするのではなく、(が、良い結果はしっかり期待する。苦笑)目標を設定するのを援助
し、それを達成する為の方法や戦略、スキルを指導したり、練習させてプログレスをチェックし
たり、フィードバックしたり、訂正したりなど、やはりきちんとステップを踏んで具体的な指導
やヘルプをしてあげると、子どももスキルを学びやすいし、成功しやすいと思います。


そして目標を達成した時の「達成感」や「充実感」、「自己満足感」っていうのは一旦、味をし
めると病みつきになるみたいですしね。(∫の言葉。笑)


これは学校の先生だけでなく、私たち親も認識していると役に立つ情報ではないかと思います。


いつも応援のポチを押して頂きありがとうございます!

ランキングに参加しています。
本日もお帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
# by mathdragon | 2018-01-09 11:45 | Gifted/2e

ギフテッドの為の目標設定のストラテジー

新年を迎え、新たな気持ちで今年の抱負や目標などを設定する人も多いかと思います。

が、現実的にはそれらの目標を達成するために必要な姿勢や行動を維持していくのはなかなか至難
の技で、多くの人が気がついたら挫折していた、(目標を立てた事も忘れてしまっていた。←私😜)
ということも結構、あるのではないかと思います。

のサイト(英語)に、ギフテッドの生徒(別にギフテッドに限らず、どの生徒にも該当すると思い
ますが。)の為の”自己目標の設定”や、それらを達成する為に効果的なツール、戦略などの情報が
あげられていて、それらが具体的で、とても参考になりそうだと思ったのでリンクしておきたいと
思います。



”ギフテッドの生徒の中には、これまでに”努力”を必要とするレベルのチャレンジを経験したことが
なかったり、(自らそれらを避けてきた、もしくはそういった学習環境、機会を与えられなかった)
”ギフテッドネス”(ギフテッドである事)が、自らの能力を左右すると感じる個人もいるかもしれ
ない。


こういったタイプの学習指向(パフォーマンス・アプローチ)の生徒は、自分が他者よりも優れる
ことを目指して(それを基にして)目標を設定する。彼らは自らの能力の正の強化として学習過程
を利用し、結果がプラスであると確信があるタスクのみ、努力をするかもしれない。 こういった
指向は、馴染みがなかったり、チャレンジングな作業に取り組む場合など有害となる恐れがある。”


理想の自己目標

ギフテッドの生徒を”パフォーマンス・アプローチ指向”(他人よりも優れていることを基にした目
標設定)から”マスタリー・アプローチ指向”(自己のベストを目指すことを基にした目標設定)に
移行させるには、まず最初に生徒に”理想の自己目標”を設定させることを考える。この目標は、生
徒が自らの人生において、どういうタイプの人間になりたいかを反映するものである。一般的にこ
れらは個人が達成しようと目指す、一連の特徴や人柄(人格的特徴)を含む。例えば、以下のよう
な特徴など。


思いやりがある、心が優しい、情深い
創作的、創造力に富んでいる
献身的、熱心でひたむき
頼りになる、頼もしい
寛大である
優しい
忠実である、信義に厚い
繊細、感性が豊か
信頼できる

(SMART Goals for Gifted Studentsより)

(まだ記事内ではこの先、すごく参考になる情報が書かれているのですが、長くなるのでそれら
は又、次の機会に取り上げたいと思います。)


ちなみに好奇心に駆られて∫に上記の”自分自身が目指したい人格的な特徴”はどれか聞いてみたと
ころ、全てのリストを読んで、「全部!」と言ってました!(欲張りなやっちゃ。)


親バカで申し訳ないのですが、∫は人間的にこう言った”個人として、一社会人として大切なパーソ
ナル・クオリティ”を磨いて高めていくことを常に心がけている様子が伺われ、∫よりも長い間この
世に生きている私やパパよりも、よっぽど人間的に出来ていると感じるのであります。


∫は例え人から批判や憶測の対象になったり、悪口を言われたにしても、(親を恨み憎しむ他人か
ら、自分が親を傷つける為の手段として利用されたりしても。)自分自身は決してそういった人と
同じレベルに落ちて、相手を逆恨みしたり、悪口を言い返すことなどしないタイプで、(∫自身、
過去にそういういじめなども体験してきている)まだまだ未熟な私よりもよっぽど人格的に出来て
るなと感じますよ〜。


私も是非、∫を見習って、今年は上記の人格的特徴を目指して、少しでも”いい人間”に近づけるよう
に努力していきたいなと思います。


いつも応援のポチを押して頂きありがとうございます!

ランキングに参加しています。
本日もお帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
# by mathdragon | 2018-01-08 09:28 | Gifted/2e

手毬作り

数日くらい前から、カリフォルニアに住むパパの妹のMさんが、グランマを訪ねて私たちの地域を
訪れています。

昨日はグランマの家で皆で大量のお餅を作り、餅の好きな∫は、久しぶりに(機械だけど)つき立
てでフレッシュな餅を堪能しておりますよ〜。

そして今日はMさんが午後からうちの家を訪問し、私と彼女の二人だけで、暖かいグリーンティー
を飲みながら、女同士の話に花を咲かせました。

彼女とは私が初めてこちら(アメリカ)に来た時以来の仲で、もうかれこれ30年近くの付き合い
で、お互い気兼ねなく思ったことを話せる間柄なので、義理の姉(彼女は私よりも3つほど年上)
と言うよりは、”友人”に近い感じがします。

(よく二人でパパの悪口なんかも言ってますしね。ぶははははぁ〜!😜)


そのMさんと話をしていて、ふと、何気に現在、ハマっているものの話題になったのですが、何と
彼女は今、手毬作りに熱中しているらしく、持っていたカバンの中から現在、進行中のプロジェク
トを見せてくれました。

取り掛かったばかりなので、まだ外側の飾り付けを終えてない、ただの”球”でしたが、それを軽く
振ると、優しい鈴の音がコロコロとなってました。


その時は持って来てなかったのですが、写真で見せてもらったいくつかの完成作品は、繊細な色
あいの幾何学模様の飾りがとっても素敵で、(うわ〜!綺麗〜!これ、マジで手作り〜〜?)っと
びっくりしてしまうくらいでした。


こう言う本を見て作っているみたい。

それにしても、何でまた、手毬???っと思ったのですが、彼女の言うことには、「自分には半分
日本人の血が混じっているので、最近、そちら(日本)のルーツを探ったり、日本に関連したもの
や事などにすごく興味が湧いている。」などと言ってました。


Mさんはパパのきょうだい達の中で末っ子なのですが、子供の頃から日本食が大好きで、侍の映画
や武道、日本の文化に興味があったパパとは違い、彼女は典型的なアメリカの女の子・女性という
感じで、あまり日本に関して関心がなかったようでした。


でも、歳をとってからは、自分は半分は日本の血を引いているという認識が強くなったのか、日本
に関する興味関心が高まったみたいですねぇ。


私にも日本食の作り方を教えてくれと言って来たり、自分の孫たち(彼らには日本の血は1/8しか
混じってない。笑)に日本人形や浴衣、着物、忍者の服みたいなのをプレゼントしたりなど、例え
薄れていっても日本の血は健在だ!って常にリマインドしたりなど、100%日本人の私よりよっぽ
ど「日本人としての誇り」を感じているみたいですよ〜。

(ハーフといってもMさんはグランパ似なので、どちらかというと見かけがあまり日本人っぽくな
いんですが。)


この手毬作り、私にも一緒にやろう〜!っと誘ってくれたのですが、最近は老眼がますます悪化し
て、近くの物はよく見えないし、(薬のボトルに書かれた細かい字なども∫に読んでもらってます。)
細かい作業に集中していたら目は疲れるし、肩がこるので今回はパスさせてもらいました。汗

いや〜、今、まだ∫のスカラシップ関連の申し込み手続きとか、その他のやらなければならない用
事もほったらかしにしたままなので、そちらの方をしないといけないし。


でも時間と精神的に余裕があれば、そういうクリエイティブな活動はいいなと思いますね。


とりあえず、今はやらなければならないことにフォーカスし、全ては落ち着いてからということで。


いつもブログを訪問いただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
1日一回お帰りの際に応援のポチを押していただけると
更新の励みになります。
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
# by mathdragon | 2018-01-07 15:16 | Family

仮免 No.2

ここしばらくの間、∫の運転の練習&免許についてブログに出てきてませんでしたねぇ。

あれっ?一体、どうなったの?と思っている読者の方もいられるかもしれないので、その話題に
ついての近況報告です。

∫は15歳半になった2016年の7月に、learner's permit(仮運転免許書)を得て、夏休みの
真っ最中で時間があるということで、その後すぐに運転の練習を始めました。

が、このブログを長年、読んでくださっている方たちはご存知かと思いますが、本来、不安感が
強く、認知的なスキルを取得するのは得意だけど、身体的、空間感覚的なスキルに関しては、
かなか習得しにくい(要するにどんくさい!)∫なので、運転練習中にせっかちで気短のパパに
頻繁に怒鳴られ、それが心理的トラウマになってしまい、運転するのが大嫌いになってしまって
ました。

その後、なんやかんや言ってる間に新学年度(12年生)が始まり、毎日の学業や課外活動、そし
てシニアの秋学期には本格的な受験活動も始まり、とにかく忙しかったので、定期的な運転の練
習は一時休止となってました。


で、大学受験の願書も全て提出したし、春学期は履修するコースも少なめで、スケジュール的に
も気持ち的にも少し余裕ができるので、パパと∫は運転の練習を再開し、この機会に一気に免許
を取ってしまおうと計画を立てていました。


が、少し前にふと気がついたのですが、仮免の期限をチェックしたら、なんと半年ほど前に切れ
てしまっていたではないですか〜!


というわけで、本日の早朝、二人は早速、地元のDMVへ行き、仮免許を得るための筆記試験を
けに行ってきました。

試験関係は得意な∫なので、50問中1問だけ間違ってたようですが、今回も筆記試験は合格し、
今朝、仮免許No2をもらって帰ってきてましたよ!(笑)

これ、有効期限が発行から1年間ということらしいので、今回は来年の1月までにしっかりと
の免許を取るようにしないとねぇ。


今年の6月には高校を卒業し、その後、7月、8月と大学のある州へ引越してしまうので、出来
それまでに取得しないといけないですね。


実のところ、∫は未だに車を運転することは好きではなく、(残念なことに、始めた当初から酷
パパに頻繁に怒鳴られ、それがトラウマ化して、”嫌な思い”が条件づけられてしまってる。)
習することを考えたら”めちゃめちゃ気が重くて憂鬱になる”😩と言ってますが、車社会であ
アメリカで生活していくには、これも通らなくてはいけない道(習得しなければならないスキル)
なので、前向きな態度で頑張るようにと励ましてますが。


でも∫のような心配性、不安感が強く、社会のルールをきちんと守るタイプの子だと、多くの親の
悪夢である、”ティーンのスピーディング、交通事故”などはあまり心配しなくてもいいので、その
点はありがたいなと思います。

とりあえず、今回は少し気持ちを落ち着けて、マイペースで練習して欲しいと願ってます。


あっ、そして今日は午後からは来週の月曜日から1週間開催される、数学キャンプの打ち合わせの
集会があったらしく、そちらの方にも参加してきてました。


北ネバダ数学クラブのコーチに頼まれていた、キャンプで使う練習問題やコンテスト問題を見せ
る為、原本をプリントして持参してましたよ。


来週(月〜金)は朝8時くらいから4時まで、丸一日中、(8時間)キャンプ地で参加者の指導
やレクチャーをしたり、様々な活動の手伝いや子供達の世話をするみたいで、又々大忙しの日々
となりますが、そういうのが大好きな∫は今からとても楽しみにしています。


(冬休みのボランティア活動だけでも計40時間もやることになる!結果待ちの大学のいくつかは、
成績の中間報告とともに、課外活動やアワードなどの中間報告の提出をリクエストしているとこ
ろもあるので、今回のボランティア活動はいい付け足しとなります。)


今朝の様子。全体的にどんよりと雲がかかっていたので、暗い感じでした。

a0332222_09383981.jpg


a0332222_09384988.jpg


a0332222_09385975.jpg

うちの(私が勝手に一方的にアダプトしたペット)うさぎがまた、裏庭に出てきてたので、今度
はサラダ菜を与えたら、喜んで食べること!食べること!

これ、オーガニックで高いやつだから、美味しいでしょう?(笑)

a0332222_09391564.jpg


いつも応援のポチを押して頂きありがとうございます!

ランキングに参加しています。
本日もお帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
# by mathdragon | 2018-01-06 10:44 | Driving Practices

子どもを幸福感の強い人間に育てる

∫もあと半年で高校を卒業し、子どもが一人しかいない私はこれでとりあえず基本的な育児はほぼ、
終わりに近づいたわけですが、少しでも”まだまだ子育ての真っ最中”という読者の方達の参考にな
ればいいなと思い、これからもネットで見つけた子育てに関する興味深い記事や、お役立ち情報
などを紹介していきたいと思っています。

少し前のものですが、こちらの「ライフハッカー日本版」の記事が個人的にとても興味深かったし、
納得したので、興味のある方の為にリンクしておきますね。


記事の中に出てきた、「心理的コントロール vs 行動コントロール」というのに納得!

心理的コントロールと行動コントロールの違いを認識することの大切さが唱えられています。

この2つの違いとは、

行動コントロールー門限を作る、雑用をさせる、宿題を終えることを期待するなど。

・心理的コントロールー子どもに自分でものを決めさせない、プライバシーを与えない、子ども
           の自立しようとする気持ちを歓迎しないことなど。


で、”子どもの頃、親から心理的コントロールを受けることが少なく、よく可愛がってもらえたと
感じている人の方が大人になってからの幸福感や満足感が高いことがわかりました。

逆に言えば、成長期に親からの心理的コントロールを強く受けた人ほど、大人になると精神安定
が著しく低い一生を送ることになります。”

(「科学が実証する、子供を「幸福感の強い人間」に育てる方法」より抜粋)

ということらしく、う〜ん、なるほど〜と納得させられました。


私も子どもの頃など、うちの父親がかなり厳しくて、結構、小さな頃から色々と父親による家庭
のルールや規制など課されてましたし、(厳重な門限、高校時代でも外泊禁止など)食事の手伝
いや掃除などの家の雑用もしっかり与えられてました。

(公民館やお寺などと言った、区の公共機関などの掃除などに参加するのも私の役目で、週末だ
というのに早朝からそう言った諸々の用事に駆り出されてましたよ〜。そういうのに参加するの
は退職したお爺さん、お婆さんが多かったので、若い子はいつも私だけで、年配の方達に混じっ
てよく世間話をしたりしてました。笑)


中学、高校と部活に忙しかったので、たまにクラブ活動が長引いて遅くなって帰ってきた時など
も「門限過ぎている!」と、父から容赦なく大声で怒られ、罰を受けたりしていて、当時はそん
な厳しい頑固な父親に対して、(どうしてうちの父は、私の友達のお父さんみたいにもっと穏や
かでリラックスしたタイプではないんだろう。)と思ったりしたものでした。


でも、そういった「行動コントロール」は受けたけど、私の両親はどちらもいつも私の考えや希
望などに対しては真剣に耳を傾け、私の個人や自立心を尊重し、とても支援的な態度を見せてく
れていました。

そう言った意味では、私は親から「心理的なコントロール」を強く受けたとは感じることがなく、
それどころか、私の生き方に対して、”私を信頼してくれている、支援してくれている”という感じ
がして、本当にありがたいと思っています。

(そうじゃなかったらアメリカへ留学したり、アメリカ人と結婚してアメリカへ移住するなど考
えられないと思います。)

だから私はかなりラッキーだったと感じています。


∫に関しても私は∫を一人の個人として尊重し、∫の自立心を育成することに支援的な姿勢を取ろう
と励んでいます。

言葉では説明できにくいですが、子どもも親のそういう態度や姿勢をきちんと汲み取ってくれて
るんではないかと思いますね。

また、記事内に、

”子どもが親と安心して情緒的愛着心を共有できると、成人してからも安定した愛着心の形成が
うまくできるようになることが別の研究によりわかっています。”

とありましたが、本当、ボトムライン、これですよね。

これが基本だと思います。


おまけ

うちの裏庭に住むうさぎ、いつもはとても警戒心が強く、私が裏庭のドアをそっと開けただけ
で即座に洞穴の中に走り逃げていたのですが、先日、初めてドアを開けてもそのままの状態で、
私がニンジンを与えたら、少しづつ寄って来てニンジンを食べましたよ〜!

これはすごいプログレスであります〜!

a0332222_06353212.jpg


a0332222_06355075.jpg


a0332222_06362007.jpg


a0332222_06360871.jpg

いつも応援のポチを押して頂きありがとうございます!

ランキングに参加しています。
本日もお帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
# by mathdragon | 2018-01-04 08:16 | 育児

年明け早々笑ろたー!

やっぱり自由な時間を持て余していると、ほんましょーもないことしてるわぁ〜!

∫が「FaceApp」というアプリで遊んでたので見せてもらったら、私も年明け早々、久しぶりに
腹を抱えて大笑いしてしまいましたよ〜!🤣

本人の承諾を得ましたので、みなさんとも笑いをシェアします!

a0332222_11470802.jpg


1 オリジナル(元の画像)
2 ハリウッド(美化)
3 女性化
4 ひげを生やした場合

2のイケメン化したのなんか、∫がゲイだった場合みたいで笑える〜!

3は私に娘がいたら、きっとこんな感じだったんだろうなぁ。女の子がいないから、いつもどう
いう感じだろう?と思っていたけど、これで好奇心が満たされました。🤣

4なんか、もろ、5年後の∫って感じやん。

その他、老化させたのやら、ブレイキングバッドのハイゼンベルク化やらあって、どれもおかしく
て腹を抱えて大笑いしてしまいました。

ひぃぃぃ〜笑い過ぎてお腹が痛い〜!

興味のある方、ぜひ、試して見てください。(大笑いすること間違いなしですので!)

このイケメン化した∫の写真、パスポート写真に使おうかしら。🤣

a0332222_11472192.jpg

いつも応援のポチを押して頂きありがとうございます!

ランキングに参加しています。
本日もお帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
# by mathdragon | 2018-01-03 12:06 | ∫の世界

数学キャンプ用の練習問題作成に勤しんでいます

日本に一足遅れてアメリカも新年を迎えました!

アメリカの皆さん、Happy New Year! この1年が皆さんにとって素晴らしい年になるよう
祈っております。

さて、数日前にやっと大学受験の願書提出用のエッセイ地獄から解放された∫ですが、それから間
もなく、∫が所属する北ネバダ数学クラブの設立者兼コーチのGさんからメールが送られてきて、
この冬休み中に開催される予定の「冬季数学キャンプ」で使う数学の練習問題を作成して欲しい
と頼まれたらしく、ほっと一息をつく間もなく、今度は朝晩、その数学問題作りに勤しんでいま
すよ!

いや、と言ってもオリジナルの数学問題を創ることは、本人にとっては心から楽しめる道楽みたい
なもんですから、もちろん、迷うことなく喜んで即、コーチのリクエストに承諾したみたいですが、
キャンプが始まるまであと1週間と、あまり時間がないので、かなり集中して取り組んでいるよう
です。

北ネバダ数学クラブが定期的に主催するこの「数学キャンプ」、∫はいつもはキャンプカウンセラー
&インストラクターとしてボランティアで参加しているのですが、今回はそれに加えて”練習問題、
試験問題作成者”のクレジットが追加されることになり、クラブへの貢献度が更に増すことになり
ます。

(もう大学への願書は全て提出したので、大学受験には関係ないですけどね。笑 こういうところ
を見ると、∫が心底からこう言った(教育支援)活動に対して情熱を抱いているというのが伺われ
ます。)

キャンプ用の問題作成の合間など、これ又、ちょっとしたクイズ問題みたいなのをAoPSのフォー
ラムを使って作成&公開したりなどして、今までは極端に限られていた自由時間を思う存分満喫し
ておりますよ〜。

昔から空間認識力が弱い∫ですが、最近、このような3D関連のパズルなども作成して、AoPSの
仲間たちとシェアしているみたいです。

(空間認識能力を向上するいい練習になるかも?苦笑)
a0332222_10112800.jpg
あっ、ちなみに(このブログを長年読んでいただいている読者の方達にはもうお馴染みですが、)
AoPSとはArt of Problem Solvingという数学のオンライン学習サイトの事で、ここの数学カリ
キュラムはギフテッドコミュニティの間でも評判が良く、数学のギフテッドの子達にとっては役立
つ情報やリソース満載の素晴らしいサイトです。

ここの教科書や参考書、オンライン学習システム(Alcumus)が本当に素晴らしくて、∫も小学
生の頃からお世話になってます。



尚、今回の冬季数学キャンプにも∫が現在、個人指導をしている教え子のA君が参加する予定らし
く、∫は今からとても楽しみにしています。

(もともと、A君とは去年の夏の数学キャンプで知り合ったらしく、数いる高校生ボランティア達
の中で、A君は特に∫の事が気に入り、キャンプ後、親ごさんに∫を自分の個人指導者として雇って
欲しいと頼んで、その後、∫はずっとA君の個人指導をしています。)


ここ数ヶ月ほどはマジで”殺人的”な忙しさに追われ、自分の好きな活動もなかなかできなかったの
で、これから少しは好きなことをして楽しんだらいいと思います。

(…っと言ってもまだまだスカラシップやオナーズプログラムの申し込みの為の手続きで忙しいの
で、完全に気を抜くことはできませんが。汗)


いつも応援のポチを押して頂きありがとうございます!

ランキングに参加しています。
本日もお帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
# by mathdragon | 2018-01-02 10:41 | Math (数学)

今年もあとわずか

日本はすでに新年を迎えましたね〜!

日本の皆さん、明けましておめでとうございます。

こちらアメリカはまだ大晦日で、2017年最後の日をきれいさっぱり片ずいた家でのんびりと過ご
しています。(やっぱり気持ちがいいわぁ〜!)

今夜も毎年恒例、∫と一緒にテレビ中継でタイムズスクエアのボールドロップを観て、行く年に別れ
を告げ、2018年をウェルカムする予定であります。

今年の後半は∫の大学受験の手続きとかで色々と忙しかったけど、∫も心身共の健康を保ち、何とか
無事に全てを終えることができたことに感謝しています。

最後に、今年の締めくくりとして、私の愛読するギフテッドに関するサイト、Gifted Challenges
で取り上げられていた「2017年の選りすぐりの記事」を集めたページをリンクしておきたいと思い
ます。

いつも英語の記事ばかりでごめんなさい。
(ギフテッド関連の情報はつい、英語の記事になってしまうもので。汗)



では、皆さん、来年(今年)も一緒にギフテッドについて学んで行きましょうね〜!

グランド・キャニオン

a0332222_12313658.jpg

いつもブログを訪問いただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
1日一回お帰りの際に応援のポチを押していただけると
更新の励みになります。
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
# by mathdragon | 2018-01-01 12:36 | 日々の出来事

とりあえず終わったー!

3日くらい前から始めた、年末の大掃除&断捨離が今日の午後、やっと終わりましたー!

この数日間というもの、朝昼晩のほぼ一日中、家中を隅から隅までピカピカに磨き、要らない物、
そしてまだかなり未練があったものなども潔く処分しました。

もともとうちは散らかるのが嫌なのであまり物を置かないようにしているのですが、(だから家
具やデコレーション的なものも少ない。)余分な物を処分したので更にスッキリしましたよ〜。

来年は多分、また、別の州に引越しすることになると思うので、(∫が行く大学のある州へ私たち
も移動する予定。)今のうちから身を軽くしておくといいですよね。

はぁ〜、それにしても疲れた〜!

重たい荷物を運んだり、長時間、掃除して回っていたので身体のあちこちが痛いですが、(特に
背中や腰が痛い!)これでスッキリとした綺麗な状態で新年を迎えることができます〜!

私が大掃除をしている間、∫の方も大学受験の願書を締め切りまでに全て提出することができ、二
人で並ならぬ達成感を感じてました。(笑)

∫も私もこれで今年中にやらなければならないタスクを全て終わらせることができたので、明日の
大晦日は久々にの〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜んびりと今年最後の日を過ごしたいと思います。


今年(2017年)の最初の方は∫が胃腸炎にやられて体調不良など、まぁ、さい先はイマイチでした
が、こうやって改めて1年を振り返ってみると、家族の皆が事故や大病をすることなく、それなり
に嬉しい出来事も多かったことから、全体的にはとてもいい年だったのではないかと思います。


∫家の来年はまだ、はっきりとしたことは未定ですが、来年もまた、笑いとハピネス、そして冒険
に溢れた実りの多い年であることを祈ってます!


そしてブロ友さんや読者の皆さんたち、今年もこんな拙いブログを読んでいただき、そしていつも
応援のクリックまで押していただき本当にありがとうございました。

普段、なかなかお伝えできませんが、いつも皆さんには感謝しています。


来年は∫も高校を卒業して大学へ進学し、このブログの内容もどういったものがメインになるかは
まだわかりませんが、今後も更新し続けたいとは思っているので、どうぞ、又、よろしくお願い
いたします。

では、皆さん、良いお正月をお迎えくださいね〜!


いつも応援のポチを押して頂きありがとうございます!

ランキングに参加しています。
本日もお帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
# by mathdragon | 2017-12-31 10:38 | 日々の出来事

賢くてもマナーが欠けてたらねぇ

掃除嫌いの私ですが、やっぱり家の中がスッキリときれいな状態で年を越したいと思い、今年は
重たいレイジーな腰をあげて、ここ数日の間ほどほぼ一日中、年末の大掃除に勤しんでいます!

(その為、疲れてしまって2日間もブログの更新を怠ってしまいました。苦笑)

掃除のついでに、自分や∫のクローゼットの中に長年眠っていた、(でも多分、この先、使用する
ことがないであろう)服やバック、その他諸々の物も思い切って処分しましたよ〜。

長年、所持してきたものを手放すのは最初はちょっと抵抗あったけど、ボーイズ&ガールズクラブ
などの地元の福祉機関への寄付行きの箱にどんどん投げ込んで行くと、捨ててしまうのではなく、
これらがまた、誰かの役に立つかもしれないんだという気持ちが湧き、それからは抵抗なくかなり
の物を処分しました。

∫の本などは、寄付する前にまず、個人家庭教師をしている教え子のA君へ好きなものを選ばせる
そうです。

数学や科学関係の本とかたくさんあるので、似たような興味関心を持つA君はきっと大喜びするん
じゃないでしょうか。

さて、本題に入りますが、大掃除&断捨離の合間にネットでふと、読んだこちらの記事がなかなか
素敵だと思ったので、シェアさせてもらいますね。



14歳でUC Berkeleyに入学した数学が得意な少年の話なのですが、この少年、正式に入学した時
点(それまではバークレーにはパートタイムで受講していたらしい)ですでにジュニア(大学3年
生)に匹敵する単位(60単位以上?)を修得していたにもかかわらず、リサーチをしたり、数学
の教授とのコネクションを築いたりする為のエクストラな時間を持つ為、フレッシュマン(1年生)
としてスタートしたらしいんですよ。

こういう選択もありだと思います。

∫も高校時代のDual Enrollment(高校と大学の両方の単位として認めてくれる)で修得した数学
や英語などの大学の単位が43単位、(大学が認めてくれる場合)APが30単位と、全部で73単位
あるので、それらが全てトランスファーできる(認めてくれる)とジュニアくらいから始められる
のですが、∫もこの少年と同じく、新しい大学ではフレッシュマンとして”オナーズ”の数学のコース
を取り直す、などと考えているみたいです。

(特に数学が優れている大学の”オナーズ”のプログラムとなると、一般州立大であるUNRで履修
した数学のコースはレベル的に不十分だと感じるみたいなので。)

あと、この記事の最後の方に出てきた、

”Prodigies are common in math," shrugged Professor Jenny Harrison, who taught
Ajay in honors linear algebra last semester and couldn't help but notice him
because he sat front row and center." (中略)

"If Ajay is extraordinary, Harrison said, it's not because he's good at math.

"He listens well," she said. And in the class's online forums, whenever Harrison
answered Ajay's questions, he did the most impressive thing of all.

"He'd say, "Thank you, Professor."

(Life adding up for Cal's 15-year-old math whizより抜粋)

という部分を読んで、私も大いに同感!

そうなんですよ〜!彼みたいに数学が著しく優れた子達って結構、いたりするんですが、(特に
カリフォルニアのベイエリア辺りには!)その中で自らの能力やスキルに対して謙虚な態度を示
し、基本的なマナーを備えている子っていうと、さぁ、どうなのか?って思ってしまいます。

以前、∫が参加したBerkeley Math Tournamentでも、参加者達が優れた数学の能力の持ち主
だったというのは疑いがないのですが、でも、中には(かなり多くの子が)ランチを食べた後、
包み紙やドリンクのカップなど、ゴミ箱に捨てずにそのままゴミを残しているのを見て、

(いくら賢くてもこんな基本的なマナーが欠けているのはねぇ…120.png

などと思ったのを覚えてます。

a0332222_13104039.jpg

ゴミはきちんとゴミ箱に捨てる、人の話はちゃんと聞く、人に何かしてもらった時はきちんと
”ありがとう”とお礼を言う!

勉強ができる、何かが得意であるという前に、一人の人間として大切な事ですよね。

∫にはこういう基本的なマナーや礼儀がきちんと備わっている子に育って欲しいなと思います。

(今のところ、とりあえずきちんと守れているようなので安心です。)


いつも応援のポチを押して頂きありがとうございます!

ランキングに参加しています。
本日もお帰りの際、下のバナーを押して頂けると更新の励みになります。
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
# by mathdragon | 2017-12-29 13:30 | Gifted/2e

カテゴリ

Introduction
∫の世界
Math (数学)
Gifted/2e
Japanese
High School
School Clubs
Tutoring/Mentoring
Academic/EC Records
University (UNR)
Community College
アメリカの大学受験
Life Skills
Driving Practices
発達障害
教育・学習
脳科学・心理学
育児
Memories
Resources
Family
Family Outings
Outdoor Activities
日々の出来事
シニア大学生の準備
その他の学習
英語学習(目指せC2!)
私の事
∫パパ
風景・空模様
Wildlife
Favorites
Miscellaneous
テレビドラマ・映画
なんとなく思った事
意見の衝突など
ちょっとした情報

最新の記事

Challenge, Cha..
at 2018-02-21 13:05
Mathcounts Han..
at 2018-02-20 12:31
National Merit..
at 2018-02-18 12:03
先を見通しての問題解決 ②
at 2018-02-17 13:13
Respite
at 2018-02-16 06:14

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

記事ランキング

メモ帳

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

夕焼け・朝焼け、雲などの空模様の写真満載の私のもう一つのブログです。
Mystica Caelum

アメリカのギフテッド教育、主にレンズーリ教授の提唱する全校拡充モデル(SEM)について紹介されているブログです。
EmbracingGiftedMinds

親バカコーナー 😊
2015 ARML
a0332222_07545094.jpg
a0332222_06213436.jpg
AIME '15
a0332222_06281821.jpg
AMC12 '15
a0332222_06570886.jpg
AMC12 '15
a0332222_06531787.jpg
MATHCOUNTS
National '14
a0332222_06311300.jpg
a0332222_06312311.jpg
MATHCOUNTS
State '14 個人戦
a0332222_06313237.jpg
AMC10
a0332222_06315148.jpg
AMC8
a0332222_06314196.jpg
CTY SAT MATH
a0332222_06215768.jpg
Flag Counter

ブログジャンル

子育て
教育・学校

画像一覧